JP2007218043A - 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具 - Google Patents

木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具 Download PDF

Info

Publication number
JP2007218043A
JP2007218043A JP2006042749A JP2006042749A JP2007218043A JP 2007218043 A JP2007218043 A JP 2007218043A JP 2006042749 A JP2006042749 A JP 2006042749A JP 2006042749 A JP2006042749 A JP 2006042749A JP 2007218043 A JP2007218043 A JP 2007218043A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
column
plate
wooden
core plate
joint
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006042749A
Other languages
English (en)
Inventor
Seiji Hosokawa
清司 細川
Original Assignee
Seiji Hosokawa
清司 細川
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiji Hosokawa, 清司 細川 filed Critical Seiji Hosokawa
Priority to JP2006042749A priority Critical patent/JP2007218043A/ja
Publication of JP2007218043A publication Critical patent/JP2007218043A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 木質柱が揺振力でひび割れや座屈を起こすのを阻止し,かつ経年変化で縮径または拡径したときにも対応できる木造建築物における接合緊締用金具。
【解決手段】 柱支持台a上の起立板10と柱用芯板1,柱用押当板dを備え,柱用芯板1が雌螺条を有する螺孔11を列設し,その螺孔11の雌螺条に螺合する雄螺条15を有する貫通係止ボルトcを備えてなる柱脚構造用金具Aと,L形枠23の柱当接板22の両側に梁用芯板24と柱用芯板25を設立した金具本体e,梁用当接板f,柱用押当板gおよび複数の貫通係止ボルトhを備えてなり,その貫通係止ボルトhが上記梁用芯板24の螺孔29に螺合する雄螺条30を有する木造建築物における柱・梁接合構造用金具Eとで構成される木造建築物における接合緊締用金具。
【選択図】 図14

Description

本発明は,木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具に関する。
木造建築物において二つの木質材を繋ぎ合わせる接合部分としては,柱と土台との接合部分,柱と梁(桁)との接合部分等があるが,これらの接合部分をどのような接合緊締用金具を使用し,どのような接合緊締構造とするかについて,既に様々なものが提案されている。
柱と土台の接合部分を例にみると,上面に芯板を直立した鋼材製の柱支持台を布基礎上にアンカーボルトで固定し,柱を,その下端部に掘削形成してある嵌合溝を上記芯板に嵌合した状態で上記柱支持台上に設立させ,ドリフトピンまたはボルト・ナットにより,その柱の下端部と芯板とを結合固定した構成のもの(特許文献1〜3)等がある。
また,柱と梁の接合部分を例にみると,柱の側面に所要の形状にした接合金具主体を固定するとともに,その接合金具主体に梁の端部を嵌合し,かつこれら接合金具主体と梁との間に楔片を打ち込むことにより,梁の全体を柱側に移動させ,その柱の側面に圧接緊締状態にするもの(特許文献4)や,上記接合金具主体の中央窓孔内に植設したボルトに螺合してあるナットを,そのボルトの先端側に螺進することにより梁全体を柱側に移動させ,その柱の側面に圧接緊締状態にするもの(特許文献5)等がある。
特開2001−107456号公報 特開2003−213803号公報 特開平9−310413号公報 実開平3−82703号公報 実開平3−92201号公報
しかしながら,上記柱と土台の接合部分の接合緊締構造(柱脚構造)は,全体として剛体構造をなし,柱を柱支持台上に強固に設立しているとはいえ,地震等による揺振力が上記芯板の長さ方向に作用したときに比べ,厚さ方向に作用したときは脆弱であり,また,地震等による揺振力は,当然ながら,上記芯板の長さ方向や厚さ方向に常に直角に作用するとは限らず,これら両方向とは異なるあらゆる方向から作用する可能性があるが,そのようなときにはねじれ現象が起きることになる。
しかも,上記の揺振力が作用した場合,柱支持台と布基礎とは,その固定関係を損なうことは少ないとしても,柱は上記芯板および柱支持台との間にねじれ現象を起こし,その大きさや反復回数等により,ひび割れしたり座屈したりするおそれがある。
また,上記柱と梁の接合緊締構造において,楔片を打ち込んで緊締するタイプの接合構造では,柱と梁の必要にして十分な緊締強度は,楔片の適度な打ち込み度合(あるいは深さ)によってもたらされ,それが不足であっても過剰であってもならないものであるが,それは専ら熟練者の勘に頼りながら定性的に把握されているにすぎないのに対し,上記ナットをボルトの先端側に螺進して緊締するタイプの接合緊締構造は,その構造の緊締強度を定量的に把握でき,構築管理等を合理的に行えるという利点がある。
しかし、上記のようにナットをボルトの先端側に螺進することによる緊締は,その最終緊締位置がボルトの先端に近いほど,ボルトの根元に作用させる剪断力を大にする。また,木材の乾燥や振動に起因してボルトによる緊締が緩んだ場合には,当該ナットをさらに螺進して緊締しなおさない限り,緩んだままで放置されることになり,特に地震対策上好ましくないものである。
本発明の目的の一つは,このナットをボルトの先端側に螺進して緊締するタイプの接合緊締構造の改良に関し,上記欠点を解消することにある。
一般に梁や柱は,それが丸太からの製材であるとき当初含水率約30%を経年低下させて縮径し,集成材であるとき当初含水率約7%を経年増加させて拡径するが,このような経年変化にともなう梁と柱の接合部の接合度合の変化,柱と柱支持台またはその上面の芯板との間の嵌合度または密着度の変化に,上記従来公知の構造のものでは全く対応しきれない。
本発明の他の目的は,第1に,従来に比べ梁と柱の接合度合,また,柱支持台と柱との結合固定を一層強固にすること,第2に,地震等による揺振力が何れの方向から作用した場合においても,梁や柱がひび割れや座屈を起こすのを阻止すること,第3に,柱が経年変化で縮径または拡径した場合には,梁や柱の結合固定関係を最も適切な状態に追従維持することができるようにすることにある。
請求項1記載の本発明の構成は次のとおりである。
ア) 内部を補強用の仕切り板6により仕切った鋼材製で角形短筒体をなす柱支持台aに,その天板2の上面中央に上記仕切り板6と対応一致させて起立した柱用芯板1と,その柱用芯板1の一側端面に当接しかつ天板2の一側辺縁部に起立した起立板10とからなる柱受枠bを一体に設けている。
イ) 上記天板2の他側辺縁部において上記柱用芯板1の他側端面にボルトとナットにより脱着自在に取り付けられ,上記起立板10に柱用芯板1を挟んで平行に対向し,これらの起立板10および柱用芯板1とで平面工の字形をなす柱用押当板dを備えている。
ウ) 上記柱用芯板1は,内周面に雌螺条を刻設した複数の螺孔11・ ・ ・を所要の間隔で縦横に列設するとともに,端面に複数本の横ボルト12・ ・ ・を同じく所要の間隔で列設している。
エ) 上記螺孔11の雌螺条に螺合する雄螺条15を中央所要長さ部分に刻設形成した複数の貫通係止ボルトcを備えていることを特徴とする木造建築物における柱脚構造用金具である。
請求項2記載の本発明の構成は次のとおりである。
ア) 木質柱Cが,その下端部の中央に,上記請求項1に係る柱脚構造用金具の柱受枠bの柱用芯板1を受入する縦設溝17を形成するとともに,外周の対向両側面にそれぞれ上記起立板10,柱用押当板dを受入する切欠段部18,19を形成し,かつ,これら切欠段部18と19の間の部分に,複数のボルト用長孔20・ ・ ・を上記縦設溝17と直交する状態にして縦横に配列している。
イ) 上記柱受枠bの柱用芯板1と起立板10を,それぞれ木質柱Cの縦設溝17と切欠段部18に挿入または嵌合して,木質柱Cの底面を柱支持台aの天板2上に乗載している。
ウ) 上記柱用押当板dを,そのボルト孔13・・・を上記横ボルト12・・・に嵌めて上記切欠段部19に嵌入するとともにナット締めしている。
エ) 木質柱Cの上記ボルト用長孔20・ ・ ・の各々に,その一側から貫通係止ボルトcを挿入し,その雄螺条15を螺孔11・ ・ ・の雌螺条に噛合させてなることを特徴とする木造建築物における柱脚構造である。
請求項3記載の本発明の構成は次のとおりである。
ア) 底板21の一側の端縁21′を残した内方部位に柱当接板22を設立してなるL形枠23の内方中央において上記底板21と柱当接板22との間に梁用芯板24を設立支持するとともに,上記L形枠23の外方中央において上記端縁21′と柱当接板22との間に柱用芯板25を設立支持してなる鋼材製の金具本体eと,梁用当接板f,柱用押当板gおよび複数の貫通係止ボルトhとからなる。
イ) 上記金具本体eの上記梁用芯板24は,内周面に雌螺条を刻設した複数の螺孔29・ ・ ・を所要の間隔で列設するとともに,該梁用芯板24の上端面に複数の縦設ボルト26・ ・ ・を植立している。
ウ) 上記金具本体eの上記柱用芯板25は,その外端面に複数の横設ボルト32・ ・ ・を所要の間隔で植設している。
エ) 上記梁用当接板fは,上記縦設ボルト26・ ・ ・の各々と嵌合する複数の透孔27・ ・ ・を所要の間隔で開設している。
オ) 上記柱用押当板gは,上記柱用芯板25の外端面に所要の間隔で植立した横設ボルト32・ ・ ・の各々に嵌合する複数の透孔33・ ・ ・を所要の間隔で植設している。
カ) 上記貫通係止ボルトhは,その中央所要長さ部分に,上記螺孔29の雌螺条に螺合する雄螺条30を刻設形成していることを特徴とする木造建築物における柱・梁接合構造用金具である。
請求項4記載の本発明の構成は次のとおりである。
ア) 木質柱Cが,木質梁Gを接合する部分C′の中央内部に,上記請求項3に係る柱・梁接合構造用金具の上記柱用芯板25を受入する縦設溝35を形成するとともに,上記部分C′の外周面に,上記縦設溝35の前後両端開口に連続する角形凹処36,37を形成し,上記角形凹処36の下辺部分に横溝36′を連続形成している。
イ) 木質梁Gが,上記木質柱Cに接合する端部38の中央内部に,上記柱・梁接合構造用金具の梁用芯板24を受入する縦設溝39を形成するとともに,上記端部38の上面と下面に縦設溝39の上下両開口に連続する角形凹処40,41を形成し,かつ,上記端部38には,上記縦設溝39を横断するようにして複数のボルト用長孔42・ ・ ・を,上記梁用芯板24の複数の螺孔29・ ・ ・と同じ配置で横設貫通させている。
ウ) 上記柱・梁接合構造用金具の金具本体eの柱用芯板25を木質柱Cの縦設溝35に受入させ,横設ボルト32・ ・ ・を角形凹処37に突出させ,かつ,柱当接板22を角形凹処36に嵌入するとともに,底板21の端縁21′を横溝36′に嵌入し,透孔33・ ・ ・から突出する横設ボルト32・ ・ ・にナット34・ ・ ・を螺合緊締することによって,上記柱・梁接合構造用金具を木質柱Cの所定位置に取り付けている。
エ) 上記柱・梁接合構造用金具の金具本体eの梁用芯板24に,木質梁Gの端部38の上記縦設溝39を嵌合させるとともに,該端部38の底面の角形凹処41を金具本体eの底板21に嵌合し,かつ,上記縦設溝39に連続する上記角形凹処40に嵌合した梁用当接板fの透孔27・ ・ ・から突出する上記縦設ボルト26・ ・ ・をナット締めしている。
オ) 木質梁Gの端部38 のボルト用長孔42・ ・ ・の各々に,その一側から挿入した貫通係止ボルトhの雄螺条30を上記梁用芯板24の上記螺孔29・ ・ ・の雌螺条に噛合させてなることを特徴とする柱・梁接合構造である。
請求項5記載の本発明の構成は,請求項1記載の柱脚構造用金具(A)と請求項3記載の柱・梁接合構造用金具(E)とからなることを特徴とする木造建築物における接合緊締用金具である。
請求項6記載の本発明の構成は,請求項2記載の木造建築物における柱脚構造(D)と請求項4記載の木造建築物における柱・梁接合構造(F)とからなることを特徴とする木造建築物における接合緊締構造である。
本発明によれば,従来に比べ梁と柱の接合度合,また,柱支持台と柱との結合固定を一層強固にし,また,地震等による揺振力が何れの方向から作用した場合においても,梁や柱がひび割れや座屈を起こすのを阻止すること,さらには,柱が経年変化で縮径または拡径した場合には,梁や柱の結合固定関係を最も適切な状態に追従維持することができる。
以下に図示の実施例について詳述する。
以下に本発明の実施例を図面を参照しながら詳述する。
図1〜6は,木造建築物における柱と土台の接合部分である柱脚構造とその柱脚構造用金具を示している。
Aは柱脚構造用金具で,概括的には,布基礎B上に乗載固定する鋼材製の柱支持台aと,これと一体な同じく鋼材製の柱受枠bと,この柱受枠bの柱用芯板1と木質柱Cの下端部とを貫通係止する複数本の貫通係止ボルトcと,上記柱用芯板1の端面に取外し自在に取り付ける柱用押当板dとからなる。
上記柱脚構造用金具Aにより木質柱Cを起立支持した構造が柱脚構造Dで,その詳細を,上記柱支持台a,柱受枠b等の構成とともに具体的に説明すると次のとおりである。
鋼材製の上記柱支持台aは,各々正方形状の天板2,底板3および外側板4,5で形成された角形短筒体内を補強用の仕切り板6により2分してなる。
この柱支持台aは,布基礎Bに植設したアンカーボルト7,7(一方のみ図示)を上記底板3のボルト孔8,8を通じ突出させ,その突出端部にナット9,9を螺合緊締することにより,布基礎B上に固定される(図6,14)。
鋼材製の上記柱受枠bは,柱支持台aの天板2の上面中央に上記仕切り板6と対応一致させて起立した上記柱用芯板1と,この柱用芯板1の一側端面に当接するとともに天板2の一側辺縁部に起立した,起立板10とからなり,天板2の他側辺縁部において柱用芯板1の端面に柱用押当板dを脱着自在に取り付け,上記起立板10に柱用芯板1を挟んで平行に対向させることができる。
上記柱用芯板1,柱用押当板dおよび起立板10は,上記天板2等と同大の正方形状をなしている。
また,上記柱用芯板1は,内周面に雌螺条を刻設した複数の螺孔11・ ・ ・を所要の間隔で縦横に列設するとともに,端面に複数本の横ボルト12・ ・ ・を同じく所要の間隔で列設している。
上記貫通係止ボルトcは,上記各正方形状の一辺の長さと同じ長さを有するとともに,その中央所要長さ部分に,上記螺孔11の雌螺条に螺合する雄螺条15を刻設形成し,かつ,少なくとも一側端面にレンチ係合部16を有する。
上記柱用押当板dは,中央縦線に沿って所要の間隔で透孔13・ ・ ・を設けていて,その各透孔13・ ・ ・を上記横ボルト12・ ・ ・に嵌合し,ナット14・ ・ ・により,柱用芯板1の端面に脱着自在に取り付けられ,それによって,該柱用押当板dは柱受枠bの柱用芯板1および起立板10とで平面工の字形をなす。
木質柱Cの下端部は,その中央に,柱受枠bの柱用芯板1を受入する縦設溝17を掘削形成するとともに,この縦設溝17と直交する対向両側面にそれぞれ上記起立板10,柱用押当板dを受入する切欠段部18,19を形成し,さらに,これら切欠段部18と19の間の部分には,複数のボルト用長孔20・ ・ ・を,上記縦設溝17と直交する状態にしてかつ所要の間隔で縦横に列設している。
この木質柱Cの下端部と上記柱受枠bとは次のようにして嵌着する。
柱受枠bの柱用芯板1と起立板10を,木質柱Cの縦設溝17と切欠段部18に挿入または嵌合して,木質柱Cの下端部の底面を柱支持台aの天板2上に乗載する(図3)。
そして,上記柱用押当板dを,そのボルト孔13・・・を横ボルト12・・・に嵌めつつ,上記切欠段部19に嵌入するとともに,その横ボルト12・・・にナット14・・・を緊締することにより,柱用押当板dを切欠段部19の内面に密接する状態において柱用芯板1の端面に取り付ける。
さらに,木質柱Cのボルト用長孔20・ ・ ・の各々に,その一側から貫通係止ボルトcを回転させつつ挿入し,雄螺条15を螺孔11・ ・ ・の雌螺条に噛合させ,各貫通係止ボルトcの両側端面を木質柱Cの外周対向面に位置させる。
このようにして,木質柱Cの下端部と柱脚構造用金具Aとが,上下,前後および左右のいずれにも偏倚しない一体的関係をなして取り付けられ,かつ,木質柱Cは,その柱脚構造用金具Aを介して布基礎B上に強固に起立保持されることになる(図4〜6)。
上記構成の柱脚構造Dにおいて,木質柱Cに地震等による揺振力が加わった場合,木質柱Cの下端部と一体的関係をなしかつ柱支持台aとも一体をなす柱受枠bが,その柱用芯板1および起立板10と上記柱用押当板dが平面工の字形をなした状態において協働して対抗し,その木質柱Cがび割れや座屈を起こすのを阻止する。
また,木質柱Cが,経年変化にともない柱受枠bの起立板10や柱用芯板1との間の嵌合度または密着度に変化を生じたときには,横ボルト12・・・に螺合しているナット14・・・の緊締度を調整することにより,常に最も適切な状態を維持することができる。
なお,上記では,柱支持台aとして,角形短筒体の内部を仕切り板6で左右または前後に仕切るものについて説明したが,強度をより一層強固にするために,角形短筒体の内部を十字に仕切ることも当然可能である。
次に,図7〜13により,木造建築物における柱と梁(または桁,以下同じ。)の接合に使用する柱・梁接合構造用金具Eと,それを使用してなる柱・梁接合構造Fについて説明する。
まず,柱・梁接合構造用金具Eは,概括的には,長四角形の底板21の長手方向一側の端縁21′を残した内方部位に柱当接板22を設立してなるL形枠23の内方中央において上記底板21と柱当接板22との間に梁用芯板24を設立支持するとともに,上記L形枠23の外方中央において上記端縁21′と柱当接板22との間に柱用芯板25を設立支持してなる鋼材製の金具本体e,長四角形の梁用当接板f,柱用押当板gおよび複数の貫通係止ボルトh等から構成される。
上記金具本体eの梁用芯板24の上端面に縦設ボルト26・ ・ ・を所要の間隔で植立し,上記梁用当接板fは,その中央に上記縦設ボルト26・ ・ ・に嵌合する透孔27・ ・ ・を所要の間隔で開設している。なお,28は上記縦設ボルト26・ ・ ・に螺合するナットと座金ある。
また,上記梁用芯板24は,内周面に雌螺条を刻設した複数の螺孔29・ ・ ・を所要の間隔で縦横に列設し,上記複数の貫通係止ボルトhは,各々,その中央所要長さ部分に,上記螺孔29の雌螺条に螺合する雄螺条30を刻設形成し,かつ,少なくとも一側端面にレンチ係合部31を有する。
上記金具本体eの柱用芯板25は,その端面に複数の横設ボルト32・ ・ ・を所要の間隔で列設し,柱用押当板gは,上記横設ボルト32・ ・ ・に嵌合する複数の透孔33・ ・ ・を列設している。34・ ・ ・は各横設ボルト32・ ・ ・に螺合するナットである。
次に,前記木質柱Cは,木質梁Gを接合する部分C′の中央内部に,柱・梁接合構造用金具Eの上記柱用芯板25を受入する縦設溝35を掘削形成し,さらに上記部分C′の外周面に,縦設溝35の前後両端開口に連続する角形凹処36,37を対向する状態にして掘削形成している。36′は上記角形凹処36の下辺部分に連続形成した横溝である。
木質梁Gは,木質柱Cに接合する端部38の中央内部に,柱・梁接合構造用金具Eの上記梁用芯板24を受入する縦設溝39掘削形成している。
また,木質梁Gは,端部38の上面と下面に,縦設溝39の上下両開口に連続する角形凹処40,41を対向する状態にして掘削形成し,その角形凹処40に上記梁用当接板fが一致嵌合し,角形凹処41には上記L形枠23の底板21が一致嵌合するようにしてある。
さらに,上記端部38には,上記縦設溝39を横断するようにして複数のボルト用長孔42・ ・ ・を,上記梁用芯板24の複数の螺孔29・ ・ ・と同じ配置で横設貫通させている。
本発明柱・梁接合構造Fは,木質柱Cに木質梁Gの端部38を接合緊締してなるもので,それにはまず,上記構成の柱・梁接合構造用金具Eを木質柱Cに対し次のように取り付ける。
すなわち,上記金具本体eの柱用芯板25を木質柱Cの縦設溝35に受入させることにより,横設ボルト32・ ・ ・を角形凹処37に突出させ,かつ,柱当接板22を角形凹処36に嵌入するとともに,底板21端縁21′を横溝36′に嵌入する(図9)。
そして,上記柱用押当板gを上記角形凹処35に嵌入し,横設ボルト32・ ・ ・を透孔33・ ・ ・から突出させ,その横設ボルト32・ ・ ・の各々にナット34・ ・ ・を螺合し緊締する。
これにより,柱・梁接合構造用金具Eが木質柱Cの所定位置にしっかりと取り付け固定される(図10)。
木質梁Gは,上記柱・梁接合構造用金具Eの金具本体eに対し次のように取り付けられる。
すなわち,木質梁Gの端部38を金具本体eに向けその上方から降下させ,該端部38の縦設溝39を金具本体eの梁用芯板24に嵌合させるとともに,該端部38の底面の角形凹処41を金具本体eの底板21に嵌合し,かつ,梁用芯板24に植立した縦設ボルト26・ ・ ・を,縦設溝39に連続する上記角形凹処40を通じその上方に突出させる。
これにより,木質梁Gの端部38のボルト用長孔42・ ・ ・が梁用芯板24のボルト孔29・ ・ ・に一致連通する(図9,10)。
また,上記梁用当接板fを,上記角形凹処40に嵌入し,上記縦設ボルト26・ ・ ・を透孔27・ ・ ・から突出させ,その縦設ボルト26・ ・ ・の各々にナット28・ ・ ・を螺進し緊締する。
さらに,木質梁Gのボルト用長孔42・ ・ ・の各々に,その一側から貫通係止ボルトhを回転させつつ挿入し,その雄螺条30を梁用芯板24の上記螺孔29・ ・ ・の雌螺条に噛合させ,各貫通係止ボルトhの両側端面を木質柱Cの外周対向面に位置させる(図11)。
これによって,木質梁Gと木質柱Cが一体的関係においてしっかりと接合緊締され,所期の柱・梁接合構造Fが構成される(図12,13)。
上記構成の本発明柱・梁接合構造Fおいては,第1に,柱・梁接合構造用金具Eの金具本体eが,その柱用芯板24を木質柱Cの縦設溝39に受入させ,柱当接板22を角形凹処36に嵌入し,かつ,底板21の端縁21′を横溝36′に嵌入するとともに,柱用押当板gを角形凹処37に嵌入し,それを横ボルト32・ ・ ・に螺合するナット34・ ・ ・で緊締することにより,該柱・梁接合構造用金具Eが木質柱Cの所定位置に取り付け固定される。
第2に,その柱・梁接合構造用金具Eに対し,木質梁Gが,その端部38の縦設溝39を金具本体eの梁用芯板24に嵌合させ,該端部38の底面の角形凹処41を金具本体eの底板21に嵌合し,さらに,角形凹処40に嵌入した梁用当接板fを,ナット28・ ・ ・により緊締し,かつ,木質梁Gのボルト用長孔42・ ・ ・の各々に挿入した貫通係止ボルトhの雄螺条30を梁用芯板24の螺孔29の雌螺条に緊密に噛合させることにより,すなわち,上記柱・梁接合構造用金具Eを介して,木質梁Gが木質柱Cの所要部位にしっかりと接合緊締される。
また,木質柱Cや木質梁Gが,経年変化にともない上記金具本体eの柱用芯板25の嵌合度または密着度に変化を生じたときには,当該ナットによる緊締度を調整することにより,常に最も適切な状態を維持することができる。
本発明を構成する柱脚構造用金具の分解斜視図である。 当接板を除く上記柱脚構造用金具を木質柱の下端に対向配置した状態の斜視図である。 上記柱脚構造用金具を木質柱の下端に取り付けている状態の斜視図である。 同上の縦断面図である。 同じく同上の断面図で,ナットを緊締し,取付けを終えた状態を示す。 木質柱に取り付けた上記柱脚構造用金具の柱支持台を布基礎にアンカー止めした状態の斜視図である。 本発明を構成する柱・梁接合構造用金具の分解斜視図である。 木質柱の梁接合部の斜視図である。 上記木質柱の梁接合部に柱・梁接合構造用金具を取り付けている状態の斜視図である。 上記木質柱の梁接合部に取り付けた柱・梁接合構造用金具に梁を取り付けている状態の斜視図である。 同上の要部断面図である。 上記木質柱の梁接合部に取り付けた柱・梁接合構造用金具に梁を取り付け終えた状態の斜視図である。 同上の断面図である。 上記柱脚構造用金具および柱・梁接合構造用金具からなる本発明接合緊締用金具による本発明木造建築物における接合緊締構造の透過斜視図である。
符号の説明
A 柱脚構造用金具
C 木質柱
C′ 部分
D 柱脚構造
E 柱・梁接合構造用金具
F 柱・梁接合構造
G 木質梁
a 柱支持台
b 柱受枠
c 貫通係止ボルト
d 柱用押当板
e 金具本体
f 梁用当接板
g 柱用押当板
h 貫通係止ボル
1 柱用芯板
2 天板
6 仕切り板
10 起立板
11 螺孔
12 横ボルト
13 ボルト孔
15 雄螺条
17 縦設溝
18 切欠段部
19 切欠段部
20 ボルト用長孔
21 底板
21′ 端縁
22 柱当接板
23 L形枠
24 梁用芯板
25 柱用芯板
27 透孔
29 螺孔
30 雄螺条
32 横設ボルト
33 透孔
34 ナット
35 縦設溝
36 角形凹処
36′ 横溝
37 角形凹処
38 端部
39 縦設溝
40 角形凹処
41 角形凹処
42 ボルト用長孔

Claims (6)

  1. ア. 内部を補強用の仕切り板(6)により仕切った鋼材製で角形短筒体をなす柱支持台(a)に,その天板(2)の上面中央に上記仕切り板(6)と対応一致させて起立した柱用芯板(1)と,その柱用芯板(1)の一側端面に当接しかつ天板(2)の一側辺縁部に起立した起立板(10)とからなる柱受枠(b)を一体に設け,
    イ. 上記天板(2)の他側辺縁部において上記柱用芯板(1)の他側端面にボルトとナットにより脱着自在に取り付けられ,上記起立板(10)に柱用芯板(1)を挟んで平行に対向し,これら起立板(10)および柱用芯板(1)とで平面工の字形をなす柱用押当板(d)を備え,
    ウ. 上記柱用芯板(1)は,内周面に雌螺条を刻設した複数の螺孔(11・ ・ ・)を所要の間隔で縦横に列設するとともに,端面に複数本の横ボルト(12・ ・ ・)を同じく所要の間隔で列設し,
    エ. かつ,上記螺孔(11)の雌螺条に螺合する雄螺条(15)を中央所要長さ部分に刻設形成した複数の貫通係止ボルト(c)を備えていることを特徴とする木造建築物における柱脚構造用金具。
  2. ア. 木質柱(C)が,その下端部の中央に,上記柱脚構造用金具の柱受枠(b)の柱用芯板(1)を受入する縦設溝(17)を形成するとともに,外周の対向両側面にそれぞれ上記起立板(10),柱用押当板(d)を受入する切欠段部(18,19)を形成し,かつ,これら切欠段部(18)と(19)の間の部分に,複数のボルト用長孔(20・ ・ ・)を上記縦設溝(17)と直交する状態にして縦横に配列し,
    イ. 上記柱受枠(b)の柱用芯板(1)と起立板(10)を,それぞれ木質柱(C)の縦設溝(17)と切欠段部(18)に挿入または嵌合して,木質柱(C)の底面を柱支持台(a)の天板(2)上に乗載し,
    ウ. 上記柱用押当板(d)を,そのボルト孔(13・ ・ ・)を上記横ボルト(12・ ・ ・)に嵌めて上記切欠段部(19)に嵌入するとともにナット締めし,
    エ. 木質柱(C)の上記ボルト用長孔(20・ ・ ・)の各々に,その一側から貫通係止ボルト(c)を挿入し,その雄螺条(15)を螺孔(11・ ・ ・)の雌螺条に噛合させてなることを特徴とする木造建築物における柱脚構造。
  3. ア. 底板(21)の一側の端縁(21′)を残した内方部位に柱当接板(22)を設立してなるL形枠(23)の内方中央において上記底板(21)と柱当接板(22)との間に梁用芯板(24)を設立支持するとともに,上記L形枠(23)の外方中央において上記端縁(21′)と柱当接板(22)との間に柱用芯板(25)を設立支持してなる鋼材製の金具本体(e)と,梁用当接板(f),柱用押当板(g)および複数の貫通係止ボルト(h)とからなり,
    イ. 上記金具本体(e)の上記梁用芯板(24)は,内周面に雌螺条を刻設した複数の螺孔(29・ ・ ・)を所要の間隔で列設するとともに,該梁用芯板(24)の上端面に複数の縦設ボルト(26・ ・ ・)を植立し,
    ウ. 上記金具本体(e)の上記柱用芯板(25)は,その外端面に複数の横設ボルト(32・ ・ ・)を所要の間隔で植設し,
    エ. 上記梁用当接板(f)は,上記縦設ボルト(26・ ・ ・)の各々と嵌合する複数の透孔(27・ ・ ・)を所要の間隔で開設し,
    オ. 上記柱用押当板(g)は,上記柱用芯板(25)の外端面に所要の間隔で植立した横設ボルト(32・ ・ ・)の各々に嵌合する複数の透孔(33・ ・ ・)を所要の間隔で植設し,
    カ. 上記貫通係止ボルト(h)は,その中央所要長さ部分に,上記螺孔(29)の雌螺条に螺合する雄螺条(30)を刻設形成していることを特徴とする木造建築物における柱・梁接合構造用金具。
  4. ア. 木質柱(C)が,木質梁(G)を接合する部分(C′)の中央内部に,上記柱・梁接合構造用金具の上記柱用芯板(25)を受入する縦設溝(35)を形成するとともに,上記部分(C′)の外周面に,上記縦設溝(35)の前後両端開口に連続する角形凹処(36,37)を形成し,上記角形凹処(36)の下辺部分に横溝(36′)を連続形成し,
    イ. 木質梁(G)が,上記木質柱(C)に接合する端部(38)の中央内部に,上記柱・梁接合構造用金具の梁用芯板(24)を受入する縦設溝(39)を形成するとともに,上記端部(38)の上面と下面に縦設溝(39)の上下両開口に連続する角形凹処(40,41)を形成し,かつ,上記端部(38)には,上記縦設溝(39)を横断するようにして複数のボルト用長孔(42・ ・ ・)を,上記梁用芯板(24)の複数の螺孔(29・ ・ ・)と同じ配置で横設貫通させ,
    ウ. 上記柱・梁接合構造用金具の金具本体(e)の柱用芯板(25)を木質柱(C)の縦設溝(35)に受入させ,横設ボルト(32・ ・ ・)を角形凹処(37)に突出させ,かつ,柱当接板(22)を角形凹処(36)に嵌入するとともに,底板(21)の端縁(21′)を横溝(36′)に嵌入し,透孔(33・ ・ ・)から突出する横設ボルト(32・ ・ ・)にナット(34・ ・ ・)を螺合緊締することによって,上記柱・梁接合構造用金具を木質柱(C)の所定位置に取り付け,
    エ. 上記柱・梁接合構造用金具の金具本体(e)の梁用芯板(24)に,木質梁(G)の端部(38)の上記縦設溝(39)を嵌合させるとともに,該端部(38)の底面の角形凹処(41)を金具本体(e)の底板(21)に嵌合し,かつ,上記縦設溝(39)に連続する上記角形凹処(40)に嵌合した梁用当接板(f)の透孔(27・ ・ ・)から突出する上記縦設ボルト(26・ ・ ・)をナット締めし,
    オ. かつ,木質梁(G)の端部(38)のボルト用長孔(42・ ・ ・)の各々に,その一側から挿入した貫通係止ボルト(h)の雄螺条(30)を上記梁用芯板(24)の上記螺孔(29・ ・ ・)の雌螺条に噛合させてなることを特徴とする柱・梁接合構造。
  5. 請求項1記載の柱脚構造用金具(A)と請求項3記載の柱・梁接合構造用金具(E)とからなることを特徴とする木造建築物における接合緊締用金具。
  6. 請求項2記載の木造建築物における柱脚構造(D)と請求項4記載の木造建築物における柱・梁接合構造(F)とからなることを特徴とする木造建築物における接合緊締構造。
JP2006042749A 2006-02-20 2006-02-20 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具 Pending JP2007218043A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006042749A JP2007218043A (ja) 2006-02-20 2006-02-20 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006042749A JP2007218043A (ja) 2006-02-20 2006-02-20 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007218043A true JP2007218043A (ja) 2007-08-30

Family

ID=38495616

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006042749A Pending JP2007218043A (ja) 2006-02-20 2006-02-20 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007218043A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4847616B1 (ja) * 2011-03-09 2011-12-28 幹夫 田代 木質構造の剛接合金物
CZ304707B6 (cs) * 2013-03-21 2014-09-03 Vysoká škola technická a ekonomická v Českých Budějovicích Lineární trámový spoj

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4847616B1 (ja) * 2011-03-09 2011-12-28 幹夫 田代 木質構造の剛接合金物
JP2012188816A (ja) * 2011-03-09 2012-10-04 Mikio Tashiro 木質構造の剛接合金物
CZ304707B6 (cs) * 2013-03-21 2014-09-03 Vysoká škola technická a ekonomická v Českých Budějovicích Lineární trámový spoj

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6532713B2 (en) Joint structure for joining composite beam and column
JP5430497B2 (ja) 締結具
JP3041271B2 (ja) 木造接合工法
JP5203101B2 (ja) 木製筋交の角部取付け構造
JP5567994B2 (ja) 連結具
JP2004244941A (ja) 接合具及びそれを用いた構造部材の仕口接合構造並びに構造部材の接合方法
JP2007218043A (ja) 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具
JP2010059765A (ja) 土台と柱の締結構造
JP5415464B2 (ja) 連結構造
JP4080419B2 (ja) 柱梁接合部における接合金具の取付構造
JP2007218041A (ja) 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具
JP5385314B2 (ja) 連結構造
JP2006161443A (ja) 免震装置の取付具
JP2006177108A (ja) 部材固定具
JP3409137B2 (ja) 木造軸組における耐力壁構造
JP2007218042A (ja) 木造建築物における接合緊締構造とその金具,柱脚構造とその金具,および柱・梁接合構造とその金具
JP2659154B2 (ja) 柱と梁との連結方法および連結金具
JP3209111U (ja) たて枠材およびスチールハウス
JP2798239B2 (ja) 建材の結合具
JP2017101414A (ja) テンションロッドの取り付け構造
JP2016199942A (ja) 建築用接合金具
JP2008007997A (ja) 木造建築物の仕口構造及び仕口金具
JP2007146631A (ja) 接続用金物、建物の補強構造
JP2008163651A (ja) 木造建築物における接合緊締構造とその金具
JP2004270446A (ja) 構造材の結合構造

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20080205

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20080311

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20080312

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20090127