JPH05233677A - 自動取引装置 - Google Patents

自動取引装置

Info

Publication number
JPH05233677A
JPH05233677A JP3599292A JP3599292A JPH05233677A JP H05233677 A JPH05233677 A JP H05233677A JP 3599292 A JP3599292 A JP 3599292A JP 3599292 A JP3599292 A JP 3599292A JP H05233677 A JPH05233677 A JP H05233677A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
key
enlarging
transaction
display element
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3599292A
Other languages
English (en)
Inventor
Kunihiko Nishibe
邦彦 西部
Yasuyoshi Hamada
康義 浜田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Ltd
Original Assignee
Hitachi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP3599292A priority Critical patent/JPH05233677A/ja
Publication of JPH05233677A publication Critical patent/JPH05233677A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】タッチパネル式の入力で起こり易かった別の文
字をタッチしてしまう誤操作や、視差の影響による誤操
作を防止し、操作感覚が得られる操作用キーを備えた自
動取引装置の提供。 【構成】操作手段3には、所定の取引項目を操作により
入力させる複数の操作用キー11が配設され、この操作
用キー11は、一回の操作で少なくとも一つの取引項目
又は操作用ガイダンスを可変表示する表示素子3a、及
び表示拡大手段を具備する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ATMなどの現金自動
取引装置や、銀行などの窓口装置などの自動機に係り、
特に、表示や入力操作を容易にするのに好適な自動取引
装置及び現金自動取引装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のATMなどの自動取引装置では、
単にオン/オフだけで入力する機能を持つ押しボタン式
の操作手段を備えていた。最近では自動振込などの多機
能化の要求に答えるべくタッチパネル式の操作手段が主
流となっている。これは、例えば、自動振込み時には受
取人の銀行名,支店名,口座番号,振込み金額など多く
の取引項目が必要になるため、タッチパネル式にするこ
とにより押しボタンの数を増すことなく多くの取引項目
の表示及び所定の取引項目の入力を可能にしたものであ
る。
【0003】しかし、この操作手段による自動振込み時
は受取人の銀行名,支店名などを選択入力するのに、五
十音のかなキーから所定のキーを探して入力する必要が
あり、タッチパネル上に多くの情報を表示,入力する必
要性から表示文字が小さくなり、誤操作する可能性が非
常に多かった。
【0004】この問題を解決する手段として、例えば、
特開平3−154191 号公報に記載されているように、音声
により入力された音声情報により誤操作を防止するもの
がある。しかし、音声入力では音声認識機構の信頼性が
必ずしも高くないため、また、周囲の騒音の影響を受け
て音声認識できなかったり、誤動作があったり、入力操
作に時間がかかるなどの欠点があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来の自動取引装置で
は、タッチパネル式の入力操作で起こり易かった別の文
字をタッチしてしまう誤操作が起きやすかった。
【0006】本発明の目的は、タッチパネル式の入力操
作では、キー操作しても得られなかったスイッチの押下
感覚が得られる操作手段を有する自動取引装置及び現金
自動取引装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
め、本発明に係る自動取引装置は、取引媒体を処理する
取引媒体取扱手段と、複数の取引項目を表示し所定の取
引項目を選択して入力させる操作手段とを備えた自動取
引装置において、操作手段は、所定の取引項目を操作す
ることにより入力させる複数の操作用キーが配設され、
それぞれの操作用キーは、操作により少なくとも一つの
操作用ガイダンス及び取引項目を可変表示する表示素
子、及び表示拡大手段を具備している。
【0008】さらに複数の操作用キーは、互いに隣り合
うそれぞれの操作用キーの境目に凹凸部を備えて配設さ
れている。
【0009】また、複数の操作用キーは、操作された操
作用キーが隣り合う操作用キーとの間の境目に段差を生
じさせる。
【0010】さらに複数の操作用キーは、組み合わせた
特定の複数の操作用キーにより、一つの操作用ガイダン
ス及び取引項目を表示させる。
【0011】また、複数の操作用キーは、組み合わせた
特定の複数の操作用キーにより表示された操作用ガイダ
ンスに基づき取引項目を入力させる際、それぞれの操作
用キーのうちいずれか一つを操作して取引項目を入力可
能とする構成でもよい。
【0012】また、それぞれの操作用ガイダンス及び取
引項目は、少なくとも一部の領域が点滅して可変表示さ
れている構成でもよい。
【0013】さらに、それぞれの操作用ガイダンス及び
取引項目は、少なくとも一部の領域が他と異なる配色に
より可変表示されてもよい。
【0014】また、現金自動取引装置では、自動取引装
置を用いた現金自動取引装置において、現金を処理する
紙幣取扱手段と、通帳を処理する通帳取扱手段とを具備
する。
【0015】
【作用】本発明によれば、利用客は境目に凹凸部を有す
る操作用キー、または、境目に凹部または凸部がなく、
操作を行うと段差が生じる操作用キーにより入力するの
でキー操作時の操作感が指で直接感じられるため、操作
間違いによる誤操作を生じにくい。また、操作用キー自
身に操作用ガイダンス及び取引項目を可変表示するので
自動振込み時の受取人の銀行名,支店名,口座番号,振
込み金額など多くの入力項目が可変表示可能となる。ま
た、特定の複数の操作用キーを組合わせた操作用キー群
により一つの操作ガイダンス及び取引項目を表示し、ど
の操作用キーを操作しても取引項目の入力を可能とし、
不慣れな操作者でも操作性が容易となる。また、操作用
キーの表示素子部には表示拡大手段を具備しているの
で、複数の操作用キー間の境目を極力少なくし、境目を
目立たなくできるので特定の複数の操作用キーを組合わ
せた操作用キー群により一つの操作ガイダンス及び取引
項目を表示した場合は特にきれいな表示が可能となり、
不慣れな操作者でも操作性が容易となる。
【0016】
【実施例】本発明の一実施例として自動取引装置の一例
である現金自動取引装置を図1を参照しながら説明す
る。図1に示すように、現金自動取引装置1は、紙幣な
どの現金を処理する現金取扱機構(現金取扱手段)2
と、利用客が現金自動取引装置に取引に必要な情報を入
力したり、現金自動取引装置から利用客に操作案内を表
示する操作部(操作手段)3と、利用客の取引媒体であ
るカード情報の読み取りや書き込み、及び取引明細票の
発行処理などを行うカード伝票取扱部4と、通帳記帳な
どの処理を行う通帳取扱部(通帳取扱手段)5と、取引
の内容を利用客に案内する案内表示部6とよりなる。
【0017】図2は現金自動取引装置1の制御を行うた
めのシステム構成図である。預金や支払いを行う現金取
扱い部2を制御する現金取扱い制御部201と、装置か
ら利用客へ情報を表示したり利用客が装置に情報を入力
するための操作部3を制御する操作制御部301と、利
用客の取引媒体であるカードの情報を読み出したり、装
置からの情報をカードに書き込んだり、あるいは取引情
報を記録した明細票を発行したりするカード伝票取扱い
部4を制御するカード伝票取扱い制御部401と、通帳
に記帳などの処理をする通帳取扱い部5を制御する通帳
取扱い制御部501と、自動機が処理できる取引項目な
どを表示するための案内表示部6を制御する案内表示制
御部601と、各制御部に対して全体的な制御を行う主
制御部7とより構成されている。主制御部7は、通信回
線8により中央処理装置9及び利用客データや、金融機
関名などを格納しているデータ記憶装置10に接続され
ている。
【0018】図3は操作部3の拡大図であり、複数の操
作用キーはそれぞれ操作用キー付表示素子(表示素子)
3aを備えている。この操作用キー付表示素子3aはそ
の表面に、例えば、液晶などの周知技術で文字や図形を
表示可能とすると同時に、それ自身が操作用キーとなっ
ている。一つの操作用キー付表示素子3aと、隣り合う
操作用キー付表示素子3aとの境目3bは手でさわって
境目であることがわかるように、凹凸部を設けている。
【0019】操作部3の実施例を図4に示す。操作用キ
ー素子(操作用キー)11はその上面に操作用キー付表
示素子3aを持っており、さらにその表面には表示拡大
素子30を配設しており、例えば、押すと下に移動可能
(11a)のように形成されている。スイッチ部12は
操作用キー素子11を保持し、表示拡大素子30、すな
わち、操作用キー付表示素子3aが押されたことを感知
する図示しない押し圧センサ及び操作用キー付表示素子
3aへの文字などの必要な情報の図示しない伝達手段な
どより形成されている。図4はこの操作用キー素子11
及びスイッチ部12の素子をそれぞれ4組並べた実施例
を示しており、それぞれの表示拡大素子30同士の境目
3bは手でさわって境目であることがわかるように、表
示拡大素子30の表面形状は凸形状に構成している。ま
た、表示拡大素子30を押すと下に移動し(11a)、
操作しなかった隣りの表示拡大素子との間に段差3cが
形成されるので、誤操作の防止効果がある。なお、図3
は操作用キー素子11及びスイッチ部12の素子をそれ
ぞれ縦横8列ずつの64組を並べたものである。
【0020】次に図5は表示素子11部の断面図であ
る。13は、例えば、液晶などの表示素子3aの保護ハ
ウジングであり、電極や配線などは本ハウジング13内
に含まれる。14は、例えば、LEDなどの発光素子で
あり、15は表示素子3aの保護カバーである。保護カ
バー15,表示拡大素子30は、例えば、ガラスなどの
透明部材で構成しており、さらに保護ハウジング13も
透明にしても良い。本実施例における表示拡大素子30
は凸レンズで構成しており、表示素子3aに表示された
文字や図形を拡大することができる。したがって、保護
ハウジングエッジ131の存在を見えないようにするこ
とができ、複数の表示素子により表示される文字や図形
はより鮮明なものとなる。また、LED14を発光させ
ることにより、表示された文字や図形に着色することや
着色点滅することが可能となる。
【0021】図6は表示素子11部における表示拡大素
子の他の実施例である。本実施例における表示拡大素子
31は表示拡大素子30とは上下逆の凸レンズで構成し
ており、32はその固定部材である。表示拡大素子31
とその固定部材32とはいずれも透明部材であり、また
密度を変えるなどすれば、表示拡大素子31の凸レンズ
としての機能を達成することは容易に可能である。本実
施例では、表示拡大素子31の表面を平らに構成できる
ので、操作部3全体を平らに構成できる。
【0022】図7は表示素子11部における表示拡大素
子の他の実施例である。本実施例における表示拡大素子
33は水平構造であり、透明部材で構成している。本実
施例では、中央部と端面部で密度を変えるなどすれば、
凸レンズと同様の機能を達成することは容易である。本
実施例でも、表示拡大素子31の表面を平らに構成する
ことができるので、操作部3全体を平らに構成できる。
【0023】図8は表示素子11部における表示拡大素
子の他の実施例である。本実施例における表示拡大素子
34は略水平構造であり、端面のみ曲面構造としてい
る。本実施例でも、中央部と端面部で密度を変えるなど
すれば、凸レンズと同様の機能を達成することは容易に
可能である。本実施例でも、表示拡大素子34の表面を
略平らに構成できるので、操作部3全体を平らに構成で
きる。この場合、表示素子3a相互間の境目3dは凹部
で構成できるので、手でさわることにより、境目が明確
となる。
【0024】図9は、操作部の他の実施例を示すもので
あり、スイッチ部121に固定ハウジング111を設
け、分割した表示拡大素子35,351を設けている。
分割した表示拡大素子35,351は、例えば、図7の
表示拡大素子33と同等の機能を有するものであり、押
した場合は図9の表示拡大素子36及び保護ハウジング
112の部分が下に移動する。固定ハウジング351相
互の境目は小さな隙間を開けるか、図8の3dのように
構成しても良い。
【0025】また以上の実施例において、表示拡大素子
を操作した時、表示拡大素子が上方に飛び出す構造と
し、操作しなかった隣りの表示拡大素子との間に段差を
設ける構造としてもよい。
【0026】次に、図10のフローチャートにより利用
客が現金自動取引装置1を利用する場合の動作を説明す
る。利用客は図11に示した初期画面に基づき取引選択
を行い、取引を開始する。図11は操作部3の初期画面
状態を示しており、複数の操作用キー付表示素子3aの
それぞれの素子に必要な文字(操作用ガイダンス)を表
示することにより、(いらっしゃいませ)(8個の表示
素子を利用)、(ご利用のお取引を押してお選び下さ
い)(4個の表示素子を利用)などと示している。表示
素子間の境目3bは表示拡大素子により目立たなくなっ
ているので、このように複数の表示素子で一つの操作用
ガイダンスを表示する場合には、特に有効である。
【0027】利用客は記号黒丸の表示されている操作用
キー40〜46を押すことによりその表示(取引項目)
に対応した取引が可能となる。この実施例では操作用キ
ーの内容には(お引き出し)40,(お預け入れ)4
1,(残高照会)42,(通帳記入)43,(お振込
み)44,(お振り替え)45,(キャッシング)46
があり、キーの相互が隣り合っているため、それぞれの
操作用キー40〜46の表示文字には周囲に枠400を
設けている。必要に応じてその他の取引も可能である。
【0028】また、本図の操作キーの内、ハッチングで
示した40〜46の操作用キーを、例えば、カラーの発
光素子によるバックライトと文字表示を併用して、他の
操作用キーとは色分けするか、点滅させるかすればさら
に判り易くなり、利用客による操作時間の短縮が可能と
なる。ここで、色分け部分又は点滅部分は記号黒丸の部
分のみとしても良いし、文字部分のみなどとしても良
い。
【0029】例えば、利用客により、(お引き出し)4
0の操作用キーが押された場合、図10に示すように、
取引画面はステップ20に進み、表示部3は図12に示
したように取引媒体である通帳またはカードの入力指示
画面となる。この画面は必要に応じて通帳またはカード
の入力を指示するものであり、複数の操作用キー付表示
素子3aの組合わせにより、このような画面は構成可能
である。なお、操作をさらに判り易くするためにハッチ
ングで示した(通帳),(カード)の文字部分を色分け
又は点滅しても良い。ここで47は(取消)キーであ
り、操作間違いなどの時に使用される。このように、図
形の一つとして直線部を組み合わせた場合、表示拡大素
子を通過した直線などの図形が見かけ上ひずまないよう
に表示素子3aの図形をあらかじめ逆にひずませて表示
しておくと良い。
【0030】取引に必要な取引媒体が入力されると図1
0のステップ21に進み、表示部3は図13に示す暗証
番号画面となる。暗証番号は0から9までのテンキー4
8の操作により入力が可能であり、暗証番号を入力する
ごとに暗証番号の表示部48a〜48dに*などの文字を
表示することにより入力時の桁の間違いを防止できる。
なお、操作部分をさらに判り易くするためハッチングで
示したテンキー48の文字部分又は全体を色分け又は点
滅しても良い。49は(前頁キー)であり、操作を間違
えて前頁の画面に戻りたい場合に利用される。暗証番号
が正しければ、以下支払い金額を入力して支払い動作が
行われるが、その詳細動作の説明は省略する。
【0031】図11で(お振込み)キーが押された場
合、図10のフローチャートに示すステップ30に進
み、取引媒体入力などに続いてステップ31の振込み選
択に進む。この時の表示部を図14により説明する。図
14に示すように、振込み先をあらかじめ登録してある
場合は、振込み番号で振込み先を指定できるため(振込
み番号)50を押すと良い。振込み先が当銀行の場合
は、銀行指定を行う必要がないので、(当行支店)51
を押すと良い。振込み先を銀行名,支店名で個別に指定
する場合は、(個別指定)52を押すと良く、この場合
は図10に示すステップ32に進む。この場合表示部3
は図15に示したように金融機関名選択画面に切り替わ
る。利用客は複数の金融機関名53のキー操作で指定可
能であるが、もしこの頁に振込み先がない場合は(続
き)キー54を押すと画面が次頁に切り替わる。例えば
(AA銀行)を押した場合、図10に示すステップ33
に進み、画面は図16に示す支店名選択画面に切り替わ
る。
【0032】この図16の実施例では支店名を先頭の頭
文字で選択する場合の表示部3を示しており、ひらがな
の(あ)〜(の)キー55により選択できる。この中に
該当する支店名が無い場合は(次頁)キー56により、
次画面の図17に示す(は)〜(を)キー57、また
は、さらに、次画の面図18に示す(が)〜(ぽ)キー
58により選択し、指定することができる。図16にお
いて、例えば、(あ)キーを押した場合、表示部3は図
19で示すように支店名の内で(あ)から始まる支店名
が59のように示される。
【0033】なお、図示しないが(支店番号がわかって
いるかどうか?)の質問に合わせて(わかっている)と
指示した場合には、図20に示した表示部3に基づき支
店番号をテンキー48で入力指示することも可能であ
る。この時は支店番号を入力すると表示キー60に入力
した支店番号が表示され、最後に(確認)キー61を押
すと必要な支店名の入力が完了する。なお、(確認)キ
ー61の代りに操作用キー61aを操作しても(確認)
キー61と同一の操作機能を有するようにすることによ
り、利用客による操作時間の短縮に効果がある。
【0034】また、図示しないが支店の数が少ない金融
機関の場合には、最初から図19のように支店名を表示
しておき、その中から選ぶようにしても良い。
【0035】利用客は以上の方法で振込み先の支店名を
検索し指示すると、図10に示すステップ34に進む。
この時、表示部3は図21に示したように、口座番号入
力画面に切り替わり、テンキー48により振込み先の口
座番号を入力できる。入力した口座番号は表示キー62
に表示され、(確認)キー61が押されると、振込み先
の口座番号の入力が完了し、図10に示すステップ35
に進み、表示部3は図22、すなわち、振込み金額入力
画面に切り替わる。振込み金額は(万)キー63,
(千)キー64,(円)キー65と、テンキー48とに
より入力され、入力結果は表示キー66に表示される。
なお、(円)キー65の代りに操作用キー65aを操作
しても(円)キー65と同一の操作機能を有するように
することにより、利用客による操作時間の短縮に効果が
ある。
【0036】以上のような方法で振込み動作を行うこと
が可能であるが、以後の動作の詳細は省略する。以上の
動作で、例えば、図21に示す口座番号入力画面で、そ
れまでに入力した振込み先の金融機関名,支店名などを
同時に表示しておくなど表示部3の表示は以上の説明に
限られるものではなく、自由に替えることが可能であ
る。また、操作用キー付表示素子3aの数は縦横それぞ
れ8列より多くすることによりそれだけ多くの情報を表
示可能である。また、一つの操作用キー付表示素子3a
において、以上の実施例では横4文字,縦2文字の表示
による組合わせ例を示したが、これに限られるものでは
なく、また、操作用キー付表示素子3aのドット数を増
加することによりさらに鮮明な図形を含む文字の表示が
可能となる。
【0037】また、前述のように各操作用キー付表示素
子3aの内、必要なキーにカラーの発光素子などのバッ
クライトを併用することにより次に操作すべきキーが明
確となり、利用客による操作の速度を上げるには効果的
である。さらに表示文字やバックライトを点滅すればも
っと効果的である。これらは、実施例の中でハッチング
を示した部分に限られることはなく、必要に応じて自由
に周知技術により可変表示が可能である。
【0038】図23は初期画面の他の実施例を示すもの
であり、例えば、(お引き出し)キー67として四つの
操作用キー付表示素子67a,67b,67c,67d
を用いており、67a,67b,67c,67dの内の
どのキーを押しても、又は複数のキーを押しても引き出
し取引を指定できるようにしたものである。本実施例で
は四つの操作用キー付表示素子群で一つの情報を入力可
能としており、各操作用キー付表示素子群ごとに枠40
0を設けている。なお、二つの操作用キー付表示素子群
で一つの情報を入力可能などとしても良い。このように
使用していない操作用キー付表示素子をできるだけ多く
使用するようにすることにより、表示文字などが大きく
なり、不慣れな利用客,視力の弱い利用客などに対して
も操作性が向上する。
【0039】なお、操作ガイダンスに基づき利用客によ
り操作が行われた場合、それが正しいキーであり、正し
い操作であった場合は図示しない周知の手段で(ピー)
などの操作音を発することにより操作をスムーズに行わ
せる効果がある。また、操作に無関係なキー操作を行っ
た場合や、例えば、図22に示す金額入力操作時に(3
千5万円)などと間違った操作をした場合に関しては、
上記操作音を発しないようにするか、図示しないが、
(もう一度やり直して下さい)などとエラー表示する
か、操作に無関係なキーのみを押しても動かないように
ロックしておくかなどの手段を講じれば実用上問題はな
い。
【0040】以上述べたように、自動取引装置はATM
などの現金自動取引装置だけではなく、銀行などの窓口
係員が使用する窓口装置などの自動機にも適用できるの
は言うまでもない。
【0041】本実施例によれば、利用客は文字や図形で
表示され、かつ境目に凹部又は凸部を有する操作用キー
などの操作により入力操作を行うため、操作感があり、
操作間違いや視差の影響による誤操作は生じにくい。ま
た、操作用キー自身に操作用ガイダンスを可変表示する
ので自動振込み時の多くの取引項目が可変表示可能とな
る。さらに、表示文字を点滅することにより、次に操作
すべき内容が一目瞭然にわかり操作速度の向上を図るこ
とができる。また、複数の操作用キーを組み合わせた操
作用キー群により、一つの操作用ガイダンスを表示し、
どの操作用キーでも同一の操作機能をもつようにするこ
とにより、操作用キーが大きくなったのと同様の効果が
あり、不慣れな操作者に対しての操作性が向上する。
【0042】
【発明の効果】本発明によれば、操作用キーに操作用ガ
イダンス及び取引項目が表示され、かつ操作用キーを操
作して所定の取引項目を入力するため、誤操作が生じに
くくなり、操作速度が向上する操作手段を備えた自動取
引装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す自動取引装置の一例で
ある現金自動取引装置の斜視図。
【図2】図1に示す現金自動取引装置のシステムブロッ
ク図。
【図3】図1に示す操作部の拡大図。
【図4】図3に示す操作部の拡大図。
【図5】図4に示す表示素子部の断面図。
【図6】表示素子部の第二の断面図。
【図7】表示素子部の第三の断面図。
【図8】操作部の第三の実施例の断面図。
【図9】表示素子部の第四の断面図。
【図10】現金自動取引装置の操作のフローチャート。
【図11】初期画面を示す説明図。
【図12】通帳又はカード入力指示画面を示す説明図。
【図13】暗証番号を入力する画面を示す説明図。
【図14】振込み選択画面を示す説明図。
【図15】金融機関名選択画面を示す説明図。
【図16】支店名を選択する画面を示す説明図。
【図17】支店名を選択する画面を示す第二の説明図。
【図18】支店名を選択する画面を示す第三の説明図。
【図19】支店名を選択する画面を示す第四の説明図。
【図20】支店番号入力画面を示す説明図。
【図21】口座番号入力画面を示す説明図。
【図22】振込み金額入力画面を示す説明図。
【図23】初期画面の他の実施例を示す説明図。
【符号の説明】
3…操作部(手段)、3a…操作用キー付表示素子(表
示素子)、3b…表示素子境目、30…表示拡大素子、
11…操作用キー素子(操作用キー)、12…スイッチ
部。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】取引媒体を処理する取引媒体取扱手段と、
    複数の取引項目を表示し所定の取引項目を選択して入力
    させる操作手段とを備えた自動取引装置において、前記
    操作手段には、前記所定の取引項目を操作により入力さ
    せる複数の操作用キーが配設され、それぞれの操作用キ
    ーは、前記操作により少なくとも一つの操作用ガイダン
    ス及び取引項目を可変表示する表示素子を有し、前記表
    示素子は表示拡大手段を具備していることを特徴とする
    自動取引装置。
JP3599292A 1992-02-24 1992-02-24 自動取引装置 Pending JPH05233677A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3599292A JPH05233677A (ja) 1992-02-24 1992-02-24 自動取引装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3599292A JPH05233677A (ja) 1992-02-24 1992-02-24 自動取引装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05233677A true JPH05233677A (ja) 1993-09-10

Family

ID=12457329

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3599292A Pending JPH05233677A (ja) 1992-02-24 1992-02-24 自動取引装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05233677A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5943655A (en) Cash settlement machine
US5850076A (en) Automated transaction apparatus
JP3872622B2 (ja) 自動取引装置
US4882582A (en) Touch panel input device
JPH06318186A (ja) 暗証入力装置
US6225982B1 (en) Dynamic key terminal including choice-driven interface
JP2893565B2 (ja) 自動取引装置
JPH0981321A (ja) タッチパネル入力装置および自動取引装置
JPH05233677A (ja) 自動取引装置
JP3196921B2 (ja) 自動取引装置
JP3703954B2 (ja) 情報入力装置および自動取引装置
JPH06266929A (ja) 自動取引装置
JP3724935B2 (ja) 情報入力装置および自動取引装置
JP2003256911A (ja) 自動サービス装置およびサービス選定方法
JPH05128137A (ja) 自動取引装置
JP2005227853A (ja) 情報表示方法
JPS60262235A (ja) キ−入力装置
JPH05242132A (ja) 自動取引装置及び自動取引方式
JP4577955B2 (ja) 現金自動取引装置
JP3822295B2 (ja) 自動取引装置
JPH1124824A (ja) 情報入力装置および自動取引装置
JPH02245871A (ja) データ入力装置
JPH07262291A (ja) 現金等を取引する自動取引処理方法および装置
JPH03148794A (ja) 自動取引装置の顧客誘導方法
JP2006133922A (ja) 自動取引装置の表示方法