JP3207784B2 - ディスク成形用金型 - Google Patents

ディスク成形用金型

Info

Publication number
JP3207784B2
JP3207784B2 JP13646297A JP13646297A JP3207784B2 JP 3207784 B2 JP3207784 B2 JP 3207784B2 JP 13646297 A JP13646297 A JP 13646297A JP 13646297 A JP13646297 A JP 13646297A JP 3207784 B2 JP3207784 B2 JP 3207784B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fixed
tip
mirror block
side mirror
movable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP13646297A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH10323865A (ja
Inventor
正己 鈴木
雄一 稲田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Seikoh Giken Co Ltd
Sumitomo Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Seikoh Giken Co Ltd
Sumitomo Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seikoh Giken Co Ltd, Sumitomo Heavy Industries Ltd filed Critical Seikoh Giken Co Ltd
Priority to JP13646297A priority Critical patent/JP3207784B2/ja
Publication of JPH10323865A publication Critical patent/JPH10323865A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3207784B2 publication Critical patent/JP3207784B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/26Moulds
    • B29C45/263Moulds with mould wall parts provided with fine grooves or impressions, e.g. for record discs

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ディスク成形用金
型に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、DVD基板を製造する場合、射出
成形機によってディスク基板を成形し、該ディスク基板
を互いに対向させて貼(は)り合わせるようにしてい
る。そして、成形に使用されるディスク成形用金型は固
定金型及び可動金型から成り、型締装置によって可動金
型を固定金型に対して接離させ、型閉じ、型締め及び型
開きを行うようになっている。また、型開きを行う前
に、ディスク基板の原型に対して穴明け加工を施すため
に、前記ディスク成形用金型内に型内ゲートカット機構
が配設される。
【0003】図2は従来の型内ゲートカット機構を備え
たディスク成形用金型の要部断面図、図3は従来のディ
スク成形用金型によって成形されたディスク基板の要部
断面図である。図において、11は固定金型、12は該
固定金型11と対向させて接離自在に配設された可動金
型であり、前記固定金型11及び可動金型12によって
ディスク成形用金型が構成され、両者間にキャビティ空
間17が形成される。
【0004】前記固定金型11は、中央にスプルー16
が形成されたスリーブ状のスプルーブッシュ15、該ス
プルーブッシュ15の外周に配設されたスリーブ状の固
定側ブシュ(雌型カッタ)19、該固定側ブシュ19の
外周に配設されたスリーブ状のインナスタンパホルダ3
3、及び該インナスタンパホルダ33の外周に配設され
るとともに、図示しない固定側ベースプレートに取り付
けられた固定側ミラーブロック18を有する。
【0005】また、前記可動金型12は、前記スプルー
ブッシュ15と対向させて配設されたスプルカットパン
チ(雄型カッタ)36、該スプルカットパンチ36の外
周において、前記固定側ミラーブロック18と対向させ
て配設されるとともに、図示しない可動側ベースプレー
トに取り付けられた可動側ミラーブロック37、及び該
可動側ミラーブロック37の径方向外方に配設され、前
記キャビティ空間17の外周面を構成する図示しないキ
ャビリングを有する。
【0006】図示しない射出ノズルから射出された樹脂
は、スプルー16を通ってキャビティ空間17に充填
(てん)される。そして、該キャビティ空間17内で固
化された樹脂はディスク基板31の原型になる。ところ
で、該ディスク基板31は、一方の面S1が情報面とし
て使用され、前記面S1にディジタル情報が書き込まれ
る。そこで、前記固定金型11には、キャビティ空間1
7に臨ませてスタンパ32が配設され、前記ディスク基
板31を成形したときに、前記スタンパ32によってデ
ィスク基板31の面S1に、ディジタル情報に対応した
凹凸が形成される。
【0007】そして、前記スタンパ32を固定側ミラー
ブロック18に取り付けるために、該固定側ミラーブロ
ック18にインナスタンパホルダ33が固定され、該イ
ンナスタンパホルダ33の外周縁に形成された保持部3
4によって、スタンパ32の内周縁が固定側ミラーブロ
ック18に押し付けられる。ところで、前記保持部34
は、インナスタンパホルダ33の先端面S2より可動金
型12側に突出させることによって形成され、また、固
定側ミラーブロック18にインナスタンパホルダ33を
固定したときに、該インナスタンパホルダ33の先端面
S2とスタンパ32のキャビティ空間17に臨む面S3
とが同一平面上に置かれるように先端面S2が設定され
る。
【0008】また、前記固定側ブシュ19及びスプルカ
ットパンチ36によって、キャビティ空間17内で成形
されたディスク基板31の原型に対して穴明け加工を施
すための型内ゲートカット機構が構成される。そして、
前記固定側ブシュ19の先端に第1の先端面S4が、ス
プルーブッシュ15の先端に第2の先端面S5がそれぞ
れ形成されるとともに、前記第1の先端面S4はインナ
スタンパホルダ33の先端面S2と同一平面上に置か
れ、第2の先端面S5は第1の先端面S4より後方(図
における右方) に設定され、第1、第2の先端面S4、
S5間の段差によってカット穴41が形成される。
【0009】したがって、キャビティ空間17に樹脂が
充填された後に前記スプルカットパンチ36を前進 (図
における右方に移動)させ、スプルカットパンチ36の
先端を前記カット穴41内に進入させると、キャビティ
空間17内で成形されたディスク基板31の原型に穴が
形成される。このようにして、ディスク基板31の原型
に対して穴明け加工を施すことができる。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記従
来のディスク成形用金型においては、前記スプルカット
パンチ36の先端をカット穴41内に進入させたとき、
固定側ブシュ19とスプルカットパンチ36との間に樹
脂が進入し、ディスク基板31の面S1側の穴の内周縁
に、図3に示すようなカットバリ43が形成されてしま
うことがある。
【0011】そして、該カットバリ43が形成された面
S1を対向させて2枚のディスク基板31を貼り合わせ
ると、前記カットバリ43が互いに干渉して貼(はり)
合せ不良が発生したり、貼合せ時にカットバリ43が折
れ曲がってディスク基板31の穴の内周面に突出したり
して、DVD基板の品質を低下させてしまう。本発明
は、前記従来のディスク成形用金型の問題点を解決し
て、2枚のディスク基板を貼り合わせたときに、カット
バリが互いに干渉して貼合せ不良が発生したり、貼合せ
時にカットバリが折れ曲がってディスク基板の穴の内周
面に突出したりして、DVD基板の品質を低下させてし
まうことがないディスク成形用金型を提供することを目
的とする。
【0012】
【課題を解決するための手段】そのために、本発明のデ
ィスク成形用金型においては、固定側ミラーブロック
と、該固定側ミラーブロックより径方向内方に配設され
たインナスタンパホルダと、該インナスタンパホルダに
よって前記固定側ミラーブロックに取り付けられたスタ
ンパと、前記固定側ミラーブロックより径方向内方に配
設され、前記スタンパの面より所定の距離だけ前方に設
定された第1の先端面、及び前記インナスタンパホルダ
の先端面より後方に設定された第2の先端面を備え、第
1、第2の先端面によって段差が形成された固定側カッ
タと、該固定側カッタより径方向内方に配設され、先端
面を備えたスプルーブッシュと、前記固定側ミラーブロ
ックと対向させて配設された可動側ミラーブロックと、
該可動側ミラーブロックより径方向内方に配設され、前
進させることによってディスク基板の原型に穴明け加工
を施す可動側カッタとを有する。
【0013】そして、前記第2の先端面及び前記スプル
ーブッシュの先端面によって、前記可動側カッタの先端
を進入させるためのカット穴が形成される。
【0014】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態につい
て図面を参照しながら詳細に説明する。図1は本発明の
実施の形態における型内ゲートカット機構を備えたディ
スク成形用金型の要部断面図、図4は本発明の実施の形
態におけるディスク成形用金型によって成形されたディ
スク基板の要部断面図である。
【0015】図において、11は固定金型、12は該固
定金型11と対向させて接離自在に配設された可動金型
であり、前記固定金型11及び可動金型12によってデ
ィスク成形用金型が構成され、両者間にキャビティ空間
17が形成される。前記固定金型11は、図示しない固
定側ベースプレートに取り付けられた固定側ミラーブロ
ック18、該固定側ミラーブロック18より径方向内方
に配設されたスリーブ状のインナスタンパホルダ33、
該インナスタンパホルダ33より径方向内方に配設され
た固定側カッタとしてのスリーブ状の固定側ブシュ4
9、及び該固定側ブシュ49より径方向内方に配設さ
れ、中央にスプルー16が形成されたスリーブ状のスプ
ルーブッシュ15を有する。
【0016】また、前記可動金型12は、図示しない可
動側ベースプレートに取り付けられ、前記固定側ミラー
ブロック18と対向させて配設された可動側ミラーブロ
ック37、該可動側ミラーブロック37より径方向内方
において、前記スプルーブッシュ15及び固定側ブシュ
49と対向させて配設された可動側カッタとしてのスプ
ルカットパンチ36、及び前記可動側ミラーブロック3
7の径方向外方に配設され、前記キャビティ空間17の
外周面を構成する図示しないキャビリングを有する。
【0017】図示しない射出ノズルから射出された樹脂
は、スプルー16を通ってキャビティ空間17に充填さ
れる。そして、該キャビティ空間17内で固化された樹
脂はディスク基板51の原型になる。ところで、該ディ
スク基板51は、一方の面S1が情報面として使用さ
れ、該面S1にディジタル情報が書き込まれる。そこ
で、前記固定金型11には、キャビティ空間17に臨ま
せてスタンパ32が配設され、前記ディスク基板51を
成形したときに、前記スタンパ32によってディスク基
板51の面S1に、ディジタル情報に対応した凹凸が形
成される。
【0018】そして、前記スタンパ32を固定側ミラー
ブロック18に取り付けるために、該固定側ミラーブロ
ック18にインナスタンパホルダ33が固定され、該イ
ンナスタンパホルダ33の外周縁に形成された保持部3
4によって、スタンパ32の内周縁が固定側ミラーブロ
ック18に押し付けられる。なお、本実施の形態におい
ては、固定側ミラーブロック18にインナスタンパホル
ダ33を固定するために、前記固定側ミラーブロック1
8とインナスタンパホルダ33とが螺(ら)合させられ
るようになっているが、他の固定手段を使用することも
できる。
【0019】ところで、前記保持部34は、インナスタ
ンパホルダ33の先端面S12より可動金型12側に突
出させることによって形成され、固定側ミラーブロック
18にインナスタンパホルダ33を固定したときに、該
インナスタンパホルダ33の先端面S12がスタンパ3
2のキャビティ空間17に臨む面S3よりわずかに前方
(図における左方) に位置するように設定される。
【0020】なお、前記スタンパ32の面S3と前記デ
ィスク基板51の面S1とが対応するとともに、固定側
ブシュ49の第1の先端面S14とディスク基板51の
面S19とが対応する。そして、前記第1の先端面S1
4をスタンパ32の面S3より所定の距離Hだけ前方に
設定することによって、ディスク基板51の面S1と面
S19との間に距離Hだけの段差が形成される。
【0021】また、前記固定側ブシュ49及びスプルカ
ットパンチ36によって、キャビティ空間17内に成形
されたディスク基板51の原型に対して穴明け加工を施
すための型内ゲートカット機構が構成される。そして、
前記固定側ブシュ49の先端には、外周縁側に前記第1
の先端面S14が、内周縁側に第2の先端面S5がそれ
ぞれ形成されるとともに、前記第1の先端面S14はイ
ンナスタンパホルダ33の先端面S12より前方に、第
2の先端面S5はインナスタンパホルダ33の先端面S
12より後方(図における右方) に設定され、第1、第
2の先端面S14、S5によって段差が形成される。ま
た、前記スプルーブッシュ15の先端面S6は前記第2
の先端面S5と同一平面上に置かれる。このようにし
て、前記第2の先端面S5及び先端面S6によってカッ
ト穴41が形成される。
【0022】したがって、キャビティ空間17に樹脂が
充填された後に前記スプルカットパンチ36を前進 (図
における右方に移動)させ、スプルカットパンチ36の
先端を前記カット穴41内に進入させると、キャビティ
空間17内で成形されたディスク基板51の原型に穴が
形成される。このようにして、ディスク基板51の原型
に対して穴明け加工を施すことができる。
【0023】そして、前記スプルカットパンチ36の先
端をカット穴41内に進入させたとき、固定側ブシュ4
9とスプルカットパンチ36との間に樹脂が進入し、図
4に示すようなカットバリ52がディスク基板51の面
S19側の穴の内周縁に形成されるが、該面S19は、
前記面S1より距離Hだけ後方 (図における左方) に形
成されるので、前記カットバリ52の高さhが距離Hよ
り小さい限り、カットバリ52の先端が面S1より突出
することがない。
【0024】したがって、面S1を対向させて2枚のデ
ィスク基板51を貼り合わせたときに、前記カットバリ
52が互いに干渉することがなく、貼合せ不良が発生し
たり、貼合せ時にカットバリ52が折れ曲がってディス
ク基板51の穴の内周面に突出したりすることがないの
で、DVD基板の品質を向上させることができる。な
お、本発明は前記実施の形態に限定されるものではな
く、本発明の趣旨に基づいて種々変形させることが可能
であり、それらを本発明の範囲から排除するものではな
い。
【0025】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明によ
れば、ディスク成形用金型においては、固定側ミラーブ
ロックと、該固定側ミラーブロックより径方向内方に配
設されたインナスタンパホルダと、該インナスタンパホ
ルダによって前記固定側ミラーブロックに取り付けられ
たスタンパと、前記固定側ミラーブロックより径方向内
方に配設され、前記スタンパの面より所定の距離だけ前
方に設定された第1の先端面、及び前記インナスタンパ
ホルダの先端面より後方に設定された第2の先端面を備
え、第1、第2の先端面によって段差が形成された固定
側カッタと、該固定側カッタより径方向内方に配設さ
れ、先端面を備えたスプルーブッシュと、前記固定側ミ
ラーブロックと対向させて配設された可動側ミラーブロ
ックと、該可動側ミラーブロックより径方向内方に配設
され、前進させることによってディスク基板の原型に穴
明け加工を施す可動側カッタとを有する。
【0026】そして、前記第2の先端面及び前記スプル
ーブッシュの先端面によって、前記可動側カッタの先端
を進入させるためのカット穴が形成される。この場合、
前記可動側カッタの先端をカット穴内に進入させたと
き、固定側カッタと可動側カッタとの間に樹脂が進入
し、カットバリがディスク基板の穴の内周縁に形成され
るが、カットバリの先端がディスク基板の情報面より突
出することがない。
【0027】したがって、2枚のディスク基板を貼り合
わせたときに、前記カットバリが互いに干渉することが
なく、貼合せ不良が発生したり、貼合せ時にカットバリ
が折れ曲がってディスク基板の穴の内周面に突出したり
することがないので、DVD基板の品質を向上させるこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態における型内ゲートカット
機構を備えたディスク成形用金型の要部断面図である。
【図2】従来の型内ゲートカット機構を備えたディスク
成形用金型の要部断面図である。
【図3】従来のディスク成形用金型によって成形された
ディスク基板の要部断面図である。
【図4】本発明の実施の形態におけるディスク成形用金
型によって成形されたディスク基板の要部断面図であ
る。
【符号の説明】
18 固定側ミラーブロック 32 スタンパ 36 スプルカットパンチ 37 可動側ミラーブロック 41 カット穴 49 固定側ブシュ 51 ディスク基板 S3 面 S5 第2の先端面 S14 第1の先端面 H 距離
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平5−185477(JP,A) 特開 平8−112840(JP,A) 特開 平5−293869(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B29C 45/26 - 45/44 B29C 33/00 - 33/76

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 (a)固定側ミラーブロックと、 (b)該固定側ミラーブロックより径方向内方に配設さ
    れたインナスタンパホルダと、 (c)該インナスタンパホルダによって前記固定側ミラ
    ーブロックに取り付けられたスタンパと、 (d)前記固定側ミラーブロックより径方向内方に配設
    され、前記スタンパの面より所定の距離だけ前方に設定
    された第1の先端面、及び前記インナスタンパホルダの
    先端面より後方に設定された第2の先端面を備え、第
    1、第2の先端面によって段差が形成された固定側カッ
    タと、 (e)該固定側カッタより径方向内方に配設され、先端
    面を備えたスプルーブッシュと、 (f)前記固定側ミラーブロックと対向させて配設され
    た可動側ミラーブロックと、 (g)該可動側ミラーブロックより径方向内方に配設さ
    れ、前進させることによってディスク基板の原型に穴明
    け加工を施す可動側カッタとを有するとともに (h)記第2の先端面及び前記スプルーブッシュの先
    端面によって、前記可動側カッタの先端を進入させるた
    めのカット穴が形成されることを特徴とするディスク成
    形用金型。
JP13646297A 1997-05-27 1997-05-27 ディスク成形用金型 Expired - Fee Related JP3207784B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13646297A JP3207784B2 (ja) 1997-05-27 1997-05-27 ディスク成形用金型

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13646297A JP3207784B2 (ja) 1997-05-27 1997-05-27 ディスク成形用金型

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001151160A Division JP3881524B2 (ja) 2001-05-21 2001-05-21 ディスク成形用金型、貼り合わせた基板及びその製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10323865A JPH10323865A (ja) 1998-12-08
JP3207784B2 true JP3207784B2 (ja) 2001-09-10

Family

ID=15175687

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13646297A Expired - Fee Related JP3207784B2 (ja) 1997-05-27 1997-05-27 ディスク成形用金型

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3207784B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7837915B2 (en) 2006-11-01 2010-11-23 Canon Kabushiki Kaisha Injection molding process, resin molded product and mold
US10479903B2 (en) * 2016-01-07 2019-11-19 Showa Aluminum Can Corporation UV-curable inkjet ink composition

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPWO2008069048A1 (ja) * 2006-11-29 2010-03-18 住友重機械工業株式会社 ディスク成形用金型、ディスク基板及びその成形方法
JP2009006615A (ja) * 2007-06-28 2009-01-15 Taiyo Yuden Co Ltd 光ディスクおよび成形用金型装置
EP2633970B1 (en) * 2010-10-29 2016-01-06 Konica Minolta, Inc. Shaping die, microchip manufactured using die, and manufacturing apparatus for manufacturing microchip

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7837915B2 (en) 2006-11-01 2010-11-23 Canon Kabushiki Kaisha Injection molding process, resin molded product and mold
US10479903B2 (en) * 2016-01-07 2019-11-19 Showa Aluminum Can Corporation UV-curable inkjet ink composition

Also Published As

Publication number Publication date
JPH10323865A (ja) 1998-12-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070031533A1 (en) Injection molding method and injection mold
JP3207784B2 (ja) ディスク成形用金型
EP1188536B1 (en) Molding die apparatus, method for molding disc substrate, and disc-shaped recording medium
EP0722818B1 (en) Disc molding die
JP3881524B2 (ja) ディスク成形用金型、貼り合わせた基板及びその製造方法
JP3401795B2 (ja) ディスク基板の製造方法
JP2582420B2 (ja) 光ディスク基板成形用金型
JP2941563B2 (ja) 射出成形用金型装置
JPH10337746A (ja) ディスク成形金型
JP3042977B2 (ja) 貼り合わせ型ディスクとその製造方法およびディスク成形装置
JP3240379B2 (ja) ディスクの射出成形装置並びにディスクの射出成形方法
JP3186404B2 (ja) 薄肉基板及び薄肉基板成形用金型
JP4526502B2 (ja) 情報記録ディスク基板の突出離型方法
JP3524604B2 (ja) ディスク成形金型
JP3383387B2 (ja) 光ディスク用基板及びこの光ディスク用基板の成形用金型
JP3486809B2 (ja) ディスク基板成形型
JP4083446B2 (ja) 貼り合わせ型光記録媒体
JP3077411B2 (ja) 薄肉基板の樹脂成形方法及び樹脂成形金型
JPH10235694A (ja) ディスク成形品の中心孔の形成方法および装置
JPH10193400A (ja) ディスク基板成形用金型及びディスク基板
JPH08142145A (ja) 射出成形用金型及びそれを用いた射出圧縮成形法
JP2003127190A (ja) 射出成形金型装置
JP3277088B2 (ja) 光ディスク成形金型及び光ディスクの製造方法
JP2905413B2 (ja) 射出成形用金型
JPH10235693A (ja) ディスク成形品の成形方法および装置

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20010626

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080706

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080706

Year of fee payment: 7

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080706

Year of fee payment: 7

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080706

Year of fee payment: 7

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080706

Year of fee payment: 7

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080706

Year of fee payment: 7

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees