JPH01322099A - トンネル覆工方法及びその装置 - Google Patents

トンネル覆工方法及びその装置

Info

Publication number
JPH01322099A
JPH01322099A JP63153727A JP15372788A JPH01322099A JP H01322099 A JPH01322099 A JP H01322099A JP 63153727 A JP63153727 A JP 63153727A JP 15372788 A JP15372788 A JP 15372788A JP H01322099 A JPH01322099 A JP H01322099A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
formwork
hydraulic jack
self
concrete
turntable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP63153727A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0781518B2 (ja
Inventor
Akio Shiseki
志関 彰男
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toda Corp
Original Assignee
Toda Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toda Corp filed Critical Toda Corp
Priority to JP63153727A priority Critical patent/JPH0781518B2/ja
Publication of JPH01322099A publication Critical patent/JPH01322099A/ja
Publication of JPH0781518B2 publication Critical patent/JPH0781518B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Lining And Supports For Tunnels (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) トンネル施行時に、吹き付けコンクリートを使わず通常
の生コンクリートを掘削面に圧着させて代替えすること
を目的とした発明である(従来の技術) 最近N’ATV工法でトンネルを施行するに際して一次
覆工として吹き付けコンクリートを掘削壁面に施行して
いるが、吹き付けコンクリートは材料や手間か高くつく
上にハネ返りロスも多く不経済な一次覆工となり易い。
また吹き付けコンクリート施行時には切羽付近の坑内の
空気を汚染し労働環境が悪くなり対策が強要される等の
欠点を有しているものである。
(発明が解決しようとする問題点) 本発明は従来の欠点である吹き付けコンクリート施行は
材料や手間が高い上にハネ返りロスも多く不経済な一次
覆工となり易く、また吹き付けコンクリート施行時には
切羽付近の坑内の空気を汚染し労働環境が悪いと言う問
題点を解決しようとする発明である。
(問題点を解決するための手段) この発明は自走台車の荷台上にターンティプルを設置し
、ターンテーブル」二にトンネルの側壁面方向に伸縮す
る一本或は複数の油圧ジヤツキと上方に伸縮する一本或
は複数の油圧ジヤツキを取り付けると共に、油圧ジヤツ
キのピストンロッドの先端に型枠取り付け治具を設けた
自走台車の荷台のターンテーブル」二に設けたトンネル
の側壁面方向に伸縮する一本或は複数の油圧ジヤツキと
上方に伸縮する一本或は複数の油圧ジヤツキのピストン
ロッドに型枠を取り付け、その後自走台車を移動し、所
定の型枠組立位置に自走台車を停止した後油圧ジヤツキ
を作動して型枠を付けたまま伸ばし覆工コンクリートの
仕上がり面より内側の所定位置に型枠を設置し、型枠と
地山の間にフレッシュコンクリートを充填し、フレッシ
ュコンクリート充填終了後油圧で゛ ジヤツキを作動させ型枠全体を充填済フレッシュコンク
リートを加圧し、型枠全体を所定量かつ所定時間地山側
に押し付け加圧作業終了後型枠相互の継手部をボルト等
で固定すると共に側壁用型枠下端のキャンバ−等で型枠
全体を保持した後、型枠と油圧ジヤツキのピストンロッ
ドの連結を解除し、ピストンロッドを統べて縮めて油圧
ジヤツキ全体をターンテーブルを介して自走台車に受は
替え、その後ターンテーブルを回転させて側壁面方向に
伸縮する油圧ジヤツキを自走台車の荷台と平行にして狭
い坑内を走行しやすい荷姿とした後、切羽以外の所定の
退避箇所に移動させることにより問題点を解決したもの
である。
(作用) 型枠解体箇所に自走台車を移動させ所定位置にて停止し
、ターンテーブルを作動して油圧ジヤツキ全体を回転さ
せ荷台に対して側壁面方向に伸縮する油圧ジヤツキを直
角にして所定の位置に設置する。油圧ポンプを操作して
油圧ジヤツキのピストンロッドを伸ばし、その先端を型
枠又は地山に固定する。油圧ジヤツキを縮めクラウン部
の型枠を解体し荷台上に引き寄せる。左右の側壁部型枠
の下端のキャンバ−等をゆるめ左右の側壁部型枠を解体
し油圧ジヤツキを縮め荷台に引き寄せる。油圧ジヤツキ
を縮めて油圧ジヤツキと型枠の全荷重をターンテーブル
を介して自走台車にあずける。自走台車を移動し、所定
の型枠組立位置に自走台車を停止する。油圧ジヤツキを
作動してピストンロッドを伸ばし油圧ジヤツキ及び型枠
を自走台車から浮上させる。油圧ジヤツキのピストンロ
ッドを型枠を付けたまま伸ばし覆エコンクリート仕」二
がり面より内側の所定位置に型枠を設置する。油圧ジヤ
ツキのピストンロッドを型枠を取り付けたまま伸ばし覆
工コンクリート仕上がり面より内側の所定位置に型枠を
設置する。生コン車及びコンクリートポンプ等をコンク
リート打設箇所付近に導き型枠に設けである投入口を介
して型枠と地山の間にフレッシュコンクリートを充填す
る。
フレッシュコンクリート充填終了後油圧ジャブτ′ キを作動させ型枠全体を充填済フレッシュコンクリート
を加圧し、型枠全体を所定量かつ所定時間地山側に押し
付ける。この作業によってフレッシュコンクリートの脱
水による品質の改良とクラウン部等に発生しやすい空隙
を充填をする。加圧作業終了後型枠相互の継手部をボル
ト等で固定すると共に側壁用型枠下端のキャンバ−等で
型枠全体を保持する。型枠と油圧ジヤツキのピストンロ
ッドの連結を解除し、ピストン口・lドを統べて縮めて
油圧ジヤツキ全体をターンテーブルを介して自走台車に
受は替える。その後ターンテーブルを回転させて側壁方
向に伸縮する油圧ジヤツキを自走台車の荷台と平行にし
て狭い坑内を走行しやすい荷姿とする。自走台車を油圧
ジヤツキをのせたまま、切羽以外の所定の退避箇所に移
動させる。以後のさっ孔等切羽作業を始めるものである (実施例) 自走台車Iの荷台2上にターンテーブル3を設置し、タ
ーンテーブル3」−に」−下及び左右において一定間隔
保って4本の油圧ジヤツキ45を水平かつ自走台車1の
走行方向に対し平行(荷台2に対し平行)に設置すると
共に、」二下の油圧ジヤツキ45の外側にアウトリガ−
兼用の下方に向は伸縮する油圧ジヤツキ6を油圧ジャツ
キ4.5の前後に垂直に取り付ける。左右の油圧ジヤツ
キ44間に」三方に向は伸縮するM1圧ジヤツキ7を前
後に2本垂直に取り付け、油圧ジヤツキ45.及び7の
ピストンロッド8の先端には型枠取り付け治具9を設け
ておくものである。自走台車lの荷台2」二には操作盤
IOを有する油圧ポンプ11を設置し、油圧ポンプ11
と各々の油圧ジヤツキと油圧ポース12で連結しておく
ものである。
次に前記装置を用いてその施行方法を述べれば、型枠解
体箇所に自走台車1を移動させ所定位置にて停止し、タ
ーンテーブル3を作動して油圧ジヤツキ45全体を回転
させ荷台2に対して直角にして所定の位置に設置する。
油圧ポンプ11を操作して油圧ジヤツキ4567、のピ
ストンロッド8を伸ばし、その先端を型枠又は地山に固
定する。油圧ジヤツキ7を縮めクラウン部の型枠13を
解体し荷台2上に引き寄せる。左右の側壁部型枠14の
下端のキャンバ−15等をゆるめ左右の側壁部型枠14
を解体し荷台2に引き寄せる。油圧ジヤツキ6を縮めて
油圧ジヤツキと型枠の全荷重をターンティプル3を介し
て自走台車Iにあすける。自走台車lを移動し、所定の
型枠組立位置に自走台車1を停止する。油圧ジヤツキ6
を作動してピストンロッド8を伸ばし油圧ジヤツキ4.
57及び型枠1314を自走台車Iから浮上させる。油
圧ジヤツキ45のピストンロッド8を型枠I4を付けた
まま伸ばし覆エコンクリート仕上がり面より内側の所定
位置に型枠I4を設置する。油圧ジヤツキ7のピストン
ロッド8を型枠13を取り付けたまま伸ばし覆エコンク
リート仕」−がり面より内側の所定位置に型枠13を設
置する。生コン車及びコンクリートポンプ等をコンクリ
ート打設箇所付近に導き型枠に設けである投入口を介し
て型枠と地山の間にフレッシコンクリートを充填する。
フレソソユコンクリート充填終了後油圧ジヤツキ45及
で び7を作動させ型枠全体を充填済フレッシュコンクリー
トを加圧し、型枠全体を所定量かつ所定時間地山側に押
し付ける。この作業によってフレッシュコンクリートの
脱水による品質の改良とクラウン部等に発生しやすい空
隙を充填をする。加圧作業終了後型枠相互の継手部をボ
ルト等で固定すると共に側壁用型枠下端のキャンバ−1
5等で型枠全体を保持する。型枠1314と油圧ジヤツ
キ4.5.7のピストンロッド8の連結を解除し、ピス
トンロッド8を統べてを縮めて油圧ジヤツキ全体をター
ンテーブル3を介して自走台車1に受は替える。その後
ターンテーブル3を回転させて油圧ジヤツキ4゜5を自
走台車1の荷台2と平行にして狭い坑内を走行しやすい
荷姿とする。自走台車1を油圧ジヤツキ4.567をの
せたまま、切羽以外の所定の退避箇所に移動させる。以
後のさつ孔等切羽作業を始めるものである。以」二の作
業を繰り返すものである。
(効果) ■トンネル工事ではNATM工法が多用され吹き付けコ
ンクリートが重要な覆工材料として多用されるが施行上
吹き付けコンクリート粉塵の発生量が多く坑内作業環境
を悪化させるのでその改良対策となる。
■吹き付けコンクリートからなる一次覆工と後打ちの二
次覆工を一回で実施し工期の短縮と工費の低減をはかれ
る。
■吹き付けコンクリートは地山油水筒所や土砂内では地
山との付着が悪いが本発明はこれら欠点を消去低減でき
る。
■吹き付けコンクリートのようなハネ返りや落下がない
■コンクリートを加圧するので生コンクリートの品質が
改良されると共に地山と空隙のなく密着した覆工が得ら
れ他山押出し変位を抑止できる。
■吹き付けコンクリートに必要な吹き付けロボット、吹
き付け機などが不要となるほか坑内の換気設備なども軽
減され作業が゛合理化される。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の実施例に用いる装置の側面図、第2図
は同背面図、第3図は施行時のトンネルの縦断面図、第
4図は同横断面図、第5図は同平面図を示すものである

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)、自走台車の荷台のターンテーブル上に設けたト
    ンネルの側壁面方向に伸縮する油圧ジャッキと上方に伸
    縮する油圧ジャッキのピストンロッドに型枠を取り付け
    、その後自走台車を移動し、所定の型枠組立位置に自走
    台車を停止した後油圧ジャッキを作動して型枠を付けた
    まま伸ばし覆工コンクリートの仕上がり面より内側の所
    定位置に壁枠を設置し、型枠と地山の間にフレッシュコ
    ンクリートを充填し、フレッシュコンクリート充填終了
    後油圧ジャッキを作動させ型枠全体で充填済フレッシュ
    コンクリートを加圧し、型枠全体を所定量かつ所定時間
    地山側に押し付け加圧作業終了後型枠相互の継主部をボ
    ルト等で固定すると共に側壁用型枠下端のキャンパー等
    で型枠全体を保持した後、型枠と油圧ジャッキのピスト
    ンロッドの連結を解除し、ピストンロッドを統べて縮め
    て油圧ジャッキ全体をターンテーブルを介して自走台車
    に受け替え、その後ターンテーブルを回転させて側壁面
    方向に伸縮する油圧ジャッキを自走台車の荷台と平行に
    して狭い坑内を走行しやすい荷姿とした後、切羽以外の
    所定の退壁箇所に移動させることを特徴とするトンネル
    覆工コンクリートの施行方法。
  2. (2)、自走台車の荷台上にターンテーブルを設置し、
    ターンテーブル上にトンネルの側壁面方向に伸縮する油
    圧ジャッキと上方に伸縮する油圧ジャッキを取り付ける
    と共に、油圧ジャッキのピストンロッドの先端に型枠取
    り付け治具を設けて成ることを特徴とするトンネル覆工
    コンクリートの施行装置。
JP63153727A 1988-06-22 1988-06-22 トンネル覆工方法及びその装置 Expired - Fee Related JPH0781518B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63153727A JPH0781518B2 (ja) 1988-06-22 1988-06-22 トンネル覆工方法及びその装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63153727A JPH0781518B2 (ja) 1988-06-22 1988-06-22 トンネル覆工方法及びその装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01322099A true JPH01322099A (ja) 1989-12-27
JPH0781518B2 JPH0781518B2 (ja) 1995-08-30

Family

ID=15568777

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63153727A Expired - Fee Related JPH0781518B2 (ja) 1988-06-22 1988-06-22 トンネル覆工方法及びその装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0781518B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03235899A (ja) * 1990-02-13 1991-10-21 Toda Constr Co Ltd トンネル覆工方法と透水型枠装置
JPH03235898A (ja) * 1990-02-13 1991-10-21 Toda Constr Co Ltd トンネル覆工方法とその型枠装置
JPH0464696A (ja) * 1990-07-04 1992-02-28 Toda Constr Co Ltd トンネル覆工用型枠装置
JPH04128496A (ja) * 1990-09-20 1992-04-28 Toda Constr Co Ltd 型枠装置
JP2009209657A (ja) * 2008-03-06 2009-09-17 Taisei Corp 覆工用型枠フレーム及び覆工用型枠の構築方法
CN109113765A (zh) * 2018-10-08 2019-01-01 中铁六局集团广州工程有限公司 一种明挖矩形隧道用衬砌模板台车及其施工工法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102003053B1 (ko) * 2019-03-02 2019-07-23 최영상 라이닝폼 고정 장치

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4983228A (ja) * 1972-12-18 1974-08-10
JPS5891298A (ja) * 1981-11-26 1983-05-31 株式会社奥村組 壁面ライニング材打設方法およびその装置
JPS60228392A (ja) * 1984-04-25 1985-11-13 飛島建設株式会社 型枠等重量物移動用の掛吊装置
JPH01121499A (ja) * 1987-11-05 1989-05-15 Toda Constr Co Ltd トンネルの施工方法及びその装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4983228A (ja) * 1972-12-18 1974-08-10
JPS5891298A (ja) * 1981-11-26 1983-05-31 株式会社奥村組 壁面ライニング材打設方法およびその装置
JPS60228392A (ja) * 1984-04-25 1985-11-13 飛島建設株式会社 型枠等重量物移動用の掛吊装置
JPH01121499A (ja) * 1987-11-05 1989-05-15 Toda Constr Co Ltd トンネルの施工方法及びその装置

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03235899A (ja) * 1990-02-13 1991-10-21 Toda Constr Co Ltd トンネル覆工方法と透水型枠装置
JPH03235898A (ja) * 1990-02-13 1991-10-21 Toda Constr Co Ltd トンネル覆工方法とその型枠装置
JPH0464696A (ja) * 1990-07-04 1992-02-28 Toda Constr Co Ltd トンネル覆工用型枠装置
JPH04128496A (ja) * 1990-09-20 1992-04-28 Toda Constr Co Ltd 型枠装置
JP2009209657A (ja) * 2008-03-06 2009-09-17 Taisei Corp 覆工用型枠フレーム及び覆工用型枠の構築方法
CN109113765A (zh) * 2018-10-08 2019-01-01 中铁六局集团广州工程有限公司 一种明挖矩形隧道用衬砌模板台车及其施工工法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0781518B2 (ja) 1995-08-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105370298B (zh) 黄土隧道一次衬砌液压模板台车
KR101014779B1 (ko) 굴착과 라이닝의 동시시공을 통한 터널시공방법 및 그 터널시공방법에 이용하기 위한 작업대차와 라이닝폼
CN105134253A (zh) 隧道仰拱组合整体模板及浇筑施工方法
CN106640133B (zh) 多功能伸缩式仰拱栈桥
JP7018614B2 (ja) コンクリート構造物における誘発目地の形成方法
JPH01322099A (ja) トンネル覆工方法及びその装置
JP2820854B2 (ja) トンネル工事用桟橋及びインバート施工方法並びにトンネル工法
CN217761021U (zh) 一种适用于狭小断面不中断交通的隧道简易衬砌浇筑台车
JP3400954B2 (ja) トンネル改築用移動ステージおよびこれを用いたトンネル改築方法
CN106988762B (zh) 全断面二衬仰拱盾构设备
CN216305944U (zh) 一种适用于小断面双仓暗挖隧道衬砌施工的模板台车体系
JP2001082095A (ja) 型枠ハンドリング機と型枠と型枠取付方法と型枠引抜方法
JPH03241200A (ja) トンネル用プレキャスト板の据え付け方法およびその装置
JPH10292790A (ja) トンネル覆工工法
CN106761827B (zh) 一种隧道衬砌用封堵模架
JPH0639878B2 (ja) 覆工用移動式型枠の移動機構
CN210459463U (zh) 一种水沟浇筑定型辅助模板台车
JP2797218B2 (ja) 妻止め
JPH03233098A (ja) トンネル用プレキャスト板の据え付け方法およびその装置
JPH0747514Y2 (ja) 圧着型枠装置
CN215108946U (zh) 一种车行横洞和人行横洞二衬共用浇筑台车
CN111577322B (zh) 一种同步衬砌托梁装置及其施工方法
JPH06294297A (ja) トンネルのコンクリート覆工における妻型枠の反力支持装置
JPH0640717Y2 (ja) トンネル用一次覆工移動式型枠
CN115467688A (zh) 拖移伸缩式隧道衬砌模板车及其施工方法

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees