JP3438948B2 - 冷蔵庫 - Google Patents

冷蔵庫

Info

Publication number
JP3438948B2
JP3438948B2 JP14416894A JP14416894A JP3438948B2 JP 3438948 B2 JP3438948 B2 JP 3438948B2 JP 14416894 A JP14416894 A JP 14416894A JP 14416894 A JP14416894 A JP 14416894A JP 3438948 B2 JP3438948 B2 JP 3438948B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
heat insulating
box
refrigerator
thickness
vacuum heat
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP14416894A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0814733A (ja
Inventor
仁彦 権守
朋秋 竹田
昇 藤島
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP14416894A priority Critical patent/JP3438948B2/ja
Publication of JPH0814733A publication Critical patent/JPH0814733A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3438948B2 publication Critical patent/JP3438948B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は冷蔵庫に係り、冷蔵庫本
体の外箱と内箱との間の空間部に発泡断熱材および真空
断熱材を備えた断熱箱体を有する冷蔵庫に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の冷蔵庫としては、例えば
実開昭62−22492号公報に示されたものがある。
その構造を図4,5を参照して説明する。図4は、従来
の冷蔵庫の断熱箱体構造を示す縦断面図、図5は、図4
の断熱箱体における真空断熱材の断面図である。
【0003】図4,5において、1Aは冷蔵庫本体、2
Aは内箱、3Aは外箱、3a、3bは発泡断熱材原液の
注入口、4Aは真空断熱材で、外箱3Aの断熱材側に一
定厚さの真空断熱材4Aがホットメルト等の粘着剤で貼
り付けられている。4dは、真空断熱材4Aの外容器フ
ィルム、4eは、内部に充填する粉末状スペ−サ−、5
はポリウレタン等の発泡断熱材、6は庫内を上下に分割
し、上方に冷凍室7、下方に冷蔵室8を構成する中仕切
り、9は圧縮機、10は蒸発器、11は冷凍室の扉、1
2は冷蔵室の扉である。
【0004】上記真空断熱材4の外容器フィルム4d
は、図5に示すように、2枚のプラスチックフィルムの
4辺を熱溶着で貼り合せたもので、4辺に製造工程上3
0mm〜100mmの長さを成す、熱溶着されたヒレ4
fを有している。このように、外容器フィルム4dは、
熱がフィルムの伝導で裏側に伝わらないように、ヒレ4
fで熱的に遮断されているものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上記従来の冷蔵庫は、
以上説明したように断熱箱体が構成されているので、真
空断熱材4Aの使用時には次のような問題があった。発
泡断熱材5の発泡時の流動抵抗は発泡断熱材の注入口3
a,3bからの流動距離に比例し、流動部断面積に反比
例するものである。換言すれば、注入口より離れるほ
ど、狭い箇所ほど発泡断熱材5は回り難いことになる。
上記真空断熱材4Aが配設された箇所は真空断熱材4A
が配設されていない箇所に比べ、内箱2Aと該真空断熱
材4Aとの間の空間部の距離が狭いため、発泡断熱材5
は流動し難く、そのために、上記真空断熱材4Aの配設
箇所では発泡断熱材5の密度は大きくなり、それに伴い
熱伝導率が悪くなり、断熱性能の低下を招き、真空断熱
材4Aの効果が縮少していた。
【0006】上記問題を改善するために、発泡断熱材5
の全体密度を小さくした場合は、真空断熱材4が配設さ
れていない箇所の密度が小さいために外気温度が低下し
た場合の該箇所の発泡断熱材5の収縮量が大きくなり、
外箱3が歪み、意匠性が低下するという問題があった。
また、真空断熱材4Aが発泡断熱材5の最終充填部近傍
に配設される場合においては、発泡断熱材5の反応(硬
化)が進んだ流動性の低下したフォ−ムが前記したとお
り、内箱2と真空断熱材4Aとの間の空間部距離が狭い
箇所を流れるため、ボイドが生じやすくなっていた。
【0007】本発明は、上記従来技術の問題点を解決す
るためになされたもので、本発明の目的は、真空断熱材
を発泡断熱材の流動性の良くなる形状にし、真空断熱材
が配設されている面の熱漏洩量を減少させ、省電力化を
図ることができ、断熱性能および意匠性に優れた冷蔵庫
を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明に係る冷蔵庫の最も基本的な構成は、断熱箱
体の外箱,内箱間に充填する発泡断熱材の壁厚内に、当
該発泡断熱材の壁厚より小なる厚みを有する真空断熱材
を外箱側に設けてなる冷蔵庫において、前記真空断熱材
は、フォーム化した前記発泡断熱材がその最終充填部に
向かう流れに従って外側の厚みを薄く、前記最終充填部
の近傍の厚みを厚くするように形成されたものである。
【0009】上記目的を達成するために、本発明に係る
冷蔵庫のより具体的な構成は、断熱箱体の外箱,内箱間
に充填する発泡断熱材の壁厚内に、当該発泡断熱材の壁
厚より小なる厚みを有する真空断熱材を外箱側に設けて
なる冷蔵庫において、前記冷蔵庫の直立姿勢における前
記外箱背部の上下に設けた発泡断熱材原液注入口からそ
れぞれ離れる方向に前記真空断熱材の壁厚を厚くするよ
うに形成し、前記真空断熱材の最大厚み部が前記上下の
発泡断熱材原液注入口間のほぼ中央部に位置し、該中央
部の最大厚み部を頂点として前記上下の発泡断熱材原液
注入口方向へ2辺方向に低くなる傾斜を有するように前
記真空断熱材を形成したものである。
【0010】より詳しくは、断熱箱体における真空断熱
材の最大厚み部近傍の内箱にガス抜き穴を設けたこもの
であり、発泡断熱材原液注入口に近い側の真空断熱壁厚
よりも、ガス抜き穴部の真空断熱材壁厚を一段厚くした
ものである。
【0011】
【作用】上記技術的手段による働きは次のとおりであ
る。本発明は、上記した如く真空断熱材の最大肉厚部近
傍にガス抜き穴を設け、発泡断熱材の流動性を良くする
とともに、発泡断熱材の密度が大きくなりがちな部分を
真空断熱材で補い、全体として断熱性能を向上させ、よ
り一層の省電力化を図るものである。また、密度のバラ
ツキが小さくなるため、発泡断熱材の収縮性が均一化
し、歪防止を図ることができる。
【0012】
【実施例】以下、本発明の一実施例を図1ないし図3を
参照して説明する。図1は、本発明の一実施例に係る冷
蔵庫の断熱箱体構造を示す縦断面図、図2は、図1の断
熱箱体における真空断熱材の断面図、図3は、図1の断
熱箱体の発泡断熱材充填経過を示す説明図である。図
中、図4,5と同一符号のものは従来技術と同等部を示
す。
【0013】図において、1は冷蔵庫本体、2は、断熱
箱体を構成する内箱、3は、断熱箱体を構成する外箱、
4は真空断熱材、5は、内箱2,外箱3間に充填する発
泡断熱材である。この発泡断熱材5は、一般にポリオ−
ルとイソシアネ−トの化学反応により生成されるポリウ
レタン等の樹脂である。前記真空断熱材4は、発泡断熱
材5の壁厚内に、部分的に当該発泡断熱材5の壁厚より
小なる厚みを有する図2に示す形状のものである。6
は、庫内を上下に分割し、上方に冷凍室7、下方に冷蔵
室8を構成する中仕切り、9は圧縮機、10は蒸発器、
11は冷凍室の扉、12は冷蔵室の扉である。14は、
断熱箱体における真空断熱材4の最大厚み部近傍の内箱
2に設けたガス抜き穴である。
【0014】3a,3bは、前記外箱3の背部に設けら
れた発泡断熱材5の反応前の原液の注入口で、これら発
泡断熱材原液注入口(以下単に注入口という)3a,3
bは、冷蔵庫の直立姿勢における前記外箱3背部の上
部,下部それぞれに2個づつ設けられている。真空断熱
材4は、図2に示す形状をなしている。真空断熱材4の
外容器フィルム4aは2枚のプラスチックフィルムの4
辺を熱溶着で貼り合せたもので、4辺に製造工程上30
mm〜100mmの長さを成す、熱溶着されたヒレ4f
を有している。すなわち、外容器フィルム4aは熱がフ
ィルムの伝導で裏側に伝わらないように、ヒレ4fで熱
的に遮断されているものである。
【0015】真空断熱材4は、前記外容器フィルム4a
と連通気泡構造を有する発泡断熱材の芯材4bとで構成
されている。芯材4bは、一方側は平面で、他方側は中
央部が高く、2辺方向に低くなる傾斜を有している。該
芯材4bを前記外容器フィルム4aで封した真空断熱材
4は、平面側を外箱3側にホットメルト等(図示せず)
の粘着剤を用いて貼り付けて、その後に、内箱2と外箱
3とによって囲まれる空間部に発泡断熱材5を充填させ
るものである。
【0016】この場合、外箱3と真空断熱材4との間は
密着させていて、発泡断熱材5はこの間には充填され
ず、内箱2と真空断熱材4との空間部および内箱2と外
箱3との空間部にのみ充填される。上記発泡断熱材5の
発泡時には、本実施例によれば、冷蔵庫本体1を開口部
が下向きになった状態にして、注入口3a,3bより発
泡断熱材5の原液が注入され、数分で発泡が完了する。
この間、発泡断熱材5は真空断熱材4が配設された箇所
にも回り込むが、上記真空断熱材4の厚さが注入口3
a,3bからの流動距離に比例して厚くなる形状になっ
ているため、発泡による流動効率が改善され、箱体内の
密度差が小さくなり、ボイドも生じなくなる。
【0017】次に、図3を参照して発泡断熱材5が充填
される過程を説明する。冷蔵庫本体1は、その開口部
(扉がつく側)を下に向けて発泡雇13内に組み込まれ
る。その後、発泡断熱材5の原液注入口3a,3bより
図に示す如く、原液が注入され、5aに示す原液が冷蔵
庫本体1の開口部側の断熱壁体に溜る。この開口部側の
断熱壁体に溜った原液5aは、数秒後、矢印の如く発泡
を開始しフォーム化して行く。これが冷蔵庫本体1の背
面板1a側に至ると図に示す如く真空断熱材4部に至
る。
【0018】真空断熱材4は、図2においても説明した
如く、フォーム化した発泡断熱材が流れやすいよう外側
を薄肉に中央部にいくに従って厚肉になるよう構成し、
断熱フォームの入口となる側の間口を広くしているの
で、内箱に設けたガス抜き穴14に向かって進む真空断
熱材4の最大厚み部に係る厚肉部4c部は、図に示す如
く発泡断熱材5が充填される部分の間隙が他に比較して
小さくなるが、この部分の内箱2にガス抜き穴14が設
けられていることより、この部分にボイド等を作ること
なくスムーズに流れる。
【0019】なお、図2においては、真空断熱材4の形
状を肉薄部から肉厚部を連続する傾斜面で結んだ例で説
明したが、例えば、図示しないが断続的な傾斜面として
も同様の作用効果が得られるものである。
【0020】本実施例によれば、真空断熱材4の最大肉
厚部4c近傍にガス抜き穴14を設け、発泡断熱材5の
流動性を良くするとともに、発泡断熱材5の密度が大き
くなりがちな部分を真空断熱材4で補い、断熱箱体全体
として断熱性能を向上させ、より一層の省電力化を図る
ものである。また、発泡断熱材5の密度のバラツキが小
さくなるため、発泡断熱材5の収縮性が均一化し、冷蔵
庫本体1の歪防止を図ることができる。
【0021】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明によ
れば、真空断熱材を発泡断熱材の流動性の良くなる形状
にし、真空断熱材が配設されている面の熱漏洩量を減少
させ、省電力化を図ることができ、断熱性能および意匠
性に優れた冷蔵庫を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例に係る冷蔵庫の断熱箱体構造
を示す縦断面図である。
【図2】図1の断熱箱体における真空断熱材の断面図で
ある。
【図3】図1の断熱箱体の発泡断熱材充填経過を示す説
明図である。
【図4】従来の冷蔵庫の断熱箱体構造を示す縦断面図で
ある。
【図5】図4の断熱箱体における真空断熱材の断面図で
ある。
【符号の説明】
1…冷蔵庫本体、1a…背面板、2…内箱、3…外箱、
3a,3b…注入口、4…真空断熱材、4a…外容器フ
ィルム、4b…芯材、4c…厚肉部、5…発泡断熱材、
6…中仕切り、13…発泡雇、14…ガス抜き穴。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 権守 仁彦 栃木県下都賀郡大平町大字富田800番地 株式会社日立製作所リビング機器事業 部冷熱本部内 (56)参考文献 特開 昭61−107080(JP,A) 実開 昭59−139888(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) F25D 23/06

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】断熱箱体の外箱,内箱間に充填する発泡断
    熱材の壁厚内に、当該発泡断熱材の壁厚より小なる厚み
    を有する真空断熱材を外箱側に設けてなる冷蔵庫におい
    て、前記真空断熱材は、フォーム化した前記発泡断熱材
    がその最終充填部に向かう流れに従って外側の厚みを薄
    く、前記最終充填部の近傍の厚みを厚くするように形成
    されたことを特徴とする冷蔵庫。
  2. 【請求項2】断熱箱体の外箱,内箱間に充填する発泡断
    熱材の壁厚内に、当該発泡断熱材の壁厚より小なる厚み
    を有する真空断熱材を外箱側に設けてなる冷蔵庫におい
    て、前記冷蔵庫の直立姿勢における前記外箱背部の上下
    に設けた発泡断熱材原液注入口からそれぞれ離れる方向
    に前記真空断熱材の壁厚を厚くするように形成し、前記
    真空断熱材の最大厚み部が前記上下の発泡断熱材原液注
    入口間のほぼ中央部に位置し、該中央部の最大厚み部を
    頂点として前記上下の発泡断熱材原液注入口方向へ2辺
    方向に低くなる傾斜を有するように前記真空断熱材を形
    成したことを特徴とする冷蔵庫。
  3. 【請求項3】断熱箱体における真空断熱材の最大厚み部
    近傍の内箱にガス抜き穴を設けたことを特徴とする請求
    項1または2記載のいずれかの冷蔵庫。
  4. 【請求項4】発泡断熱材原液注入口に近い側の真空断熱
    材壁厚よりも、ガス抜き穴部の真空断熱材壁厚を一段厚
    くしたことを特徴とする請求項3記載の冷蔵庫。
JP14416894A 1994-06-27 1994-06-27 冷蔵庫 Expired - Fee Related JP3438948B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14416894A JP3438948B2 (ja) 1994-06-27 1994-06-27 冷蔵庫

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14416894A JP3438948B2 (ja) 1994-06-27 1994-06-27 冷蔵庫

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0814733A JPH0814733A (ja) 1996-01-19
JP3438948B2 true JP3438948B2 (ja) 2003-08-18

Family

ID=15355787

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14416894A Expired - Fee Related JP3438948B2 (ja) 1994-06-27 1994-06-27 冷蔵庫

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3438948B2 (ja)

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017100037A1 (en) * 2015-12-09 2017-06-15 Whirlpool Corporation Vacuum insulation structures with multiple insulators
US10105931B2 (en) 2014-02-24 2018-10-23 Whirlpool Corporation Multi-section core vacuum insulation panels with hybrid barrier film envelope
US10161669B2 (en) 2015-03-05 2018-12-25 Whirlpool Corporation Attachment arrangement for vacuum insulated door
US10222116B2 (en) 2015-12-08 2019-03-05 Whirlpool Corporation Method and apparatus for forming a vacuum insulated structure for an appliance having a pressing mechanism incorporated within an insulation delivery system
US10345031B2 (en) 2015-07-01 2019-07-09 Whirlpool Corporation Split hybrid insulation structure for an appliance
US10350817B2 (en) 2012-04-11 2019-07-16 Whirlpool Corporation Method to create vacuum insulated cabinets for refrigerators
US10365030B2 (en) 2015-03-02 2019-07-30 Whirlpool Corporation 3D vacuum panel and a folding approach to create the 3D vacuum panel from a 2D vacuum panel of non-uniform thickness
US10422573B2 (en) 2015-12-08 2019-09-24 Whirlpool Corporation Insulation structure for an appliance having a uniformly mixed multi-component insulation material, and a method for even distribution of material combinations therein
US10422569B2 (en) 2015-12-21 2019-09-24 Whirlpool Corporation Vacuum insulated door construction
US10429125B2 (en) 2015-12-08 2019-10-01 Whirlpool Corporation Insulation structure for an appliance having a uniformly mixed multi-component insulation material, and a method for even distribution of material combinations therein
US10514198B2 (en) 2015-12-28 2019-12-24 Whirlpool Corporation Multi-layer gas barrier materials for vacuum insulated structure
US10598424B2 (en) 2016-12-02 2020-03-24 Whirlpool Corporation Hinge support assembly
US10605519B2 (en) 2015-12-08 2020-03-31 Whirlpool Corporation Methods for dispensing and compacting insulation materials into a vacuum sealed structure
US10610985B2 (en) 2015-12-28 2020-04-07 Whirlpool Corporation Multilayer barrier materials with PVD or plasma coating for vacuum insulated structure
US10663217B2 (en) 2012-04-02 2020-05-26 Whirlpool Corporation Vacuum insulated structure tubular cabinet construction
US10712080B2 (en) 2016-04-15 2020-07-14 Whirlpool Corporation Vacuum insulated refrigerator cabinet
US10731915B2 (en) 2015-03-11 2020-08-04 Whirlpool Corporation Self-contained pantry box system for insertion into an appliance
US10807298B2 (en) 2015-12-29 2020-10-20 Whirlpool Corporation Molded gas barrier parts for vacuum insulated structure
US10828844B2 (en) 2014-02-24 2020-11-10 Whirlpool Corporation Vacuum packaged 3D vacuum insulated door structure and method therefor using a tooling fixture
US10907888B2 (en) 2018-06-25 2021-02-02 Whirlpool Corporation Hybrid pigmented hot stitched color liner system
US10907891B2 (en) 2019-02-18 2021-02-02 Whirlpool Corporation Trim breaker for a structural cabinet that incorporates a structural glass contact surface

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3820538B2 (ja) * 1998-10-26 2006-09-13 三菱電機株式会社 断熱箱体の製造方法
MXPA04008768A (es) * 2002-03-13 2004-12-06 Matsushita Refrigeration FRIDGE.
AU2003235312A1 (en) * 2002-04-22 2003-11-03 Matsushita Refrigeration Company Refrigerator
JP5835041B2 (ja) * 2012-03-19 2015-12-24 三菱電機株式会社 貯湯式給湯機の断熱構造体

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10697697B2 (en) 2012-04-02 2020-06-30 Whirlpool Corporation Vacuum insulated door structure and method for the creation thereof
US10663217B2 (en) 2012-04-02 2020-05-26 Whirlpool Corporation Vacuum insulated structure tubular cabinet construction
US10746458B2 (en) 2012-04-02 2020-08-18 Whirlpool Corporation Method of making a folded vacuum insulated structure
US10350817B2 (en) 2012-04-11 2019-07-16 Whirlpool Corporation Method to create vacuum insulated cabinets for refrigerators
US10105931B2 (en) 2014-02-24 2018-10-23 Whirlpool Corporation Multi-section core vacuum insulation panels with hybrid barrier film envelope
US10828844B2 (en) 2014-02-24 2020-11-10 Whirlpool Corporation Vacuum packaged 3D vacuum insulated door structure and method therefor using a tooling fixture
US10365030B2 (en) 2015-03-02 2019-07-30 Whirlpool Corporation 3D vacuum panel and a folding approach to create the 3D vacuum panel from a 2D vacuum panel of non-uniform thickness
US10161669B2 (en) 2015-03-05 2018-12-25 Whirlpool Corporation Attachment arrangement for vacuum insulated door
US10731915B2 (en) 2015-03-11 2020-08-04 Whirlpool Corporation Self-contained pantry box system for insertion into an appliance
US10345031B2 (en) 2015-07-01 2019-07-09 Whirlpool Corporation Split hybrid insulation structure for an appliance
US10429125B2 (en) 2015-12-08 2019-10-01 Whirlpool Corporation Insulation structure for an appliance having a uniformly mixed multi-component insulation material, and a method for even distribution of material combinations therein
US10422573B2 (en) 2015-12-08 2019-09-24 Whirlpool Corporation Insulation structure for an appliance having a uniformly mixed multi-component insulation material, and a method for even distribution of material combinations therein
US10605519B2 (en) 2015-12-08 2020-03-31 Whirlpool Corporation Methods for dispensing and compacting insulation materials into a vacuum sealed structure
US10222116B2 (en) 2015-12-08 2019-03-05 Whirlpool Corporation Method and apparatus for forming a vacuum insulated structure for an appliance having a pressing mechanism incorporated within an insulation delivery system
US10907886B2 (en) 2015-12-08 2021-02-02 Whirlpool Corporation Methods for dispensing and compacting insulation materials into a vacuum sealed structure
US10808987B2 (en) 2015-12-09 2020-10-20 Whirlpool Corporation Vacuum insulation structures with multiple insulators
WO2017100037A1 (en) * 2015-12-09 2017-06-15 Whirlpool Corporation Vacuum insulation structures with multiple insulators
US10422569B2 (en) 2015-12-21 2019-09-24 Whirlpool Corporation Vacuum insulated door construction
US10610985B2 (en) 2015-12-28 2020-04-07 Whirlpool Corporation Multilayer barrier materials with PVD or plasma coating for vacuum insulated structure
US10514198B2 (en) 2015-12-28 2019-12-24 Whirlpool Corporation Multi-layer gas barrier materials for vacuum insulated structure
US10807298B2 (en) 2015-12-29 2020-10-20 Whirlpool Corporation Molded gas barrier parts for vacuum insulated structure
US10712080B2 (en) 2016-04-15 2020-07-14 Whirlpool Corporation Vacuum insulated refrigerator cabinet
US10598424B2 (en) 2016-12-02 2020-03-24 Whirlpool Corporation Hinge support assembly
US10907888B2 (en) 2018-06-25 2021-02-02 Whirlpool Corporation Hybrid pigmented hot stitched color liner system
US10907891B2 (en) 2019-02-18 2021-02-02 Whirlpool Corporation Trim breaker for a structural cabinet that incorporates a structural glass contact surface

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0814733A (ja) 1996-01-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20180045456A1 (en) Method of making a folded vacuum insulated structure
RU2664823C1 (ru) Вакуумный сосуд
US8117792B2 (en) Fixing structure of insulation panel of prefabricated refrigerator and prefabricated refrigerator having the same
EP1275894B1 (en) Heat insulation box, and vacuum heat insulation material used therefor
EP2462393B1 (en) Vacuum insulation member and refrigerator having a vacuum insulation member
JP3968612B2 (ja) 全真空断熱箱体及びその全真空断熱箱体を用いた冷蔵庫並びにその全真空断熱箱体の製造方法及び解体方法
EP0434225B1 (en) Vacuum insulation system for insulating refrigerator cabinets
US6651444B2 (en) Method of deforming vacuum heat insulation material, method of fixing vacuum heat insulation material, refrigeration, cold storage vessel, and heat insulation box body
US5449571A (en) Encapsulations for thermal management system for battery
CA1320631C (en) Method of assembling a refrigerator
RU2443951C2 (ru) Холодильный аппарат
TWI391621B (zh) 冰箱
US8753471B2 (en) Vacuum heat insulating material, method of producing vacuum heat insulating material, and heat insulating box body using vacuum heat insulating material
JP2728318B2 (ja) 真空断熱箱体の製造方法
KR20010022959A (ko) 단열 벽
EP1344008B1 (en) An insulated unit
AU2013238222B2 (en) Heat insulating box, and refrigerator and hot-water storage device each comprising heat insulating box
KR20010043078A (ko) 냉장 장치의 연속식 제조 방법
US20110095669A1 (en) Refrigerator vacuum insulation application
KR100608869B1 (ko) 냉장고 캐비넷의 제조 방법
US6164030A (en) Fixed vacuum insulation panel
US5730516A (en) Container compartment in particular for refrigerators and similar household electrical appliances
JP5677737B2 (ja) 冷蔵庫
JP4696906B2 (ja) 冷蔵庫
EP0967665A1 (en) Thermoelectric converter

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080613

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees