JP2699819B2 - プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法 - Google Patents

プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法

Info

Publication number
JP2699819B2
JP2699819B2 JP20750693A JP20750693A JP2699819B2 JP 2699819 B2 JP2699819 B2 JP 2699819B2 JP 20750693 A JP20750693 A JP 20750693A JP 20750693 A JP20750693 A JP 20750693A JP 2699819 B2 JP2699819 B2 JP 2699819B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
precast reinforced
reinforced concrete
concrete
foundation block
block
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP20750693A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0762674A (ja
Inventor
光男 多田
耕作 住田
正浩 池崎
Original Assignee
鹿島建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 鹿島建設株式会社 filed Critical 鹿島建設株式会社
Priority to JP20750693A priority Critical patent/JP2699819B2/ja
Publication of JPH0762674A publication Critical patent/JPH0762674A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2699819B2 publication Critical patent/JP2699819B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、プレキャスト鉄筋コン
クリート基礎ブロックの構築方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、基礎を構築するには専ら現場打ち
コンクリートによる施工法が採用され、捨てコンクリー
ト上に基礎コンクリート用および柱コンクリート用の配
筋をした後基礎コンクリートの形状に合わせて型枠を組
み、コンクリートを打設する方法で行われている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の現場打ちコンク
リートによる施工法では、配筋や型枠を組み立てに多く
の手間と時間を要するのでその合理化が求められてい
る。この合理化のため基礎コンクリートをプレキャスト
鉄筋コンクリート基礎ブロックで置き換えることが考え
られるが、実際基礎ブロックを捨てコンクリートに直接
設置すると、捨てコンクリートと基礎ブロックの接触面
に空隙を生じ、基礎ブロックが受け持つ力(鉛直力、水
平力)を均等に地盤に伝達できないという事態が生ずる
ためプレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの使用
は諦めているのが現状である。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、プレキャスト
鉄筋コンクリート基礎ブロックを捨てコンクリートに空
隙を生ずることなく接合することによって、従来の現場
打ちコンクリートによる基礎の構築をプレキャスト鉄筋
コンクリート基礎ブロックに置き換えることを可能にし
作業の合理化を図るものである。
【0005】即ち、本発明は、捨てコンクリート上に設
けられた堤で囲まれた内部一面にセメントペーストもし
くは高流動性セメントモルタルを溜めておき、その上
に、底面全面に格子状の溝を刻んだプレキャスト鉄筋コ
ンクリート基礎ブロックを載置した後セメントペースト
もしくは高流動性モルタルを硬化させることを特徴とす
るプレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方
法にかかるものである。
【0006】本発明の第1の要点はプレキャスト鉄筋コ
ンクリート基礎ブロックの底面の形状にあり、底面全面
に格子状の溝を刻んだ点である。格子状の溝を設けてお
くことにより基礎ブロックを捨てコンクリート上に載置
しセメントペーストもしくは高流動性モルタルで接合す
る際に基礎ブロックと捨てコンクリートとの間に挟まれ
て残存する空気を外部へ排出し易くし、なおも残存する
空気は溝内に閉じ込められる。これによって基礎ブロッ
クと捨てコンクリートとの接触面での空隙の発生は防止
される。基礎ブロック底面に刻まれる溝は基礎ブロック
の大きさにもよるが通常は幅10〜40mm程度、深さ1
0〜40mm程度であり、幅の2〜10倍程度の間隔で格
子状に刻まれている。溝に側面は直立面よりは斜面とす
るのが好ましい。何れにしても基礎ブロックと捨てコン
クリートとの間に挟まれて残存する空気を十分収容し得
る容積の格子状の溝が刻まれる。溝の間隔は底面全面に
ついて同一である必要はなく中央部を密にし周辺部を粗
にしてもよい。かかる底面形状の基礎ブロックは製造の
際に使用する型枠に対応する突起を設けておくことによ
り容易に製造される。
【0007】本発明の第2の要点は、捨てコンクリート
上に堤で囲んだ領域をもうけその中にセメントペースト
もしくは高流動性セメントモルタルを溜めておき、その
セメントペーストもしくは高流動性セメントモルタルで
基礎ブロックと捨てコンクリートとを接合する点であ
る。接合時にセメントペーストもしくは高流動性セメン
トモルタルは基礎ブロックの底面の溝にも進入させるこ
とが好ましいので十分な流動性が必要である。設けられ
る堤の高さは20〜60mm程度であり、その中に10〜
40mm程度の深さでセメントペーストもしくは高流動性
セメントモルタルを溜めておく。堤としては通常のゴム
やプラスチックの管を用いるのが簡便であり、この管は
所定の場所に接着剤で接着される。
【0008】
【実施例】以下図面を参照しながら本発明を説明する。
【0009】図1は本発明で使用するプレキャスト鉄筋
コンクリート基礎ブロックの一例を示し、(a)は底面
図、(b)は立面図、(c)は底面拡大図である。
【0010】プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロッ
ク3は所定の鉄筋を配筋した型枠にコンクリートを打設
して工場で製造されたもので底面に溝7が格子状に刻ま
れており、溝7の側面は斜面となっている。上面には柱
筋5が突出し、吊りフック6が埋設されている。
【0011】図2はプレキャスト鉄筋コンクリート基礎
ブロックの構築時の一例を示す斜視図である。
【0012】捨てコンクリート1の上にゴム管が堤2と
して接着され、その堤内にセメントペースト4が平均深
さ20mmに溜められている。プレキャスト鉄筋コンクリ
ート基礎ブロック3がクレーン(図示せず)により吊り
フック6を利用して吊り下げられ堤内に載置される。セ
メントペースト4が硬化してプレキャスト鉄筋コンクリ
ート基礎ブロック3は捨てコンクリート1に空隙を生ず
ることなく接合される。
【0013】構築された2箇所の基礎ブロック3の間に
プレキャスト鉄筋コンクリート基礎梁(図示せず)を載
架し、基礎ブロック3に埋設された柱筋の箇所でプレキ
ャスト鉄筋コンクリート基礎梁に埋設された鉄筋を利用
して現場打ちコンクリートにより連結すると基礎梁の施
工にもプレキャスト鉄筋コンクリート製品を使用するこ
とが可能となり、作業の一層の合理化が図られる。
【0014】
【発明の効果】本発明により、プレキャスト鉄筋コンク
リート基礎ブロックを捨てコンクリートに空隙を生ずる
ことなく接合することができるので、従来の現場作業を
プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックに置き換え
ることが可能となり作業の合理化が図られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明で使用するプレキャスト鉄筋コンクリー
ト基礎ブロックの一例を示し、(a)は底面図、(b)
は立面図、(c)は底面拡大図である。
【図2】プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの
構築時の一例を示す斜視図である。
【符号の説明】
1・・捨てコンクリート、2・・堤、3・・プレキャス
ト鉄筋コンクリート基礎ブロック、4・・セメントペー
スト、5・・柱筋、6・・吊りフック、7・・溝

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 捨てコンクリート上に設けられた堤で囲
    まれた内部一面にセメントペーストもしくは高流動性セ
    メントモルタルを溜めておき、その上に、底面全面に格
    子状の溝を刻んだプレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブ
    ロックを載置した後セメントペーストもしくは高流動性
    モルタルを硬化させることを特徴とするプレキャスト鉄
    筋コンクリート基礎ブロックの構築方法。
JP20750693A 1993-08-23 1993-08-23 プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法 Expired - Fee Related JP2699819B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20750693A JP2699819B2 (ja) 1993-08-23 1993-08-23 プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20750693A JP2699819B2 (ja) 1993-08-23 1993-08-23 プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0762674A JPH0762674A (ja) 1995-03-07
JP2699819B2 true JP2699819B2 (ja) 1998-01-19

Family

ID=16540854

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20750693A Expired - Fee Related JP2699819B2 (ja) 1993-08-23 1993-08-23 プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2699819B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103510530A (zh) * 2013-10-15 2014-01-15 合肥工业大学 一种叠合墙板嵌入式基础及其实施方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3848997B2 (ja) * 2001-10-22 2006-11-22 株式会社別所工業 鉄骨設置用ベース部材及びその製造方法ならびに鉄骨設置用ベース部材を用いた鉄骨の設置方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103510530A (zh) * 2013-10-15 2014-01-15 合肥工业大学 一种叠合墙板嵌入式基础及其实施方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0762674A (ja) 1995-03-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2699819B2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート基礎ブロックの構築方法
JPH0579049A (ja) 地下躯体工事における梁、スラブの構築工法
JP2647016B2 (ja) 階段の施工方法
KR102102919B1 (ko) 옹벽구조물 및 그 시공방법
JPH08177059A (ja) 基礎用ブロック及びこの基礎ブロックを用いた布基礎一体化工法
JP4611108B2 (ja) 杭と柱の一体化施工方法
JPH11107293A (ja) 建物の基礎構造、その基礎施工方法及び基礎用ブロック
JP2552435B2 (ja) 擁壁の設置方法
JP4045623B2 (ja) 鉄筋コンクリート地下階の施工方法及びこの方法で施工された地下構造
JPH07138972A (ja) 地下躯体の構築法
JP2544683B2 (ja) 地下構造物の構築方法
JPH05287759A (ja) 鉄筋コンクリート基礎梁の構築法
JP4119315B2 (ja) 独立基礎の構築工法
JPH0688342A (ja) 柱の構築方法
JPH07113220B2 (ja) 梁の構築工法
JP2647012B2 (ja) 階段板とその製造方法およびその型枠装置
JP4283378B2 (ja) 放射線遮蔽性能を要求される部材厚の大きい躯体の施工方法
JP3197848B2 (ja) 擁壁用ブロック及び該ブロックを用いた擁壁施工法
JP2004225291A (ja) 耐震壁の施工方法
JP2724734B2 (ja) コンクリートブロック及びその擁壁工事方法
JP2004316078A (ja) 法面型枠ブロック及びその構築方法
JP2001200636A (ja) 階段構築方法およびその装置
JP2616207B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁を用いた建築構法
JPH06315920A (ja) コンクリートブロックの製造方法
JPH10280432A (ja) ユニット式建物の基礎および基礎打設方法

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19970826

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees