JP2003117137A - パチンコ遊技機 - Google Patents

パチンコ遊技機

Info

Publication number
JP2003117137A
JP2003117137A JP2001315837A JP2001315837A JP2003117137A JP 2003117137 A JP2003117137 A JP 2003117137A JP 2001315837 A JP2001315837 A JP 2001315837A JP 2001315837 A JP2001315837 A JP 2001315837A JP 2003117137 A JP2003117137 A JP 2003117137A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
special
displayed
random number
display device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001315837A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuhiro Kamitaka
康博 上高
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Maruhon Industry Co Ltd
Original Assignee
Maruhon Industry Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Maruhon Industry Co Ltd filed Critical Maruhon Industry Co Ltd
Priority to JP2001315837A priority Critical patent/JP2003117137A/ja
Publication of JP2003117137A publication Critical patent/JP2003117137A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】図柄生成行程の演出に多様性を付与したパチン
コ遊技機を提供することを目的とする。 【解決手段】図柄表示装置6で変動表示する図柄列a,
b,cの、予め定められた配列順序で構成される図柄
A,B,Cを、一旦分散表示した後、新たな図柄列を編
成する際に、この図柄列数を図柄列数変動行程の前に比
して増加又は減少させる図柄列数変動行程を図柄生成行
程で実行するようにしたから、図柄列数及びその図柄配
列を様々に変化させた図柄列によって、図柄生成行程で
興趣溢れる多様な演出を実行できるため、遊技者の遊技
に対する高揚感を一層刺激することができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、図柄表示装置に確
定表示された各図柄の組合せが所定の当り図柄態様であ
る場合に、遊技者に所定の利得を供与することとなる特
別遊技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機に関す
る。
【0002】
【従来の技術】複数の図柄を有する図柄列を変動表示す
る図柄表示装置と、図柄始動条件の成立に起因して変動
開始から図柄確定に至る一連の図柄生成行程を実行する
図柄制御手段とを備え、図柄表示装置に図柄生成行程に
より確定表示された図柄の組合せが所定の当り図柄態様
である場合に、遊技者に所定の利得を供与することとな
る特別遊技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機は
良く知られている。これらには、いわゆる第1種パチン
コ遊技機及び第3種パチンコ遊技機がある。
【0003】ここで、第1種パチンコ遊技機は、図柄を
変動表示する複数の図柄表示部を具備する図柄表示装置
と、開閉片により開閉制御される大入賞口を具備する可
変入賞装置と、遊技盤面に設けられた特別図柄始動領域
への遊技球通過に起因して表示図柄を変動開始し、停止
して図柄確定する図柄制御手段とを備え、図柄表示装置
に所定の当り図柄態様が確定表示された場合に、可変入
賞装置の大入賞口の開放と、大入賞口の所定制限時間の
経過又は該所定制限時間内での規定個数の入賞満了によ
る大入賞口の閉鎖とを順次生じてなる開閉ラウンドを、
大入賞口内に設けられた特定領域を遊技球が通過するこ
とを継続条件として、所定制限回数まで繰り返してなる
特別遊技作動を実行するものである。
【0004】また、第3種パチンコ遊技機は、図柄を変
動表示する図柄表示装置と、球通過を検知する図柄始動
領域と、開口を開閉制御してその内部の特別作動領域へ
球通過可能な状態と不可能な状態とに変換する普通電動
役物と、開閉制御される大入賞口と、球通過に伴って該
大入賞口を開放する特定領域への流入制御を行う役物と
を備え、図柄始動領域への遊技球通過に起因して、図柄
表示装置の図柄を変動させた後に確定表示するように
し、その確定図柄態様が所定の当り図柄態様である場合
に、普通電動役物を開放制御し、その特別作動領域への
球通過に伴って特別遊技作動が実行され、かつ該特別遊
技作動は、役物が駆動して特定領域への球通過が可能と
なり、かつ該球通過ごとに、大入賞口の開放と、閉鎖と
を生じてなる開閉ラウンドを複数回繰り返してなるもの
である。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】このようなパチンコ遊
技機として、図柄表示領域で変動表示される図柄列は、
複数の図柄が予め定められた順序により配列されてなる
構成を有している。この図柄列は、図柄生成行程にあっ
て、配列順序に従って図柄表示装置の上下方向に循環変
動した後、各図柄列で停止表示した図柄の組合せ態様に
より当り又はハズレを決めるようにしていることが一般
的である。このように図柄生成行程は、遊技者が最も望
む特別遊技作動の実行有無を決めるものであるから、遊
技状況に応じて、遊技盤面や図柄表示装置にて様々な演
出表示をすることにより、遊技を盛り上げるようにして
いる場合が多い。ところが、このような遊技演出は図柄
生成行程による図柄変動又は停止態様に直接関係するも
のでない。而して、図柄生成行程は、予め定められた図
柄の配列順序で構成されている図柄列が変動及び停止を
繰り返すだけの単調な表示作動であることを歪めない。
そのため、幾度も図柄生成行程が行われた場合には、遊
技者は当り又はハズレだけを興味の対象とすることとな
り得るため、遊技に対する興趣が減退することにもなっ
ていた。本発明はかかる問題点を解決し、図柄生成行程
における図柄の変動表示態様に多様性を加味することに
より、遊技の興趣を向上し得るパチンコ遊技機を提供す
ることを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、 複数の図柄
を有する図柄列を変動表示する図柄表示装置と、図柄始
動条件の成立に起因して変動開始から図柄確定に至る一
連の図柄生成行程を実行する図柄制御手段とを備え、図
柄表示装置に図柄生成行程により確定表示された図柄の
組合せが所定の当り図柄態様である場合に、遊技者に所
定の利得を供与することとなる特別遊技作動を実行する
ようにしたパチンコ遊技機において、前記図柄生成行程
が、図柄表示装置で変動表示される図柄列にあって、予
め定められた順序で配列されている図柄を、一旦分散表
示した後に、新たな図柄配列によって編成されてなる図
柄列を、分散表示前に比して図柄列数が増減するように
した図柄列数変動行程を備えていることを特徴とする。
ここで、図柄列数変動行程は、その前後で全ての図柄列
の有している図柄の合計数が変化しないものである。す
なわち、図柄列数変動行程によって、少なくとも一列の
図柄列を構成する図柄の数は変化することとなる。
【0007】かかる構成にあっては、図柄列を構成する
図柄を分散した後、新たな図柄列を編成する際に、この
図柄列数を図柄列数変動行程の前に比して増加又は減少
させる図柄列数変動行程を図柄生成行程で実行するよう
にしたものである。これにより、図柄列数及びその図柄
配列が変化した図柄列によって変動及び停止作動する図
柄生成行程が実行されることとなるから、図柄表示装置
で表示される図柄の表示態様を、多様な趣向性を発揮し
得る演出とすることができるため、遊技者の遊技に対す
る高揚感を一層刺激することができ得る。さらには、図
柄列数変動行程後の図柄列が様々な図柄配列によって構
成されることから、図柄生成行程によってどのような図
柄態様を停止表示し得るかを、遊技者に予測し難いもの
とすることができる。而して、図柄生成行程が幾度も生
じた場合にあっても、遊技者は飽きることなく、変化に
富んだ面白い遊技を充分楽しむことができるため、遊技
に対する興趣を持続させることができるという優れた利
点を生じる。また、この図柄列数変動行程としては、図
柄生成行程が実行される毎に常に実行されるものとして
も良い。又は、特定の遊技状況、例えば、所定回数ハズ
レが続いた場合、または確率変動遊技状態が行われてい
る場合等で実行されるものとしても良い。
【0008】このような図柄列数変動行程による図柄列
数の増加又は減少としては、例えば、基本図柄列数が三
列である場合に、図柄列数変動行程により四列に漸増す
る場合や、六列に増加する場合等があっても良い。同様
に、基本図柄列数三列が、二列に漸減する場合や、一列
に減少する場合があっても良い。また、一回の図柄生成
行程の内で、複数回の図柄列数変動行程が実行されるよ
うにすることもできる。例えば、基本図柄列数三列が、
四列に漸増する図柄列数変動行程が実行された後、再び
図柄列数変動行程が実行されて六列に増加する場合があ
っても良い。あるいは、基本図柄列数三列が一列に減少
する図柄列数変動行程が実行された後、再び図柄列数変
動行程が実行されて三列に増加する等、増加と減少が繰
り返されるようにしても良い。さらには、図柄列数変動
行程が複数回実行されて、再び基本図柄列数の三列に戻
ることもあり得、この場合には、初期の図柄列の図柄配
列と異なる図柄配列により構成される図柄列が編成され
るようにすることもでき得る。
【0009】このように、図柄生成行程で図柄列数変動
行程が実行される場合にあっては、新たに編成される図
柄列によって確定表示される図柄態様に対して、当該図
柄列数の増減に応じた特定の当り図柄態様を備えている
ようにしても良い。一般的に当り図柄態様としては、予
め定められている図柄列で夫々に停止表示した各図柄
が、同じ図柄で表出した場合としている。ところが、本
発明にかかる図柄列数変動行程によって図柄列数が変化
した場合にあっては、図柄列数が減少すると当り易く、
図柄列数が増加すると当り難い状況になることを、遊技
者が容易に想像でき得るから、図柄列数を増減する表示
だけで遊技者の当りへの期待感を減退させることにもな
り得る。そこで、図柄列数変動行程により図柄列数が変
化した場合には、編成された図柄列数に応じた当り図柄
態様を備えることにより、遊技者の当りに対する期待感
が減退することを防止し得る。而して、図柄列数の変化
による多様性に加え、当り図柄態様にも多様性が生じる
こととなるから、図柄生成行程が変化に富んだ趣向性を
充分に発揮でき、遊技者にマンネリ感を抱かせることが
ない。
【0010】一般的な図柄生成行程としては、上述した
ように図柄表示装置に横方向に並列に配された複数の図
柄列が縦方向に循環変動し、各図柄列で確定表示した夫
々の図柄、すなわち、横一列で確定表示された図柄の組
合せにより、当り又はハズレが決まるようにしている。
本発明にかかる図柄列数変動行程にあっても、このよう
な図柄表示装置で演出表示される一般的な図柄生成行程
で実行することができる。又は、図柄表示装置に縦方向
に並列に配された複数の図柄列を略横方向に循環変動表
示する図柄生成行程を実行するようにしても良い。この
ように、本発明の図柄列数変動行程は、図柄表示装置に
おいて様々な表示態様で演出される図柄生成行程で実行
することができ得る。
【0011】上述したような図柄列数変動行程を、図柄
表示装置で低速変動表示するようにしても良い。このよ
うに、通常、高速変動表示する図柄生成行程にあって、
図柄列数変動行程を低速変動表示することにより、遊技
者に図柄列の編成が実行されていることを明確に認識さ
せ得る。これにより、遊技者は当りに対する挑戦意欲を
刺激されることとなり、遊技に一層熱中することができ
得る。
【0012】このような図柄列数変動行程としては、図
柄を分散表示後、図柄列数が増減するように編成した各
図柄列が、当該行程前の図柄列と同じ図柄配列となる図
柄列があっても良い。例えば、三列の図柄列が図柄列数
変動行程により二列に漸減した場合にあって、一列は図
柄列数変動行程前の図柄列と同じ図柄列であり、他方の
一列が図柄列数変動行程前の二列を合成した図柄列とな
るようにすることができる。
【0013】上述した図柄列数変動行程が実行された図
柄生成行程にあっては、図柄の確定表示後に、図柄列数
変動行程前の図柄列に戻るようにしても良い。又は、図
柄列数変動行程で編成された図柄列によって、次の図柄
生成行程が実行されるようにしても良い。ここで、図柄
列を元の状態に戻す場合には、その戻す行程を図柄表示
装置にて演出表示するようにしても良い。
【0014】
【発明の実施の形態】いわゆる第1種パチンコ遊技機に
本発明を適用した一実施例を説明する。図1はパチンコ
遊技機の遊技盤1の正面図である。また図2は、遊技盤
1の内側レール内の中央に配設されたセンターケース4
の正面図である。ここでセンターケース4内には液晶表
示器、CRT表示器、ドットマトリックスまたは7セグ
メント指示器等からなる図柄表示装置6が設けられる。
この図柄表示装置6の図柄表示領域3には三つの特別図
柄列a,b,cが横方向に並列表示されて図柄生成行程
が実行される。この特別図柄列a,b,cには、「1」
〜「12」の12の数字からなる特別図柄A,B,Cが
三セット含まれており、これら複数の特別図柄A,B,
Cの配列により特別図柄列a,b,cが構成されてい
る。これら特別図柄列a,b,cの基本配列として、
「1」〜「12」の12の数字が順番に並んでいる。そ
して、図柄生成行程で確定表示された特別図柄で形成さ
れる有効図柄態様Xにより、当り又はハズレが決定され
る。この特別図柄列a,b,cは後述する本発明にかか
る図柄列数変動行程の際には、各特別図柄列の特別図柄
A,B,Cが入り乱れて分散表示され、その後図柄列数
が増減してなる新たな特別図柄列を夫々に編成すること
となる。
【0015】センターケース4の図柄表示装置6の上部
には四個のパイロットランプからなる特別図柄始動記憶
数表示装置8が設けられる。この特別図柄始動記憶数表
示装置8は、後述する主制御基板60(図3参照)の記
憶装置RAMの一部領域に記憶された始動記憶数を表示
する。
【0016】また、遊技盤1の左下部には、三個のLE
Dを内部に備えた普通図柄表示装置10が配設される。
この三個の発光ダイオードLEDは順次点滅して、種々
の組合せの点灯態様を表示する。そして、この点灯態様
が所定の当り態様の場合には、普通電動役物15を開放
する。この普通図柄表示装置10としては、液晶表示器
や一乃至複数個の7セグメント指示器等により構成され
て、その表示内容により、当り,ハズレを決定するもの
であっても良い。
【0017】さらに、遊技盤1の右下部には、四個のパ
イロットランプからなる普通図柄始動記憶数表示装置1
2が設けられ、後述の普通図柄始動スイッチS2(図3
参照)からの遊技球検出信号が、所定数を上限として主
制御基板60(図3参照)の記憶装置RAMの一部領域
に記憶された場合に、その記憶数を表示する。
【0018】一方、センターケース4の両側には、普通
図柄作動ゲート(普通図柄始動領域)13,13が設け
られ、遊技球の通過により該普通図柄作動ゲート13,
13に内蔵された普通始動スイッチS2から遊技球検出
信号が発生すると、普通図柄表示装置10が図柄変動す
る。
【0019】また、図柄表示装置6の直下位置には、内
部を特別図柄始動領域14として、開閉翼片により始動
領域(入賞口兼用)の開口度を変化させるようにした普
通電動役物15が配設されている。そして普通図柄表示
装置10の表示結果が、上述したような所定の当り状態
の場合には、開閉翼片が約0.2秒拡開して、特別図柄
始動領域14の開口度を拡開させ、遊技球が入り易い状
態となる。普通電動役物15内には、光電スイッチ、リ
ミットスイッチ等の特別図柄始動スイッチS1(図3参
照)が備えられ、該特別図柄始動スイッチS1による遊
技球通過検知に伴って、図柄表示装置6の特別図柄列
a,b,cが変動を開始する。
【0020】普通電動役物15のさらに下方には、内部
に特定領域と通常領域とを有する大入賞口23が配設さ
れ、開閉片24を大入賞口開放ソレノイド(図3参照)
により開閉制御することにより大入賞口23を開放状態
と閉鎖状態のいずれかに変換する可変入賞装置22が配
設されている。そして、図柄表示装置6で表出された特
別図柄の組み合わせで形成される有効図柄態様Xが所定
の当り図柄態様であると、開閉片24が開いて、その開
放状態で開閉片24の上面が案内作用を生じ、大入賞口
23へ遊技球を案内すると共に、特定領域に遊技球が入
ると、次の開閉ラウンドへ移行可能となり、連続開放作
動を生じて、遊技者に所定の利得が供される。この可変
入賞装置22は、後述する特別遊技作動を実行するもの
であって、その内部には、図3で示すように、特定領域
に入った遊技球を検知する特定領域スイッチS3と、当
り中の入賞個数を計数するカウントスイッチS4とが設
けられている。ここで特定領域スイッチS3にも、特定
領域に入った遊技球を計数するカウントスイッチとして
の機能が備えられている。
【0021】図3は、本実施例にかかるパチンコ遊技機
の遊技作動を制御する制御回路を示すものである。主制
御基板60には、パチンコ遊技機の遊技作動等を制御す
るための基板回路が設けられており、この基板回路上に
は主制御用中央制御装置CPUが配設されている。この
主制御用中央制御装置CPUは、遊技に関する統括的な
制御を処理実行するものであって、該主制御用中央制御
装置CPUには、演算処理に用いる動作プログラムを格
納する記憶装置ROMと、必要なデータを随時読み書き
可能な記憶装置RAMとが、データを読み書きするアド
レスを指定する情報を一方的に伝えるアドレスバス(図
示せず)と、データのやり取りを行なうデータバス(図
示せず)を介して接続され、該主制御基板60の基板回
路を構成している。この記憶装置ROMには、制御プロ
グラム、乱数テーブル等の固定データが記憶されてい
る。乱数テーブルには当り特別乱数K、当り図柄乱数
L、ハズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mc 、リーチ乱数N、
リーチ図柄乱数P、リーチ態様乱数Q、普通当り乱数
U、当り普通図柄乱数V等が格納され、所定の要件が充
足されると主制御用中央制御装置CPUにて各乱数の抽
選が行われる。また、本実施例にあっては、図柄列数変
動乱数R、図柄列編成乱数Wも記憶され、図柄列数変動
乱数Rにより図柄列数変動行程を実行することが選出さ
れた場合に、図柄列編成乱数Wに従って、該行程後の各
図柄列の編成が行われる。また、記憶装置RAMには、
特別図柄始動スイッチS1 、普通図柄始動スイッチS2
のON作動による記憶数等が一時的に記憶される記憶エ
リア、ソフトタイマを構成するレジスタ領域及びワーク
エリア等が設けられている。
【0022】この主制御基板60の基板回路には、所定
のクロックパルスを出力するクロック装置(図示せず)
が設けられ、主制御用中央制御装置CPUに接続されて
いる。そして主制御用中央制御装置CPUは一定間隔の
クロックパルスによって、時系列的に演算処理を行い、
一連の処理作動を順次実行する。
【0023】また、この主制御基板60の基板回路に
は、主制御用中央制御装置CPUが周辺機器とデータ通
信を行う入力ポート(図示せず)及び出力ポート(図示
せず)が設けられており、該出力ポートを介して主制御
基板60からの制御指令が、図柄表示制御基板62、音
源制御基板63、光源制御基板64、及び払出制御基板
65の各入力ポートに向け、一方向に発信されるように
接続されている。また、主制御基板60の入力ポートに
は盤面中継基板61を介して上述した特別図柄始動スイ
ッチS1、普通図柄始動スイッチS2 、特定領域スイッ
チS3、カウントスイッチS4が接続され、主制御基板6
0が2ms毎に各スイッチS1〜4の遊技球検出状態を調
べ、遊技球検出があるとその信号が波形整形回路により
波形整形されて主制御用中央制御装置CPUに入力さ
れ、その情報を記憶装置RAMに記憶する。また、主制
御基板60の出力ポートには、盤面中継基板61を介し
て普通電動役物15のソレノイドや、大入賞口23のソ
レノイド等が接続され、主制御用中央制御装置CPUが
所定の条件を選出した場合に作動される。
【0024】ここで主制御用中央制御装置CPU及び後
述する各制御基板に設置されている各中央制御装置CP
Uは、所定のデータの処理を行う演算ユニット(AL
U)を連成した演算装置と、この演算装置に入出力する
データや読み込んだ命令を保管しておくレジスタと、命
令を解読するデコーダ等によって構成されている。な
お、該演算ユニットの連成数によって、中央制御装置C
PUの演算処理能力が決まる。そして、この主制御用中
央制御装置CPUは、所定の形式で生成した制御指令信
号を各制御基板に夫々送信し、各制御基板の中央制御装
置CPUが該制御指令信号に従って所定の制御を処理実
行することとなる。
【0025】上記の図柄表示制御基板62には、図柄表
示装置6の図柄表示領域3上で表出される図柄表示態様
を制御するための基板回路が設けられている。この基板
回路は、図柄表示態様を制御処理する図柄制御用中央制
御装置CPUに、演出プログラムが格納されている記憶
装置ROMと、必要なデータを読み書きできる記憶装置
RAMと、入力ポート及び出力ポートとが接続されて構
成されている。この記憶装置ROMには、動作プログラ
ム、図柄表示領域3の可変パターン、有効図柄パター
ン、当り遊技パターン、リーチ態様パターン等の図柄変
動態様を行う固定データも記憶されている。さらには、
本発明にかかる図柄列数変動行程における分散表示パタ
ーン、編成表示パターン及び図柄列パターンも記憶され
ている。
【0026】また、図柄表示制御基板62は、主制御基
板60から入力ポートを介して受信した制御指令信号を
図柄制御用中央制御装置CPUにおいて演算処理し、所
定の図柄表示態様を演出する図柄データを、出力ポート
を介して表示用ドライバに送信する。そして、該表示用
ドライバは該図柄データに従って、図柄表示装置6の図
柄表示領域3に所定の図柄を表出させる。この図柄表示
装置6としては、CRT表示器やLCD(液晶)表示器
等が好ましく用い得る。
【0027】上記の音源制御基板63には、スピーカか
ら発生する効果音等を制御するための基板回路が設けら
れている。この基板回路は、音響を制御する音源制御用
中央制御装置CPUに、動作プログラムや音響発生パタ
ーン等の固定データが記憶されている記憶装置ROM
と、必要なデータを読み書きする記憶装置RAMと、入
力ポート及び出力ポートとが接続されて構成されてい
る。この音源制御基板63は、上記の主制御基板60よ
り入力ポートを介して受信した制御指令信号を音源制御
用中央制御装置CPUで演算処理し、所定の音データを
出力ポートを介してサウンドジェネレータに発信して、
該音データを受けてスピーカに出力させる。
【0028】上記の光源制御基板64には、パチンコ遊
技機に備えられた発光ダイオードLEDや装飾ランプと
いった電飾装置を制御するための基板回路が設けられて
いる。この基板回路は、電飾装置の点灯、点滅等を制御
する光源制御用中央制御装置CPUに、動作プログラム
や、発光ダイオードLED,装飾ランプ等を電飾するた
めの電飾パターン等の固定データが記憶されている記憶
装置ROMと、必要なデータを読み書きする記憶装置R
AMと、入力ポート及び出力ポートとが接続されて構成
されている。この光源制御基板64は、光源制御用中央
制御装置CPUで、上記の主制御基板60から入力ポー
トを介して受信した制御指令信号を演算処理し、所定の
光データを出力ポートを介して、発光ダイオードLED
や装飾ランプ等を発光作動するドライバを配した光源作
動基板に送信し、所定の発光ダイオードLEDや装飾ラ
ンプ等を点灯、点滅させる。
【0029】上記の払出制御基板65には、遊技球の貸
球や賞球等を制御するための基板回路が設けられてい
る。この基板回路は、貸球ユニットや賞球ユニット等の
各種ソレノイドを作動して、所定の貸球や賞球の供給を
制御する払出制御用中央制御装置CPUに、動作プログ
ラム、賞球や貸球の球数パターン等の固定データが記憶
されている記憶装置ROMと、球数カウントデータ等の
必要なデータを読み書きする記憶装置RAMと、入力ポ
ート及び出力ポートとが接続されて構成されている。こ
の払出制御基板65は、主制御基板60から受信した制
御指令信号に従い、払出制御用中央制御装置CPUで演
算処理し、所定のデータを出力ポートを介して払出中継
基板に送信し、該データにより貸球ユニットや賞球ユニ
ット等の各種ソレノイドを作動し、所定の貸球や賞球の
払い出しを実行する。また、払出制御基板65は、遊技
球の貸球を記憶したプリペイドカードの読み込み書き込
みを行うプリペイドカードユニットと、該プリペイドカ
ードのデータ処理を中継するCR接続基板を介して接続
され、遊技球の残球等のデータをやりとりする。
【0030】次に本実施例の制御態様をパチンコ遊技機
の作動に従って説明する。遊技球が発射装置より遊技盤
1に発射され、該遊技球が特別図柄始動領域14を通過
し、特別図柄始動スイッチS1がON作動すると、該信
号を盤面中継基板61を介して主制御基板60が認識す
る。かかる信号により、主制御基板60の主制御用中央
制御装置CPUは、記憶装置ROMに記憶されている当
り特別乱数K、当り図柄乱数L、ハズレ図柄乱数Ma ,
Mb ,Mc 、リーチ乱数N、リーチ図柄乱数P、リーチ
態様乱数Q、図柄列数変動乱数R、図柄列編成乱数W等
の各図柄乱数を選出し、各選出値を一旦、記憶装置RA
Mに格納する。さらには、特別図柄始動スイッチS1の
ON信号に基づき、主制御用中央制御装置CPUで演算
処理して賞球指令信号を払出制御基板65に発信すると
共に、賞球作動に連動する賞球音の発生指令信号を音源
制御基板63に、賞球ランプ等の発生指令信号を光源制
御基板64に夫々発信する。
【0031】主制御基板60から賞球指令信号を受信し
た払出制御基板65は、記憶装置ROMや記憶装置RA
Mの記憶データを用いて払出制御用中央制御装置CPU
にて演算処理を行い、その結果に従って賞球ユニットの
ソレノイドを作動させて所定数量の賞球を払い出す。こ
れと同期して、賞球音の発生指令信号を受けた音源制御
基板63は、記憶装置ROMや記憶装置RAMの記憶デ
ータを用いて音源制御用中央制御装置CPUにて演算処
理を行い、その結果に従ってスピーカより所定の賞球音
を上記賞球の払出時に合わせて出力する。並行して光源
制御基板64でも、受信した賞球ランプの発生指令信号
に従って光源制御用中央制御装置CPUが記憶装置RO
Mや記憶装置RAMの記憶データを用いて演算処理を行
い、その結果に従って所定の発光ダイオードLEDや装
飾ランプ等を点灯、点滅させる。
【0032】さらには、特別図柄始動スイッチS1のO
N作動もしくは、主制御基板60の記憶装置RAMに記
憶されている始動記憶数の消化により特別図柄の変動が
開始されると、主制御用中央制御装置CPUは、選出さ
れた当り特別乱数Kを判定し、当り図柄乱数L、ハズレ
図柄乱数Ma ,Mb ,Mc のいずれかを有効とすると共
に、リーチ乱数Nの選定内容に従ってリーチとするかど
うかを判定し、リーチの場合にはリーチ図柄乱数P、リ
ーチ態様乱数Qを有効とする。さらには、図柄列数変動
乱数Rの選定内容に従って図柄列数変動行程を実行する
か否かを判定し、実行する場合には図柄列編成乱数Wを
有効とする。そして、その結果に基づき、図柄表示装置
6で実行される図柄生成行程を制御するための図柄制御
指令信号を図柄表示制御基板62に送信する。
【0033】上記図柄制御指令信号を受けた図柄表示制
御基板62の図柄制御用中央制御装置CPUは、図柄制
御指令信号に従って、記憶装置ROMに記憶されている
所定の表示プログラムを用いて、図柄表示装置6で変動
表示する特別図柄列a,b,cの変動表示態様、図柄列
数変動態様、及び、その後表出する有効図柄態様Xを決
定する。そして、該変動表示態様及び図柄列数変動態様
に従って特別図柄列を変動表示した後順次停止し、有効
図柄態様Xを確定表示する。
【0034】その他、主制御基板60の主制御用中央制
御装置CPUは、音響作動と発光作動を該図柄表示態様
に連動させるため、音響制御指令信号を音源制御基板6
3に発信すると共に、電飾制御指令信号を光源制御基板
64に発信する。音響制御指令を受けた音源制御基板6
3は、記憶装置ROMに記憶されている動作プログラム
等を用いて音源制御用中央制御装置CPUで演算処理を
行い、得られた音データをサウンドジェネレータを介し
てスピーカより出力する。また上記光源制御基板64で
は、電飾制御指令信号に従って、記憶装置ROMに記憶
されている動作プログラム等を用いて光源制御用中央制
御装置CPUで演算処理を行い、得られた光データを、
光源作動基板を介して、所定の発光ダイオードLEDも
しくは装飾ランプを点灯、点滅させる。
【0035】また、遊技球が特別図柄始動領域14に連
続的に通過した場合には、特別図柄始動スイッチS1に
よる遊技球検出が主制御基板60の記憶装置RAMに記
憶され、その記憶に基づいて上述したように特別図柄始
動記憶数表示装置8の発光ダイオードLEDが順次点灯
し、最高四回まで保留される。この発光ダイオードLE
Dは図柄が変動する都度、消灯されて、記憶数が減少す
る。なお、始動記憶数が満杯(四個)となっている場合
には、特別図柄始動領域14を遊技球が通過しても無効
となる。
【0036】ここで、上述の当り特別乱数Kが当りを選
出した場合、当り図柄乱数Lと、リーチ態様乱数Qを有
効とし、主制御基板60は、図柄表示制御基板62に所
定の制御指令信号を伝達する。そして、図柄表示制御基
板62は、図柄列数変動行程を実施しない場合にあっ
て、当り図柄乱数Lに従い特別図柄列a,bを特別図柄
A=Bで停止し、リーチ態様乱数Qに従いリーチ作動を
実行した後、所定の当り図柄態様となる特別図柄A,
B,Cで確定表示する。同時に光源制御基板64及び音
源制御基板63が所定の照光装置と効果音を発生させ
る。
【0037】そして、主制御基板60は、盤面中継基板
61を介して大入賞口ソレノイドを駆動して、大入賞口
23を開放する。そして、大入賞口23に遊技球が流入
され、該大入賞口23内の特定領域スイッチS3やカウ
ントスイッチS4がON作動されると、その信号を盤面
中継基板61を介して主制御基板60が確認し、必要に
応じて、図柄表示制御基板62や払出制御基板65に制
御指令を発信し、而して、一連の特別遊技作動が実行さ
れる。
【0038】すなわち、サウンドジェネレータがファン
ファーレを発すると共に、大入賞口ソレノイドが駆動
し、開閉片24が前方に傾動して可変入賞口23が開放
され、開閉ラウンドが実行される。この開閉ラウンド
は、所定制限時間(30秒)が経過するか、該所定制限
時間内で、カウントスイッチS4により10個の遊技球
の入賞検知がなされるまで継続される。また上述したよ
うに、大入賞口23の特定領域に遊技球が流入し、特定
領域スイッチS3がON作動した時は、次の開閉ラウン
ドへの移行条件が充足され、一旦開閉片24が閉鎖駆動
して、一ラウンドが終了する。そして、その動作終了後
に再び大入賞口23が開放して、次の開閉ラウンドへ移
行する。このように開閉ラウンドが最大16回繰り返さ
れて、大入賞口23の連続開放作動を生じ、遊技者に所
定の利得が供される。
【0039】一方、当り特別乱数Kが当りを選出しない
場合には、上述のハズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mcから
なる制御指令信号を主制御基板60から図柄表示制御基
板62に発信し、該図柄表示制御基板62は該制御指令
に従って、特別図柄A,B,Cをハズレ表示する(図柄
列数変動態様を実行しない場合)。この場合、ハズレ図
柄乱数Ma ,Mb ,Mcの選出による制御指令によって
は、特別図柄A=Bを一旦表示し、リーチ態様乱数Qに
より選定された、所定のリーチ変動態様によるリーチ作
動を発生させるようにした後、ハズレ図柄態様とするこ
ともでき得る。
【0040】次に図柄表示装置6の図柄制御につき再
度、詳細に説明する。上述の主制御基板60の記憶装置
ROMには、0〜629の630コマからなる当り特別
乱数Kが格納されている。ここで、当り図柄の内容によ
り、次回に当り図柄となる確率が向上する高確率状態
と、当り図柄となる確率が変化しない通常確率状態が発
生する。通常確率時では、当り特別乱数K=7,427
の場合に当りとなる。すなわち当り確率は2/630=
1/315である。また、高確率時ではK=7,67,
157,187,247,337,367,427,4
57,547の場合に当りとなる。すなわち当り確率は
10/630=1/63である。そしてそれ以外はハズ
レとなる。また、記憶装置ROMには、上述したように
当り図柄乱数Lが格納されている。ここで当り図柄乱数
Lは、「1」〜「12」の当り図柄を備えており、当り
の場合に当り図柄態様を決定するものである。そして、
この当り図柄乱数Lが「1」、「3」、「5」、
「7」、「9」の奇数図柄となった場合に、当該当り終
了後、次の当りが発生するまで、当り図柄となる確率が
向上する高確率状態、いわゆる確率変動状態となる。
【0041】また、記憶装置ROMには、上述したよう
に、ハズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mc と、リーチ乱数N
と、リーチ図柄乱数Pとが格納されている。このハズレ
図柄乱数Ma ,Mb ,Mcはハズレの場合に、各特別図
柄A,B,Cの停止図柄を決定する。さらにまた、リー
チ乱数Nはハズレの場合にリーチ作動の実行の有無を選
定する。また、リーチ図柄乱数Pは、リーチ作動が実行
される場合のリーチ図柄を決定する。さらに、リーチ態
様乱数Qにより、リーチ作動で実行される、非リーチ状
態のときと異なるリーチ変動態様の種類を選出する。こ
のリーチ変動態様としては、例えば、ロングリーチ、低
速スクロール、逆走行、低速走行からの加速的停止、図
柄の反転等の、種々の変動形態がある。
【0042】一方、主制御基板60の記憶装置RAMに
記憶されている特別図柄始動記憶数の記憶消化に伴っ
て、図柄表示装置6を変動表示させる場合にあって、記
憶装置RAMの始動記憶数には上述のように限度(通常
四個)があり、この個数を越えると、特別図柄始動スイ
ッチS1からの遊技球検知信号があっても、無効となっ
てしまう。このため、このような記憶満杯に伴う無効球
の発生を少なくするためには、始動記憶数が迅速に消化
されることが望まれる。そこで、当りによる特別遊技作
動が終了した直後には、通常の図柄変動時間よりも、短
い図柄変動時間を選択して、特別図柄列の変動短縮作動
(時短)を実行するようにしている。すなわち特別図柄
を停止表示するための図柄生成行程に要する平均変動時
間(図柄変動の開始から停止するまでに要する時間)が
通常10秒であるものが5秒に短縮される。また、この
ような図柄表示装置6の変動短縮作動は、上述したよう
に、当り図柄乱数Lによって生じる、当り図柄となる確
率が向上する当り特別乱数Kの高確率状態と並行して実
行されるようにしている。
【0043】次に普通図柄作動につき説明する。遊技球
が普通図柄始動ゲート13を通過すると、該遊技球は普
通図柄始動スイッチS2で検出される。この普通図柄始
動スイッチS2で遊技球検出されると、普通図柄表示装
置10の普通図柄が変動する。この普通図柄は、左赤
色,中緑色,右赤色の三個の発光ダイオードLEDで構
成される。この普通図柄表示装置10が変動中、又は普
通電動役物15が開放中のときに、普通図柄始動スイッ
チS2で遊技球検出されると、主制御基板60の記憶装
置RAMにその遊技球検出が記憶され、記憶数の消化に
伴って普通図柄始動記憶数表示装置12の発光ダイオー
ドLEDが点灯し、普通図柄が変動開始になる都度消灯
されて、記憶個数が表示される。尚、普通図柄始動記憶
数表示装置12の最大記憶数は四個であり、それ以上は
無効とされる。
【0044】この普通図柄表示装置10の変動停止後、
又は普通電動役物15の開放動作終了後に、普通図柄始
動記憶数表示装置12に表示された始動記憶に基づいて
普通図柄表示装置10は再び変動開始する。普通図柄表
示装置10が変動開始後、約30秒以上経過すると変動
が停止し、左右いずれかの発光ダイオードLEDが一個
でも点灯した状態であれば当りとなり、普通電動役物1
5が約0.2秒間開放される。
【0045】一方、前述の図柄表示装置6の変動短縮作
動中においては、普通図柄表示装置10の変動時間も、
常態の約30秒から短縮され、約5秒経過すると変動が
停止する。すなわち所定有利状態となる。さらにこれと
ともに、普通電動役物15の開放時間が約0.2秒間か
ら約3秒間に延長される。
【0046】ここで、普通図柄表示装置10が変動を停
止したときに表示する図柄態様は、主制御基板60の記
憶装置ROMに格納されている、0〜54までの55コ
マからなる普通当り乱数Uにより決定される。遊技球通
過により、普通図柄始動スイッチS2がON作動する
と、主制御基板60は記憶装置ROMから普通当り乱数
U、及び当り普通図柄乱数Vの乱数値を選出し、その内
容を一旦記憶装置RAMに記憶し、普通図柄表示装置1
0が変動開始すると同時に、記憶した内容を調べ、その
普通当り乱数Uの選出値に対応する当りハズレを決定す
る。そして当りの場合は、当り普通図柄乱数Vにより停
止態様を決定し、左赤色,右赤色のいずれか少なくとも
一つが点灯した状態となる。ハズレの場合は、中緑色の
発光ダイオードLEDのみが点灯した状態となる。
【0047】次に本発明の要部につき説明する。本発明
のパチンコ遊技機にあっては、特別図柄始動スイッチS
1のON作動もしくは、主制御基板60の記憶装置RA
Mに記憶されている始動記憶数の消化に起因して、特別
図柄列a,b,cが変動を開始し、図柄生成行程が実行
される。ここで、所定条件の成立に伴って、予め定めら
れた図柄配列で構成される特別図柄列a,b,cの特別
図柄A,B,Cを一旦分散表示した後、新たに編成され
る特別図柄列を、図柄列数が増減するようにする図柄列
数変動行程が実行される。その後、この変動表示する特
別図柄列が順次停止して、表出した特別図柄からなる有
効図柄態様Xにより、当り又はハズレが決定される。こ
の詳細を以下の実施例に従ってさらに説明する。
【0048】(実施例1)実施例1は、三列の特別図柄
列a,b,cがそれぞれ横に並列に配設されており、図
柄生成行程にあって、特別図柄列が縦方向に循環変動し
た後、停止表示した特別図柄の組合せによって、有効図
柄態様Xを形成するようにしている。また、本実施例で
は、リーチ作動が実行されないハズレ図柄態様(非リー
チ回数)が複数回、例えば、三回以上連続した場合、又
は、リーチ作動の実行を含むハズレ図柄態様(ハズレ回
数)が複数回、例えば八回以上続いた場合に、図柄列数
変動乱数Rを有効として図柄列数変動行程の制御を行う
ようにしている。このような制御としては、特別図柄始
動スイッチS1のON作動に伴って選定される当り特別
乱数Kがハズレであった場合に、記憶装置ROMにハズ
レ回数がカウントされる。また、リーチ乱数Nの選定結
果がリーチ作動を実行しない場合に、記憶装置ROMに
非リーチ回数がカウントされる。そして、これらハズレ
回数及び非リーチ回数に従って、図柄列数変動乱数Rの
選定値を有効とするか、否かを選択する条件としてい
る。ここで、このハズレ回数はKが当りを選定した場合
にクリアされ、また、非リーチ回数はKが当りを選定し
た場合、及びNがリーチの実行を選定した場合にクリア
される。
【0049】この図柄列数変動行程により編成される新
たな特別図柄は、本実施例にあっては、一列から五列ま
でに設定しており、特別図柄列の増加又は減少により生
じた各図柄列は、図柄表示装置6で横方向に並列表示さ
れる。ここで、図柄列数変動乱数Rは、図柄列数変動行
程の実行の有無と、編成する図柄列数を選出するものと
している。図12に示すように、図柄列数変動乱数R
は、「0」〜「14」の15コマからなり、例えばR=
0では、図柄列数変動行程は実行されない。また、Rが
「1」〜「4」では、特別図柄列数が一列又は二列増減
する図柄列数変動行程が一回実行される。さらにはRが
「5」〜「14」では、図柄列数変動行程が一回の図柄
生成行程で二回実行されることとなる。一方、図柄列編
成乱数Wは、図柄列変動行程が実行される場合に有効と
なり、選出されたWは、図柄列数変動乱数Rの選出値に
従って決定された特別図柄列の図柄配列を決定する。例
えば、R=3の場合には、編成後の特別図柄列a’,
b’の二列の図柄配列をWの選出値によって決定する。
また、R=8の場合には、図柄列変動行程の一回目に編
成される特別図柄列a’,b’,c’,d’,e’の五
列の図柄配列をWの選出値に従って決定すると共に、二
回目に編成される特別図柄列a’,b’,c’,d’の
四列の図柄配列を同じWの選出値に従って決定する。す
なわち、図柄列数変動行程後の特別図柄列の図柄配列
は、図柄列編成乱数Wの選出値に対応する一列の特別図
柄列から五列の特別図柄列までの各図柄列数の図柄配列
パターンから、図柄列数変動乱数Rの選出値が示す図柄
列数に従って決定される。
【0050】このようなパチンコ遊技機1にあって、図
4に示すように、図柄表示装置6の特別図柄列a,b,
cが変動開始すると、記憶装置ROMに記憶されている
当り特別乱数Kを判定し、これが上記の当り値である
と、当り図柄乱数Lに従って図柄生成行程が実行され
る。同期して、ハズレ回数及び非リーチ回数を確認し、
ハズレ回数が八回以上又は非リーチ回数が三回以上であ
った場合には、図柄列数変動乱数Rを有効とする。この
図柄列数変動乱数Rが「0」の場合には、図柄列数変動
行程は実行されず、特別図柄列a,b,cが順次停止し
て、当り図柄乱数Lに従って当り図柄態様となる特別図
柄A,B,Cを表示する、通常の図柄生成行程が行われ
ることとなる。また、Rが「1」〜「14」のいずれか
を選出していた場合には、図柄列数変動行程を実行する
として、図柄列編成乱数Wを有効とする。そして、当該
図柄列数変動乱数Rと、図柄列編成乱数Wとに従って、
図柄列数変動行程で編成されてなる新たな特別図柄列の
各図柄列パターンを決定する。尚、この図柄列編成乱数
Wは当り図柄乱数L及びハズレ図柄乱数Ma,Mb,M
cの選出結果と関係付けられて選出されるようにしても
良い。
【0051】一方、当り特別乱数Kが上記の当り値では
ない場合には、図4のように、ハズレ図柄乱数Ma ,M
b ,Mc と、リーチ乱数Nを有効とする。このリーチ乱
数Nの選出値により、リーチ作動後にハズレ図柄態様を
表出するか、リーチ作動を実行せずにハズレ図柄態様を
表出するかを決定する。そして、このハズレ回数が八回
以上、又は非リーチ回数が三回以上の場合には、上記と
同様に図柄列数変動乱数Rを有効とする。この図柄列数
変動乱数Rが「0」の場合には、図柄列数変動行程は実
行されない通常の図柄生成行程が行われる。一方、Rが
「1」〜「14」のいずれかを選出していた場合には、
図柄列数変動行程を実行される。そして、リーチ乱数N
に従って、リーチ作動を実行する場合には、特別図柄を
一旦リーチ表示した後、全ての特別図柄を表出して、ハ
ズレ表示する。又は、リーチ乱数Nがリーチ作動を実行
しないとした場合には、特別図柄をハズレ図柄態様とな
るように順次停止して、ハズレ表示する。尚、当り特別
乱数Kが当り値でない場合には、記憶装置ROMに記憶
されるハズレ回数を一増加させ、さらに、リーチ乱数N
がリーチ作動をしないことを選出した場合には、記憶装
置ROMに記憶される非リーチ回数を一増加させる。
【0052】次に、図柄表示装置6における図柄生成行
程の図柄表示態様として、図柄列数変動行程が実行され
る場合につき、図5から図8の各図に従って説明する。
ここで、図6及び図8において「↓」は変動表示中を表
し、「↓」の長さが長尺の場合は高速変動を表し、短尺
の場合は低速変動を表している。尚、特別図柄列a,
b,cの特別図柄A,B,Cが、図柄列数変動行程後に
どの特別図柄列を構成しているかが分かるように特別図
柄列a,b,cの各図柄列毎に表示分けを行っている。
さらに、有効図柄態様Xを形成する各特別図柄は、拡大
表示している。
【0053】例えば図柄列数変動乱数R=3の場合に
は、図5のように、特別図柄列数が三列(図5(イ))
から二列(図5(ロ))に漸減することとなる。この図
柄列数変動行程では、特別図柄列aはその図柄配列に変
化はなく、特別図柄列a=a’となる場合である。図6
(イ)のように高速で変動表示する特別図柄列a,b,
cを、図6(ロ)のように低速変動表示すると共に、分
散表示パターンにより各特別図柄A,B,Cを図6
(ハ)のように分散表示する。その後、図柄列編乱数W
により選出された二列の図柄列パターンに従って、図6
(ニ)のように新たな特別図柄列a’,b’を編成表示
する。そして、図6(ホ)のように変動表示速度を低速
から高速に変化させて、特別図柄列a’,b’を変動表
示する。その後、上記の当り図柄乱数Lに従って、図6
(ヘ)のように特別図柄列a’を特別図柄A’=「7」
で停止させてリーチ状態とする。そして、リーチ態様乱
数Qに従って所定のリーチ作動を実行し、特別図柄列
b’を低速変動表示(図6(ト))した後、図6(チ)
のように特別図柄B’が「7」となるように特別図柄列
b’を停止させ、特別図柄A’=B’の有効図柄態様X
で当り図柄態様を確定表示する。そして「大当り」とな
って、上述した大入賞口23の作動が始まり、特別遊技
作動が実行される。ここで、特別図柄列a’,b’の二
列となった場合には、当り図柄態様はA=B=2又はA
=B=7としている。そのため、当り図柄乱数Lの12
コマで偶数が選出した場合には「2」で当りとし、奇数
の場合には「7」で当りとする。そして、「7」で当り
を表出した場合には、上記した確率変動遊技作動が実行
されるようにする。このように図柄列数変動行程により
図柄列数が増減した場合には、これに対応する当り図柄
態様を用いる。
【0054】また、図柄列数変動乱数R=8の場合に
は、図7のように、特別図柄列数が三列(図7(イ))
から五列(図7(ロ))に増加した後、四列(図7
(ハ))に減少する二回の図柄列変動行程が実行され
る。図8(イ)のように、高速で変動表示する特別図柄
列a,b,cを低速変動表示した後、図8(ロ)のよう
に特別図柄A,B,Cを分散表示する。その後、図柄列
編乱数Wに対応する五列の図柄列パターンに従って、図
8(ハ)のように特別図柄列a’,b’,c’,d’,
e’を編成する図柄列数変動行程を実行する。そして、
変動表示する当該特別図柄列a’,b’,c’,d’,
e’を構成する特別図柄A’,B’,C’,D’,E’
を図8(ニ)のように再び分散表示し、該図柄列編成乱
数Wに対応する四列の図柄列パターンに従って、図8
(ホ)のように特別図柄列a’’,b’’,c’’,
d’’を編成する図柄列数変動行程を再び実行する。そ
して、各特別図柄列を高速変動表示(図8(ヘ))した
後、順次停止し、相互に隣接する三個の特別図柄によっ
て構成される有効図柄態様Xを、当り図柄乱数Lに従っ
て当り図柄態様で表示する。例えば、図8(ト)のよう
に、特別図柄列a’’,b’’を順次停止して、特別図
柄A’’=B’’=3でリーチ状態とした後、特別図柄
列d’’をハズレ図柄Maに従って特別図柄D’’=7
で停止表示する。その後、図8(チ)のように特別図柄
列c’’を特別図柄C’’=3で停止して、特別図柄
A’’=B’’=C’’となる有効図柄態様Xによって
当りが確定する。
【0055】一方、当り特別乱数Kが当りでなかった場
合には、上述のようにリーチ乱数Nに従ってリーチ作動
の有無を決定する。例えば、リーチ乱数Nがリーチ作動
を実行しないとした場合にあって、図柄列数変動乱数R
が有効であり、上述と同様にR=3であると、図柄列数
変動行程を実行する。上述のように、図柄表示装置6で
変動表示する特別図柄列a,b,cの特別図柄A,B,
Cを分散表示した後、図柄列編成乱数Wにより選出され
た二列の図柄列パターンに従って、新たな特別図柄列
a’,b’を編成表示する。そして、変動表示する特別
図柄列a’,b’が、上記のハズレ図柄乱数Ma,Mb
に従って順次停止し、特別図柄A’≠B’となる有効図
柄態様Xによってハズレを確定する。
【0056】また、リーチ乱数Nがリーチ作動を実行す
る場合として、例えば図柄列数変動乱数Rが有効であ
り、上述と同様にR=8であると、図柄列数変動行程を
実行する。上述のように、変動表示する特別図柄列a,
b,cの特別図柄A,B,Cを分散表示した後、図柄列
編乱数Wに対応する五列の図柄列パターンにより特別図
柄列a’,b’,c’,d’,e’を編成し変動表示し
た後、再び各特別図柄列を構成する特別図柄を分散表示
し、該図柄列編成乱数Wに対応する四列の図柄列パター
ンに従って特別図柄列a’’,b’’,c’’,d’’
を編成する。その後、特別図柄A’’=B’’で停止表
示してリーチ作動を実行した後、特別図柄列d’’と
c’’とを順次停止して、特別図柄A’’=B’’≠
C’’の有効図柄態様Xでハズレを確定する。このよう
に、停止表示する特別図柄A’’,B’’,C’’,
D’’には、相互に隣接する三個の特別図柄からなる有
効図柄態様Xがハズレ図柄態様となるように、ハズレ図
柄乱数Ma,Mb,Mcを有効図柄態様Xの各図柄で表
示すると共に、残りの特別図柄にハズレ図柄乱数のいず
れかを用いる。
【0057】(実施例2)実施例2は、図9のように、
三列の特別図柄列a,b,cが横方向に変動するように
縦に並列配設され、図柄生成行程にあって、図柄列数変
動行程が実行された後に、各図柄列で夫々に停止表示さ
れる特別図柄の組合せからなる有効図柄態様Xによっ
て、当り又はハズレを決定するものである。この実施例
2における図柄制御及び、図柄の表示態様は、上述した
実施例1と同様に実行されるものである。例えば、当り
特別乱数Kが当りを選出し、かつ、ハズレ回数が八回以
上、又は非リーチ回数が三回以上の場合には、図柄列数
変動乱数Rを有効として図柄列数変動行程が実行され
る。
【0058】この実施例2における、図柄表示装置6で
の図柄生成行程の図柄表示態様として、図柄列数変動行
程が実行される場合につき、図10及び図11に従って
説明する。当り特別乱数Kが当りを選出した場合にあっ
て、図柄列数変動乱数Rが有効であり、R=4である
と、特別図柄列が三列(図10(イ))から一列(図1
0(ロ))に減少する図柄列数変動行程が行われる。図
11(イ)のように、図柄表示装置6の右から左の略横
方向に高速で循環変動表示する各特別図柄列a,b,c
が、図11(ロ)のように低速変動表示に変わった後、
分散表示パターンに従って図11(ハ)のように特別図
柄A,B,Cを分散表示する。そして、図柄列編成乱数
Wにより選出された一列の図柄列パターンに従って、図
11(ニ)のように新たな特別図柄列a’を編成表示す
る。その後、この特別図柄列a’を高速変動表示(図1
1(ホ))した後、再び低速変動表示する。そして、こ
の特別図柄列a’の変動表示を、図11(ヘ)→図11
(ト)のように順次左右に変動表示させて、有効図柄態
様Xとなる特別図柄A’1,A’2,A’3(拡大表
示)を特別図柄列a’の配列順序に従って順次表示して
いく。そして、図11(チ)のように、三個の特別図柄
A’1,A’2,A’3の有効図柄態様Xを「12」で
確定表示して、当りとする。このように図柄列数変動行
程で特別図柄列が一列になった場合には、相互に隣り合
う三個の特別図柄が等しく表示された場合に当りとして
いる。
【0059】上述した実施例1及び実施例2のように、
図柄列数変動行程により図柄列数が変化した場合には、
その変化に応じて当りとなる図柄態様を変化するように
している。このような当り図柄態様としては、上記の他
に様々な形態とすることもできる。例えば、実施例1に
あって、二列の特別図柄列に変化した場合に、片側一列
で三個の特別図柄を表示し、この三個の特別図柄が等し
い図柄であると当りとするようにしても良い。また、当
り図柄態様を特別図柄の数字の順列とすることもでき
る。
【0060】上述した実施例にあっては、図柄列数変動
乱数Rを有効とする条件を、ハズレ回数及び非リーチ回
数としたが、別の条件を設定することもできる。例え
ば、確率変動状態、時短変動状態等の所定遊技状態とし
ても良く、これにより、かかる遊技状態での有利性をさ
らに向上させることもでき得る。
【0061】また、図柄列数変動行程が実行された図柄
生成行程がハズレ図柄を表出した場合に、次に実行され
る図柄生成行程としては、前回編成された特別図柄列を
基に、図柄列数変動行程が実行されるようにしても良
い。又は、特別図柄列の基本配列順序、すなわち「1」
〜「12」に並ぶ配列に戻すようにしても良い。
【0062】このように本発明は、図柄生成行程にあっ
て図柄列数変動行程を実行することにより、特別図柄列
数が変化し、かつ特別図柄列の図柄配列が編成されるこ
ととなるから、当りがなかなか生じず、比較的単調な図
柄生成行程によって遊技が進行する状況に対し、変化に
富んだ図柄生成行程を実行でき、遊技者の遊技に対する
高揚感を一層刺激することが可能であると共に、遊技に
対する興趣を持続させ得る優れた効果を生じさせること
ができる。
【0063】
【発明の効果】本発明は、上述したように、図柄列を予
め定められた配列順序で構成する図柄を分散表示した
後、新たな図柄列を編成する際に、この図柄列数を図柄
列数変動行程の前に比して増加又は減少させる図柄列数
変動行程を図柄生成行程で実行するようにしたものであ
るから、図柄列数及びその図柄配列を様々に変化させた
図柄列によって、多様な趣向性を演出表示し得る図柄生
成行程を実行できるため、遊技者の遊技に対する高揚感
を一層刺激することができる。さらには、この図柄列数
変動行程により編成される図柄列を、遊技者に予測し難
いものとすることができることにより、遊技に対する興
趣を持続させ得る優れた効果を生じさせることができ
る。
【0064】ここで、図柄列数変動行程で新たに編成さ
れる図柄列によって確定表示される図柄態様に対して、
当該図柄列数の増減に応じた特定の当り図柄態様を備え
ているようにすることもできる。これにより、図柄列数
の変化による多様性に加え、当り図柄態様にも多様性を
生じさせ得るから、図柄生成行程が変化に富んだ趣向性
を充分に発揮でき、遊技者にマンネリ感を抱かせること
がない。
【0065】上述したような図柄列数変動行程を、図柄
表示装置で低速変動表示するようにすることもできる。
これにより、遊技者に図柄列の編成が実行されているこ
とを明確に認識させ得るから、遊技者は当りに対する挑
戦意欲を刺激されることとなり、遊技に一層熱中するこ
とができ得る。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技盤1の正面図である。
【図2】センターケース4の拡大正面図である。
【図3】遊技を制御する制御回路を示すブロック回路図
である。
【図4】実施例1の図柄生成行程の制御を表すフロー図
である。
【図5】実施例1の特別図柄列の配列順序を示す構成図
の一例である。
【図6】実施例1の図柄表示態様を表すブロック図であ
る。
【図7】実施例1の特別図柄列の配列順序を示す構成図
の一例である。
【図8】実施例1の図柄表示態様を表すブロック図であ
る。
【図9】実施例2の図柄表示装置6を示す拡大図であ
る。
【図10】実施例2の特別図柄列の配列順序を示す構成
図の一例である。
【図11】実施例2の図柄表示態様を表すブロック図で
ある。
【図12】図柄列数変動乱数Rの乱数表の一例である。
【符号の説明】
1 遊技盤 6 図柄表示装置 a,b,c 特別図柄列 A,B,C 特別図柄 X 有効図柄態様

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】複数の図柄を有する図柄列を変動表示する
    図柄表示装置と、図柄始動条件の成立に起因して変動開
    始から図柄確定に至る一連の図柄生成行程を実行する図
    柄制御手段とを備え、図柄表示装置に図柄生成行程によ
    り確定表示された図柄の組合せが所定の当り図柄態様で
    ある場合に、遊技者に所定の利得を供与することとなる
    特別遊技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機にお
    いて、 前記図柄生成行程が、図柄表示装置で変動表示される図
    柄列にあって、予め定められた順序で配列されている図
    柄を、一旦分散表示した後に、新たな図柄配列によって
    編成されてなる図柄列を、分散表示前に比して図柄列数
    が増減するようにした図柄列数変動行程を備えているこ
    とを特徴とするパチンコ遊技機。
  2. 【請求項2】図柄列数変動行程で編成される図柄列によ
    って確定表示される図柄態様に対して、当該図柄列数の
    増減に応じた特定の当り図柄態様を備えていることを特
    徴とする請求項1に記載のパチンコ遊技機。
  3. 【請求項3】図柄制御手段が、図柄表示装置にあって、
    各図柄列を略横方向に変動表示する図柄生成行程を実行
    するようにしたことを特徴とする請求項1又は請求項2
    に記載のパチンコ遊技機。
  4. 【請求項4】図柄列数変動行程を、図柄表示装置で低速
    変動表示するようにしたことを特徴とする請求項1乃至
    請求項3のいずれかに記載のパチンコ遊技機。
JP2001315837A 2001-10-12 2001-10-12 パチンコ遊技機 Withdrawn JP2003117137A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001315837A JP2003117137A (ja) 2001-10-12 2001-10-12 パチンコ遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001315837A JP2003117137A (ja) 2001-10-12 2001-10-12 パチンコ遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003117137A true JP2003117137A (ja) 2003-04-22

Family

ID=19133950

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001315837A Withdrawn JP2003117137A (ja) 2001-10-12 2001-10-12 パチンコ遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003117137A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009061169A (ja) * 2007-09-07 2009-03-26 Newgin Corp 遊技機
JP2009254630A (ja) * 2008-04-17 2009-11-05 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013085836A (ja) * 2011-10-20 2013-05-13 Sankyo Co Ltd 遊技機

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009061169A (ja) * 2007-09-07 2009-03-26 Newgin Corp 遊技機
JP2009254630A (ja) * 2008-04-17 2009-11-05 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013085836A (ja) * 2011-10-20 2013-05-13 Sankyo Co Ltd 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003010446A (ja) パチンコ遊技機
JP2003019294A (ja) パチンコ遊技機
JP2004121729A (ja) パチンコ遊技機
JP2015136434A (ja) 弾球遊技機
JP2003010445A (ja) パチンコ遊技機
JP2003010444A (ja) パチンコ遊技機
JP2003126381A (ja) パチンコ遊技機
JP2003000899A (ja) 遊技機
JP3992560B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2003265735A (ja) パチンコ遊技機
JP4079805B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2003117137A (ja) パチンコ遊技機
JP2003154099A (ja) パチンコ遊技機
JP6260293B2 (ja) 弾球遊技機
JP2003070993A (ja) パチンコ遊技機
JP2004194824A (ja) パチンコ遊技機
JP2003117136A (ja) パチンコ遊技機
JP2003126409A (ja) 遊技機
JP2002346091A (ja) パチンコ遊技機
JP2004135895A (ja) パチンコ遊技機
JP2003000884A (ja) パチンコ遊技機
JP2003260224A (ja) パチンコ遊技機
JP2003071012A (ja) パチンコ遊技機
JP2003154105A (ja) パチンコ遊技機
JP3865292B2 (ja) パチンコ遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20050329