JP2003201225A - エアゾール型クリーム状染毛剤 - Google Patents

エアゾール型クリーム状染毛剤

Info

Publication number
JP2003201225A
JP2003201225A JP2002156916A JP2002156916A JP2003201225A JP 2003201225 A JP2003201225 A JP 2003201225A JP 2002156916 A JP2002156916 A JP 2002156916A JP 2002156916 A JP2002156916 A JP 2002156916A JP 2003201225 A JP2003201225 A JP 2003201225A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hair dye
aerosol
agent
mass
inner bag
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002156916A
Other languages
English (en)
Inventor
Masakazu Shinkai
政和 新開
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kanebo Ltd
Original Assignee
Kanebo Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kanebo Ltd filed Critical Kanebo Ltd
Priority to JP2002156916A priority Critical patent/JP2003201225A/ja
Publication of JP2003201225A publication Critical patent/JP2003201225A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】内袋を有した耐圧容器の内袋内部にクリーム状
染毛剤が充填され、更に、内袋と耐圧容器間に圧縮ガス
が充填されたエアゾール型クリーム状染毛剤において、
原液の乳化安定性が良好で、噴出する時その噴出量が経
時で安定であることを特徴とするエアゾール型クリーム
状染毛剤を提供する。 【解決手段】内袋を有した耐圧容器の内袋内部にクリー
ム状染毛剤が充填され、更に、内袋と耐圧容器間に圧縮
ガスが充填されたエアゾール型クリーム状染毛剤におい
て、下記成分(A)〜(D)を配合することを特徴とす
るエアゾール型クリーム状染毛剤第1剤。 (A)炭素数14〜22の直鎖のアルキル基を有する高
級アルコール 3.5〜5.0質量% (B)アニオン性界面活性剤 0.3〜0.8質量% (C)非イオン性界面活性剤 0.5〜1.5質量% (D)アルカリ剤

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、エアゾール型クリ
ーム状染毛剤に関し、詳しくは、原液の乳化安定性が良
好で、噴出する時その噴出量が経時的に安定であること
を特徴とするエアゾール型クリーム状染毛剤第1剤及び
/又は第2剤に関する。尚、本発明においては、染毛剤
とは、脱色剤をも包含したものである。
【0002】
【従来の技術】同時噴出タイプのエアゾール型クリーム
状染毛剤は特開平12−297018号公報でも提案さ
れている。このエアゾール型クリーム状染毛剤は、染毛
剤である第1剤、酸化剤である第2剤を別々に使用する
際には特に問題は生じないが、第1剤と第2剤を同時に
噴出させて使用する場合、その噴出量を調整する必要が
ある。更に、消費者が使用することを考えるとその噴出
量は経時で安定である必要がある。しかしながら、単純
にクリーム状染毛剤を内袋を有する耐圧容器に充填し、
更に、内袋と耐圧容器間に圧縮ガスを充填した場合、経
時での噴出量を評価したとき、経時で噴出量が変化する
ことが多く、経時での噴出量が安定な原液を調製するこ
とが困難であることが判明した。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】即ち、本発明の目的
は、内袋を有した耐圧容器の内袋内部にクリーム状染毛
剤が充填され、更に、内袋と耐圧容器間に圧縮ガスが充
填されたエアゾール型クリーム状染毛剤において、原液
の乳化安定性が良好で、噴出する時その噴出量が経時で
安定であることを特徴とするエアゾール型クリーム状染
毛剤を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明者は、上記の問題
点を解消すべく鋭意検討を行った結果、後述のエアゾー
ル型クリーム状染毛剤が、原液の乳化安定性が良好で、
噴出する時その噴出量が経時で安定であることを見いだ
し、本発明を完成した。
【0005】即ち、本発明は、内袋を有した耐圧容器の
内袋内部にクリーム状染毛剤が充填され、更に、内袋と
耐圧容器間に圧縮ガスが充填されたエアゾール型クリー
ム状染毛剤において、下記成分(A)〜(D)を配合す
ることを特徴とするエアゾール型クリーム状染毛剤第1
剤にある。 (A)炭素数14〜22の直鎖のアルキル基を有する高
級アルコール 3.5〜5.0質量% (B)アニオン性界面活性剤 0.3〜0.8質量% (C)非イオン性界面活性剤 0.5〜1.5質量% (D)アルカリ剤
【0006】また、内袋を有した耐圧容器の内袋内部に
クリーム状染毛剤第2剤が充填され、更に、内袋と耐圧
容器間に圧縮ガスが充填されたエアゾール型クリーム状
染毛剤の酸化剤において、下記成分(A)〜(F)を配
合し、且つ、pHを2〜4に調整したことを特徴とする
エアゾール型クリーム状染毛剤第2剤にある。 (A)炭素数14〜22の直鎖のアルキル基を有する高
級アルコール 3.5〜5.0質量% (B)アニオン性界面活性剤 0.3〜0.8質量% (C)非イオン性界面活性剤 0.5〜1.5質量% (E)ヒドロキシエタンジホスホン酸及び/又はその塩 (F)酸化剤
【0007】さらに、上記エアゾール型クリーム状染毛
剤第1剤(i)と、上記エアゾール型クリーム状染毛剤
第2剤(ii)とを、それぞれが、初期内圧0.4〜
0.7MPa、初期噴出量8〜15g/5秒となるよう
調整し、両者が押圧により同時噴出し、単位時間あたり
の噴出量比(i)/(ii)が0.8〜1となるような
押圧アタッチメントを有するエアゾール型クリーム状染
毛剤にある。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を、以下、詳
述する。
【0009】本発明における炭素数14〜22の直鎖の
アルキル基を有する高級アルコールの配合量は3.5質
量%未満であると乳化安定性が悪く、5.0質量%を越
えると噴出量が経時で低下するため、3.5〜5.0質
量%である必要がある。高級アルコールとしては、例え
ば、セチルアルコール、ステアリルアルコール、アラキ
ルアルコール、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコ
ールが挙げられ、セタノール又はセトステアリルアルコ
ールが好ましい。
【0010】アニオン性界面活性剤は0.3質量%未満
であると乳化安定性が悪く、0.8質量%を越えると噴
出量が経時で低下するため、0.3〜0.8質量%であ
る必要がある。アニオン性界面活性剤としては、炭素数
12〜18の直鎖のアルキル基を有するアルキル硫酸塩
が好ましく、特にセチル硫酸塩が好ましい。
【0011】非イオン性界面活性剤は0.5質量%未満
であると乳化安定性が悪く、1.5質量%を越えると噴
出量が経時で低下するため、0.5〜1.5質量%であ
る必要がある。非イオン性界面活性剤は、ポリオキシエ
チレンアルキルエーテルが好ましく、更にポリオキシエ
チレンセチルエーテルがより好ましく、ポリオキシエチ
レンセチルエーテルにおけるエチレンオキサイドの平均
付加モル数が5〜6のもの、25〜35のもの、36〜
45のものを組み合わせて用いると特に好ましい。
【0012】アルカリ剤は、特に限定することなく公知
のものを広く使用できる。例えば、アンモニア、モノエ
タノールアミン、トリエタノールアミン、2−アミノ−
2−メチル−1−プロパノール、2−アミノ−2−メチ
ル−1,3−プロパンジオール、テトラキス(2−ヒド
ロキシイソプロピル)エチレンジアミン等が挙げられ
る。これらのアルカリ剤を1種又は2種以上混合して用
いてもよい。
【0013】酸化剤は、特に限定することなく公知のも
のを広く使用できる。例えば、過酸化水素、過ホウ酸ナ
トリウム、過ホウ酸アンモニウム、過ホウ酸カリウム、
過炭酸ナトリウム、臭素酸ナトリウム等があげられる。
これらの酸化剤を1種又は2種以上混合して用いてもよ
い。
【0014】本発明のエアゾール型クリーム状染毛剤の
初期内圧及び初期噴出量は、0.4MPa未満及び8g
/5秒未満であると混合クリームが出にくいため、使用
上のハンドリングが悪くなり、また、噴出残量が多くな
り充填ロスが増える場合があり好ましくない。また、
0.7MPaを越える場合及び15g/5秒を越える場
合では、使用時に混合クリームが出過ぎてしまうため、
使用上のハンドリングが悪くなる場合がある。尚、本発
明において、初期内圧及び初期噴出量は、其々25℃で
の値である。
【0015】本発明のエアゾール型クリーム状染毛剤に
は、本発明の効果を損なわない範囲で、酸化染料、炭化
水素類、ロウ類、動植物油脂、天然又は合成の高分子、
高級アルコール類、高級脂肪酸類、有機溶剤又は浸透促
進剤、多価アルコール類、エステル類、エーテル類、カ
チオン性界面活性剤、両性界面活性剤、シリコーン類、
蛋白誘導体及びアミノ酸類、防腐剤、キレート剤、安定
化剤、酸化防止剤、pH調整剤、各種植物抽出物、生薬
抽出物、ビタミン類、色素、香料、顔料、紫外線吸収剤
等を適宜配合することが可能である。また、ヒドロキシ
エタンジホスホン酸の塩としては、アルカリ金属塩が好
適なものとして挙げられるが、特に限定されるものでは
なく、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウムが特
に好適である。
【0016】尚、本発明のエアゾール型クリーム状染毛
剤は、酸化染料が配合されない時には、脱色剤として用
いることができる。
【0017】本発明に用いられる耐圧容器としては、ブ
リキやアルミニウム等エアゾール容器に一般的に用いら
れている材質からなる容器の内面をエポキシ樹脂、フェ
ノール樹脂、エポキシユリア樹脂、ポリアミドイミド樹
脂、エポキシアミノ樹脂、エポキシアミン樹脂等の耐薬
品性のある樹脂で単層又は複層でコートしたものが好ま
しい。内袋としては、弾性を有する物が好ましく、高又
は低密度ポリエチレン、エチレン・酢ビ共重合物ケン化
物、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポ
リアクリロニトリル等の合成樹脂製の物、これらを積層
した物等が用いられ、噴射ガス透過性が低い物が特に好
ましい。また、内袋の内面を上記耐薬品性を有する樹脂
でコートして用いることもできる。
【0018】同時押圧可能なアタッチメントとしては、
特開平11−59746号公報、特開平10−1011
57号公報、特開2000−297018号公報に記載
されているものや、図1、2及び3で示されるもの等、
一箇所の押圧操作により二箇所以上のエアゾール容器ス
テム部を同時に押圧できるものであれば特に限定されず
に用いることができる。
【0019】本発明に用いられる圧縮ガスとしては、ジ
メチルエーテル、液化石油ガス、窒素ガス、代替フロン
等、一般にエアゾール製品に用いられるものであれば特
に限定されずに使用することができる。変質防止の面か
ら窒素ガスが好ましい。
【0020】
【実施例】以下、本発明を実施例により具体的に説明す
るが、本発明はこれに限定されるものではない。実施例
に先立ち、実施例で用いた評価法を説明する。
【0021】1.原液の乳化安定性試験 実施例、比較例記載の処方により調製された原液を45
℃の恒温槽内に3ヶ月間保存し、観察した。評価の基準
は以下の通りである。 ○:変化が認められない 分離:原液の分離が認められた
【0022】2.充填後の経時での噴出量の変化 実施例、比較例記載の処方により調製された原液で上記
の乳化安定性試験で変化が認められなかった原液を高密
度ポリエチレン製内袋を有した耐圧容器の内袋内部に充
填し、更に、内袋と耐圧容器間に窒素ガスを充填した。
充填物を45℃の恒温機内に3ヶ月間保存し、初期噴出
量を測定した。評価の基準は以下の通りである。 ○:充填直後の初期噴出量と比較し、初期噴出量の変化
が10%未満 ×:充填直後の初期噴出量と比較し、初期噴出量の変化
が10%以上
【0023】実施例1,2及び比較例1〜12の原液及
びエアゾール型クリーム状染毛剤を調製し、前記諸試験
を実施した。表1及び表2にそれぞれの組成及び試験結
果を示した。表中の原液の単位はすべて質量%である。
【0024】
【表1】
【0025】
【表2】
【0026】表1及び表2から明らかなように、本発明
に係る染毛剤(第1剤、第2剤)は、原液の乳化安定性
が良好で、噴出する時その噴出量が経時で安定であるこ
とが認められた。
【0027】 実施例3(染毛剤) 第1剤 質量% −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− セタノール 4.2 セチル硫酸ナトリウム 0.49 ポリオキシエチレンセチルエーテル(5.5E.O.) 0.35 ポリオキシエチレンセチルエーテル(30E.O.) 0.35 ポリオキシエチレンセチルエーテル(40E.O.) 0.35 強アンモニア水(28%) 5.0 パラフェニレンジアミン 0.3 パラアミノフェノール 0.4 オルソアミノフェノール 0.3 メタアミノフェノール 0.1 チオグリコール酸アンモニウム(50%)液 0.8 プロピレングリコール 10.0 エデト酸四ナトリウム 0.1 パルミチン酸イソプロピル 0.56 ミツロウ 0.35 加水分解コムギ末 *1 0.01 大豆蛋白加水分解物 *2 0.01 カロットエキス *2 0.01 加水分解シルク *2 0.1 香料 0.5 純水 to 100 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 初期内圧(窒素ガス) 0.6MPa 初期噴出量 11.5g/5秒 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 第2剤 質量% −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− セタノール 4.2 セチル硫酸ナトリウム 0.49 ポリオキシエチレンセチルエーテル(5.5E.O.) 0.35 ポリオキシエチレンセチルエーテル(30E.O.) 0.35 ポリオキシエチレンセチルエーテル(40E.O.) 0.35 ヒドロキシエタンジホスホン酸 0.1 過酸化水素水(35%) 16.5 リン酸一水素ナトリウム 0.25 エデト酸二ナトリウム 0.1 パルミチン酸イソプロピル 0.56 ミツロウ 0.35 純水 to 100 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 初期内圧(窒素ガス) 0.6MPa 初期噴出量 12.5g/5秒 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− *1 「化粧品種別配合成分規格」(厚生省薬務局審査課監修、薬事日報社平成 9年発行)に収載されている。 *2 「医薬部外品原料規格」(厚生省薬務局審査課監修、薬事日報社平成3年 発行)に収載されている。
【0028】 実施例4(脱色剤) 第1剤 質量% −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− セタノール 4.0 セチル硫酸ナトリウム 0.5 ポリオキシエチレンセチルエーテル(5.5E.O.) 0.3 ポリオキシエチレンセチルエーテル(30E.O.) 0.3 ポリオキシエチレンセチルエーテル(40E.O.) 0.3 強アンモニア水(28%) 7.0 プロピレングリコール 10.0 エデト酸四ナトリウム 0.1 パルミチン酸イソプロピル 0.5 ミツロウ 0.3 サボンソウエキス*3 0.1 セージエキス*3 0.1 海藻エキス*3 0.1 混合植物抽出液(1) *3 0.1 混合植物抽出液(3) *3 0.1 混合植物抽出液(6) *3 0.1 香料 0.5 純水 to 100 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 初期内圧(窒素ガス) 0.6MPa 初期噴出量 11.5g/5秒 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 第2剤 質量% −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− セタノール 4.0 セチル硫酸ナトリウム 0.5 ポリオキシエチレンセチルエーテル(5.5E.O.) 0.3 ポリオキシエチレンセチルエーテル(30E.O.) 0.3 ポリオキシエチレンセチルエーテル(40E.O.) 0.3 ヒドロキシエタンジホスホン酸 0.1 過酸化水素水(35%) 16.5 リン酸一水素ナトリウム 0.25 エデト酸二ナトリウム 0.1 パルミチン酸イソプロピル 0.56 ミツロウ 0.35 純水 to 100 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 初期内圧(窒素ガス) 0.6MPa 初期噴出量 12.5g/5秒 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− *3 「医薬部外品原料規格」(厚生省薬務局審査課監修、薬事日報社平成3年 発行)に収載されている。
【0029】実施例3,4に記載の配合組成でエアゾー
ル型クリーム状染毛剤及び脱色剤を調製した。前記諸試
験を実施したところ、原液の乳化安定性が良好で、噴出
する時その噴出量が経時的に安定であることが認められ
た。また、第1剤と第2剤同時に噴出させて使用するこ
とが可能なアタッチメント(特開2000−29701
8号公報図4記載の吐出容器に準拠した、ホーユー株式
会社よりCIEROヘアカラークリームとして販売され
ているものに付属のアタッチメントを使用)に取り付け
て使用したところ、使用感も良好であった。
【0030】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように本発明の
エアゾール型クリーム状染毛剤は、原液の乳化安定性が
良好で、噴出する時その噴出量が経時で安定であるエア
ゾール型クリーム状染毛剤を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】2連式エアゾール容器における同時押圧アタッ
チメントの分解説明図。
【図2】図1に示したアタッチメントの一部を残した縦
断正面図。
【図3】図1に示したアタッチメントの不規則縦断側面
図。
【図4】図1に用いられる一般的な内袋を有する耐圧容
器(エアゾール容器)を示す図である。
【符号の説明】
1 ;塗布体 2 ;ブラシ体 3 ;ドーム筒 4 ;密嵌筒片 5 ;注出口 6 ;ブラシ片 7 ;組付き脚片 8 ;操作体 9 ;本体筒 10;嵌着段部 11;頂板 12;嵌合筒片 13;通路筒 14;係止窓孔 15;操作脚片 16;引き下げ突片 17;通路ブロック体 18;ブロック本体 19;注出筒 20;混合棒片 21;通路凹部 22;底蓋片 23;段付き孔 24;通路凸部 25;摘まみ片 26;装着体 27;外装筒 28;頂壁 29;開口部 30;ガイド片 31;嵌着筒片 32;支え突片 33;容器体 34;頭部 35;注出ノズル 36;内袋 37;外容器(耐圧容器)
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) // A61K 7/135 Fターム(参考) 3E014 PA01 PB01 PB05 PB08 PC04 PC07 PC08 PD01 PD22 PE25 PF06 3E084 AA02 AA22 AA24 AB06 AB09 BA03 CA02 CB02 CC03 DA02 DB13 DC03 FC04 GA08 GB11 KB05 LB02 LC01 LG01 4C083 AA082 AA112 AB082 AB282 AB412 AC071 AC072 AC122 AC181 AC182 AC352 AC532 AC552 AC772 AC791 AC792 AC852 AC891 AC892 AD412 AD452 BB04 BB05 BB43 BB49 BB53 CC36 DD08 DD31 EE01 EE26

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 内袋を有した耐圧容器の内袋内部にクリ
    ーム状染毛剤が充填され、更に、内袋と耐圧容器間に圧
    縮ガスが充填されたエアゾール型クリーム状染毛剤にお
    いて、下記成分(A)〜(D)を配合することを特徴と
    するエアゾール型クリーム状染毛剤第1剤。 (A)炭素数14〜22の直鎖のアルキル基を有する高
    級アルコール 3.5〜5.0質量% (B)アニオン性界面活性剤 0.3〜0.8質量% (C)非イオン性界面活性剤 0.5〜1.5質量% (D)アルカリ剤
  2. 【請求項2】 内袋を有した耐圧容器の内袋内部にクリ
    ーム状染毛剤第2剤が充填され、更に、内袋と耐圧容器
    間に圧縮ガスが充填されたエアゾール型クリーム状染毛
    剤の酸化剤において、下記成分(A)〜(F)を配合
    し、且つ、pHを2〜4に調整したことを特徴とするエ
    アゾール型クリーム状染毛剤第2剤。 (A)炭素数14〜22の直鎖のアルキル基を有する高
    級アルコール 3.5〜5.0質量% (B)アニオン性界面活性剤 0.3〜0.8質量% (C)非イオン性界面活性剤 0.5〜1.5質量% (E)ヒドロキシエタンジホスホン酸及び/又はその塩 (F)酸化剤
  3. 【請求項3】 請求項1記載のエアゾール型クリーム状
    染毛剤第1剤(i)と、請求項2記載のエアゾール型ク
    リーム状染毛剤第2剤(ii)とを、それぞれが、初期
    内圧0.4〜0.7MPa、初期噴出量8〜15g/5
    秒となるよう調整し、両者が押圧により同時噴出し、単
    位時間あたりの噴出量比(i)/(ii)が0.8〜1
    となるような押圧アタッチメントを有するエアゾール型
    クリーム状染毛剤。
  4. 【請求項4】 (A)の高級アルコールがセタノール又
    はセトステアリルアルコール、(B)のアニオン性界面
    活性剤が炭素数12〜18の直鎖のアルキル基を有する
    アルキル硫酸塩、(C)の非イオン性界面活性剤がポリ
    オキシエチレンアルキルエーテルであることを特徴とす
    る請求項1〜3いずれか記載のエアゾール型クリーム状
    染毛剤。
  5. 【請求項5】 (B)のアニオン性界面活性剤がセチル
    硫酸塩であることを特徴とする請求項1〜3いずれか記
    載のエアゾール型クリーム状染毛剤。
  6. 【請求項6】 (C)の非イオン性界面活性剤がポリオ
    キシエチレンセチルエーテルであることを特徴とする請
    求項1〜3いずれか記載のエアゾール型クリーム状染毛
    剤。
  7. 【請求項7】 ポリオキシエチレンセチルエーテルが、
    エチレンオキサイドのモル数が、5〜6、25〜35、
    36〜45の範囲に属する少なくとも3種のポリオキシ
    エチレンセチルエーテルを組み合わせたものである請求
    項6記載のエアゾール型クリーム状染毛剤第1剤又は第
    2剤。
  8. 【請求項8】 (A)の高級アルコールがセタノール又
    はセトステアリルアルコール、(B)のアニオン性界面
    活性剤がセチル硫酸塩、(C)の非イオン性界面活性剤
    がエチレンオキサイドのモル数5〜6、25〜35、3
    6〜45の範囲に属する少なくとも3種のポリオキシエ
    チレンセチルエーテルを組み合わせたものであることを
    特徴とする請求項1〜3いずれか記載のエアゾール型ク
    リーム状染毛剤。
JP2002156916A 2001-10-30 2002-05-30 エアゾール型クリーム状染毛剤 Pending JP2003201225A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002156916A JP2003201225A (ja) 2001-10-30 2002-05-30 エアゾール型クリーム状染毛剤

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001332234 2001-10-30
JP2001-332234 2001-10-30
JP2002156916A JP2003201225A (ja) 2001-10-30 2002-05-30 エアゾール型クリーム状染毛剤

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003201225A true JP2003201225A (ja) 2003-07-18

Family

ID=27666643

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002156916A Pending JP2003201225A (ja) 2001-10-30 2002-05-30 エアゾール型クリーム状染毛剤

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003201225A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004091359A (ja) * 2002-08-30 2004-03-25 Kanebo Ltd エアゾール型クリーム状染毛剤
JP2008019220A (ja) * 2006-07-14 2008-01-31 Tamari Kagaku Kk 2剤式毛髪脱色剤、および2剤式染毛剤
WO2011021401A1 (ja) * 2009-08-21 2011-02-24 花王株式会社 染毛方法
JP2013515678A (ja) * 2009-10-13 2013-05-09 ロレアル 脂肪性物質及び有機ホスホン酸又はその塩を含む組成物、それを用いる着色又は明色化方法並びにキット
WO2014069078A1 (ja) * 2012-10-31 2014-05-08 ヘンケルジャパン株式会社 2剤式毛髪化粧料
JP2014237621A (ja) * 2013-06-10 2014-12-18 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤
JP2015010055A (ja) * 2013-06-28 2015-01-19 ホーユー株式会社 エアゾール式毛髪化粧料組成物
CN108042375A (zh) * 2013-06-28 2018-05-18 朋友株式会社 毛发化妆品及毛发化妆用品
JP2019104765A (ja) * 2019-04-05 2019-06-27 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤
JP2021028349A (ja) * 2020-12-01 2021-02-25 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤
JP7477833B2 (ja) 2020-03-25 2024-05-02 株式会社ダリヤ エアゾール型染毛剤または脱色剤組成物

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0826943A (ja) * 1994-07-07 1996-01-30 Hoyu Co Ltd 毛髪処理剤
JPH09136818A (ja) * 1995-11-13 1997-05-27 Hoyu Co Ltd エアゾール式泡沫状酸化染毛剤組成物
JPH10287534A (ja) * 1997-04-14 1998-10-27 Hoyu Co Ltd 2剤式泡沫状染毛剤組成物
JPH1159746A (ja) * 1997-08-08 1999-03-02 Hoyu Co Ltd 2剤吐出容器
JPH1171249A (ja) * 1997-08-29 1999-03-16 Shiseido Co Ltd 染毛剤組成物
JPH11198975A (ja) * 1998-01-09 1999-07-27 Hoyu Co Ltd 2剤吐出容器
JP2000296882A (ja) * 1999-02-09 2000-10-24 Hoyu Co Ltd 化粧品容器、及び、操作用手袋
JP2000297018A (ja) * 1999-04-13 2000-10-24 Hoyu Co Ltd 毛髪化粧剤、毛髪化粧品及び毛髪化粧剤の使用方法
JP2003012473A (ja) * 2001-06-28 2003-01-15 Sanei Kagaku Kk 米硬化油を含有する毛髪処理剤及び毛髪処理剤調製用組成物。
JP2003095896A (ja) * 2001-09-25 2003-04-03 Hoyu Co Ltd 酸化染毛剤組成物

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0826943A (ja) * 1994-07-07 1996-01-30 Hoyu Co Ltd 毛髪処理剤
JPH09136818A (ja) * 1995-11-13 1997-05-27 Hoyu Co Ltd エアゾール式泡沫状酸化染毛剤組成物
JPH10287534A (ja) * 1997-04-14 1998-10-27 Hoyu Co Ltd 2剤式泡沫状染毛剤組成物
JPH1159746A (ja) * 1997-08-08 1999-03-02 Hoyu Co Ltd 2剤吐出容器
JPH1171249A (ja) * 1997-08-29 1999-03-16 Shiseido Co Ltd 染毛剤組成物
JPH11198975A (ja) * 1998-01-09 1999-07-27 Hoyu Co Ltd 2剤吐出容器
JP2000296882A (ja) * 1999-02-09 2000-10-24 Hoyu Co Ltd 化粧品容器、及び、操作用手袋
JP2000297018A (ja) * 1999-04-13 2000-10-24 Hoyu Co Ltd 毛髪化粧剤、毛髪化粧品及び毛髪化粧剤の使用方法
JP2003012473A (ja) * 2001-06-28 2003-01-15 Sanei Kagaku Kk 米硬化油を含有する毛髪処理剤及び毛髪処理剤調製用組成物。
JP2003095896A (ja) * 2001-09-25 2003-04-03 Hoyu Co Ltd 酸化染毛剤組成物

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004091359A (ja) * 2002-08-30 2004-03-25 Kanebo Ltd エアゾール型クリーム状染毛剤
JP2008019220A (ja) * 2006-07-14 2008-01-31 Tamari Kagaku Kk 2剤式毛髪脱色剤、および2剤式染毛剤
WO2011021401A1 (ja) * 2009-08-21 2011-02-24 花王株式会社 染毛方法
JP2013515678A (ja) * 2009-10-13 2013-05-09 ロレアル 脂肪性物質及び有機ホスホン酸又はその塩を含む組成物、それを用いる着色又は明色化方法並びにキット
US9889083B2 (en) 2012-10-31 2018-02-13 Henkel Ag & Co. Kgaa 2-part hair cosmetic
JP2014088359A (ja) * 2012-10-31 2014-05-15 Henkel Japan Ltd 2剤式毛髪化粧料
WO2014069078A1 (ja) * 2012-10-31 2014-05-08 ヘンケルジャパン株式会社 2剤式毛髪化粧料
JP2014237621A (ja) * 2013-06-10 2014-12-18 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤
JP2015010055A (ja) * 2013-06-28 2015-01-19 ホーユー株式会社 エアゾール式毛髪化粧料組成物
CN108042375A (zh) * 2013-06-28 2018-05-18 朋友株式会社 毛发化妆品及毛发化妆用品
US20190038525A1 (en) * 2013-06-28 2019-02-07 Hoyu Co., Ltd. Hair cosmetic material composition and oxidizing agent-containing composition thereof, hair cosmetic material, and hair cosmetic product
US20190038523A1 (en) * 2013-06-28 2019-02-07 Hoyu Co., Ltd. Hair cosmetic material composition and oxidizing agent-containing composition thereof, hair cosmetic material, and hair cosmetic product
JP2019104765A (ja) * 2019-04-05 2019-06-27 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤
JP7477833B2 (ja) 2020-03-25 2024-05-02 株式会社ダリヤ エアゾール型染毛剤または脱色剤組成物
JP2021028349A (ja) * 2020-12-01 2021-02-25 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤
JP7097097B2 (ja) 2020-12-01 2022-07-07 株式会社ダリヤ 二剤同時吐出型染毛剤

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4950749B2 (ja) 毛髪化粧料
US6440912B2 (en) Post foaming shower gel
TWI386229B (zh) 一劑式染毛劑組成物
JP6712837B2 (ja) 二剤同時吐出エアゾール型クリーム状染毛剤
JP5841722B2 (ja) 2液式発泡性エアゾール製品
JPH11199454A (ja) 2液式酸化染毛剤及び2液式脱色剤
JP2008156252A (ja) 酸化染毛剤
JP2003201225A (ja) エアゾール型クリーム状染毛剤
AU2002255981A1 (en) Hair bleach product
EP1372588A2 (en) Hair bleach product
JP2007169230A (ja) 整髪剤組成物
JP2004091359A (ja) エアゾール型クリーム状染毛剤
WO2019059392A1 (ja) フォーム状皮膚洗浄料
JPH11130647A (ja) 泡状口腔用組成物
JP2001327321A (ja) 毛髪脱色方法
JP2019059720A (ja) フォーム状皮膚洗浄料
JP2003040740A (ja) 毛髪化粧料
JP2004091355A (ja) 同時噴出型クリーム状染毛剤組成物
JP2003201224A (ja) エアゾール型クリーム状染毛剤
JP2004091356A (ja) 同時噴出型クリーム状染毛剤組成物
JP6543454B2 (ja) 毛髪化粧料組成物および毛髪処理方法
JP4628560B2 (ja) エアゾール組成物およびその製品
JP6591245B2 (ja) エアゾール型泡状酸化染毛剤第1剤組成物
JP6058950B2 (ja) エアゾール式泡状酸化染毛剤組成物
JP6985722B2 (ja) 染毛剤組成物

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040804

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050622

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051011

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051212

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060131