JP4673885B2 - 記録媒体及びテキストサブタイトルストリームの再生方法及びその装置 - Google Patents

記録媒体及びテキストサブタイトルストリームの再生方法及びその装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4673885B2
JP4673885B2 JP2007504883A JP2007504883A JP4673885B2 JP 4673885 B2 JP4673885 B2 JP 4673885B2 JP 2007504883 A JP2007504883 A JP 2007504883A JP 2007504883 A JP2007504883 A JP 2007504883A JP 4673885 B2 JP4673885 B2 JP 4673885B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
text
segment
style
presentation
region
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007504883A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007531195A (ja )
Inventor
ビュン ジン キム
カン ス ソ
ジェ ヨン ヨ
Original Assignee
エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/80Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback
    • H04N9/804Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components
    • H04N9/8042Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components involving data reduction
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/02Editing, e.g. varying the order of information signals recorded on, or reproduced from, record carriers
    • G11B27/031Electronic editing of digitised analogue information signals, e.g. audio or video signals
    • G11B27/034Electronic editing of digitised analogue information signals, e.g. audio or video signals on discs
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/10Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel
    • G11B27/102Programmed access in sequence to addressed parts of tracks of operating record carriers
    • G11B27/105Programmed access in sequence to addressed parts of tracks of operating record carriers of operating discs
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television, VOD [Video On Demand]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/41Structure of client; Structure of client peripherals
    • H04N21/426Characteristics of or Internal components of the client
    • H04N21/42646Characteristics of or Internal components of the client for reading from or writing on a non-volatile solid state storage medium, e.g. DVD, CD-ROM
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television, VOD [Video On Demand]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/47End-user applications
    • H04N21/488Data services, e.g. news ticker
    • H04N21/4884Data services, e.g. news ticker for displaying subtitles
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N5/00Details of television systems
    • H04N5/44Receiver circuitry
    • H04N5/445Receiver circuitry for displaying additional information
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N7/00Television systems
    • H04N7/08Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division
    • H04N7/087Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only
    • H04N7/088Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only the inserted signal being digital
    • H04N7/0884Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only the inserted signal being digital for the transmission of additional display-information, e.g. menu for programme or channel selection
    • H04N7/0885Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only the inserted signal being digital for the transmission of additional display-information, e.g. menu for programme or channel selection for the transmission of subtitles
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B2220/00Record carriers by type
    • G11B2220/20Disc-shaped record carriers
    • G11B2220/25Disc-shaped record carriers characterised in that the disc is based on a specific recording technology
    • G11B2220/2537Optical discs
    • G11B2220/2541Blu-ray discs; Blue laser DVR discs
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N5/00Details of television systems
    • H04N5/76Television signal recording
    • H04N5/84Television signal recording using optical recording
    • H04N5/85Television signal recording using optical recording on discs or drums
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/80Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback
    • H04N9/804Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components
    • H04N9/806Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components with processing of the sound signal
    • H04N9/8063Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components with processing of the sound signal using time division multiplex of the PCM audio and PCM video signals
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/80Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback
    • H04N9/82Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only
    • H04N9/8205Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only involving the multiplexing of an additional signal and the colour video signal
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/80Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback
    • H04N9/82Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only
    • H04N9/8205Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only involving the multiplexing of an additional signal and the colour video signal
    • H04N9/8227Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only involving the multiplexing of an additional signal and the colour video signal the additional signal being at least another television signal
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/87Regeneration of colour television signals
    • H04N9/8715Regeneration of colour television signals involving the mixing of the reproduced video signal with a non-recorded signal, e.g. a text signal

Description

本発明は、記録媒体に関し、より詳細には、テキストサブタイトルストリームを再生する方法及びその装置に関する。本発明は、様々な応用分野に適用可能であるが、特に、記録媒体にテキストサブタイトルストリームを記録したり、記録されたテキストサブタイトルストリームを効率よく再生するのに好適である。

光ディスクは、大容量のデータを記録可能な光記録媒体として広く用いられている。光ディスクの中でも、近年、新しい高密度の光記録媒体(HD−DVD)、例えばブルーレイディスク(BD)が開発され、高画質のビデオデータと高音質のオーディオデータを書き込み、記憶することができる。近年、次世代技術として知られているブルーレイディスク(BD)の世界標準の技術仕様は、既存のDVDより遥かに多くのデータを記憶可能な次世代の光記録ソリューションとして、他の多くのデジタル機器と共に確立されている。

従って、ブルーレイディスク(BD)標準を適用した光記録再生装置も開発されている。しかながら、まだブルーレイディスク(BD)標準が完備されていないので、完全な光記録再生装置を開発するのに難点がある。特に、ブルーレイディスク(BD)内からデータを効率よく再生するためには、メインAVデータのみならず、メインAVデータと関連する補助データとして、サブタイトル情報などのユーザの便宜のための各種のデータを提供するだけではなく、光ディスク内に記録されたメインデータとサブタイトルデータを再生するための管理情報を体系化し、提供する必要がある。

しかしながら、現在、ブルーレイディスク(BD)標準においては、補助データ、特にサブタイトルストリームファイルを生成するのに適した方法が完全に整備されておらず、本格的なブルーレイディスク(BD)方式の光記録再生装置を開発するのに多くの制約がある。このような制約は、サブタイトルなどの補助データをユーザに提供する上で問題となる。

そこで、本発明は、関連技術の限界及び欠点による1以上の問題点を実質的に防止するテキストサブタイトルストリームを再生するためのテキストサブタイトルストリームの記録再生方法およびその装置に関する。

本発明の目的は、例えば、ブルーレイディスク(BD)などの記録媒体にテキストサブタイトルストリームを記録して再生するテキストサブタイトルストリームの再生方法及び装置を提供するところにある。

本発明のさらなる利点、目的及び特徴は、後続する詳細な説明に部分的に提示され、その部分は、この分野における通常の技術を有する者であれば、本発明の実施の形態から明らかになる。本発明の目的及び他の利点は、後述する詳細な説明及び請求の範囲はもとより、添付図面に具体的に開示された構造により具現可能である。

本発明の目的にかかり、目的及び利点を達成するために、テキストサブタイトルストリームを再生するための記録媒体は、少なくとも1以上のテキストサブタイトルストリームを記憶するためのデータ領域を含み、各テキストサブタイトルストリームは、領域スタイルグループを定義するダイアログスタイルセグメントと複数のダイアログプレゼンテーションセグメントとを含み、各ダイアログプレゼンテーションセグメントは、領域スタイルグループから選択されたいずれか1つにリンクされる少なくとも1以上のダイアログテキスト領域を含み、現在のダイアログプレゼンテーションセグメントに含まれているダイアログテキストの第1の領域は、連続再生フラグを含み、連続再生フラグは、ダイアログテキストの第1の領域及び以前のダイアログプレゼンテーションセグメントに含まれているダイアログテキストの第2の領域の間で連続再生が必要であるか否かを示す。

本発明の他の観点によれば、テキストサブタイトルストリームを再生するための記録媒体は、少なくとも1以上のテキストサブタイトルストリームを記憶するためのデータ領域を含み、各テキストサブタイトルストリームは、領域スタイルグループを定義するダイアログスタイルセグメントと複数のダイアログプレゼンテーションセグメントとを含み、複数のダイアログプレゼンテーションセグメントのうち少なくとも1以上は、領域スタイルグループから選択された第1及び第2の領域スタイルとそれぞれリンクされた第1及び第2のダイアログテキスト領域を含み、第1及び第2の領域スタイルは、同じテキストフローを定義する。

本発明のさらに他の観点によれば、テキストサブタイトルストリームを再生する方法は、記録媒体に記録されているテキストサブタイトルストリームに含まれているダイアログスタイルセグメントを読み出すことであって、ダイアログスタイルセグメントは、領域スタイルグループを定義し、テキストサブタイトルストリームは、第1及び第2のダイアログプレゼンテーションセグメントをさらに含むこと、グラフィックプレーン内の第1のダイアログプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のダイアログテキスト領域を再生することであって、第1のダイアログテキスト領域は、領域スタイルグループのうちいずれかにリンクされること、第2のダイアログプレゼンテーションセグメントに含まれる連続再生フラグを読み出すことであって、第2のダイアログプレゼンテーションセグメントは、領域スタイルグループのうちいずれかにリンクされる第2のダイアログテキスト領域を含むこと、および、連続再生フラグが第1及び第2のダイアログテキスト領域の間で連続再生が必要であることを示す場合に、グラフィックプレーン内の第1のダイアログテキスト領域の再生を保持することにより、第2のダイアログテキスト領域を再生することを含む。

本発明のさらに他の観点によれば、テキストサブタイトルストリームを再生する装置は、領域スタイルグループを定義するダイアログスタイルセグメントと第1及び第2のダイアログプレゼンテーションセグメントを含むテキストサブタイトルストリームをプレロードするように構成されたバッファと、グラフィックプレーン内の第1のダイアログプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のダイアログテキスト領域を再生し、第2のダイアログテキスト領域を含む第2のダイアログプレゼンテーションセグメントに含まれる連続再生フラグを読み出すテキストサブタイトルデコーダとを備え、テキストサブタイトルデコーダは、連続再生フラグが、第1及び第2のダイアログテキスト領域の間で連続再生が必要であることを示す場合に、グラフィックプレーン内の第1のダイアログテキストリ領域の再生を保持することにより、第2のダイアログテキスト領域を再生する。

本発明の上述した通常の説明と後述する説明は例示的なものに過ぎず、本発明の後続する説明を提供するためのものであるということが分かる。

添付図面は、本発明のさらなる理解を提供するために含まれ、本発明の原理を説明するために提供された説明と共に本願出願の一部及び本発明の実施例を構成して結合される。

以下、本発明の好適な実施の形態が詳細に後述され、これら実施形態は、添付図面に示される。できる限り、同じ参照符号は同一または類似する部分を言及するために図面の全体に亘って使用される。併せて、本発明に用いられる用語は、できる限り、現在汎用されている通常の用語であるが、特定の場合は、出願人が任意に選定した用語も使用されており、この場合は、該当する発明の説明の欄にその詳細な意味を記述している。従って、単純な用語の名称ではなく、用語が有する意味として本発明を把握しなければない。

これと関連し、本発明において、「記録媒体」とは、データが記録可能なあらゆる媒体を意味し、例えば、光ディスク、磁気テープなどの記録方式によらずに全ての媒体を包括している。以下、本発明は、説明の便宜のために、記録媒体として光ディスク、特に、「ブルーレイディスク(BD)」を例として説明する。しかしながら、本発明の技術思想は、他の記録媒体にも同様に適用可能であることは言うまでもない。

さらに、本発明の詳細な説明において、「メインデータ」とは、ディスクの製作者により光ディスク内に記録されたタイトル(例えば、「ムービータイトル」)内に属するオーディオ/ビデオデータを意味する。通常、MPEG2フォーマットとして記録され、これを「AVストリーム」または「メインAVストリーム」と言う。また、「補助データ」とは、「メインデータ」の再生時に求められる全ての他のデータを意味し、例えば、テキストサブタイトルストリーム、インタラクティブグラフィックストリーム、プレゼンテーショングラフィックストリーム、補助オーディオストリーム(例えば、ブラウザブルスライドショーのために)などが含まれる。補助データは、MPEG2フォーマットとして記録されるか、あるいは、他のフォーマットとして記録される。補助データは、メインAVストリームに多重化され、あるいは、光ディスク内に独立したデータファイルとして存在する。

さらに、「サブタイトル」は、再生されるビデオ(または画像)に対応する字幕情報を意味し、これは、既定の言語により表わされる。例えば、ユーザが、ディスプレイ画面上のイメージを視聴しながら、様々な言語で表される複数のサブタイトルのうちいずれか1つを選択すると、選択されたサブタイトルに該当する字幕情報が、ディスプレイ画面上の所定の場所に表示される。もし、表示される字幕情報が文字データならば、選択されたサブタイトルを「テキストサブタイトル」と命名する。本発明において、「MPEG2フォーマット」とは、ISO/IEC−13818標準として規定された国際標準に基づいたエンコード及びデコード方法に関係する。本発明によれば、MPEG2フォーマットによる複数のテキストサブタイトルストリームは、光ディスク内に記録可能であり、独立した複数のストリームファイルとして存在することができる。各「テキストサブタイトルストリームファイル」は、光ディスク内に生成されて記録される。本発明の目的は、記録されたテキストサブタイトルストリームファイルを再生するための再生方法及びその装置を提供することにある。

図1に、本発明にかかるブルーレイディスク(以下、「BD」と称する。)内に記録されたデータファイルの構造を示す。図1によれば、1つのルートディレクトリ下に少なくとも1以上のBDディレクトリ(BDMV)が含まれる。各BDディレクトリ(BDMV)は、少なくとも1以上のユーザとのインタラクティブのために用いられるインデックスファイル(index.bdm)とオブジェクトファイル(MovieObject.bdmv)とを含む。例えば、インデックスファイルは、選択可能な複数のメニューおよびムービータイトルを有するインデックステーブルを示すデータを含むことができる。また、各BDディレクトリ(BDMV)は、再生されるAVデータ及びAVデータの再生に必要な各種のデータを含む4つのディレクトリをさらに含む。

各BDディレクトリ(BDMV)に含まれるファイルディレクトリは、ストリームディレクトリ(STREAM)、クリップインフォディレクトリ(CLIPINF)、プレイリストディレクトリ(PLAYLIST)、及び補助データディレクトリ(AUXDATA)がある。ストリームディレクトリ(STREAM)は、特定のデータフォーマットを有するオーディオ及びビデオ(AV)ストリームファイルを含む。例えば、AVストリームは、MPEG2方式の伝送パケットであり、図1に示すように、「*.m2ts」と命名される。ストリームディレクトリは、1以上のテキストサブタイトルストリームファイルを含むことができる。各テキストサブタイトルストリームファイルは、特定の言語により表現されたテキストサブタイトルのためのテキストデータと、テキストデータのための再生制御情報とを含む。また、テキストサブタイトルストリームファイルは、ストリームディレクトリ内に独立したストリームファイルとして存在し、図1に示すように、「*.m2ts」または「*.txtst」と命名される。ストリームディレクトリに含まれるAVストリームファイルとテキストサブタイトルストリームファイルとは、「クリップストリームファイル」と命名される。

クリップインフォディレクトリ(CLIPINF)は、ストリームディレクトリにそれぞれ含まれるストリームファイル(AVまたはテキストサブタイトル)と対応するクリップインフォファイルを含む。各クリップインフォファイルは、対応するストリームファイルの属性情報及び再生タイミング情報を含む。例えば、クリップインフォファイルは、マッピング情報を含み、マッピング情報は、クリップタイプに基づいて、プレゼンテーションタイムスタンプ(PTS:Presentation Time Stamp)とソースパケットナンバー(SPN:Source Packet Number)を一対一に対応させ、エントリポイントマップ(EPM:Entry Point Map)によりマッピングされる。マッピング情報を用いて、ストリームファイルの特定の位置が、後述するPlayItemまたはSubPlayItemにより提供されるタイミング情報(In−Time、Out−Time)から決められる。標準においては、互いに対応するストリームファイルとクリップインフォファイルの対を、「クリップ」と称する。例えば、クリップインフォディレクトリ(CLIPINF)に含まれるファイル「01000.clpi」は、ストリームディレクトリ(STREAM)に含まれるファイル「01000.m2ts」の属性情報及びタイミング情報を含み、これにより、「01000.clpi」と「01000.m2ts」は1つのクリップを構成する。

さらに図1を参照すると、プレイリストディレクトリ(PLAYLIST)は、1以上のプレイリストファイル*.mplsにより構成され、それぞれのプレイリストファイル*.mplsは、少なくとも1以上のメインAVクリップおよびメインAVクリップが再生される時間を指定する少なくとも1以上のプレイアイテムを含むことができる。より具体的には、プレイアイテムは、プレイアイテム内において「Clip_Information_File_Name」により指定されるメインAVクリップの再生開始時刻および再生終了時刻を表す、In−TimeおよびOut−Timeを示す情報を含む。このため、プレイリストファイルは、少なくとも1以上のプレイアイテムの組み合わせにより要求されるクリップの組合せを再生する基本的な再生ファイル情報を表す。さらに、プレイリストファイルは、サブプレイアイテムを含み、このサブプレイアイテムは、テキストサブタイトルストリームファイルのための基本的な再生制御情報を表す。1以上のテキストサブタイトルストリームファイルを再生するためのサブプレイアイテムがプレイリストファイル内に含まれると、サブプレイアイテムは、プレイアイテムと同期される。一方、サブプレイアイテムを用いてブラウザブルスライドショーを再生すると、プレイアイテムと同期されなくても構わない。本発明による場合、サブプレイアイテムの主な機能は、1以上のテキストサブタイトルストリームファイルを再生制御することである。

最後に、補助データディレクトリ(AUXDATA)は、補助データストリームファイルを含む。例えば、「フォントファイル」(例えば、「aaaaa.font」または「aaaaa.otf」)、「ポップアップメニューファイル」(図示せず)、およびクリックサウンドを提供する「サウンドファイル」sound.bdmvなどである。上述したテキストサブタイトルストリームファイルを、ストリームディレクトリに代えて補助データディレクトリ内に含めてもよい。

図2は、本発明にかかる光ディスク内のデータ記憶領域を示す図である。図2を参照すると、光ディスクは、ディスクボリュームの最内周を占めるファイルシステム情報領域と、ディスクボリュームの最外周を占めるストリーム領域と、ファイルシステム情報領域とストリーム領域との間を占めるデータベース領域とを含む。ファイルシステム情報領域内には、図1に示すように、全体のデータファイルを管理するためのシステム情報が記憶される。また、メインデータ及び補助データ(例えば、AVストリーム及び1以上のテキストサブタイトルストリーム)は、ストリーム領域内に記憶される。メインデータは、オーディオデータ、ビデオデータ及びグラフィックデータを含む。補助データ(例えば、テキストサブタイトル)は、メインデータとマルチプレックシングされることなく、ストリーム領域内に独立して記憶される。図1に示すように、通常のファイル、プレイリストファイル及びクリップインフォファイルは、ディスクボリューム内のデータベース領域内に記憶される。上述したように、通常のファイルは、インデックスファイル及びオブジェクトファイルを含み、プレイリストファイル及びクリップインフォファイルは、ストリーム領域内に記憶されたAVストリーム及びテキストサブタイトルストリームを再生するために必要な情報を含む。データベース領域及び/またはストリーム領域内に記憶された情報を使用して、ユーザは、特定の再生モードが選択可能であり、選択された再生モードにおいてメインAV及びテキストサブタイトルストリームを再生する。

以下、本発明のテキストサブタイトルストリームファイルの構造の詳細について説明する。先ず、テキストサブタイトルを再生するための制御情報を新たに定義する。新たに定義された制御情報を含むテキストサブタイトルストリームファイルを構成する方法と、記録されたストリームファイルを再生するテキストサブタイトルスの再生方法及び再生装置について説明する。図3は、本発明によりディスプレイ画面上に提供されるテキストサブタイトル及びメインイメージを示す図である。特に、メインAVストリームと対応するテキストサブタイトルストリームが同期されて再生される場合、メインイメージとテキストサブタイトルとは、ディスプレイ画面上に同時に提供される。

図4は、本発明によるメインAVクリップとテキストサブタイトルクリップの再生を示す図である。図4によれば、プレイリストファイルは、少なくとも1以上のAVクリップを再生制御するための少なくとも1以上のプレイアイテムと、複数のテキストサブタイトルクリップを再生制御するための1つのサブプレイアイテムとを含む。図4に示すように、テキストサブタイトルクリップ1とテキストサブタイトルクリップ2の一つは、英語と韓国語のサブタイトルであり、メインAVクリップと同期して、メインイメージと対応するテキストサブタイトルとが、所望のプレゼンテーションタイムに画面に表示される。画面上にテキストサブタイトルをディスプレイするためには、図5A〜図5Cに示すように、ディスプレイ制御情報(例えば、位置及びサイズ情報)と再生時間情報が必要になる。

図5Aは、本発明にかかるディスプレイ画面上のダイアログを示す図である。「ダイアログ」とは、所与のプレゼンテーションタイムの間に表示されるあらゆるテキストサブタイトルデータを表す。通常、ダイアログの再生時間は、「PTS(Presentation Time Stamp)」で表わされる。例えば、図5Aに示すようなダイアログの再生は、PTS(k)から始まってPTS(k+1)で終わる。このため、図5Aに示すダイアログは、PTS(k)とPTS(k+1)との間にディスプレイ画面に表示される全てのテキストサブタイトルデータを表す。1つのテキストサブタイトル内において、1つのダイアログは、最大100個の文字コードを含む。

また、図5Bは、本発明によるダイアログの領域を示す図である。「領域」とは、所与のプレゼンテーションタイム内にディスプレイ画面に表示されるテキストサブタイトルデータ(ダイアログ)を分割した一部を表す。すなわち、1つのダイアログは、少なくとも1以上の領域を含み、各領域は、少なくとも1以上のサブタイトルテキストラインを含むことができる。領域を表す全体のテキストサブタイトルデータは、各領域別に割り当てられた領域スタイル(グローバルスタイル)によりディスプレイ画面上に表示される。1つのダイアログ内に含まれる領域の最大数は、サブタイトルデータの好適な復号化レートに基づいて決められる。何故ならば、あまりにも多くの領域は、通常、低い復号化レートをもたらすからである。例えば、好適な高効率の復号化レートを達成するためには、1つのダイアログ内に含まれる領域の最大数を2つに制限しなければならない。このため、テキストサブタイトルストリームを再生する場合、一つのダイアログ内の最大領域の数は、デコードに対する負担を考慮すると2つに制限される。本発明の他の実施の形態によれば、領域の最大数n(n>2)が、一つのダイアログ内に存在するようにしてもよい。

図5Cは、本発明にかかるダイアログ内の領域のためのスタイル情報を示す図である。「スタイル情報」は、ダイアログ内に含まれる少なくとも一部の領域を表示するために求められる属性を定義した情報である。スタイル情報のいくつかの例として、位置、領域サイズ、背景色、整列方法、テキストフロー及びその他がある。スタイル情報は、領域スタイル情報(または、グローバルスタイル情報)とインラインスタイル情報(または、ローカルスタイル情報)とに大別できる。

領域スタイル情報は、ダイアログ内の1つの全体領域に適用される領域スタイル(または、グローバルスタイル)を定義する。例えば、領域スタイル情報は、領域位置、領域サイズ、フォントカラー、背景色、テキストフロー、テキスト配置、ライン間隔、フォント名、フォントスタイル、及びフォントサイズのうち少なくとも1以上の情報を含むことができる。図5Cに示すように、例えば、2つの相異なる領域スタイルが、それぞれ領域1及び領域2に適用される。位置1、サイズ1及び青色のスタイル情報が、領域1に適用され、位置2、サイズ2及び赤色の他のスタイル情報が、領域2に適用される。

一方、インラインスタイル情報は、1つの領域内に含まれる特定のテキストストリングの一部に適用されるインラインスタイル情報(または、ローカルスタイル情報)を定義する。例えば、インラインスタイル情報は、フォントタイプ、フォントスタイル及びフォントカラーのうち少なくともいずれかの情報を含むことができる。テキストストリングの特定の一部は、1つの領域内の全体のテキストラインとなるか、または、テキストラインの特定の一部となる。図5Cによれば、特定のインラインスタイルは、領域1に含まれるテキストの一部「mountain」に適用される。すなわち、テキストストリングの特定の一部のフォントタイプ、フォントスタイル及びフォントカラーのうち少なくともいずれかは、領域1に含まれるテキストストリングの一部と異なる。従って、上述したテキストデータを、特定のインラインスタイル情報(inline_styles)が適用される「テキストストリング」として記録し、提示する。

図6は、本発明にかかるテキストサブタイトルストリームファイル(例えば、図1の「10001.mts))を示す。テキストサブタイトルストリームファイルは、複数の伝送パケット(TP)を含むMPEG2伝送ストリームを形成し、全ての伝送パケット(TP)は同じパケット識別情報(例えば、「PID=0x18xx」)を有する。ディスクプレーヤが特定のテキストサブタイトルストリームを含む多くの入力ストリームを受信すると、そのPIDを使用して、テキストサブタイトルストリームに含まれている全ての伝送パケットを取り出す。図6によれば、それぞれの伝送パケットのサブセットは、パケット基本ストリーム(PES:packet elementary stream)を形成する。図6に示すように、PESパケットのうち1つは、領域スタイルグループを定義するダイアログスタイルセグメント(DSS:dialog style segment)に該当する。また、2番目のPESパケット以降の全ての残りのPESパケットは、ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS:dialog presentation segment)に該当する。

上述した図6のテキストサブタイトルストリームの構造によれば、上記の図5A〜図5Cにおいて定義した各ダイアログ情報は、ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を表す。ダイアログ情報内に含まれるスタイル情報は、ダイアログスタイルセグメント(DSS)において定義された複数の領域スタイル情報セットのうちいずれか1つをリンクする情報(これを「region_style_id」と呼ぶ。)と、インラインスタイル情報とを表す。領域スタイル情報の標準化された制限数が、ダイアログスタイルセグメント(DSS)に記録される。例えば、最大60個の固有のスタイル情報セットを記録することができ、それぞれのスタイル情報セットは、region_style_idにより示される。従って、テキストサブタイトルデコーダ(図12Bに示す)により、ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)は、一度に1つだけ読み出されてデコードされる。

図7は、本発明にかかるテキストサブタイトルストリームを生成する方法を示す。各再生時間(PTS)に適用される各ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を定義する。より具体的には、図7によれば、DPS#n−1は、2つの領域(Region#1、Region#2)により構成され、特定のダイアログテキストを各領域に記録する。DPS#n−1は、PTS1_start〜PTS1_end区間において画面に表示される。DPS#nは、一つの領域からなり、特定のダイアログテキストを該当する領域に記録する。DPS#nは、PTS2_start〜PTS2_end区間において画面に表示される。最後に、DPS#n+1は、2つの領域(Region#1、Region#2)により構成され、特定のダイアログテキストを各領域に記録する。DPS#n−1は、PTS3_start〜PTS3_end区間において画面に表示される。

1枚の画面内に形成されるDPSの特徴について、図8A〜図8Cに基づいて詳述する。最初に、連続再生もしくは不連続再生を、隣り合うDPS間において行う。図8Aは、DPS間における不連続再生を示し(不連続DPS)、図8Bは、DPS間における連続再生を示す(連続DPS)。

図8Aによれば、3つの隣り合うDPS、すなわち、DPS#n−1、DPS#n及びDPS#n+1がいずれも不連続となっている。例えば、DPS#n−1の終了PTS(=PTS2)は、DPS#nの開始PTS(=PTS3>PTS2)と異なる。同様に、DPS#nの終了PTS(=PTS3)は、DPS#n+1の開始PTS(=PTS5>PTS4)と異なる。このため、図8Aに示すそれぞれのDPSは、互いに独立して形成されたDPSを構成する。それぞれの独立した(または不連続)DPSは、固有の領域スタイル情報(region_style_id)を含み、DPS内のダイアログテキストの位置、背景色、フォントサイズ、フォントカラーなどは、該当する領域スタイル情報に基づいて決められる。より具体的には、「region_style_id=k」がDPS#n−1に指定され、「region_style_id=k+1」がDPS#nに指定され、「region_style_id=k+2」がDPS#n+1に指定される。しかし、それぞれのDPSが互いに独立しているにも拘わらず、同じ領域スタイル情報(region_style_id)を、各DPSに等しく適用することができる。

図8Bによれば、3つの隣り合うDPS、すなわち、DPS#n−1、DPS#n及びDPS#n+1がいずれも連続している。例えば、DPS#n−1の終了PTS(=PTS2)は、DPS#nの開始PTS(=PTS2)と同じである。同様に、DPS#nの終了PTS(=PTS3)は、DPS#n+1の開始PTS(=PTS3)と同じである。このため、図8Bに示すそれぞれのDPSは、互いに関連付けられて形成されたDPSである。それぞれのDPSDPS#n−1、DPS#n及びDPS#n+1は、同じ領域スタイル情報(region_style_id=k)を含む。従って、各DPS#n−1、DPS#n及びDPS#n+1内のダイアログテキストの位置、背景色、フォントサイズ、フォントカラーなどは、該当する領域スタイル情報に基づいて等しく決定される。

図8Cは、不連続DPS及び連続DPSを再生する方法を示す。より具体的には、テキストサブタイトルストリームは、図8Aに示した隣り合うDPS間の連続再生を行うか否かを示す「continuous_present_flag」を含む。このため、もし、現在のDPSの再生を、直前のDPSから連続させる場合には、「continuous_present_flag=1」を割り当て、再生を連続させない場合には、「continuous_present_flag=0」を割り当てる。これは、もし、DPSに含まれている少なくとも1以上の領域を、連続して再生したい場合には、該当するDPSは、「連続再生DPS」として定義される。このため、例えば、DPS#2、DPS#3及びDPS#4は、連続再生DPSであり、これらは「連続再生セット#2」としてグループ分けされる。連続再生セット#2を再生するとき、連続再生セット#2の最初のDPSを再生する。画面上に表示されているテキストデータを消去することなく、再生を、DPS#4の表示の終了まで連続する。これとは逆に、DPS#1とDPS#5とは、不連続DPSであるため、DPS#1とDPS#5とは、隣り合うDPSによらずに、独立に再生される。

さらには、DPSが連続DPSまたは不連続DPSかにかかわらず、各DPS内のダイアログテキストは、新たに定義されるべきである。また、同じDPS内に存在する2つの領域において、各領域のダイアログテキストフローは、同じ方向に定義されるべきである。より具体的には、各DPSは、該当するDPSのためのダイアログテキスト情報を含む必要があり、このような規則は、連続DPSにも適用される。加えて、一つのDPSに2つの領域が含まれている場合、各領域は、同じテキストフローを有するべきである。すなわち、第1の領域が左→右方向のテキストフローを有し、第2の領域が上→下方向のテキストフローを有する場合を許容することができない。2つのテキストフローの方向が、それぞれ異なるからである。このような条件は、ユーザの視聴の混乱を防ぐための強制的な条件として含むべきである。

上述したダイアログスタイルセグメント(DSS)及びダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)のシンタックスの構造を、以下、図9〜図11Cを参照して詳述する。図9は、本発明にかかるテキストサブタイトルストリーム「Text_subtitle_stream()」のシンタックスを示している。図6に示したように、「Text_subtitle_stream()」は、「dialog_style_segment()」シンタックスと、「dialog_presentation_segment()」シンタックスとを含む。より詳細には、「dialog_style_segment()」シンタックスは、スタイル情報セットを定義する1つのダイアログスタイルセグメント(DSS)に相当し、「dialog_presentation_segment()」シンタックスは、実際のダイアログ情報が記録される複数のダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に相当する。

図10A〜図10Cは、ダイアログスタイルセグメント(DSS)を表す「dialog_style_segment()」の具体的な構造を示す。すなわち、図10Aは、「dialog_style_segment()」の全体の構成を示す。ダイアログに適用される様々なスタイル情報のセットを定義する「dialog_styleset()」が定義される。図10Bは、「dialog_style_segment()」内に定義される、本発明にかかる「dialog_styleset()」を示す。領域スタイル「region_style()」の他に、「dialog_style_set()」は、「player_style_flag」、「user_changeable_styleset()」及び「palette()」を含む。「player_style_flag」は、再生装置(プレーヤ)によるスタイル情報の変更を許容するか否かを示す。「user_changeable_styleset()」は、再生装置(プレーヤ)によるスタイル情報の変更範囲を定義する。「palette()」は、色情報及び透明度を指定する。

領域スタイル情報(region_styles())は、上述したように、領域別に定義されるグローバルスタイル情報を表す。「region_style_id」を各領域に割り当て、特定の「region_style_id」に該当するスタイル情報セットを定義する。このため、該当するダイアログに適用される「region_style_id」を記録しておくことにより、ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)内において、ダイアログを再生するとき、「dialog_styleset()」内の同じ「region_style_id」により定義されたスタイル情報セット値を適用して、ダイアログを再生する。従って、「region_style_id」ごとに与えられるスタイル情報セットに含まれる個別のスタイル情報を、説明する。

先ず、画面の該当領域の位置及びサイズを定義する情報として、「region_horizontal_position」、「region_vertical_position」、「region_width」及び「region_height」が与えられる。また、該当領域の背景色を決める「region_bg_color_index」情報が与えられる。さらに、該当する領域内テキストの開始位置を定義する情報として、「text_horizontal_position」及び「text_vertical_position」が与えられる。さらに、テキストの書き込み方向(左→右、右→左、上→下)を定義する「text_flow」と、テキストの整列方向(左側、中央、右側)を定義する「text_alignment」が与えられる。より具体的には、複数の領域が特定のダイアログ内に存在する場合、該当するダイアログに含まれる各領域の「text_flow」は、同じ「text_flow」値を有するように定義され、ユーザが乱れた画像を視聴するのを防ぐ。

さらに、領域内の各ラインの間隔を指定する「line_space」が、スタイル情報セットに含まれる個別のスタイル情報として、与えられる。また、「font_type」、「font_style」、「font_size」及び「font_color_index」が、実際のフォント情報として、与えられる。一方、「dialog_styleset()」内に記録される「player_style_flag」は、製作者が再生装置(プレーヤ)に提供されるスタイル情報に適用するか否かを示す。例えば、「player_style_flag=1b」の場合、ディスクに記録された「dialog_styleset()」に定義されたスタイル情報と同様に、再生装置(プレーヤ)は、装置自体に提供されるスタイル情報を適用することにより、テキストサブタイトルを再生することを許容される。これに対し、「player_style_flag=0b」の場合、ディスクに記録された「dialog_styleset()」に定義されたスタイル情報の使用のみが、許容される。

図10Cは、「dialog_styleset()」内に定義される、本発明にかかる「user_changeable_styleset()」を示す。「user_changeable_styleset()」は、ユーザにより変更可能なスタイル情報の種類及び変更可能な範囲をあらかじめ定義し、「user_changeable_styleset()」を、テキストサブタイトルデータのスタイル情報を簡単に変更するために用いる。しかしながら、図10Bで説明した全てのスタイル情報をユーザが変更可能にすると、むしろユーザに混同をもたらす恐れがある。このため、本発明においては、「font_size」、「region_horizontal_position」及び「region_vertical_position」のみを変更可能とする。従って、「font_size」に従って変更されるテキスト位置及びライン間隔の変更は、「user_changeable_styleset()」で定義される。より具体的には、「user_changeable_styleset()」は、「region_style_id」別に定義される。例えば、特定の「region_style_id=k」内に最大25の「user_style_id」を、「user_changeable_styleset()」内に定義することができる。

さらに、それぞれの「user_style_id」は、「region_horizontal_position_direction」及び「region_vertical_position_direction」情報を含み、それぞれ変更可能な「region_horizontal_position」及び「region_vertical_position」の変更された位置の方向を指定する。それぞれの「user_style_id」は、各方向に単一の位置の移動をピクセル単位で指定する「region_horizontal_position_delta」及び「region_vertical_position_delta」情報を含む。より具体的には、例えば、「region_horizontal_position_direction=0」のとき、領域の位置は、右方向に移動する。「region_horizontal_position_direction=1」のとき、領域の位置は、左方向に移動する。また、「region_vertical_position_direction=0」のとき、領域の位置は、下方向に移動する。「region_vertical_position_direction=1」のとき、領域の位置は、上方向に移動する。

さらに、それぞれの「user_style_id」は、変更可能な「font_size」の各々の変更方向を指定する「font_size_inc_dec」情報と、各方向に単一の位置の移動をピクセル単位で指定する「font_size_delta」情報を含む。より具体的には、例えば、「font_size_inc_dec=0」は、「font_size」の増加する方向を表し、「font_size_inc_dec=1」は、「font_size」の減少する方向を表す。同様に、「テキスト位置」及び「ライン間隔」に関連する変更された情報(データフィールド)を、同じ原理で「定義することが可能である。

本発明にかかる「user_changeable_styleset()」の特徴を以下に述べる。ダイアログスタイルセグメント(DSS)内に含まれる各「region_style()」で定義された「user_control_style()」の数は、同じである。すなわち、各ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に適用される「user_control_style()」の数は、同じである。さらに、「user_control_style()」は、相異なる「user_style_id」により識別される。ユーザがランダムに「user_style_id」を選択すると、「user_control_style()」が同じ程度に、各「region_style()」に等しく適用される。変更可能なスタイルの全ての組み合わせが、一つの「user_control_style()」に定義される。すなわち、「region_position」と「font_size」とが、別々に定義されることなく、同時に一括して定義される。最後に、動く方向(*_direction)及び増減の指示(*_inc_dec)を、位置変更単位(*_delta)とは区別され、独立に記録される。より具体的には、単に位置変更単位(*_delta)のみを、実際に変更された値であるスタイル値を有することなく定義する。次に、定義された位置変更単位(*_delta)を、「region_style()」に定義された値に加算することにより、実際に変更されたスタイル値の最終値を得ることができる。

図10Dは、「dialog_styleset()」内に定義される、本発明にかかるパレット情報「palette()」を示す。「palette()」は、ダイアログ内に記録されているテキストサブタイトルデータの色変更情報を提供する。ここで、「palette()」は、複数のpalette_entryを含み、それぞれのpalette_entryは、palette_entry_idにより示される。それぞれのpalette_entryは、固有の明るさ値(Y_value)及び固有の色値(Cr_value、Cb_value)、及びテキストデータの透明度を指定する固有の「T_value」を提供する。従って、本発明にかかるテキストサブタイトルストリームの特徴の一つは、単一の基本の(または共通の)パレット情報を定義し、パレット情報は、テキストサブタイトルストリームファイルに含まれている各ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に適用される。より具体的には、ダイアログスタイルセグメント(DSS)にパレット情報が定義されてからは、定義されたパレット情報は、各ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に用いられる。しかしながら、もし、新たな固有のパレット情報を、特定のダイアログスタイルセグメント(DSS)の共通パレットの代わりに用いる場合には、特定のパレットを、「palette_update_flag」を用いて新たに定義する。これは、図11Aを参照して後述する。

図11A及び図11Bは、本発明にかかるダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を表す「dialog_presentation_segment()」の詳細な構成を示す。図11Aは、「dialog_presentation_segment()」の全体構造を示し、「dialog_start_PTS」と「dialog_end_PTS」とを定義する。「dialog_start_PTS」と「dialog_end_PTS」とは、該当するダイアログのプレゼンテーション時間を指定する。「dialog_presentation_segment()」は、該当するダイアログ内においてパレット情報の変更を示す「palette_update_flag」を含む。すなわち、「palette_update_flag=1b」のとき、カラー及び透明度(T値)が変更され、これにより、新たなカラーを指定する「palette()」を独立して記録する。この場合、ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に新たに定義された「palette()」は、該当するダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に対してのみ適用されるべきである。「palette_update_flag=0b」であれば、該当するダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を再生するとき、ダイアログスタイルセグメント(DSS)に定義されている共通した上述したパレット(図10Aに示す)を保持すべきである。

次に、領域情報を定義する「dialog_region()」を、「dialog_presentation_segment()」内に記録する。本発明において、最大2つの領域が、一つのダイアログ内に設けられるため、それぞれの領域に「dialog_region()」情報を提供する。「dialog_region()」は、「region_style_id」情報と「continuous_present_flag」情報とを含む。「region_style_id」情報は、図10Bに示した領域スタイルのうちいずれかを指定し、「continuous_present_flag」情報は、以前のダイアログ領域(図8Cに示す)との連続の再生を提供するか否かを識別する。より具体的には、「continuous_present_flag」を各領域別に含める。もし、2つの領域が一つのDPS内に含まれると、少なくとも1以上の領域において「continuous_present_flag=1b」に設定されるとき、該当するDPSは、上述した連続再生DPSになる。さらに、テキストデータと「region_subtitle()」とを、「dialog_region()」に含める。テキストデータは、実際に該当する領域に含まれ、「region_subtitle()」情報は、ローカルスタイル情報を定義する。

図11B及び図11Cは、「region_subtitle()」を記録する例を示し、「region_subtitle()」は、テキストストリングとテキストストリングに適用されるインラインスタイル情報(すなわち「inline_styles」)を区別する識別情報(すなわち「data_type」)とを含む。1バイトの情報(すなわち「escape_code」)が、識別情報(data_type)により区別される情報間に記録される。より具体的に、テキストストリングとインラインスタイルとを「region_subtitle()」に記録し、テキストストリングとインラインスタイル情報を区別する識別情報(data_type)を含む。すなわち、「data_type=0b」のとき、データタイプは、インラインスタイル情報(例えば「inline_styles」)を意味し、「data_type=1b」のとき、データタイプは、テキストストリングを表す。このため、「data_type=1b」のとき、テキストストリングを、「text_string()」に含まれる特定のフィールド(例えば「char_data_byte」)に文字コードとして記録する。換言すると、「char_data_byte」は、図8A及び図8Bに示すように、「Good morning」または「Good afternoon」などのテキストデータを記録するために用いられる。テキストデータは、DPSが連続再生DPSであるか否かによらずに、各DPSの各領域に記録される。

さらに、「data_type=0b」のとき、インラインスタイル情報(inline_styles)を記録し、インラインスタイル情報(inline_styles)は、少なくとも1以上のインラインスタイルタイプ(例えば、inline_style_type)により構成される。例えば、「inline_style_type=0x01」は、フォントセットの変更を表し、該当するクリップインフォにおいて指定されたフォントID値を、特定のフィールド「inline_style_data_byte」に記録する。「inline_style_type=0x02」は、フォントスタイルの変更を表し、該当するフォントスタイル値を、特定のフィールド「inline_style_data_byte」に記録する。「inline_style_type=0x03」は、フォントサイズの変更を表し、該当するフォントサイズ値を、特定のフィールド「inline_style_data_byte」に記録する。「inline_style_type=0x04」は、フォントカラーの変更を表し、該当するパレットにより指定されたインデックス値を、特定のフィールド「inline_style_data_byte」に記録する。さらに、「inline_style_type=0x0A」は、改行を表す。この場合、該当するタイプ(例えば、inline_style_type=0x0A)を読み出すときを除いて、データをさらに記録することなく、1ラインを、再生する前にテキストサブタイトルをデコードする時に変更すべきである。

また、「data_type=0b」のとき、インラインスタイル情報(inline_styles)を記録し、「inline_styles」の全体サイズを示す情報「inline_style_length」を記録する。少なくとも1以上の「inline_style_type」及び「inline_style_data_byte」値が、各タイプごとに変更された値を記録し、該当するサイズに記録される。このため、インラインスタイル情報(inline_styles)に含まれる少なくとも1以上の「inline_style_type」は、一つの単位で連続して記録される。次に、該当するインラインスタイル情報の記録が完了すると、1バイトの情報(escape_code)が、次の識別情報(例えば、data_type)により記録されたテキストストリングの間に挿入され記録される。

以下、上述したように光ディスク内に記録されているテキストサブタイトルストリームを再生する方法及び装置を、図12A及び図12Bに基づいて詳述する。図12Aは、本発明にかかる光ディスクの再生装置を示し、より具体的には、独立して含まれるテキストサブタイトルデコード手段40の例を示す。より具体的には、装置は、入力ストリームから、ビデオストリーム、オーディオストリーム、グラフィックストリーム及びテキストサブタイトルストリームを、パケットIDに基づいて分離するPIDフィルタ5と、ビデオストリームを再生するビデオデコード手段20と、オーディオストリームを再生するオーディオデコード手段10と、グラフィックストリームを再生するグラフィックデコード手段30と、テキストサブタイトルストリームを再生するテキストサブタイトルデコード手段40とを備える。

テキストサブタイトルは、光ディスクから取り出されるか、または図12Aに示すように付加された外部ソースから取り出される。これを考慮して、装置は、入力データソースを選択するスイッチ6を含む。このため、MPEGフォーマットのテキストサブタイトルを光ディスクから取り出す場合、スイッチ6は、PIDフィルタ5に接続されたデータラインAを選択する。これに対し、付加それた外部ソースから入力する場合は、スイッチ6は、外部ソースに接続されたデータラインBを選択する。

ビデオデコード手段20、オーディオデコード手段10、グラフィックデコード手段30は、デコードされる既定のサイズのデータストリームを記憶するトランスポートバッファ21、11、31をそれぞれ含む。また、ビデオプレーン23とグラフィックプレーン33が、ビデオデコード手段20及びグラフィックデコード手段30に含まれ、デコードされた信号をディスプレイ可能な画像に変換する。グラフィックデコード手段30は、表示される画像の色レベル及び透明レベルを制御するカラールックアップテーブル(CLUT)34を備える。

テキストサブタイトルデコード手段40が、1または複数のテキストサブタイトルデータをスイッチ6から入力すると、これら全てのストリームを、サブタイトルプレロードバッファ(SPB)41に一旦プレロードする。一つの言語のテキストサブタイトルストリームファイルの通常のサイズを約0.5Mbと想定したとき、プレロードバッファ41のサイズは、テキストサブタイトルストリームファイルの総数に基づいて決定される。例えば、ユーザが2つの言語を支援するサブタイトルストリームファイルから選択するとき、テキストサブタイトルのシームレスな再生を行うために、サブタイトルプレロードバッファ41のサイズは、少なくとも1Mb以上にすべきである。すなわち、サブタイトルプレロードバッファ41のサイズは、必要なテキストサブタイトルストリームファイルを一度にプレロードするのに十分な大きさが必要である。

テキストサブタイトルストリームの全てをバッファ41にプレロードして用いる。何故ならば、上述したように、全体のテキストサブタイトルストリームが小容量にて記録可能であるためである。このため、テキストサブタイトルストリームを別のファイルとして記録することにより、容易にテキストサブタイトルデータのみを読み出して用いることが可能になる。さらに、全体のテキストサブタイトルデータがバッファ41にプレロードされるので、バッファを一層容易に制御することができる。特定の光記録再生装置においては、バッファアンダーフローが生じないことを保証下で、テキストサブタイトルストリームをプレロードすることなく、メインAVデータと組み合わせてリアルタイムに再生することができる。以下、本発明に従ってテキストサブタイトルストリームがプレロードされる場合を例にとって説明する。

テキストサブタイトルデコード手段40は、サブタイトルプレロードバッファ41に記録された少なくとも1以上のテキストサブタイトルストリームをデコードするテキストサブタイトルデコーダ42と、デコードされたサブタイトルストリームを表示可能な画像に変換するグラフィックプレーン43と、変換された画像の色情報(Y、Cr、Cb値)及び透明度(T値)を制御するためのカラー−ルックアップテーブル44(CLUT)と、を備える。

図12Aに示す装置に含まれる画像合成手段50は、ビデオデコード手段20、グラフィックデコード手段30及びテキストサブタイトルデコード手段40の出力信号を合成する。合成された画像は、ディスプレイ画面内に表示される。ビデオデコード手段20内のビデオプレーン23から出力されるビデオ画像を、ディスプレイ画面上の背景として表示し、グラフィックデコード手段30及び/又はテキストサブタイトルデコード手段40から出力される画像を、表示されたビデオ画像上に重ねる。例えば、グラフィックデコード手段30の出力画像がインターアクティブグラフィック画像であれば、最初に、テキストサブタイトルデコード手段40から出力されるテキストサブタイトル画像を、第1の加算手段52によりビデオ画像上に重ねる。次に、インターアクティブグラフィック画像を、第2の加算手段53によりサブタイトルが重ねられた画像にさらに重ねる。図12Aに示す装置は、入力トランスポートストリーム(例えば、MPEGトランスポートストリーム)をデコードするシステムデコーダ4と、この装置の全ての構成要素を制御するマイクロプロセッサ3をさらに備える。

以下、本発明によるテキストサブタイトルの再生方法について詳述する。光ディスクが光ディスクプレーヤ内にセットされると、図12Aに示すように、最初に、ディスクに記録されているデータ再生のために必要な情報が、ディスクから読み出され、メモリ(図示せず)内に記憶される。プレイリストと関連する特定のタイトルが、ユーザにより選択されると、最初に、プレイリストファイルにより指定された少なくとも1つの完全なテキストサブタイトルストリームを、サブタイトルプレロードバッファ41にプレロードし、サブタイトルストリームファイルと関連するフォントファイルを、フォントプレロードバッファ410内にプレロードする。

例えば、図4に示すプレイリストと関連付けられたタイトルがユーザにより選択された場合、テキストサブタイトルクリップ1(韓国語)及びテキストサブタイトルクリップ2(英語)のためのテキストサブタイトルファイルが、最初に、サブタイトルプレロードバッファ41にプレロードされる。また、テキストサブタイトルファイルと関連するフォントファイルをフォントプレロードバッファ410にプレロードする。フォントファイルを、テキストサブタイトルクリップのクリップ情報ファイルにおいて指定することができる。以降、プレイリストの再生が始まる。プレイリストの再生中、メインAVクリップ1及び2のAVスチリームは、それぞれオーディオデコード手段10及びビデオデコード手段20によりデコードされる。また、プレロードされたテキストサブタイトルストリームから選択されたテキストサブタイトルストリームは、テキストサブタイトルデコーダ42によりデコードされる。そして、デコードされたテキストサブタイトル画像は、デコードされたビデオ画像に重ねられ、全体の画像は、ディスプレイ画面上に表示される。

上述したような動作が完了し、プレイアイテムにより制御されるメインビデオデータが画面上に表示されると、関連するテキストサブタイトルは、画像合成手段50(図12Aに示す)により重ね合わせられる。重ねられたテキストサブタイトルが与えられると、テキストサブタイトルストリームのデコードを始める。一方、テキストサブタイトルのデコードを行うためには、第1のパケットストリーム(PES)を構成するダイアログスタイルセグメント(DSS)内の領域スタイル情報とパレット情報とを読み出し、DPSの再生時に使用するために記憶する。より具体的には、パレット情報を読み出すと、同時にパレット情報をCLUT44に与え、画面上にテキストサブタイトルを表示する時に、ユーザの所望の色及び透明度を与える。

図12Bは、図12Aに示すテキストサブタイトルデコーダ42の詳細を示す。テキストサブタイトルデコーダ42によるデコードプロセスは、パーシング、レンダーリング、コンポジションのステップを含む。パーシングステップにおいて、サブタイトルプレロードバッファ41(SPB)内に記憶されているテキストサブタイトルストリームを、ダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)に含まれる情報に基づいて、コンポジション情報、レンダーリング情報及びダイアログテキスト情報に分離する。ダイアログは、プレゼンテーションタイムスタンプ(PTS)により定義された所定の時間間隔の間表示される全てのテキストサブタイトルを表す。従って、コンポジション情報は、画面上に表示されるテキストサブタイトルの表示時間及び表示位置に関する情報と、パレット情報の更新(palette_update_flag=1b)により新たに定義されたパレット情報に対応する。レンダーリング情報は、実際に各ダイアログの各領域のテキストを示す情報に対応する。レンダーリング情報は、「領域の幅及び高さ」、「背景色」、「テキストフロー」、「テキスト整列」、「フォント ID/スタイル/サイズ」を含む。さらに、ダイアログテキスト情報は、DPS内に記録されているテキストストリング及び実際にテキストデータに適用されるインラインスタイル情報に対応する。

図12Bに戻り、テキストサブタイトルデコーダ42に含まれているテキストサブタイトルプロセッサ421は、サブタイトルプレロードバッファ41に記憶されているテキストサブタイトルストリームファイルをコンポジション情報、レンダーリング情報及びダイアログテキストデータに分離する。分離されたコンポジション情報及びレンダーリング情報は、ダイアログコンポジションバッファ425(DCB)に記憶され、分離されたダイアログテキストデータは、ダイアログバッファ422(DB)に記憶される。より具体的には、パレット更新情報(palette_update_flag=1b)は、パーシングステップにおいて分離されたコンポジション情報に含まれている。「palette_update_flag=0b」のとき、ダイアログスタイルセグメント(DSS)からCLUT44に最初に与えられる共通パレット情報を、パレット情報の更新無しに使い続ける。これに対して、「palette_update_flag=1b」のとき、DSS内の共通のパレット情報を無視し、新たなパレット情報を該当するDPS内に定義し、CLUT44に更新して、使用する。しかしながら、該当するDPSの再生が完了すると、パレット更新は消去され、最初にCLUT44から与えられるDSS内の共通パレット情報を、再び用いる。このとき、CLUT44の更新は、次のDPSの再生の前に更新が完了する必要がある。

レンダーリングステップにおいて、分離されたダイアログテキストデータを、レンダーリング情報を用いてビットマップデータに変換する。レンダーリング情報は、ダイアログテキストデータをレンダーリングするために必要なスタイル情報を表す。テキストレンダーラー423は、ダイアログバッファ422に記憶されているダイアログテキストデータをダイアログプレゼンテーションコントローラ426の制御の下でビットマップデータに変換する。レンダーリングを行うためには、テキストレンダーラー423は、フォントプレロードバッファ410からダイアログテキストデータに関連付けられたフォントデータを受信し、ダイアログプレゼンテーションコントローラ426からレンダーリング情報及びインラインスタイル情報を受信し、ダイアログテキストの各テキストストリングに適したレンダーリング情報及びインラインスタイル情報を用いて、ダイアログテキストデータをビットマップデータに変換する。変換されたビットマップデータは、ビットマップオブジェクトとしてビットマップオブジェクトバッファ424(BOB)に記憶される。従って、BOBバッファ424に記憶される「オブジェクト」は、ビットマップオブジェクトに変換された、各ダイアログ内の各領域のテキストデータに相当する。このため、各領域について最大2つのオブジェクトが、分離されBOBバッファ424に記憶される。

最後に、コンポジションステップにおいて、レンダーリングされたテキストデータを、コンポジション情報に従ってグラフィックプレーン(GP)に加える。コンポジション情報は、ディスプレイ画面内にテキストサブタイトルを表示する時間を示す情報を表す。最終的に、ビットマップオブジェクトバッファ424に記憶されているビットマップオブジェクトは、ダイアログプレゼンテーションコントローラ426により与えられるコンポジション情報に基づいて、グラフィックプレーン43に伝送(または追加)される。カラールックアップテーブル44は、コンポジション情報に含まれるパレット情報を用いて、グラフィックプレーン43の出力の色及び透明度を調整する。

図8Cに示す連続再生セット#2を構成する連続DPS#2DPS#3及びDPS#4を再生するに当たり、先頭DPS#2は、上述した再生プロセスを用いて再生される。次に、DPS#3とDPS#4とを再生するに当たって、DPS#3とDPS#4とにおいて連続再生可能な領域は、以前のDPS#2の領域と同じ領域スタイルを用いる。この場合、レンダーリングプロセスは省略し、グラフィックプレーン(GP)内の以前のDPS#2と関連する情報を、保持して用いる。より具体的には、グラフィックプレーン(GP)は、連続再生が完了するDPS#4の「dialog_end_PTS」まで保持される。しかし、不連続DPS#5の再生が始まると、グラフィックプレーン(GP)内の情報は、完全にリセットされる。DPSが、連続再生セット内の連続再生DPSであるにもかかわらず、不連続領域が含まれることがある。この場合、独立した領域は、分離されたレンダーリングプロセスを通じてビットマップオブジェクトを構成する必要がある。

当業者にとっては、特許請求の範囲に開示された本発明の技術的な思想とその技術範囲内において各種の実施例を改良、変更、代替または付加などできることは言うまでもない。よって、本発明は、請求の範囲及びそれと等しい範囲内における本発明の改良及び変更事項を含むということは言うまでもない。

本発明にかかる光ディスクに記録されたデータファイルの構造を示す図である。 本発明にかかる光ディスク内のデータ記憶領域を示す図である。 本発明によりディスプレイ画面上に提供されたテキストサブタイトル及びメイン画像を示す図である。 本発明によりテキストサブタイトルストリームの再生を制御する方式を示す図である。 本発明によりテキストサブタイトルストリームを再生するための再生制御情報の応用を示す図である。 本発明によりテキストサブタイトルストリームを再生するための再生制御情報の応用を示す図である。 本発明によりテキストサブタイトルストリームを再生するための再生制御情報の応用を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームファイルの構造を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリーム内の再生制御情報を記録する方法を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームの連続再生及び不連続再生の例を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームの連続再生及び不連続再生の例を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームの連続再生及び不連続再生の例を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームファイルのシンタックスを示す図である。 本発明にかかるダイアログスタイルセグメント(DSS)を表す「dialog_syle_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるダイアログスタイルセグメント(DSS)を表す「dialog_syle_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるダイアログスタイルセグメント(DSS)を表す「dialog_syle_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるダイアログスタイルセグメント(DSS)を表す「dialog_syle_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を表す「dialog_presentation_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を表す「dialog_presentation_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるダイアログプレゼンテーションセグメント(DPS)を表す「dialog_presentation_segment()」の詳細な構成を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームファイルの再生を含む光記録再生装置を示す図である。 本発明にかかるテキストサブタイトルストリームファイルの再生を含む光記録再生装置を示す図である。

Claims (38)

  1. データ構造を有する記録媒体であって、該記録媒体は、
    少なくとも1以上のテキストサブタイトルストリームを有するデータ領域であって、該テキストサブタイトルストリームは、少なくとも1つの領域スタイルを定義するスタイルセグメントと複数のプレゼンテーションセグメントとを含み、前記プレゼンテーションセグメントの各々は、少なくとも1以上のテキスト領域を含み、前記テキスト領域は、少なくとも1つの領域スタイルの1つを独自に識別する領域スタイル識別子を使用して、スタイルセグメント内に定義された少なくとも1つの領域スタイルの1つとリンクされている、データ領域を備え、
    前記複数のプレゼンテーションセグメントの各々が1つ以上のテキスト領域を含み、前記テキスト領域は、文字の配置方向およびラインの配置方向の少なくとも1つの方向を特定する同じテキストフローを有し、
    現在のプレゼンテーションセグメントは、現在のプレゼンテーションと以前のプレゼンテーションとの間に連続再生を必要とするか否かを示す連続再生フラグを含む、ことを特徴とする記録媒体。
  2. 前記連続再生フラグの値が、以前のプレゼンテーションセグメントを伴う現在のプレゼンテーションセグメントに対して、連続再生を必要としないことを示す「0」であることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  3. 前記連続再生フラグの値が、以前のプレゼンテーションを伴う現在のプレゼンテーションセグメントに対して、連続再生を必要とすることを示す「1」であることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  4. 前記連続再生フラグは、現在のプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のテキスト領域と以前のプレゼンテーションに含まれる第2のテキスト領域との間の連続再生をさらに示すことを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  5. 前記第1のテキスト領域及び第2のテキスト領域の各々は、インラインスタイル及びテキストストリングの少なくとも1以上の対を含むことを特徴とする請求項4に記載の記録媒体。
  6. 前記第1のテキスト領域及び第2のテキスト領域内に含まれているインラインスタイルは、互いに同じであることを特徴とする請求項5に記載の記録媒体。
  7. 前記第1のテキスト領域及び第2のテキスト領域は、前記スタイルセグメントに定義されている少なくとも1つの領域スタイルから選択された同じ領域スタイルにリンクされていることを特徴とする請求項ないし6のいずれかに記載の記録媒体。
  8. 前記現在のプレゼンテーションセグメントに含まれている前記第1のテキスト領域は、以前のプレゼンテーションセグメントに含まれている前記第2のテキスト領域の再生を保持することによりグラフィックプレーンにおいて再生されることを特徴とする請求項ないし6のいずれかに記載の記録媒体。
  9. 前記複数のプレゼンテーションセグメントの各々は、前記プレゼンテーションセグメントの開始時刻と前記プレゼンテーションセグメントの終了時刻とを示す再生時間情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  10. 前記現在のプレゼンテーションセグメントの開始時刻と前記以前のプレゼンテーションセグメントの終了時刻とが同じ場合、前記現在のプレゼンテーションセグメントと以前のプレゼンテーションセグメントとの間に前記連続再生を必要とすることを特徴とする請求項9に記載の記録媒体。
  11. 連続再生中のプレゼンテーションセグメントは、同じ領域スタイル情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  12. 前記現在のプレゼンテーションセグメントが連続して再生されると、グラフィックプレーン内の以前のプレゼンテーションセグメントに関する情報が保持されることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  13. 連続していないプレゼンテーションセグメントが始まると、グラフィックプレーン内の以前のプレゼンテーションセグメントに関する情報がリセットされることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
  14. 少なくとも1つのテキストサブタイトルストリームを再生する方法において、
    少なくとも1つの領域スタイルおよび複数のプレゼンテーションセグメントを定義するスタイルセグメントを含む少なくとも1つのテキストサブタイトルストリームを読み出すことであって、前記プレゼンテーションセグメントは少なくとも1つのテキスト領域および少なくとも1つの領域スタイルのうちの1つをユニークに識別する領域スタイル識別子を使用してスタイルセグメント内に定義された少なくとも1つの領域スタイルの1つにリンクされたテキスト領域を含み、複数のプレゼンテーションセグメントの各々がテキストの1つ以上の領域を含んでいる場合、テキスト領域は文字の配置方向およびラインの配置方向の少なくとも一つの方向を特定する同じテキストフローを有する、読み出すことと、
    現在のプレゼンテーションと以前のプレゼンテーションとの間に連続再生を必要とするか否かを示す連続再生フラグに含まれる連続プレゼンテーションフラグを読み出すことと、
    前記連続再生フラグが連続再生を必要とすることを示す場合に、以前のプレゼンテーションセグメント内に含まれた少なくとも1つのテキスト領域の保持されたプレゼンテーションを伴う現在のプレゼンテーションセグメントを再生することと
    を備えたことを特徴とするテキストサブタイトルストリームを再生する方法。
  15. 前記連続再生フラグが現在のプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のテキスト領域と以前のプレゼンテーションに含まれる第2のテキスト領域との間の連続再生が必要であることを示し、前記第1及び第2のテキスト領域は、前記スタイルセグメントに定義されている少なくとも1つの前記領域スタイルから選択された同じ領域スタイルにリンクされていることを特徴とする請求項14に記載のテキストサブタイトルストリームを再生する方法。
  16. 前記連続再生フラグが連続再生が必要であることを示す場合に、前記現在のテキスト領域の再生開始時間は、前記以前のテキスト領域の再生終了時間と同じであることを特徴とする請求項14に記載のテキストサブタイトルストリームを再生する方法。
  17. 前記テキストサブタイトルストリームをバッファ内にプレロードすることをさらに備えたことを特徴とする請求項14に記載のテキストサブタイトルストリームを再生する方法。
  18. テキストサブタイトルストリームを再生する装置において、
    少なくとも1つのテキストサブタイトルストリームをプレロードするバッファであって、前記テキストサブタイトルストリームは、少なくとも1つの領域スタイルおよび複数のプレゼンテーションセグメントを定義するスタイルセグメントを含み、前記プレゼンテーションセグメントは少なくとも1つのテキスト領域および少なくとも1つの領域スタイルの1つをユニークに識別する領域スタイル識別子を使用して、スタイルセグメント内に定義された少なくとも1つの領域スタイルの1つにリンクされたテキスト領域を含み、前記複数のプレゼンテーションセグメントの各々が1つ以上のテキスト領域を含み、前記テキスト領域は、文字の配置方向およびラインの配置方向の少なくとも1つの方向を特定する同じテキストフローを有する、バッファと、
    現在のプレゼンテーションセグメント内に含まれる連続再生フラグが現在のプレゼンテーションと以前のプレゼンテーションとの間に連続再生を必要とすることを示す場合に、前記以前のプレゼンテーションセグメント内に含まれる少なくとも1つのテキスト領域の保持されたプレゼンテーションを伴う現在のプレゼンテーションセグメントを再生するテキストサブタイトルデコーダと
    を備えることを特徴とするテキストサブタイトルストリームを再生する装置。
  19. テキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法において、
    少なくとも1つのテキストサブタイトルストリームを記録媒体に記録することであって、前記テキストサブタイトルストリームは、少なくとも1つの領域スタイルおよび複数のプレゼンテーションセグメントを定義するスタイルセグメントを含み、前記プレゼンテーションセグメントは少なくとも1つのテキスト領域および少なくとも1つの領域スタイルのうちの1つをユニークに識別する領域スタイル識別子を使用してスタイルセグメント内に定義された少なくとも1つの領域スタイルのうちの1つにリンクされたテキスト領域を含む、記録することを備え、
    前記複数のプレゼンテーションセグメントが少なくとも1つのテキスト領域を含む場合に、前記テキスト領域は、文字の配置方向およびラインの配置方向の少なくとも1つの方向を特定する同じテキストフローを有し、
    現在のプレゼンテーションセグメントは現在のプレゼンテーションと以前のプレゼンテーションとの間に連続再生を必要とすることを示す連続再生フラグを含む、ことを特徴とする方法。
  20. 前記連続再生フラグが、以前のプレゼンテーションセグメントと現在のプレゼンテーションセグメントとの間に連続再生を必要とすることを示す場合に、前記以前のプレゼンテーションセグメント内に含まれる少なくとも1つのテキスト領域を連続して再生することを特徴とする請求項19に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法。
  21. 前記連続再生フラグの値が、以前のプレゼンテーションセグメントを伴う現在のプレゼンテーションセグメントに対して、連続再生を必要としないことを示す「0」であることを特徴とする請求項20に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法。
  22. 前記連続再生フラグの値が、以前のプレゼンテーションセグメントを伴う現在のプレゼンテーションセグメントに対して、連続再生を必要とすることを示す「1」であることを特徴とする請求項20に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法。
  23. グラフィックプレーン内の以前のプレゼンテーションセグメントに関する情報が保持されることを特徴とする請求項20に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法。
  24. 連続していないプレゼンテーションセグメントが始まると、グラフィックプレーン内の以前のプレゼンテーションセグメントに関する情報がリセットされることを特徴とする請求項20に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法。
  25. 前記連続再生フラグは、現在のプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のテキスト領域と以前のプレゼンテーションに含まれる第2のテキスト領域との間の連続再生を示すことを特徴とする請求項19に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する方法。
  26. 前記少なくとも1つのテキストサブタイトルストリームを、記憶装置に記録することをさらに備えたことを特徴とする請求項19に記載のテキストサブタイトルストリームをの少なくとも1つを記録する方法。
  27. テキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する装置において、
    記録媒体にデータを記録するピックアップと、
    前記ピックアップを制御して少なくとも1つのテキストサブタイトルストリームを記録するコントローラであって、前記テキストサブタイトルストリームは、少なくとも1つの領域スタイルおよび複数のプレゼンテーションセグメントを定義するスタイルセグメントを含み、前記プレゼンテーションセグメントは、少なくとも1つのテキスト領域および少なくとも1つの領域スタイルをユニークに識別する領域スタイル識別子を使用してスタイルセグメント内に定義される少なくとも1つの領域スタイルのうちの1つにリンクされたテキスト領域を含む、コントローラであって、
    複数のプレゼンテーションセグメントの各々が1つ以上のテキスト領域を含む場合に、前記テキスト領域は、文字の配置方向およびラインの配置方向の少なくとも1つの方向を特定する同じテキストフローを有し、
    現在のプレゼンテーションセグメントは、現在のプレゼンテーションと以前のプレゼンテーションとの間に連続再生を必要とすることを示す連続再生フラグを含む、ことを特徴とするテキストサブタイトルストリームを生成する装置。
  28. 前記連続再生フラグが、以前のプレゼンテーションセグメントと現在のプレゼンテーションセグメントとの間に連続再生を必要とすることを示す場合に、前記以前のプレゼンテーションセグメントに含まれる少なくとも1つのテキスト領域を連続して再生することを特徴とする請求項27に記載のテキストサブタイトルストリームをの少なくとも1つを記録する装置。
  29. 前記連続再生フラグの値が、以前のプレゼンテーションセグメントを伴う現在のプレゼンテーションセグメントに対して、連続再生を必要としないことを示す「0」であることを特徴とする請求項28に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する装置。
  30. 前記連続再生フラグの値が、以前のプレゼンテーションセグメントを伴う現在のプレゼンテーションセグメントに対して、連続再生を必要とすることを示す「1」であることを特徴とする請求項28に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する装置。
  31. グラフィックプレーン内の以前のプレゼンテーションセグメントに関する情報が保持されることを特徴とする請求項28に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する装置。
  32. 連続していないプレゼンテーションセグメントが始まると、グラフィックプレーン内の以前のプレゼンテーションセグメントに関する情報がリセットされることを特徴とする請求項28に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する装置。
  33. 前記連続再生フラグは、現在のプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のテキスト領域と以前のプレゼンテーションに含まれる第2のテキスト領域との間の連続再生を示すことを特徴とする請求項27に記載のテキストサブタイトルストリームの少なくとも1つを記録する装置。
  34. 前記連続再生フラグが現在のプレゼンテーションセグメントに含まれる第1のテキスト領域と以前のプレゼンテーションに含まれる第2のテキスト領域との間の連続再生が必要であることを示し、前記第1および第2のテスト領域は、スタイルセグメント内に定義された少なくとも1つの領域スタイルから選択された同じ領域スタイルにリンクされることを特徴とする請求項18に記載の装置。
  35. 前記現在のプレゼンテーションセグメントのプレゼンテーション開始時間は、前記連続再生フラグが連続再生が必要であることを示す場合、以前のプレゼンテーションセグメントのプレゼンテーション終了時間と同じであることを特徴とする請求項34に記載の装置。
  36. 連続再生フラグが、現在のプレゼンテーションセグメント内に含まれる第1のテキスト領域および以前のプレゼンテーションセグメント内に含まれる第2のテキスト領域の間の連続再生を示すことを特徴とする請求項18に記載の装置。
  37. 前記現在のプレゼンテーションセグメント内に含まれる前記第1のテキスト領域は、グラフィック平面内の以前のプレゼンテーションセグメント内に含まれる第2のテキスト領域のプレゼンテーションを保持することによって、グラフィック平面内に存在することを特徴とする請求項36に記載の装置。
  38. 前記テキスト領域は、データタイプフィールドに即座に従うデータのタイプを示すデータタイプフィールドをさらに含み、データのタイプは、インラインスタイル、テキストストリング、およびラインブレークのうちの少なくとも1つを含み、前記ラインブレークは、変化されるべきデータラインを示すことを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。
JP2007504883A 2004-03-26 2005-03-22 記録媒体及びテキストサブタイトルストリームの再生方法及びその装置 Active JP4673885B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR20040020890 2004-03-26
KR20040022251 2004-03-31
PCT/KR2005/000829 WO2005091728A3 (en) 2004-03-26 2005-03-22 Recording medium, method, and apparatus for reproducing text subtitle streams

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007531195A true JP2007531195A (ja) 2007-11-01
JP4673885B2 true JP4673885B2 (ja) 2011-04-20

Family

ID=34989928

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007504883A Active JP4673885B2 (ja) 2004-03-26 2005-03-22 記録媒体及びテキストサブタイトルストリームの再生方法及びその装置

Country Status (7)

Country Link
US (3) US7848617B2 (ja)
EP (1) EP1730739B1 (ja)
JP (1) JP4673885B2 (ja)
KR (1) KR101053622B1 (ja)
DE (1) DE602005023285D1 (ja)
RU (1) RU2378722C2 (ja)
WO (1) WO2005091728A3 (ja)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005010882A1 (en) 2003-07-24 2005-02-03 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
KR20050012328A (ko) * 2003-07-25 2005-02-02 엘지전자 주식회사 고밀도 광디스크의 프레젠테이션 그래픽 데이터 관리 및재생방법과 그에 따른 고밀도 광디스크
KR20050035678A (ko) * 2003-10-14 2005-04-19 엘지전자 주식회사 광디스크 장치의 부가 데이터 재생방법 및 장치와, 이를위한 광디스크
US7529467B2 (en) 2004-02-28 2009-05-05 Samsung Electronics Co., Ltd. Storage medium recording text-based subtitle stream, reproducing apparatus and reproducing method for reproducing text-based subtitle stream recorded on the storage medium
US7729594B2 (en) * 2004-03-18 2010-06-01 Lg Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream including presentation segments encapsulated into PES packet
JP4673885B2 (ja) 2004-03-26 2011-04-20 エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド 記録媒体及びテキストサブタイトルストリームの再生方法及びその装置
EP1730730B1 (en) 2004-03-26 2009-11-25 LG Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream recorded on the recording medium
KR100703705B1 (ko) * 2005-11-18 2007-03-29 삼성전자주식회사 동영상을 위한 멀티 미디어 코멘트 처리 장치 및 방법
US7814412B2 (en) * 2007-01-05 2010-10-12 Microsoft Corporation Incrementally updating and formatting HD-DVD markup
US8428437B2 (en) 2008-02-14 2013-04-23 Panasonic Corporation Reproduction device, integrated circuit, reproduction method, program, and computer-readable recording medium
US20110019088A1 (en) * 2008-04-17 2011-01-27 Daisuke Kase Digital television signal processor and method of displaying subtitle
CN101911713B (zh) 2008-09-30 2014-01-08 松下电器产业株式会社 再现装置、集成电路、再现方法、记录方法、记录介质再现系统
CN102113334B (zh) 2009-05-19 2013-09-11 松下电器产业株式会社 再现装置、记录方法及记录介质再现系统
US8290338B2 (en) * 2009-05-27 2012-10-16 Panasonic Corporation Recording medium, playback device, encoding device, integrated circuit, and playback output device
DK2445224T3 (da) * 2009-06-17 2017-08-21 Panasonic Ip Man Co Ltd Informationsregistreringsmedium til gengivelse af 3d-video og gengivelsesindretning
US20110013888A1 (en) * 2009-06-18 2011-01-20 Taiji Sasaki Information recording medium and playback device for playing back 3d images
KR20110018261A (ko) * 2009-08-17 2011-02-23 삼성전자주식회사 텍스트 서브타이틀 데이터 처리 방법 및 재생 장치
KR20110138151A (ko) 2010-06-18 2011-12-26 삼성전자주식회사 자막 서비스를 포함하는 디지털 방송 서비스를 제공하기 위한 비디오 데이터스트림 전송 방법 및 그 장치, 자막 서비스를 포함하는 디지털 방송 서비스를 제공하는 비디오 데이터스트림 수신 방법 및 그 장치
EP2733698B1 (de) * 2012-11-14 2016-09-14 Deutsche Telekom AG Vorrichtung zur Übertragung und zur Darstellung von Darstellungsinformationen
CN105338394A (zh) 2014-06-19 2016-02-17 阿里巴巴集团控股有限公司 字幕数据的处理方法及系统
CN104699374A (zh) * 2015-03-23 2015-06-10 联想(北京)有限公司 一种控制方法及电子设备

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08102922A (ja) * 1994-09-29 1996-04-16 Sony Corp 番組情報放送方式、番組情報表示方法および受信装置
JPH08241068A (ja) * 1995-03-03 1996-09-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd 情報記録媒体およびビットマップデータ復号化装置とビットマップデータ復号化方法
JPH11252459A (ja) * 1998-02-26 1999-09-17 Toshiba Corp 画像合成装置
WO2005083708A1 (en) * 2004-02-28 2005-09-09 Samsung Electronic Co., Ltd. Storage medium recording text-based subtitle stream, apparatus and method reproducing thereof
JP2007525904A (ja) * 2004-02-28 2007-09-06 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド テキスト基盤のサブタイトルストリームを記録した記録媒体、再生装置及びその再生方法

Family Cites Families (59)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0519686A (ja) 1991-07-17 1993-01-29 Pioneer Electron Corp ナビゲーシヨン装置
US5258747A (en) 1991-09-30 1993-11-02 Hitachi, Ltd. Color image displaying system and method thereof
JPH05137103A (ja) 1991-11-15 1993-06-01 Hitachi Ltd プレゼンテーシヨン装置
DK0714582T3 (da) 1993-08-20 1999-05-31 Thomson Consumer Electronics Lukket billedtekstsystem til anvendelse i forbindelse med komprimeret digital videotransmission
US5684542A (en) 1993-12-21 1997-11-04 Sony Corporation Video subtitle processing system
JPH07203396A (ja) 1993-12-28 1995-08-04 Sony Corp 字幕データ復号化装置
CN1166191C (zh) 1994-12-14 2004-09-08 皇家菲利浦电子有限公司 编码数据的发送和接收方法以及发射机和接收机
US5721720A (en) 1994-12-28 1998-02-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Optical recording medium recording pixel data as a compressed unit data block
KR0136025B1 (ko) 1994-12-30 1998-05-15 배순훈 캡션기능을 갖춘 비디오 디스크와 그 재생장치(video compact disc with caption data recorded thereon and system for handling the same)
CA2168327C (en) 1995-01-30 2000-04-11 Shinichi Kikuchi A recording medium on which a data containing navigation data is recorded, a method and apparatus for reproducing a data according to navigationdata, a method and apparatus for recording a data containing navigation data on a recording medium.
US5945982A (en) 1995-05-30 1999-08-31 Minolta Co., Ltd. Data administration apparatus that can search for desired image data using maps
JPH09102940A (ja) * 1995-08-02 1997-04-15 Sony Corp 動画像信号の符号化方法、符号化装置、復号化装置、記録媒体及び伝送方法
JP3326670B2 (ja) 1995-08-02 2002-09-24 ソニー株式会社 データ符号化/復号化方法および装置、および符号化データ記録媒体
JP3348339B2 (ja) 1995-08-02 2002-11-20 ソニー株式会社 データ記録方法及び装置、データ再生方法及び装置
EP0765082A3 (en) 1995-09-25 1999-04-07 Sony Corporation Subtitle signal encoding/decoding
JP3325581B2 (ja) * 1995-09-29 2002-09-17 松下電器産業株式会社 再生方法及び再生装置
US6125194A (en) * 1996-02-06 2000-09-26 Caelum Research Corporation Method and system for re-screening nodules in radiological images using multi-resolution processing, neural network, and image processing
KR100203264B1 (ko) 1996-06-29 1999-06-15 윤종용 디지탈비디오디스크 시스템의 부영상 복호방법 및그장치
JPH1118108A (ja) 1997-06-25 1999-01-22 Sony Corp 映像信号処理装置及び映像信号処理方法
US6700588B1 (en) 1998-11-09 2004-03-02 Broadcom Corporation Apparatus and method for blending graphics and video surfaces
JP3783467B2 (ja) * 1999-03-31 2006-06-07 ブラザー工業株式会社 情報作成装置及び方法、情報作成プログラムが記録された情報記録媒体、情報出力装置並びに情報記録装置
JP3805929B2 (ja) 1999-07-05 2006-08-09 パイオニア株式会社 情報記録装置及び情報記録方法
JP3695277B2 (ja) 2000-03-30 2005-09-14 ヤマハ株式会社 表示制御装置
US20030227565A1 (en) 2001-06-01 2003-12-11 Hamilton Thomas Herman Auxiliary information processing system with a bitmapped on-screen display using limited computing resources
DE10041574A1 (de) * 2000-08-24 2002-03-07 Merck Patent Gmbh Chromenonderivate
US7050109B2 (en) 2001-03-02 2006-05-23 General Instrument Corporation Methods and apparatus for the provision of user selected advanced close captions
US20020133521A1 (en) * 2001-03-15 2002-09-19 Campbell Gregory A. System and method for text delivery
US7376338B2 (en) * 2001-06-11 2008-05-20 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing multi-language markup document information, apparatus for and method of reproducing the same
WO2003024184A3 (en) * 2001-09-14 2003-06-05 Cornell Res Foundation Inc System, method and apparatus for small pulmonary nodule computer aided diagnosis from computed tomography scans
KR100457512B1 (ko) 2001-11-29 2004-11-17 삼성전자주식회사 광 기록 매체, 광 기록 매체 재생 장치 및 방법
KR20030061953A (ko) * 2002-01-14 2003-07-23 엘지전자 주식회사 광기록 매체의 재생시 자막 가림 방법
KR20030065332A (ko) 2002-01-31 2003-08-06 톰슨 라이센싱 소시에떼 아노님 비디오 시스템에서 보조 정보를 처리하기 위한 방법
KR100456024B1 (ko) 2002-02-28 2004-11-08 한국전자통신연구원 디브이디 플레이어의 자막정보 재생 장치 및 방법
KR100521914B1 (ko) 2002-04-24 2005-10-13 엘지전자 주식회사 재생리스트 요약정보 관리방법
DE10228103A1 (de) 2002-06-24 2004-01-15 Bayer Cropscience Ag Fungizide Wirkstoffkombinationen
JP4795684B2 (ja) 2002-06-28 2011-10-19 エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド 多重再生経路ビデオデータの再生を管理するためのデータ構造を有する記録媒体と、それを使用して記録し、再生する方法及び装置
EP1394690A1 (en) * 2002-08-29 2004-03-03 Sun Microsystems, Inc. Behaviour of anchored frames
KR100607949B1 (ko) 2002-09-11 2006-08-03 삼성전자주식회사 계층화된 정보 구조를 이용한 멀티미디어 데이터 기록장치, 재생 장치 및 그 정보저장매체
KR20040024113A (ko) 2002-09-13 2004-03-20 엘지전자 주식회사 디지털 다기능 디스크 장치에서의 재생 제어방법
WO2004032111A1 (en) * 2002-10-04 2004-04-15 Matsushita Electric Industrial Co. Ltd. Visual contents in karaoke applications
US20040071453A1 (en) * 2002-10-08 2004-04-15 Valderas Harold M. Method and system for producing interactive DVD video slides
US20040081434A1 (en) 2002-10-15 2004-04-29 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing subtitle data for multiple languages using text data and downloadable fonts and apparatus therefor
EP1576809B1 (en) 2002-11-15 2007-06-20 Thomson Licensing Method and apparatus for composition of subtitles
CN100466713C (zh) 2002-11-28 2009-03-04 索尼株式会社 再现装置和再现方法
US7490085B2 (en) * 2002-12-18 2009-02-10 Ge Medical Systems Global Technology Company, Llc Computer-assisted data processing system and method incorporating automated learning
KR100940022B1 (ko) 2003-03-17 2010-02-04 엘지전자 주식회사 오디오 데이터의 텍스트 변환 및 디스플레이 방법
US7563748B2 (en) 2003-06-23 2009-07-21 Cognis Ip Management Gmbh Alcohol alkoxylate carriers for pesticide active ingredients
KR20050001850A (ko) 2003-06-26 2005-01-07 엘지전자 주식회사 국가 코드를 이용한 데이터 선별 재생방법
DE602004030060D1 (de) 2003-06-30 2010-12-23 Panasonic Corp Aufzeichnungsmedium, Wiedergabegerät, Programm und Wiedergabeverfahren
EP1645122B1 (en) 2003-07-03 2007-09-12 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Recording medium, reproduction apparatus, recording method, integrated circuit, program, and reproduction method
KR101051835B1 (ko) 2003-07-11 2011-07-25 파나소닉 주식회사 기록매체, 기록방법, 재생장치 및 재생방법
KR100739682B1 (ko) 2003-10-04 2007-07-13 삼성전자주식회사 텍스트 기반의 서브 타이틀 정보를 기록한 정보저장매체,그 처리장치 및 방법
KR100619053B1 (ko) 2003-11-10 2006-08-31 삼성전자주식회사 서브 타이틀을 기록한 정보저장매체 및 그 처리장치
US7519274B2 (en) 2003-12-08 2009-04-14 Divx, Inc. File format for multiple track digital data
EP1714281A2 (en) * 2004-02-10 2006-10-25 LG Electronic Inc. Recording medium and method and apparatus for decoding text subtitle streams
KR20070028325A (ko) 2004-02-10 2007-03-12 엘지전자 주식회사 텍스트 서브타이틀 디코더 및 텍스트 서브타이틀 스트림디코딩 방법
US7729594B2 (en) * 2004-03-18 2010-06-01 Lg Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream including presentation segments encapsulated into PES packet
JP4673885B2 (ja) 2004-03-26 2011-04-20 エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド 記録媒体及びテキストサブタイトルストリームの再生方法及びその装置
EP1730730B1 (en) 2004-03-26 2009-11-25 LG Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream recorded on the recording medium

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08102922A (ja) * 1994-09-29 1996-04-16 Sony Corp 番組情報放送方式、番組情報表示方法および受信装置
JPH08241068A (ja) * 1995-03-03 1996-09-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd 情報記録媒体およびビットマップデータ復号化装置とビットマップデータ復号化方法
JPH11252459A (ja) * 1998-02-26 1999-09-17 Toshiba Corp 画像合成装置
WO2005083708A1 (en) * 2004-02-28 2005-09-09 Samsung Electronic Co., Ltd. Storage medium recording text-based subtitle stream, apparatus and method reproducing thereof
JP2007525904A (ja) * 2004-02-28 2007-09-06 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド テキスト基盤のサブタイトルストリームを記録した記録媒体、再生装置及びその再生方法

Also Published As

Publication number Publication date Type
US20070280643A1 (en) 2007-12-06 application
WO2005091728A3 (en) 2005-11-17 application
EP1730739B1 (en) 2010-09-01 grant
WO2005091728A2 (en) 2005-10-06 application
RU2378722C2 (ru) 2010-01-10 grant
KR20070007846A (ko) 2007-01-16 application
DE602005023285D1 (de) 2010-10-14 grant
JP2007531195A (ja) 2007-11-01 application
US20050213942A1 (en) 2005-09-29 application
US7848617B2 (en) 2010-12-07 grant
US8437599B2 (en) 2013-05-07 grant
US20070280644A1 (en) 2007-12-06 application
EP1730739A2 (en) 2006-12-13 application
RU2006137708A (ru) 2008-05-10 application
US8346050B2 (en) 2013-01-01 grant
KR101053622B1 (ko) 2011-08-03 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20040001699A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of multiple playback path video data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US20040151472A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of still pictures recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US20040109677A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of still images recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US20040101285A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of multiple component data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US20100098389A1 (en) Video reproducing apparatus and method
US20050196147A1 (en) Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle streams
EP1524669A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of text subtitle data and recording and reproducing methods and apparatuses
US20080131085A1 (en) Playback apparatus, program, playback method
US20050147387A1 (en) Recording medium and method and apparatus for reproducing and recording text subtitle streams
US20040184780A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproducton duration of still pictures recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US20050198071A1 (en) Recording medium having a data structure for managing various data streams and recording and reproducing methods and apparatuses
US20070172210A1 (en) Reproducing apparatus, reproducing method, reproducing program, and recording medium
US7512322B2 (en) Recording medium, method, and apparatus for reproducing text subtitle streams
US20050198053A1 (en) Recording medium having a data structure for managing text subtitles and recording and reproducing methods and apparatuses
WO2004093064A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of data streams recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US7593060B2 (en) Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle streams
US7756398B2 (en) Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream for updating palette information
WO2005074400A2 (en) Recording medium and method and apparatus for decoding text subtitle streams
US20040165865A1 (en) Method and apparatus for recording/reproducing graphic and subtitle data on/from a high-density recording medium
WO2004066281A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of still pictures recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US20070280641A1 (en) Data structure, recording medium, authoring apparatus, method, and program, recording apparatus, method, and program, verification apparatus, method, and program, and manufacturing apparatus and method for recording medium
WO2005074399A2 (en) Recording medium and method and apparatus for decoding text subtitle streams
US20040047607A1 (en) Recording medium having data structure for managing reproduction of still images recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US7848617B2 (en) Recording medium, method, and apparatus for reproducing text subtitle streams
US20050249375A1 (en) Recording medium, reproducing method thereof and reproducing apparatus thereof

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070926

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070926

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091221

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091225

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100325

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100910

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101206

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101228

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110121

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140128

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250