JP2002220122A - 給紙装置 - Google Patents

給紙装置

Info

Publication number
JP2002220122A
JP2002220122A JP2001014863A JP2001014863A JP2002220122A JP 2002220122 A JP2002220122 A JP 2002220122A JP 2001014863 A JP2001014863 A JP 2001014863A JP 2001014863 A JP2001014863 A JP 2001014863A JP 2002220122 A JP2002220122 A JP 2002220122A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shutter
document
pickup
roller
arm
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001014863A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3636077B2 (ja
Inventor
Kazuyuki Oya
一幸 大矢
Original Assignee
Murata Mach Ltd
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Mach Ltd, 村田機械株式会社 filed Critical Murata Mach Ltd
Priority to JP2001014863A priority Critical patent/JP3636077B2/ja
Publication of JP2002220122A publication Critical patent/JP2002220122A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3636077B2 publication Critical patent/JP3636077B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 シャッタをピックアップアームに機構的に常
時連動させる構成の給紙装置では、多数枚の用紙を挿入
したときにピックアップローラ(ピックアップアーム)
の下がり幅が小さく、シャッタの上昇が不十分となって
しまう。また、ピックアップローラが原稿1枚送る毎に
上下動させるとシャッタも上下動し、原稿搬送途中の原
稿がシャッタにより傷つけられてしまう。 【解決手段】 給紙装置2は揺動可能に設けられるシャ
ッタ21を備え、シャッタ21を駆動する駆動部材19
を設け、該駆動部材19は、原稿5aがないときはピッ
クアップアーム7・8と連動してシャッタ21を下降す
る位置に作動させ、原稿5aがあるときはピックアップ
アーム7・8とシャッタ21との連動が解除されて、弾
性部材10によってシャッタ21を上昇させるようにし
た。また、シャッタ21の回動を規制する規制部材23
を設けた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ファクシミリ装置
や複写装置等に用いられる自動原稿搬送装置の給紙装置
に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より自動原稿搬送装置においては、
ユーザーが原稿が挿入するときに、用紙さばき装置(セ
パレートローラおよびリタードローラ)への突入を防止
し、安定した給紙を行うため、ピックアップローラと用
紙さばき装置との中間位置にシャッタが配置されてい
る。そして、シャッタをピックアップアームと機構的に
常時連動するように構成して、該ピックアップアームの
揺動動作に連動させてシャッタの昇降動作が行われるよ
うにしていた。また、シャッタを原稿先端から離間する
ように上昇させるため、シャッタの回動支点がピックア
ップローラと同軸となるように構成していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】前述のようにシャッタ
をピックアップアームに機構的に常時連動させている
と、多数枚の用紙を挿入したときはピックアップローラ
(ピックアップアーム)の下がり幅が小さく、シャッタ
が十分に上昇しないという問題が発生する。また、ピッ
クアップローラが原稿を1枚送る毎に上下動するのに伴
ってシャッタも上下動し、原稿搬送途中に原稿が傷つけ
られてしまう等の問題もあった。また、前述のようにシ
ャッタの回動支点をピックアップローラと同軸に設ける
と、回動支点とシャッタ本体とを連結するアームが短く
なり、シャッタの昇降のために必要な回動角度範囲が大
きくなる。従って、シャッタを上昇させたときにその先
端がセパレートローラの枢軸と接触しないようにするた
めに、ピックアップローラの枢軸からセパレートローラ
の枢軸までのスペースを十分確保する必要があるが、そ
のようなスペースを確保するのは困難なことであった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の解決しようとす
る課題は以上の如くであり、次に該課題を解決するため
の手段を説明する。即ち、請求項1においては、駆動軸
に配されたセパレートローラと、該駆動軸を支点として
回動可能に設けられるピックアップアームと、該ピック
アップアームの先端に回動可能に設けられるピックアッ
プローラと、前記ピックアップローラと前記セパレート
ローラの中間に位置し、原稿の先端を規制する規制位置
から揺動可能に設けられるシャッタとを備えた給紙装置
であって、シャッタを駆動する駆動部材を設け、該駆動
部材は、原稿がないときはピックアップアームと連動し
てシャッタを下降する位置に作動させ、原稿があるとき
はピックアップアームとシャッタとの連動が解除され
て、弾性部材によってシャッタを上昇させるようにした
ものである。
【0005】請求項2においては、前記シャッタの回動
を規制する規制部材を設けたものである。
【0006】
【発明の実施の形態】本発明の給紙装置2を備えた自動
原稿搬送装置(以下ADF装置)1について、図1、図
2を用いて説明する。図1はシャッタ21が下降した状
態を示すADF装置1の側面断面図であり、図2はシャ
ッタ21が上昇した状態を示すADF装置1の側面断面
図である。図1、図2には、ファクシミリ装置や複写装
置等の画像形成装置に備えられるADF装置1が示され
ている。該ADF装置1は上部の給紙装置2と下部の搬
送装置3とから構成されている。該搬送装置3の上面に
はインナーガイド41が配設されており、該インナーガ
イド41の右部(ADF装置1への原稿挿入口1a)と
それに連なる供給トレイ(図示せず)上には、原稿束5
を載置可能としている。そして、インナーガイド41上
に載置された原稿束5を、給紙装置2により一枚づつ分
離して給送し、原稿5aがADF装置1内部へ搬送され
るようにしている。
【0007】ADF装置1内には原稿搬送路が設けられ
ており、前記搬送装置の下方に配設される原稿読取部
(図示せず)により、該原稿搬送路内を送られる原稿5
aが該原稿搬送路の中途部にて読み取られるようにして
いる。読取られた後の原稿5aは、アウターガイド45
の右部(ADF装置1への原稿排出口1b)に連なる排
出トレイ(図示せず)へ排出される。前記原稿搬送路
は、給紙装置2の下面に設けたアウターガイド40や、
搬送装置3に設けたインナーガイド41・42・43・
44およびアウターガイド45等によって形成されてい
る。そして原稿5aを搬送可能とするため、原稿搬送路
に沿って、リタードローラ33、フィードローラ34・
35・36等が配置されている。これらのローラは駆動
ローラであり、フィードローラ34・35・36はAD
F装置1内へ原稿5aを搬送する向き(以下原稿給送方
向)に回転している。また、リタードローラ33は原稿
5aを原稿挿入口1aへ逆送する向きに回転している
が、後述するように、給紙装置2に設けられるセパレー
トローラ6の作用により、原稿5aはADF装置1内へ
搬送される。
【0008】次に、前記給紙装置2について説明する。
給紙装置2には原稿繰込み機構とシャッタ機構とが備え
られており、まず原稿繰込み機構について、図1から図
3を用いて説明する。図3は、シャッタ21が下降した
状態を示す給紙装置2の要部の平面図である。駆動軸4
は、図示せぬモータの動力がギヤ等を介して伝達され駆
動されるようにしており、該駆動軸4にはセパレートロ
ーラ6が配されている。該セパレートローラ6は駆動軸
4の原稿給送方向への回転により、原稿5aを給送す
る。セパレートローラ6の両側には、駆動軸4を支点と
してピックアップアーム7・8が回動自在に設けられて
おり、該ピックアップアーム7・8の先端にはピックア
ップローラ9が回動可能に設けられている。ピックアッ
プアーム7と前記アウターガイド40との間には、スプ
リング等で形成される弾性部材10が介装されており、
ピックアップアーム7(およびピックアップローラ9)
を駆動軸4を支点として上方へ付勢するようにしてい
る。
【0009】セパレートローラ6は、ワンウェイクラッ
チ11を介して駆動軸4に取り付けられており、該駆動
軸4の回転によりセパレートローラ6を原稿給送方向に
回転させると共に、セパレートローラ6が同方向(原稿
給送方向)に回転する場合は空回りさせるようにしてい
る。セパレートローラ6には同軸上でギア12が固設さ
れており、セパレートローラ6とギア12とが一体的に
回転するようにしている。また、前記ピックアップロー
ラ9にも同軸上でギア13が固設されており、ピックア
ップローラ9とギア13とが一体的に回転するようにし
ている。そしてギア12とギア13とには、ベルト14
が巻回されており、駆動軸4の回転がピックアップロー
ラ9にも伝達されるようにしている。
【0010】ギア13と前記ピックアップアーム7との
間にはトルクリミッタ15が設けられており、ギア13
はトルクリミッタ15による負荷トルクを受けて回転を
制限されている。そして、該トルクリミッタ15で制限
する負荷トルク(限界トルク)以上のトルクがギア13
に加えられると、該ギア13はピックアップアーム7に
対して回転する。駆動軸4が回転を始めると、前述した
ようにギア13に回転力が伝達されて、ギア13が回転
しようとするが、トルクリミッタ15による負荷トルク
によって該ギア13の回転は制限される。一方、前述し
たように、ピックアップアーム7は駆動軸4に対して回
動自在に設けられている。このため駆動軸4の回転力
は、その回動がギア13の回転に比して容易であるピッ
クアップアーム7に向けられる。従って、ピックアップ
アーム7が駆動軸4を支点として下降回動し、ギア13
はピックアップアーム7に相対的に固定されて回転しな
い。この結果、ピックアップアーム7の下降回動に応じ
てピックアップローラ9が下降する。下降するピックア
ップローラ9が図2に示すように原稿束5と接触した場
合は、ピックアップアーム7はそれ以上下降できない。
この結果、駆動軸4の回転力はすべてギア13に向けら
れ、この場合は、駆動軸4から該ギア13に加わるトル
クがトルクリミッタ15で制限されている負荷トルクを
上回るようになっている。従って、ギア13がピックア
ップアーム7に対して回転し、ピックアップローラ9が
回転する。
【0011】つまり、駆動軸4が原稿給送方向に回転す
る場合は、ワンウェイクラッチ11が係合して、前記駆
動軸4の回転力がセパレートローラ6およびギア12に
伝達され、この結果、ピックアップローラ9が原稿束5
と接触するまでピックアップアーム7を下降させる。そ
して、ピックアップローラ9が原稿束5と接触すると、
ギア13に前記限界トルク以上のトルクが加わってピッ
クアップローラ9が回転し、原稿束5の最上に位置する
原稿5aをADF装置1内へと繰込むのである。
【0012】また、駆動軸4が原稿給送方向に対して逆
回転する場合は、ワンウェイクラッチ11の係合が解除
され、セパレートローラ6およびギア12への動力伝達
が遮断される。したがって、ピックアップアーム7にも
回転力は伝達されず、該ピックアップアーム7は前記弾
性部材10の付勢力により上方へ回動する。なお、後述
するように、駆動軸4が逆回転するのは、原稿束5をす
べてADF装置1内へ繰込んでインナーガイド41に一
枚も原稿がなくなったときである。
【0013】図2に示すように、ピックアップローラ9
によりADF装置1内側へ繰込まれた原稿5aは、まず
セパレートローラ6と前記リタードローラ33との間に
搬送される。セパレートローラ6とリタードローラ33
とで用紙さばき装置が構成されており、該用紙さばき装
置は以下のようにして、ピックアップローラ9側から搬
送されてきた原稿5aを一枚ずつ、前記用紙搬送路へ給
送するようにしている。原稿5aの搬送時において、セ
パレートローラ6が原稿給送方向に回転するのに対し、
リタードローラ33は前述したように逆方向に回転す
る。リタードローラ33はトルクリミッタを介して該ロ
ーラの駆動軸に設けられており、一定以上のトルクが加
えられる場合には、該駆動軸に対して回動自在となるよ
うにしている。セパレートローラ6はリタードローラ3
3に圧接しており、両ローラ間に原稿を挟まない場合、
もしくは一枚だけ原稿5aを挟んでいる場合には、リタ
ードローラ33はセパレートローラ6に連れ回りして原
稿給送方向に回転する。これは、セパレートローラ6の
回転のトルクがリタードローラ33に加わる場合には、
前記トルクリミッタが解除されるためである。
【0014】セパレートローラ6およびリタードローラ
33は、外周にゴム等の摩擦係数の大きな部材を配設し
ている。そして、原稿5a・5a間に働く摩擦力より、
それらのローラと原稿5a間とに働く摩擦力の方が大き
くなるようにしている。このため、複数枚の原稿5a・
5a・・・が用紙さばき装置に搬送されてきた場合に
は、リタードローラ33はセパレートローラ6に連れ回
りしないで、搬送された複数枚の原稿のうち最下の一枚
を前記原稿挿入口1a側へ逆送する。このようにして、
複数枚の原稿5a・5a・・・がピックアップローラ9
によりADF装置1内側へ繰込まれた場合でも、前記用
紙さばき装置により分離されて、一枚の原稿5aだけが
原稿搬送路へと給送されるようにしている。
【0015】用紙さばき装置より原稿搬送路へ給送され
た原稿5aは前記フィードローラ34によって搬送され
るが、ここでフィードローラ34の回転速度はセパレー
トローラ6の回転速度よりも大きく設定されている。従
って、図7に示すように原稿5aの先端がフィードロー
ラ34にまで至ると、原稿5aの後端がセパレートロー
ラ6から抜け切るまでは、セパレートローラ6は連れ回
りして、フィードローラ34と同速度で回転する。上述
するようにセパレートローラ6がフィードローラ34と
同速度で回転するとき、セパレートローラ6は駆動軸4
に対し、相対的に原稿給送方向へ回転することになる。
このような場合は前述したように前記ワンウェイクラッ
チ11が切断され、ピックアップアーム7が上方へ回動
を始める。つまり、フィードローラ34に原稿が供給さ
れると、一旦ピックアップローラ9が上昇して原稿束5
より離間し、少し間をおいて原稿5aの後端がセパレー
トローラ6が抜けてから、ピックアップローラ9は再び
下降して次の原稿5aの繰込みを行うのである。
【0016】次に、前記シャッタ機構について説明す
る。駆動軸4よりもADF装置1内側には枢軸16が配
設されており、該枢軸16はADF装置1のケーシング
に回動自在に設けられている。枢軸16には、係合部材
17、掛止部材18、駆動部材19・19がそれぞれ固
設されており、これらの部材は枢軸16と一体的に回動
する。前記アウターガイド40上には支持部材46が固
設されており、該支持部材46と前記掛止部材18との
間には、スプリング等で形成される弾性部材20が介装
されている。該弾性部材20は、駆動部材19・19が
枢軸16を支点として上方回動する方向の付勢力を常時
作用させるようにしている。
【0017】駆動部材19の原稿挿入口1a側には、シ
ャッタ21がADF装置1のケーシングに回動自在に設
けられている。シャッタ21は支点軸21aで前記ケー
シングに枢設されており、該支点軸21aからセパレー
トローラ6側に向けてアーム21bを固設している。該
アーム21bの先端には支持軸21cの一端が固設され
ており、支持軸21cの他端にはシャッタ部21dが固
設されている。シャッタ部21dは図5に示すように、
側面視でピックアップローラ9とセパレートローラ6と
の中間に位置するようにしている。駆動部材19の先端
には案内溝19aが形成されており、該案内溝19aに
前記支持軸21cが挿入され摺動自在としている。そし
て駆動部材19の上下回動に伴って、支持軸21cを案
内溝19aに沿って滑らせながら、シャッタ21が上下
に回動するようにしている。以上構成により、シャッタ
21は前記弾性部材20により、駆動部材19を介して
上方に付勢されている。
【0018】主に図3に示すように、前記ピックアップ
アーム8の枢軸16側には突起部8aが形成されてお
り、該突起部8aには係合片22が固設されている。一
方、前記係合部材17には係合部17aが突起して形成
されている。そして、ピックアップアーム7・8の駆動
軸4回りの回動により、係合片22と係合部17aとが
係合して、係合部材17が枢軸16を支点として回動可
能となるようにしている。係合部材17と前記駆動部材
19は前述のとおり一体的に回動するように構成してい
るため、該係合部材17の回動により駆動部材19も回
動する。そして、駆動部材19の回動により、シャッタ
21が回動するのである。なお、係合部材17の形状
は、前述の構成に限定されるものではなく、例えば円筒
部材の一部を切り欠いて、前記係合片が切欠部で係合す
るようにしてもよい。
【0019】シャッタ21の回動を規制するための機構
について、図4を用いて説明する。図4はシャッタ21
の回動規制状態を示す給紙装置2の側面断面図である。
なお、図5および後述の図6から図4では、掛止部材1
8、弾性部材20の図示を省略している。前記支持部材
46には、図1から図4に示すように、シャッタ21の
回動を規制するための規制部材23が設けられている。
規制部材23はソレノイドを備えており、該ソレノイド
への電力のOFF・ONにより、コア24を進退可能と
している。また、コア24の前面には平面視L字形の掛
止部材25が固設されており、該掛止部材25には枢軸
16を摺接可能とする長穴が設けられている。掛止部材
25が前記長穴で枢軸16に掛止されることで、コア2
4が進退しても枢軸16に対して位置ズレを起こさない
ようにしている。前記掛止部材25のL字形状の底辺部
には、直線状に歯が設けられており、ラック部25aが
形成されている。また、駆動部材19の規制部材23側
の端部には円弧状に歯が設けられており、歯部19bが
形成されている。そして、規制部材23に電力が供給さ
れない状態(OFF状態)では、ラック部25aと歯部
19bとが噛合している。このため、コア24が突出し
ている状態では、前記噛合が行われると同時にコア24
も位置ズレしないため、駆動部材19は回動が規制され
る。これに伴い、駆動部材19に摺接しているシャッタ
21も回動が規制されることになる。また、規制部材2
3が駆動されると(ON状態)、コア24が規制部材2
3内側へ退いて、ラック部25aと歯部19bとの噛合
が外れる。そして、シャッタ21の回動規制も解除され
る。
【0020】シャッタ21の上下揺動の様子について、
図5から図7を用いて説明する。図5はピックアップア
ーム7・8が最上位置にあるときの給紙装置2の側面断
面図であり、図6はピックアップアーム7・8が繰込み
位置にあるときの給紙装置2の側面断面図であり、図7
はピックアップアーム7・8が中間位置にあるときの給
紙装置2の側面断面図である。給紙装置2が作動されて
いない状態では、ピックアップアーム7・8は回動可能
な範囲における最上位置にて待機している。このときシ
ャッタ21は下降しており、前記シャッタ部21dの先
端は、インナーガイド41上面に設けた凹部に係止され
る。これにより、原稿束5が前記原稿挿入口1aより挿
入されても、シャッタ21がつられて回動することはな
い。以下の説明では、このときのシャッタ21の位置を
規制位置とする。原稿束5の繰込みが開始されると、ピ
ックアップアーム7・8が下降して、図6に示すよう
に、ピックアップローラ9が原稿束5の上面に当接す
る。ピックアップアーム7・8の下降に伴い、前記係合
部材17と前記係合片22との係合が外れて、駆動部材
19は弾性部材20の付勢により上昇し、それに伴いシ
ャッタ21も上昇する。このときのピックアップアーム
7・8の位置を繰込み位置とし、シャッタ21の位置を
待機位置とする。そして一枚の原稿5aがフィードロー
ラ34側へ給送されると、前述したようにセパレートロ
ーラ6が連れ回りしてワンウェイクラッチ11が切断さ
れ、ピックアップアーム7・8が上昇する。このとき、
駆動軸4の原稿給送方向への回転は継続しており、先の
原稿5aの後端がセパレートローラ6を離れると、再び
ワンウェイクラッチ11が接続されて、ピックアップア
ーム7・8が下降を始める。この原稿束5の繰込み作業
中は前記規制部材23をOFF状態として、前記のよう
にピックアップアーム7・8の昇降にもかかわらず前記
シャッタ21は待機位置に停止するようにしている。具
体的には、ピックアップアーム7・8が所定の量だけ上
昇すると前記係合部材17と前記係合片22とが係合
し、更に上昇しようとするピックアップアーム7・8は
係合部材17を介して枢軸16を回転させようとする
が、前記ラックと歯部との噛合によって枢軸16の回転
が防止されて、シャッタ21は下降することがない。な
お、ピックアップアーム7・8が所定高さだけ上昇し
て、係合部材17と係合片22とが係合する位置を、ピ
ックアップアーム7・8の中間位置とする。原稿の繰り
込み作業中は、ピックアップアーム7・8は前記繰込み
位置とこの中間位置との間で揺動し、前記最上位置まで
上昇することはない。そして、原稿束5を構成する原稿
5a・5a・・・がすべてADF装置1内へ給送されて
繰込み作業が終了すると、ピックアップアーム7・8は
前記最上位置に向けて上昇を始める。ここで、繰込み作
業が終了すると、前記規制部材23がON状態とされて
シャッタ21の規制が解除されるため、ピックアップア
ーム7・8が前記中間位置に到達すると、駆動部材19
が駆動されてシャッタ21を下降させ、ピックアップア
ーム7・8が最上位置に到達すると、シャッタ21は前
記規制位置に到達する。
【0021】次に、原稿繰込み時におけるピックアップ
アーム7・8とシャッタ21の駆動の様子について、図
8を用いて説明する。図8はシャッタ機構動作の手順流
れ図である。給紙装置2の休止状態(作動されていない
状態)では、図4に示すように、シャッタ21は下降し
て規制位置に位置し、ピックアップアーム7・8は最上
位置に位置している。また、規制部材23はOFF状態
でコア24が突出したままであり、シャッタ21の回動
が規制されている。ユーザーはこの状態の時に、原稿束
5を前記インナーガイド41上に載置し、シャッタ21
に原稿束5を突き当ててセットする(ステップ10
1)。
【0022】この状態からスタートキーが押される等し
て給紙装置2に繰り込み開始が指示されると、まず、規
制部材23がON状態となり、コア24が規制部材23
内側へ退いて、駆動部材19及びシャッタ21の回動規
制が解除された図1、図5に示す状態となる(ステップ
102)。次いで、駆動軸4が駆動されてピックアップ
アーム7・8が最上位置より下降を開始し、図6に示す
ように繰込み位置に到達する。シャッタ21は同時に上
昇し、図6に示す待機位置に到達する。このシャッタ2
1が待機位置に到達した状態で規制部材23はOFF状
態とされ、シャッタ21の回動が規制される。これは、
後述するステップ104において、ピックアップアーム
7・8の上昇に連動してシャッタ21が下降することを
防止するためである。そして、ピックアップローラ9が
駆動して、原稿束5より原稿5aの繰込みが開始される
(ステップ103)。
【0023】原稿5a・5a・・・の繰込みが行われて
いるときは、ピックアップアーム7・8は図6、図7に
示すように、繰込み位置と中間位置との間で上下に揺動
する。詳細には前述したように、原稿5aがフィードロ
ーラ34に到達して一枚の原稿5aの繰込みが終了する
と、セパレートローラ6が連れ回り、ワンウェイクラッ
チ11が切断され、ピックアップアーム7・8が上昇す
る。そして、原稿5aの後端がセパレートローラ6から
離れると、再びワンウェイクラッチ11が接続されてピ
ックアップアーム7・8が繰込み位置まで下降し、原稿
5aの繰込みを行う。この作業が、原稿束5を構成する
原稿5a・5a・・・がなくなるまで繰り返される(ス
テップ104)。
【0024】給紙装置2のピックアップローラ9側に
は、DS(原稿検知)センサが配設されており、該DS
センサにより供給トレイ(インナーガイド41)上の原
稿の有無が検出される。原稿束5の繰込みが終了して最
終原稿がADF装置1内へ搬送されると、DSセンサが
OFF状態となる。すると、規制部材23がON状態と
されて、シャッタ21の規制が解除される(ステップ1
05)。次いで、駆動軸4が原稿給送方向に対して逆回
転駆動され、このためワンウェイクラッチ11が切断さ
れて、ピックアップアーム7・8が上昇を開始する。ピ
ックアップアーム7・8はその上昇途中で中間位置を通
過し、前記係合部材17は前記係合片22と係合する。
ステップ104の状態とは異なり規制部材23による駆
動部材19の規制がないので、ピックアップアーム7・
8は更に上昇し、シャッタ21も連動して下降する。最
終的には、図1、図5に示すように、ピックアップアー
ム7・8は最上位置に到達し、シャッタ21は規制位置
に到達する(ステップ106)。
【0025】そして、ピックアップアーム7・8は最上
位置に位置し、シャッタ21が規制位置に位置すると、
規制部材23がOFF状態とされて、シャッタ21がス
テップ101の状態と同じく、その昇降を再び規制され
る(ステップ107)。これにより、新たな原稿束をシ
ャッタ21に突き当ててセットできるようになる。
【0026】
【発明の効果】請求項1記載の如く、駆動軸に配された
セパレートローラと、該駆動軸を支点として回動可能に
設けられるピックアップアームと、該ピックアップアー
ムの先端に回動可能に設けられるピックアップローラ
と、前記ピックアップローラと前記セパレートローラの
中間に位置し、原稿の先端を規制する規制位置から揺動
可能に設けられるシャッタとを備えた給紙装置であっ
て、シャッタを駆動する駆動部材を設け、該駆動部材
は、原稿がないときはピックアップアームと連動してシ
ャッタを下降する位置に作動させ、原稿があるときはピ
ックアップアームとシャッタとの連動が解除されて、弾
性部材によってシャッタを上昇させるようにしたので、
回動支点をピックアップローラ側に設けて、シャッタが
原稿先端より離れながら上昇するように構成しながら、
シャッタの回動スペースが十分確保できる位置にシャッ
タの回動支点を設けることができる。また、ピックアッ
プアームの上下揺動位置により、ピックアップアームと
シャッタとが係合したり、係合が外れたりするように構
成することができる。このため、挿入された原稿束の厚
みによって、ピックアップアームの下がり幅が変化し、
ピックアップアームに常時係合で連動するシャッタが十
分に下降しない、といった規制不良の発生を防止するこ
とができる。
【0027】請求項2記載の如く、前記シャッタの回動
を規制する規制部材を設けたので、原稿の搬送途中でシ
ャッタが下降して、原稿が傷つくことを防止できる。ま
た、ADF装置のカバーを開放するときにシャッタをロ
ックした状態にすることができ、紙詰まりの発生時で
も、シャッタが邪魔とならずにジャム除去作業等を行う
ことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】シャッタ21が下降した状態を示すADF装置
1の側面断面図である。
【図2】シャッタ21が上昇した状態を示すADF装置
1の側面断面図である。
【図3】シャッタ21が下降した状態を示す給紙装置2
の要部の平面図である。
【図4】シャッタ21の回動規制状態を示す給紙装置2
の側面断面図である。
【図5】ピックアップアーム7・8が最上位置にあると
きの給紙装置2の側面断面図である。
【図6】ピックアップアーム7・8が繰込み位置にある
ときの給紙装置2の側面断面図である。
【図7】ピックアップアーム7・8が中間位置にあると
きの給紙装置2の側面断面図である。
【図8】シャッタ機構動作の手順流れ図である。
【符号の説明】
1 ADF装置 2 給紙装置 4 駆動軸 6 セパレートローラ 7・8 ピックアップアーム 9 ピックアップローラ 10 弾性部材 19 駆動部材 21 シャッタ 23 規制部材
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 2H076 BA24 BA47 BA49 BB02 3F343 FA03 FB02 FB03 FC18 GA01 GB01 GC01 GD01 GE02 HA01 HA31 HC02 JA14 JA16 JD09 KA05 KA06 KB03 KB04 KB05 LA04 LA15 LC14 LC17 LD11 5C072 AA01 BA13 BA20 NA01 NA10 RA02 XA01

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 駆動軸に配されたセパレートローラと、
    該駆動軸を支点として回動可能に設けられるピックアッ
    プアームと、該ピックアップアームの先端に回動可能に
    設けられるピックアップローラと、前記ピックアップロ
    ーラと前記セパレートローラの中間に位置し、原稿の先
    端を規制する規制位置から揺動可能に設けられるシャッ
    タとを備えた給紙装置であって、シャッタを駆動する駆
    動部材を設け、該駆動部材は、原稿がないときはピック
    アップアームと連動してシャッタを下降する位置に作動
    させ、原稿があるときはピックアップアームとシャッタ
    との連動が解除されて、弾性部材によってシャッタを上
    昇させるようにしたことを特徴とする給紙装置。
  2. 【請求項2】 前記シャッタの回動を規制する規制部材
    を設けたことを特徴とする請求項1記載の給紙装置。
JP2001014863A 2001-01-23 2001-01-23 給紙装置 Expired - Fee Related JP3636077B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001014863A JP3636077B2 (ja) 2001-01-23 2001-01-23 給紙装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001014863A JP3636077B2 (ja) 2001-01-23 2001-01-23 給紙装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002220122A true JP2002220122A (ja) 2002-08-06
JP3636077B2 JP3636077B2 (ja) 2005-04-06

Family

ID=18881494

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001014863A Expired - Fee Related JP3636077B2 (ja) 2001-01-23 2001-01-23 給紙装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3636077B2 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20040071486A1 (en) * 2002-09-24 2004-04-15 Canon Kabushiki Kaisha Image reading apparatus and image forming apparatus provided with the same
FR2863601A1 (fr) * 2003-12-15 2005-06-17 Sagem Dispositif stoppeur pour un chargeur de document
US7137701B2 (en) 2003-06-10 2006-11-21 Seiko Epson Corporation Stain-proofing spectacle lens and manufacturing method thereof
US7320462B2 (en) 2003-10-24 2008-01-22 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Automatic document transportation device
US20100084810A1 (en) * 2008-10-08 2010-04-08 Sung-Po Cheng Sheet inputting mechanism with stopper and automatic sheet feeder using the same
JP2013177243A (ja) * 2012-01-30 2013-09-09 Canon Inc 給送装置
KR20140009707A (ko) * 2012-07-12 2014-01-23 노틸러스효성 주식회사 종이매체 인식 장치 및 그의 셔터 작동 방법
CN104249943A (zh) * 2013-06-26 2014-12-31 东友科技股份有限公司 具有旋转元件的挡纸机构及其所适用的自动馈纸装置

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20040071486A1 (en) * 2002-09-24 2004-04-15 Canon Kabushiki Kaisha Image reading apparatus and image forming apparatus provided with the same
US7137701B2 (en) 2003-06-10 2006-11-21 Seiko Epson Corporation Stain-proofing spectacle lens and manufacturing method thereof
US7320462B2 (en) 2003-10-24 2008-01-22 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Automatic document transportation device
FR2863601A1 (fr) * 2003-12-15 2005-06-17 Sagem Dispositif stoppeur pour un chargeur de document
EP1544141A1 (fr) * 2003-12-15 2005-06-22 Sagem S.A. Dispositif stoppeur pour un chargeur de document
US20100084810A1 (en) * 2008-10-08 2010-04-08 Sung-Po Cheng Sheet inputting mechanism with stopper and automatic sheet feeder using the same
JP2013177243A (ja) * 2012-01-30 2013-09-09 Canon Inc 給送装置
KR20140009707A (ko) * 2012-07-12 2014-01-23 노틸러스효성 주식회사 종이매체 인식 장치 및 그의 셔터 작동 방법
KR101943600B1 (ko) * 2012-07-12 2019-04-18 효성티앤에스 주식회사 종이매체 인식 장치 및 그의 셔터 작동 방법
CN104249943A (zh) * 2013-06-26 2014-12-31 东友科技股份有限公司 具有旋转元件的挡纸机构及其所适用的自动馈纸装置
CN104249943B (zh) * 2013-06-26 2016-09-21 东友科技股份有限公司 具有旋转元件的挡纸机构及其所适用的自动馈纸装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3636077B2 (ja) 2005-04-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5213529B2 (ja) 画像処理装置
JP2513869B2 (ja) 給紙装置
US20070001374A1 (en) Paper feeding device and an electronic apparatus having the same
JP2001163469A (ja) 給紙装置
JP4072409B2 (ja) 画像読取装置及びこれを備えた画像形成装置
JP2005194023A (ja) 自動原稿搬送装置
JP2015027913A (ja) 給紙装置、給紙装置を備える画像読取装置、および画像読取装置を備える画像形成装置
JP2002220122A (ja) 給紙装置
EP0555091B1 (en) Paper feeders
JP6047595B2 (ja) 給紙装置、およびこれを備えた画像読取装置、画像形成装置
JP4907460B2 (ja) 自動原稿搬送装置および画像形成装置
JP5495696B2 (ja) シート給紙装置、及び、画像読取装置
JP3636078B2 (ja) 給紙装置
JP6760219B2 (ja) シート給送装置およびそれを備えた画像形成装置
JP2007168930A (ja) 給紙装置
JP4306688B2 (ja) 自動原稿搬送装置
JP2007091410A (ja) シート積載トレイ駆動装置及びこの駆動装置を備えた画像形成装置
JP2010228848A (ja) 用紙送出装置及びこれを用いた原稿送り装置
JP4359851B2 (ja) 自動原稿搬送装置
JP6004776B2 (ja) シート給送装置及び画像読取装置並びに画像形成装置
JP2849433B2 (ja) 多段給紙装置
JP3714165B2 (ja) 給紙装置
JP2004292093A (ja) 給紙装置
JP3792486B2 (ja) 給紙装置、自動原稿搬送装置、画像形成装置および読取装置
JP2551673B2 (ja) 用紙給送装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040713

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040928

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041116

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041214

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041227

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110114

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110114

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120114

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130114

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140114

Year of fee payment: 9

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees