WO2015174392A1 - 画像表示装置用両面粘着シートの製造方法 - Google Patents

画像表示装置用両面粘着シートの製造方法 Download PDF

Info

Publication number
WO2015174392A1
WO2015174392A1 PCT/JP2015/063576 JP2015063576W WO2015174392A1 WO 2015174392 A1 WO2015174392 A1 WO 2015174392A1 JP 2015063576 W JP2015063576 W JP 2015063576W WO 2015174392 A1 WO2015174392 A1 WO 2015174392A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
adhesive sheet
sensitive adhesive
double
shape
pressure
Prior art date
Application number
PCT/JP2015/063576
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
亮太 山本
誠 稲永
かほる 新美
Original Assignee
三菱樹脂株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱樹脂株式会社 filed Critical 三菱樹脂株式会社
Priority to CN201580024376.9A priority Critical patent/CN106459677B/zh
Priority to JP2016519255A priority patent/JP6350653B2/ja
Priority to KR1020167032956A priority patent/KR101917266B1/ko
Publication of WO2015174392A1 publication Critical patent/WO2015174392A1/ja

Links

Images

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J7/00Adhesives in the form of films or foils
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J7/00Adhesives in the form of films or foils
    • C09J7/10Adhesives in the form of films or foils without carriers
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J201/00Adhesives based on unspecified macromolecular compounds
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J7/00Adhesives in the form of films or foils
    • C09J7/40Adhesives in the form of films or foils characterised by release liners
    • C09J7/405Adhesives in the form of films or foils characterised by release liners characterised by the substrate of the release liner
    • GPHYSICS
    • G09EDUCATION; CRYPTOGRAPHY; DISPLAY; ADVERTISING; SEALS
    • G09FDISPLAYING; ADVERTISING; SIGNS; LABELS OR NAME-PLATES; SEALS
    • G09F9/00Indicating arrangements for variable information in which the information is built-up on a support by selection or combination of individual elements
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J2203/00Applications of adhesives in processes or use of adhesives in the form of films or foils
    • C09J2203/318Applications of adhesives in processes or use of adhesives in the form of films or foils for the production of liquid crystal displays
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J2301/00Additional features of adhesives in the form of films or foils
    • C09J2301/10Additional features of adhesives in the form of films or foils characterized by the structural features of the adhesive tape or sheet
    • C09J2301/12Additional features of adhesives in the form of films or foils characterized by the structural features of the adhesive tape or sheet by the arrangement of layers
    • C09J2301/124Additional features of adhesives in the form of films or foils characterized by the structural features of the adhesive tape or sheet by the arrangement of layers the adhesive layer being present on both sides of the carrier, e.g. double-sided adhesive tape
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J2423/00Presence of polyolefin
    • C09J2423/04Presence of homo or copolymers of ethene
    • C09J2423/045Presence of homo or copolymers of ethene in the release coating
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J2423/00Presence of polyolefin
    • C09J2423/10Presence of homo or copolymers of propene
    • C09J2423/105Presence of homo or copolymers of propene in the release coating
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J2467/00Presence of polyester
    • C09J2467/005Presence of polyester in the release coating

Definitions

  • the present invention relates to a double-sided pressure-sensitive adhesive sheet for an image display device used for an image display device such as a liquid crystal display device (LCD), an organic EL display device (OLED) and a plasma display (PDP), and a double-sided pressure-sensitive adhesive sheet for an image display device with a release film. It relates to the manufacturing method.
  • the present invention also relates to an image display apparatus using these double-sided pressure-sensitive adhesive sheets for image display apparatuses.
  • a plastic material such as an acrylic resin plate or a polycarbonate plate is used together with the tempered glass, or the back printing of the peripheral portion other than the visible opening surface portion of the surface protection panel is a general black printing, White printed members are used.
  • a plastic film sensor is used together with a glass sensor, a touch-on lens (TOL) member in which the touch panel function is integrated with the surface protection panel, or the touch panel function is integrated into the image display panel.
  • TOL touch-on lens
  • the on-cell and in-cell members that are made are used.
  • the surface protection panel, the touch panel, and the image display panel (collectively referred to as “component for image display device”) are combined to form a touch panel type image display device.
  • gap between each structural member for image display apparatuses with transparent resin is common.
  • liquid adhesives, thermoplastic adhesive sheet materials, pressure sensitive adhesive sheet materials, and the like are known as resin materials for filling the gaps.
  • thermoplastic adhesive sheet material it is possible to heat-melt and seal the sheet material, but it is possible to peel off over time due to residual stress and warpage due to resin stagnation and heating linear expansion difference during heat-melting.
  • a material with a reduced tact time due to a heating process or a material that melts at a low temperature there are concerns about temperature management during storage and transportation.
  • Patent Documents 1 and 2 a pressure-sensitive adhesive sheet for pasting the constituent members for image display devices is published.
  • the back printing has appeared in white as well as black.
  • the thickness of the back print was about 5 to 20 ⁇ m.
  • the print thickness of about 40 to 80 ⁇ m is necessary to conceal the light leakage from the image display panel. Yes.
  • the pressure sensitive adhesive sheet material is somewhat fluid, but the resin sealing is not perfect when the surface irregularities of the adherend are large. .
  • the pressure-sensitive sheet material 13 is required to have a level-step following property that allows the pressure-sensitive adhesive sheet material 13 to follow the level difference caused by the printing 14 and fill the corners.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet has a relatively flexible design.
  • the double-sided PSA sheet is exposed to a high-temperature and high-humidity environment or exposed to a rapid temperature change, there is a possibility that foaming and peeling problems may occur at the bonding interface.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet is designed to be relatively hard and have high cohesion.
  • the double-sided PSA sheet may result in inferior step following ability.
  • the present invention is a new one in which the adherend surface to which the pressure-sensitive adhesive sheet is bonded has a step difference due to printing or the like, and can be bonded to the adherend surface with no gap. It aims at providing the double-sided adhesive sheet for image display apparatuses.
  • the present inventors have previously applied the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet itself. It is found that the above-mentioned problems can be solved by applying a shaping process so as to have the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the body, and making it possible to fit the surface of the adherend without gaps, The present invention has been completed.
  • this invention is a manufacturing method of the double-sided adhesive sheet for bonding any two adherends selected from a surface protection panel, a touch panel, and an image display panel, Comprising: A double-sided pressure-sensitive adhesive sheet for an image display device, wherein the pressure-sensitive adhesive composition having a gel fraction of less than 40% is formed into the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the adherend. It is a manufacturing method. Under the present circumstances, after producing an adhesive sheet using the adhesive composition whose gel fraction is less than 40%, it shape
  • the bonding surface of the adherend Since the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the adherend is formed on the adherend surface of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet for an image display device manufactured by the manufacturing method of the present invention, Even if the bonding surface has a step due to printing or the like, it can be bonded to the adherend surface with no gap.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 (also referred to as “double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1”) for an image display device according to an embodiment of the present invention is bonded to a surface protection panel 2 and a touch panel 3 as shown in FIGS.
  • This is a pressure-sensitive adhesive sheet having a rectangular shape in plan view.
  • the surface protection panel 2 has a stepped portion 2b on an attachment surface 2a on which the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is attached.
  • the surface shape of the bonding surface 1a bonded to the adherend surface 2a is formed into the same surface shape as the surface shape of the adherend surface 2a.
  • Image display devices include smartphones, tablets, mobile phones, televisions, game consoles, personal computers, car navigation systems, ATMs, and fish school equipped with liquid crystal display devices (LCDs), organic EL display devices (OLEDs), and plasma displays (PDPs). Including the machine.
  • LCDs liquid crystal display devices
  • OLEDs organic EL display devices
  • PDPs plasma displays
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 can be used for bonding the surface protection panel 2 and the touch panel 3.
  • the use of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is not limited to this, and any two adherends selected from the constituent members for the image display device of the surface protection panel, the touch panel, and the image display panel are bonded.
  • the surface protection panel can be formed of tempered glass, a plastic material such as an acrylic resin plate or a polycarbonate plate.
  • the touch panel can be formed of a glass sensor, a plastic film sensor, an on-cell or in-cell member in which a touch panel function is integrated with the image display panel, and the like.
  • the adherend surface 2 a for adhering the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 of the surface protection panel 2 has an uneven shape. That is, the step 2b has a step 2b.
  • white or black is printed on the periphery of the back surface of the front surface protection panel 2, and the periphery of the adherend surface 2a protrudes one step higher. Is formed. That is, the adherend surface 2a of the surface protection panel 2 is formed in a concave cross-sectional shape having a rectangular concave viewing opening surface 2c near the center.
  • the height of the stepped portion 2b is not limited. For example, it may be formed from 1 ⁇ m to 100 ⁇ m from the viewing opening surface 2 c. Among them, those formed to be 5 ⁇ m or more or 90 ⁇ m or less are preferable.
  • the step 2b may be formed by printing or may be formed by another method.
  • the step portion 4 a can be formed by attaching the bezel member 5 to the peripheral portion of the image display panel 4.
  • the step part 2b is formed in one step shape in this embodiment, it is not limited to this, For example, you may form in multiple steps, such as two steps and three steps.
  • the surface 2d of the stepped portion 2b has a planar shape in the present embodiment, but is not limited to this, and may have a shape such as an inclined shape, a curved convex shape, or a curved concave shape.
  • the stepped portion 2b has a curved shape instead of a straight line when the electrodes and cables of the respective members are arranged, and the visual opening surface 2c is subjected to corner R processing in design. There is also.
  • the inner peripheral surface 2e of the stepped portion 2b is formed substantially perpendicular to the visual recognition opening surface 2c, but is not limited to this.
  • the angle of the inner circumferential surface 2e is preferably 0 ° or more and less than 180 °, more preferably 60 ° or more or 90 ° or less with respect to the visual recognition opening surface 2c.
  • the inner peripheral surface 2d can be formed in a stepped shape, an arc shape, a curved shape, or the like.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 has at least one side surface, that is, a concavo-convex shape of the bonding surface of the adherend, that is, a surface shape of the bonding surface 2a, to the bonding surface 1a bonded to the bonding surface 2a of the surface protection panel 2. It is preferable to shape the same surface shape. That is, it is preferable to form the convex part 1b which raised the 1st vicinity of the center of the bonding surface 1a in the substantially rectangular shape, and to form in a cross-sectional convex shape.
  • the uneven shape of the bonding surface of the adherend in other words, the unevenness of the bonding surface of the adherend
  • the uneven shape of each other fits.
  • an uneven shape is formed.
  • a concave portion that can be fitted to the convex portion is formed on the bonding surface of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet, and the concave portion of the bonding surface of the adherend is formed.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is bonded to the surface protection panel 2 by forming the same surface shape as the surface shape of the adherend surface 2a on the bonding surface 1a of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1, FIG. As shown in FIG. 2, since the bonding surface 1a and the adherend surface 2a can be closely adhered without gaps, bonding can be performed without any gaps, and deterioration of visibility and peeling / foaming can be prevented.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 has at least one side, that is, a part of the concavo-convex shape of the bonding surface of the adherend, that is, the bonding, to the bonding surface 1a bonded to the bonding surface 2a of the surface protection panel 2. It is only necessary to shape the same surface shape as a part of the surface shape of the surface 2a, and it is not always necessary to shape the same surface shape as the entire uneven shape of the bonding surface of the adherend.
  • the uneven shape of the bonding surface 1a is preferably formed into the same surface shape as the surface shape of the adherend surface 2a so as to be combined with no gap.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 formed into the same surface shape as the surface shape of the adherend surface 2a has some fluidity before curing, there is some error, that is, the length of each part ( An error of ⁇ 5% to + 5% of the height, width, or length of each part), and in particular, an error of ⁇ 1% or more or + 1% or less is acceptable.
  • the height of the convex portion 1b of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is an error of ⁇ 5% to + 5% with respect to the stepped portion 2b of the surface protection panel 2, it can be tolerated.
  • the lateral width of the convex portion 1b of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 can be allowed to be 0.95 times or more and 1.05 times or less with respect to the lateral width of the visual recognition opening surface 2c of the surface protection panel 2, and among them, 0 is acceptable. More than 99 times or 1.01 times or less is more preferable. That is, an error of -5% or more and + 5% or less of the dimension can be allowed, and an error of -1% or more or + 1% or less is more preferably allowed.
  • the maximum thickness of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is 1.0 to 3.0 times the height of the stepped portion 2b, and more preferably 1.1 to 2.0 times. More preferably.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is shaped on only one side (surface protection panel 2 side). However, you may make it shape the same surface shape as the uneven
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 can also be provided with a notch portion 6 for accommodating the electrode terminal 7 connected to the electrode pattern 3 a on the touch panel 3 at the peripheral portion.
  • the notch 6 can be formed by, for example, cutting the vicinity of the center of one edge of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 into a rectangular shape.
  • it can also be set as the recessed part 8 in which the double-sided adhesive sheet 1 was dented.
  • the electrode terminal 7 can be accommodated in the recess 8.
  • the notch 6 and the recess 8 can be formed by cutting with a Thomson blade or pressing with a press mold.
  • ⁇ Material of double-sided PSA sheet 1> As the material of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1, a conventionally known pressure-sensitive adhesive sheet material can be used. For example, 1) a (meth) acrylic acid ester-based polymer (including a copolymer, hereinafter referred to as “acrylic ester-based (co) polymer”) is used as a base resin, and a crosslinking monomer is necessary for this.
  • acrylic ester-based (co) polymer including a copolymer, hereinafter referred to as “acrylic ester-based (co) polymer”
  • a crosslinking initiator or a reaction catalyst may be blended to form a crosslinking reaction, or 2) butadiene or isoprene-based copolymer may be used as a base resin, and this may be a crosslinking monomer, and if necessary, crosslinking may be initiated 3)
  • a silicone polymer is used as a base resin, and a crosslinking monomer and, if necessary, a crosslinking initiator and a reaction catalyst are blended. Examples thereof include those formed by crosslinking reaction, and 4) polyurethane pressure-sensitive adhesives using a polyurethane polymer as a base resin.
  • the physical properties of the pressure-sensitive adhesive sheet itself are not essential problems, but from the viewpoints of pressure-sensitive adhesiveness, transparency, weather resistance, etc., it is preferable to use the acrylate ester-based (co) polymer of 1) above. it can.
  • the butadiene or isoprene-based copolymer of 2) above can be preferably used.
  • the silicone copolymer of 3) above can be preferably used.
  • the polyurethane polymer of 4) can be preferably used.
  • Acrylic acid ester polymers (including copolymers) have properties such as glass transition temperature (Tg) depending on the types and composition ratios of acrylic monomers and methacrylic monomers used to polymerize them, and polymerization conditions. It is possible to adjust appropriately.
  • Tg glass transition temperature
  • acrylic monomer and methacrylic monomer used for polymerizing the acrylate polymer examples include 2-ethylhexyl acrylate, n-octyl acrylate, n-butyl acrylate, ethyl acrylate, methyl methacrylate, and the like.
  • Vinyl acetate, hydroxyethyl acrylate, acrylic acid, glycidyl acrylate, acrylamide, acrylonitrile, methacrylonitrile, fluorine acrylate, silicone acrylate, etc., which are copolymerized with a hydrophilic group or an organic functional group, can also be used.
  • (meth) acrylic acid alkyl ester copolymers are particularly preferable.
  • the (meth) acrylate used for forming the (meth) acrylic acid alkyl ester copolymer that is, the alkyl acrylate or alkyl methacrylate component
  • the alkyl group is n-octyl, isooctyl, 2-ethylhexyl, n-butyl
  • alkyl acrylate or alkyl methacrylate which is any one of isobutyl, methyl, ethyl and isopropyl, or a mixture of two or more selected from these is preferable.
  • an acrylate or methacrylate having an organic functional group such as a carboxyl group, a hydroxyl group, or a glycidyl group
  • an acrylate or methacrylate having an organic functional group such as a carboxyl group, a hydroxyl group, or a glycidyl group
  • a monomer component obtained by appropriately and selectively combining the alkyl (meth) acrylate component and the (meth) acrylate component having an organic functional group as a starting material is subjected to heat polymerization to form a (meth) acrylate ester copolymer.
  • a polymer polymer can be obtained.
  • alkyl acrylates such as iso-octyl acrylate, n-octyl acrylate, n-butyl acrylate, 2-ethylhexyl acrylate, or a mixture of two or more selected from these, or iso-octyl acrylate
  • alkyl acrylates such as iso-octyl acrylate, n-octyl acrylate, n-butyl acrylate, 2-ethylhexyl acrylate, or a mixture of two or more selected from these, or iso-octyl acrylate
  • alkyl acrylates such as iso-octyl acrylate, n-octyl acrylate, n-butyl acrylate, 2-ethylhexyl acrylate, or a mixture of two or more selected from these, or iso-octyl acrylate
  • examples include those obtained by copolymerizing at
  • polymerization treatment using these monomers known polymerization methods such as solution polymerization, emulsion polymerization, bulk polymerization, suspension polymerization and the like can be employed.
  • a thermal polymerization initiator or photopolymerization is used according to the polymerization method.
  • An acrylic ester copolymer can be obtained by using a polymerization initiator such as an initiator.
  • An adhesive composition containing a (meth) acrylic copolymer containing a polymer, a crosslinking agent, and a photopolymerization initiator can be mentioned. If a pressure-sensitive adhesive sheet is prepared using such a pressure-sensitive adhesive composition, it can exhibit self-adhesiveness while maintaining a sheet shape at room temperature, and has hot-melt properties that melt or flow when heated in an uncrosslinked state, Furthermore, it can be photocured and exhibits excellent cohesion after photocuring.
  • a pressure-sensitive adhesive composition containing an acrylic copolymer comprising a graft copolymer having a macromonomer as a branch component, a crosslinking agent, and a photopolymerization initiator can be mentioned. Even when an adhesive sheet is produced using such an adhesive composition, it can exhibit self-adhesiveness while maintaining a sheet shape at room temperature, and has a hot melt property that melts or flows when heated in an uncrosslinked state. Furthermore, it can be photocured and exhibits excellent cohesive strength after photocuring.
  • the trunk component of the acrylic copolymer is preferably composed of a copolymer component containing a repeating unit derived from (meth) acrylic ester, and the glass of the copolymer constituting the trunk component.
  • the transition temperature is preferably ⁇ 70 to 0 ° C., more preferably ⁇ 65 ° C. or more and ⁇ 5 ° C. or less, and particularly preferably ⁇ 60 ° C. or more and ⁇ 10 ° C. or less.
  • the macromonomer is a polymer monomer having a terminal polymerizable functional group and a high molecular weight skeleton component.
  • the macromonomer of the acrylic copolymer preferably has a glass transition temperature (Tg) higher than the glass transition temperature of the copolymer component constituting the acrylic copolymer.
  • Tg glass transition temperature
  • the temperature is 40 ° C. or higher or 110 ° C. or lower, more preferably 50 ° C. or higher or 100 ° C. or lower.
  • the high molecular weight skeleton component of the macromonomer is preferably composed of an acrylic polymer or a vinyl polymer.
  • polystyrene a copolymer of styrene and acrylonitrile
  • poly (t-butylstyrene) poly ( ⁇ -methylstyrene)
  • polyvinyl toluene polymethyl methacrylate, and the like
  • polymethyl methacrylate polystyrene, polystyrene, polystyrene, polystyrene and acrylonitrile, poly (t-butylstyrene), poly ( ⁇ -methylstyrene), polyvinyl toluene, polymethyl methacrylate, and the like can be given.
  • crosslinking monomer also referred to as “crosslinking agent” used for crosslinking the acrylic ester polymer
  • a polyfunctional organic functional resin having two or more organic functional groups such as a glycol group, a siloxane group, and an amino group
  • an organometallic compound having a metal complex such as zinc, aluminum, sodium, zirconium, or calcium
  • Examples of the above polyfunctional (meth) acrylates include, for example, 1,4-butanediol diacrylate, 1,6-hexanediol diacrylate, 1,9-nonanediol diacrylate, trimethylolpropane triacrylate, and the like. be able to.
  • the content of the crosslinking monomer may be adjusted in combination with other factors so that desired physical properties can be obtained, but is generally 0.01 to 40.0 parts by mass, preferably 0 with respect to 100 parts by mass of the base polymer. It is preferable to adjust within the range of 1 to 30.0 parts by mass, particularly 0.5 to 30.0 parts by mass. However, this range may be exceeded in balance with other elements.
  • a crosslinking initiator peroxidation initiator, photopolymerization initiator
  • a reaction catalyst tertiary amine compound, quaternary ammonium compound, tin laurate compound, etc.
  • the pressure-sensitive adhesive composition for forming the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 it is preferable to use a photocurable pressure-sensitive adhesive composition in the case of crosslinking by ultraviolet irradiation. Therefore, it is preferable to contain a photopolymerization initiator and, if necessary, a crosslinking agent in addition to the base resin such as an acrylate polymer.
  • cleavage type photoinitiator either a cleavage type photoinitiator or a hydrogen abstraction type photoinitiator may be used, but both may be used in combination.
  • cleavage type photoinitiator include benzoin butyl ether, benzyl dimethyl ketal, and hydroxyacetophenone.
  • hydrogen abstraction type photoinitiator examples include benzophenone, Michler's ketone, dibenzosuberone, 2-ethylanthraquinone, and isobutylthioxanthone. However, it is not limited to the substances listed above.
  • the addition amount of the photopolymerization initiator may be adjusted so that the storage shear modulus falls within a predetermined range, but is generally 0.05 to 5.0 parts by mass with respect to 100 parts by mass of the base polymer. In this range, it is preferable to use both hydrogen abstraction type and cleavage type photopolymerization initiators in a ratio of 1: 1. However, this range may be exceeded in balance with other elements.
  • pigments such as pigments and dyes having near-infrared absorption characteristics, tackifiers, antioxidants, antioxidants, hygroscopic agents, ultraviolet absorbers, silane coupling agents, natural products, Various additives such as synthetic resins, glass fibers and glass beads can be appropriately blended.
  • the gel fraction of the pressure-sensitive adhesive composition before shaping is preferably less than 40%, more preferably 20% or less.
  • the bonds between the molecular chains constituting the pressure-sensitive adhesive composition are kept within an appropriate range. It becomes easy to form the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the body.
  • Various methods can be used to adjust the gel fraction. For example, in the case of thermal crosslinking, the gel fraction can be increased by heating the pressure-sensitive adhesive sheet. At this time, the gel fraction can be adjusted by changing the temperature and time during heating or heat drying.
  • the gel fraction can be increased by irradiating the pressure-sensitive adhesive sheet with ultraviolet rays.
  • the gel fraction can be adjusted by changing the ultraviolet irradiation amount.
  • the irradiation amount of ultraviolet rays is preferably set to 10000 mJ / cm 2 or less, more preferably 1500 mJ / cm 2 or less, more preferably 1000 mJ / cm 2 or less.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 has a step of forming the pressure-sensitive adhesive composition into a sheet (also referred to as a “sheet-like forming step”), and an uneven shape of the bonding surface of the adherend on at least one side of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet. And a step of shaping the same surface shape as the “shaped step”).
  • the order of the sheet-shaped forming step and the shaping step is arbitrary, and may be performed simultaneously.
  • the pressure-sensitive adhesive composition preferably a pressure-sensitive adhesive composition having a gel fraction of less than 40%, can be used to form a sheet.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 can be formed in a single layer using a single material, but can also be formed in a plurality of layers such as two layers or three layers.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 can be laminated with a release film on one side or both sides for easy handling.
  • a release film a conventional material can be used.
  • a PET film can be used.
  • the release film is preferably laminated on the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 as follows.
  • lamination can be performed on both sides of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 so that the peripheral edge of the release film 9 a projects outward from the peripheral edge of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1. Thereby, it becomes difficult to touch the double-sided adhesive sheet 1 directly, and it becomes easy to perform the bonding work. What is necessary is just to laminate
  • the release film 9b is laminated
  • the release film on both sides may be shaped.
  • the release film 9 c is laminated on both sides of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1, and the release film 9 c is laminated so that the peripheral edge of the release film 9 c projects outward from the peripheral edge of the double-sided adhesive sheet 1.
  • the guide part 10 which is interposed between both the release films 9c, and prevents that the double-sided adhesive sheet 1 is stressed can also be provided in a part or all the circumference of the peripheral part of the release film 9c. Thereby, a deformation
  • the guide portion 10 can be formed by providing various film pieces at predetermined positions.
  • a double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 having a configuration in which the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is sandwiched between release films and a release film-attached double-sided pressure-sensitive adhesive sheet cut into a predetermined size is prepared, and then either one of the release films is peeled off.
  • One adhesive surface of 1 is exposed, and a small piece of film is provided at a predetermined position (for example, an opposite edge portion) of the release film projecting outward from the peripheral edge of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet having the guide portion 10 can be formed by bonding the release film to the exposed pressure-sensitive adhesive surface of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1.
  • the material of the film piece is not particularly limited.
  • examples thereof include various polyolefin resins such as polypropylene and polyethylene, various polyester resins such as polylactic acid and polyethylene terephthalate, and various polyamide resins such as 6-nylon and 12-nylon.
  • a film made of polyethylene terephthalate is preferable in terms of availability, heat resistance, strength, and the like.
  • covers the adhesive composition and the material which adhere
  • the guide part 10 does not need to consist of one film, and is good also as a laminated
  • the height of the guide part 10 is not particularly limited, it is preferably 0.5 times or more and 2.0 times or less with respect to the maximum thickness of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1, and more preferably 1.0 times or more. Or it is more preferable to make it 1.5 times or less.
  • an unstretched film as a release film used when pressing through a release film with respect to the flat adhesive sheet which has a release film mentioned later.
  • an unstretched film it is possible to easily form a surface shape that is the same as the uneven shape of the original mold when the forming process is performed by a press process or the like.
  • the unstretched film it is more preferable to use any one of a nonstretched polypropylene film, a nonstretched polyethylene film, and a nonstretched polyester film from the viewpoint of mechanical strength, flexibility, and chemical resistance of the film itself.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 can be produced, for example, by shaping a pressure-sensitive adhesive sheet by shaping with a press mold, shaping with a mold, shaping with a roll, shaping with lamination, or the like. Of these, shaping by a press mold is preferable from the viewpoint of productivity, accuracy of shaping, and the like.
  • Forming by a press mold is performed by pressing a flat adhesive sheet having a release film through a release film or by directly pressing an adhesive sheet to form a double-sided adhesive sheet 1.
  • the mold imitating the shape of the adherend is directly pressed against at least one side surface of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet, or the mold imitating the shape of the adherend is At least one side surface may be formed by pressing through a release film and shaping.
  • the mold imitating the shape of the adherend is formed, that is, molded into the bonding surface 1a of the pressure-sensitive adhesive sheet 1 with an uneven shape that can be fitted to the uneven shape of the bonding surface of the adherend.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 that has been subjected to the shaping process is prepared by pressing the release film with a press mold and shaping, and applying or pouring the pressure-sensitive adhesive composition onto the release film. Can do.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 that has been shaped can be produced by pouring the pressure-sensitive adhesive composition into a mold and solidifying it.
  • Forming by a roll can produce the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 that has been shaped by passing a flat pressure-sensitive adhesive sheet having a release film between the rolls.
  • Forming by lamination can produce a two-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 that has been shaped by preparing two flat pressure-sensitive adhesive sheets of different sizes and overlaying them.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 has the surface shape of the bonding surface 1a formed into the same surface shape as the surface shape of the adherend surface 2a, the double-sided adhesive sheet 1 has a stepped portion 2b by printing or the like on the adherend surface 2a. Moreover, each structural member for image display apparatuses, such as the surface protection panel 2 and the touchscreen 3, can be bonded without gap.
  • the release film on one side is peeled off, the exposed adhesive sheet is cut along the external shape of the shaped shape, and unnecessary adhesive ears on the outer periphery of the external shape are removed, and then wider than the external cut size Reapply a new release film. Further, the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is produced by cutting the individual pieces into shapes that can be handled in the next step.
  • a flat pressure-sensitive adhesive sheet having a release film laminated on both sides is appropriately slit, and the release film on one side is peeled off while feeding and feeding the slit pressure-sensitive adhesive sheet.
  • a flat pressure-sensitive adhesive sheet is directly hot-pressed to form a surface using a press mold along the surface irregularity shape of the adherend, that is, the surface shape of the adherend surface 2a.
  • the press mold frame along the surface shape of the adherend surface 2a may be directly pressed against at least one side surface of the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is produced by cutting the individual pieces into shapes that can be handled in the next step.
  • the material of the press form is not particularly limited.
  • a silicone resin excellent in releasability and a fluorine resin can be used.
  • a material without mold release property such as stainless steel and aluminum, it can use suitably by apply
  • the temperature of hot pressing is, for example, room temperature or higher, preferably 80 ° C. or higher, more preferably 100 ° C. or higher.
  • a press pressure, a press depth, and press time suitably with a dimension, a shape, and a shaping state.
  • the cutting method by a Thomson blade and a rotary blade can be mentioned, for example.
  • the surface irregularity shape of the adherend that is, a release film shaped in the same surface shape as the surface shape of the adherend surface 2a is arranged on at least one surface side, and the adhesive composition is applied and the surface is shaped.
  • the original sheet of the pressure-sensitive adhesive sheet is formed.
  • the release adhesive film on the one side is peeled off in the next step, and the exposed adhesive sheet surface is cut along the outer shape, After removing unnecessary adhesive ears on the outer periphery of the sheet, a new release film wider than the outer cut size is pasted again.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is produced by cutting the individual pieces into shapes that can be handled in the next step.
  • the pressure-sensitive adhesive composition is applied or injected into a mold simulating the surface irregularity shape of the adherend, that is, the surface shape of the adherend surface 2a, to form a surface-shaped pressure-sensitive adhesive sheet.
  • a release film is pasted on the opposite side, and a rubber roll or the like is adhered to the release film.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is pulled away from the mold by pulling a release film. The protrusion when applied or poured into the mold is removed, the guide portion 10 is provided as necessary, and a release film is bonded to the exposed adhesive sheet.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is produced by cutting the individual pieces into shapes that can be handled in the next step.
  • the pressure-sensitive adhesive sheet is pulled away from the mold by pulling the release film. The protrusion at the time of application or injection to the mold is removed, the guide portion 10 is provided as necessary, and a release film is bonded to the exposed adhesive sheet.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is produced by cutting the individual pieces into shapes that can be handled in the next step.
  • the material of the mold is not particularly limited, but a silicone resin having excellent releasability and a fluorine resin can also be used. Moreover, even if it is a metal mold
  • a forming roll imitating the surface irregularity shape of the adherend that is, the surface shape of the adherend surface 2a, is disposed at least on one side.
  • the pressure sensitive adhesive sheet can be formed into a film by sandwiching it between the rolls on the surface side and allowing it to pass through to form the surface.
  • the release adhesive film on the one side is peeled off in the next step, and the exposed adhesive sheet is cut along the shape of the shaped shape Then, after removing unnecessary adhesive ears on the outer periphery of the outer shape, a new release film wider than the outer cut size is reapplied. Furthermore, the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is produced by cutting the individual pieces into shapes that can be handled in the next step.
  • the temperature at which the shaping roll is arranged and sandwiched between the rolls on the other side and passed through is preferably room temperature or higher, more preferably 80 ° C. or higher, more preferably 100 ° C. That's it.
  • the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is preferably subjected to treatment so that the gel fraction of the pressure-sensitive adhesive sheet 1 is 40% or more after shaping the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the adherend. At this time, it is more preferable to perform the treatment so that the gel fraction is 50% or more, and it is more preferable to perform the treatment so that the gel fraction is 60% or more.
  • the shape stability at the time of storage of the pressure-sensitive adhesive sheet 1 is improved, the surface protection panel, the touch panel And the effect that durability after bonding with an image display panel etc. improves can be acquired.
  • the gel fraction can be increased by heating the pressure-sensitive adhesive sheet. At this time, the gel fraction can be adjusted by changing the temperature and time during heating or heat drying.
  • the gel fraction can be increased by irradiating the pressure-sensitive adhesive sheet with ultraviolet rays.
  • the gel fraction can be adjusted by changing the ultraviolet irradiation amount. At this time, the irradiation amount of ultraviolet rays is preferably 100 to 10,000 mJ / cm 2 , more preferably 250 to 1500 mJ / cm 2 , and further preferably 500 to 1000 mJ / cm 2 .
  • a pressure-sensitive adhesive composition having a gel fraction of less than 40%, particularly less than 20%, is formed into a sheet-like pressure-sensitive adhesive composition, and then an adherend is provided on at least one side of the sheet-like pressure-sensitive adhesive composition.
  • the surface shape identical to the concavo-convex shape of the pasting surface is shaped, then the sheet-like pressure-sensitive adhesive composition is cured by heat or light, and the gel fraction of the sheet-like pressure-sensitive adhesive composition is 40% or more,
  • a method for producing the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 so as to be 60% or more can be mentioned as an example of a preferred embodiment.
  • a pressure-sensitive adhesive composition having a gel fraction of less than 40%, particularly less than 20% is formed into a sheet-like pressure-sensitive adhesive composition, and then coated on at least one side of the sheet-like pressure-sensitive adhesive composition. After forming the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the adherend, and then sticking the adherend through the sheet-like adhesive composition, the sheet-like adhesive composition by heat or light.
  • the method for producing the double-sided pressure-sensitive adhesive sheet 1 is cured so that the gel fraction of the sheet-like pressure-sensitive adhesive composition is 40% or more, particularly 60% or more. Can be mentioned.
  • a pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) was produced by the following production example.
  • UV-cured resin propoxylated pentaerythritol triacrylate (Shin Nakamura Kogyo "ATM-4PL" 70 g as a crosslinking agent and 4-methylbenzophenone 15 g as a photopolymerization initiator were mixed.
  • an adhesive resin composition (A-1) was prepared.
  • the pressure-sensitive adhesive resin composition (A-1) was heated and melted on the one side surface of a stretched polyethylene terephthalate film (Panac Corporation, stretched PET film “NP75Z01”, thickness 75 ⁇ m) treated so that one side surface was peelable. After coating with an applicator to a thickness of 150 ⁇ m, the one side of a stretched polyethylene terephthalate film (Toyobo Co., Ltd., stretched PET film “E7006”, thickness 38 ⁇ m) treated so that one side is peelable is applied.
  • the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) composed of stretched PET film / ultraviolet crosslinkable intermediate resin layer (A-1, thickness 150 ⁇ m) / stretched PET film was prepared.
  • Example 1 (Preparation of adhesive sheet 1) The stretched PET film “E7006” was peeled from the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) prepared above to obtain a pressure-sensitive adhesive sheet 1. The physical property evaluation results of the pressure-sensitive adhesive sheet 1 are shown in Table 1.
  • Example 2 (Preparation of adhesive sheet 2)
  • the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) produced above was irradiated with ultraviolet rays from one polyethylene terephthalate film side with a high-pressure mercury lamp so that the integrated light quantity at a wavelength of 365 nm was 250 mJ. Thereafter, the stretched PET film “E7006” was peeled off to obtain an adhesive sheet 2.
  • the physical property evaluation results of the pressure-sensitive adhesive sheet 2 are shown in Table 1.
  • Example 3 (Preparation of adhesive sheet 3)
  • the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) produced above was irradiated with ultraviolet rays from one polyethylene terephthalate film side with a high-pressure mercury lamp so that the integrated light quantity at a wavelength of 365 nm was 500 mJ. Thereafter, the stretched PET film “E7006” was peeled off to obtain an adhesive sheet 3.
  • the physical property evaluation results of the pressure-sensitive adhesive sheet 3 are shown in Table 1.
  • Example 4 (Preparation of adhesive sheet 4)
  • the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) produced above was irradiated with ultraviolet rays from one polyethylene terephthalate film side with a high-pressure mercury lamp so that the integrated light quantity at a wavelength of 365 nm was 1000 mJ. Thereafter, the stretched PET film “E7006” was peeled off to obtain an adhesive sheet 4.
  • the physical property evaluation results of the pressure-sensitive adhesive sheet 4 are shown in Table 1.
  • Example 5 (Preparation of adhesive sheet 6)
  • the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) produced above was irradiated with ultraviolet rays from one polyethylene terephthalate film side with a high-pressure mercury lamp so that the integrated light quantity at a wavelength of 365 nm was 500 mJ. Thereafter, the stretched PET film “E7006” was peeled off, and a silicone-coated unstretched polypropylene film (unstretched CPP film) (“Santox RS02” manufactured by Santox Co., Ltd.) was bonded instead to obtain an adhesive sheet 6. .
  • the physical property evaluation results of the pressure-sensitive adhesive sheet 6 are shown in Table 2.
  • Example 6 (Preparation of adhesive sheet 7)
  • the pressure-sensitive adhesive sheet (S-0) produced above is irradiated with ultraviolet rays from a polyethylene terephthalate film side with a high-pressure mercury lamp so that the integrated light quantity at a wavelength of 365 nm is 500 mJ, and the stretched PET film “E7006” is peeled off.
  • the adhesive sheet 7 was obtained.
  • the physical property evaluation results of the pressure-sensitive adhesive sheet 7 are shown in Table 2.
  • the obtained adhesive sheets 1 to 7 were cut into 80 ⁇ 110 mm, placed on a hot plate heated to 100 ° C. with a 75 ⁇ m-thick stretched PET film “NP75Z01” down, and preheated for 5 minutes.
  • An evaluation shaping mold was placed on the preheated pressure-sensitive adhesive sheet, and a 2 kg cast iron weight was further placed on the pressure-sensitive adhesive sheet, and allowed to stand for 10 seconds.
  • the pressure-sensitive adhesive sheet was then taken up from the hot plate together with the evaluation shaping mold. After cooling at 23 ° C. for 5 minutes, the pressure-sensitive adhesive sheet is separated from the evaluation shaping mold together with one stretched PET film “NP75Z01” and has a rectangular parallelepiped convex portion of 40 mm ⁇ 70 mm ⁇ height 80 ⁇ m A sheet was obtained.
  • the shape of the convex portion was evaluated according to the following criteria.
  • the pressure-sensitive adhesive sheet 6 was evaluated after peeling the non-stretched CPP film “Santox RS02”, and the pressure-sensitive adhesive sheet 7 was evaluated after peeling the stretched PET film “E7006”.
  • The base and corners of the convex part are not rounded and have a sharp shape.
  • the ridge line of the rectangular parallelepiped forming the convex portion is linear.
  • X The base and corners of the convex part are rounded.
  • the ridge line of the rectangular parallelepiped forming the convex portion is wavy or distorted, and is not linear.
  • a polarizing plate (“NWF-KDSEGHC-ST22” manufactured by Nitto Denko Corporation) was used as a test adherend to be bonded to the glass substrate for evaluation.
  • a glass plate 60 mm ⁇ 90 mm ⁇ thickness 0.5 mm
  • Adhesive sheets 1 to 7 having a rectangular parallelepiped-shaped convex part produced in the above-mentioned (2) Adhesive sheet shaping treatment test as an adhesive sheet formed into the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the adherend. was used. It stuck with the hand roller so that the convex part of the said adhesive sheet and the concave part of the said glass substrate for evaluation might be inserted. Next, the stretched PET film “NP75Z01” was peeled off, and the whole of the polarizing plate and the glass plate bonded to the exposed adhesive surface was press-bonded under reduced pressure (absolute pressure 5 kPa), and then autoclaved (60 ° C.). , 0.2 MPa, 20 minutes) was applied and finished to prepare a laminate for evaluation of print step followability.
  • the laminate for evaluation of print step followability was allowed to stand for one day in a normal state (temperature 23 ° C., humidity 50%), and then the appearance was visually observed and evaluated as follows.
  • No lifting or peeling of the pressure-sensitive adhesive sheet occurred in the vicinity of the printing step.
  • X The pressure sensitive adhesive sheet floated or peeled near the printing step.
  • the preheated sheet is simply pressed with a room temperature shaping mold.
  • the convex part subjected to the shaping process could have the same surface shape as the irregular shape of the shaping process type. This suggests that the same surface shape as the uneven shape of the bonding surface of the adherend could be formed. Therefore, it was possible to produce a pressure-sensitive adhesive sheet having high printing level followability.
  • the pressure-sensitive adhesive sheet having a lower gel fraction as in Examples 1 to 3 had a bond between molecular chains constituting the pressure-sensitive adhesive within an appropriate range. The shape was kept as it was.
  • Comparative Example 1 since the gel fraction of the double-sided PSA sheet before bonding was 40% or more, the convex portion subjected to the shaping treatment was shaped such that the ridge line of the rectangular parallelepiped was not linear. The same surface shape as that of the mold could not be formed, and the pressure-sensitive adhesive sheet was inferior in level difference tracking.
  • the pressure-sensitive adhesive sheet having a high gel fraction as in Comparative Example 1 has a strong and dense bond between the molecular chains constituting the pressure-sensitive adhesive. The shape could not be formed and did not flow. Therefore, the convex part of the same surface shape as a shaping process type
  • the convex portion subjected to the shaping treatment has the same surface shape as the shaping treatment die, and an adhesive sheet having high printing step followability is used. We were able to make it.
  • the release film was an unstretched film, so that the convex portion having the same surface shape as that of the shaping treatment mold could be formed more accurately.

Abstract

 粘着シートを貼合する被着面に印刷などによる段差を有していても、被着面に隙間なく密着状に貼合することができる、新たな画像表示装置用両面粘着シートを提供する。 本発明は、表面保護パネル、タッチパネル及び画像表示パネルから選択されるいずれか2つの被着体を貼合するための両面粘着シートの製造方法であって、貼合前の両面粘着シートは、ゲル分率が40%未満である粘着剤組成物を用い、前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形することを特徴とする画像表示装置用両面粘着シートの製造方法である。

Description

画像表示装置用両面粘着シートの製造方法
 本発明は、液晶表示装置(LCD)、有機EL表示装置(OLED)及びプラズマディスプレイ(PDP)などの画像表示装置に用いる画像表示装置用両面粘着シート並びに離型フィルム付画像表示装置用両面粘着シートの製造方法に関する。また、本発明は、これらの画像表示装置用両面粘着シートを用いてなる画像表示装置に関するものである。
 近年、スマートフォンやタブレットなどのタッチパネル方式の画像表示装置の市場が急成長しており、意匠性、ファッション性、装飾性が要求され、薄肉化、軽量化、カラーバリエーション化が進みつつある。
 例えば、画像表示装置の表面保護パネルでは、強化ガラスと共にアクリル樹脂板やポリカーボネート板などのプラスチック材を用いたり、表面保護パネルの視認開口面部以外の周縁部の裏印刷が一般的な黒印刷と共に、白印刷された部材を用いたりされている。
 また、タッチパネルでは、ガラスセンサーと共にプラスチックフィルムセンサーを用いたり、タッチパネル機能が表面保護パネルと一体化されたタッチオンレンズ(TOL)なる部材を用いたり、さらには、タッチパネル機能が画像表示パネルに一体化されたオンセルやインセルなる部材を用いたりされている。
 そして、これら表面保護パネル、タッチパネル及び画像表示パネル(総称して、「画像表示装置用構成部材」ともいう)が組み合わされてタッチパネル方式の画像表示装置を構成している。
 また、画像視認性をより向上させるために、各画像表示装置用構成部材間の空隙を透明な樹脂で埋める構造が一般的である。
 例えば、空隙を埋めるための樹脂材料として、液状接着剤、熱可塑性接着シート材、粘着シート材などが知られている。
 液状接着剤の場合は、空隙に自由に流動して樹脂封止が可能であるが、視認開口面部内の面内厚さ精度を得にくいこと、紫外線照射して硬化する際に保護パネルの印刷裏部に紫外線が当たらず未硬化状態で電極や配線を汚染する問題があると共に未硬化の液状樹脂が画像表示装置の内部のプラスチック部材に経時的にアタックして溶剤クラックが生じることや、硬化部では硬化収縮による部材間の剥離が懸念される。
 また、熱可塑性接着シート材の場合は、かかるシート材を加熱溶融させ封止することが可能であるが、加熱溶融の際の樹脂ハミダシや加熱線膨張差による残留応力や反りによる経時的な剥がれ、加熱プロセスによるタクトタイム低下や低温溶融する材料の場合は保管、輸送時の温度管理の問題が懸念される。
 その点、粘着シート材の場合は、かかるシート材を常温で手軽に貼合することが可能で面内寸法精度も非常に良く、タクトタイムも短く量産性に優れている。
 特許文献1及び2には、各画像表示装置用構成部材を貼合する粘着シートが掲載されている。
特開2003-238915号公報 特開2004-231723号公報
 近年、画像表示パネルのカラーバリエーション化に伴い、裏印刷は黒色のほか白色などが出現している。黒色の場合、裏印刷の厚さは5~20μm程度であったが、白色の場合には、画像表示パネルからの光漏れを隠蔽するために、印刷厚さが40~80μm程度必要になっている。
 しかしながら、液状接着剤や熱可塑性接着シート材は完全に流動する樹脂であることに対して、粘着シート材は多少流動するものの、被着体の表面凹凸が大きい場合は樹脂封止が完全ではない。
 例えば、図11に示すように、表面保護パネル11の周縁部に白色などの印刷14を施した場合、段差を生ずることになる。このような場合に、表面保護パネル11とタッチパネル12とを粘着シート材13を介して貼り合わせると、図12に示すように、印刷14と視認開口面15との入隅部に空隙16が生じてしまい、視認性が悪くなることや急激な温度変化による発泡・剥離が生じてしまうことがあった。そのため、粘着シート材13で隙間なく合わせるには、粘着シート材13が、印刷14による段差に追従して隅々まで充填できる段差追従性が求められる。
 このような段差追従性を付与するために、両面粘着シートを比較的柔軟な設計とすることが考えられる。しかし、高温高湿環境下に晒されたり、急激な温度変化に晒されたりすると、この両面粘着シートは、貼合界面での発泡や剥離の問題が生じる可能性がある。
 一方で、このような発泡・剥離の問題を解決するためには、両面粘着シートを比較的硬く、凝集力の高い設計とすることが考えられる。しかし、このような設計の場合、両面粘着シートは段差追従性に劣る結果となる可能性がある。
 そこで、本発明は、粘着シートを貼合する被着体の被着面が、印刷などによる段差を有していても、被着面に隙間なく密着状に貼合することができる、新たな画像表示装置用両面粘着シートを提供することを目的とする。
 本発明者らは、両面粘着シートの材料設計により、段差追従性と耐発泡性を付与させるには限界があると仮定して、鋭意検討を重ねた結果、予め両面粘着シート自体に、被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状となるように賦形加工を施し、かかる被着体の表面に隙間なく合わせることができるようにすることによって、上記課題を解決できることを見出し、本発明を完成するに至った。
 すなわち、本発明は、表面保護パネル、タッチパネル及び画像表示パネルから選択されるいずれか2つの被着体を貼合するための両面粘着シートの製造方法であって、貼合前の両面粘着シートは、ゲル分率が40%未満である粘着剤組成物を用い、前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形することを特徴とする画像表示装置用両面粘着シートの製造方法である。
 この際、ゲル分率が40%未満である粘着剤組成物を用いて粘着シートを作製した後、該粘着シートに前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形してもよいし、また、粘着シートを作製すると同時に前記賦形を行うようにしてもよい。
 本発明の製造方法により製造される画像表示装置用両面粘着シートの被着面には、被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状が賦形してあるため、被着体の貼合面が印刷などによる段差を有していても、被着面に隙間なく密着して貼合することができる。
本発明の一実施形態の両面粘着シートを用いて表面保護パネルとタッチパネルとを貼合する場合の一例を示した概略分解斜視図である。 図1に示した形態の両面粘着シートを用いて表面保護パネルとタッチパネルとを貼合する前の状態の一例を示した断面図である。 図1に示した形態の両面粘着シートを用いて表面保護パネルとタッチパネルとを貼合した状態の一例を示した断面図である。 画像表示パネルにベゼル部材を備え付けた一例を示した断面図である。 図1に示した形態の両面粘着シートに切り欠き部を設けた場合の一例を示した斜視図である。 図5に示した形態の両面粘着シートを用いて電極部材を切り欠き部に納めつつ表面保護パネルとタッチパネルとの貼合した状態の一例を示した断面図である。 図1に示した形態の両面粘着シートに凹部を設けた場合の一例を示した部分拡大斜視図である。 図1に示した形態の両面粘着シートの両面側に離型フィルムを積層した場合の一例を示した断面図である。 図1に示した形態の両面粘着シートの両面側に離型フィルムを積層した場合の一例を示した断面図である。 図1に示した形態の両面粘着シートの両面側に離型フィルムを積層した場合の一例を示した断面図である。 従来の粘着シートを用いて表面保護パネルとタッチパネルとを貼合する前の状態の一例を示した断面図である。 図11に示した形態の粘着シートを用いて表面保護パネルとタッチパネルとを貼合した状態の一例を示した断面図である。 粘着シート賦形処理試験における賦形方法を説明する図である。 印刷段追従性試験における試験方法を説明する図である。
 以下、本発明の実施形態の一例について説明する。但し、本発明が下記実施形態に制限されるものではない。
 本発明により製造される一実施形態の画像表示装置用両面粘着シート1(「両面粘着シート1」とも称する)は、図1~3に示すように、表面保護パネル2とタッチパネル3とを貼合するための平面視矩形状の粘着シートである。
 表面保護パネル2は、両面粘着シート1を被着する被着面2aに段差部2bを有している。
 両面粘着シート1は、被着面2aに貼合する貼合面1aの面形状は、被着面2aの面形状と同一の面形状に賦形してなるものである。
 画像表示装置は、液晶表示装置(LCD)、有機EL表示装置(OLED)及びプラズマディスプレイ(PDP)などを備えたスマートフォン、タブレット、携帯電話、テレビ、ゲーム機、パーソナルコンピュータ、カーナビ、ATM、魚群探知機などを含むものである。
 両面粘着シート1は、表面保護パネル2とタッチパネル3の貼合に用いることができる。但し、両面粘着シート1の用途は、これに限定されるものではなく、表面保護パネル、タッチパネル及び画像表示パネルの画像表示装置用構成部材から選択されるいずれか2つの被着体を貼合するために用いることができ、特に、表面保護パネルとタッチパネルとを、或いは、タッチパネルと画像表示パネルとを貼合するために用いることが好ましい。
 なお、前記表面保護パネルは、強化ガラスやアクリル樹脂板やポリカーボネート板などのプラスチック材などから形成することができる。また、前記タッチパネルは、ガラスセンサーやプラスチックフィルムセンサー、タッチパネル機能が画像表示パネルに一体化されたオンセルやインセルなる部材などから形成することができる。
 表面保護パネル2の両面粘着シート1を被着する被着面2aは、図1又は図2に示すように、凹凸形状を有している。すなわち、段差部2bを有し、この段差部2bは、例えば、表面保護パネル2の裏面の周縁部に白色又は黒色などの印刷を施され、被着面2aの周縁部を一段高く突出させて形成されている。つまり、表面保護パネル2の被着面2aは、中央付近に矩形凹状の視認開口面2cを備えた横断面凹形状に形成されている。
 段差部2bの高さは、限定するものではない。例えば視認開口面2cから1μm以上100μm以下に形成されていてもよい。中でも5μm以上或いは90μm以下に形成されているものが好ましい。
 段差部2bは、印刷により形成されていても、他の方法で形成されていてもよい。例えば、図4に示すように、ベゼル部材5を画像表示パネル4の周縁部に備え付けて段差部4aを形成することができる。
 また、段差部2bは、本実施形態では一段状に形成されているが、これに限定されるものではなく、例えば二段状、三段状などの複数段状に形成されていてもよい。
 段差部2bの表面2dは、本実施形態では平面状としてあるが、これに限定されるものではなく、例えば、傾斜状、湾曲凸状、湾曲凹状などの形状であってもよい。
 特に画像表示装置によっては、段差部2bは各部材の電極やケーブルが配置されたり、また視認開口面2cではデザイン上コーナーR加工を施したりする際に形状が直線的ではなく曲線状となることもある。
 段差部2bの内周面2eは、視認開口面2cに対して略垂直に形成されているが、これに限定されるものではない。例えば、内周面2eの角度は、視認開口面2cに対して0°以上180°未満であるのが好ましく、中でも60°以上或いは90°以下であるのがより好ましい。
 内周面2dは、階段状、円弧状乃至湾曲状などに形成することもできる。
 両面粘着シート1は、少なくとも一側面、すなわち表面保護パネル2の被着面2aに貼合する貼合面1aに、前記被着体の貼合面の凹凸形状、すなわち被着面2aの面形状と同一の面形状を賦形するのが好ましい。つまり、貼合面1aの中央付近を略矩形状に一段高く隆起させた凸部1bを形成して横断面凸形状に形成するのが好ましい。
 なお、本発明において、両面粘着シートの少なくとも一側面に、前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形するとは、言い換えれば、前記被着体の貼合面の凹凸形状に沿った凸凹形状を形成するという意味であり、さらに言い換えれば、両面粘着シートの少なくとも一側面と前記被着体の貼合面とを重ねた際に、互いの凹凸形状が嵌り合うように凹凸形状を形成するという意味である。
 例えば、前記被着体の貼合面の凸部に対応して、該凸部と嵌合可能な凹部を両面粘着シートの貼合面に形成し、前記被着体の貼合面の凹部に対応して、該凹部と嵌合可能な凸部を両面粘着シートの貼合面に形成するのが好ましい。
 このように、両面粘着シート1の貼合面1aに、被着面2aの面形状と同一の面形状を形成することにより、両面粘着シート1を表面保護パネル2に貼合した際、図3に示すように、貼合面1aと被着面2aとを隙間なく密着状に合わせることができるため、空隙がなく貼合でき、視認性の悪化や剥離・発泡などを防ぐことができる。
 但し、両面粘着シート1は、少なくとも一側面、すなわち表面保護パネル2の被着面2aに貼合する貼合面1aに、前記被着体の貼合面の凹凸形状の一部、すなわち被着面2aの面形状の一部と同一の面形状を賦形すればよく、必ずしも前記被着体の貼合面の凹凸形状の全部と同一の面形状を賦形しなくてもよい。
 貼合面1aの凹凸形状は、被着面2aの面形状と同一の面形状に賦形し、隙間なく合わさるようにするのが好ましい。但し、被着面2aの面形状と同一の面形状に賦形された両面粘着シート1は、硬化前であれば、若干の流動性があるため、ある程度の誤差、すなわち各部位の長さ(各部位の高さ、横幅又は縦幅)の-5%以上+5%以下の誤差、中でも-1%以上或いは+1%以下の誤差であれば許容することができる。例えば、両面粘着シート1の凸部1bの高さが、表面保護パネル2の段差部2bに対して-5%以上+5%以下の誤差であれば許容することができ、中でも-1%以上或いは+1%以下の誤差であればより好ましく許容することができる。また例えば、両面粘着シート1の凸部1bの横幅は、表面保護パネル2の視認開口面2cの横幅に対して0.95倍以上1.05倍以下であれば許容することができ、中でも0.99倍以上或いは1.01倍以下であればより好ましく許容することができる。すなわち、寸法について-5%以上+5%以下の誤差であれば許容することができ、中でも-1%以上或いは+1%以下の誤差であればより好ましく許容することができる。
 また、両面粘着シート1の最大厚さは、段差部2bの高さに対して1.0倍以上3.0倍以下であるのが好ましく、中でも1.1倍以上或いは2.0倍以下であるのがより好ましい。
 また、両面粘着シート1は、片面側(表面保護パネル2側)のみに賦形加工を施してある。但し、両面粘着シート1の両面側に、それぞれを被着する被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状をそれぞれ賦形するようにしてもよい。例えば、タッチパネル3の被着面に段差部を有する場合、両面側に賦形加工を施すこともできる。
 両面粘着シート1は、図5又は図6に示すように、周縁部にタッチパネル3上の電極パターン3aに接続された電極端子7を納める切り欠き部6を設けることもできる。
 切り欠き部6は、例えば、両面粘着シート1の一縁部の中央付近を矩形状に切り欠いて形成することができる。
 また、図7に示すように、両面粘着シート1を凹ませた凹部8とすることもできる。
 凹部8には、切り欠き部6と同様に電極端子7を納めることができる。切り欠き部6や凹部8は、トムソン刃による切断やプレス型枠によるプレスなどにより形成することができる。
<両面粘着シート1の材料>
 両面粘着シート1の材料は、従来公知の粘着シート用材料を用いることができる。例えば、1)(メタ)アクリル酸エステル系重合体(共重合体を含む意で、以下「アクリル酸エステル系(共)重合体」と称する。)をベース樹脂として用い、これに架橋モノマー、必要に応じて架橋開始剤や反応触媒などを配合して、架橋反応させて形成したものや、2)ブタジエン又はイソプレン系共重合体をベース樹脂として用い、これに架橋モノマー、必要に応じて架橋開始剤や反応触媒などを配合して、架橋反応させて形成したものや、3)シリコーン系重合体をベース樹脂と用い、これに架橋モノマー、必要に応じて架橋開始剤や反応触媒などを配合して、架橋反応させて形成したものや、4)ポリウレタン系重合体をベース樹脂として用いたポリウレタン系粘着剤などを挙げることができる。
 本発明において、粘着シートそのものの物性は本質的な問題ではないが、粘着性、透明性、及び耐候性などの観点から、上記1)のアクリル酸エステル系(共)重合体を好ましく用いることができる。
 電気的特性、低屈折率などの性能が求められる場合は、上記2)のブタジエン又はイソプレン系共重合体を好ましく用いることができる。
 耐熱性、広い温度域におけるゴム弾性などの性能が求められる場合は、上記3)のシリコーン系共重合体を好ましく用いることができる。
 再剥離性等の性能が求められる場合は、上記4)のポリウレタン系重合体を好ましく用いることができる。
 アクリル酸エステル重合体(共重合体を含む)は、これを重合するために用いられるアクリルモノマーやメタクリルモノマーの種類、組成比率、さらには重合条件等によって、ガラス転移温度(Tg)等の特性を適宜調整することが可能である。
 アクリル酸エステル重合体を重合するために用いられるアクリルモノマーやメタクリルモノマーとしては、例えば2-エチルヘキシルアクリレート、n-オクチルアクリート、n-ブチルアクリレート、エチルアクリレート、メチルメタクリレート等を挙げることができる。これらに親水基や有機官能基などを共重合させた酢酸ビニル、ヒドロキシエチルアクリレート、アクリル酸、グリシジルアクリレート、アクリルアミド、アクリルニトリル、メタクリルニトリル、フッ素アクリレート、シリコーンアクリレートなども用いることができる。
 アクリル酸エステル重合体の中でも、(メタ)アクリル酸アルキルエステル系共重合体が特に好ましい。
 (メタ)アクリル酸アルキルエステル系共重合体を形成するために用いる(メタ)アクリレート、即ち、アルキルアクリレート又はアルキルメタクリレート成分としては、アルキル基がn-オクチル、イソオクチル、2-エチルヘキシル、n-ブチル、イソブチル、メチル、エチル、イソプロピルのうちのいずれか1つであるアルキルアクリレート又はアルキルメタクリレートの1種又はこれらから選ばれた2種以上の混合物であるのが好ましい。
 その他の成分として、カルボキシル基、水酸基、グリシジル基等の有機官能基を有するアクリレート又はメタクリレートを共重合させてもよい。具体的には、前記アルキル(メタ)アクリレート成分と有機官能基を有する(メタ)アクリレート成分とを適宜に選択的に組み合わせたモノマー成分を出発原料として加熱重合して(メタ)アクリル酸エステル系共重合体ポリマーを得ることができる。
 中でも好ましくは、イソ-オクチルアクリレート、n-オクチルアクリレート、n-ブチルアクリレート、2-エチルヘキシルアクリレート等のアルキルアクリレートの1種又はこれらから選ばれた2種以上の混合物か、或いは、イソ-オクチルアクリレート、n-オクチルアクリレート、n-ブチルアクリレート、2-エチルヘキシルアクリレート等から少なくとも1種類以上と、アクリル酸とを共重合させたものを挙げることができる。
 これらのモノマーを用いた重合処理としては、溶液重合、乳化重合、塊状重合、懸濁重合などの公知の重合方法が採用可能であり、その際に重合方法に応じて熱重合開始剤や光重合開始剤などの重合開始剤を用いることによりアクリル酸エステル共重合体を得ることができる。
 より好ましい粘着剤組成物の一例として、ガラス転移温度(Tg)が0℃未満のモノマーa1と、ガラス転移温度(Tg)が0℃以上80℃未満のモノマーa2と、ガラス転移温度(Tg)が80℃以上のモノマーa3とが、a1:a2:a3=10~40:90~35:0~25のモル比率で共重合してなり、重量平均分子量50000~400000の(メタ)アクリル酸エステル共重合体を含有する(メタ)アクリル系共重合体と、架橋剤と、光重合開始剤とを含有する粘着剤組成物を挙げることができる。
 かかる粘着剤組成物を用いて粘着シートを作製すれば、室温状態でシート状を保持しつつ自着性を示すことができ、未架橋状態において加熱すると溶融乃至流動するホットメルト性を有し、さらには光硬化することができ、光硬化後は優れた凝集力を発揮する。
 また、より好ましい粘着剤組成物の他例として、枝成分としてマクロモノマーを備えたグラフト共重合体からなるアクリル系共重合体と、架橋剤と、光重合開始剤とを含有する粘着剤組成物を挙げることができる。
 かかる粘着剤組成物を用いて粘着シートを作製しても、室温状態でシート状を保持しつつ自着性を示すことができ、未架橋状態において加熱すると溶融乃至流動するホットメルト性を有し、さらには光硬化することができ、光硬化後は優れた凝集力を発揮する。
 この際、上記アクリル系共重合体の幹成分は、(メタ)アクリル酸エステル由来の繰り返し単位を含有する共重合体成分から構成されるのが好ましく、該幹成分を構成する共重合体のガラス転移温度は-70~0℃であるのが好ましく、中でも-65℃以上或いは-5℃以下、その中でも-60℃以上或いは-10℃以下であるのが特に好ましい。
 マクロモノマーとは、末端の重合性官能基と高分子量骨格成分とを有する高分子単量体である。
 他方、上記アクリル系共重合体のマクロモノマーは、ガラス転移温度(Tg)が、上記アクリル系共重合体を構成する共重合体成分のガラス転移温度よりも高いことが好ましく、中でも30℃~120℃であるのが好ましく、中でも40℃以上或いは110℃以下、その中でも50℃以上或いは100℃以下であるのがさらに好ましい。
 また、前記マクロモノマーの高分子量骨格成分は、アクリル系重合体またはビニル系重合体から構成されるのが好ましい。例えば、ポリスチレン、スチレン及びアクリロニトリルの共重合体、ポリ(t-ブチルスチレン)、ポリ(α-メチルスチレン)、ポリビニルトルエン、ポリメチルメタクリレートなどを挙げることができる。
 アクリル酸エステル重合体を架橋する際に用いる架橋モノマー(「架橋剤」とも称する)としては、(メタ)アクリロイル基を2個以上有する多官能(メタ)アクリレート、イソシアネート基、エポキシ基、メラミン基、グリコール基、シロキサン基、アミノ基などの有機官能基を2個以上有する多官能有機官能基樹脂、亜鉛、アルミ、ナトリウム、ジルコニウム、カルシウムなどの金属錯体を有する有機金属化合物を用いることができる。
 上記の多官能(メタ)アクリレートの例を挙げると、例えば1,4-ブタンジオールジアクリレート、1,6-ヘキサンジオールジアクリレート、1,9-ノナンジオールジアクリレート、トリメチロールプロパントリアクリレートなどを挙げることができる。
 架橋モノマーの含有量は、所望の物性が得られるよう他の要因と併せて調整すればよいが、一般的にはベースポリマー100質量部に対し0.01~40.0質量部、好ましくは0.1~30.0質量部、中でも0.5~30.0質量部の割合の範囲内で調整するのがよい。但し、他の要素とのバランスでこの範囲を超えてもよい。
 また、アクリル酸エステル重合体を架橋する際には、架橋開始剤(過酸化開始剤、光重合開始剤)や反応触媒(三級アミン系化合物、四級アンモニウム系化合物、ラウリル酸スズ化合物など)を適宜添加すると効果的である。
 両面粘着シート1を形成する粘着剤組成物としては、紫外線照射架橋する場合には、光硬化型粘着剤組成物を用いるのが好ましい。よって、ベース樹脂例えばアクリル酸エステル重合体のほか、光重合開始剤、必要に応じて架橋剤を含有するのが好ましい。
 光重合開始剤としては、開裂型光開始剤及び水素引抜型光開始剤のいずれを使用してもよいが、両者を併用してもよい。
 開裂型光開始剤としては、例えばベンゾインブチルエーテル、ベンジルジメチルケタール、ヒドロキシアセトフェノンなどを挙げることができる。
 他方、水素引抜型光開始剤としては、例えばベンゾフェノン、ミヒラーケトン、ジベンゾスベロン、2-エチルアントラキノン、イソブチルチオキサンソンなどを挙げルことができる。
 但し、前記に挙げた物質に限定するものではない。
 光重合開始剤の添加量は、上記貯蔵せん断弾性率が所定範囲内に入るように調整すればよいが、一般的にはベースポリマー100質量部に対し0.05~5.0質量部の割合の範囲内で調整するのがよく、水素引抜型と開裂型の各光重合開始剤を1:1の割合で併用するのが良い。但し、他の要素とのバランスでこの範囲を超えてもよい。
 上記成分のほか、必要に応じて、近赤外線吸収特性を有する顔料や染料などの色素、粘着付与剤、酸化防止剤、老化防止剤、吸湿剤、紫外線吸収剤、シランカップリング剤、天然物や合成物の樹脂類、ガラス繊維やガラスビーズなどの各種の添加剤を適宜配合することもできる。
 貼合前の両面粘着シートについて、特に賦形する前の粘着剤組成物のゲル分率は40%未満であるのが好ましく、20%以下であるのがより好ましい。粘着剤組成物のゲル分率を40%未満とすることにより、粘着剤組成物を構成する分子鎖同士の結合が適切な範囲におさえられるため、プレス処理等で賦形処理した際に被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を形成されやすくなる。
 ゲル分率の調整には、各種の方法を用いることができる。例えば熱架橋の場合、粘着シートを加熱することでゲル分率を高めることができる。この際、加熱の際又は加熱乾燥の際の温度や時間を変更することで、ゲル分率を調整することができる。
 また、紫外線照射架橋の場合、粘着シートに紫外線を照射することでゲル分率を高めることができる。
 例えば、紫外線照射量を変更することでゲル分率を調整することができる。この際、紫外線の照射量は、10000mJ/cm以下とするのが好ましく、より好ましくは1500mJ/cm以下であり、さらに好ましくは1000mJ/cm以下である。
 両面粘着シート1は、上記粘着剤組成物をシート状に成形する工程(「シート状成形工程」とも称する)と、両面粘着シートの少なくとも一側面に、前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形する工程「賦形工程」とも称する)とを経て製造することができる。
 但し、シート状成形工程と賦形工程の順序は任意であるし、同時に行ってもよい。
<シート状成形工程>
 上記粘着材組成物、好ましくはゲル分率が40%未満である粘着剤組成物を用いてシート状に成形することができる。
 両面粘着シート1は、単一の材料を用いて一層で形成することができるが、二層、三層などの複数層にして形成することもできる。
 両面粘着シート1は、取扱いやすくするなどのために、片面又は両面に離型フィルムを積層することができる。離型フィルムとしては、従来からある材質のものを用いることができ、例えば、PETフィルムなどを用いることができる。
 離型フィルムは、例えば、以下のように両面粘着シート1に積層することが好ましい。
 図8に示すように、両面粘着シート1の両面側に、離型フィルム9aの周縁部が両面粘着シート1の周縁部よりも外方に張り出すように積層することができる。これにより、両面粘着シート1に直接触れにくくなり貼合作業がしやすくなる。少なくとも一面側の離型フィルム9aの周縁部が、両面粘着シート1の周縁部よりも外方に張り出すように積層してあればよい。
 また、図9に示すように、両面粘着シート1の両面側に離型フィルム9bを積層し、一面側の離型フィルム9bを、貼合面1aの表面形状と同一の面形状に賦形し、貼合面1aに密着させることで積層することもできる。これにより、両面粘着シート1が保形しやすくなる。両面粘着シートの両面側に賦形加工が施してある場合は、両面側の離型フィルムを賦形加工してもよい。
 また、図10に示すように、両面粘着シート1の両面側に離型フィルム9cを積層し、離型フィルム9cの周縁部を両面粘着シート1の周縁部よりも外方に張り出すように積層し、かつ、離型フィルム9cの周縁部の一部又は全周に、両離型フィルム9c間に介在させ、両面粘着シート1に応力がかかることを防ぐガイド部10を備えることもできる。これにより、両面粘着シート1の変形を防ぐことができる。
 ガイド部10は、各種のフィルム小片を所定の位置に設けることで、形成することができる。例えば、両面粘着シート1が離型フィルムにより挟まれた構成を有し、所定サイズに裁断された離型フィルム付両面粘着シートを作製した後、いずれか一方の離型フィルムを剥がして両面粘着シート1の一方の粘着面が露出した状態とし、両面粘着シート1の周縁部より外方に張り出した離型フィルムの所定位置(例えば、対向する縁部)にフィルム小片を設ける。
 次に、離型フィルムを両面粘着シート1の露出した粘着面と貼り合わせることで、ガイド部10をもつ両面粘着シートを形成することができる。
 この際、フィルム小片の材質は特に限定されない。例えば、ポリプロピレン、ポリエチレンなどの各種のポリオレフィン系樹脂、ポリ乳酸、ポリエチレンテレフタレートなどの各種ポリエステル系樹脂、6-ナイロン、12-ナイロンなどの各種ポリアミド系樹脂等を挙げることができる。中でも、ポリエチレンテレフタレートからなるフィルムは、入手のしやすさ、耐熱性、強度などの面から好ましい。また、ガイド部10は、片面又は両面に粘着剤組成物や、離型フィルムと密着するような材料をコートし、離型フィルム上における任意の位置から移動しないようにすることが好ましい。
 またガイド部10は、一枚のフィルムからなる必要はなく、複数のフィルムからなる積層フィルムとしても良い。その際、積層するフィルムはすべて同じ形状である必要はなく、異なる形状のフィルム片を重ね合わせ、それぞれに特定の機能を付与することもできる。
 また、ガイド部10は、少なくとも対向する縁部に設けることが好ましい。ガイド部10の高さは、特に限定するものではないが、両面粘着シート1の最大厚さに対して、0.5倍以上2.0倍以下にするのが好ましく、中でも1.0倍以上或いは1.5倍以下にするのがより好ましい。
 なお、後述の離型フィルムを有する平面状の粘着シートに対して離型フィルム越しにプレスする際に用いる離型フィルムとして、無延伸フィルムを用いるのが好ましい。無延伸フィルムを用いることによって、プレス処理等で賦形処理した際に、元の型の凹凸形状と同一の面形状を形成しやすくなるという効果を有することができる。
 前記無延伸フィルムは、中でもフィルムそのものの機械的強度、柔軟性、耐薬品性という観点で、無延伸ポリプロピレンフィルム、無延伸ポリエチレンフィルム、無延伸ポリエステルフィルムのうちのいずれかを用いるのがより好ましい。
<賦形工程>
 両面粘着シート1は、例えば、粘着シートを、プレス型枠による賦形、金型を用いる賦形、ロールによる賦形、積層による賦形などで賦形加工して作製することができる。なかでも、プレス型枠による賦形が生産性、賦形加工の精度などの観点から好ましい。
 プレス型枠による賦形は、離型フィルムを有する平面状の粘着シートに対して離型フィルム越しにプレスすることや、粘着シートに対して直接プレスして、賦形加工された両面粘着シート1を作製することができる。より具体的には、被着体の形状を模した型を、両面粘着シートの少なくとも一側面に、直接押し付けて賦形することや、被着体の形状を模した型を、両面粘着シートの少なくとも一側面に、離型フィルム越しに押し付けて賦形する方法を挙げることができる。
 この際、被着体の形状を模した型とは、被着体の貼合面の凹凸形状と嵌め合せることができる凹凸形状を、粘着シート1の貼合面1aに賦形、すなわち成型することができる型、言い換えれば、被着体の貼合面の凹凸形状と同一形状のキャビティを有する型を意味する。
 また、離型フィルムをプレス型枠でプレスして賦形加工し、この離型フィルムに粘着剤組成物を塗布や流し込みなどをすることにより、賦形加工された両面粘着シート1を作製することができる。
 金型を用いる賦形は、粘着剤組成物を型枠に流し込み、固化させることにより、賦形加工された両面粘着シート1を作製することができる。
 ロールによる賦形は、離型フィルムを有する平面状の粘着シートを、ロール間に通過させることにより、賦形加工された両面粘着シート1を作製することができる。
 積層による賦形は、大きさの異なる2つの平面状の粘着シートを作製し、これらを重ね合わせることにより、賦形加工された両面粘着シート1を作製することができる。
 両面粘着シート1は、貼合面1aの面形状を被着面2aの面形状と同一の面形状に賦形してあるため、被着面2aに印刷などによる段差部2bを有していても、表面保護パネル2やタッチパネル3などの各画像表示装置用構成部材を隙間なく貼合することができる。
 以下、両面粘着シート1の製造方法、特に両面粘着シートの貼合面の面形状の賦形方法の例について、より具体的に説明する。
(プレス枠による賦形方法)
a)離型フィルム越しにプレスする方法
 両面に離型フィルムを積層した平坦な粘着シートの原シートを適宜スリットして、スリットした粘着シートを送り繰り出しながら、被着体の表面凹凸形状、すなわち被着面2aの面形状に沿ったプレス型枠を用いて、平坦な粘着シートを離型フィルム越しにホットプレスして表面賦形する。この際、被着面2aの面形状に沿ったプレス型枠を、両面粘着シートの少なくとも一側面に、離型フィルム越しに押し付けるようにすればよい。
なお、上記スリットとは、広幅のフィルムの巻物から、フィルムを巻き出しながら刃を入れ、狭幅のフィルムの巻物を作ることを意味する。
 次工程で一面側の離型フィルムを剥がして、露出した粘着シートを賦形形状の外形に沿ってカットし、外形の外周の不要な粘着耳部をカス取りした後、外形カット寸法よりも広い新たな離型フィルムを貼り直す。
 更に次の工程でハンドリング可能な形状に個片カットして、両面粘着シート1を作製する。
b)粘着シートに直接プレスする方法
 両面に離型フィルムを積層した平坦な粘着シートの原シートを適宜スリットして、スリットした粘着シートを送り繰り出しながら、一面側の離型フィルムを剥がして、被着体の表面凹凸形状、すなわち被着面2aの面形状に沿ったプレス型枠を用いて、平坦な粘着シートを直接ホットプレスして表面賦形する。この際、被着面2aの面形状に沿ったプレス型枠を、両面粘着シートの少なくとも一側面に、直接押し付けるようにすればよい。
 次工程で一面側が露出している粘着シートを賦形形状の外形に沿ってカットし、外形の外周の不要な粘着耳部をカス取りした後、外形カット寸法よりも広い新たな離型フィルムを貼り直す。
 更に次の工程でハンドリング可能な形状に個片カットして、両面粘着シート1を作製する。
 プレス型枠の材質は特に限定されない。例えば、離型性に優れたシリコーン樹脂や、フッ素系樹脂を利用することもできる。また、ステンレス、アルミなど離型性がない材質であっても、各種離型剤を塗布することで、好適に用いることができる。
 ホットプレスの温度は、例えば、室温以上、好ましくは80℃以上、より好ましくは100℃以上である。またプレス圧、プレス深さ、プレス時間は、寸法、形状、賦形状態によって適宜調整すればよい。
 またカット方法としては、例えば、トムソン刃、ロータリー刃によるカット方法を挙げることができる。
 さらに、表面賦形と外形カットとを上記のように、別々のプロセスでやる方法もあるが、例えば、賦形用の金型とカット金型とを一体化した金型を用いれば、一工程で表面賦形と外形カットを行うこともできる。
(賦形加工した離型フィルムによる賦形方法)
 予め被着体の表面凹凸形状、すなわち被着面2aの面形状と同一の面形状に賦形した離型フィルムを少なくとも一面側に配して、粘着剤組成物を塗布して表面賦形した粘着シートの原シートを製膜する。
 次に、原シートの表面凹凸形状の巾に合わせて適宜スリットした後、スリットした粘着シートを次工程で一面側の離型フィルムを剥がし、露出した粘着シート面を外形に沿ってカットし、外形の外周の不要な粘着耳部をカス取りした後に、外形カット寸法より広い新たな離型フィルムを貼り直す。
 更に次の工程でハンドリング可能な形状に個片カットして両面粘着シート1を作製する。
(金型を用いる賦形方法)
 被着体の表面凹凸形状、すなわち被着面2aの面形状を模した金型に粘着剤組成物を塗布又は注入して、表面賦形された粘着シートを成形する。
 金型が片面だけの場合は、粘着剤組成物を塗布又は注入した後、反対側に離型フィルムを貼り、その上からゴムロール等で密着させる。
 粘着剤組成物を固化させた後、離型フィルムを引くことで、両面粘着シート1を金型から引き離す。
 金型に塗布又は注入した際のはみだしを除去し、ガイド部10を必要に応じて設け、露出している粘着シートに離型フィルムを貼り合わせる。
 更に次の工程でハンドリング可能な形状に個片カットして、両面粘着シート1を作製する。
 金型が両面ある場合は、粘着剤組成物を固化させたのち、片方の金型を外し、替わりに離型フィルムを貼り、その上からゴムロール等で密着させる。
 その後、離型フィルムを引くことで、粘着シートを金型から引き離す。
 金型に塗布又は注入した際のはみだしを除去し、ガイド部10を必要に応じて設け、露出している粘着シートに離型フィルムを貼りあわせる。
 更に次の工程でハンドリング可能な形状に個片カットして、両面粘着シート1を作製する。
 金型の材質は特に限定されないが、離型性に優れたシリコーン樹脂や、フッ素系樹脂を利用することもできる。また、ステンレス、アルミなど離型性がない材質の金型であっても、各種離型剤を塗布することで、好適に用いることができる。
(ロールによる賦形方法)
 平坦な離型フィルム2枚の間に粘着剤組成物を塗布した後に、少なくとも一面側に被着体の表面凹凸形状、すなわち被着面2aの面形状を模した賦形ロールを配して他面側のロールとの間に挟み込んで通過させて表面賦形して粘着シートの原シートを製膜することができる。
 次に、原シートの表面凹凸形状の巾に合わせて適宜スリットした後、スリットした粘着シートを次工程で一面側の離型フィルムを剥がし、露出した粘着シートを賦形形状の外形に沿ってカットし、外形の外周の不要な粘着耳部をカス取りした後に、外形カット寸法より広い新たな離型フィルムを貼り直す。
 更に次の工程でハンドリング可能な形状に個片カットして両面粘着シート1を作製する。
 ロール温度について、賦形ロールを配して他面側のロールとの間に挟みこんで通過させて表面賦形させる温度は、好ましくは室温以上、より好ましくは80℃以上、さらに好ましくは100℃以上である。
(積層による賦形)
 両面に離型フィルムを積層した平坦な粘着シートの原シートを適宜スリットして、それぞれ予め視認開口面2cの形状にカットした平坦な第1の粘着シートと、段差部2bの表面2dの形状にカットした大きさの異なる形状の平坦な第2の粘着シートを作製しておく。
 その後、それぞれの一面側の離型フィルムを剥がして、露出した粘着面同士を貼り重ねて、所望の表面賦形を有する両面粘着シート1を作製する。
<賦形後の処理工程>
 両面粘着シート1は、前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形した後、粘着シート1のゲル分率が40%以上となるように処理を行うのが好ましい。
 この時、ゲル分率が50%以上となるように処理を行うのがより好ましく、60%以上となるように処理を行うのがさらに好ましい。
 上記のように賦形した後、粘着シート1のゲル分率が40%以上となるように処理を行うことによって、粘着シート1の保管時の形状安定性が向上するほか、表面保護パネル、タッチパネル及び画像表示パネルなどと貼合した後の耐久性が向上するという効果を得ることができる。
 ゲル分率の調整には、各種の方法を用いることができる。
 例えば熱架橋の場合、粘着シートを加熱することでゲル分率を高めることができる。この際、加熱の際又は加熱乾燥の際の温度や時間を変更することで、ゲル分率を調整することができる。
 また、紫外線照射架橋の場合、粘着シートに紫外線を照射することでゲル分率を高めることができる。
 例えば、紫外線照射量を変更することでゲル分率を調整することができる。この際、紫外線の照射量は、100~10000mJ/cmが好ましく、より好ましくは250~1500mJ/cmであり、さらに好ましくは500~1000mJ/cmである。
<より好ましい実施形態>
 ゲル分率が40%未満、特に20%未満である粘着剤組成物をシート状に成形してシート状粘着剤組成物とし、次にシート状粘着剤組成物の少なくとも一側面に、被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形し、次に、熱又は光によってシート状粘着剤組成物を硬化させて、シート状粘着剤組成物のゲル分率を40%以上、特に60%以上となるように処理するようにして、両面粘着シート1を製造する方法を好ましい実施形態の一例として挙げることができる。
 また、ゲル分率が40%未満、特に20%未満である粘着剤組成物をシート状に成形してシート状粘着剤組成物とし、次にシート状粘着剤組成物の少なくとも一側面に、被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形し、次に、シート状粘着剤組成物を介して被着体を貼着した後、熱又は光によってシート状粘着剤組成物を硬化させて、シート状粘着剤組成物のゲル分率を40%以上、特に60%以上となるように処理するようにして、両面粘着シート1を製造する方法を好ましい実施形態の他例として挙げることができる。
 以下、実施例および比較例によりさらに詳しく説明する。但し、本発明はこれらに限定されるものではない。
 まず、本発明の両面粘着シートを作製するため、以下の製造例によって粘着シート(S-0)を作製した。
[製造例]
 2-エチルヘキシルアクリレート(ホモポリマーTg(2-エチルヘキシルアクリレートのみを重合してなるポリマーのガラス転移点):-70℃)、50重量部と、酢酸ビニル(ホモポリマーTg+32℃)45重量部と、アクリル酸(ホモポリマーTg+106℃)5重量部とをランダム共重合してなるアクリル酸エステル共重合体A(Mn=65400、Mw=167000、Mw/Mn=2.56)を用意した。このアクリル酸エステル共重合体A1kgに、架橋剤として紫外線硬化樹脂プロポキシ化ペンタエリスリトールトリアクリレート(新中村工業株式会社「ATM-4PL」70gと、光重合開始剤として4-メチルベンゾフェノン15gとを混合して粘着剤樹脂組成物(A-1)を調製した。
 片側面を剥離可能に処理した延伸ポリエチレンテレフタレートフィルム(パナック株式会社製、延伸PETフィルム「NP75Z01」、厚み75μm)の当該片側面に、前記粘着剤樹脂組成物(A-1)を加熱溶融して厚み150μmとなるようにアプリケータにて塗工したのち、片側面を剥離可能に処理した延伸ポリエチレンテレフタレートフィルム(東洋紡績株式会社製、延伸PETフィルム「E7006」、厚み38μm)の当該片側面を当接させるように被覆し、延伸PETフィルム/紫外線架橋性中間樹脂層(A-1、厚さ150μm)/延伸PETフィルムからなる粘着シート(S-0)を作製した。
[実施例1]
(粘着シート1の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)から、延伸PETフィルム「E7006」を剥離し、粘着シート1とした。粘着シート1の物性評価結果は表1に示す。
[実施例2]
(粘着シート2の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)に一方のポリエチレンテレフタレートフィルム側から、波長365nmの積算光量が250mJになるように高圧水銀ランプにて紫外線を照射した。その後、延伸PETフィルム「E7006」を剥離し、粘着シート2を得た。粘着シート2の物性評価結果は表1に示す。
[実施例3]
(粘着シート3の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)に一方のポリエチレンテレフタレートフィルム側から、波長365nmの積算光量が500mJになるように高圧水銀ランプにて紫外線を照射した。その後、延伸PETフィルム「E7006」を剥離し、粘着シート3を得た。粘着シート3の物性評価結果は表1に示す。
[実施例4]
(粘着シート4の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)に一方のポリエチレンテレフタレートフィルム側から、波長365nmの積算光量が1000mJになるように高圧水銀ランプにて紫外線を照射した。その後、延伸PETフィルム「E7006」を剥離し、粘着シート4を得た。粘着シート4の物性評価結果は表1に示す。
[比較例1]
(粘着シート5の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)に一方のポリエチレンテレフタレートフィルム側から、波長365nmの積算光量が2000mJになるように高圧水銀ランプにて紫外線を照射した。その後、延伸PETフィルム「E7006」を剥離し、粘着シート5を得た。粘着シート5の物性評価結果は表1に示す。
[実施例5]
(粘着シート6の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)に一方のポリエチレンテレフタレートフィルム側から、波長365nmの積算光量が500mJになるように高圧水銀ランプにて紫外線を照射した。その後、延伸PETフィルム「E7006」を剥離し、シリコーンコート無延伸ポリプロピレンフィルム(無延伸CPPフィルム)(サントックス(株)製「サントックスRS02」)を代わりに貼合し、粘着シート6を得た。粘着シート6の物性評価結果は表2に示す。
[実施例6]
(粘着シート7の作製)
 上記で作製した粘着シート(S-0)に一方のポリエチレンテレフタレートフィルム側から、波長365nmの積算光量が500mJになるように高圧水銀ランプにて紫外線を照射し、延伸PETフィルム「E7006」を剥離せず、粘着シート7を得た。粘着シート7の物性評価結果は表2に示す。
 上記のごとく得られた粘着シート1~7について、次のような評価を行った。
(1)ゲル分率
 得られた粘着シート1~7からすべての延伸PETフィルムまたは無延伸CPPフィルムを除去した後、裁断してそれぞれ約0.05gの粘着シート片を採取した。
 採取した粘着シート片は、あらかじめ袋状にした質量(X)のSUSメッシュ(#200)に包み、袋の口を閉じてサンプルを作成して、当該サンプルの質量(Y)を測定した。前記サンプルは100mlの酢酸エチルに浸漬させた状態で23℃、24時間暗所保管したのち、前記サンプルを取り出して70℃で4.5時間加熱することで酢酸エチルを蒸発させ、乾燥させたサンプルの質量(Z)を測定した。測定したそれぞれの質量を下記式によって、ゲル分率を算出した。
   ゲル分率(%)=[(Z―X)/(Y-X)]
(2)粘着シート賦形処理試験
 図13で示すように粘着シート賦形処理に用いられる実際のプレス型の代替品として、以下の評価用賦形処理型を作製した。80mm×110mm×厚さ1cmのシリコーン樹脂の中心部に、40mm×70mm、深さ80μmのくぼみを形成することで、周辺部に幅20mmの枠を持つ、評価用賦形処理型を作製した。
 得られた粘着シート1~7を80×110mmにカットし、厚み75μmの延伸PETフィルム「NP75Z01」を下にして、100℃に熱したホットプレートの上に置き、5分間予熱した。予熱した粘着シートの上に評価用賦形処理型を乗せ、さらに2kgの鋳鉄製の錘を乗せ、10秒静置したのち、評価用賦形処理型ごと粘着シートをホットプレートから取り上げた。23℃で5分間冷却したのち、評価用賦形処理型から粘着シートを一方の延伸PETフィルム「NP75Z01」と一緒に分離して、40mm×70mm×高さ80μmの直方体型の凸部を有する粘着シートを得た。
 粘着シート賦形処理試験として、前記凸部の形状を以下の基準で評価した。なお、粘着シート6は無延伸CPPフィルム「サントックスRS02」を、粘着シート7は延伸PETフィルム「E7006」をそれぞれ剥離してから評価した。
 ○:凸部の基部や角は丸まっておらず、シャープな形状である。凸部を形成する直方体の稜線は直線状である。
 △:凸部の基部や角はやや丸くなっている。凸部を形成する直方体の稜線は若干のうねりがあるものの、ほぼ直線状で実用上問題はない。
 ×:凸部の基部や角は丸まっている。凸部を形成する直方体の稜線はうねったり、ゆがんだりしており、直線状ではない。
(3)印刷段差追従性試験
 図14で示すように被着面に段差部を有する画像表示装置構成部材の代替品として、以下の評価用ガラス基板を作製した。ガラス板(60mm×90mm×厚さ0.5mm)の周縁部に、幅10mm、厚み80μmの白色印刷(全光線透過率0%)を施すことで、周縁部に80μmの印刷段差、すなわち中心部に高さ80μmの凹部を有する評価用ガラス基板を作製した。
 また、前記評価用ガラス基板に貼合する試験用被着体として、偏光板(日東電工株式会社製「NWF-KDSEGHC-ST22」)を用いた。前記偏光板は、ガラス板(60mm×90mm×厚さ0.5mm)の片面に全面貼合させたものを用いた。
 被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形させた粘着シートとして、前記(2)粘着シート賦形処理試験にて作製した直方体型の凸部を有する粘着シート1~7を用いた。前記粘着シートの凸部と、前記評価用ガラス基板の凹部とをはめ込むようにハンドローラーにて貼着した。ついで、延伸PETフィルム「NP75Z01」を剥離し、露出した粘着面に前記偏光板とガラス板を全面貼合したものを減圧下(絶対圧5kPa)にてプレス貼合したのち、オートクレーブ処理(60℃、0.2MPa、20分)を施して仕上げ貼着し、印刷段差追随性評価用積層体を作製した。
 前記印刷段差追随性評価用積層体を、常態(温度23℃、湿度50%)で一日放置したのち、外観を目視観察し、以下のように評価した。
  ○:印刷段差付近に粘着シートの浮きまたは剥離は発生しなかった。
  ×:印刷段差付近に粘着シートの浮きまたは剥離が発生した。
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000001
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000002
 実施例1~4のように、貼合する前の両面粘着シートのゲル分率がいずれも40%未満の粘着剤組成物を用いることで、予熱したシートを常温の賦形処理型で押し付けるだけで賦形処理をすることができた。また、賦形処理された凸部は賦形処理型の凹凸形状と同一の面形状を有することもできた。これは、被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形することができたことを示唆している。よって、印刷段差追随性の高い粘着シートを作製することができた。
 中でも、実施例1~3のようにゲル分率がより低い粘着シートは、粘着剤を構成する分子鎖同士の結合が適切な範囲におさえられたため、プレス処理等で賦形処理をしたときの形状がそのまま保持された。
 これに対し、比較例1は、貼合する前の両面粘着シートのゲル分率が40%以上であったため、賦形処理した凸部は、直方体の稜線が直線状ではないなど、賦形処理型と同一の面形状を形成できず、段差追随性が劣った粘着シートとなった。
 比較例1のようにゲル分率が高い粘着シートは、粘着剤を構成する分子鎖同士の結合が強く密なため、プレス処理等で賦形処理しても、粘着剤が賦形処理型の形状を形成できず、流動しなかった。よって、賦形処理型と同一の面形状の凸部が形成できず、段差追随性が劣った粘着シートとなった。
 また、プレスする側に離型フィルムをおいた実施例5,6でも同様に、賦形処理した凸部は、賦形処理型と同一の面形状を持ち、印刷段差追随性の高い粘着シートを作製することができた。
 中でも、実施例5のように離型フィルムが無延伸フィルムであることによって、賦形処理型と同一の面形状の凸部をより正確に形成することができた。
1 画像装置用両面粘着シート
 1a 貼合面
 1b 凸部
2 表面保護パネル
 2a 被着面
 2b 段差部
 2c 視認開口面
 2d 表面
 2e 内周面
3 タッチパネル
 3a 電極パターン
4 画像表示パネル
 4a 段差部
5 ベゼル部材
6 切り欠き部
7 電極端子
8 凹部
9a~9c 離型フィルム
10 ガイド部
11 表面保護パネル
12 タッチパネル
13 粘着シート材
14 印刷
15 視認開口面
16 空隙
21 評価用賦形処理型
22 粘着シート
23 ガラス板
24 白色印刷
25 粘着シート
26 偏光板

Claims (9)

  1.  表面保護パネル、タッチパネル及び画像表示パネルから選択されるいずれか2つの被着体を貼合するための両面粘着シートの製造方法であって、
     貼合前の両面粘着シートは、ゲル分率が40%未満である粘着剤組成物を用い、
     前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形することを特徴とする画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  2.  前記粘着剤組成物が、光硬化型粘着剤組成物であることを特徴とする請求項1に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  3.  前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形する方法として、被着体の形状を模した型を、両面粘着シートの少なくとも一側面に、直接押し付けて賦形することを特徴とする請求項1又は2に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  4.  前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状に賦形する方法として、被着体の形状を模した型を、両面粘着シートの少なくとも一側面に、離型フィルム越しに押し付けて賦形することを特徴とする請求項1又は2に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  5.  前記離型フィルムが無延伸フィルムであることを特徴とする請求項4に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  6.  前記離型フィルムが、無延伸ポリプロピレンフィルム、無延伸ポリエチレンフィルム及び無延伸ポリエステルフィルムのうちのいずれかであることを特徴とする請求項4又は5に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  7.  前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形した後、両面粘着シートのゲル分率が40%以上となるように処理を行うことを特徴とする請求項1~6のいずれか1項に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  8.  前記被着体の貼合面の凹凸形状と同一の面形状を賦形した後、紫外線を照射することによって、両面粘着シートのゲル分率が40%以上となるように処理することを特徴とする請求項1~7のいずれか1項に記載の画像表示装置用両面粘着シートの製造方法。
  9.  請求項1~8のいずれか1項に記載の製造方法によって製造された画像表示装置用両面粘着シート。
PCT/JP2015/063576 2014-05-13 2015-05-12 画像表示装置用両面粘着シートの製造方法 WO2015174392A1 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201580024376.9A CN106459677B (zh) 2014-05-13 2015-05-12 图像显示装置用双面粘合片的制造方法
JP2016519255A JP6350653B2 (ja) 2014-05-13 2015-05-12 画像表示装置用両面粘着シートの製造方法
KR1020167032956A KR101917266B1 (ko) 2014-05-13 2015-05-12 화상 표시 장치용 양면 점착 시트의 제조 방법

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014-099554 2014-05-13
JP2014099554 2014-05-13

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2015174392A1 true WO2015174392A1 (ja) 2015-11-19

Family

ID=54479930

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2015/063576 WO2015174392A1 (ja) 2014-05-13 2015-05-12 画像表示装置用両面粘着シートの製造方法

Country Status (5)

Country Link
JP (1) JP6350653B2 (ja)
KR (1) KR101917266B1 (ja)
CN (1) CN106459677B (ja)
TW (1) TWI644794B (ja)
WO (1) WO2015174392A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018051857A1 (ja) * 2016-09-15 2018-03-22 三菱ケミカル株式会社 粘着シート積層体、賦形粘着シート積層体及びその製造方法
JP2018048317A (ja) * 2016-09-15 2018-03-29 三菱ケミカル株式会社 粘着シート積層体、賦形粘着シート積層体及びその製造方法
JP2018115310A (ja) * 2017-01-19 2018-07-26 三菱ケミカル株式会社 賦形粘着シート積層体の製造方法
JP2018115311A (ja) * 2017-01-19 2018-07-26 三菱ケミカル株式会社 賦形粘着シート積層体の製造方法
JP2018144381A (ja) * 2017-03-07 2018-09-20 三菱ケミカル株式会社 塗布フィルムおよび粘着シート積層体
JP7336348B2 (ja) 2019-10-10 2023-08-31 リンテック株式会社 表示体および粘着シート

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6979285B2 (ja) * 2017-05-26 2021-12-08 日東電工株式会社 画像表示装置
JP7078469B2 (ja) * 2018-07-02 2022-05-31 本田技研工業株式会社 成形品
CN213126448U (zh) * 2020-08-19 2021-05-04 昆山国显光电有限公司 显示面板和音箱
KR102455052B1 (ko) * 2020-12-22 2022-10-13 계명대학교 산학협력단 Oled 패널 부착용 점착제 조성물 및 그 제조방법

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60223883A (ja) * 1984-04-20 1985-11-08 Yasuyuki Moriyama 両面接着テ−プとその製造法
JP2003301147A (ja) * 2002-04-09 2003-10-21 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着シート
JP2005112966A (ja) * 2003-10-07 2005-04-28 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着シート
JP2007099936A (ja) * 2005-10-05 2007-04-19 Nitto Denko Corp 粘着シートの製造方法
JP2010180271A (ja) * 2009-02-03 2010-08-19 Lintec Corp 易貼付性粘着シート及びその製造方法
JP2011184678A (ja) * 2009-09-17 2011-09-22 Kaneka Corp 活性エネルギー線硬化性組成物
JP2011184582A (ja) * 2010-03-09 2011-09-22 Three M Innovative Properties Co 光学用粘着シート
WO2012032995A1 (ja) * 2010-09-06 2012-03-15 三菱樹脂株式会社 画像表示装置構成用積層体の製造方法、及びこの積層体を用いてなる画像表示装置
WO2012124389A1 (ja) * 2011-03-17 2012-09-20 リンテック株式会社 エネルギー線硬化型粘着剤および粘着シート
JP2014043543A (ja) * 2012-07-31 2014-03-13 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着剤、放射線硬化型粘着剤層、放射線硬化型粘着シートおよび積層体
WO2014073316A1 (ja) * 2012-11-09 2014-05-15 三菱樹脂株式会社 画像表示装置用両面粘着シート、離形フィルム付画像表示装置用両面粘着シート及びこれらを用いてなる画像表示装置
JP2014201709A (ja) * 2013-04-09 2014-10-27 日本合成化学工業株式会社 アクリル系樹脂組成物、アクリル系粘着剤、粘着シート、両面粘着シート、透明電極用粘着剤、タッチパネル及び画像表示装置、並びに粘着剤層含有積層体の製造方法

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3880418B2 (ja) 2002-02-21 2007-02-14 日東電工株式会社 両面粘着シートおよびタッチパネルの表示装置への貼着固定方法
JP4493273B2 (ja) 2003-01-29 2010-06-30 日東電工株式会社 両面粘着シートおよびタッチパネル付き表示装置
JP5011676B2 (ja) * 2005-08-12 2012-08-29 株式会社日立製作所 表示装置を備える機器
US20110033720A1 (en) * 2008-04-11 2011-02-10 Jun Fujita Transparent adhesive sheet and image display device including the same
JP2010072471A (ja) * 2008-09-19 2010-04-02 Three M Innovative Properties Co 透明粘着シート、それを含む画像表示装置及び、その画像表示装置の作製方法
JP2010097070A (ja) * 2008-10-17 2010-04-30 Nitto Denko Corp フラットパネルディスプレイ用透明粘着シート及びフラットパネルディスプレイ
JP5725760B2 (ja) * 2010-08-19 2015-05-27 大同化成工業株式会社 タッチパネル用粘着剤組成物に用いるアクリル系高分子化合物
JP2014043546A (ja) * 2012-07-31 2014-03-13 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着剤層及び放射線硬化型粘着シート
CN203217885U (zh) * 2013-01-30 2013-09-25 索威斯胶带(上海)有限公司 显示装置及用于显示装置的膜组件

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60223883A (ja) * 1984-04-20 1985-11-08 Yasuyuki Moriyama 両面接着テ−プとその製造法
JP2003301147A (ja) * 2002-04-09 2003-10-21 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着シート
JP2005112966A (ja) * 2003-10-07 2005-04-28 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着シート
JP2007099936A (ja) * 2005-10-05 2007-04-19 Nitto Denko Corp 粘着シートの製造方法
JP2010180271A (ja) * 2009-02-03 2010-08-19 Lintec Corp 易貼付性粘着シート及びその製造方法
JP2011184678A (ja) * 2009-09-17 2011-09-22 Kaneka Corp 活性エネルギー線硬化性組成物
JP2011184582A (ja) * 2010-03-09 2011-09-22 Three M Innovative Properties Co 光学用粘着シート
WO2012032995A1 (ja) * 2010-09-06 2012-03-15 三菱樹脂株式会社 画像表示装置構成用積層体の製造方法、及びこの積層体を用いてなる画像表示装置
WO2012124389A1 (ja) * 2011-03-17 2012-09-20 リンテック株式会社 エネルギー線硬化型粘着剤および粘着シート
JP2014043543A (ja) * 2012-07-31 2014-03-13 Nitto Denko Corp 放射線硬化型粘着剤、放射線硬化型粘着剤層、放射線硬化型粘着シートおよび積層体
WO2014073316A1 (ja) * 2012-11-09 2014-05-15 三菱樹脂株式会社 画像表示装置用両面粘着シート、離形フィルム付画像表示装置用両面粘着シート及びこれらを用いてなる画像表示装置
JP2014201709A (ja) * 2013-04-09 2014-10-27 日本合成化学工業株式会社 アクリル系樹脂組成物、アクリル系粘着剤、粘着シート、両面粘着シート、透明電極用粘着剤、タッチパネル及び画像表示装置、並びに粘着剤層含有積層体の製造方法

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20220025251A (ko) 2016-09-15 2022-03-03 미쯔비시 케미컬 주식회사 점착 시트 적층체, 부형 점착 시트 적층체 및 그 제조방법
KR20220025253A (ko) 2016-09-15 2022-03-03 미쯔비시 케미컬 주식회사 점착 시트 적층체, 부형 점착 시트 적층체 및 그 제조방법
KR102457647B1 (ko) * 2016-09-15 2022-10-24 미쯔비시 케미컬 주식회사 점착 시트 적층체, 부형 점착 시트 적층체 및 그 제조방법
KR102426469B1 (ko) * 2016-09-15 2022-07-29 미쯔비시 케미컬 주식회사 점착 시트 적층체, 부형 점착 시트 적층체 및 그 제조방법
KR20220025254A (ko) 2016-09-15 2022-03-03 미쯔비시 케미컬 주식회사 점착 시트 적층체, 부형 점착 시트 적층체 및 그 제조방법
KR20190055822A (ko) 2016-09-15 2019-05-23 미쯔비시 케미컬 주식회사 점착 시트 적층체, 부형 점착 시트 적층체 및 그 제조방법
JP2018048317A (ja) * 2016-09-15 2018-03-29 三菱ケミカル株式会社 粘着シート積層体、賦形粘着シート積層体及びその製造方法
CN113462310A (zh) * 2016-09-15 2021-10-01 三菱化学株式会社 粘合片层叠体、赋形粘合片层叠体及其制造方法
CN113462311A (zh) * 2016-09-15 2021-10-01 三菱化学株式会社 粘合片层叠体、赋形粘合片层叠体及其制造方法
WO2018051857A1 (ja) * 2016-09-15 2018-03-22 三菱ケミカル株式会社 粘着シート積層体、賦形粘着シート積層体及びその製造方法
JP7006044B2 (ja) 2017-01-19 2022-01-24 三菱ケミカル株式会社 賦形粘着シート積層体の製造方法
JP2018115311A (ja) * 2017-01-19 2018-07-26 三菱ケミカル株式会社 賦形粘着シート積層体の製造方法
JP2018115310A (ja) * 2017-01-19 2018-07-26 三菱ケミカル株式会社 賦形粘着シート積層体の製造方法
JP2018144381A (ja) * 2017-03-07 2018-09-20 三菱ケミカル株式会社 塗布フィルムおよび粘着シート積層体
JP7336348B2 (ja) 2019-10-10 2023-08-31 リンテック株式会社 表示体および粘着シート

Also Published As

Publication number Publication date
KR101917266B1 (ko) 2018-11-09
TWI644794B (zh) 2018-12-21
TW201601910A (zh) 2016-01-16
JP6350653B2 (ja) 2018-07-04
KR20160149254A (ko) 2016-12-27
CN106459677A (zh) 2017-02-22
JPWO2015174392A1 (ja) 2017-04-20
CN106459677B (zh) 2021-01-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6350653B2 (ja) 画像表示装置用両面粘着シートの製造方法
JP5890534B2 (ja) 画像表示装置用両面粘着シート、離形フィルム付画像表示装置用両面粘着シート及びこれらを用いてなる画像表示装置
US9394465B2 (en) Transparent adhesive sheet and image display device
CN105524567B (zh) 双面带有粘合剂的光学薄膜及其卷曲抑制方法、以及使用其的图像显示装置的制造方法
JP5864801B2 (ja) 画像表示装置用透明両面粘着シート及びこれを用いた画像表示装置
KR101162558B1 (ko) 화상 표시 장치 구성용 적층체의 제조 방법, 및 이 적층체를 사용하여 이루어지는 화상 표시 장치
JP5370706B1 (ja) 画像表示装置の製造方法
CN103080822B (zh) 制造图像显示装置的方法
CN104854488A (zh) 双面带粘合剂的光学薄膜以及使用该光学薄膜制造图像显示装置的方法
CN103717692A (zh) 可辐射固化的压敏粘结剂片材
KR101733600B1 (ko) 인쇄용 전사필름 및 그 제조방법
CN111019544A (zh) 一种3d屏幕保护膜及其制备方法

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 15793466

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

ENP Entry into the national phase

Ref document number: 2016519255

Country of ref document: JP

Kind code of ref document: A

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

ENP Entry into the national phase

Ref document number: 20167032956

Country of ref document: KR

Kind code of ref document: A

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 15793466

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1