JP2000042888A - 板ガラスの加工装置 - Google Patents

板ガラスの加工装置

Info

Publication number
JP2000042888A
JP2000042888A JP10212259A JP21225998A JP2000042888A JP 2000042888 A JP2000042888 A JP 2000042888A JP 10212259 A JP10212259 A JP 10212259A JP 21225998 A JP21225998 A JP 21225998A JP 2000042888 A JP2000042888 A JP 2000042888A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
upstream
downstream
traveling
plate glass
traveling body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10212259A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Shirai
明 白井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
SHIRAI TEKKOSHO KK
Original Assignee
SHIRAI TEKKOSHO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by SHIRAI TEKKOSHO KK filed Critical SHIRAI TEKKOSHO KK
Priority to JP10212259A priority Critical patent/JP2000042888A/ja
Publication of JP2000042888A publication Critical patent/JP2000042888A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 板ガラスの四辺の辺縁を能率よく研磨す
るようにする。 【解決手段】 レール1をガイドとし、かつ適宜の走行
駆動手段2により進退走行するように設けた上流側走行
体3及び下流側走行体4と、この上流側及び下流側走行
体に上面に載置した板ガラスを適宜の保持手段により保
持するように設けた上流側テーブル5及び下流側テーブ
ル6と、この上流側テーブル上の板ガラスを適宜の支持
手段により取り上げ、90度旋回後に下流側テーブル上
に載置するように設けた受け渡し装置13と、上記上流
側及び下流側走行体の走行路の両側に設けた板ガラスの
辺縁研磨の上流側砥石17及び下流側砥石18とからな
り、四辺の研磨を2ステーションで行なう。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、板ガラスの四辺
の縁を研磨し、或いは辺縁の角のR加工や角落し加工す
る装置に関する。
【0002】
【従来の技術及びその課題】従来、短形などの方形状板
ガラスの四辺を研磨する場合、進退走行するテーブル上
に板ガラスを載置すると共に、テーブルに吸引などの手
段を介し板ガラスを保持させる。
【0003】次にテーブルを前進走行させながら、走行
テーブルの走行路両側に配置してある回転砥石により板
ガラスの対向二辺の縁を研磨する。
【0004】その後に停止したテーブル上から二辺の縁
の研磨ずみ板ガラスを取り下ろし、この取り下ろした板
ガラスをもう一台の進退走行するテーブル上に載置する
と共に、テーブルに吸引などの手段を介し保持させたの
ち、このテーブルを前進走行させながら回転砥石により
残る対向二辺の縁を研磨し、研磨後テーブルから板ガラ
スを取り下ろす。
【0005】なお、テーブルは、後退させて元の位置に
戻す。
【0006】上記のような研磨方式によると、人手によ
り対向二辺の縁の研磨ずみ板ガラスを取り下ろし、そし
てテーブル上に対向二辺の縁の研磨ずみ板ガラスを供給
するので、研磨能率が著しく低下してコストの大幅なア
ップになる。
【0007】なお、一台のテーブルで四辺の縁を研磨す
ることもあるが、この場合、なお一層研磨能率が低下す
る。
【0008】また、板ガラスの四辺の縁の研磨及び板ガ
ラスの各コーナー(角)をR加工や角落し加工する場合
がある。
【0009】この加工は、四辺の縁の研磨とR加工や角
落し加工を別々に行なうので、手間がかかると共に、別
の場所での加工により精度にも問題があった。
【0010】そこで、この発明の課題は、四辺の縁の一
方対向辺縁と他方対向辺縁とを2ステーションで同時に
研磨して生産性を向上すると共に、板ガラスの四つの角
のR加工や角落し加工も辺縁の研磨と同時に行なうこと
ができるようにした板ガラスの加工装置を提供する。
【0011】
【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
めに、この発明は、レールをガイドとし、かつ適宜の走
行駆動手段により進退走行するように設けた上流側走行
体及び下流側走行体と、この上流側及び下流側走行体に
上面に載置した板ガラスを適宜の保持手段により保持す
るように設けた上流側テーブル及び下流側テーブルと、
この上流側テーブル上の板ガラスを適宜の支持手段によ
り取り上げ、90度旋回後に下流側テーブル上に載置す
るように設けた受け渡し装置と、上記上流側及び下流側
走行体の走行路の両側に設けた板ガラスの辺縁研磨の上
流側砥石及び下流側砥石とからなる構成を採用する。
【0012】また、レールをガイドとし、かつ適宜の走
行駆動手段により進退走行するように設けた上流側走行
体及び下流側走行体と、この上流側及び下流側走行体に
上面に載置した板ガラスを適宜の保持手段により保持す
るように設けた上流側テーブル及び下流側テーブルと、
この上流側テーブル或いは下流側テーブルのいずれか片
方を90度旋回させるように設けた旋回装置と、上記上
流側テーブル上の板ガラスを適宜の支持手段により取り
上げ、下流側テーブル上に載置するように設けた受け渡
し装置と、上記上流側及び下流側走行体の走行路の両側
に設けた板ガラスの辺縁研磨の上流側砥石及び下流側砥
石とからなる構成を採用することもある。
【0013】さらに、上流側、下流側砥石のいずれか片
方が、数値制御により接近、離反移動するようにした構
成を採用する。
【0014】
【発明の実施の形態】この発明の実施の形態を添付図面
に基づいて説明する。
【0015】この発明の第1の実施形態では、図1から
図4に示すように、レール1をガイドとし、かつ適宜の
走行駆動手段2により進退走行するように設けた上流側
走行体3及び下流側走行体4には、上面に載置した板ガ
ラスAを適宜の保持手段により保持する上流側テーブル
5、下流側テーブル6が設けてある。
【0016】上記のレール1は、図示の場合左右二条が
一組の長尺なものを用い、レール1にスライダー7をス
ライド自在に嵌装して構成し、上流側走行体3に設けて
ある上流側テーブル5及び下流側走行体4に設けてある
下流側テーブル6に載置した板ガラスAの保持手段は、
図示の場合吸引ポンプにより内部を吸引する中空のボッ
クスを用いると共に、ボックスの頂壁に多数の吸引孔8
を設ける。
【0017】すると、上流側及び下流側テーブル5、6
上に板ガラスAを載置したのち、吸引ポンプを運転する
と板ガラスAが吸引により保持されるようにしたが、吸
引機能付の複数の吸盤を用いることなどの方式により保
持するようにしてもよい。
【0018】なお、保持解除は、吸引ポンプの運転を止
め、ボックス内に若干のエアを供給するとよい。
【0019】また、上記の走行駆動手段2は、図示の場
合、上流側走行体3及び下流側走行体4の進退範囲にそ
れぞれサーボモーター9により可逆駆動されるように軸
承した雄ネジ10と、この雄ネジ10にねじ込むと共
に、上流側、下流側の走行体3、4に支持させた雌ネジ
11とで構成し、サーボモーター9の可逆運転により上
流側走行体3及び下流側走行体4を進退させるようにし
たが、例えばラックとサーボモーターにより可逆駆動す
ると共に、ラックに噛み合うピニオンとの組み合わせ
(図示せず)などにより進退走行させることもある。
【0020】上記上流側走行体3の前進終了位置での停
止時における上流側テーブル5上の板ガラスAは、受け
渡し装置13により取り上げ、そして90度旋回の後に
後退終了位置で停止している下流側テーブル6上に載置
するようになっている。
【0021】上記の受け渡し装置13は、図示の場合、
フレーム14と、このフレーム14に支持させた昇降並
びに90度の回転機能付昇降・旋回装置15(この昇降
・旋回装置としては、ロータリーアクチエーターやシリ
ンダーと、このシリンダーのピストン軸に入力軸を伸縮
自在継手を介し接続したモーターとの組み合わせなどか
らなる)と、昇降・旋回装置15の下端に設けた吸引・
吸引解除可能な吸盤16とで構成し、図4に示すように
昇降・旋回装置15のまず降下運転により上流側テーブ
ル5上の板ガラスAに吸盤16を押し付けて板ガラスA
を吸着し、次いで上昇運転により板ガラスAを取り上げ
ながら90度の旋回運転によって板ガラスAを90度旋
回させ、然るのち降下運転によって待機下流側テーブル
6上に板ガラスAを載置すると共に、吸盤16の吸引を
解除し、次いで上昇運転により吸盤16を元の位置に戻
すようにしたが、上記の吸着方式にかえて掴む方式など
で板ガラスを支持することもある。
【0022】また、上流側走行体3の走行路の両側に
は、板ガラスAの一方の対向辺縁を研磨する上流側砥石
17が設けてある。
【0023】さらに、下流側走行体4の走行路の両側に
は、板ガラスAの他方の対向辺縁を研磨する下流側砥石
18が設けてある。
【0024】上記の上流側砥石17及び下流側砥石18
は、砥石の取付けスピンドルをモーター19により駆動
して回転するようにしてある。
【0025】上記のように構成すると、後退停止位置に
ある上流側テーブル5上に板ガラスAを載置(人手や入
れ込み機を介し)すると共に、上流側テーブル5に板ガ
ラスAを保持させる。
【0026】次いで、走行駆動手段2の前進運転により
上流側走行体3を前進方向に走行させる。
【0027】すると、走行途中の板ガラスAの一方の対
向辺縁を上流側砥石17により研磨する。
【0028】板ガラスAの一方の対向辺縁を研磨し、前
進終了位置に上流側走行体3が到着すると、走行駆動手
段2の前進運転を止める。
【0029】すると、上流側テーブル5上の板ガラスA
を受け渡し装置13によって取り上げ、次いで取り上げ
た板ガラスAを90度旋回させ、然るのち後退停止位置
で待機している下流側走行体4の下流側テーブル6上に
板ガラスAを下ろす。
【0030】上流側走行体3は、上流側テーブル5上の
板ガラスAが取り上げられると、ただちに走行駆動手段
2の後退運転により後退を開始する。
【0031】その結果、板ガラスAの上昇、旋回をへて
降下する間に、走行駆動手段2の後退運転により後退待
機位置に下流側テーブル6を有する下流側走行体4を後
退させることができる。
【0032】下流側テーブル6上に板ガラスAを載置し
終ると、走行駆動手段2の前進運転により下流側走行体
4を前進走行させる。
【0033】すると、走行途中の板ガラスAの他方の対
向辺縁を下流側砥石18により研磨し、下流側走行体4
が前進停止位置に到着すると、走行駆動手段2の前進運
転を止めて、下流側テーブル6上から四辺縁の研磨ずみ
板ガラスAを取り出し、その後に走行駆動手段2の後退
運転により下流側走行体4を後退させる。
【0034】なお、上流側砥石17及び下流側砥石18
の対向間隔は、板ガラスAの対向する辺縁の間隔に応じ
て作業者や数値制御により調整する。
【0035】この発明の第2の実施形態では、図3に示
すように対向する上流側砥石17或いは対向する下流側
砥石18のいずれか片方を数値制御により接近、離反移
動するようにしてある。
【0036】上記の接近・離反の移動は、図3に示すよ
うにフレーム31の中央と外側縁との間にそれぞれ雄ネ
ジ32を軸承すると共に、この両雄ネジ32の外側端に
サーボモーター33の出力軸を連結し、またフレーム3
1に設けてあるレール34をガイドとしてスライドする
左右の各スライダー35、35にモーター19に下流側
砥石18のモーター19を取付けると共に、それぞの雄
ネジ32にねじ込んである雌ネジ36をスライダー35
に支持させる。
【0037】すると、下流側走行体4の下流側テーブル
6が前進走行を開始すると、サーボモーター33の数値
制御の運転により各雄ネジ32を駆動しながら両スライ
ダー35を接近方向にスライドさせながら下流側砥石1
8の対向周縁間の間隔を板ガラスAの他方の対向間隔よ
り小さくし、研磨開始と同時にサーボモーター33の運
転により各雄ネジ32を駆動しながら両スライダー35
を離反方向にスライドさせて、板ガラスAの走行先行縁
の両角をR研磨や角落し、その後にスライダー35を定
位置にストップさせて板ガラスAの他方の対向辺縁を研
磨し、辺縁の研磨が終了すると、サーボモーター33の
運転により両雄ネジ32を駆動しながら両スライダー3
5を接近方向にスライドしながら板ガラスAの走行方向
の反対側縁の両角をR研磨や角落し研磨する。
【0038】なお、上記の接近、離反を下流側砥石18
にかえて上流側砥石17に設けてもよい。
【0039】また、図示のように板ガラスAが矩形の場
合、短辺縁の研磨砥石側に接近、離反の手段を設けてお
くことによりR研磨や角落し及び辺縁の研磨に要する時
間が長辺縁の研磨時間に大差なく行なうことができる。
【0040】なお、図示のように上流側砥石17及び下
流側砥石18のモーター19を昇降自在にし、かつモー
ター42により可逆駆動する雄ネジ43をモーター42
に取付けてある雌ネジ44にねじ込んでおくと、上流側
砥石17及び下流側砥石18の高さ(位置)や周面接触
部位を自由に調整することができる。
【0041】この発明の第3の実施形態では、図5及び
図6に示すように、レール1をガイドとし、かつ適宜の
走行手段2に進退走行する上流側走行体3及び下流側走
行体4には、上面に載置した板ガラスAを適宜の手段に
より保持する上流側テーブル5、下流側テーブル6が設
けてあり、この上流側テーブル5或いは下流側テーブル
6のいずれか片方は、旋回装置41により90度旋回す
るようになっている。
【0042】上記の旋回装置41は、図6に示すように
上流側走行体3から立設した回転軸42に上流側ボック
ス5を取付けると共に、回転軸42に固定してある大径
歯車43とモーター44の出力軸に固定してある小径歯
車45とを噛み合わせ、モーター44の運転により上流
側ボックス5を90度旋回させるようにしたが、上流側
ボックス5にかえて下流側ボックス6を旋回させるよう
にしてもよい。勿論旋回手段は、上記の構成に限定され
ない。
【0043】なお、レール1をガイドとして上流側走行
体3及び下流側走行体4の進退走行、上流側ボックス5
及び下流側走行体6上に載置した板ガラスAの保持手段
は、第1の実施形態と同様につき説明を省略する。
【0044】また、上流側走行体3の前進終了位置での
停止時における上流側テーブル5上の板ガラスAは、受
け渡し装置46により取り上げ、そして後退停止してい
る下流側走行体4の下流側テーブル6上に載置するよう
になっている。
【0045】上記の受け渡し装置46は、図示の場合フ
レーム47に端末を取付けたシリンダー48と、このシ
リンダー48のピストン軸49の下向き先端に吸引、吸
引解除可能なように設けた吸盤50とで構成したが、吸
盤にかえて掴み方式を採用してもよい。
【0046】さらに、上流側走行体3の走行路の両側に
は、板ガラスAの一方の対向辺縁を研磨する上流側砥石
17が、下流側走行体4の走行路の両側には、板ガラス
Aの他方の対向辺縁を研磨する下流側砥石18が設けて
ある。
【0047】上記の上流側砥石17及び下流側砥石18
は、第1の実施形態と同様につき説明を省略する。
【0048】上記のように構成すると、後退停止位置に
ある上流側テーブル5上に板ガラスAを載置(人手や入
れ込み機を介し)すると共に、上流側テーブル5に板ガ
ラスAを保持させる。
【0049】次いで、走行駆動手段2の前進運転により
上流側走行体3を前進方向に走行させる。
【0050】すると、走行途中の板ガラスAの一方の対
向辺縁を上流側砥石17により研磨する。
【0051】板ガラスAの一方の対向辺縁を研磨し、前
進終了位置に上流側走行体3が到着すると、走行駆動手
段2の前進運転を止める。
【0052】その後に、旋回装置41により上流側ボッ
クス5を90度旋回させる。
【0053】しかして、上流側テーブル5上の板ガラス
Aを受け渡し装置46によって取り上げ、次いで取り上
げた板ガラスAを後退停止位置で待機している下流側走
行体4の下流側テーブル6上に板ガラスAを下ろす。
【0054】上流走行体3は、上流側テーブル5上の板
ガラスAが取り上げられると、ただちに走行駆動手段2
の後退運転により後退を開始する。
【0055】その結果、板ガラスAの上昇、次いで降下
する間に、走行駆動手段2の後退運転により後退待機位
置に下流側テーブル6を有する下流側走行体4を後退さ
せることができる。
【0056】下流側テーブル6上に板ガラスAを載置し
終ると、走行駆動手段2の前進運転により下流側走行体
4を前進走行させる。
【0057】すると、走行途中の板ガラスAの他方の対
向辺縁を下流側砥石18により研磨し、下流側走行体4
が前進停止位置に到着すると、走行駆動手段2の前進運
転を止めて、下流側テーブル6上から四辺縁の研磨ずみ
板ガラスAを取り出し、その後に走行駆動手段2の後退
運転により下流側走行体4を後退させる。
【0058】この発明の第4の実施形態では、第2の実
施形態と同様に、対向する上流側砥石17或いは対向す
る下流側砥石18のいずれか片方を数値制御により接
近、離反移動するようにしてある。
【0059】上記の接近、離反移動する方式は、第2の
実施形態と同様につき説明を省略し、研磨作用も同様に
つき説明を省略する。
【0060】
【発明の効果】この発明の板ガラス加工装置によれば、
上流側テーブル上に板ガラスを載置すると、走行途中に
上流側砥石により板ガラスの一方の対向二辺縁が研磨さ
れ、この二辺縁の研磨ずみ板ガラスを受け渡し装置によ
り90度旋回させて下流側テーブル上に載置し、或は上
流側或いは下流側のテーブルを90度旋回させて板ガラ
スの辺縁の向きをかえ、そして、走行途中に下流側砥石
により板ガラスの他方の対向辺縁が研磨されるので、板
ガラスの辺縁の研磨を能率よく行なうことができる。
【0061】また、数値制御により対向一対の砥石を接
近、離反スライドさせるようにしてあるので、板ガラス
の各角のR研磨や角落し研磨が辺縁の研磨と同時に精度
よく、かつ能率よく行なうこともできる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施形態を示す平面図
【図2】同上の側面図
【図3】第2の実施形態の砥石の接近、離反部分を示す
正面図
【図4】受け渡しの作用図
【図5】第3の実施形態の側面図
【図6】旋回部分の拡大側面図
【符号の説明】
1 レール 2 走行駆動手段 3 上流側走行体 4 下流側走行体 5 上流側テーブル 6 下流側テーブル 7 スライダー 8 吸引孔 9 サーボモーター 10 雄ネジ 11 雌ネジ 13 受け渡し装置 14 フレーム 15 昇降・旋回装置 16 吸盤 17 上流側砥石 18 下流側砥石 19 モーター 31 フレーム 32 雄ネジ 33 サーボモーター 34 レール 35 スライダー 36 雄ネジ 41 旋回装置 42 回転軸 43 大径歯車 44 モーター 45 小径歯車 46 受け渡し装置 47 フレーム 48 シリンダー 49 ピストン軸 50 吸盤

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 レールをガイドとし、かつ適宜の走行駆
    動手段により進退走行するように設けた上流側走行体及
    び下流側走行体と、この上流側及び下流側走行体に上面
    に載置した板ガラスを適宜の保持手段により保持するよ
    うに設けた上流側テーブル及び下流側テーブルと、この
    上流側テーブル上の板ガラスを適宜の支持手段により取
    り上げ、90度旋回後に下流側テーブル上に載置するよ
    うに設けた受け渡し装置と、上記上流側及び下流側走行
    体の走行路の両側に設けた板ガラスの辺縁研磨の上流側
    砥石及び下流側砥石とからなる板ガラスの加工装置。
  2. 【請求項2】 上記の上流側、下流側砥石のいずれか片
    方が、数値制御により接近、離反移動するようにしたこ
    とを特徴とする請求項1に記載の板ガラスの加工装置。
  3. 【請求項3】 レールをガイドとし、かつ適宜の走行駆
    動手段により進退走行するように設けた上流側走行体及
    び下流側走行体と、この上流側及び下流側走行体に上面
    に載置した板ガラスを適宜の保持手段により保持するよ
    うに設けた上流側テーブル及び下流側テーブルと、この
    上流側テーブル或いは下流側テーブルのいずれか片方を
    90度旋回させるように設けた旋回装置と、上記上流側
    テーブル上の板ガラスを適宜の支持手段により取り上
    げ、下流側テーブル上に載置するように設けた受け渡し
    装置と、上記上流側及び下流側走行体の走行路の両側に
    設けた板ガラスの辺縁研磨の上流側砥石及び下流側砥石
    とからなる板ガラスの加工装置。
  4. 【請求項4】 上記の上流側、下流側砥石のいずれか片
    方が、数値制御により接近、離反移動するようしたこと
    を特徴とする請求項3に記載の板ガラスの加工装置。
JP10212259A 1998-07-28 1998-07-28 板ガラスの加工装置 Pending JP2000042888A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10212259A JP2000042888A (ja) 1998-07-28 1998-07-28 板ガラスの加工装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10212259A JP2000042888A (ja) 1998-07-28 1998-07-28 板ガラスの加工装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000042888A true JP2000042888A (ja) 2000-02-15

Family

ID=16619622

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10212259A Pending JP2000042888A (ja) 1998-07-28 1998-07-28 板ガラスの加工装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000042888A (ja)

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002070197A1 (en) * 2001-03-08 2002-09-12 C.M.B. Costruzioni Meccaniche Besana S.R.L. Bilateral grinding machine with drives above the glass line
JP2003266304A (ja) * 2002-03-19 2003-09-24 Nakamura Tome Precision Ind Co Ltd 基板の研削用マルチ砥石及びこれを用いた研削装置
KR100720036B1 (ko) 2005-11-10 2007-05-18 주식회사 케이엔제이 평판 디스플레이 패널의 연마장치
KR100759085B1 (ko) * 2007-02-21 2007-09-19 주식회사 케이엔제이 평판 디스플레이 패널의 연마방법
KR100832293B1 (ko) * 2002-03-20 2008-05-26 엘지디스플레이 주식회사 액정 패널의 연마대 및 이를 이용한 연마장치
KR100838108B1 (ko) 2007-02-12 2008-06-13 주식회사 케이엔제이 평판 디스플레이 패널의 제조장치
KR100967283B1 (ko) 2006-08-25 2010-07-01 아사히 가라스 가부시키가이샤 판 형상체의 모따기 방법 및 그 장치
CN102335857A (zh) * 2010-07-26 2012-02-01 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 滚圆及研磨设备
KR101128516B1 (ko) 2011-04-08 2012-04-02 김동원 판유리 모서리 면취가공용 헤드장치
KR101296808B1 (ko) * 2006-06-21 2013-08-20 엘지디스플레이 주식회사 평판표시패널 연마장치 및 연마방법
KR101383672B1 (ko) * 2012-02-14 2014-04-10 (주)다이세라 블릭 연마 장치
KR20140106543A (ko) 2011-12-28 2014-09-03 니폰 덴키 가라스 가부시키가이샤 유리판 가공 장치 및 그 가공 방법
CN109366274A (zh) * 2018-10-30 2019-02-22 深圳市雷凌广通技术研发有限公司 一种材料加工领域的新型玻璃板材自动化磨边设备
CN113001304A (zh) * 2021-05-24 2021-06-22 四川英创力电子科技股份有限公司 一种电路板边沿打磨生产线
CN113134756A (zh) * 2021-05-11 2021-07-20 青岛华谊优品智能家具股份有限公司 一种便于使用的桌面打磨装置及其使用方法

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002070197A1 (en) * 2001-03-08 2002-09-12 C.M.B. Costruzioni Meccaniche Besana S.R.L. Bilateral grinding machine with drives above the glass line
JP2003266304A (ja) * 2002-03-19 2003-09-24 Nakamura Tome Precision Ind Co Ltd 基板の研削用マルチ砥石及びこれを用いた研削装置
JP4514014B2 (ja) * 2002-03-19 2010-07-28 中村留精密工業株式会社 基板の研削方法
KR100832293B1 (ko) * 2002-03-20 2008-05-26 엘지디스플레이 주식회사 액정 패널의 연마대 및 이를 이용한 연마장치
KR100720036B1 (ko) 2005-11-10 2007-05-18 주식회사 케이엔제이 평판 디스플레이 패널의 연마장치
KR101296808B1 (ko) * 2006-06-21 2013-08-20 엘지디스플레이 주식회사 평판표시패널 연마장치 및 연마방법
KR100967283B1 (ko) 2006-08-25 2010-07-01 아사히 가라스 가부시키가이샤 판 형상체의 모따기 방법 및 그 장치
KR100838108B1 (ko) 2007-02-12 2008-06-13 주식회사 케이엔제이 평판 디스플레이 패널의 제조장치
KR100759085B1 (ko) * 2007-02-21 2007-09-19 주식회사 케이엔제이 평판 디스플레이 패널의 연마방법
CN102335857A (zh) * 2010-07-26 2012-02-01 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 滚圆及研磨设备
KR101128516B1 (ko) 2011-04-08 2012-04-02 김동원 판유리 모서리 면취가공용 헤드장치
KR20140106543A (ko) 2011-12-28 2014-09-03 니폰 덴키 가라스 가부시키가이샤 유리판 가공 장치 및 그 가공 방법
KR101383672B1 (ko) * 2012-02-14 2014-04-10 (주)다이세라 블릭 연마 장치
CN109366274A (zh) * 2018-10-30 2019-02-22 深圳市雷凌广通技术研发有限公司 一种材料加工领域的新型玻璃板材自动化磨边设备
CN109366274B (zh) * 2018-10-30 2020-11-24 江苏中科瑞腾玻璃科技有限公司 一种材料加工领域的玻璃板材自动化磨边设备
CN113134756A (zh) * 2021-05-11 2021-07-20 青岛华谊优品智能家具股份有限公司 一种便于使用的桌面打磨装置及其使用方法
CN113134756B (zh) * 2021-05-11 2022-07-26 青岛华谊优品智能家具有限公司 一种便于使用的桌面打磨装置及其使用方法
CN113001304A (zh) * 2021-05-24 2021-06-22 四川英创力电子科技股份有限公司 一种电路板边沿打磨生产线

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000042888A (ja) 板ガラスの加工装置
JP5046775B2 (ja) 研磨装置
EP0217658B1 (en) Glass plate fabrication machine
RU2686772C1 (ru) Устройство для обработки листового стекла
WO1991011399A1 (en) Machine for working glass plate
JPS63156029A (ja) ガラス板加工機械
JP2007210043A (ja) ワークの側辺加工装置
CN111421800A (zh) 一种车用液晶显示屏自动贴膜设备
BR112018002957B1 (pt) aparelho para fabricação de placas de vidro
CN218904768U (zh) 一种半导体晶圆用精雕机
JP2006110642A (ja) 研磨装置
CN112776189A (zh) 一种自动上下料的多轴加工中心
JP2003181751A (ja) 板ガラスのエッジ面取機
KR20060095920A (ko) 연마장치
WO1996026162A1 (fr) Appareil a travailler la feuille de verre
KR101968906B1 (ko) 이차전지용 리드탭 모서리 가공장치
CN112264865A (zh) 全自动板状工件自动研磨线
JP2001138195A (ja) 板ガラスの加工機
CN217616270U (zh) 一种小孔玻璃清洁机
CN116197771A (zh) 一种球阀加工设备
CN206374437U (zh) 用于板材双面加工的一体化自动雕刻机
CN113649890A (zh) 一种卧式磨边机的光学镜片自动上下料系统及卧式磨边机
CN210678755U (zh) 一种彩钢板翻转合板装置
JP2004154914A (ja) 研磨装置
CN207930469U (zh) 阀门碟片抛光去毛刺装置