JP3022792U - 自動旋回、自動昇降2段式駐車機 - Google Patents

自動旋回、自動昇降2段式駐車機

Info

Publication number
JP3022792U
JP3022792U JP1994006149U JP614994U JP3022792U JP 3022792 U JP3022792 U JP 3022792U JP 1994006149 U JP1994006149 U JP 1994006149U JP 614994 U JP614994 U JP 614994U JP 3022792 U JP3022792 U JP 3022792U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
arm
automatic
turning
parking machine
pallet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1994006149U
Other languages
English (en)
Inventor
弘光 勝野
Original Assignee
徳田 泰助
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 徳田 泰助 filed Critical 徳田 泰助
Priority to JP1994006149U priority Critical patent/JP3022792U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3022792U publication Critical patent/JP3022792U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Vehicle Cleaning, Maintenance, Repair, Refitting, And Outriggers (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 2段式駐車機に於いて、 中央車道を進行し
て来た場合、 狭い車道で90°方向転換する事なく機
械で旋回させる。 次に下段駐車を操作せずにアームに
より上段に駐車させる。 【構成】 中央車道を進行して来た車をパレットに乗せ
(1−1)少し浮かせて90°旋回し、 上段へアーム
により吊り上げる(1−2)、 (1−3)。 後退し
て定位置に停止させる(1−4)。 停止後パレットを
横面よりロックをする。以上をリレー.コンピューター
を連動して1連の作業とする。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
車社会の時代で、 高価な土地、 狭い土地の有効利用が急務となり、 車庫不足の時節本考案により業務用、 集合住宅及び個人住宅に到る迄 利用価値は大である。
【0002】
【従来の技術】
従来2段式駐車機は有るが、 上段の出入庫の際は下段の車を出庫させ ないと上段の入庫、 出庫は出来ないので不便である。 下段の所有者 が不在となると使用出来ない。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
イ、下段の車を出し入れをせずに上段に車を乗せる事が出来る。 ロ、運転者がバックで駐車機に駐車させる難技の解消。
【0004】
【課題を解決するための手段】
図1.1−1、 横面より進入したB車、 前方が広い場合は、 1−2の直接後退してパレットに乗る事も可能。 1−2、パレットに乗車後、 スイッチを押す事により50〜 100mm上昇して90°旋回をする。 1−3、旋回が終わるとアームが上昇を始める。 1−4、アームが上昇と共に、 後退を始めて、 定位置に来れ ば停止する。 停止後パレットを両面よりロックをして 固定をする。 以上の1連の動作をリミットスイッチ.リレーをコンピ ューターにより1タッチスイッチボタンで連動させる。 下降の場合は上昇の時と逆の行程を行う。
【0005】
【作用】
この装置により下段のA車をあつかう必要がなく2段駐車が可能となっ た。
【発明の効果】
イ、2段駐車により収容が2倍になった。 ロ、駐車機のパレットに進行方向で入れられるために難技なバック駐 車がなく楽になった。 ハ、アーム1、 アーム2、 とアームを曲げる事により容積も少な くてすむことになった。 ニ、1タッチ操作で、 1連の電気操作が出来るので管理人等不要と なった。
【図面の簡単な説明】
【図1】 進入車から旋回、 吊り上げ、 定位置に移
動をした一連の行程図
【図2】 1.フレーム 7.チェン 2.アーム2 8.スプロケットホイール 3.車輪 9.テークアップメタル 4.アーム1 10.旋回用モーター 5.パレット 11.旋回ギヤー及びフレ止め 6.モーター 12.ロックピン
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成6年9月16日
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】図面の簡単な説明
【補正方法】変更
【補正内容】
【図面の簡単な説明】
【図1】 自動旋回、自動昇降2段式駐車機の使用方
法を表す図。
【図2】 自動旋回、自動昇降2段式駐車機の全体側
面を表す図。
【符号の説明】 1 フレーム 2 アーム 3 車輪 4 アーム 5 パレット 6 モーター 7 チエン 8 スプロケットホイール 9 テークアップメタル 10 旋回用モーター 11 旋回ギヤー及びフレ止め 12 ロックピン

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フレーム(1)後部の減速電動機(6)
    によりフレーム(1)の両側面の溝を利用してチエン
    (7)を環状に廻し、アーム(2)下部の車輪(3)の
    軸と連結し、減速電動機(6)を作動させることにより
    同アーム(2)を前進、後退可能となし、かつ、同アー
    ム(2)の先端に、旋回用モーター(10)を介してパ
    レット(5)を連結し、アーム(2)の平行装置により
    パレット(5)を水平移動したことを特徴とする自動旋
    回、自動昇降2段式駐車機。
  2. 【請求項2】 フレーム(1)後部の減速電動機(6)
    を、チエン(7)と噛合するスプロケットホイール
    (8)と連動連結したことを特徴とする請求項1記載の
    自動旋回、自動昇降2段式駐車機。
  3. 【請求項3】 パレット(5)を90°自動旋回するこ
    とを特徴とする請求項1記載の自動旋回、自動昇降2段
    式駐車機。
JP1994006149U 1994-04-19 1994-04-19 自動旋回、自動昇降2段式駐車機 Expired - Lifetime JP3022792U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1994006149U JP3022792U (ja) 1994-04-19 1994-04-19 自動旋回、自動昇降2段式駐車機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1994006149U JP3022792U (ja) 1994-04-19 1994-04-19 自動旋回、自動昇降2段式駐車機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3022792U true JP3022792U (ja) 1996-04-02

Family

ID=43158084

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1994006149U Expired - Lifetime JP3022792U (ja) 1994-04-19 1994-04-19 自動旋回、自動昇降2段式駐車機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3022792U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107675917A (zh) * 2017-11-16 2018-02-09 广东工业大学 自动升降斜坡双层停车装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107675917A (zh) * 2017-11-16 2018-02-09 广东工业大学 自动升降斜坡双层停车装置
CN107675917B (zh) * 2017-11-16 2023-11-14 广东工业大学 自动升降斜坡双层停车装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3022792U (ja) 自動旋回、自動昇降2段式駐車機
JPS58161632A (ja) トラツククレ−ン
JPH07215695A (ja) フォークリフト形無人搬送車の走行制御装置
CN212243602U (zh) 一种轮胎履带可转换式汽车
JP2779766B2 (ja) 立体駐車装置
CN206319668U (zh) 一种连杆式可升降无避让立体停车位
JPH11152017A (ja) 自動車
CN1116996C (zh) 轮式吊车及连结型车辆
JPS5851655Y2 (ja) 長尺柱運搬用2輪車
CN2455695Y (zh) 牵引式装卸平台
CN213292390U (zh) 一种公路施工用沙子运送小车
JP3003484U (ja) レッカー車
CN214686411U (zh) 一种大空间商用车车架翻转装置
JPH07304596A (ja) フォークリフト
JPH02104404U (ja)
JPS5829120Y2 (ja) 荷役自動車における荷上げ台装置
JPS6339137Y2 (ja)
CN112660223A (zh) 一种自动工程推车
JPH10331467A (ja) 旋回式駐車装置
CN206844756U (zh) 一种立体车库
JPS6347571Y2 (ja)
JPH053286Y2 (ja)
JPS62146767A (ja) 階段昇降荷物運搬機
JPH068390U (ja) 車載用フォークリフト
JPS647094Y2 (ja)