JP3255694B2 - 組付け網戸装置 - Google Patents

組付け網戸装置

Info

Publication number
JP3255694B2
JP3255694B2 JP08752692A JP8752692A JP3255694B2 JP 3255694 B2 JP3255694 B2 JP 3255694B2 JP 08752692 A JP08752692 A JP 08752692A JP 8752692 A JP8752692 A JP 8752692A JP 3255694 B2 JP3255694 B2 JP 3255694B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
movable members
opening
screen door
wire
movable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP08752692A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH05256071A (ja
Inventor
弘一 飛倉
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujisash Co Ltd
Metaco Inc
Original Assignee
Fujisash Co Ltd
Metaco Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=13917445&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP3255694(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application filed by Fujisash Co Ltd, Metaco Inc filed Critical Fujisash Co Ltd
Priority to JP08752692A priority Critical patent/JP3255694B2/ja
Publication of JPH05256071A publication Critical patent/JPH05256071A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3255694B2 publication Critical patent/JP3255694B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Blinds (AREA)
  • Wing Frames And Configurations (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、例えば一般住宅ある
いはオフィスビルなどの建物の窓部等の開口枠に組付け
られる組付け網戸装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の網戸においては、例えば建物の窓
部等の開口枠を形成するサッシ枠に、単体枠の全面に網
目部材が張られた戸本体を、例えば引違い戸と共にスラ
イド自在に組付けてなる構成を有するものがある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来構造の網戸にあっては、使用期間が夏時期など
に限られて短く、しかも、戸本体が全面に網目部材を張
った単体枠からなるために、保管に際して、雨戸収納用
の戸袋が付設されたサッシ枠では、戸袋を保管場所とし
て利用しているものであるが、戸袋が無いものでは、サ
ッシ枠から戸本体を取外して物置に収納したり、テラス
やベランダなどに放置したり、あるいは、そのままサッ
シ枠に組付けた状態で放置しているのが現状である。
【0004】このため、従来では、網戸の保管収納場所
に困り、特に、網戸をサッシ枠に組付けた状態で放置し
てなる場合には、網目部材の網目に塵や埃等が付着して
汚れが目立ち易く、これによって、室内外の美観性を損
なうばかりでなく、例えばテラスやベランダなどに通じ
るサッシ枠に組付けてなるものでは、出入りの邪魔にな
るとともに、網目によって室内への採光量が規制されて
しまう。
【0005】また、網戸の使用に際して、戸本体の幅寸
法が引違い戸の幅寸法に応じて固定されていることか
ら、網戸自体による開閉調整が不可能であり、引違い戸
の開閉幅に応じた網目幅しか使用することができず、こ
れによって、引違い戸の全開状態では、対接する互いの
枠間の密封性を保つことができるが、引違い戸の半開状
態では、互いの枠間のずれによる隙間が生じ、この隙間
から蚊や虫等が室内に侵入するという問題があった。
【0006】
【発明の目的】この発明の目的は、建物の窓部等の開口
枠への組付けが容易にかつ簡便に行なえ、しかも、別途
に保管場所を必要とすることなく保管収納することがで
きるようにするとともに、出入りの邪魔になったり、室
内への採光量を規制することがないようにした組付け網
戸装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記した課題を解決する
ために、この発明は、建物の窓部等の開口枠に組付けら
れる左右横方向にそれぞれ開閉移動可能な第1及び第2
の可動部材を備え、これら第1及び第2の可動部材間
に、前記第1及び第2の可動部材の開閉移動に追従して
折畳み伸縮自在なプリーツ状の網目部材を設けた組付け
網戸装置であって、前記第1及び第2の可動部材の少な
くともいずれか一方に、前記第1及び第2の可動部材の
閉時における網目部材を折畳み状態で収納可能にしたも
のである。
【0008】
【作用】すなわち、この発明は、上記の構成を採用する
ことにより、建物の窓部等の開口枠に組付けられる左右
横方向にそれぞれ開閉移動可能な第1及び第2の可動部
材間に、これら可動部材の開閉移動に追従して折畳み伸
縮自在なプリーツ状の網目部材を設けてなるために、建
物の窓部等の開口枠に固定部材を固定して組付け、か
つ、可動部材を開閉移動自在に組付けるだけで、網戸と
して利用可能になり、しかも、開口枠への組付けが容易
にかつ簡便に行なえる。
【0009】また、第1及び第2の可動部材の開閉移動
に追従して網目部材を中開き状に横引き可能にしてなる
ために、上下縦方向の開閉操作と比較して、子供等のよ
うな背丈の低い者でも容易に開閉操作が行なえるととも
に、引違い戸の開閉幅に応じた開閉調整が可能になる。
【0010】さらに、第1及び第2の可動部材の少なく
ともいずれか一方に、可動部材の閉時における網目部材
を折畳み状態で収納可能にしてなるために、保管場所を
別途に設ける必要がない。
【0011】さらにまた、第1及び第2の可動部材に、
移動方向の揺動を防止するワイヤーテンション機構を設
けてなるために、各々の可動部材の開閉移動操作が円滑
に行なえる。
【0012】
【実施例】以下、この発明を図示の実施例を参照しなが
ら詳細に説明すると、図2はこの発明に係る組付け網戸
装置が組付けられた建物の窓部を示し、図中1は窓部の
開口枠を形成するサッシ枠本体である。
【0013】このサッシ枠本体1は、図3及び図4に示
すように、互いに対向する左右一対の縦枠2,3と上下
横枠4,5とからなる枠組み構成を有するとともに、第
1及び第2の戸枠部6,7と後述する組付け網戸装置本
体10が両開き状に組み込まれる第3の網戸組付け枠部
8とが室内側から室外側に向け順に一体形成されてい
る。
【0014】そして、前記サッシ枠本体1の第1及び第
2の戸枠6,7の上下ガイドレール6A,6B及び7
A,7Bには、左右横方向Xに向け横引き開閉自在な左
右一対の引違い戸100,200が組み込まれている。
【0015】すなわち、上記の組付け網戸装置本体10
は、図1に示すように、第1及び第2の固定部材11,
12と第1及び第2の可動部材13,14を備え、これ
らの第1及び第2の可動部材13,14間には、両端部
15a,15bを前記1及び第2の可動部材13,14
側にそれぞれ固着したポリエステル樹脂等の糸で編成し
てなるプリーツ状の網目部材15が設けられている。
【0016】この網目部材15は、前記第1及び第2の
可動部材13,14の左右横方向の開閉移動(図1、図
2及び図4に示す実線矢印X方向)に追従して折畳み伸
縮自在に中開き状に横引き可能になっているとともに、
前記第1及び第2の可動部材13,14の閉状態におい
て、前記第1及び第2の可動部材13,14に対向させ
た収納空間13A,14Aの少なくともいずれか一方に
折畳み収納可能になっているものである。
【0017】また、前記組付け網戸装置本体10を構成
する第1及び第2の可動部材13,14には、ワイヤー
テンション機構20が設けられ、このワイヤーテンショ
ン機構20は、図5に示すような構成となっている。
【0018】すなわち、一端21aが第1の固定部材1
1の上端部に固定Aされた1本のワイヤー21を、第1
の固定部材11と第1の可動部材13との間に平行に、
かつ、第1の固定部材11と第1の可動部材13との間
の網目部材15の折り目間に交互に通す。
【0019】この第1の網目部材15の折り目間に交互
に通された平行な第1の平行ワイヤー21Aは、第1の
可動部材13の上端部に挿入されて下部に向け折り返さ
れ、この第2の折返しワイヤー21Bは、第1の可動部
材13の下部から第2の可動部材14の下部に向け平行
に延出されるとともに、この第3の平行な延出ワイヤー
21Cを第2の可動部材14内の下部から挿入し、これ
ら第1,第2及び第3のワイヤー21A,21B,21
CとでZ型を呈するように掛け渡す。
【0020】このように、Z型を呈するように掛け渡さ
れて第2の可動部材14内の下部から挿入された第3の
延出ワイヤー21Cは、上方に向け折り返されるととも
に、この第4の折返しワイヤー21Dは、前記第2の可
動部材14の上端部から第2の固定部材12の上端部に
向け平行に延出され、この第5のワイヤー21Eと前記
第3及び第4のワイヤー21C,21DとでZ型を呈す
るように掛け渡す。
【0021】前記第5の平行な延出ワイヤー21Eは、
第2の固定部材12の上端部に挿入されて下方に向け折
り返され、この第6の折返しワイヤー21Fは、前記第
2の固定部材12の下端部から第2の可動部材14の下
端部に向けて平行に延出される。
【0022】この第7の平行な延出ワイヤー21Gは、
前記第2の可動部材14の下端部に再び挿入されて上方
に向け折り返され、この第8の折返しワイヤー21Hを
前記第2の可動部材14の上部から第1の可動部材13
の上部に向けて平行に延出させる。
【0023】さらに、この第9の平行な延出ワイヤー2
1Iは、前記第1の可動部材13の上部から挿入されて
下方に向け折り返され、この第10の折返しワイヤー2
1Jを前記第1の可動部材13の下端部から第1の固定
部材11の下端部に向け平行に延出させ、この第11の
平行な延出ワイヤー21Kと前記第9のワイヤー21I
及び第10のワイヤー21JとでZ型を呈するように掛
け渡す。
【0024】そして、前記第11の平行な延出ワイヤー
21Kの延出端、すなわち、ワイヤー21の他端21b
は、調整装置22に保持され、この調整装置22にてワ
イヤー21の張力が第1及び第2の可動部材13,14
の上下部に均等に作用するように調整した後、前記第2
の固定部材12内に挿入された第6の折返しワイヤー2
1Fの途上を固定具23にて固定Bしてなるものであ
る。
【0025】このように、1本のワイヤー21を組付け
網戸装置本体10の上下に交差させて掛け渡すことによ
り、組付け網戸装置本体10のサッシ枠本体1への組付
け状態において、第1及び第2の可動部材13,14の
開閉移動時に、第1及び第2の可動部材13,14の上
下部に作用する張力の差を相殺して、その移動方向の揺
動を防止し、これによって、第1及び第2の可動部材1
3,14の移動を円滑にし、かつ、任意の位置での停止
を可能にしている。
【0026】ところで、この発明に係る組付け網戸装置
本体10を前記サッシ枠本体1に組付けるには、図1、
図3及び図4に示すように、前記網戸10を構成する第
1及び第2の固定部材11,12の裏面11a,12a
と、前記サッシ枠本体1を構成する左右縦枠2,3の網
戸組付け枠部8を形成する内面2a,3aとの双方に、
ファスナ(商品名:マジックテープ)31,32をそれ
ぞれ取付けておき、このファスナ31,32を介して前
記第1及び第2の固定部材11,12を着脱可能に組付
け得るようになっているものである。
【0027】このようなファスナ31,32による取付
けによって、前記組付け網戸装置本体10のサッシ枠本
体1への組付けを容易にかつ簡便にするとともに、組付
け網戸装置本体10の補修・交換に対する便宜性を図っ
ている。
【0028】なお、上記の実施例においては、建物の開
口枠として、引違い戸用サッシ枠を例にして説明した
が、例えば建物の勝手口などの扉用サッシ枠やサッシ枠
に組み込まれる額縁などにも応用することが可能である
ことは云うまでもない。
【0029】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、この発
明は、建物の窓部等の開口枠に組付けられる左右横方向
にそれぞれ開閉移動可能な第1及び第2の可動部材間
に、これら可動部材の開閉移動に追従して折畳み伸縮自
在なプリーツ状の網目部材を設けてなる構成としてなる
ことから、窓等の開口枠に固定部材を固定して組付け、
かつ、可動部材を開閉移動自在に組付けるだけで、網戸
として利用することができ、しかも、開口枠への組付け
を容易にかつ簡便に行なうことができる。
【0030】また、第1及び第2の可動部材の開閉移動
に追従して網目部材を中開き状に横引き可能にしてなる
ために、上下縦方向の開閉操作と比較して、子供等のよ
うな背丈の低い者でも容易に開閉操作を行なうことがで
きるとともに、引違い戸の開閉幅に応じた開閉調整がで
きる。
【0031】さらに、第1及び第2の可動部材の少なく
ともいずれか一方に、可動部材の閉時における網目部材
を折畳み状態で収納可能にしてなるために、保管場所を
別途に設ける必要がなく、しかも、従前のような出入り
の邪魔になったり、室内への採光量を規制することがな
い。
【0032】また、請求項2において、第1及び第2の
可動部材に、移動方向の揺動を防止するワイヤーテンシ
ョン機構を設けてなるために、可動部材の開閉移動操作
を円滑に行なえるとともに、可動部材を任意の位置で停
止させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明に係る組付け網戸装置の一実施例を示
す斜視図。
【図2】同じく建物の窓部等の開口枠への組付け網戸装
置本体の組付け状態を示す説明図。
【図3】図2のイ−イ線における縦断面図。
【図4】図2のロ−ロ線における横断面図。
【図5】同じく組付け網戸装置本体のワイヤーテンショ
ン機構を概略的に示す説明図。
【符号の説明】
1・・・開口枠(サッシ枠本体)、 10・・・組付け網戸装置本体、 11・・・第1の固定部材、 12・・・第2の固定部材、 13・・・第1の可動部材、 14・・・第2の可動部材、 15・・・網目部材、 20・・・ワイヤーテンション機構、 21・・・ワイヤー、 X・・・開閉方向。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E06B 9/52

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】建物の窓部等の開口枠に組付けられる左右
    横方向にそれぞれ開閉移動可能な第1及び第2の可動部
    材を備え、これら第1及び第2の可動部材間に、前記第
    1及び第2の可動部材の開閉移動に追従して折畳み伸縮
    自在なプリーツ状の網目部材を設けた組付け網戸装置で
    あって、 前記第1及び第2の可動部材の少なくともいずれか一方
    に、前記第1及び第2の可動部材の閉時における網目部
    材を折畳み状態で収納可能にしたことを特徴とする組付
    け網戸装置。
  2. 【請求項2】第1及び第2の可動部材に、移動方向の揺
    動を防止するワイヤーテンション機構を設けたことを特
    徴とする請求項1に記載の組付け網戸装置。
  3. 【請求項3】ワイヤーテンション機構は、第1の固定部
    材と第2の固定部材との間に第1及び第2の可動部材を
    間に存して掛け渡される少なくとも1本のワイヤーから
    なることを特徴とする請求項2記載の組付け網戸装置。
JP08752692A 1992-03-12 1992-03-12 組付け網戸装置 Expired - Fee Related JP3255694B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08752692A JP3255694B2 (ja) 1992-03-12 1992-03-12 組付け網戸装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08752692A JP3255694B2 (ja) 1992-03-12 1992-03-12 組付け網戸装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05256071A JPH05256071A (ja) 1993-10-05
JP3255694B2 true JP3255694B2 (ja) 2002-02-12

Family

ID=13917445

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP08752692A Expired - Fee Related JP3255694B2 (ja) 1992-03-12 1992-03-12 組付け網戸装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3255694B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2575803Y2 (ja) * 1993-11-02 1998-07-02 セイキ販売株式会社 折り畳み式網戸
JP4596654B2 (ja) * 2001-01-23 2010-12-08 立川ブラインド工業株式会社 框の平行移動装置
CN105672820A (zh) * 2016-03-06 2016-06-15 汪学林 上导轨式带纱门的门
CN105672855A (zh) * 2016-03-06 2016-06-15 汪学林 滑杆式带纱门的门

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05256071A (ja) 1993-10-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5351737A (en) Pleated screen device based on wire tension system
JP3255694B2 (ja) 組付け網戸装置
JP3354586B2 (ja) 組付け網戸装置
JP3354584B2 (ja) 組付け網戸装置
JP3295451B2 (ja) 組付け網戸装置の組付構造
JP3222917B2 (ja) 組付け網戸装置のワイヤーテンション調整法
JP3354585B2 (ja) サッシ枠の構造
JP3244762B2 (ja) サッシ枠の構造
JPH06158961A (ja) 網戸装置
KR20220082210A (ko) 장력 조절이 가능한 주름 방충망
JP3222918B2 (ja) 建物の窓構造
JP2820672B2 (ja) 網 戸
JP3260829B2 (ja) 組付け網戸装置の取付構造
JP3222922B2 (ja) 組付け網戸装置のサッシ枠への取付構造
JP2620172B2 (ja) 網 戸
JPH05302486A (ja) サッシ枠の構造
JP2672249B2 (ja) クランク・ワイヤー・システムによるプリーツ状スクリーン装置
JP2820673B2 (ja) 網 戸
JP3222923B2 (ja) 組付け網戸装置のサッシ枠への取付構造
JPH06173554A (ja) 網戸用網の撓み防止装置
JPH06129170A (ja) 組付け網戸装置の組付構造
JPH06193369A (ja) 既成サッシ枠への組付け網戸装置の組付け構造
JPH07166777A (ja) 組付け網戸装置の組付け構造
JP2533604Y2 (ja) 建物用網戸
JP3390974B2 (ja) 中開き組付け網戸装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081130

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081130

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091130

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091130

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101130

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111130

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees