JP6046450B2 - アルミ製ステアリングナックル - Google Patents

アルミ製ステアリングナックル Download PDF

Info

Publication number
JP6046450B2
JP6046450B2 JP2012244282A JP2012244282A JP6046450B2 JP 6046450 B2 JP6046450 B2 JP 6046450B2 JP 2012244282 A JP2012244282 A JP 2012244282A JP 2012244282 A JP2012244282 A JP 2012244282A JP 6046450 B2 JP6046450 B2 JP 6046450B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rib
connecting portion
main body
steering knuckle
vehicle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012244282A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2014091468A (ja
Inventor
重傑 神
重傑 神
穣 浅田
穣 浅田
信夫 岩国
信夫 岩国
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ryobi Ltd
Original Assignee
Ryobi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ryobi Ltd filed Critical Ryobi Ltd
Priority to JP2012244282A priority Critical patent/JP6046450B2/ja
Priority to PCT/JP2013/078304 priority patent/WO2014073353A1/ja
Publication of JP2014091468A publication Critical patent/JP2014091468A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6046450B2 publication Critical patent/JP6046450B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D7/00Steering linkage; Stub axles or their mountings
    • B62D7/18Steering knuckles; King pins
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G15/00Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type
    • B60G15/02Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring
    • B60G15/06Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring and fluid damper
    • B60G15/062Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring and fluid damper the spring being arranged around the damper
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G15/00Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type
    • B60G15/02Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring
    • B60G15/06Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring and fluid damper
    • B60G15/067Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring and fluid damper characterised by the mounting on the vehicle body or chassis of the spring and damper unit
    • B60G15/068Resilient suspensions characterised by arrangement, location or type of combined spring and vibration damper, e.g. telescopic type having mechanical spring and fluid damper characterised by the mounting on the vehicle body or chassis of the spring and damper unit specially adapted for MacPherson strut-type suspension
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G3/00Resilient suspensions for a single wheel
    • B60G3/02Resilient suspensions for a single wheel with a single pivoted arm
    • B60G3/04Resilient suspensions for a single wheel with a single pivoted arm the arm being essentially transverse to the longitudinal axis of the vehicle
    • B60G3/06Resilient suspensions for a single wheel with a single pivoted arm the arm being essentially transverse to the longitudinal axis of the vehicle the arm being rigid
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G7/00Pivoted suspension arms; Accessories thereof
    • B60G7/008Attaching arms to unsprung part of vehicle
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2200/00Indexing codes relating to suspension types
    • B60G2200/10Independent suspensions
    • B60G2200/14Independent suspensions with lateral arms
    • B60G2200/142Independent suspensions with lateral arms with a single lateral arm, e.g. MacPherson type
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2200/00Indexing codes relating to suspension types
    • B60G2200/40Indexing codes relating to the wheels in the suspensions
    • B60G2200/44Indexing codes relating to the wheels in the suspensions steerable
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2202/00Indexing codes relating to the type of spring, damper or actuator
    • B60G2202/30Spring/Damper and/or actuator Units
    • B60G2202/31Spring/Damper and/or actuator Units with the spring arranged around the damper, e.g. MacPherson strut
    • B60G2202/312The spring being a wound spring
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2206/00Indexing codes related to the manufacturing of suspensions: constructional features, the materials used, procedures or tools
    • B60G2206/01Constructional features of suspension elements, e.g. arms, dampers, springs
    • B60G2206/50Constructional features of wheel supports or knuckles, e.g. steering knuckles, spindle attachments
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2206/00Indexing codes related to the manufacturing of suspensions: constructional features, the materials used, procedures or tools
    • B60G2206/01Constructional features of suspension elements, e.g. arms, dampers, springs
    • B60G2206/70Materials used in suspensions
    • B60G2206/71Light weight materials
    • B60G2206/7102Aluminium alloys

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Combustion & Propulsion (AREA)
  • Transportation (AREA)
  • Steering-Linkage Mechanisms And Four-Wheel Steering (AREA)
  • Vehicle Body Suspensions (AREA)

Description

本発明は、車両に用いられるアルミ製ステアリングナックルの改良に関するものである。
自動車等の車両には、通常、ディスク式ブレーキ機構等の摩擦ブレーキ機構が設けられている。摩擦ブレーキ機構は、車輪と一体に回転するブレーキローターと、ブレーキキャリパーに保持されたブレーキパッド等の摩擦部材とを摺接させて、ブレーキローターと摩擦部材との間に摩擦力を生じさせることで、車輪の回転を制動する。このような摩擦ブレーキ機構において、通常、ブレーキローターはホイールハブと一体に回転し、ブレーキキャリパーはステアリングナックルやアクスルキャリア(アクスルハウジング)等、ホイールハブを回転可能に支持する部材にボルト等により結合されている。当該支持部材の端部は、一般的に、ゴムブッシュ等を介してサスペンションアームに接続されており、車両用の懸架装置を構成している。
このような摩擦ブレーキ機構を含む懸架装置の構成部材は、車両の安全性を維持する必要があるため、重要保安部品として位置付けられており、例えばステアリングナックルについては、鉄系材料を鋳造又は鍛造して製造されることが一般的であった。なぜなら、鉄系材料であれば、高い剛性を容易に得ることができるからである。
一方、車両の燃費向上などを目的に、車両を構成する重要保安部品についても、鉄系材料に替えて例えばアルミ合金のような軽量化金属材料を採用することが、近年になって実施されてきている。具体的には、高い燃費性能が求められるハイブリッド自動車などにおいて、アルミ製のステアリングナックルを採用する動きもみられる。
なお、アルミニウムやアルミニウム合金等の軽量化金属材料を用いてステアリングナックル等の部材を製造する場合には、例えば下記特許文献1に開示されるような重力鋳造や傾斜重力鋳造などといった従来公知の鋳造方法が採用されている。
特開2011−104613号公報
しかしながら、アルミ製のステアリングナックルは、軽量化の面で非常に有利な効果を得られるものの、剛性の面では鉄系材料を用いたステアリングナックルには劣るといった課題が存在していた。すなわち、従来の技術では、剛性の向上と軽量化という相反する効果を両立できる技術は存在しておらず、かかる効果を両立可能な技術の実現が求められていた。
本発明は、上述した従来技術に存在する課題の存在に鑑みて成されたものであり、その目的は、軽量であるという特性を維持しながらも鉄系材料で得られる剛性と同等以上の高い剛性を有するアルミ製のステアリングナックルを提供することにある。
以下、本発明について説明する。なお、本発明の理解を容易にするために添付図面の参照番号を括弧書きにて付記するが、それにより本発明が図示の形態に限定されるものではない。
本発明に係るアルミ製ステアリングナックル(20)は、車両に用いられるものであって、略円形空洞(21a)と、当該略円形空洞(21a)の周囲に配置される複数のボルト孔(21b)とを有することで、車輪支持体(10)の取り付け箇所となる本体部(21)と、前記本体部(21)の上方に設けられてダンパー(2)に連結されるダンパー連結部(22)と、前記本体部(21)の下方に設けられてロワアーム(3)に連結されるロワアーム連結部(23)と、前記本体部(21)から車両前後方向のいずれか一方に伸びて形成されるアーム(24)の先端に設けられてタイロッド(5)に連結されるタイロッド連結部(25)と、前記本体部(21)から車両前後方向のいずれか他方に形成されてブレーキキャリパー(6)が設置されるブレーキキャリパー設置部(26)と、を備え、さらに、前記複数のボルト孔(21b)の周囲を取り囲むように設置されるとともに車両本体側に立設して設けられる壁面(21c)を有し、前記壁面(21c)が、隣り合う前記ボルト孔(21b)同士を直線的につなぐように形成されるとともに、立設する当該壁面(21c)の高さが壁面全周において略同一に形成され、前記ダンパー連結部(22)、前記タイロッド連結部(25)及び前記本体部(21)の間には、リブ(31)が形成されており、当該リブ(31)の外郭形状が、前記ダンパー連結部(22)と前記タイロッド連結部(25)とを直線的に結ぶような稜線を描いて形成され、前記ダンパー連結部(22)、前記ブレーキキャリパー設置部(26)及び前記本体部(21)の間には、別のリブ(33)が形成されており、当該別のリブ(33)の外郭形状が、前記ダンパー連結部(22)と前記ブレーキキャリパー設置部(26)とを直線的に結ぶような稜線を描いて形成され、前記ダンパー連結部(22)は、上下方向に延びた形状を有しており、前記リブ(31)と前記別のリブ(33)の配置位置が、前記ダンパー連結部(22)を基準としたときに、車両の前後方向の位置に相当する位置で配置されるとともに、前記リブ(31)と前記別のリブ(33)が車両の前後方向で略前後対称形状となるように構成されていることを特徴とする。
本発明によれば、アルミニウムやアルミニウム合金等の軽量化金属材料が有する軽量であるという特性を維持しながらも、鉄系材料で得られる剛性と同等以上の高い剛性を有するアルミ製のステアリングナックルを提供することができる。
本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックルが用いられる一般的な車両用懸架装置の概略構成を説明する概略図である。 本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックルの正面図であり、取付時において車両本体側を向く面を示している。 本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックルの背面図であり、取付時において車輪側を向く面を示している。 本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックルの外観斜視図である。
以下、本発明を実施するための好適な実施形態について、図面を用いて説明する。なお、以下の実施形態は、各請求項に係る発明を限定するものではなく、また、実施形態の中で説明されている特徴の組み合わせの全てが発明の解決手段に必須であるとは限らない。
まず、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20が設置される一般的な車両用懸架装置1の構成について、図1を用いて説明する。ここで、図1は、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックルが用いられる一般的な車両用懸架装置1の概略構成を説明する概略図である。なお、図1は、あくまで本発明の使用態様を説明するための概略図であるため、図1中に示されるアルミ製ステアリングナックル120については、本発明の構成とは異なる一般的なものが描かれている。
この車両用懸架装置1は、前輪用の懸架装置であり、不図示のホイールハブを回転可能に支持する支持部材としてアルミ製ステアリングナックル120が設けられている。また、この車両用懸架装置1は、マクファーソン・ストラット形式の懸架装置であり、支持部材としてのアルミ製ステアリングナックル120は、ホイールハブ(不図示)等の車輪支持体の取り付け箇所となる本体部121と、本体部121の上方に設けられてダンパー2に連結されるダンパー連結部122と、本体部121の下方に設けられてロワアーム3に連結されるロワアーム連結部123と、本体部121から車両後方向に伸びて形成されるアーム124の先端に設けられてタイロッド5に連結されるタイロッド連結部125と、本体部121から車両前方向に形成されてブレーキキャリパー6が設置されるブレーキキャリパー設置部126と、を有して構成されている。なお、図1では、車両用懸架装置1が前輪に用いられる場合を例示しているが、マクファーソン・ストラット形式の懸架装置については、ロワアーム3の前後幅を広くとったり、ロワアーム3を2本にするパラレルリンク式を採用する等の対策を取ることで、後輪にも用いることができる。
また、車両用懸架装置1は、摩擦ブレーキ機構(ディスク式ブレーキ)を構成する部品として、不図示のホイールハブに係合して、車輪15と一体に回転するディスクローター10を有している。ホイールハブ(不図示)には、ロータ回転軸を中心とする周方向に複数のハブボルト(不図示)が配設されており、当該ハブボルトを用いることで、ディスクローター10は、車輪15と共に、ホイールハブ(不図示)にボルト結合される。これにより、ディスクローター10は、車輪15及びホイールハブ(不図示)と一体に回転する。
また、車両用懸架装置1には、摩擦ブレーキ機構を構成する部品として、ディスクローター10の摺接面と接して摩擦力を生じさせる摩擦部材としての不図示のブレーキパッドと、当該ブレーキパッドを介してディスクローター10を両側から挟みこむブレーキキャリパー6とを有している。ブレーキキャリパー6は、ディスクローター10を挟み込むよう配置された2箇所のブレーキパッドを保持しており、図示しないホイールシリンダによりブレーキパッドを押圧して、当該ブレーキパッドに作動力を伝達することで、ブレーキパッドとディスクローター10との間に摩擦力を生じさせることができるようになっている。当該摩擦力は、ロータ回転軸の周方向に作用して、ディスクローター10に結合された車輪15の接地面に制動力を生じさせる。
このように構成された車両用懸架装置1は、車輪15と一体にディスクローター10が回転しているときに、ブレーキキャリパー6が不図示のブレーキパッドに作動力を伝達すると、当該ブレーキパッドとディスクローター10との摺接面には、ロータ回転軸の周方向に摩擦力が作用する。この摩擦力は、車輪15の接地面に制動力を生じさせる一方、その反力としてロータ回転軸の周方向の力(力のモーメント)が、ブレーキパッドから、ブレーキキャリパー6等を介してアルミ製ステアリングナックル120に伝達される。つまり、不図示のブレーキパッドとディスクローター10との間に摩擦力が生じると、ブレーキキャリパー6からアルミ製ステアリングナックル120に、ロータ回転軸まわりの力のモーメントが伝達されることとなる。
以上、一般的なアルミ製ステアリングナックル120が設置される車両用懸架装置1の概略構成について、図1を用いて説明を行った。そして、本発明に係るアルミ製ステアリングナックルは、この種の一般的な車両用懸架装置1に対して用いることが可能である。そこで、次に、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の詳細な形態的特徴について、図2〜図4を用いて説明を行う。ここで、図2は、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の正面図であり、取付時において車両本体側を向く面を示している。また、図3は、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の背面図であり、取付時において車輪側を向く面を示している。さらに、図4は、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の外観斜視図である。
図2〜図4に示す本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20は、重力鋳造や傾斜重力鋳造などといった従来公知の鋳造方法によって製造されており、その形態的な形状に有意な特徴を有している。まず、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の基本構成を説明する。
本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20は、その中央部分に上述したホイールハブ(不図示)等の車輪支持体の取り付け箇所となる本体部21を有している。本体部21の中央には、略円形空洞21aが形成されており、さらに、この略円形空洞21aの周囲には、4つのボルト孔21bが形成されている。
略円形空洞21aには、車輪支持体を構成する不図示のハブベアリングが配置される。一方、4つのボルト孔21bには、ハブボルト(不図示)が螺合接合される。つまり、不図示のハブボルトが4つのボルト孔21bに螺合されることで、上述した車輪支持体や車輪15等がアルミ製ステアリングナックル20の本体部21に設置されることとなる。
本体部21の上方には、ダンパー2を連結するためのダンパー連結部22が形成されている。ダンパー2は、バネとピストンロッドとを有して構成されており、図1にて例示したように、ピストンロッドの下端側がダンパー連結部22に対して連結部材を介してボルトにより連結接合されることとなる。したがって、ダンパー連結部22は、主として本体部21に向かう方向のモーメントを受けることとなる。
本体部21の下方には、ロワアーム3を連結するためのロワアーム連結部23が形成されている。このロワアーム連結部23についても、図1にて例示したロワアーム3をボルト等の締結手段を用いることでロワアーム連結部23に対して確実に連結できるように構成されている。
本体部21の車両後方向(図2における紙面右方向)には、アーム24が伸びて形成されており、このアーム24の先端には、図1にて例示したタイロッド5を連結するためのタイロッド連結部25が形成されている。本実施形態に係るタイロッド連結部25には、車両の上下方向を向く開口孔が形成されており、タイロッド5が有する凸部をこの開口孔に嵌め込むことで、タイロッド5とアルミ製ステアリングナックル20との連結が実現するように構成されている。
一方、本体部21の車両前方向(図2における紙面左方向)には、ブレーキキャリパー6を設置するためのブレーキキャリパー設置部26が形成されている。なお、本実施形態に係るブレーキキャリパー設置部26は、2つのボルト孔として構成されており、ボルト等の締結手段を用いることで、ブレーキキャリパー6をアルミ製ステアリングナックル20に対して確実に固定できるようになっている。
以上のような基本構成を有する本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20であるが、このアルミ製ステアリングナックル20は、軽量であるという特性を維持しながらも、鉄系材料で得られる剛性と同等以上の高い剛性を獲得するために、種々の有意な形態的特徴を備えている。以下に、その具体的な構成を説明する。
まず、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20には、本体部21に形成された複数のボルト孔21bの周囲を取り囲むように、壁面21cが形成されている。この壁面21cは、車両本体側に向けて立設して設けられており、また、隣り合うボルト孔21b同士を直線的につなぐように形成されている。さらに、この壁面21cについては、立設する当該壁面21cの高さが、壁面全周において略同一となるように形成されている。本実施形態に係る壁面21cが、前述のような構成を備えることで、壁面21cの立設方向、すなわち車両本体側の方向に加わる内向きの剛性を向上させることが可能となる。かかる効果は、特に、旋回時に加わるモーメントを好適に受容できることにつながるため、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20が、アルミの有する軽量であるという特性を維持しながらも、鉄系材料で得られる剛性と同等以上の高い剛性を獲得することを可能としている。
なお、アルミ製ステアリングナックル20の前方に設けられたブレーキキャリパー設置部26の形成位置には、ブレーキキャリパー6が設置されていることから、このブレーキキャリパー6からは、車輪15の回転方向の力の他、ブレーキのモーメントや車両前後方向の力や内向きの力などが加わることになるが、本体部21に対してお椀形に形成された壁面21cが好適に回転方向の力等を受容することに寄与するので、かかる点からも、本実施形態に係る壁面21cが、アルミ製ステアリングナックル20の剛性を高めることを実現している。
本体部21における壁面21cの内部側については、複数のボルト孔21bの形成箇所以外の箇所21dが徐肉形成されており、複数のボルト孔21bの形成箇所21b´が壁面21cの内部側のその他の箇所21dより高くなるように形成されている。かかる構成、すなわち、ハブボルトが締結される複数のボルト孔21bの形成箇所21b´と、複数のボルト孔21bの形成箇所以外の箇所21dとの間に段差を設けることによって、この段差が前述の壁面21cと同様の作用を発揮するので、内向きの剛性の向上効果をさらに得ることが可能となっている。
また、アルミ製ステアリングナックル20が有するアーム24には、第一肉抜部24a,24bが形成されている。この第一肉抜部24a,24bは、アーム24の正面側、すなわち、取付時において車両本体側を向く面側に形成された肉抜部位(24a)と、アーム24の背面側、すなわち、取付時において車輪側を向く面側に形成された肉抜部位(24b)とで構成されている。したがって、本実施形態に係る第一肉抜部24aは、その形成位置におけるアーム24の断面形状がH字形となるように構成されている。かかる形状については、アルミ製ステアリングナックル20を軽量化するために形成されたものである。
さらに、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20では、ダンパー連結部22、タイロッド連結部25及び本体部21の間に対して、第一リブ31を形成した。この第一リブ31については、その外郭形状が、ダンパー連結部22とタイロッド連結部25とを直線的に結ぶような稜線を描くように形成されている。
またさらに、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20では、ロワアーム連結部23、タイロッド連結部25及び本体部21の間に対して、第二リブ32を形成した。この第二リブ32については、その外郭形状が、ロワアーム連結部23とタイロッド連結部25とを直線的に結ぶような稜線を描くように形成されている。
これら第一リブ31と第二リブ32の形状は、無駄な肉付けを行うことなくアーム24等の剛性向上を実現するものである。特に、ダンパー連結部22とタイロッド連結部25、及びロワアーム連結部23とタイロッド連結部25とを直線的に結ぶことで、非常にシンプルな形状が実現されており、かかる形状が製造の容易化と剛性の向上、さらには軽量化といった複数の効果を生み出している。
さらにまた、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20では、ダンパー連結部22、ブレーキキャリパー設置部26及び本体部21の間に対して、第三リブ33を形成した。この第三リブ33については、その外郭形状が、ダンパー連結部22とブレーキキャリパー設置部26とを直線的に結ぶような稜線を描くように形成されている。この第三リブ33についても、上述した第一リブ31及び第二リブ32と同様の作用効果を発揮することは明らかであるが、さらに、この第三リブ33が設置される箇所は、ブレーキキャリパー6の設置位置に近接しているので、車輪15の回転方向の力やブレーキのモーメント等が及ぼされることとなる。また、第三リブ33の設置箇所は、特に、車両が急制動したり急発進したりしたときに倒れ方向のモーメントが加わることになるのであるが、本実施形態に係る第三リブ33が好適に作用することで、アルミ製ステアリングナックル20の剛性を高めることを実現している。
また、本実施形態のダンパー連結部22は、上下方向に延びた形状を有しているが、このダンパー連結部22の左右方向には、第一リブ31と第三リブ33が配置されている。第一リブ31と第三リブ33の配置位置は、ダンパー連結部22から見たときに、ちょうど車両の前後方向の位置に相当する。つまり、第一リブ31と第三リブ33とは、ダンパー連結部22が車両の前後方向に倒れることを防止する機能を発揮できるように構成されている。このような第一リブ31と第三リブ33とが協働して発揮するダンパー連結部22に対する倒れ防止効果は、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の剛性と強度をより向上させることに寄与するものである。
さらに、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20では、ダンパー連結部22の裏面側、すなわち、ダンパー連結部22が形成された箇所における車輪支持体の取り付け側に、第二肉抜部22aが形成されている。また、この第二肉抜部22aの内部には、さらに、肉抜補強リブ22bが形成されている。
ここで、第二肉抜部22aは、軽量化のために形成されるものであるが、ダンパー連結部22の設置箇所周辺でのバランスのよい軽量化を実現するために、本実施形態の第二肉抜部22aについては、ダンパー連結部22の形成箇所の裏面中央位置に形成することとした。かかる構成により、第二肉抜部22aの左右でほぼ均等に外力を受けることが可能となる。また、軽量化と高剛性という相反する特性を最大限に両立させるために、本実施形態では、第二肉抜部22aの内部の中央位置に対して肉抜補強リブ22bを形成することとした。これにより、第二肉抜部22aの形成によって最大限の軽量化を図りながらも、肉抜補強リブ22bの存在によって剛性の維持が実現するので、軽量化と高剛性という相反する特性を両立することが実現している。なお、本実施形態に係る肉抜補強リブ22bは、車両の前後方向に沿った壁面を有するように形成されていることから、車両の前後方向での剛性の向上に特に寄与している。ただし、本発明に係る肉抜補強リブの形状や形成箇所等については、ステアリングナックルに対して及ぼされる外力の方向等の特性に応じて任意に決定すればよい。
以上、本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明の技術的範囲は上記実施形態に記載の範囲には限定されない。上記実施形態には、多様な変更又は改良を加えることが可能である。
例えば、本実施形態に係る肉抜補強リブ22bについては、ダンパー連結部22の裏面側に形成された第二肉抜部22aの内部にのみ形成されていたが、本実施形態に係る第一肉抜部24a,24bや、その他の肉抜部に相当する部位に対して形成することができる。
また、例えば、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20では、本体部21の車両後方向(図2における紙面右方向)に対してアーム24とタイロッド連結部25が形成され、本体部21の車両前方向(図2における紙面左方向)に対してブレーキキャリパー設置部26が形成されていた。しかしながら、アーム24及びタイロッド連結部25の形成位置と、ブレーキキャリパー設置部26の形成位置については、本実施形態の場合と左右逆に形成されていてもよい。
さらに、上述した本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20は、マクファーソン・ストラット形式の懸架装置に使用されるものであったが、本発明の適用範囲は、この形式に限定されるものではない。例えば、ダブルウイッシュボーン式やマルチリンク式などといったその他のあらゆる形式に対して、本発明の技術思想を適用することが可能である。
またさらに、本実施形態に係るアルミ製ステアリングナックル20の製造方法については、背景技術の欄で例示した重力鋳造や傾斜重力鋳造などといった鋳造技術だけではなく、鍛造などのその他の製法によっても製造することが可能である。
その様な変更又は改良を加えた形態も本発明の技術的範囲に含まれ得ることが、特許請求の範囲の記載から明らかである。
1 車両用懸架装置、2 ダンパー、3 ロワアーム、5 タイロッド、6 ブレーキキャリパー、10 ディスクローター、15 車輪、20,120 アルミ製ステアリングナックル、21,121 本体部、21a 略円形空洞、21b ボルト孔、21b´ (ボルト孔21bの)形成箇所、21c 壁面、21d (ボルト孔21bの形成箇所以外の)箇所、22,122 ダンパー連結部、22a 第二肉抜部、22b 肉抜補強リブ、23,123 ロワアーム連結部、24,124 アーム、24a,24b 第一肉抜部、25,125 タイロッド連結部、26,126 ブレーキキャリパー設置部、31 第一リブ、32 第二リブ、33 第三リブ。

Claims (1)

  1. 車両に用いられるアルミ製ステアリングナックルであって、
    略円形空洞と、当該略円形空洞の周囲に配置される複数のボルト孔とを有することで、車輪支持体の取り付け箇所となる本体部と、
    前記本体部の上方に設けられてダンパーに連結されるダンパー連結部と、
    前記本体部の下方に設けられてロワアームに連結されるロワアーム連結部と、
    前記本体部から車両前後方向のいずれか一方に伸びて形成されるアームの先端に設けられてタイロッドに連結されるタイロッド連結部と、
    前記本体部から車両前後方向のいずれか他方に形成されてブレーキキャリパーが設置されるブレーキキャリパー設置部と、
    を備え、さらに、
    前記複数のボルト孔の周囲を取り囲むように設置されるとともに車両本体側に立設して設けられる壁面を有し、
    前記壁面が、隣り合う前記ボルト孔同士を直線的につなぐように形成されるとともに、立設する当該壁面の高さが壁面全周において略同一に形成され
    前記ダンパー連結部、前記タイロッド連結部及び前記本体部の間には、リブが形成されており、
    当該リブの外郭形状が、前記ダンパー連結部と前記タイロッド連結部とを直線的に結ぶような稜線を描いて形成され、
    前記ダンパー連結部、前記ブレーキキャリパー設置部及び前記本体部の間には、別のリブが形成されており、
    当該別のリブの外郭形状が、前記ダンパー連結部と前記ブレーキキャリパー設置部とを直線的に結ぶような稜線を描いて形成され、
    前記ダンパー連結部は、上下方向に延びた形状を有しており、前記リブと前記別のリブの配置位置が、前記ダンパー連結部を基準としたときに、車両の前後方向の位置に相当する位置で配置されるとともに、前記リブと前記別のリブが車両の前後方向で略前後対称形状となるように構成されていることを特徴とするアルミ製ステアリングナックル。
JP2012244282A 2012-11-06 2012-11-06 アルミ製ステアリングナックル Active JP6046450B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012244282A JP6046450B2 (ja) 2012-11-06 2012-11-06 アルミ製ステアリングナックル
PCT/JP2013/078304 WO2014073353A1 (ja) 2012-11-06 2013-10-18 アルミ製ステアリングナックル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012244282A JP6046450B2 (ja) 2012-11-06 2012-11-06 アルミ製ステアリングナックル

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014091468A JP2014091468A (ja) 2014-05-19
JP6046450B2 true JP6046450B2 (ja) 2016-12-14

Family

ID=50684465

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012244282A Active JP6046450B2 (ja) 2012-11-06 2012-11-06 アルミ製ステアリングナックル

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6046450B2 (ja)
WO (1) WO2014073353A1 (ja)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6116191B2 (ja) * 2012-11-06 2017-04-19 マツダ株式会社 アルミ製ステアリングナックル
JP6090079B2 (ja) * 2013-09-10 2017-03-08 トヨタ自動車株式会社 ステアリングナックル
JP6392591B2 (ja) * 2014-09-03 2018-09-19 リョービ株式会社 アルミ製ステアリングナックル
JP6213845B2 (ja) 2015-03-12 2017-10-18 日信工業株式会社 車両用支持構造体
JP6593086B2 (ja) * 2015-10-15 2019-10-23 トヨタ自動車株式会社 ステアリングナックル
JP6610942B2 (ja) * 2015-11-30 2019-11-27 日立金属株式会社 車両用ステアリングナックル
JP6408518B2 (ja) * 2016-07-08 2018-10-17 リョービ株式会社 アルミ製ステアリングナックル
DE102017120874A1 (de) * 2016-09-23 2018-03-29 Ksm Castings Group Gmbh Schwenklager
CN108248683B (zh) * 2016-12-28 2020-09-15 北汽福田汽车股份有限公司 转向节及车辆
EP3409513B1 (de) * 2017-06-01 2020-08-05 GF Casting Solutions Kunshan Co. Ltd. Schwenklager
KR102372392B1 (ko) * 2017-07-28 2022-03-08 현대모비스 주식회사 너클 장치
JP6799032B2 (ja) * 2018-05-29 2020-12-09 日信工業株式会社 車両用支持構造体およびその製造方法
WO2021181814A1 (ja) * 2020-03-10 2021-09-16 日立Astemo株式会社 車両用支持構造体
CN111516753A (zh) * 2020-04-24 2020-08-11 东风汽车集团有限公司 连接轮毂电机驱动轮与麦弗逊前桥的转向节及其连接结构

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE19923694B4 (de) * 1999-05-22 2010-04-08 Volkswagen Ag Schwenklager
JP2001187583A (ja) * 1999-10-18 2001-07-10 Hitachi Metals Ltd 自動車用ナックル
JP2010089559A (ja) * 2008-10-06 2010-04-22 Toyota Motor Corp 車輪支持装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014091468A (ja) 2014-05-19
WO2014073353A1 (ja) 2014-05-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6046450B2 (ja) アルミ製ステアリングナックル
JP6116191B2 (ja) アルミ製ステアリングナックル
EP2604452A2 (en) Axle suspension system
JP6392591B2 (ja) アルミ製ステアリングナックル
KR100779351B1 (ko) 차량용 프레스타입 스티어링 너클
US9333826B1 (en) Axle suspension system and method of manufacture
EP3287306A1 (en) Vehicle suspension structure
KR101617771B1 (ko) 차량의 완전 부동 후륜구동 액슬용 다각형 허브
JP6408518B2 (ja) アルミ製ステアリングナックル
CN211001547U (zh) 一种汽车转向节及汽车
CN201779185U (zh) 汽车制动蹄
EP2651747B1 (en) Steering knuckle and vehicle comprising a steering knuckle
CN101788027A (zh) 一种汽车盘式制动器
CN113853487B (zh) 商用车转向节
CN201231654Y (zh) 桥壳整体铸造式转向驱动桥
CN219544441U (zh) 一种重型独立悬架轮边结构
CN214197053U (zh) 一种制动器角总成及汽车
JP6701488B2 (ja) ステアリングナックル
CN204493503U (zh) 载重汽车后桥用鼓式制动器底板总成
JP6400264B1 (ja) モーターサイクル
CN206797008U (zh) 用于电动三轮车的鼓刹式铝合金前轮毂
TWI385102B (zh) The vehicle is suspended before the support device
CN211308713U (zh) 一种用于盘式制动器总成的转向节
CN211494222U (zh) 一种3d打印后转向节、悬架系统及汽车
JP4392005B2 (ja) 自動二輪車の制動装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151009

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160802

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160929

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161101

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161117

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6046450

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150