JP3679901B2 - フライホイール組立体、及びトルクコンバータ - Google Patents

フライホイール組立体、及びトルクコンバータ Download PDF

Info

Publication number
JP3679901B2
JP3679901B2 JP18218597A JP18218597A JP3679901B2 JP 3679901 B2 JP3679901 B2 JP 3679901B2 JP 18218597 A JP18218597 A JP 18218597A JP 18218597 A JP18218597 A JP 18218597A JP 3679901 B2 JP3679901 B2 JP 3679901B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
flywheel
flexible plate
torque converter
engine
dynamic damper
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP18218597A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH1130292A (ja
Inventor
恒三 山本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Exedy Corp
Original Assignee
Exedy Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Exedy Corp filed Critical Exedy Corp
Priority to JP18218597A priority Critical patent/JP3679901B2/ja
Priority to US09/109,371 priority patent/US6119549A/en
Publication of JPH1130292A publication Critical patent/JPH1130292A/ja
Priority to US09/609,024 priority patent/US6283262B1/en
Priority to US09/607,971 priority patent/US6301995B1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3679901B2 publication Critical patent/JP3679901B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
    • F16F15/00Suppression of vibrations in systems; Means or arrangements for avoiding or reducing out-of-balance forces, e.g. due to motion
    • F16F15/10Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system
    • F16F15/12Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon
    • F16F15/1201Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon for damping of axial or radial, i.e. non-torsional vibrations
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
    • F16F15/00Suppression of vibrations in systems; Means or arrangements for avoiding or reducing out-of-balance forces, e.g. due to motion
    • F16F15/10Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system
    • F16F15/12Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon
    • F16F15/1207Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon characterised by the supporting arrangement of the damper unit
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
    • F16F15/00Suppression of vibrations in systems; Means or arrangements for avoiding or reducing out-of-balance forces, e.g. due to motion
    • F16F15/10Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system
    • F16F15/12Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon
    • F16F15/131Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon the rotating system comprising two or more gyratory masses
    • F16F15/13107Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon the rotating system comprising two or more gyratory masses for damping of axial or radial, i.e. non-torsional vibrations
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
    • F16F15/00Suppression of vibrations in systems; Means or arrangements for avoiding or reducing out-of-balance forces, e.g. due to motion
    • F16F15/10Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system
    • F16F15/12Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon
    • F16F15/131Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon the rotating system comprising two or more gyratory masses
    • F16F15/13164Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using elastic members or friction-damping members, e.g. between a rotating shaft and a gyratory mass mounted thereon the rotating system comprising two or more gyratory masses characterised by the supporting arrangement of the damper unit
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
    • F16F7/00Vibration-dampers; Shock-absorbers
    • F16F7/10Vibration-dampers; Shock-absorbers using inertia effect
    • F16F7/104Vibration-dampers; Shock-absorbers using inertia effect the inertia member being resiliently mounted
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H45/00Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches
    • F16H45/02Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49481Wheel making
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T74/00Machine element or mechanism
    • Y10T74/21Elements
    • Y10T74/2121Flywheel, motion smoothing-type
    • Y10T74/2131Damping by absorbing vibration force [via rubber, elastomeric material, etc.]

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、曲げ方向にたわみ可能なフレキシブルプレートを有する回転部材に関し、特に、フライホイール組立体及びトルクコンバータに関する。
【0002】
【従来の技術】
フライホイールは、車両のエンジンに装着され、低速域での回転むらを防止する。フライホイールにはクラッチ装置やリングギアなどが取り付けられる。
【0003】
エンジンは燃焼力をクランクによって回転力に変えることで駆動力を発生している。このとき、クランク軸は、燃焼力により曲げられ、フライホイールを曲げ方向に振動させる。フライホイールの振動の反力は、エンジンブロックに伝わり、さらにエンジンマウントを介して車両のボディーを加振する。これがエンジン加速時騒音となっている。
【0004】
エンジン加速時騒音を低減する手段として、フレキシブルプレートを用いてフライホイールをクランクシャフトに連結することがある。フレキシブルプレートは、円板状や十字形状の薄い板からなり、回転方向には硬く、曲げ方向には軟らかくてたわみ可能である。曲げ振動が伝達されると、フレキシブルプレートは曲げ方向にたわむことで振動を吸収する。この結果、フライホイールの振動が低減する。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
図5に従来のフライホイールの振動特性を示す。点線がフライホイールをクランクシャフトに直接固定したフライホイール組立体の特性である。実線がフレキシブルプレートを採用したフライホイール組立体の特性である。
【0006】
点線の特性(フレキシブルプレートなし)では共振周波数が常用領域A内に存在する。実線の特性(フレキシブルプレートあり)では共振周波数が2つに分かれ、2つの共振周波数はともに点線の特性(フレキシブルプレートなし)の共振周波数より振動レベル(フライホイールの曲げ角)が低くなっている。また、2つの共振周波数は常用領域Aの高周波側と低周波側とにずれて形成されている。このように共振周波数を常用領域Aからずらすことで、エンジン加速時騒音を低減できる。
【0007】
しかし、実線の特性(フレキシブルプレートあり)では低周波側の共振周波数が常用領域Aに残っている場合がある。この場合はやはりエンジン加速時騒音の原因となる。
【0008】
本発明の目的は、エンジン加速時騒音を低減させることにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】
請求項1に記載のフライホイール組立体は、エンジンのクランクシャフトからトルクが伝達されるものであり、フライホイールとフレキシブルプレートとダイナミックダンパーとを備えている。フレキシブルプレートは、フライホイールをクランクシャフトに対して曲げ方向に揺動可能に連結する。ダイナミックダンパーは、質量体と、質量体をフライホイールに対して曲げ方向に揺動可能に連結する弾性体とからなり、フレキシブルプレートのエンジン側に配置されている。
【0010】
このフライホイール組立体では、フレキシブルプレートにダイナミックダンパーを組み合わせることで、フレキシブルプレートのみのフライホイール組立体に比べてエンジン加速時騒音を低減できる。それはダイナミックダンパーにより常用領域に残った曲げ振動の共振周波数付近の振動を低減できるからである。
【0011】
請求項2に記載のトルクコンバータは、エンジンのクランクシャフトからトルクが伝達されるものであり、トルクコンバータ本体とフレキシブルプレートとダイナミックダンパーとを備えている。フレキシブルプレートは、トルクコンバータ本体をクランクシャフトに対して曲げ方向に揺動可能に連結する。ダイナミックダンパーは、質量体と、質量体をトルクコンバータ本体に対して曲げ方向に揺動可能に連結する弾性体とからなり、フレキシブルプレートのエンジン側に配置されている。
【0012】
このトルクコンバータでは、フレキシブルプレートにダイナミックダンパーを組み合わせることで、フレキシブルプレートのみのトルクコンバータに比べてエンジン加速時騒音を低減できる。それはダイナミックダンパーにより常用領域に残った曲げ振動の共振周波数付近の振動を低減できるからである。
【0013】
【発明の実施の形態】
[実施形態1]
図1に示すフライホイール組立体1は、車両のエンジンに装着され、エンジンからのトルクを他の装置に伝達するための装置である。具体的には、フライホイール組立体1は、図示しないエンジンとトランスミッションとの間に配置され、エンジンのクランクシャフト5からトランスミッションのメインドライブシャフト6にトルクを伝達する。図1の左側にエンジン(図示せず)が配置され、右側にトランスミッション(図示せず)が配置されている。
【0014】
フライホイール組立体1は、フライホイール2と、フレキシブルプレート3と、曲げ方向ダイナミックダンパー4とから主に構成されている。
【0015】
フライホイール2は、厚肉の円板形状部材であり、トランスミッション側に摩擦面を有している。フライホイール2のトランスミッション側には、クラッチ装置7が装着されている。クラッチ装置7は、クラッチディスク組立体8と、クラッチカバー組立体9とから構成されている。クラッチディスク組立体8はトランスミッションから延びるメインドライブシャフト6にトルク伝達可能に連結されている。
【0016】
フレキシブルプレート3は、円板状の薄い鉄板からなり、回転方向には硬く、曲げ方向には軟らかい。すなわちフレキシブルプレート3は曲げ方向の振動絶縁部材として機能する。フレキシブルプレート3は内周部が複数のクランクボルト11によりクランクシャフト5の先端に固定されている。フレキシブルプレート3の外周部は複数のボルト12によりフライホイール2の外周部エンジン側面に固定されている。すなわち、フライホイール2は、フレキシブルプレート3によってクランクシャフト5に支持され、またフレキシブルプレート3を介してクランクシャフト5のトルクが伝達される。フレキシブルプレート3は、曲げ方向にたわむことでエンジンから伝達される曲げ振動を吸収し、フライホイール2の振動を低減させるための部材である。なおフレキシブルプレート3の形状は円板状に限定されず、十字型であってもよいし孔や切り欠きが形成されていてもよい。
【0017】
ダイナミックダンパー4は、フレキシブルプレート3とともにフライホイール2の曲げ方向振動を低減させるための装置である。ダイナミックダンパー4はフライホイール2の外周部エンジン側に取り付けられている。ダイナミックダンパー4は、主に、質量体13と、プレート14とから構成されている。
【0018】
質量体13は、環状、より具体的には比較的厚肉の円板形状であり、フライホイール2の外周部エンジン側に近接して配置されている。質量体13の外周部にはリングギア17が固定されている。
【0019】
プレート14は環状の板金製部材であり、質量体13とフレキシブルプレート3の外周部との間に配置されている。プレート14は質量体13を曲げ方向に揺動可能になるようにフライホイール2に連結する弾性体として機能している。プレート14の内周部は複数のリベット15により質量体13の内周部に固定されている。プレート14の外周部は前述のボルト12によりフレキシブルプレート3の外周部とともにフライホイール2に固定されている。このようにして、質量体13はプレート14を介してフライホイール2に曲げ方向に揺動可能に支持されている。なお、質量体13において、ボルト12の頭部に対応する位置は孔16が形成されている。孔16はダイナミックダンパー4をフライホイール2に連結する際にボルト12が通る孔として機能する。また、孔16は質量体13がフライホイール2に対して揺動する際にボルト12の頭部からの干渉を避けている。
【0020】
図4に、フライホイール2の振動特性を示す。点線がフライホイールがフレキシブルプレート介してクランクシャフトに固定された特性(フレキシブルプレートのみ)であり、実線が本願の実施形態(フレキシブルプレート+ダイナミックダンパー)のものである。
【0021】
点線の特性(フレキシブルプレートのみ)では共振周波数が2つに分かれているものの、低周波側の共振周波数が常用領域Aに残っている。
【0022】
実線の特性(フレキシブルプレート+ダイナミックダンパー)では、前述の低周波側の共振周波数が2つに分けられ、分けられた2つの共振周波数は前述の低周波側共振周波数より低くなっている。特に新たに分けられた共振周波数の低周波側のものは常用領域Aからはずれている。
【0023】
ダイナミックダンパー4における固有振動数(質量体13とプレート14で決まる)は、以上の特性を実現するように設定されている。
【0024】
以上に述べたように、フレキシブルプレート3に曲げ方向ダイナミックダンパー4を組み合わせることで、常用領域に残った曲げ振動の共振周波数付近の振動を低減できる。その結果、エンジン加速時騒音を低減している。
【0025】
なお、ダイナミックダンパーの構造は本実施形態に限定されない。ダイナミックダンパーを構成する弾性体は板ばねではなく他のばねやゴムなどの弾性体であってもよい。
【0026】
[実施形態2]
図2に示すフライホイール組立体21は、車両のエンジンに装着され、エンジンからのトルクを他の装置に伝達するための装置である。具体的には、フライホイール組立体21は、図示しないエンジンとトランスミッションとの間に配置され、エンジンのクランクシャフト5からトランスミッションのメインドライブシャフト6にトルクを伝達する。図2の左側にエンジン(図示せず)が配置され、右側にトランスミッション(図示せず)が配置されている。
【0027】
フライホイール組立体1は、フライホイール22と、フレキシブルプレート23と、曲げ方向ダイナミックダンパー24と、第2フライホイール25と、ダンパー機構26とから主に構成されている。
【0028】
フライホイール22は軸方向に延びる筒形状の部材である。フライホイール22の内周側には、第2フライホイール25が配置されている。第2フライホイール25はフライホイール22に対してダンパー機構26を介して連結されている。ダンパー機構26は、両フライホイール22,25をトルク伝達可能に連結するとともに両者間の捩じり振動を吸収・減衰するための機構である。第2フライホイール25はトランスミッション側に摩擦面を有している。第2フライホイール25のトランスミッション側には、クラッチ装置27が装着されている。クラッチ装置27は、クラッチディスク組立体28と、クラッチカバー組立体29とから構成されている。クラッチディスク組立体28はトランスミッションから延びるメインドライブシャフト6にトルク伝達可能に連結されている。
【0029】
フレキシブルプレート23は、円板状の薄い鉄板からなり、回転方向には硬く、曲げ方向には軟らかい。フレキシブルプレート23は内周部が複数のクランクボルト31によりクランクシャフト5の先端に固定されている。フレキシブルプレート23の外周部は複数のボルト32によりフライホイール22の外周部エンジン側面に固定されている。すなわち、フライホイール22は、フレキシブルプレート23によってクランクシャフト5に支持され、またフレキシブルプレート23を介してクランクシャフト5からトルクが伝達される。フレキシブルプレート23は、曲げ方向にたわむことでエンジンから伝達される曲げ振動を吸収し、フライホイール22の振動を低減させるための部材である。すなわちフレキシブルプレート23は曲げ方向の振動絶縁部材として機能する。なおフレキシブルプレート23の形状は円板状に限定されず、十字型であってもよいし孔や切り欠きが形成されていてもよい。
【0030】
ダイナミックダンパー24は、フレキシブルプレート23とともにフライホイール22の曲げ方向振動を低減させるための装置である。ダイナミックダンパー24はフライホイール2の外周部エンジン側に取り付けられている。ダイナミックダンパー24は、主に、質量体33と、プレート34とから構成されている。
【0031】
質量体33は環状、より具体的には比較的厚肉の円板形状であり、フライホイール22の外周部エンジン側に近接して配置されている。質量体33の外周部にはリングギア37が固定されている。
【0032】
プレート34は環状の板金製部材であり、質量体33とフレキシブルプレート23の外周部との間に配置されている。プレート34は質量体33を曲げ方向に揺動可能になるようにフライホイール22に連結する弾性体として機能している。プレート34の内周部は複数のリベット35により質量体33の内周部に固定されている。プレート34の外周部は、前述のボルト32によりフレキシブルプレート23の外周部とともにフライホイール22に固定されている。このようにして、質量体33はプレート34を介してフライホイール22に曲げ方向に揺動可能に支持されている。なお、質量体33において、ボルト32の頭部に対応する位置は孔36が形成されている。孔36はダイナミックダンパー24をフライホイール22に連結する際にボルト32が通る孔として機能する。また、孔36は質量体33がフライホイール22に対して揺動する際にボルト32の頭部の干渉を避けている。
【0033】
この実施形態においても、第1実施形態と同様の効果が得られる。
【0034】
なお、ダイナミックダンパーの構造は本実施形態に限定されない。ダイナミックダンパーを構成する弾性体は板ばねではなく他のばねやゴムなどの弾性体であってもよい。
【0035】
[実施形態3]
図1に示すトルクコンバータ41は、車両のエンジンに装着され、エンジンからのトルクを他の装置に伝達するための装置である。具体的には、トルクコンバータ41は図示しないエンジンとトランスミッションとの間に配置され、エンジンのクランクシャフト5からトランスミッションのメインドライブシャフト6にトルクを伝達する。図1の左側にエンジン(図示せず)が配置され、右側にトランスミッション(図示せず)が配置されている。
【0036】
トルクコンバータ41は、トルクコンバータ本体42と、フレキシブルプレート43と、曲げ方向ダイナミックダンパー44とから主に構成されている。
【0037】
トルクコンバータ本体42は、インペラー46、タービン47やステータ48などの羽根車からなり、作動油を介してトルクを伝達する装置である。フロントカバー45とインペラー46とが作動油室を構成している。インペラー46に対向する位置にはタービン47が配置されている。タービン47はメインドライブシャフト6に連結されている。ステータ48は、インペラー46とタービン47の内周部同士間に配置され、ワンウェイクラッチ50を介して固定シャフトに支持されている。ロックアップクラッチ49は、作動油室内でフロントカバー45とタービン47との間に配置されている。
【0038】
フレキシブルプレート43は、円板状の薄い鉄板からなり、回転方向には硬く、曲げ方向には軟らかい。フレキシブルプレート43は内周部が複数のクランクボルト51によりクランクシャフト5の先端に固定されている。フレキシブルプレート43の外周部は、複数のボルト12によりトルクコンバータ本体41の外周部エンジン側面(フロントカバー45の外周部)に溶接された環状部材70に固定されている。すなわち、トルクコンバータ本体42は、フレキシブルプレート43によってクランクシャフト5に支持され、またフレキシブルプレート43を介してクランクシャフト5からトルクが伝達される。フレキシブルプレート43は、曲げ方向にたわむことでエンジンから伝達される曲げ振動を吸収し、トルクコンバータ本体42の振動低減させるための部材である。すなわちフレキシブルプレート43は曲げ方向の振動絶縁部材として機能する。なおフレキシブルプレート43の形状は円板状に限定されず、十字型であってもよいし孔や切り欠きが形成されていてもよい。
【0039】
ダイナミックダンパー44は、フレキシブルプレート43とともにトルクコンバータ本体42の曲げ方向振動を低減させるための装置である。ダイナミックダンパー44はトルクコンバータ本体42の外周部エンジン側に取り付けられている。ダイナミックダンパー44は、主に、質量体53と、プレート54とから構成されている。
【0040】
質量体53は、環状、より具体的には比較的厚肉の円板形状であり、トルクコンバータ本体42の外周部エンジン側に近接して配置されている。質量体53の外周部にはリングギア57が固定されている。
【0041】
プレート54は環状の板金製部材であり、質量体53とフレキシブルプレート43の外周部との間に配置されている。プレート54は質量体53を曲げ方向に揺動可能になるようにトルクコンバータ本体42に連結する弾性体として機能している。プレート54の内周部は複数のリベット55により質量体53の内周部に固定されている。プレート54の外周部は、前述のボルト52によりフレキシブルプレート43の外周部とともにトルクコンバータ本体42の環状部材70に固定されている。このようにして、質量体53はプレート54を介してトルクコンバータ本体42に曲げ方向に揺動可能に支持されている。なお、質量体53において、ボルト52の頭部に対応する位置は孔56が形成されている。孔56はダイナミックダンパー44をトルクコンバータ本体42に連結する際にボルト52が通る孔として機能する。また、孔56は質量体53がトルクコンバータ本体42に対して揺動する際にボルト52の頭部の干渉を避けている。
【0042】
この実施形態においても、第1実施形態と同様の効果が得られる。なお、ダイナミックダンパーの構造は本実施形態に限定されない。ダイナミックダンパーを構成する弾性体は板ばねではなく他のばねやゴムなどの弾性体であってもよい。
【0043】
【発明の効果】
本発明に係るフライホイール組立体又はトルクコンバータでは、フレキシブルプレートにダイナミックダンパーを組み合わせることで、フレキシブルプレートのみのフライホイール組立体に比べてエンジン加速時騒音を低減できる。それはダイナミックダンパーにより常用領域に残った曲げ振動の共振周波数付近の振動を低減できるからである。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の第1実施形態におけるフライホイール組立体の縦断面概略図。
【図2】 本発明の第2実施形態におけるフライホイール組立体の縦断面概略図。
【図3】 本発明の第3実施形態におけるトルクコンバータの縦断面概略図。
【図4】 本発明におけるフライホイールまたはトルクコンバータ本体の振動特性。
【図5】 従来例のフライホイールの振動特性。
【符号の説明】
1 フライホイール組立体
2 フライホイール
3 フレキシブルプレート
4 ダイナミックダンパー
13 質量体
14 プレート
21 フライホイール組立体
22 フライホイール
23 フレキシブルプレート
24 ダイナミックダンパー
25 第2フライホイール
26 ダンパー装置
33 質量体
34 プレート
41 トルクコンバータ
42 トルクコンバータ本体
43 フレキシブルプレート
44 ダイナミックダンパー
53 質量体
54 プレート

Claims (2)

  1. エンジンのクランクシャフトからトルクが伝達されるフライホイール組立体であって、
    フライホイールと、
    前記フライホイールを前記クランクシャフトに対して曲げ方向に揺動可能に連結するフレキシブルプレートと、
    質量体と、前記質量体を前記フライホイールに対して曲げ方向に揺動可能に連結する弾性体とからなり、前記フレキシブルプレートのエンジン側に配置されたダイナミックダンパーと、
    を備えたフライホイール組立体。
  2. エンジンのクランクシャフトからトルクが伝達されるトルクコンバータであって、
    トルクコンバータ本体と、
    前記トルクコンバータ本体を前記クランクシャフトに対して曲げ方向に揺動可能に連結するフレキシブルプレートと、
    質量体と、前記質量体を前記トルクコンバータ本体に対して曲げ方向に揺動可能に連結する弾性体とからなり、前記フレキシブルプレートのエンジン側に配置されたダイナミックダンパーと、
    を備えたトルクコンバータ。
JP18218597A 1997-07-08 1997-07-08 フライホイール組立体、及びトルクコンバータ Expired - Fee Related JP3679901B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18218597A JP3679901B2 (ja) 1997-07-08 1997-07-08 フライホイール組立体、及びトルクコンバータ
US09/109,371 US6119549A (en) 1997-07-08 1998-07-02 Flywheel assembly and a torque converter
US09/609,024 US6283262B1 (en) 1997-07-08 2000-06-30 Flywheel assembly and a torque converter
US09/607,971 US6301995B1 (en) 1997-07-08 2000-06-30 Flywheel assembly and a torque converter

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18218597A JP3679901B2 (ja) 1997-07-08 1997-07-08 フライホイール組立体、及びトルクコンバータ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1130292A JPH1130292A (ja) 1999-02-02
JP3679901B2 true JP3679901B2 (ja) 2005-08-03

Family

ID=16113834

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18218597A Expired - Fee Related JP3679901B2 (ja) 1997-07-08 1997-07-08 フライホイール組立体、及びトルクコンバータ

Country Status (2)

Country Link
US (3) US6119549A (ja)
JP (1) JP3679901B2 (ja)

Families Citing this family (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3558264B2 (ja) * 1999-03-29 2004-08-25 株式会社日立ユニシアオートモティブ 発電電動ユニット
DE19939527A1 (de) * 1999-08-20 2001-03-08 Bayerische Motoren Werke Ag Drehmomentwandleranbindung
DE10149704A1 (de) * 2001-10-09 2003-04-10 Zf Sachs Ag Eingangsseitig zentral an einer Drehwelle oder Drehkomponente angebundene Kupplungseinrichtung in einem Kraftfahrzeug-Antriebsstrang
FR2833057B1 (fr) * 2001-12-04 2004-07-02 Defontaine Sa Volant de demarrage anti-bruit
FR2834022B1 (fr) * 2001-12-21 2004-03-19 Renault Dispositif de transmission du type double volant amortisseur et procede
WO2004111498A1 (en) * 2003-06-10 2004-12-23 Porter James M High efficiency torque converter
WO2005028915A1 (ja) * 2003-09-16 2005-03-31 Exedy Corporation フレキシブルフライホイール
DE112004001725T5 (de) 2003-09-16 2006-10-19 Exedy Corp., Neyagawa Schwungradanordnung
FR2878302B1 (fr) * 2004-11-24 2006-12-29 Valeo Embrayages Dispositif de couplage, notamment pour boite de vitesses automatique de vehicule automobile
US7845298B2 (en) * 2005-05-04 2010-12-07 Honeywell International Inc. Submersible vehicle object ejection system using a flywheel driven boost pump
US7775890B2 (en) * 2007-04-23 2010-08-17 Caterpillar Inc Flexible drivetrain having axial and radial motion limiter
JP2009156425A (ja) * 2007-12-27 2009-07-16 Aisin Aw Co Ltd 自動変速機
JP5628605B2 (ja) * 2010-09-08 2014-11-19 アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社 動吸振器を備えた回転駆動伝達装置
DE112010006009C5 (de) * 2010-11-19 2019-06-13 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Fahrzeugdämpfungsvorrichtung
KR101358998B1 (ko) 2012-12-14 2014-02-07 한국파워트레인 주식회사 차량용 토크 컨버터
DE102014214553A1 (de) * 2013-08-06 2015-02-12 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Deckelbaugruppe für einen Drehmomentwandler, die eine Antriebsplatte mit einem elastischen Vorspannungselement aufweist
CN104196956B (zh) * 2014-08-28 2016-02-03 河南柴油机重工有限责任公司 一种发动机与传动系统的挠性连接装置
JP6325955B2 (ja) * 2014-09-26 2018-05-16 株式会社Subaru 車両用駆動装置
KR101693988B1 (ko) * 2015-05-14 2017-01-09 현대자동차주식회사 차량의 진동 감쇄 장치

Family Cites Families (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58151734A (ja) * 1982-03-05 1983-09-09 Nec Corp 自己診断手段を備えた受信機
JPS61215830A (ja) * 1985-03-19 1986-09-25 Daikin Mfg Co Ltd ダイナミツクダンパ−付きフライホイ−ル
JPH0243931B2 (ja) * 1985-04-05 1990-10-02 Daikin Mfg Co Ltd Jidoshayodoryokudentatsusochi
JPS6386463U (ja) * 1986-11-26 1988-06-06
JPS6411453A (en) * 1987-07-03 1989-01-17 Nec Corp Automatic answering telephone set
IT1229120B (it) * 1987-08-14 1991-07-22 Zahnradfabrik Friedrichshafen Disco di trascinamento cedevole disposo fra un albero motore di un autoveicolo e di un organo di entrata di un cambio di velocita'
JPH0640997Y2 (ja) * 1988-08-01 1994-10-26 トヨタ自動車株式会社 ダイナミックダンパ付フライホイール
JPH0248637U (ja) * 1988-09-30 1990-04-04
DE69012609T2 (de) * 1989-02-28 1995-04-20 Unisia Jecs Corp Schwungradanordnung für einen Verbrennungsmotor.
JP3162057B2 (ja) * 1989-02-28 2001-04-25 ヴァレオユニシアトランスミッション株式会社 内燃機関のフライホイール
JPH0413847U (ja) * 1990-05-25 1992-02-04
JP3003054B2 (ja) * 1991-03-29 2000-01-24 アイシン精機株式会社 環状部材を備えた円盤組立体および円盤製造方法
US5355747A (en) * 1991-09-04 1994-10-18 Kabushiki Kaisha Daikin Seisakusho Flywheel assembly
US5191810A (en) * 1991-12-23 1993-03-09 Chrysler Corp Vehicle modular clutch attaching arrangement
US5216798A (en) * 1992-02-07 1993-06-08 Cummins Engine Company, Inc. Process for forming a balanced flywheel assembly
JP2760210B2 (ja) * 1992-05-08 1998-05-28 日産自動車株式会社 エンジンのクランク角検出装置
US5195621A (en) * 1992-05-18 1993-03-23 General Motors Corporation Torque converter and clutch with a turbine ring friction interface
US5337867A (en) * 1993-01-13 1994-08-16 Borg-Warner Automotive, Inc. Torque converter having a continuous slip bypass clutch with multiple friction plates
US5515745A (en) * 1993-01-27 1996-05-14 Kabushiki Kaisha Daikin Seisakusho Flywheel assembly with annular elastic body for reducing vibrations
US5323665A (en) * 1993-07-19 1994-06-28 General Motors Corporation Starting vibration damped flexplate flywheel
US5617940A (en) * 1994-02-08 1997-04-08 Exedy Corporation Power transfer apparatus having a vibration dampening mechanism which provides structural support for the apparatus
DE19518678C1 (de) * 1995-05-22 1996-10-31 Fichtel & Sachs Ag Anbindung eines Schwungrades an die Kurbelwelle
JP3339251B2 (ja) * 1995-05-24 2002-10-28 三菱自動車工業株式会社 ダイナミックダンパ
DE19626685A1 (de) * 1995-07-19 1997-01-23 Luk Getriebe Systeme Gmbh Hydrodynamischer Drehmomentwandler
JP3534507B2 (ja) * 1995-11-16 2004-06-07 株式会社エクセディ フレキシブルプレート機構
US5868624A (en) * 1996-02-09 1999-02-09 Exedy Corporation Flex plate and flywheel configuration
DE19627764A1 (de) * 1996-07-10 1998-01-15 Mannesmann Sachs Ag Torsionsschwingungsdämpfer
US5788037A (en) * 1996-07-16 1998-08-04 New Venture Gear, Inc. Integrated clutch transmission
JP3556056B2 (ja) * 1996-09-04 2004-08-18 株式会社エクセディ フレキシブルプレート及びそれを使用したフライホイール組立体
USD402995S (en) 1997-05-30 1998-12-22 Fujikiko Kabushiki Kaisha Drive plate for a motor vehicle
JP3669664B2 (ja) * 1997-07-31 2005-07-13 株式会社エクセディ フライホイール組立体
JPH11311309A (ja) * 1998-04-30 1999-11-09 Unisia Jecs Corp トルクコンバータ

Also Published As

Publication number Publication date
US6301995B1 (en) 2001-10-16
US6283262B1 (en) 2001-09-04
US6119549A (en) 2000-09-19
JPH1130292A (ja) 1999-02-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3679901B2 (ja) フライホイール組立体、及びトルクコンバータ
JPS63251661A (ja) トルクコンバ−タ用のダンパ−装置
JP3556056B2 (ja) フレキシブルプレート及びそれを使用したフライホイール組立体
JP3558462B2 (ja) フライホイール組立体
JPH04211744A (ja) 自動車用動力伝達装置
JP3483158B2 (ja) ダンパー装置、フライホイール組立体及び動力伝達装置
JP3669664B2 (ja) フライホイール組立体
JP4073666B2 (ja) ロックアップ装置付き流体式トルク伝達装置
US6484860B1 (en) Friction torque device with improved damper
KR200206541Y1 (ko) 자동차의 이중질량 진동감쇠 플라이휠
JPS63251664A (ja) トルクコンバ−タ用のダンパ−装置
KR100358515B1 (ko) 자동차의 이중질량 진동감쇠 플라이휠
US5950791A (en) Damper disk assembly
JP2006090528A (ja) 回転軸用制振装置
KR20020044218A (ko) 변속기 입력축 댐퍼를 이용한 엔진의 비틀림 진동저감장치
JP2004028177A (ja) トルク変動吸収ダンパ
JP3588182B2 (ja) フライホイール組立体
US6443284B1 (en) Torsion bar isolator
JP3474624B2 (ja) ダンパー装置
KR101079940B1 (ko) 진동 감쇠를 위한 삼중 질량 플라이휠
JPS5927562Y2 (ja) ト−シヨナルダンパ
KR100602305B1 (ko) 마찰 클러치 디스크용 비틀림 댐퍼
KR20070088925A (ko) 차량용 토크 컨버터
JPS63251663A (ja) トルクコンバ−タ用のダンパ−装置
KR100482445B1 (ko) 차량용 플라이휠

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040310

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040413

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040706

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040903

A911 Transfer to examiner for re-examination before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040909

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050506

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050516

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110520

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110520

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140520

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees