JP3285201B2 - 自生型屋上緑化施工方法 - Google Patents

自生型屋上緑化施工方法

Info

Publication number
JP3285201B2
JP3285201B2 JP31300698A JP31300698A JP3285201B2 JP 3285201 B2 JP3285201 B2 JP 3285201B2 JP 31300698 A JP31300698 A JP 31300698A JP 31300698 A JP31300698 A JP 31300698A JP 3285201 B2 JP3285201 B2 JP 3285201B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mat
water
planting
layer
rooftop
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP31300698A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2000144749A (ja
Inventor
譲治 安達
哲 吉田
▲のぼる▼ 野口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mayekawa Manufacturing Co
Original Assignee
Mayekawa Manufacturing Co
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mayekawa Manufacturing Co filed Critical Mayekawa Manufacturing Co
Priority to JP31300698A priority Critical patent/JP3285201B2/ja
Publication of JP2000144749A publication Critical patent/JP2000144749A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3285201B2 publication Critical patent/JP3285201B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A30/00Adapting or protecting infrastructure or their operation
    • Y02A30/24Structural elements or technologies for improving thermal insulation
    • Y02A30/254Roof garden systems; Roof coverings with high solar reflectance
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B80/00Architectural or constructional elements improving the thermal performance of buildings
    • Y02B80/32Roof garden systems

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は屋上緑化を可能とす
る自生型屋上緑化施工方法に関する。
【0002】
【従来の技術】都市構造の高層化と稠密化に伴い建築物
の屋上、壁面等の人工地盤の緑化が都市緑化空間形成の
重要因子になりつつあることは周知である。上記緑化
は、大気浄化、乾燥防止、温暖化防止、ヒートアイラン
ド現象の緩和など地球温暖化防止への寄与が大きいこと
が認識され、修景も含め住環境形成にとって不可欠の具
備条件となってきており、これらの空間域に対しさまざ
まな関連資財や技術を駆使することによる緑化の努力が
されている。
【0003】従来の屋上緑化は地上表面の植栽物を屋上
でも栽培できるようにしたもので、地上とほぼ同様な維
持管理と、それなりの保守手立や工夫提案がされてい
る。上記提案のなかで、人工地盤の緑化に関するもので
は、特公昭40−1121号公報、特公昭51−218
95号公報にそれぞれ開示された発明がある。上記前者
の発明は、人工的に構築した屋上、橋梁の路上等の人工
地盤上に植栽物を生育させる方法に係るもので、図4
(A)に示すように、人工地盤61上に自然降雨による
水分を保水するための耐蝕性合成樹脂製スポンジ状片6
2を敷設し、その上部に鹿沼土とパーライトの混合層6
3を積層し、その上部に土壌64を積層し、播種または
苗の植え付けを可能としたもので、またその実施例で
は、上記土壌の代わりに土壌改良保水剤、有機物、肥
料、微量要素を配合した培養土を積層している。即ち、
この発明においては、合成樹脂製スポンジマットにより
降雨による水分を保水し、乾燥時に保水した水分を上部
の土壌層を介して植栽物の生育に必要な水分を供給する
ようにしたものである。なお、前記パーライトと鹿沼土
は保水性と通気性とを備えているため、スポンジよりの
水分の補給を円滑にするとともに植栽物の根腐れを防止
する。
【0004】また、後者の発明は、構築物表面詳しくは
家屋の屋根や壁或いは護岸などの表面で芝や苔などの育
成に係わるもので、図4(B)に示すように、例えば工
場の屋根や壁などを利用して緑化を行い、生活環境での
緑化を簡単に且つ効果的に促進させ、構築物に対し断熱
効果を与えるようにしたもので、建屋70の屋根構築物
表面70aに岩綿、石綿、ガラス繊維等よりなる無機繊
維と接着剤との混合物の吹き付けにより所定厚さの無機
繊維層72を形成させ、該無機繊維層72の表面に種子
または胞子と接着剤との混合物を吹き付けて吹き付け層
73を形成させ、該種子または胞子を発芽可能にしたも
のである。なお、本発明の場合は屋根頂部に沿って送水
配管74を設け適宜水、液肥を種子に供給発芽育成する
ようにしている。
【0005】上記二つの提案においては、スポンジ状部
材の使用による給水の維持と、屋根の頂部よりの送水配
管による水と液肥の供給を得て初めて種子の発芽育成を
可能としている。そして、前者の発明においてはスポン
ジ状部材の上に積層した鹿沼土やパーライト等に対し、
雨水による土壌流出の配慮がされていないため、霜、
雨、風などの天候変化に耐える機能に欠け、これらに関
する絶え間ない管理が必要である。また、後者の発明に
あっては、発芽した種子等の育成には液肥の外部よりの
供給が常に必要であり、両者とも放置に近い状態に置く
ことは無理である。また、現状の屋上緑化の状況を見る
場合、地表面上の植栽物と同様の植栽物を使用している
が、地上と同様の植栽物の裁断、雑草の除去等の維持管
理を行うことは困難である。まして、充分な植栽地盤が
確保できず、しかも潅水等の維持管理ができないような
空間条件下での緑化には、屋上緑化から規制される荷重
制限の問題もクリアできる植栽物の選択と、超薄層植栽
基盤の形成、果ては無土壌緑化の出現が求められてい
る。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記課題に
鑑みなされたもので、屋上緑化に使用する植栽物には、
自然の代謝プロセスに従い、水、CO2、無機成分の始
原物質は外部から供給を仰ぎ他は自分で合成したもので
間に合わせ、持続的に世代交代を可能とする生態系を形
成する自生植物を使用し、植栽基盤に対しては通気性、
保水性、排水性を併せ持つ中で、天候変化にも耐え、且
つ軽量薄型の前記生態系に対応できるようにした、自生
型屋上緑化施工方法の提供を目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】そこで、屋根を含む屋上
緑化の施工方法において、屋上の人工地盤へ遮水若しく
は透水シートを貼着し、該遮水若しくは透水シート上に
潅水パイプを設けるとともに、繊維を堆積形成した基盤
マットの繊維間隙に植栽土壌を摺込み充填し一体状とし
たマットに、植栽物を発芽ないし着根させた植生マット
を用意し、 上記植生マットを前記潅水パイプを敷設した
遮水若しくは透水シート上に敷設した後、前記敷設後の
植生マットをボルトネジ状のマット固定具により固定
し、 該固定した植生マットにセダム類をメインにした多
年草の組合せからなる自生植物の苗播を行って既に植生
してある植栽物の間に前記自生植物を混植させ、短時日
の間に屋上緑化を可能としたことを特徴とする。
【0008】上記構成により、屋上人工地盤の緑化に際
しては、別の場所で、植栽土壌を摺込み充填した不織布
状の基盤マットに、植栽物の発芽ないし着根させた育成
済みの植生マットを帯状ないし平板状に用意し、該マッ
トを遮水若しくは透水シートを貼着させた屋上人工地盤
上に敷設し、さらに敷設したマットのコーナ接合部を前
記人工地盤上に固定し、固定した植生マット上に苗播を
して既に植生してある植栽物の間に混植させ2〜3日の
短時日の間に密生した生態系を現出させるようにしたも
のである。即ち、本発明の施工に際しては、当該緑化対
象となる屋上には人工地盤上に遮水若しくは透水シート
の貼着と潅水パイプの配管だけを行えばよく、新たに緑
化用の植栽基盤を造成する必要はなく、該植栽基盤上に
植栽物の播種ないし植え付けを行う必要はなく、外部よ
り別途用意した育成済みの植栽物を持った植生マットを
搬入敷設すれば良く、施工工事は短時日に且つ低コスト
に済む。なお、上記潅水パイプにより必要最小限の給水
を適宜行うようにしてある。また前記マット固定具によ
るマット固定方法が、屋上のコンクリートスラブ上に
は、ネジ穴を有するマット固定金具を固着させ、マット
の敷き詰め後押さえ板を介してセットボルトを前記固定
金具に螺合してマット上部を押圧固定するようにするの
がよい。
【0009】また、請求項1記載の植生マットは厚さ約
30〜60mmで降水時の重量約20〜30Kg/m2
の薄層軽量植栽基盤よりなり、ロール状ないし平板状に
形成し積み重ね輸送と高所搬入及び敷設を容易にすると
ともに、厚さ方向に密度勾配を持ち、通気性、保水性、
透水性を保持して天候の変化に対応できるようにするの
がよい。 具体的には、繊維を堆積形成した基盤マットの
繊維間隙に植栽土壌を摺込み充填し一体状としたマット
は、遮水若しくは透水シートに接触する最下層、中間
層、最上層からなる三層構造とし、最下層の保水部より
中間層の排水部を経て最上層の植栽部に向け密度勾配を
設け、最下層は密、最上層は粗に構成してあるマットで
あり、好ましくは前記三層構造のマットは、最上層の植
栽部は表層より粒度の細かい植栽土壌を繊維間に逐次摺
り込み充填して中間層の排水部付近まで充填し一体構造
とし、また最下層の保水部にはマットの背面より粒度の
粗い植栽土壌を充填し下部を一体構造としてある
【0010】上記発明では、当該施工に使用する植生マ
ットは薄型軽量の植栽基盤より構成しているため、荷重
制限を受ける屋上緑化には最適である。また厚さ方向に
密度勾配を持たしてあるため、下部に保水部を設け中間
に排水部を配設して上部の植栽部に適当な給水と排水が
行える。なお、人工土壌の基盤マットの繊維間隙に摺込
み充填の土壌とマットとの一体化により形成されている
上記植生マットは、霜、雨、風等の天候の変化による植
栽基盤の崩壊や土壌流出等を防止できる。また、マット
に植生されて植物の根が絡むことによって植物が風に飛
ばされる等の不利益が生ずることがない。
【0011】また、請求項1記載の自生植物は、自生の
状態を維持する多年草よりなり、セダム類を中心にして
牧草、ハーブ類の組合せにより低姿勢と低重量化を図る
ようにしたことを特徴とする。
【0012】上記発明により自生する多年草を緑化植栽
物として使用するようにしてあるため、荷重制限と薄層
植栽基盤と潅水等の維持管理の不十分な緑化環境に対応
できる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の好
適な実施形態を例示的に詳しく説明する。但しこの実施
形態に記載されている構成部品の寸法、材質、形状、そ
の相対的配置等は特に特定的な記載がないかぎりは、こ
の発明の範囲をそれに限定する趣旨ではなく、単なる説
明例にすぎない。図1は、本発明の自生型屋上緑化施工
方法の実施例を示す図で、図2は図1の自生型屋上緑化
施工方法に使用する植生マットの固定の状況を示す図
で、図3は図1の自生型屋上緑化施工方法における潅水
排水状況を示す図である。
【0014】図1に示すように、本発明の自生型屋上緑
化方法による建屋屋上の緑化工事に際しては、コンクリ
ートスラブ50上に遮水若しくは透水シート30を貼着
敷設するとともに、必要最小限の給水を可能とする潅水
パイプ20を該遮水若しくは透水シート30上に敷設す
る。ついで、別途用意した育成済みの植栽物14を持つ
植生マット10を、ロール状ないし平板状マットで施工
現場へ搬入敷設する。其の際、植生マット10の最下層
の保水部11を前記遮水若しくは透水シート30に直接
接触するように載置し、最上層の植栽部12を上部に位
置するように配設する。そして、図2に示すように、敷
き詰めた植生マット群10a、10a、10a、10a
同志のコーナ接合部10b(1〜4箇所)の下部のコン
クリートスラブ上には、図1に示すようにマット固定金
具15を固着させ、マットの敷き詰め後マット上部より
爪付押さえ板15aを介してコーナ接合部を持つマット
群(1〜4個)を同時に押圧してセットボルト15bに
よりセットするようにしてある。なお、上記セット方法
は板状マットを敷き詰める場合有効である。ついで、上
記マットの敷き込みセット後、予め刈り取りした植栽物
の茎葉を植生マット10上に手播きする。散布された茎
葉は2〜3日で、マットともに搬入移設されているマッ
ト上の植栽物の間隙に着根混植され、植生マット上に密
生した生態系を急速に現出するようにしてある。
【0015】上記植生マット10は、合成繊維若しくは
ココナッツ繊維を不織布状に堆積して形成された基盤マ
ットの各繊維間に、バークとココピートを含む人工土壌
よりなる植栽土壌を摺り込み充填し一体構造として形成
された、略30〜50mm厚さの薄層植栽基盤である。
図1に見るように、上記植生マットは遮水若しくは透水
シート30に接触する最下層の保水部11より中間層の
排水部13を経て最上層の植栽部12に向け密度勾配を
設け、最下層は密、最上層は粗に構成してある。最上層
の植栽部12は表層より粒度の細かい植栽土壌を繊維間
に逐次摺り込み充填して中間層の排水部13付近まで充
填し一体構造とし、また最下層の保水部11にはマット
の背面より粒度の粗い植栽土壌を充填し下部を一体構造
としてある。そのため、霜、雨、風などの天候の変化に
よる土壌流出や植栽基盤の崩壊を防止する構造にすると
ともに、通気性、排水性、透水性により植栽物の育成に
も対応できる植栽基盤を形成できる。なお、植生マット
10の厚みは前記したように略30〜60mmで降水時
の重量は略20〜30Kg/m2にして、荷重制限をク
リアできるようにしてある。
【0016】図3には、本発明の自生型屋上緑化施工方
法における潅水及び排水の機能状況を示してある。図に
見るように、遮水若しくは透水シート30上には多孔潅
水パイプ20を緑化人工地盤の適当位置に配設して、植
生マット10に必要最小限の給水ができるようにしてあ
る。また、植生マット10には、前記したように保水部
11、排水部13が設けてあり、保水部11の水分が過
剰の場合や降雨により多量の水が植栽部12より入った
場合は、排水部13を介して適宜余剰水分を既設のルー
フドレイン51へドレインフィルタ16を経由排出する
ようにしてある。上記ドレインフィルタ16はフィルタ
固定具16aを介してルーフドレイン51にセットする
構造にしてある。
【0017】上記植生マット10に植生してある植栽物
14は、自生する多年草をいくつかの組合せで使用して
いるが、セダム類をメインとして牧草、ハーブ類の組合
せが低重量化からの好ましい。例えば、屋上緑化に対し
ては、ヨーロッパマンネン、コッシニウム、サカサマン
ネン、キリンソウ、タイトゴメ、メキシコマンネンなど
の組合せが好ましい。
【0018】施工後は自生植物による手の掛からない持
続可能な緑化状態を出現できるようにしてあるが、施工
後の養生管理として、散水は基本的に不要であるが、晴
天が続く場合は適当な散水が必要である。また、施肥は
不要であるが、設置時、根付け化成、ノルチッソ各10
g/m2の施肥をすることが好ましい。
【0019】
【発明の効果】上記構成により、霜、雨、風等の天候の
変化に対応できる薄型軽量植生マットに自生植物を組み
合わせた緑化システムを形成したため、手数の掛からな
い都市構造物の緑化を、短期間に低コストで形成するこ
とができる。即ち、植栽物の育成は容易で、薄層軽量植
栽基盤を形成する植生マットの使用及び軽量の自生植物
の使用により、構築物である建屋に過大な荷重を掛ける
ことがなく、管理が簡単に済む。また、予め植生マット
に育成した植栽物とともに、ロール状ないし板状にして
人工地盤へ移植するため、輸送が簡単で施工は短期間に
済む。また、損傷を受けた場合は、損傷箇所だけ取り外
し簡単に交換できるため、メインテナンスが容易であ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の自生型屋上緑化施工方法の実施例を
示す図である。
【図2】 図1の自生型屋上緑化施工方法に使用する植
生マットの固定の状況を示す図である。
【図3】 図1の自生型屋上緑化施工方法における潅水
及び排水の機能状況を示す図である。
【図4】 従来の人工地盤における植生方法の一実施例
を示す図である。
【符号の説明】
10 植生マット 11 保水部 12 植栽部 13 排水部 14 植栽物 15 マット固定具 20 潅水パイプ 30 遮水若しくは透水シート
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 野口 ▲のぼる▼ 東京都江東区牡丹2丁目13番1号 株式 会社 前川製作所内 (56)参考文献 特開 平9−308370(JP,A) 特開 平10−33053(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) A01G 1/00 303 A01G 1/12

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 屋根を含む屋上緑化の施工方法におい
    て、 屋上の人工地盤へ遮水若しくは透水シートを貼着し、該
    遮水若しくは透水シート上に潅水パイプを設けるととも
    に、繊維を堆積形成した基盤マットの繊維間隙に植栽土壌を
    摺込み充填し一体状としたマットに、植栽物を発芽ない
    し着根させた植生マットを用意し、 上記植生マットを前記潅水パイプを敷設した遮水若しく
    は透水シート上に敷設した後、前記敷設後の植生マット
    をボルトネジ状のマット固定具により固定し、 該固定した植生マットにセダム類をメインにした多年草
    の組合せからなる自生植物の苗播を行って既に植生して
    ある植栽物の間に前記自生植物を混植させ、 短時日の間
    に屋上緑化を可能としたことを特徴とする自生型屋上緑
    化施工方法。
  2. 【請求項2】 繊維を堆積形成した基盤マットの繊維間
    隙に植栽土壌を摺込み充填し一体状としたマットは、遮
    水若しくは透水シートに接触する最下層、中間層、最上
    層からなる三層構造とし、最下層の保水部より中間層の
    排水部を経て最上層の植栽部に向け密度勾配を設け、最
    下層は密、最上層は粗に構成してあるマットであること
    を特徴とする請求項1記載の自生型屋上緑化施工方法。
  3. 【請求項3】 請求項2記載の三層構造のマットは、最
    上層の植栽部は表層より粒度の細かい植栽土壌を繊維間
    に逐次摺り込み充填して中間層の排水部付近まで充填し
    一体構造とし、また最下層の保水部にはマットの背面よ
    り粒度の粗い植栽土壌を充填し下部を一体構造としてあ
    ことを特徴とする請求項1記載の自生型屋上緑化施工
    方法。
  4. 【請求項4】 前記マット固定具によるマット固定方法
    が、屋上のコンクリートスラブ上には、ネジ穴を有する
    マット固定金具を固着させ、マットの敷き詰め後押さえ
    板を介してセットボルトを前記固定金具に螺合してマッ
    ト上部を押圧固定するようにしたことを特徴とする請求
    項1記載の自生型屋上緑化施工方法。
JP31300698A 1998-11-04 1998-11-04 自生型屋上緑化施工方法 Expired - Fee Related JP3285201B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31300698A JP3285201B2 (ja) 1998-11-04 1998-11-04 自生型屋上緑化施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31300698A JP3285201B2 (ja) 1998-11-04 1998-11-04 自生型屋上緑化施工方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000144749A JP2000144749A (ja) 2000-05-26
JP3285201B2 true JP3285201B2 (ja) 2002-05-27

Family

ID=18036107

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31300698A Expired - Fee Related JP3285201B2 (ja) 1998-11-04 1998-11-04 自生型屋上緑化施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3285201B2 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4758553B2 (ja) * 2001-02-05 2011-08-31 株式会社竹中工務店 植栽屋根構造
JP4725558B2 (ja) * 2001-05-14 2011-07-13 株式会社大林組 屋上緑化システム
DE102007036018B4 (de) 2007-07-30 2012-04-19 Igg Internationale Geotextil Gmbh Bewässerungsmatte zur großflächigen Verteilung von Wasser
JP5428242B2 (ja) * 2008-08-26 2014-02-26 株式会社大林組 地下タンク構造
KR101153863B1 (ko) * 2010-04-02 2012-06-18 어번닉스 주식회사 건물의 녹화구조물
KR20150043477A (ko) 2012-09-27 2015-04-22 도요 고무 고교 가부시키가이샤 인공 토양 입자, 인공 토양 단립체, 인공 토양 성형체, 및 상기 인공 토양 성형체를 사용한 녹화용 시트, 벽면 녹화 패널, 및 원예용 블록
JP2014079176A (ja) * 2012-10-15 2014-05-08 Toyota Motor Corp 緑化資材と緑化構造体

Also Published As

Publication number Publication date
JP2000144749A (ja) 2000-05-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5248945B2 (ja) 緑化装置
CN1285254C (zh) 一种用于建筑物平台和屋顶绿化的花槽装置
JP3285201B2 (ja) 自生型屋上緑化施工方法
KR100426321B1 (ko) 옥상 퍼팅 그린 및 그 시공방법
JP2005027608A (ja) 植栽基盤装置
JP3121174B2 (ja) 雨水貯留型植栽地盤
JP3753711B2 (ja) 緑化材料及びその緑化材料を用いた緑化工法
JP3403955B2 (ja) 苗植付け方法とこれに用いる植栽装置。
JP2001054321A (ja) 植栽装置
JP3312687B2 (ja) 人工地盤への植栽物植生方法
KR20090117453A (ko) 인공지반 녹화를 위한 다목적 식생 블럭을 이용한박층녹화방법 및 다목적 식생블럭구조
JPH07150513A (ja) スポーツグラウンド用排水システム及びこのシステムに使用される多孔質層形成ユニット、スポーツグラウンド用排水システムに使用されるパイプユニット並びにスポーツグラウンドの施工方法
JP2002084889A (ja) 屋上緑化用の保水用パッドと植生基盤および屋上の緑化工法
JP3328583B2 (ja) 植栽装置における育苗層構造とこれに用いる育苗マット
JP2002364130A (ja) 軽量保水性断熱屋根
JP2002125451A (ja) 植生マットを用いた緑化工法
JP2002017161A (ja) 緑化装置と建築物における屋上用緑化装置の形成方法
CN211241196U (zh) 一种仙人掌的景观花坛
JPH07327493A (ja) 屋上植物栽培用構造体
JP2000232820A (ja) 建築構造物の緑化方法
JP2003265032A (ja) 軽量屋上緑化施工方法
KR200179211Y1 (ko) 건물 옥상용 퍼팅 그린
JP2003158916A (ja) 建築物の緑化方法
JP2000175554A (ja) 薄層緑化用ネットシステム及びその施工方法
JP6139907B2 (ja) 屋上緑化用敷設板とその製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313117

S202 Request for registration of non-exclusive licence

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R315201

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080308

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080308

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

S805 Written request for registration of cancellation of non-exclusive licence

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R315803

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100308

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100308

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110308

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees