JPH0514063B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0514063B2
JPH0514063B2 JP62065036A JP6503687A JPH0514063B2 JP H0514063 B2 JPH0514063 B2 JP H0514063B2 JP 62065036 A JP62065036 A JP 62065036A JP 6503687 A JP6503687 A JP 6503687A JP H0514063 B2 JPH0514063 B2 JP H0514063B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel plate
concrete
plate panels
panels
flanges
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP62065036A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63233133A (ja
Inventor
Kuniaki Sato
Kazuo Sasagawa
Katsuhiko Emori
Akio Miho
Hirotaka Nagashima
Mikio Kobayashi
Haruo Tanda
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kajima Corp
Original Assignee
Kajima Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp filed Critical Kajima Corp
Priority to JP6503687A priority Critical patent/JPS63233133A/ja
Publication of JPS63233133A publication Critical patent/JPS63233133A/ja
Publication of JPH0514063B2 publication Critical patent/JPH0514063B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は構造物のスラブを構成する、鋼板パ
ネルと鉄筋コンクリートの合成構造に関するもの
である。
〔発明が解決しようとする問題点〕
従来の鉄筋コンクリート構造の構造物のスラブ
は一般に鉄筋とコンクリートとからなる鉄筋コン
クリート版であるが、この構造では型枠および支
保工の設置は必須の施工要件であり、また通常鉄
筋の配筋量が多いため施工の煩雑化、工期の長期
化は避けられないのが実情である。
この発明はこうしたコンクリート造駆体の施工
上の障害を克服し、施工の合理化を図る目的から
なされたもので、躯体を鋼板とコンクリートとか
ら構成することにより、これを実現しようとする
ものである。
〔問題点を解決するための手段〕
この発明は内面にシヤコネクタが突設されたリ
ツプ溝形断面の鋼板パネルを幅方向に連続して水
平に配置し、これらをフランジにおいて相互に接
合し、フランジ上方に鉄筋を配筋するとともに、
鋼板パネル上にコンクリートを打設してなる鋼板
パネルと鉄筋コンクリートの合成構造である。
〔実施例〕
以下この発明を一実施例を示す図面に基づいて
説明する。
この発明は鋼板パネル1と鉄筋コンクリート2
とを一体構造化してスラブを構成するものであ
る。
この発明はリツプ溝形状断面に形成された鋼板
パネル1を水平に配置し、この上に鉄筋3を配筋
するとともに、コンクリート2を打設してスラブ
を構成するものである。
鋼板パネル1は図示するように幅方向に連続し
て配置され、フランジ1a,1aにおいて相互に
ボルト4、または溶接等により接合される。
また鋼板パネル1の内面にはコンクリート2と
の一体性を確保するためシヤコネクタ5が所要間
隔に突設して取り付けられる。第3図はシヤコネ
クタ5の設置例を示したものであるが、,は
シヤコネクタ5としてスタツドボルトを、はシ
ヤプレートを用いた場合である。
互いに接合された鋼板パネル1上に鉄筋3が配
筋され、さらにその上にコンクリート2が打設さ
れる。コンクリート2によつて一体化した鋼板コ
ンクリート版Aは鋼板パネル1のフランジ1a,
1a部分において合成梁として作用するため下端
筋は不要となる。
第4図は他の変形例を示したもので予め鋼板パ
ネル1にコンクリート2の一部が充填された鋼板
パネル1,1を現場で接合したものである。
すなわち第1図、第2図の実施例の施工は鋼板
パネル1の据え付け、相互接続、配筋、コンクリ
ート2の打設という手順で行われるが、第4図の
実施例の場合には鋼板パネル1内の底部にコンク
リート2を充填しておき、後は上記手順と同様に
行われる。この後者の実施例は鋼板パネル1上へ
のコンクリート2の打設時に、充填されたコンク
リート2と鋼板パネル1とが合成構造化している
ので打設荷重の大きい場合に有効である。
〔発明の効果〕
この発明は以上の通りであり、鋼板パネルを水
平に連続して配置することにより、型枠を兼ねる
と同時に、コンクリートの打設荷重を負担するた
めの型枠および支保工が不要化され、またコンク
リート硬化後はシヤコネクタとフランジおよびリ
ツプ部がコンクリートに埋設されて鋼板パネルと
コンクリートが一体化し、合成構造として機能す
るためスラブの下端筋が不要になり、十分な耐力
をもたらし、かつ全体的に施工性の向上、そして
工期の短縮化を実現することが可能である。
【図面の簡単な説明】
第1図乃至第3図は第一の発明の実施例を示し
たもので、第1図、第2図はそれぞれ縦断面図、
斜視図、第3図−〜はシヤコネクタの設置例
を示した概要図、第4図は他の鋼板コンクリート
版の変形例を示した縦断面図である。 A……鋼板コンクリート版、1……鋼板パネ
ル、1a……フランジ、2……コンクリート、3
……鉄筋、4……ボルト、5……シヤコネクタ。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1 内面にシヤコネクタが突設されたリツプ溝形
    断面の鋼板パネルを幅方向に連続して水平に配置
    し、これらをフランジにおいて相互に接合し、フ
    ランジ上方に鉄筋を配筋するとともに、鋼板パネ
    ル上にコンクリートを打設してなる鋼板パネルと
    鉄筋コンクリートの合成構造。
JP6503687A 1987-03-19 1987-03-19 鋼板パネルと鉄筋コンクリートの合成構造 Granted JPS63233133A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6503687A JPS63233133A (ja) 1987-03-19 1987-03-19 鋼板パネルと鉄筋コンクリートの合成構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6503687A JPS63233133A (ja) 1987-03-19 1987-03-19 鋼板パネルと鉄筋コンクリートの合成構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63233133A JPS63233133A (ja) 1988-09-28
JPH0514063B2 true JPH0514063B2 (ja) 1993-02-24

Family

ID=13275339

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6503687A Granted JPS63233133A (ja) 1987-03-19 1987-03-19 鋼板パネルと鉄筋コンクリートの合成構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS63233133A (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04119028U (ja) * 1991-04-04 1992-10-23 株式会社三創 壁 材
JP5570085B1 (ja) * 2013-12-09 2014-08-13 株式会社フジモト 放射線遮蔽壁構築用型枠およびそれを用いた放射線遮蔽壁構築工法
JP2015200097A (ja) * 2014-04-08 2015-11-12 栄次 槇谷 コンクリート型枠用鋼板
JP7243400B2 (ja) 2019-04-08 2023-03-22 積水ハウス株式会社 Clt構造物

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5325389U (ja) * 1976-08-11 1978-03-03

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5325389U (ja) * 1976-08-11 1978-03-03

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63233133A (ja) 1988-09-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100211534B1 (ko) 건축물의 pc벽체와 pc슬라브의 연결구조 및 그 시공방법
JPH0514063B2 (ja)
JPS5944443A (ja) 鉄骨架構
JPH08302619A (ja) 複合部材の接合構造
JPH0431573A (ja) 鉄筋コンクリート耐震壁構造
JP2758208B2 (ja) 柱と鉄骨鉄筋コンクリート梁との接合工法
JP2620118B2 (ja) 壁及び床のネット型枠工法
JP3002681B2 (ja) 建築物の構造
JPH0230492Y2 (ja)
JPS5925931Y2 (ja) π形鋼を用いた合成桁
JPS6347201Y2 (ja)
JP2758203B2 (ja) 柱と鉄骨梁との接合工法
JPH044091Y2 (ja)
JP2707966B2 (ja) プレストレストコンクリート板を梁側型枠とする床工法
JP2600411Y2 (ja) 柱梁の接合構造
JP2713139B2 (ja) 鋼材組立体を梁型枠とする床工法
JPS6335773B2 (ja)
JP3189081B2 (ja) ボイドタイプフルプレキャスト2方向スラブとボイドタイプフルプレキャストスラブの製造方法
JP2536250Y2 (ja) 鋼製基礎梁
JPS6139457B2 (ja)
JPS6242001Y2 (ja)
JP3749935B2 (ja) 柱と梁との構築方法及び囲い材
JPH0544405Y2 (ja)
JPH11324182A (ja) 壁構造およびその構築方法
JPS6232303B2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees