JP4692037B2 - 食器洗い機 - Google Patents

食器洗い機 Download PDF

Info

Publication number
JP4692037B2
JP4692037B2 JP2005080950A JP2005080950A JP4692037B2 JP 4692037 B2 JP4692037 B2 JP 4692037B2 JP 2005080950 A JP2005080950 A JP 2005080950A JP 2005080950 A JP2005080950 A JP 2005080950A JP 4692037 B2 JP4692037 B2 JP 4692037B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
basket
dishwasher
tableware
washing tub
tableware basket
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005080950A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006262923A (ja
Inventor
之浩 北▲崎▼
隆 宮内
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by パナソニック株式会社 filed Critical パナソニック株式会社
Priority to JP2005080950A priority Critical patent/JP4692037B2/ja
Publication of JP2006262923A publication Critical patent/JP2006262923A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4692037B2 publication Critical patent/JP4692037B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L15/00Washing or rinsing machines for crockery or tableware
    • A47L15/42Details
    • A47L15/50Racks ; Baskets
    • A47L15/506Arrangements for lifting racks for loading or unloading purposes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L15/00Washing or rinsing machines for crockery or tableware
    • A47L15/0084Washing or rinsing machines for crockery or tableware of drawer-type
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L19/00Drying devices for crockery or table-ware, e.g. tea-cloths
    • A47L19/04Crockery baskets; Draining-racks

Description

本発明は、食器等の被洗浄物に洗浄水を噴射して洗浄する食器洗い機に関するものである。
従来、一般的な食器洗い機は、図7に示すように構成していた。以下、その構成について説明する。
図7に示すように、食器洗い機本体1は、内部に洗浄槽2を設けており、洗浄槽2が上方に開放していて、上方から被洗浄物8の出し入れが可能となっている。また、洗浄槽2内へは給水弁3により外部から水または湯を供給するようにしている。ここで、その洗浄水の供給は、水位センサ(図示せず)を利用して適切な水位に設定し、給水弁3からの給水を自動的に止める。洗浄槽2の底部には排水孔4を設け、この排水孔4に連通し、モータによって駆動される洗浄ポンプ5を取り付け、この洗浄ポンプ5により洗浄水を洗浄ノズル7から噴射させて洗浄槽2の内部に循環するよう構成している。また、排水孔4には残さいを捕集する残さいフィルタ6を具備している。
また、洗浄ノズル7と洗浄槽2の底部との間には、洗浄水加熱用のヒータ9を装備し、洗浄ノズル7の上方には、被洗浄物8を整然と配置でき、洗浄水を効果的に被洗浄物8に噴射するように構成した上食器かご10と下食器かご11の上下二段からなる食器かごを設置して効率的に洗浄を行えるようにしている。制御手段12は、給水弁3や洗浄ポンプ5等の電装部品を駆動、制御するものである(例えば、特許文献1参照)。
上記構成において動作を説明する。洗浄槽2内に供給された洗浄水は、残さいフィルタ6を通過して洗浄ポンプ5に吸い込まれ、洗浄ポンプ5より洗浄槽2の内底部に設けた洗浄ノズル7に供給される。洗浄ノズル7から噴射された洗浄水は、被洗浄物8を洗浄した後、再び排水孔4に戻るという経路で循環する。この際、被洗浄物8から脱落した残さい等は、洗浄水とともに残さいフィルタ6に流入し、この残さいフィルタ6を通過できない大きさの残さいは残さいフィルタ6に捕集される。
特開2002−17643号公報
しかしながら、このような従来の構成では、洗浄槽の上方から被洗浄物をセットすることになるため、上食器かごに被洗浄物をセットしてしまっている場合では、その真下にあたる位置に被洗浄物をセットしようとすると、一度上食器かごに置いた被洗浄物を一旦片付けるか、下食器かごをセットし終わるまで、上食器かごに被洗浄物をセットできなくなる。また、食事毎や食事の間で飲んだコップ類などの被洗浄物が発生した場合、一度上食器かごに置くので非常に不便であり、被洗浄物のセットがしづらいという不具合が発生する。
本発明は上記従来の課題を解決するもので、上食器かごに被洗浄物をセットした状態でも、上食器かごを簡単に移動することによって、下食器かごに被洗浄物を容易にセットすることにより、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することを目的としている。
本発明は上記目的を達成するために、食器洗い機本体と、上方に開口し前記食器洗い機本体から前後に引出し可能な洗浄槽と、前記洗浄槽内に被洗浄物を収納する上食器かごと
下食器かごの上下2段の食器かごと、前記上食器かごが移動できるように支持する複数のリンクとを備え、前記複数のリンクは同じ長さでそれぞれ一端を前記上食器かごに、他端を前記洗浄槽の回転支持部に回転自在に取り付けられるとともに、前記上食器かごの両側に設けられたそれぞれのリンク同士が連結されて平行リンクを構成し、前記洗浄槽を前記食器洗い機本体から引出した状態で、前記上食器かごが被洗浄物をセットした姿勢を保ったまま、前記洗浄槽の内部と前記洗浄槽より上方外側との間を移動できるようにしたものである。
これにより、上食器かごに被洗浄物をセットしたまま、上食器かごを簡単に移動することによって、上食器かごの下側にある下食器かご被洗浄物を容易にセットすることができ、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができる。
本発明の食器洗い機は、上食器かごに被洗浄物をセットしたまま、上食器かごを簡単に移動することによって、上食器かごの下側にある下食器かごへの食器のセットを楽に行うことができるので、下食器かごに被洗浄物を容易にセットすることができる。また、上食器かごのほぼ全面を洗浄槽の外側に出すことができるので、上食器かごと下食器かごの両方の食器かごに対して、どちらへでも、あるいは同時にでも食器を容易にセットできるため、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができる。
第1の発明は、食器洗い機本体と、上方に開口し前記食器洗い機本体から前後に引出し可能な洗浄槽と、前記洗浄槽内に被洗浄物を収納する上食器かごと下食器かごの上下2段の食器かごと、前記上食器かごが移動できるように支持する複数のリンクとを備え、前記複数のリンクは同じ長さでそれぞれ一端を前記上食器かごに、他端を前記洗浄槽の回転支持部に回転自在に取り付けられるとともに、前記上食器かごの両側に設けられたそれぞれのリンク同士が連結されて平行リンクを構成し、前記洗浄槽を前記食器洗い機本体から引出した状態で、前記上食器かごが被洗浄物をセットした姿勢を保ったまま、前記洗浄槽の内部と前記洗浄槽より上方外側との間を移動できるようにしたことにより、食器かごに食器がセットされた状態でも、上食器かごに被洗浄物をセットしたまま、上食器かご全体を移動することによって、上食器かごで塞がれた下食器かごのスペースを空ける事ができ、上方から下食器かごに被洗浄物を容易にとったり、セットすることができるために、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができる。
また、第2の発明は、上記第1の発明において、上食器かごが洗浄槽より上方外側に移動した時には、前記上食器かごは上方から見て、少なくとも一部が前記洗浄槽の外側に位置するように構成したものである。
第3の発明は、上記第1又は2の発明において、上食器かごとリンクとの取り付けは、回転可能であるとともに、前記上食器かごが洗浄槽の引出し方向に移動可能としたことにより、洗浄槽を引き出した後、洗浄槽の左右どちら側に立って操作しても、移動した上食器かごが邪魔にならずに、食器のセットを行うことができるため、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができる。
第4の発明は、上記第1〜第3の発明において、上食器かごは、リンクの回動と前記上食器かごの水平方向の移動とにより洗浄槽の外側へと移動可能としたことにより、上食器かごが洗浄槽の前方あるいは後方の縁に接近した状態から移動させるときでも、まず水平
に洗浄槽の中央方向に移動させ回動させることができるため、回動途中で、上食器かごが洗浄槽の前後の縁にぶつかって移動できないといったことがなく、上食器かご全体を洗浄槽の外側へ移動することができる。さらに、上方へ上げた状態で水平に動かすことにより洗浄槽より確実に外側に出す構成をとることができる。よって、上食器かごを洗浄槽の端に寄せて配置することができ、スペースを有効に使いながら、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができる。
第5の発明は、上記第4の発明において、上食器かごは、リンクの回動により洗浄槽の上部まで移動した後、水平方向の移動により前記洗浄槽の外側へと移動するようにしたことにより、上食器かごの回動角度を大きくとれず、回動だけでは上食器かごを洗浄槽の外側へ移動するのが困難な場合でも、回動後の水平方向の移動により、上食器かご全体を洗浄槽の外側へ移動することができるため、洗浄槽と上食器かごとの距離を大きくとることができ、洗浄槽の上方のスペースを大きくとれ、洗浄槽上方からの被洗浄物の出し入れがしやすくなるために、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができる。
以下、本発明の一実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、従来例と同じ構成のものは同一符号を付して説明を省略する。また、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
(実施の形態1)
図1、図2、図3、図4および図5に示すように、食器洗い機本体1から引き出しレール等の手段(図示せず)で前後に引き出し可能に支持された洗浄槽2は、上方に開口していて、上方から食器等の被洗浄物8の出し入れが可能となっている。また、洗浄槽2の中に、上食器かご13と下食器かご14の上下二段からなる食器かごを設置している。上食器かご13は、洗浄槽2の前方寄りに設けられ、下食器かご14の上方を一部覆うように構成されている。
この上食器かご13は、回転支持部2aで洗浄槽2の内側面に回転自在に取り付けられたリンク15により回転支持部2aを中心に洗浄槽2に対し回転自在としている。また、上食器かご13の側面にはガイド16が取り付けてあり、ガイド16には水平方向に長穴が開けてあり、リンク15の先端部に設けた突起17がガイド16の長穴から外れないように、突起の先端に円盤があり、リンク15とガイド16が回転と水平方向への移動が可能なように取り付けられている。これにより、上食器かご13が回転と水平方向への移動が可能としている。
また、リンク15は、同じ長さのリンク同士を連結させたリンク構成、いわゆる平行リンクを上食器かご13の両側に設けることによって、上食器かご13が水平を保ちつつ回転自在に構成されている。なお、この平行リンクは周知の構成が使用できるので、詳細構成は図示省略する。また、リンク15の回転の最終地点で、洗浄槽2の内側に設けられたリブによってリンク15を支え、上食器かご13の移動最終位置を規制し、移動し終わった上食器かご13の姿勢を保つように構成している。
上記構成において動作、作用を説明する。食器洗い機の洗浄に関する動作は従来の食器洗い機と同様であるので説明は省略し、本発明の特徴である被洗浄物のセットに関する動作、作用のみ説明する。
まず、図1に示すように、洗浄槽2を食器洗い機本体1から前方に引き出す。次に図2に示すように、上食器かごの一部を手で持って上食器かご13を後方すなわち洗浄槽2の中央方向へ水平に移動させる。この際、リンク15の先端部に設けた突起17がガイド16の長穴内を水平に移動するだけであるので、上食器かご13も水平位置を保ちつつ水平に後方に移動する。
その後、図3に示すように、上食器かごを上方に引き上げようとすると、リンク15は回転支持部2aの周りに回転し、リンク15が構成する平行リンクの作用により、上食器かご13は水平位置を保ったまま上方前方に移動し、洗浄槽2の開口よりの上方外側へ移動し、ついには、リンク15が洗浄槽2の内側に設けられたリブに当たる位置まで回動移動する。
さらに、上食器かご13を前方に引っ張ると、リンク15の先端部に設けた突起17がガイド16の長穴内を後方に水平移動することにより、上食器かご13は、前方に水平方向に移動し、図4および図5に示すように洗浄槽2の前方外側へ移動する。
その結果、上食器かご13は、洗浄時に洗浄槽2内に位置する位置より前方かつ上方に移動するとともに、下食器かご14の上方を覆わなくなるので、上食器かご13と下食器かご14の両方のセットする場所が上方より確認することができるために、両方の食器かごに食器等の被洗浄物8を自由にセットすることが可能となる。また、上食器かご13が下食器かご14の上方から前方に移動することにより、上食器かご13に被洗浄物8をセットしていても、下食器かご14の真上のスペースを空けることができ、空いたスペースから下食器かご14に被洗浄物8を容易にセットすることができるようになる。
以上のように、本実施の形態においては、上食器かご13を被洗浄物8のセットした姿勢を保ったままで移動可能としたので、上食器かご13に被洗浄物8をセットしたまま、その下の下食器かご14に被洗浄物8をセットすることが容易となり、上食器かご13の被洗浄物8を一旦片付けるか、下食器かご14をセットし終わるまで、上食器かご13に被洗浄物8が置けないといったことがなくなり、無理やり上食器かご13を持ち上げながら、下食器かご14に食器を入れることもなくなる。また、上食器かご13を引き出した洗浄槽2に対して前方に移動させるようにしたので、左右どちら側から操作しようとしても、移動した上食器かご13が邪魔になることはない。
(実施の形態2)
本実施の形態は、図6に示すように、上食器かご13は洗浄槽2の奥行き方向後方寄りに設け、上食器かご13を上方後方に移動し、洗浄槽2の後方外側に移動させたとき、食器洗い機本体の上方のキッチンのワークトップ上に移動可能に構成したものである。上食器かご13の配設位置および移動機構の構成以外は、上記実施の形態1と同じであり、詳細な説明は省略する。
食器洗い機本体1は、キッチンのワークトップの下方にビルトインされていて、洗浄槽2を引き出すと、洗浄槽2が上方に開放していて、上方からの被洗浄物8の出し入れが可能となっている。また、洗浄槽2の中に、上食器かご13と下食器かご14の上下二段からなる食器かごを設置している。上食器かご13は、洗浄槽2の後方寄りに設けられ、下食器かご14の上方を一部覆うように構成されている。また、上食器かご13には、リンク15が回転支持部2aを中心に洗浄槽2に対し回転自在に取り付けられていて、上食器かご13が食器洗い機本体1の上方キッチンのワークトップ上に移動可能なように構成されている。また、リンク15、ガイド16、突起17については、上記実施の形態1と同じ構成である。
上記構成において動作、作用を説明する。まず、上食器かご13を水平に保ちつつ、リンク15により回転しながら、洗浄槽2の上方、ここでは、キッチンのワークトップ上へ移動する。上食器かご13が移動したために、上食器かご13と下食器かご14の両方のセットする場所が上方より確認することができるために、両方の食器かごに食器等の被洗浄物8を自由にセットすることが可能となる。
また、上食器かご13に被洗浄物8をセットした後で、上食器かご13の真下にあたる下食器かご14のスペースに被洗浄物8をセットする場合も、上食器かご13を水平に保ちつつ、リンク15により回転しながら、洗浄槽2の上方でかつ食器洗い機本体の上方、ここでは、キッチンのワークトップ上へ移動させると、上食器かご13が移動することにより、スペースを空けることができ、空いたスペースから下食器かご14に被洗浄物8を容易にセットすることができるようになる。
また、上食器かご13には湯呑みやコップ等の形状が不揃いで破損しやすい小物類を収納するような食器かご構成とすることが使用者の利便性が高く、この上食器かご13をキッチンのワークトップ上まで移動させて湯呑みやコップ等の出し入れをすることが可能となる。
以上のように、本実施の形態においては、上食器かご13を移動することによって、上食器かご13と下食器かご14の両方の食器かごに自由に食器をセットすることが可能となる。また、上食器かご13を被洗浄物8のセットした姿勢を保ったままで移動可能としたので、上食器かご13に被洗浄物8をセットしたまま、その下の下食器かご14に被洗浄物8をセットすることが容易となり、上食器かご13の被洗浄物8を一旦片付けるか、下食器かご14をセットし終わるまで、上食器かご13に被洗浄物8が置けないといったことがなくなり、無理やり上食器かご13を持ち上げながら、下食器かご14に食器を入れようとすることもなくなる。
また、移動した上食器かご13を洗浄槽2の上方もしくはワークトップ上へ移動可能としたので、小物類を整然と配置することが容易となるだけでなく、被洗浄物を誤って破損してしまったり、床への被洗浄物からの汁だれの心配もなくなる。また、移動した上食器かご13の移動した位置を食器洗い機本体上部のワークトップ上とした場合、引き出した洗浄槽2の左右どちら側に立って作業しても、移動した上食器かご13が邪魔になることがない。
以上のように、本発明にかかる食器洗い機は、上かごは上方から見て、そのほぼ全面を前記洗浄槽の外側に移動することによって、上食器かごで塞がれた下食器かごのスペースを空ける事ができ、上方から下食器かごに被洗浄物を容易に食器をとったり、セットすることができるために、食器洗い機の使い勝手を大幅に向上することができるので、食器等の被洗浄物に洗浄水を噴射して洗浄する食器洗い機として有用である。
本発明の実施の形態1の食器洗い機の洗浄槽を食器洗い機本体から引き出した状態を示す縦断面図 同食器洗い機の上食器かごの移動途中の状態を示す縦断面図 同食器洗い機の上食器かごの移動途中の状態を示す縦断面図 同食器洗い機の上食器かごの移動終了の状態を示す縦断面図 同食器洗い機の上食器かごの移動終了の状態を示す平面図 本発明の実施の形態2の食器洗い機の上食器かごが移動終了した状態を示す縦断面図 従来の食器洗い機の縦断面図
符号の説明
1 食器洗い機本体
2 洗浄槽
13 上食器かご
14 下食器かご
15 リンク
16 ガイド

Claims (5)

  1. 食器洗い機本体と、上方に開口し前記食器洗い機本体から前後に引出し可能な洗浄槽と、前記洗浄槽内に被洗浄物を収納する上食器かごと下食器かごの上下2段の食器かごと、前記上食器かごが移動できるように支持する複数のリンクとを備え、前記複数のリンクは同じ長さでそれぞれ一端を前記上食器かごに、他端を前記洗浄槽の回転支持部に回転自在に取り付けられるとともに、前記上食器かごの両側に設けられたそれぞれのリンク同士が連結されて平行リンクを構成し、前記洗浄槽を前記食器洗い機本体から引出した状態で、前記上食器かごが被洗浄物をセットした姿勢を保ったまま、前記洗浄槽の内部と前記洗浄槽より上方外側との間を移動できるようにした食器洗い機。
  2. 上食器かごが洗浄槽より上方外側に移動した時には、前記上食器かごは上方から見て、少なくとも一部が前記洗浄槽の外側に位置するように構成した請求項1記載の食器洗い機。
  3. 上食器かごとリンクとの取り付けは、回転可能であるとともに、前記上食器かごが洗浄槽の引出し方向に移動可能とした請求項1又は2記載の食器洗い機。
  4. 上食器かごは、リンクの回動と前記上食器かごの水平方向の移動とにより洗浄槽の外側へと移動可能とした請求項1〜3のいずれか1項記載の食器洗い機。
  5. 上食器かごは、リンクの回動により洗浄槽の上部まで移動した後、水平方向の移動により前記洗浄槽の外側へと移動する請求項4記載の食器洗い機。
JP2005080950A 2005-03-22 2005-03-22 食器洗い機 Expired - Fee Related JP4692037B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005080950A JP4692037B2 (ja) 2005-03-22 2005-03-22 食器洗い機

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005080950A JP4692037B2 (ja) 2005-03-22 2005-03-22 食器洗い機
CNB2006100714191A CN100471438C (zh) 2005-03-22 2006-03-20 餐具清洗机
CNU2006200049273U CN2894600Y (zh) 2005-03-22 2006-03-20 餐具清洗机
TW095109444A TWI302095B (ja) 2005-03-22 2006-03-20
KR1020060025635A KR100697490B1 (ko) 2005-03-22 2006-03-21 식기 세척기

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006262923A JP2006262923A (ja) 2006-10-05
JP4692037B2 true JP4692037B2 (ja) 2011-06-01

Family

ID=37076500

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005080950A Expired - Fee Related JP4692037B2 (ja) 2005-03-22 2005-03-22 食器洗い機

Country Status (4)

Country Link
JP (1) JP4692037B2 (ja)
KR (1) KR100697490B1 (ja)
CN (2) CN2894600Y (ja)
TW (1) TWI302095B (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018038129A1 (ja) * 2016-08-25 2018-03-01 パナソニックIpマネジメント株式会社 食器洗い機

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ITRN20060060A1 (it) * 2006-09-29 2008-03-30 Indesit Company Spa Macchina lavastoviglie
KR20160019730A (ko) * 2014-08-12 2016-02-22 엘지전자 주식회사 식기세척기
CN104323748B (zh) * 2014-11-18 2017-11-14 王金青 多功能洗碗机
CN104305945B (zh) * 2014-11-18 2017-06-30 王金青 推拉框式洗碗机
CN104323747B (zh) * 2014-11-18 2017-06-16 王金青 环保型洗碗机
CN104323749B (zh) * 2014-11-18 2017-06-16 王金青 清洗消毒以及烘干一体化洗碗机
JP6857804B2 (ja) * 2017-06-19 2021-04-14 パナソニックIpマネジメント株式会社 食器洗い機
WO2018235513A1 (ja) * 2017-06-19 2018-12-27 パナソニックIpマネジメント株式会社 食器洗い機
JP2019017612A (ja) * 2017-07-14 2019-02-07 パナソニックIpマネジメント株式会社 食器処理機
JP2019017611A (ja) * 2017-07-14 2019-02-07 パナソニックIpマネジメント株式会社 食器処理機
DE102018130699A1 (de) * 2018-12-03 2020-06-04 Illinois Tool Works Inc. Gewerbliche Spülmaschine, welche als Untertischmaschine ausgebildet ist, sowie Verfahren zum Betreiben einer derartigen Spülmaschine

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003135358A (ja) * 2001-11-08 2003-05-13 Mitsubishi Electric Corp 食器洗浄機
JP2004121312A (ja) * 2002-09-30 2004-04-22 Sanyo Electric Co Ltd 食器洗い機

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1014853A (ja) * 1996-07-09 1998-01-20 Hitachi Ltd 食器乾燥機
TWI231201B (en) * 2002-05-23 2005-04-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd Dish washer
JP4339618B2 (ja) * 2003-03-12 2009-10-07 パナソニック株式会社 食器洗い機

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003135358A (ja) * 2001-11-08 2003-05-13 Mitsubishi Electric Corp 食器洗浄機
JP2004121312A (ja) * 2002-09-30 2004-04-22 Sanyo Electric Co Ltd 食器洗い機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018038129A1 (ja) * 2016-08-25 2018-03-01 パナソニックIpマネジメント株式会社 食器洗い機

Also Published As

Publication number Publication date
TWI302095B (ja) 2008-10-21
JP2006262923A (ja) 2006-10-05
KR100697490B1 (ko) 2007-03-20
CN100471438C (zh) 2009-03-25
CN2894600Y (zh) 2007-05-02
TW200642649A (en) 2006-12-16
KR20060102288A (ko) 2006-09-27
CN1846596A (zh) 2006-10-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1744656B1 (en) Basket lifting arrangement for a dishwasher
US7731805B2 (en) Dishwasher rack lift system
US8794455B2 (en) Dish rack
US20120139400A1 (en) Silverware Container, Especially Silverware Tray And/Or Silverware Basket, As Well As Dishwasher With Such A Silverware Container
US20120291827A1 (en) Spray tines for a dishwasher rack
KR102002419B1 (ko) 식기세척기
US10813529B2 (en) Dishwasher with pivoting handle
US7168578B2 (en) Dishwasher rack assemblies
EP3352639B1 (en) Dish washing machine
EP1452124A1 (en) Dishwasher with swingable rack
US7383846B2 (en) Dishwasher basket
CN100471438C (zh) 餐具清洗机
EP2723226B1 (en) A dishwasher
EP2358253B1 (en) Dishwasher and a water tank adapted for a dishwasher
KR100879573B1 (ko) 식기 세척기용 랙 및 이를 구비한 컴팩트형 식기세척기
US9661982B2 (en) Easier loading and unloading silverware baskets for automatic dishwashers
US5462348A (en) Dishwasher utensil tray
JP4615185B2 (ja) 人間工学的食器洗浄機
JP2003522574A (ja) 電動・水力式の機能ユニットを備えた食器洗浄機
EP3013207B1 (en) Cutlery basket for a dishwasher
EP3354184B1 (en) In-sink located dishwasher
EP1583455B1 (en) Dishwasher
US20170027412A1 (en) Multi-sided, rotable tines for a dishwasher rack
CA2806386C (en) Table top dishwasher
KR101458508B1 (ko) 식기 세척기의 랙 어셈블리

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080303

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20080414

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20091126

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100603

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100706

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100903

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101019

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101215

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110125

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110207

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140304

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees