WO2006087947A1 - 車椅子 - Google Patents

車椅子 Download PDF

Info

Publication number
WO2006087947A1
WO2006087947A1 PCT/JP2006/302124 JP2006302124W WO2006087947A1 WO 2006087947 A1 WO2006087947 A1 WO 2006087947A1 JP 2006302124 W JP2006302124 W JP 2006302124W WO 2006087947 A1 WO2006087947 A1 WO 2006087947A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
wheelchair
upper frame
wheel
attached
frame
Prior art date
Application number
PCT/JP2006/302124
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Eiko Furusho
Original Assignee
Eiko Furusho
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Eiko Furusho filed Critical Eiko Furusho
Priority to EP06713267.0A priority Critical patent/EP1894528B1/en
Priority to CN2006800049524A priority patent/CN101119681B/zh
Priority to JP2007503624A priority patent/JP4050785B2/ja
Publication of WO2006087947A1 publication Critical patent/WO2006087947A1/ja
Priority to HK08103938.1A priority patent/HK1113990A1/xx

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61GTRANSPORT, PERSONAL CONVEYANCES, OR ACCOMMODATION SPECIALLY ADAPTED FOR PATIENTS OR DISABLED PERSONS; OPERATING TABLES OR CHAIRS; CHAIRS FOR DENTISTRY; FUNERAL DEVICES
    • A61G5/00Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs
    • A61G5/02Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs propelled by the patient or disabled person
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B6/00Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment
    • A61B6/04Positioning of patients; Tiltable beds or the like
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B6/00Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment
    • A61B6/04Positioning of patients; Tiltable beds or the like
    • A61B6/0478Chairs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61GTRANSPORT, PERSONAL CONVEYANCES, OR ACCOMMODATION SPECIALLY ADAPTED FOR PATIENTS OR DISABLED PERSONS; OPERATING TABLES OR CHAIRS; CHAIRS FOR DENTISTRY; FUNERAL DEVICES
    • A61G5/00Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61GTRANSPORT, PERSONAL CONVEYANCES, OR ACCOMMODATION SPECIALLY ADAPTED FOR PATIENTS OR DISABLED PERSONS; OPERATING TABLES OR CHAIRS; CHAIRS FOR DENTISTRY; FUNERAL DEVICES
    • A61G5/00Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs
    • A61G5/006Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs convertible to stretchers or beds
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61GTRANSPORT, PERSONAL CONVEYANCES, OR ACCOMMODATION SPECIALLY ADAPTED FOR PATIENTS OR DISABLED PERSONS; OPERATING TABLES OR CHAIRS; CHAIRS FOR DENTISTRY; FUNERAL DEVICES
    • A61G5/00Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs
    • A61G5/10Parts, details or accessories
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61GTRANSPORT, PERSONAL CONVEYANCES, OR ACCOMMODATION SPECIALLY ADAPTED FOR PATIENTS OR DISABLED PERSONS; OPERATING TABLES OR CHAIRS; CHAIRS FOR DENTISTRY; FUNERAL DEVICES
    • A61G5/00Chairs or personal conveyances specially adapted for patients or disabled persons, e.g. wheelchairs
    • A61G5/10Parts, details or accessories
    • A61G5/12Rests specially adapted therefor, e.g. for the head or the feet
    • A61G5/128Rests specially adapted therefor, e.g. for the head or the feet for feet
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B6/00Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment
    • A61B6/54Control of apparatus or devices for radiation diagnosis
    • A61B6/548Remote control of the apparatus or devices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61GTRANSPORT, PERSONAL CONVEYANCES, OR ACCOMMODATION SPECIALLY ADAPTED FOR PATIENTS OR DISABLED PERSONS; OPERATING TABLES OR CHAIRS; CHAIRS FOR DENTISTRY; FUNERAL DEVICES
    • A61G2210/00Devices for specific treatment or diagnosis
    • A61G2210/50Devices for specific treatment or diagnosis for radiography

Definitions

  • the present invention relates to a wheelchair. In detail, it can be used for movement, etc. in the same way as ordinary wheelchairs.
  • a general X-ray photography device such as a leader photography stand or a Bucky photography stand can be used without changing to another chair.
  • X-ray photography can be performed in the front, back, front, side, and oblique directions in the sitting, semi-sitting and lying positions. This is related to a wheelchair suitable for X-ray photography, particularly for X-ray photography in the longitudinal direction of the knee that does not extend while bent.
  • Patent Document 1 Japanese Patent Application Laid-Open No. 2004-329467
  • the present invention has been developed as a wheelchair that is lightweight, small, and easy to handle and comfortable. Usually, it can be used for movement, etc. like a general wheelchair. It is intended to provide a wheelchair that can perform X-ray photography on a general X-ray photography apparatus such as a leader photography stand or a Bucky photography stand as it is without changing to another chair during line photography.
  • a general X-ray photography apparatus such as a leader photography stand or a Bucky photography stand as it is without changing to another chair during line photography.
  • the wheelchair of the present invention includes a seat, an upper frame attached substantially perpendicular to the seat, and the upper frame so as to cross the upper frame.
  • a backrest portion having a main body detachably attached thereto, a gripping portion provided continuously to the upper frame, and a vehicle
  • a wheelchair having a wheel wherein the upper frame is substantially perpendicular to a ground contact surface of the wheel, the main body is made of an X-ray permeable material, and the gripping portion is attached and detached.
  • the upper frame is movably connected to the upper frame.
  • the upper frame body of the backrest portion is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the gripping portion is connected to the upper frame body so as to be attachable / detachable and turnable. And the subject's body can be brought into close contact with each other in parallel, and a clear X-ray photograph can be obtained.
  • the main body of the backrest portion is detachably attached to the upper frame body and is made of an X-ray transparent material, so that the X-ray can be easily passed through the photographing stand, and a clear X-ray photograph can be obtained. it can.
  • the wheelchair of the present invention has left and right armrests attached substantially vertically to the seat, and front, rear, left and right lower frames substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and a backrest and The left and right armrests are connected to the lower frame substantially perpendicularly and detachably with respect to the ground contact surface of the wheel.
  • a leader The imaging table and the body of the subject, particularly the side, can be brought into close contact with each other in parallel, and a clear X-ray photograph can be obtained.
  • the backrest body is detachably attached to the upper frame and is made of an X-ray transparent material, which makes it easier to pass X-rays through the photographic stand and provide a clear X-ray photograph. it can.
  • left and right armrests attached substantially perpendicular to the seat part, front and rear lower left and right frame substantially perpendicular to the wheel contact surface, and forward from the lower frame
  • a first lateral member having an extended leg frame and a footrest attached to the leg frame, disposed below the seat so as to oppose each other, and disposed in an opposing space region
  • the first support member that is detachably mounted and the second lateral member that is disposed in front of the lower frame on the front side so as to face each other and that is disposed in the facing space region are detachable
  • a second support member attached to the power setter used for X-ray photography near the back of the subject sitting in a wheelchair by the first support member and the second support member ( Image receiving unit).
  • the wheel of the wheelchair rides on a structure or the like and the seat portion with respect to the ground plane Even if it is tilted, the lower frame with the wheel that has been ridden can be shortened, or the wheel that has not been ridden can be attached, and the lower frame can be extended to make the seat part substantially parallel to the ground plane.
  • the left and right armrests and the upper frame are separated, and the upper frame is disposed so that it can be attached to and detached from and pivoted to the seat at one end thereof. Since the backrest can be tilted backwards, a person sitting in a wheelchair can take a relaxed posture when moving. For those who have difficulty maintaining the sitting position, X-ray photography can be performed while sitting in a wheelchair in semi-sitting or lying position, not only when moving, but also during X-ray photography.
  • the footrest is rotatably attached to the leg frame, and the footrest has a surface on which the foot is placed and a surface facing the surface on which the foot is placed,
  • the surface facing the surface on which the foot is placed is configured so that a holding member for holding the force set (image receiving unit) is detachably attached, and the footrest is rotated to be substantially perpendicular to the grounding surface.
  • a force set image receiving unit
  • the footrest when the footrest is movably attached to the leg frame body, the footrest is moved forward by moving the footrest forward even when a tall subject is sitting.
  • the legs can be put on the footrest even if they are extended, so that the knee position becomes lower and X-ray photography of the lower limbs becomes easier.
  • the seat is made of an X-ray transmissive material!
  • a force set image receiving portion
  • the thigh is X-rayed. You can shoot with
  • the shapes of the adjacent holes are different from each other, and the shapes of the facing holes are the same, For example, after passing the rod serving as the first transverse member through one hole, it becomes easier to find the other opposite hole.
  • the wheelchair according to the present invention is light and small in size, and is easy to handle and comfortable. Usually, it can be used for movement like a general wheelchair, and sits on another chair during X-ray photography.
  • X-ray imaging can be performed with a general X-ray imaging apparatus such as a reader imaging stand or a single shooting stand as it is.
  • FIG. 1 is a schematic explanatory view showing a first example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 2 is a schematic explanatory diagram showing a second example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 3 is a schematic rear view showing an example of a wheelchair to which the present invention is applied, with the backrest body removed.
  • FIG. 4 is a schematic side view showing another example of an armrest portion and a backrest portion of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 5 is a schematic explanatory view showing an example of a state of performing X-ray photography in a lateral direction while sitting on a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 6 is a schematic explanatory view showing a state of performing X-ray photography in the front-rear direction while sitting on a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 7 is a schematic explanatory view showing an example of a state in which a force set (image receiving portion) is attached to a third example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 8 An embodiment (a) for taking an X-ray image in the front-rear direction near the knee without bending and using the third example of the wheelchair to which the present invention is applied, and the present invention is applied.
  • FIG. 10 is a schematic diagram of one embodiment (b) in which a thigh is photographed in the front-rear direction using a third example of a wheelchair.
  • FIG. 9 An example of attaching a force set (image receiving part) for X-ray photography in the lateral direction of the lower limb (a) and a third example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 3 is a schematic view of one embodiment (b) for performing X-ray photography of a direction.
  • FIG. 10 is a schematic view showing a fourth example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • FIG. 11 is a schematic view showing an aspect in which X-ray photography is performed by tilting the back portion of a wheelchair to which the present invention is applied backward.
  • FIG. 12 is a schematic view showing an example of an aspect in which an armrest and a backrest separated from each other are attached to the lower frame.
  • FIG. 13 is an enlarged schematic view of a joint portion and a set screw.
  • FIG. 14 is a schematic view showing an example of a state in which the lower frame attached to the front wheel is expanded and contracted.
  • FIG. 15 is a schematic diagram showing an example of a footrest (a) and a state (b) in which the footrest is moved forward.
  • FIG. 3 is a schematic view showing an embodiment (b).
  • FIG. 17 is a schematic side view of the entire conventional X-ray imaging wheelchair.
  • FIG. 1 is a schematic explanatory view showing a first example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the wheelchair 1 to which the present invention is applied has a seat part 2, a back part having an upper frame 4 attached substantially perpendicular to the seat part, and a main body 5 attached to the upper frame across the upper frame.
  • the grip 6 connected to the upper frame, the front wheel 7, the rear wheel 8 with a diameter of 12 inches (30.5 cm), the footrest 9 that supports the foot, and the lower limb so that it does not fall backward Supporting redder rest 10, armrest 11, brake 12, gripping part can be rotated and gripping part can be removed
  • Grasping part adjustment device 13 and lower frame located below the seat can be extended and contracted
  • the lower frame telescopic device 14 can adjust the seat so as to form a predetermined angle with the ground contact surface of the wheel, and the seat belt 15 made of an X-ray permeable material such as cotton or carbon.
  • the frame of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel.
  • the fabric that is detachably attached to the upper frame, which is the main body 5 of the backrest, and is made of an X-ray permeable material such as cotton or carbon is further durable, such as a thick fabric cloth.
  • the cover 5A is detachably covered and both have deflection.
  • the “predetermined angle” refers to an angle formed by tilting the seat portion in the front-rear and left-right directions.
  • the upper frame body force of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body of the backrest part is detachably attached and is made of an X-ray transparent material, If the gripping part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable, it is not necessary to cover the cloth made of the X-ray permeable material so as to be detachable with a cloth having excellent durability. It does not have to be a cloth and does not need to bend further. Also, it is not necessary to attach the gripping part adjusting device, the lower frame telescopic device, and the seat belt to the wheelchair, and the diameter of the rear wheel. The brake is not attached to the front wheel. It may be.
  • a thick belt separate from a seat belt made of an X-ray permeable material such as cotton or carbon is used. It is preferable to attach a seat belt made of fabric cloth to the wheelchair.
  • FIG. 2 is a schematic explanatory diagram showing a second example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the wheelchair 1 to which the present invention is applied includes a seat portion 2, a backrest portion 3 having an upper frame body 4 attached substantially vertically to the seat portion and a main body 5 attached to the upper frame body across the upper frame body.
  • a grip 6 connected to the upper frame, an armrest 11 having a frame member 11A substantially parallel to the upper frame, a front wheel 7, a rear wheel 8 to which a brake 12 is attached, and a wheel.
  • the lower frame 18 that is substantially perpendicular to the ground contact surface, the footrest 9 that supports the foot, and the redderrest 10 that supports the lower limb so that it does not fall backward, the gripping portion can be rotated and the gripping portion can be removed.
  • Gripping section adjustment device 13 lower frame telescopic device 14 for expanding and contracting the lower frame located below the seat, seat belt 15 made of X-ray permeable material such as cotton and carbon, and upper portion Consists of reinforcing pipe 16 that connects frame 4 and frame member 11A of armrest 11 It is, Ru.
  • the upper frame of the backrest portion is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel.
  • the fabric that is detachably attached to the upper frame which is the main body 5 of the backrest, and is made of an X-ray permeable material such as cotton or carbon is further durable, such as a thick fabric cloth.
  • the cover 5A is detachably covered and both have deflection.
  • the backrest 3 and the armrest 11 are attached to the lower frame 18 at the four corners supporting the seat 2 by fixing screws 17 so as to be detachable substantially perpendicularly to the ground contact surface of the wheel.
  • the rear wheel 8 has a diameter of 6 inches (15.3 cm) and is arranged at the lower end of the lower frame 18.
  • the front wheel and the rear wheel are located on the extension line of the lower frame. ing .
  • a lower frame telescopic device 14 is attached to the upper part of the rear wheel 8.
  • the rear wheel 8 rotates only in the front-rear direction (it does not rotate around the axis of the support pipe). Also, the fixing screw 17 faces the inside of the wheelchair.
  • the upper frame body force of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the body of the backrest part is detachably attached and is made of an X-ray transparent material.
  • the gripping part is connected to the upper frame so that it can be attached and detached and rotated, it is not necessary to attach a brake to the rear wheel, and the diameter of the rear wheel is not 6 inches.
  • the rear wheel may be rotated 360 ° around the axis of the support pipe in the same manner as the front wheel. It may be a folding wheelchair that can be folded by lifting the center of the seat.
  • FIG. 3 is a schematic rear view showing an example of a wheelchair to which the present invention is applied, with the main body of the backrest part removed.
  • the gripping part can be attached to the upper frame again by loosening the gripping part adjustment tool and removing the upper frame body force of the backrest part, for example by turning the two gripping parts in the left-right direction or the forward direction of the wheelchair, respectively.
  • An elastic upper frame strength bar 4B is attached to the upper frame of the backrest.
  • the upper frame of the backrest 1S is almost perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body force of the backrest is detachably attached!
  • the gripping portion is connected to the upper frame body so as to be detachable and rotatable, the upper frame body force bar does not necessarily have to be attached to the upper frame body of the backrest portion.
  • FIG. 4 is a schematic side view showing another example of an armrest portion and a backrest portion of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the armrest 11 and the upper frame 4 of the backrest are separated.
  • an upper branch frame 4A branches from the upper frame 4 for reinforcement, and extends substantially parallel to the upper frame 4.
  • the upper frame 4 and the upper branch frame 4A are respectively lower frame 18 and lower frame 18A.
  • the fixing pipe 17 is detachably attached to the housing pipe 19 arranged substantially parallel to the lower frame 18.
  • the two frame members 11A of the armrest 11 are detachably attached to the lower frame 18 and the accommodation pipe 19 arranged substantially parallel to the lower frame 18, respectively.
  • a reinforcing pipe 16 is provided between the frame members 11A of the armrest portion 11 to connect them.
  • the upper frame body force of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body of the backrest part is detachably attached and is made of an X-ray transparent material, If the gripping part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable, the armrest part and the upper frame of the backrest part do not necessarily have to be separated from each other. It is not necessary to attach a fixing screw to.
  • FIG. 5 is a schematic explanatory view showing an example of a state in which X-ray imaging in the lateral direction is performed while sitting on a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the force set moves up and down along the imaging table support device 22A according to the region to be imaged, such as the chest, head, neck, shoulder, and waist.
  • an imaging plate IP
  • the X-ray image in the front-rear direction can be taken even when the subject makes the back approximately parallel to the image-receiving part of the reader photographic stand and close contact with the left and right armrests and backrest part removed by loosening the fixing screws.
  • IP imaging plate
  • FIG. 6 is a schematic explanatory view showing a state where X-ray photography in the front-rear direction is performed while sitting on a wheelchair to which the present invention is applied.
  • X-ray photography remove the gripping part from the wheelchair 1 to which the present invention is applied, remove the heavy cloth covering the body of the backrest part to make only the body, and sit on the wheelchair to which the present invention is applied.
  • the subject takes close contact with the force set (image receiving part) 21 of the reader / photographing stand 20 and makes close contact with the back.
  • X-rays emitted in the X-ray irradiation direction 22 from an X-ray tube (not shown) arranged in front of the subject pass through the body of the subject and the backrest, and enter the force set (image receiving portion) 21.
  • the image is printed and an X-ray photograph is obtained.
  • the force set (image receiving unit) moves up and down along the imaging table support device 22A according to the imaging region such as the chest, head, neck, shoulder, and waist.
  • the force with which the gripping part is removed If the back of the subject can be brought into close contact with the image receiving part, it is not necessary to remove the gripping part and the gripping part can be rotated to be in the same plane as the backrest part. It may be positioned or directed forward of the backrest.
  • the upper body since the back of the subject is in close contact with the force set (image receiving portion) 21, even a subject with a forward bent posture with the back bent forward, the upper body naturally wakes up Easy and accurate correction In addition to being able to do this, the upper body is raised so that a wide field image and an image without distortion can be obtained. In addition, by taking an image using a stationary imaging stand that is installed at a fixed position, an accurate X-ray incident angle can be obtained and a reproducible image can be provided.
  • FIG. 7 is a schematic explanatory view showing an example of a state in which a force set (image receiving portion) is attached to a third example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • a wheelchair 1 to which the present invention is applied includes a seat 2, an upper frame 4 attached substantially vertically to the seat, and a main body 5 attached to the upper frame across the upper frame.
  • the backrest 3 provided, the same plane force as the upper frame, the grip 6 connected to the upper frame so as to protrude rearward, the front wheel 7, the rear wheel 8 with the brake 12 attached, and the foot support
  • a footrest 9 an armrest 11 provided with a frame member 11A substantially parallel to the upper frame, a gripper adjustment device 13 capable of rotating the gripper and removing the gripper, and a lower frame Reinforcing pipe that connects lower frame expansion and contraction device 14 for expanding and contracting the body, seat belt 15 made of X-ray transparent material such as cotton and carbon, and upper frame 4 and frame member 11A of armrest 11 1 6, the lower frame 18 that is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, the front lower frame and the footrest
  • a plurality of first leg members 24 (an example of a first transverse member) arranged in
  • the first support member 23 is detachably attached to one of the first hole portions 23A, and is disposed in front of the lower frame on the front side so as to face each other, and is disposed in the facing space region.
  • a second support member 25 detachably attached to one of the plurality of keyhole-shaped second holes 25A, and a footrest 9
  • It is composed of a footrest support rod 28 having a height adjusting device 28A that supports the footrest.
  • a force set (image receiving portion) 21 is held by a force set holder 29, and a hook at the end of the force set holder is hooked on the first bar member 24 and the force set holder is placed on the second bar member 26. Holder 29 is placed.
  • the cassette honoreda is provided with a force set presser and a force set receiver.
  • the force set holder and the force set holder can be moved up and down. Also, loosen the screws on the cylindrical rods on both sides and move the force set (image receiving part) up and down to adjust the position of the cassette (image receiving part) and fix it.
  • a part of the frame member 11A inserted into the front lower frame 18 is longer than a part of the upper frame 4 inserted into the rear lower frame 18. Further, the shapes of the adjacent first hole portions 23A are different from each other, and the shapes of the first hole portions 23A facing each other are the same. If the backrest body and the seat are transparent, the position of the camera stand can be confirmed through the main body, making it easy to align the backrest with the camera stand, or through the seat directly below the seat. Since the position of the placed force set (image receiving part) can be confirmed, it is easy to align the force set (image receiving part).
  • the wheelchair to which the present invention is applied may be made of wood, acrylic material, and an ethical ray permeable material such as carbon, which are made of only a metal material.
  • the upper frame of the backrest portion is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel.
  • the fabric that is detachably attached to the upper frame which is the main body 5 of the backrest, and is made of an X-ray permeable material such as cotton or carbon is further durable, such as a thick fabric cloth.
  • a cover (not shown) is detachably covered, both of which have deflection.
  • the backrest 3 and the armrest 11 are attached to the lower frame 18 at the four corners supporting the seat 2 substantially perpendicularly and detachably with respect to the ground contact surface of the wheel.
  • the rear wheel 8 has a diameter of 6 inches (15.3 cm) and is disposed at the lower end of the lower frame 18.
  • the front wheel and the rear wheel are located on the extension line of the lower frame. ing.
  • a lower frame telescopic device 14 is attached to the upper part of the rear wheel 8.
  • the rear wheel 8 rotates only in the front-rear direction (that does not rotate around the axis of the lower frame).
  • the upper frame body force of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body of the backrest part is detachably attached and is made of an X-ray transparent material, If the gripping part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable, it is not necessary to cover the cloth made of the X-ray permeable material so as to be detachable with a cloth having excellent durability. It is not necessary to use cloth, and it is not necessary to attach the gripping part adjusting device, lower frame telescopic device, seat belt, support plate and footrest support rod to the wheelchair.
  • the diameter of the rear wheel does not have to be 6 inches, for example, it can be changed appropriately within the range of 6 to 12 inches (15.3 to 30.5 cm).
  • the front wheel it may be rotated 360 ° around the axis of the lower frame, and the gripping part does not necessarily protrude backward, for example it is located on the extension line of the upper frame or the upper frame Further, the wheel may not be located on the extension line of the lower frame body.
  • the wheel may be arranged on the inner side so that the wheel is located below the seat.
  • the upper frame body force of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body of the backrest part is detachably mounted and is made of an X-ray transparent material, and is gripped. If the part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable, it may be a foldable wheelchair that can be folded by lifting the center of the seat part.
  • the lower frame body can be expanded and contracted by making it possible to replace members with different heights by expanding and contracting the lower frame body with the thread on the surface of the lower frame body and the inner screw of the lower frame expansion and contraction device. ,.
  • first lateral member and the second lateral member are detachably attached to the first support member and the second support member, respectively, the first hole portion and the second hole are not necessarily provided.
  • the first lateral member and the second lateral member may be attached by, for example, magnetism, or a plurality of recesses may be formed on the upper side of the first support member. Further, as long as the first transverse member is disposed in the opposing space region, the first lateral member may not be continuous from the one first supporting member to the other opposing first supporting member.
  • a thick belt separate from a seat belt made of an X-ray transparent material such as cotton or carbon is used. It is preferable to attach a seat belt made of fabric cloth to the wheelchair.
  • FIG. 8 (a) is a schematic diagram of an embodiment in which X-ray imaging is performed in the front-rear direction around a knee that is bent without being extended, using a third example of a wheelchair to which the present invention is applied. .
  • FIG. 8 (b) is a schematic view of an embodiment in which the thigh is photographed in the front-rear direction using a third example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the lower frame on the front side is omitted.
  • Fig. 8 (a) when X-ray photography is performed in the front-rear direction near the knee, the first support member 23 disposed below the seat 2 and between the front and rear lower frames 18 is provided.
  • a first rod member (not shown) is attached to the formed first hole 23A, and a front lower frame 18 and a lower branch frame 18A branched forward from the front lower frame,
  • a second bar (not shown) is attached to the second hole 25A formed in the second support member 25 disposed between the two members, and the force set (image receiving portion) 21 is held.
  • the force set holder 29 has a hook on its upper end hooked on the first bar (not shown) and on the first bar (not shown) and the second bar (not shown). Placed in.
  • the photographer determines the position of the first bar (not shown) so that the force setting (image receiving part) 21 is located near the back of the subject's knee, and the force setting (image receiving part) Adjust the height of the cassette (image receiving part) 21 by adjusting the position of the front and rear of 21 with screws, and changing the position of the second bar (not shown).
  • the seat 2 is made of an X-ray transparent material such as cotton or carbon, and there are a plurality of first A first bar (not shown) is attached to at least two of the holes 23A, and a force set (image receiving part) 21 is held on the first bar (not shown).
  • the set force holder 29 is placed.
  • a force set (image receiving part) 21 is arranged almost parallel to the seat part 2 immediately below the seat part 2, and the photographer sits on the seat part 2 and the photographer takes the force set (image receiving part) 21.
  • an X-ray emitted from an X-ray tube (not shown) disposed above the subject passes through the subject's body, and the X-ray image is burned by a force set (image receiving unit) 24.
  • An X-ray image is obtained by being attached. If an X-ray image can be obtained,
  • the force set (image receiving unit) may be an X-ray film-containing force set or an imaging plate (IP) or an image reading device that does not require a force set (image receiving unit).
  • the upper frame body force of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body of the backrest part is detachably mounted and is made of an X-ray permeable material, and is gripped. If the part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable, the seat part is not necessarily made of X-ray transparent material!
  • FIG. 9 (a) is a schematic diagram showing an example of a force set (image receiving unit) mounting for performing X-ray imaging in the lateral direction of the lower limbs.
  • FIG. 9 (b) is a schematic view of an embodiment in which X-ray imaging is performed in the lateral direction of the lower limbs using a third example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the footrest When X-ray photography is performed in the lateral direction of the lower limb, the footrest is rotated to be substantially perpendicular to the ground contact surface, and the surface facing the surface on which the foot is placed is substantially flush with the second support member.
  • the U-shaped holding member 30 that holds the force set (image receiving portion) 21 is placed on the second support member 25 and the support plate 27 attached to the footrest 9 so that the holding member 30 Mount the force set (image receiving part) on the two holding members 30 that are attached and attached so that the bottom faces are located in substantially the same plane, that is, at substantially the same height. ).
  • the holding member 30 includes a hook (not shown) attached to the holding member, a keyhole-shaped hole 25A formed in the second support member 25, and a keyhole-shaped hole formed in the support plate 27. Installed by inserting into part 27A.
  • the holding member 30 has a plurality of keyhole-shaped holes respectively formed in the second support member 25 and the support plate 27 in accordance with the size of the imaging portion of the lower limb and the size of the force set (image receiving portion). Attached to the one selected from the department.
  • the force set (image receiving portion) can be held more stably.
  • the footrest support bar 28 is provided with a height adjusting device 28A that adjusts the height by rotating using a screw thread, the holding foot attached to the support plate 27 of the footrest 9 is attached. Even if the height of the member and the holding member attached to the second support member 25 are different and the force set (image receiving part) 24 is inclined, the height is adjusted by the height adjustment tool 28A to correct the inclination. it can.
  • the holding member can be attached to the second support member 25 or the support plate 27, the By forming a keyhole-shaped hole in the support plate of the second support plate and inserting the hook (not shown) of the holding member into this hole, it is not necessary to attach the holding member. A member may be attached.
  • the photographer brings the lower limbs (lower knee 31 and knee 32) of the subject closer to the force set (image receiving part) 21, The lower limbs (lower knee 31 and knee 32) are in close contact so that they are within the range of the force set (image receiving part). Then, as shown in FIG. 9B, the X-ray tube (not shown) is adjusted in position and orientation so that the X-ray irradiation direction 22 is substantially perpendicular to the force set (image receiving portion).
  • the lower limbs shown here include the knee and lower knee.
  • the reader pedestal is installed almost perpendicular to the floor, and is mainly used for standing-up and sitting postures. It is an imaging stand that is installed in a row and used mainly for X-ray photography in a supine position. Both are installed so that the X-rays from the X-ray tube are incident in the correct direction with respect to the image-receiving surface of the photographic stand! RU
  • Some Bucky shooters can tilt the image-receiving surface of the shooter with respect to a horizontal plane. Therefore, by using an X-ray imaging table such as these imaging tables, a reproducible image photograph without distortion can be obtained.
  • the X-ray dose automatic exposure control device built in the reader photo stand or Bucky photo stand can be used, so there is no excess or deficiency!
  • FIG. 10 is a schematic diagram showing a fourth example of a wheelchair to which the present invention is applied.
  • the armrest 11 and the upper frame 4 of the backrest 3 are separated from each other, and the upper frame 4 is connected to the seat 2 by a joint portion 37 at one end thereof.
  • the top frame 4 has a point where it can be rotated, a set screw 38 that determines the inclination angle of the backrest 3 is attached to the lower frame 18, and the upper frame 4 has an upper branch frame for reinforcement.
  • 4A is detachably attached and extends substantially parallel to the upper frame 4, and the upper frame 4 and the upper part.
  • the branch frame 4A is detachably attached to the lower frame 18 and the receiving pipe 19 disposed substantially parallel to the lower frame 18, and a U-shape detachably attached to the upper frame.
  • FIG. 11 is a schematic diagram showing an aspect in which X-ray imaging is performed by tilting the backrest portion of a wheelchair to which the present invention is applied backward.
  • the backrest 3 is placed substantially in parallel on the imaging table 22B that has been tilted in advance, and the force set (image receiving unit) is located inside the imaging table 22B attached to the imaging table support device 22A. It is installed almost parallel to the photographic stand. In the case of alignment, since the subject's sitting wheelchair and the image receiving unit are moved rather than moving the subject, the subject can leave his back on the backrest 3.
  • the photographer adjusts the position and orientation of the X-ray tube (not shown) so that the X-ray irradiation direction 22 is substantially perpendicular to the force set (image receiving portion) 21.
  • an X-ray tube installed so as to move in conjunction with the inclination of the imaging table so that the X-ray irradiation direction 22 is substantially perpendicular to the force set (image receiving unit) 21 may be used.
  • the armrest portion is attached, but it goes without saying that the X-ray imaging may be performed with the armrest portion removed.
  • FIG. 12 is a schematic view showing an example of an aspect in which the armrest portion and the backrest portion separated from each other are attached to the lower frame.
  • the gripping part 6 loosens the gripping part adjusting device 13 and removes it from the upper frame 4 of the backrest part.
  • the two gripping parts are directed to the left and right directions of the wheelchair or to the front, respectively, and the upper frame again
  • an elastic upper frame body force bar 4B is attached to the upper frame body 4 of the backrest portion.
  • a part of the upper frame body 4 is inserted into the lower frame body 18 and is fixed by a fixing screw 39.
  • a part of the upper branch frame 4A and a part of the frame member 11A of the armrest part 11 are inserted into the accommodation pipe 19, respectively.
  • a part of the frame member 11A inserted into the lower frame body 18 is longer than a part of the frame member 11A inserted into the accommodation pipe 19.
  • a reinforcing pipe 16 is provided between the frame members 11A of the armrest portion 11 to connect them. Also By placing a relatively hard board such as an acrylic board or wood board between the upper frame 4 and the upper branch frame 4A, the back of the subject can be used for chest and other lateral shooting. Can be supported.
  • the gripping part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable, it is not necessary to remove the gripping part from the upper frame of the backrest part.
  • the gripping part is removed. You may make it rotate, without it.
  • the upper frame body force of the backrest part is almost perpendicular to the ground contact surface of the wheel, the main body force of the backrest part is detachably attached and is made of X-ray transparent material, and the gripping part is detachable As long as the upper frame body is pivotably connected to the upper frame body, it is not always necessary to attach the upper frame body force bar to the upper frame body of the backrest portion.
  • FIG. 13 is an enlarged schematic view of the joint portion and the set screw.
  • FIG. 12 when inserted into the lower frame 18, a part of the upper frame 4 and the joint portion 37 are lifted upward when the backrest 3 is inclined backward as shown in FIG.
  • the upper frame 4 is taken out from the lower frame 18 and tilted rearward with the joint portion 37 as an axis, and the upper frame 4 comes into contact with the set screw 38 to determine the angle.
  • a screw thread 40 is formed on a part of the surface of the lower frame body 18 and meshes with a screw thread (not shown) inside the set screw 38 to rotate the set screw 38 up and down. Adjust the angle.
  • the set screw 38 by lowering the set screw 38, the angle of the upper frame 4 with respect to the axis of the lower frame 18 is increased, and conversely, by raising the set screw 38, the angle of the upper frame 4 with respect to the axis of the lower frame 18 is increased. Get smaller. Also, if different set screws are attached to the lower frame in advance so that the upper frame 4 is inclined at a predetermined angle, for example, 30 °, 45 ° and 60 °, the set screw 38 can be moved up and down to adjust the angle. You do not have to adjust the
  • FIG. 14 is a schematic view showing an example of a state in which the lower frame attached to the front wheel is expanded and contracted.
  • a thread 40 is formed on a part of the surface of the lower frame 18, and meshes with a screw thread (not shown) inside the lower frame telescopic device 14, and the front wheel together with the lower frame telescopic device 14.
  • the lower frame 18 is expanded and contracted by rotating 7. The same applies when the lower frame attached to the rear wheel is extended or contracted.
  • the lower frame can be expanded and contracted it may be manual or electric, and it is not always necessary to form a screw thread. Lock screw force formed at the tip of the lower frame.
  • the lower frame By turning the lower frame extender about 1Z4 left and right, the lower frame can be extended and retracted by switching the lock on and off.
  • FIG. 15 (a) is a schematic diagram showing an example of a footrest.
  • FIG. 15 (b) is a schematic diagram showing a state in which the footrest is moved forward.
  • a lock screw 41 is formed at the tip of the leg frame 18B, and one side of the footrest 9 is a cylinder, and a part of the leg frame 18B including the lock screw 41 is inserted into the cylinder. Yes.
  • the cylinder body is configured such that the lock screw 41 is hooked on the inner wall of the cylinder body of the footrest 9 so that the footrest 9 is not completely detached from the leg frame 18B.
  • the lock By turning a part of the cylinder of the footrest approximately 1Z4 left and right, the lock can be turned on and off, so that the footrest 9 slides along the leg frame 18B and the footrest moves forward. Can be moved to.
  • FIG. 16 (a) is a schematic view showing an embodiment when the main body of the backrest portion is covered with a cover made of a material having excellent durability.
  • FIG. 16 (b) is a schematic view showing one mode when the main body of the backrest portion is covered with a cover made of a material having excellent durability.
  • the body 5 and the cover 5A of the backrest part are bent together.
  • any form of cover may be used, for example, a belt-like one.
  • the upper frame of the backrest is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the main body of the backrest is detachably attached to the upper frame of the backrest. It is made of an X-ray transparent material and is attached to the upper frame so that it can be attached and detached and rotated, so that the subject to be photographed sitting on a wheelchair to which the present invention is applied.
  • a person can place the reader's photographic stand and the subject's body in parallel and close contact with each other, without having to sit on a chair that is placed in front of the X-ray photographic wheelchair or the leader's photographic stand and another chair X-rays of the chest, head, neck, shoulders, waist, pelvis, upper limb, lower limb, etc. can be taken.
  • the photographer is positioned in a cramped space in the wheelchair by driving the subject seated in the wheelchair so as to be substantially parallel to the X-ray imaging table.
  • X-ray photography especially in the oblique and lateral directions While it is difficult for the subject to turn diagonally or sideways, the wheelchair to which the present invention is applied moves and adjusts the wheelchair on which the subject is seated.
  • the load is lighter, the upper frame of the backrest part is substantially perpendicular to the ground contact surface of the wheel, and the body of the backrest part is detachably attached to the upper frame body of the backrest part and It is made of a line-transmitting material, and is attached to a reader photographing table or a Bucky photographing table so that the gripping part is connected to the upper frame so as to be detachable and rotatable.
  • it is lighter and smaller than conventional X-ray imaging wheelchairs, is easy to handle and is comfortable, and the lower frame is approximately perpendicular to the ground contact surface of the wheels.
  • the backrest and left and right armrests are the ground contact surface of the wheel
  • the wheel is mounted on the extension line of the lower frame, so that the side of the wheelchair can be in close contact with the leader photography stand, and the backrest and armrest
  • the X-ray can be easily and accurately aligned by simply turning the wheelchair itself diagonally or sideways and moving without disturbing the subject, and the subject can sit back and forth while sitting in the wheelchair.
  • X-ray photography can be performed not only in the direction but also in the lateral direction and the oblique direction, and is particularly suitable for X-ray photography on a reader photographing table or a Bucky photographing table.
  • more accurate shooting conditions can be obtained by shooting with a reader shooting stand or a Bucky shooting stand.
  • X-ray photography and fluoroscopy are possible with a reader radiograph or fluoroscope with a force set support attached, enabling a wider range of radiography and diagnosis.
  • a Bucky camera stand installed horizontally on the floor and a camera stand that can change the angle of the camera stand can be used.
  • the wheelchair of the present invention is disposed below the seat portion so as to face each other, and the first lateral member disposed in the facing space region is detachably attached.
  • the second support member detachably attached to the second support member. Since the height of the force set (image receiving part) can be adjusted by the horizontal member, the knee should be stretched immediately and should be taken in close contact with the force set (image receiving part). When taking a picture of the knee, it is necessary to use an auxiliary tool that closes the knee to the force set (image receiving part). However, in the wheelchair of the present invention, the back of the knee can be cassetted without using an auxiliary tool. The X-ray can be taken close to the (image receiving part) and the knees can be taken in the front-rear (front) direction.
  • each of the front, rear, left and right lower frames is configured to be extendable and retractable, even if the seat is tilted with respect to the ground surface after riding on a wheel force reader photographing stand of a wheelchair If the wheel is attached, the lower frame can be shortened, or the vehicle can be mounted, the wheel can be attached, and the lower frame can be extended to make the seat portion substantially parallel to the ground plane. Also, for example, when getting off the wheelchair, the front end of the seat is made lower than the rear end of the seat by shrinking the front lower frame or extending the rear lower frame.
  • the front end of the seat can be lowered by extending the lower frame on the front side or shrinking the lower frame on the rear side. By tilting it so that it is above the rear end, the collar can be displaced forward.
  • the height from the ground plane to the seat can be adjusted in the manner of tilting the front and rear of the seat upward and downward, and thus a sharp X-ray photograph can be obtained over a wide range.
  • the armrest part and the upper frame of the backrest part are separated, and the upper frame is disposed at one end thereof so as to be rotatable with respect to the seat part by the joint part, and the seat part
  • the backrest can be tilted backward, the person sitting in the chair can take a relaxed posture when moving.
  • X-ray photography is possible not only when moving, but also in semi-sitting or lying position when taking X-rays, using an existing imaging table while riding in a wheelchair. Can be performed.
  • bring the upper frame into contact with a set screw attached to the lower frame to The tilt angle of the upper frame can be adjusted by moving the female screw up and down.
  • the footrest is rotated so as to be substantially perpendicular to the ground contact surface, and the surface facing the surface on which the foot is placed is positioned in substantially the same plane as the second support member, and the foot of the footrest is Since a support plate having a plurality of keyhole-shaped hole portions is attached to the surface facing the mounting surface, a holding member for holding a force set (image receiving portion) can be attached to the hole portion.
  • a force set image receiving part
  • X-ray photography of the lower limbs in the lateral direction is possible.
  • the footrest is movably attached to the leg frame, even if a tall subject is sitting, the foot rests on the footrest even if the foot is extended by moving the footrest. As a result, the knee position becomes lower and the X-ray imaging of the lower limbs becomes easier.
  • the length can be adjusted according to the position of the foot when reclined.
  • the first support member places a force set (image receiving portion) directly below the seat so that the thigh is X-rayed. You can shoot with
  • a relatively hard board such as an acrylic board or a wooden board can be fitted between the upper frame body and the upper branch frame body, and the back of the subject can be supported with a strong force.
  • the body of the backrest and the covering force that covers it are removable cloth that can be removed, it can be replaced with a new one even if it gets dirty, and it matches the roundness of the person sitting in the wheelchair Because of the shape, a comfortable posture can be maintained. In addition, since it is a flexible cloth, it can be easily attached and detached.
  • a seat belt made of an X-ray transparent material is attached, It is easier to keep the subject's posture suitable for shooting when taking a tass wire, and a separate seatbelt made of thick cloth can be attached, so you can sit on a wheelchair when moving in a wheelchair. A person can sit more stably.
  • the wheelchair with the protruding side of the wheelchair can be brought into close contact with the image receiving portion,
  • the image receiving section can freely slide up and down on the side of the subject and the side of the wheelchair to obtain a wide and clear X-ray image.

Abstract

 他の椅子等に座りかえることなく、そのまま一般のエックス線撮影装置でエックス線撮影を行なうことができる車椅子を提供することを目的とする。車椅子は、座部と、該座部に略垂直に取り付けられた上部枠体及び該上部枠体を横断するよう前記上部枠体に着脱可能に取り付けられた本体を備えた背もたれ部と、前記上部枠体に連設された把持部と、車輪とを有し、前記上部枠体は、前記車輪の接地面に対して略垂直であり、前記本体は、エックス線透過性材料で構成されており、前記把持部は、着脱及び回動可能に前記上部枠体に連設されている。

Description

明 細 書
車椅子
技術分野
[0001] 本発明は車椅子に関する。詳しくは、普段は一般の車椅子と同様に移動用等に使 用でき、エックス線撮影の時は他の椅子等に座りかえることなぐそのままリーダー撮 影台やブッキー撮影台等の一般のエックス線撮影装置を利用して、坐位、半坐位及 び臥位で、前後(正面)方向、側面方向及び斜位方向において、エックス線撮影を行 なうことができ、また、この車椅子を撮影台として使用して下肢のエックス線撮影、特 に曲がったまま伸展しない膝の前後方向でエックス線撮影を行なうのに適した車椅 子に係るものである。
背景技術
[0002] 高齢のため車椅子の利用が不可欠な人、または身体に障害があり車椅子を利用し て 、る人に対してエックス線撮影による診断や治療が行なわれて 、る。
[0003] このような場合、車椅子を利用している人はー且車椅子から下車して、人間を立た せたまま撮影するリーダー撮影台の前に用意された椅子に座り直したり、ブッキー撮 影台等に移り変わつたりして撮影が行なわれている。
[0004] ところが、骨折した人等といった体を動かすことに制限がある人を動力して別の椅子 に座らせたり、他の撮影台に移動させたりすることは困難を伴い、また、被撮影者を 車椅子から降ろす時間と、被撮影者を介護する介添人を用意しなければならな ヽな ど、多くの手数を要していた。
[0005] そこで、車椅子を利用している被撮影者を車椅子カゝら降ろさずにエックス線撮影を 行なえる様々な技術が提案されている (例えば、特許文献 1参照。 ) o図 17に、従来 のエックス線撮影用車椅子の全体の概略側面図を示す。図 17において、従来のエツ タス線撮影用車椅子は、手押しノヽンドル枠 101の背後に装備された昇降調整可能な レールへ、エックス線撮影用フィルム入り力セッテ 102のホルダー 103を差し込む一 方、遠隔操作レバー 104の操作により、その手押しハンドル枠 101を車体フレーム 1 06に対する支点ピン 105の廻りに起立状態から、車体フレーム 106並びに足受け台 107との全体的なベッドになる伏倒状態へ、起伏変換できる。
特許文献 1:特開 2004— 329467号公報
発明の開示
発明が解決しょうとする課題
[0006] しカゝしながら、従来のエックス線撮影用車椅子では、エックス線撮影用フィルム入り 力セッテが車椅子の背もたれ部に取り付けられて胸部のエックス線撮影は行なえるも のの、撮影を最適に行うべく被撮影者の撮影位置を合わせようとすると、車椅子内で 被撮影者を動かさなくてはならず、正確にエックス線撮影の位置合わせを行うことが 困難であり、特に斜位方向や側位方向でのエックス線撮影が困難であった。
[0007] また、下肢のエックス線撮影、特に曲がったまま伸展しない膝を前後(正面)方向か らエックス線撮影するような場合には、力セッテを膝に近づけて撮影することが困難で めつに。
[0008] また、従来のエックス線撮影用車椅子は、エックス線撮影用力セッテホルダー等が 車椅子に取り付けられている上、背もたれの一部が収納できないので、重く大きく通 常の車椅子のように病院内や病室内等に置いたり、普段移動する際に用いたりし難 ぐまた、車椅子を利用する者にエックス線撮影を行う場合には、わざわざ従来のエツ タス線撮影用車椅子に座らせるために動力したり、他の撮影台に移さなくてはならな いため、特に骨折した人等といった体を動かすことに制限がある人をエックス線撮影 することが困難であった。
[0009] 本発明は、以上の点に鑑みて軽量かつ小型で、取り扱いやすぐ快適な車椅子とし て創案されたものであり、普段は一般の車椅子と同様に移動用等に使用でき、エック ス線撮影の時は他の椅子等に座りかえることなぐそのまま一般のエックス線撮影装 置例えばリーダー撮影台やブッキー撮影台等でエックス線撮影を行なうことができる 車椅子を提供することを目的とする。
課題を解決するための手段
[0010] 上記の目的を達成するために、本発明の車椅子は、座部と、該座部に略垂直に取 り付けられた上部枠体及び該上部枠体を横断するよう前記上部枠体に着脱可能に 取り付けられた本体を備えた背もたれ部と、前記上部枠体に連設された把持部と、車 輪とを有する車椅子であって、前記上部枠体は、前記車輪の接地面に対して略垂直 であり、前記本体は、エックス線透過性材料で構成されており、前記把持部は、着脱 及び回動可能に前記上部枠体に連設されている。
[0011] ここで、背もたれ部の上部枠体が車輪の接地面に対して略垂直であり、把持部が 着脱及び回動可能に上部枠体に連設されていることによって、例えばリーダー撮影 台と被撮影者の身体とを略平行にかつ密着させることができ、鮮明なエックス線写真 を得ることができる。また、背もたれ部の本体が上部枠体に着脱可能に取り付けられ て 、ると共にエックス線透過性材料で構成されて 、ることによって、エックス線を撮影 台に通しやすくなり、鮮明なエックス線写真を得ることができる。
[0012] また、本発明の車椅子において、座部に略垂直に取り付けられた左右の肘掛部と、 車輪の接地面に対して略垂直な前後左右の下部枠体とを有し、背もたれ部及び左 右の肘掛部は、車輪の接地面に対して略垂直にかつ着脱可能に下部枠体に連設さ れており、車輪が、下部枠体の延長線上に取り付けられている場合、例えばリーダー 撮影台と被撮影者の身体特に側面とを略平行にかつ密着させることができ、鮮明な エックス線写真を得ることができる。また、背もたれ部の本体が上部枠体に着脱可能 に取り付けられていると共にエックス線透過性材料で構成されていることによって、ェ ックス線を撮影台に通しやすくなり、鮮明なエックス線写真を得ることができる。
[0013] 更に、本発明の車椅子において、座部に略垂直に取り付けられた左右の肘掛部と 、車輪の接地面に対して略垂直な前後左右の下部枠体と、下部枠体から前方へ伸 びた脚枠体と、脚枠体に取付けられた足台とを有し、互いに対向するよう座部の下方 に配置されていると共に、対向する空間領域に配置される第 1の横部材が着脱可能 に取付けられる第 1の支持部材と、また、互いに対向するよう前側の下部枠体の前方 に配置されて 、ると共に、対向する空間領域に配置される第 2の横部材が着脱可能 に取付けられる第 2の支持部材とを備えた場合、第 1の支持部材と、第 2の支持部材 とによって、車椅子に座った被撮影者の膝裏付近に、エックス線撮影に用いられる力 セッテ (受像部)を支持できる。
[0014] また、本発明の車椅子において、前後左右の下部枠体のそれぞれが伸縮可能に 構成されている場合、車椅子の車輪が構造物等に乗り上げて座部が接地面に対し て傾いても、乗り上げた車輪が付いた下部枠体を短くしたり、乗り上げていない車輪 が付 、た下部枠体を伸ばしたりして座部を接地面に対して略平行にすることができる
[0015] また、本発明の車椅子において、左右の肘掛部と上部枠体とが分離していると共に 、上部枠体はその一端において座部に対して着脱及び回動可能に配置されている 場合、後方に背もたれ部を傾けることができるので、車椅子に座した者にとって、移 動の時はリラックスした姿勢をとることができる。また、坐位の姿勢の維持が困難な者 には、移動の時のみならず、エックス線撮影時にも半坐位や臥位で、車椅子に乗つ たままエックス線撮影を行なうことができる。
[0016] また、本発明の車椅子において、足台が回動可能に脚枠体に取付けられていると 共に、足台が足を載せる面と足を載せる面に対向する面とを有し、足を載せる面に対 向する面は力セッテ (受像部)を保持する保持部材が着脱可能に取付けられるよう構 成されており、足台を回動させて接地面に対して略垂直にした場合、足を載せる面 に対向する面は、第 2の支持部材と略同一平面内に位置する場合には、車椅子の側 面に沿って下肢の側方に力セッテ (受像部)を配置することができる。
[0017] また、本発明の車椅子において、足台が脚枠体に移動可能に取付けられている場 合、長身の被撮影者が座っても、足台を前方へ移動させることによって、足を伸ばし ても足台に足を載せることができるので、その分、膝位置が低くなり下肢のエックス線 撮影を行ないやすくなる。
[0018] また、本発明の車椅子にぉ 、て、座部がエックス線透過性材料で構成されて!、る 場合、力セッテ (受像部)を座部の真下に配置して大腿部をエックス線で撮影できる。
[0019] また、本発明の車椅子において、第 1の支持部材に複数の穴部が形成されており、 隣り合う穴部の形状が互いに異なると共に対向する穴部の形状が互いに同じである 場合、例えば一方の穴部に第 1の横部材となる棒材を通した後、対向する他方の穴 部を容易に見つけやすくなる。
発明の効果
[0020] 本発明に係る車椅子は、軽量かつ小型で、取り扱いやすぐ快適であり、普段は一 般の車椅子と同様に移動用等に使用でき、エックス線撮影の時は他の椅子等に座り 力えることなぐそのまま一般のエックス線撮影装置例えばリーダー撮影台ゃブツキ 一撮影台等でエックス線撮影を行なうことができる。
図面の簡単な説明
[図 1]本発明を適用した車椅子の第 1の例を示す概略説明図である。
[図 2]本発明を適用した車椅子の第 2の例を示す概略説明図である。
[図 3]背もたれ部の本体が取り外された、本発明を適用した車椅子の一例を示す概 略背面図である。
[図 4]本発明を適用した車椅子の肘掛部と背もたれ部の他の態様の一例を示す概略 側面図である。
[図 5]本発明を適用した車椅子に座して側位方向のエックス線撮影を行う様子の一例 を示した概略説明図である。
[図 6]本発明を適用した車椅子に座して前後方向のエックス線撮影を行う様子を示し た概略説明図である。
[図 7]本発明を適用した車椅子の第 3の例に力セッテ (受像部)を取付けた状態の一 例を示す概略説明図である。
[図 8]本発明を適用した車椅子の第 3の例を利用して、伸展せず曲がったままの膝付 近を前後方向でエックス線撮影する一実施態様 (a)と、本発明を適用した車椅子の 第 3の例を利用して、大腿部を前後方向でエックス線撮影する一実施態様 (b)の概 略図である。
[図 9]下肢の側位方向のエックス線撮影を行なうための力セッテ (受像部)取付けの一 例 (a)と、本発明を適用した車椅子の第 3の例を利用して下肢の側位方向のエックス 線撮影を行なう一実施態様 (b)の概略図である。
[図 10]本発明を適用した車椅子の第 4の例を示す概略図である。
[図 11]本発明を適用した車椅子の背もたれ部を後方に傾けてエックス線撮影を行な う一態様を示す概略図である。
[図 12]互いに分離した肘掛部と背もたれ部が下部枠体に取付けられた態様の一例を 示す概略図である。
[図 13]ジョイント部と止めネジの拡大概略図である。 圆 14]前輪に取付けられた下部枠体を伸縮させる様子の一例を示す概略図である。
[図 15]足台の一例 (a)と、足台を前方へ移動させた状態 (b)を示す概略図である。
[図 16]背もたれ部の本体を、耐久性に優れた材料で構成されたカバーで覆うときの 一態様 (a)と、背もたれ部の本体が耐久性に優れた材料で構成されたカバーで覆わ れて 、るときの一態様 (b)を示す概略図である。
[図 17]従来のエックス線撮影用車椅子の全体の概略側面図である。
符号の説明
1 車椅子
2 座部
3 背もたれ部
4 上部枠体
4A 上部分岐枠体
4B 上部枠体力バー
5 本体
5A カノく一
6 把持部
7 前輪
8 後輪
9 足台
10 レツグレスト
11 肘掛部
11A 枠部材
12 ブレーキ
13 把持部調整器具
14 下部枠体伸縮器具
15 シートべノレト
16 補強用パイプ
17 固定ネジ 下部枠体
A 下部分岐枠体
B 脚枠体
収容パイプ
リーダー撮影台
力セッテ (受像部) エックス線照射方向A 撮影台支持装置
B 撮影台
第 1の支持部材
A 第 1の穴部
第 1の棒材 (第 1の横部材) 第 2の支持部材
A 第 2の穴部
第 2の棒材 (第 2の横部材) 支持板
A 穴部
足台支持棒
A 高さ調節器具
カセッテホノレダー 保持部材
膝下部
膝部
枕部
ヘッドレスト
枕部枠体
グリップ
ジョイント部 38 止めネジ
39 固定ネジ
40 ネジ山
41 ロックネジ
発明を実施するための最良の形態
[0023] 以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明し、本発明の理解に 供する。図 1は、本発明を適用した車椅子の第 1の例を示す概略説明図である。本発 明を適用した車椅子 1は、座部 2と、座部に略垂直に取り付けられた上部枠体 4及び 上部枠体を横断して上部枠体に取り付けられた本体 5を備えた背もたれ部 3と、上部 枠体に連設された把持部 6と、前輪 7と、直径 12インチ(30. 5cm)の後輪 8と、足を 支える足台 9と、下肢が後方に落ちないように支えるレッダレスト 10と、肘掛部 11と、 ブレーキ 12と、把持部を回動させることができると共に把持部を取り外すことができる 把持部調整器具 13と、座部の下方に位置する下部枠体を伸縮させて車輪の接地面 と所定の角度をなすよう座部を調整できる下部枠体伸縮器具 14と、綿やカーボンな どのエックス線透過性材料で構成されたシートベルト 15から構成されて 、る。また、 背もたれ部の枠体は車輪の接地面に対して略垂直となっている。また、背もたれ部の 本体 5である、上部枠体に着脱可能に取り付けられていると共に、綿やカーボンなど のエックス線透過性材料で構成された布は、更に厚手生地の布などの耐久性に優れ たカバー 5Aで着脱可能に覆われており、どちらもたわみを有している。なお、「所定 の角度」とは、座部が前後左右方向において傾斜することによって形成される角度を いう。
[0024] ここで、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ 部の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成さ れており、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれ ば、耐久性に優れた布によって着脱可能にエックス線透過性材料で構成された布を 覆わなくてもよぐまた、布でなくてもよぐ更にたわみを有していなくてもよぐまた、把 持部調整器具、下部枠体伸縮器具及びシートベルトを車椅子に取り付けなくてもよく 、また、後輪の直径は 30. 5cmでなくてもよぐまた、ブレーキは前輪に取り付けられ ていてもよい。
[0025] また、車椅子での移動時に、車椅子に座した人をより安定して座らせることができる ことから、綿やカーボンなどのエックス線透過性材料で構成されたシートベルトとは別 に、厚手生地の布などで構成されたシートベルトを車椅子に取り付けることが好まし い。
[0026] 図 2は、本発明を適用した車椅子の第 2の例を示す概略説明図である。本発明を 適用した車椅子 1は、座部 2と、座部に略垂直に取り付けられた上部枠体 4及び上部 枠体を横断して上部枠体に取り付けられた本体 5を備えた背もたれ部 3と、上部枠体 に連設された把持部 6と、上部枠体と略平行な枠部材 11Aを備えた肘掛部 11と、前 輪 7と、ブレーキ 12が取り付けられた後輪 8と、車輪の接地面に対して略垂直な下部 枠体 18と、足を支える足台 9と、下肢が後方に落ちないように支えるレッダレスト 10と 、把持部を回動させることができると共に把持部を取り外すことができる把持部調整 器具 13と、座部の下方に位置する下部枠体を伸縮させる下部枠体伸縮器具 14と、 綿やカーボンなどのエックス線透過性材料で構成されたシートベルト 15と、上部枠体 4と肘掛部 11の枠部材 11Aとを接続する補強用パイプ 16から構成されて 、る。
[0027] また、背もたれ部の上部枠体は車輪の接地面に対して略垂直となっている。更に、 背もたれ部の本体 5である、上部枠体に着脱可能に取り付けられていると共に、綿や カーボンなどのエックス線透過性材料で構成された布は、更に厚手生地の布などの 耐久性に優れたカバー 5Aで着脱可能に覆われており、どちらもたわみを有している 。また、座部 2を支持する四隅の下部枠体 18に、固定ネジ 17によって背もたれ部 3及 び肘掛部 11が車輪の接地面に対して略垂直にかつ着脱可能に取り付けられている 。また、後輪 8は、前輪 7と同様に、直径 6インチ(15. 3cm)を有すると共に下部枠体 18の下端に配置されており、前輪及び後輪は下部枠体の延長線上に位置している 。また、前輪 7の上部に加えて後輪 8の上部にも下部枠体伸縮器具 14が取り付けら れている。また、後輪 8は、前後方向にのみ回転するもの(支持パイプの軸線を中心 にして回転しないもの)である。また、固定ネジ 17は、車椅子の内側へ向いている。
[0028] ここで、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ 部の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成さ れており、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれ ば、後輪にブレーキを取り付けなくてもよぐまた、後輪の直径は 6インチでなくてもよ く例えば 6〜12インチ(15. 3〜30. 5cm)の範囲で適宜変えてもよぐまた後輪は前 輪と同様に支持パイプの軸線を中心に 360° 回転するものでもよく、座部の中央を 持ち上げて折りたたむことができる折りたたみ式の車椅子であってもよい。
[0029] 図 3は、背もたれ部の本体が取り外された、本発明を適用した車椅子の一例を示す 概略背面図である。把持部は、把持部調整器具を弛めて背もたれ部の上部枠体力 取り外し、例えば 2つの把持部をそれぞれ車椅子の左右方向に向けたり前方方向に 向けたりして再度上部枠体に取り付けられ、また、背もたれ部の上部枠体には弾力 性のある上部枠体力バー 4Bが取り付けられている。ここで、背もたれ部の上部枠体 1S 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ部の本体力 着脱可能に取り付 けられて!/、ると共にエックス線透過性材料で構成されており、そして把持部が着脱及 び回動可能に上部枠体に連設されて 、るのであれば、必ずしも背もたれ部の上部枠 体に上部枠体力バーを取り付けなくてもよい。
[0030] 図 4は、本発明を適用した車椅子の肘掛部と背もたれ部の他の態様の一例を示す 概略側面図である。図 4において、肘掛部 11と背もたれ部の上部枠体 4とは分離して いる。また、上部枠体 4からは補強のために上部分岐枠体 4Aが分岐して上部枠体 4 と略平行に延びており、上部枠体 4及び上部分岐枠体 4Aはそれぞれ、下部枠体 18 及び下部枠体 18と略平行に配置された収容パイプ 19に、固定ネジ 17によって着脱 可能に取り付けられる。肘掛部 11の 2つの枠部材 11Aはそれぞれ、下部枠体 18及 び下部枠体 18と略平行に配置された収容パイプ 19に着脱可能に取り付けられる。ま た、肘掛部 11の枠部材 11A間には、これらを接続する補強用パイプ 16が設けられ ている。
[0031] ここで、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ 部の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成さ れており、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれ ば、必ずしも肘掛部と背もたれ部の上部枠体とは分離していなくてもよぐまた、必ず しも収容パイプに固定ネジを取り付けなくてもよい。 [0032] 図 5は、本発明を適用した車椅子に座して側位方向のエックス線撮影を行う様子の 一例を示した概略説明図である。側位方向のエックス線撮影を行なう場合、固定ネジ を緩めて左右の肘掛部及び背もたれ部を取り外し、そして本発明を適用した車椅子 に座した被撮影者を、体の側面をリーダー撮影台 20の力セッテ (受像部) 21と略平 行にさせると共に密着させる。被撮影者の側方に配置されたエックス線管球(図示せ ず。)は、エックス線照射方向 22が力セッテ (受像部) 21に略垂直になるように向けら れ、エックス線管球(図示せず。)から発せられるエックス線が被撮影者の体を通過し 、力セッテ (受像部) 21に画像が焼き付けられてエックス線写真が得られる。力セッテ( 受像部)は、胸部、頭部、頸部、肩、腰部等の撮影する部位に応じて撮影台支持装 置 22Aに沿って上下動する。また、エックス線写真が得られるのであれば、フィルム 入り力セッテの代わりに、イメージングプレート(IP)を用いることもできる。なお、固定 ネジを緩めて左右の肘掛部及び背もたれ部を取り外した状態で、被撮影者が背中を リーダー撮影台の受像部と略平行にさせると共に密着させて前後方向のエックス線 撮影を行なってもよ ヽことは勿論である。
[0033] 図 6は、本発明を適用した車椅子に座して前後方向のエックス線撮影を行う様子を 示した概略説明図である。エックス線撮影を行う場合、本発明を適用した車椅子 1か ら把持部を取り外すと共に、背もたれ部の本体を覆っていた厚手生地の布を取り外し て本体のみとし、そして本発明を適用した車椅子に座した被撮影者は、背中をリーダ 一撮影台 20の力セッテ (受像部) 21と略平行にさせると共に密着させる。被撮影者の 前方に配置されたエックス線管(図示せず。)からエックス線照射方向 22に発せられ るエックス線が被撮影者の体と背もたれ部の本体を通過し、力セッテ (受像部) 21に 画像が焼き付けられてエックス線写真が得られる。力セッテ (受像部)は、胸部、頭部 、頸部、肩、腰部等の撮影する部位に応じて撮影台支持装置 22Aに沿って上下動 する。ここで、把持部を取り外している力 被撮影者の背中を受像部に密着させること ができれば、必ずしも把持部を取り外さなくてもよぐ把持部を回動させて、背もたれ 部と同一平面内に位置させるか若しくは背もたれ部の前方へ向けさせてもよい。
[0034] また、被撮影者の背中が力セッテ(受像部) 21に密着するので、背中が前に曲がつ た前屈姿勢の被撮影者も、上体が自然に起きてきて、姿勢の補正を楽にかつ正確に 行なえる上、上半身が起きることで、広い視野像と歪みのない画像が得られる。また、 定位置に設置して ヽる据置き型の撮影台を利用して撮影することで、正確なエックス 線入射角度が得られ、再現性のある画像が提供できる。
[0035] 図 7は、本発明を適用した車椅子の第 3の例に力セッテ (受像部)を取付けた状態 の一例を示す概略説明図である。
図 7において、本発明を適用した車椅子 1は、座部 2と、座部に略垂直に取り付けら れた上部枠体 4及び上部枠体を横断して上部枠体に取り付けられた本体 5を備えた 背もたれ部 3と、上部枠体と同一平面力 後方へ突き出るように上部枠体に連設され た把持部 6と、前輪 7と、ブレーキ 12が取り付けられた後輪 8と、足を支える足台 9と、 上部枠体と略平行な枠部材 11Aを備えた肘掛部 11と、把持部を回動させることがで きると共に把持部を取外すことができる把持部調整器具 13と、下部枠体を伸縮させ る下部枠体伸縮器具 14と、綿やカーボンなどのエックス線透過性材料で構成された シートベルト 15と、上部枠体 4と肘掛部 11の枠部材 11Aとを接続する補強用パイプ 1 6と、車輪の接地面に対して略垂直な下部枠体 18と、前側の下部枠体と足台とを連 結する脚枠体 18Bと、互いに対向するよう座部の下方に配置されていると共に、対向 する空間領域に配置された第 1の棒材 24 (第 1の横部材の一例。)が複数の第 1の穴 部 23Aの 1つに着脱可能に取付けられた第 1の支持部材 23と、互いに対向するよう 前側の下部枠体の前方に配置されていると共に、対向する空間領域に配置された第 2の棒材 26 (第 2の横部材の一例。 )が複数の鍵穴形状の第 2の穴部 25Aの 1つに 着脱可能に取付けられた第 2の支持部材 25と、足台 9の足を乗せる面に対向する面 に取付けられた、力セッテ (受像部)を保持する保持部材が取付けられるよう複数の 鍵穴形状の穴部 27Aが形成された支持板 27と、足台に取付けられて足台を支持す る、高さ調節器具 28Aを備える足台支持棒 28から構成されている。また、力セッテ( 受像部) 21が力セッテホルダー 29に保持されて、力セッテホルダーの端部のフックが 第 1の棒材 24に掛けられていると共に第 2の棒材 26上に力セッテホルダー 29が載置 されている。
[0036] ここで、カセッテホノレダ一とは、力セッテ押さえと力セッテ受けを備えており、力セッテ
(受像部)の大きさに合わせて、力セッテ押さえや力セッテ受けを上下させることができ 、また、両側の円筒状棒に付いたネジを緩め、力セッテ (受像部)を上下させてカセッ テ(受像部)の位置を調節し、固定することができるものを 、う。
[0037] また、前側の下部枠体 18に挿入される枠部材 11Aの一部は、後側の下部枠体 18 に挿入される上部枠体 4の一部よりも長くなつている。また、隣り合う第 1の穴部 23A の形状は互いに異なると共に、対向する第 1の穴部 23Aの形状は互いに同じである 。また、背もたれ部の本体や座部が透明であれば、本体を通して撮影台の位置を確 認できるので撮影台に対する背もたれ部の位置合わせが容易となったり、座部を通し て座部の真下に配置した力セッテ (受像部)の位置を確認できるので力セッテ (受像 部)の位置合わせが容易になったりする。
[0038] また、本発明を適用した車椅子は、金属材料だけでなぐ木材、アクリル材料、エツ タス線透過性材料例えばカーボン等で構成されて ヽてもよ ヽ。
[0039] また、背もたれ部の上部枠体は車輪の接地面に対して略垂直となっている。更に、 背もたれ部の本体 5である、上部枠体に着脱可能に取り付けられていると共に、綿や カーボンなどのエックス線透過性材料で構成された布は、更に厚手生地の布などの 耐久性に優れたカバー(図示せず。)で着脱可能に覆われており、どちらもたわみを 有している。また、座部 2を支持する四隅の下部枠体 18に、背もたれ部 3及び肘掛部 11が車輪の接地面に対して略垂直にかつ着脱可能に取り付けられている。また、後 輪 8は、前輪 7と同様に、直径 6インチ(15. 3cm)を有すると共に下部枠体 18の下端 に配置されており、前輪及び後輪は下部枠体の延長線上に位置している。また、前 輪 7の上部に加えて後輪 8の上部にも下部枠体伸縮器具 14が取り付けられている。 また、後輪 8は、前後方向にのみ回転するもの(下部枠体の軸線を中心にして回転し ないもの)である。
[0040] ここで、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ 部の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成さ れており、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれ ば、耐久性に優れた布によって着脱可能にエックス線透過性材料で構成された布を 覆わなくてもよぐまた、布でなくてもよぐ更に把持部調整器具、下部枠体伸縮器具 、シートベルト、支持板及び足台支持棒を車椅子に取り付けなくてもよぐまた、後輪 にブレーキを取り付けなくてもよぐまた、後輪の直径は 6インチでなくてもよく例えば 6 〜12インチ(15. 3〜30. 5cm)の範囲で適宜変えてもよぐまた後輪は前輪と同様 に下部枠体の軸線を中心に 360° 回転するものでもよく、また、把持部は必ずしも後 方へ突き出していなくてもよく例えば上部枠体の延長線上に位置していたり上部枠 体の前方へ突き出ていたりしてもよぐ更に、車輪は必ずしも下部枠体の延長線上に 位置していなくてもよぐ例えば車輪が座部の下方に位置するよう内側に配置されて ちょい。
[0041] また、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ部 の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成されて おり、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれば、 座部の中央を持ち上げて折りたたむことができる折りたたみ式の車椅子であってもよ ぐまた、下部枠体伸縮器具は、下部枠体表面のネジ山と下部枠体伸縮器具の内ネ ジとによって下部枠体を伸縮させている力 高さの異なる部材を交換可能にすること で下部枠体を伸縮させてもょ 、。
[0042] また、第 1の横部材及び第 2の横部材がそれぞれ第 1の支持部材及び第 2の支持 部材に着脱可能に取付けられるのであれば、必ずしも第 1の穴部及び第 2の穴部を 形成しなくてもよぐ例えば磁気によって第 1の横部材及び第 2の横部材を取付けて もよいし、または、第 1の支持部材の上辺に複数の窪みを形成してもよい。また、対向 する空間領域に配置されるのであれば、第 1の横部材は一方の第 1の支持部材から 対向する他方の第 1の支持部材まで連続していなくてもよい。
[0043] また、車椅子での移動時に、車椅子に座した人をより安定して座らせることができる ことから、綿やカーボンなどのエックス線透過性材料で構成されたシートベルトとは別 に、厚手生地の布などで構成されたシートベルトを車椅子に取り付けることが好まし い。
[0044] また、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ部 の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成されて おり、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれば、 左右の脚枠体 18Bを結ぶようにレッダレストを取付けてもよ!、。 [0045] 図 8 (a)は、本発明を適用した車椅子の第 3の例を利用して、伸展せず曲がったま まの膝付近を前後方向でエックス線撮影する一実施態様の概略図である。
図 8 (b)は、本発明を適用した車椅子の第 3の例を利用して、大腿部を前後方向で エックス線撮影する一実施態様の概略図である。図 8にお 、て手前側の下部枠体等 は省略している。
[0046] 図 8 (a)に示すように、膝付近を前後方向でエックス線撮影する場合、座部 2の下方 であって前後の下部枠体 18間に配置された第 1の支持部材 23に形成された第 1の 穴部 23Aには第 1の棒材(図示せず。)が取付けられ、そして前側の下部枠体 18と 前側の下部枠体から前方へ分岐した下部分岐枠体 18Aとの間に配置された第 2の 支持部材 25に形成された第 2の穴部 25Aには第 2の棒材(図示せず。 )が取付けら れ、力セッテ (受像部) 21を保持した力セッテホルダー 29は、その上端にあるフックを 第 1の棒材(図示せず。)にかけて、第 1の棒材(図示せず。)と第 2の棒材(図示せず 。)の上に置かれる。そして、撮影者は、被撮影者の膝の裏付近に力セッテ (受像部) 21が位置するように、第 1の棒材(図示せず。)の位置を決め、力セッテ(受像部) 21 の前後の位置をネジで調節し、また第 2の棒材(図示せず。)の位置を変えてカセッ テ (受像部) 21の高さを調節する。
[0047] また、図 8 (b)に示すように、大腿部を前後方向でエックス線撮影する場合、座部 2 は綿やカーボンなどのエックス線透過性材料で構成されており、複数ある第 1の穴部 23Aのうちの少なくとも 2つに第 1の棒材(図示せず。)を取付けて、これら第 1の棒材 (図示せず。)上に、力セッテ(受像部) 21を保持した力セッテホルダー 29が置かれる 。これによつて座部 2の真下に力セッテ (受像部) 21が座部 2と略平行に配置され、被 撮影者は座部 2に座したまま、撮影者は力セッテ (受像部) 21に対してエックス線照 射方向 22が略垂直になるようエックス線管球(図示せず。)の位置と向きを調節する。 なお、図 8において、肘掛部や上部枠体を取外している力 これらを取付けたままェ ックス線撮影を行なってもよ ヽことは勿論である。
[0048] ここで、被撮影者の上方に配置されたエックス線管球(図示せず。 )から発せられる エックス線が被撮影者の体を通過し、力セッテ(受像部) 24でエックス線画像が焼き 付けられてエックス線画像が得られる。また、エックス線画像が得られるのであれば、 力セッテ(受像部)はエックス線用フィルム入り力セッテであってもよぐイメージングプ レート (IP)でもよぐ力セッテ (受像部)を必要としな 、画像読み取り装置であってもよ い。
[0049] また、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂直であり、背もたれ部 の本体が、着脱可能に取り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成されて おり、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれば、 必ずしも、座部はエックス線透過性材料で構成されて!、なくてもょ 、。
[0050] 図 9 (a)は、下肢の側位方向のエックス線撮影を行なうための力セッテ (受像部)取 付けの一例を示す概略図である。図 9 (b)は、本発明を適用した車椅子の第 3の例を 利用して下肢の側位方向のエックス線撮影を行なう一実施態様の概略図である。
[0051] 下肢の側位方向のエックス線撮影を行なう場合、足台を回動させて接地面に対し て略垂直にして、足を載せる面に対向する面は第 2の支持部材と略同一平面内に位 置するようにし、力セッテ (受像部) 21を保持する U字状の保持部材 30を第 2の支持 部材 25と、足台 9に取付けられた支持板 27に、保持部材 30の底面が互いに略同一 平面内に位置するように即ち略同一の高さに位置するようにそれぞれ取付け、取付 けられた 2つの保持部材 30に力セッテ (受像部)をはめ込み、力セッテ (受像部)を保 持する。また、保持部材 30は、保持部材に取付けられたフック (図示せず。)を第 2の 支持部材 25に形成された鍵穴形状の穴部 25A及び支持板 27に形成された鍵穴形 状の穴部 27Aに挿入することで取付けられる。また、保持部材 30は、下肢の撮影部 位と力セッテ (受像部)の大きさに合わせて、第 2の支持部材 25及び支持板 27にそ れぞれ形成された複数の鍵穴形状の穴部から選択されたものに取付けられる。
[0052] また、足台 9の側面に沿って取付けられた足台支持棒 28を 180° 移動させて足台 を支持することで、力セッテ (受像部)を更に安定して保持できる。また、足台支持棒 2 8には、ネジ山を利用して回転することによって高さを調節する高さ調節器具 28Aが 取付けられているので、足台 9の支持板 27に取付けられた保持部材と、第 2の支持 部材 25に取付けられた保持部材との高さが異なって力セッテ(受像部) 24が傾いて いても、高さ調節器具 28Aによって高さを調節し、傾きを是正できる。
[0053] ここで、保持部材を第 2の支持部材 25や支持板 27に取付けられれば、必ずしも第 2の支持部材ゃ支持板に鍵穴形状の穴部を形成して、保持部材のフック(図示せず 。)をこの穴部に挿入することで保持部材を取付けなくてもよぐ例えば磁気によって 保持部材を取付けてもよい。
[0054] 力セッテ (受像部)が下肢の撮影部位に合わせて保持されると、撮影者は被撮影者 の下肢 (膝下部 31と膝部 32)を力セッテ (受像部) 21に近づけ、下肢 (膝下部 31と膝 部 32)が力セッテ (受像部)の範囲内に入るように密着させる。そして図 9 (b)のように 力セッテ (受像部)に対してエックス線照射方向 22が略垂直になるようエックス線管球 (図示せず。)の位置と向きを調節して撮影する。ここで示す下肢とは、膝部と膝下部 を含んだものであり、足先部などを撮影する時は、力セッテ (受像部)の範囲に入るよ う足を足台に載せ、足台の位置を調節してエックス線撮影を行なう。足台の位置を調 節してエックス線撮影を行なう方法は、下肢の前後(正面)方向の撮影の時も適用さ れる。
[0055] 次に、リーダー撮影台とブッキー撮影台について説明する。
リーダー撮影台は、床面に対して略垂直に設置されており、主に立位や坐位でエツ タス線撮影する時に使用する撮影台であり、ブッキー撮影台は、床面に対して略平 行に設置されて 、て、主に臥位でエックス線撮影する時に使用する撮影台である。 共に、エックス線管球からのエックス線が撮影台の受像面に対して正確な方向で入 射するよう設置されて!、る。ブッキー撮影台の中には撮影台の受像面が水平面に対 して傾斜できるものもある。従って、これらの撮影台等のエックス線撮影台を利用して 撮影することで、歪みの無い再現性のある画像写真が得られる。また、リーダー撮影 台やブッキー撮影台等に内蔵されたエックス線量自動露出制御装置を利用すること ができるので、過不足のな!、適正なエックス線量で撮影できる。
[0056] 図 10は、本発明を適用した車椅子の第 4の例を示す概略図である。図 10に示され る本発明を適用した車椅子は、肘掛部 11と背もたれ部 3の上部枠体 4とが分離して いると共に上部枠体 4はその一端においてジョイント部 37によって座部 2に対して回 動可能に配置されている点と、背もたれ部 3の傾き角度を決める止めネジ 38が下部 枠体 18に取付けられている点と、上部枠体 4には補強のために上部分岐枠体 4Aが 着脱可能に取付けられて上部枠体 4と略平行に延びており、上部枠体 4及び上部分 岐枠体 4Aはそれぞれ、下部枠体 18及び下部枠体 18と略平行に配置された収容パ イブ 19に、着脱可能に取り付けられる点と、着脱可能に上部枠体に取付けられた U 字形状の枕部枠体 35と枕部枠体を横断して枕部枠体に着脱可能に取付けられてい ると共に綿やカーボンなどのエックス線透過性材料で構成されたヘッドレスト 34を備 えた枕部 33を備えて 、る点と、枕部枠体に取付けられたグリップ 36を備えて 、る点 で、図 7に示される本発明を適用した車椅子と異なる。また、枕部 33は、把持部を取 外して取付けられる。
[0057] 図 11は、本発明を適用した車椅子の背もたれ部を後方に傾けてエックス線撮影を 行なう一態様を示す概略図である。図 11において、背もたれ部 3は予め傾斜させて おいた撮影台 22Bの上に略平行に置かれ、力セッテ(受像部)は、撮影台支持装置 2 2Aに取り付けられた撮影台 22Bの内部に撮影台と略平行に設置されている。位置 合わせの場合は、被撮影者を動かすのではなぐ被撮影者の座った車椅子と受像部 を動かすので、被撮影者は背もたれ部 3に背を預けたままでよい。撮影者は力セッテ (受像部) 21に対してエックス線照射方向 22が略垂直になるようエックス線管球(図 示せず。)の位置と向きを調節する。また、力セッテ(受像部) 21に対してエックス線照 射方向 22が略垂直になるように撮影台の傾斜に連動して動くよう設置されたエックス 線管球も利用してよい。なお、図 11において、肘掛部を取付けているが、肘掛部を 取外してエックス線撮影を行なってもよいことは勿論である。
[0058] 図 12は、互いに分離した肘掛部と背もたれ部が下部枠体に取付けられた態様の一 例を示す概略図である。把持部 6は、把持部調整器具 13を弛めて背もたれ部の上部 枠体 4から取外し、例えば 2つの把持部をそれぞれ車椅子の左右方向に向けたり前 方方向に向けたりして再度上部枠体に取り付けられ、また、背もたれ部の上部枠体 4 には弾力性のある上部枠体力バー 4Bが取り付けられている。また、上部枠体 4の一 部は、下部枠体 18内に挿入されており、固定ネジ 39によって固定されている。また、 上部分岐枠体 4Aの一部並びに肘掛部 11の枠部材 11Aの一部がそれぞれ収容パ イブ 19に挿入されている。また、収容パイプ 19に挿入された枠部材 11 Aの一部より も下部枠体 18に挿入された枠部材 11Aの一部の方が長くなつている。また、肘掛部 11の枠部材 11A間には、これらを接続する補強用パイプ 16が設けられている。また 、上部枠体 4と上部分岐枠体 4Aとの間にアクリル板や木板等の比較的固い板をはめ 込むことによって、胸部やその他の側方向の撮影の時に被撮影者の背をしつ力り支 えることができる。
[0059] ここで、把持部が、着脱及び回動可能に上部枠体に連設されているのであれば、 把持部を背もたれ部の上部枠体から取り外さなくてもよぐ例えば把持部を取り外さ ずに回動させてもよい。また、背もたれ部の上部枠体力 車輪の接地面に対して略垂 直であり、背もたれ部の本体力 着脱可能に取り付けられていると共にエックス線透 過性材料で構成されており、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体に連設 されて 、るのであれば、必ずしも背もたれ部の上部枠体に上部枠体力バーを取り付 けなくてもよい。
[0060] 図 13は、ジョイント部と止めネジの拡大概略図である。図 12に示すように下部枠体 18内に挿入されて 、た上部枠体 4の一部とジョイント部 37は、図 10のように背もたれ 部 3を後方に傾斜させる場合、上方へ引き上げられて下部枠体 18内から出され、ジョ イント部 37を軸に上部枠体 4は後方に傾けられて、上部枠体 4が止めネジ 38に当接 して角度が定まる。下部枠体 18の一部表面上にはネジ山 40が形成されており、止め ネジ 38の内側のネジ山(図示せず。 )とかみ合って止めネジ 38を回転させて上下さ せることで、角度を調節する。即ち止めネジ 38を下げることによって、下部枠体 18の 軸線に対する上部枠体 4の角度が大きくなり、逆に止めネジ 38を上げることによって 、下部枠体 18の軸線に対する上部枠体 4の角度が小さくなる。また、上部枠体 4が所 定の角度例えば 30° 、45° 及び 60° に傾くよう予め所定の角度ごとに異なる止め ネジを下部枠体に取付けておけば、止めネジ 38を上下させて角度を調節しなくても よい。
[0061] 図 14は、前輪に取付けられた下部枠体を伸縮させる様子の一例を示す概略図で ある。下部枠体 18の一部表面上にはネジ山 40が形成されており、下部枠体伸縮器 具 14の内側のネジ山(図示せず。)とかみ合って、下部枠体伸縮器具 14と共に前輪 7を回転させることで下部枠体 18を伸縮させる。後輪に取付けられた下部枠体を伸 縮させる場合も同様である。ここで、下部枠体を伸縮させることができれば、手動であ つても電動であってもよぐまた、必ずしもネジ山を形成しなくてもよく例えば下部枠体 の先端に形成されたロックネジ力 下部枠体伸縮器具の内壁に引っ掛力るようにして
、下部枠体伸縮器具を約 1Z4左右に廻すことで、ロックのオンとオフを切り替えて下 部枠体を伸縮できるようにしてもょ 、。
[0062] 図 15 (a)は、足台の一例を示す概略図である。また、図 15 (b)は、足台を前方へ移 動させた状態を示す概略図である。脚枠体 18Bの先端にはロックネジ 41が形成され ており、また、足台 9の一辺は筒体となっており、この筒体内にロックネジ 41を含む脚 枠体 18Bの一部が挿入されている。また、完全に足台 9が脚枠体 18Bから外れない よう、ロックネジ 41が足台 9の筒体の内壁に引っ掛力るよう筒体は構成されている。足 台の一部の筒体を約 1Z4左右に廻すことで、ロックのオンとオフを切り替えることが でき、これにより、足台 9は脚枠体 18Bに沿って摺動し、足台を前方へ移動させること ができる。
[0063] 図 16 (a)は、背もたれ部の本体を、耐久性に優れた材料で構成されたカバーで覆 うときの一態様を示す概略図である。また、図 16 (b)は、背もたれ部の本体が耐久性 に優れた材料で構成されたカバーで覆われているときの一態様を示す概略図である 。背もたれ部の本体 5とカバー 5Aは共にたわんでいる。ここで、背もたれ部の本体が 、カバーによって着脱可能に覆われていれば、どのような形態のカバーでもよぐ例 えば帯状のものでもよい。
[0064] このように、本発明を適用した車椅子は、背もたれ部の上部枠体が車輪の接地面 に対して略垂直であり、背もたれ部の本体が背もたれ部の上部枠体に着脱可能に取 り付けられて ヽると共にエックス線透過性材料で構成されており、そして把持部が着 脱及び回動可能に上部枠体に連設されているので、本発明を適用した車椅子に座 した被撮影者は、リーダー撮影台と被撮影者の身体を略平行にかつ密着させること ができ、エックス線撮影専用車椅子やリーダー撮影台の前に配置された椅子と ヽっ た他の椅子に座りかえることなぐ胸部、頭部、頸部、肩、腰部、骨盤、上肢、下肢等 のエックス線撮影を行なうことができる。
[0065] また、従来のエックス線撮影用車椅子では、エックス線撮影台と略平行となるように 、撮影者は、車椅子内の窮屈な空間内で、車椅子に座した被撮影者を動力ゝして位置 合わせを行なわなければならず、特に斜位方向や側位方向でのエックス線撮影を行 うべく被撮影者が斜めや横を向くことは困難であるのに対して、本発明を適用した車 椅子は、被撮影者が座した車椅子を動かして位置合わせをするので、被撮影者の負 担が軽くなり、背もたれ部の上部枠体が車輪の接地面に対して略垂直であり、背もた れ部の本体が背もたれ部の上部枠体に着脱可能に取り付けられていると共にエック ス線透過性材料で構成されており、そして把持部が着脱及び回動可能に上部枠体 に連設されて ヽると ヽうように、リーダー撮影台やブッキー撮影台等に密着させてェ ックス線撮影が行なえるよう構成されている上に、従来のエックス線撮影用車椅子に 比べて軽量かつ小型で、取り扱いやすぐ快適であり、更に、下部枠体が車輪の接 地面に対して略垂直であり、背もたれ部と左右の肘掛部が車輪の接地面に対して略 垂直にかつ着脱可能に下部枠体に連設されており、車輪が下部枠体の延長線上に 取り付けられているので、車椅子の側面がリーダー撮影台に密着でき、背もたれ部と 肘掛部が邪魔にならずに車椅子自体を斜めや横に向けたり移動したりするだけで容 易に正確なエックス線撮影の位置合わせを行うことができて、被撮影者は車椅子に 座したまま、前後方向のみならず側位方向や斜位方向のエックス線撮影を行なうこと ができ、リーダー撮影台やブッキー撮影台等でのエックス線撮影に特に適して 、る。
[0066] また、リーダー撮影台やブッキー撮影台等で撮影することによって、より正確な撮影 条件が得られるようになった。また、力セッテ支持器が取り付けられたリーダー撮影台 や透視台でのエックス線撮影や透視も可能であり、より広範囲の撮影や診断が可能 となる。また、床面に水平に据付けられたブッキー撮影台や撮影台の角度が変えら れる撮影台も使用できる。
[0067] また、本発明の車椅子は、互いに対向するよう前記座部の下方に配置されていると 共に、対向する空間領域に配置される第 1の横部材が着脱可能に取付けられる第 1 の支持部材と、互いに対向するよう前側の下部枠体の前方に配置されていると共に、 対向する空間領域に配置される第 2の横部材が着脱可能に取付けられる第 2の支持 部材とを備えているので、車椅子に座った被撮影者の膝裏付近に、エックス線撮影 に用いられる力セッテ (受像部)を支持でき、エックス線撮影専用車椅子やリーダー撮 影台の前に配置された椅子といった他の椅子に座りかえることなぐ下肢のエックス 線撮影を行なうことができる。特に、第 2の支持部材に着脱可能に取付けられる第 2 の横部材によって力セッテ (受像部)の高さを調節できるので、本来、膝はまつすぐ伸 展させて力セッテ (受像部)に密着させて撮影すべきであり、伸展せず曲がったままの 膝を撮影する場合は膝裏をなるベく力セッテ (受像部)に近づけるベぐ補助用具を 用いなければならないが、本発明の車椅子では補助用具を用いなくても膝裏をカセ ッテ (受像部)に近づけることができ、良好な膝の前後(正面)方向のエックス線撮影 ができる。
[0068] また、本発明を適用した車椅子は、第 1の支持部材に形成された隣り合う第 1の穴 部の形状が互いに異なるので、第 1の棒材の前後の位置が判りやすぐ更に対向す る第 1の穴部の形状が互いに同じであるので、一方の第 1の穴部に第 1の棒材を通し た後、対向する他方の第 1の穴部を容易に見つけやすくなる。
[0069] また、前後左右の下部枠体のそれぞれが伸縮可能に構成されて 、るので、車椅子 の車輪力リーダー撮影台等に乗り上げて座部が接地面に対して傾 、ても、乗り上げ た車輪が付 、た下部枠体の短くしたり、乗り上げて 、な 、車輪が付!、た下部枠体を 伸ばしたりして座部を接地面に対して略平行にすることができる。また、例えば車椅 子から降りる場合には、前側の下部枠体を縮めるか後側の下部枠体を伸ばすことに よって、座部の前端部が座部の後端部よりも下方となるよう傾斜させて降り易くするこ とができ、また、車椅子に座しているときには、前側の下部枠体を伸ばすか後側の下 部枠体を縮めることによって、座部の前端部が座部の後端部よりも上方となるよう傾 斜させて臀部が前方へずれに《することができる。また、座部の前後を上方や下方 に傾斜させる要領で、接地面から座部までの高さを調整することもでき、よって、広い 範囲で鮮鋭な X線写真を得ることができる。
[0070] また、肘掛部と背もたれ部の上部枠体とが分離して 、ると共に上部枠体はその一端 にお 、てジョイント部によって座部に対して回動可能に配置され、そして座部に対し て着脱可能に配置されているので、後方に背もたれ部を傾けることができるので、車 椅子に座した者にとって、移動の時はリラックスした姿勢をとることができる。また、坐 位の姿勢の維持が困難な者には、移動の時のみならず、エックス線撮影時にも半坐 位や臥位で、車椅子に乗ったまま既存の撮影台を利用して、エックス線撮影を行なう ことができる。また、下部枠体に取付けられた止めネジに上部枠体を当接させて、止 めネジを上下させることで上部枠体の傾き角度を調節できる。
[0071] また、足台を回動させて接地面に対して略垂直にして、足を載せる面に対向する面 を第 2の支持部材と略同一平面内に位置させ、足台の足を載せる面に対向する面に 、複数の鍵穴形状の穴部が形成された支持板が取付けられているので、穴部に、力 セッテ (受像部)を保持する保持部材を取付けることができ、同じく鍵穴形状の穴部が 形成された第 2の支持部材の穴部に取付けられた保持部材も利用して、車椅子の側 面に沿って下肢の側方に力セッテ (受像部)を配置することができるので、側位方向 の下肢のエックス線撮影を行なえる。
[0072] また、足台が移動可能に脚枠体に取付けられているので、長身の被撮影者が座つ ても、足台を移動させることによって足を伸ばしても足台に足を載せることができるの で、その分、膝位置が低くなり下肢のエックス線撮影を行ないやすくなる。また、リクラ イニングした時の足の位置に合わせて長さを調節することができる。
[0073] また、座部がエックス線透過性材料で構成されて!ヽるので、第 1の支持部材によつ て力セッテ (受像部)を座部の真下に配置して大腿部をエックス線で撮影できる。
[0074] また、上部枠体と上部分岐枠体との間に、上からアクリル板や木板等比較的固い板 をはめ込むことができ、被撮影者の背をしつ力り支えることができる。
[0075] また、背もたれ部と左右の肘掛部が取り外せるので、車椅子利用者のベッドから車 椅子への移動並びに車椅子力 ベッド若しくはブッキー撮影台等への移動が楽にな る。
[0076] 更に、背もたれ部の本体及びこれを覆うカバー力 着脱可能なたわみのある布なの で、汚れても新しいものと交換することができると共に、車椅子に座した者の背の丸み に合った形状となるので、快適な姿勢を保つことができる。また、たわみのある布なの で、着脱を容易に行なうことができる。
[0077] また、背もたれ部の上部枠体に弾力性のある上部枠体力バーが取り付けられてい るので、本発明を適用した車椅子をリーダー撮影台に密着させるとき、被撮影者への 衝撃を低減させると共に、リーダー撮影台を上部枠体との接触による衝撃カゝら保護 することができる。
[0078] また、エックス線透過性材料で構成されたシートベルトを取り付けているので、エツ タス線撮影時に撮影に適した被撮影者の姿勢を保ち易くなり、更に厚手生地の布な どで構成された別のシートベルトも取り付けられるので、車椅子での移動時に、車椅 子に座した人をより安定して座らせることができる。
[0079] また、前輪及び後輪がそれぞれ車輪の接地面に対して略垂直な下部枠体の下端 に配置されているので、車椅子側面の出っ張りがなぐ車椅子を受像部に密着させる ことができ、リーダー撮影台での撮影の場合に、受像部が被撮影者の側面と車椅子 の側面を自在に上下にスライドできて広 、範囲で鮮明なエックス線画像を得ることが できる。また、リーダー撮影台やブッキー撮影台を使用できるので、優れた撮影条件 下で撮影できる。
[0080] また、前輪及び後輪が、下部枠体の軸線を中心に 360° 回転するので、エックス線 撮影の位置合わせ時に車椅子の細かい移動が可能となる。

Claims

請求の範囲
[1] 座部と、該座部に略垂直に取り付けられた上部枠体及び該上部枠体を横断するよ う前記上部枠体に着脱可能に取り付けられた本体を備えた背もたれ部と、前記上部 枠体に連設された把持部と、車輪とを有する車椅子であって、
前記上部枠体は、前記車輪の接地面に対して略垂直であり、
前記本体は、エックス線透過性材料で構成されており、
前記把持部は、着脱及び回動可能に前記上部枠体に連設されている 車椅子。
[2] 前記本体は、カバーによって着脱可能に覆われている
請求項 1に記載の車椅子。
[3] 前記座部は、前記車輪の接地面と所定の角度をなすよう調整可能である
請求項 1に記載の車椅子。
[4] 前記座部に略垂直に取り付けられた左右の肘掛部と、
前記車輪の接地面に対して略垂直な前後左右の下部枠体とを有し、
前記背もたれ部及び前記左右の肘掛部は、前記車輪の接地面に対して略垂直に かつ着脱可能に前記下部枠体に連設されており、
前記車輪は、前記下部枠体の延長線上に取り付けられている
請求項 1に記載の車椅子。
[5] 前記本体は、カバーによって着脱可能に覆われている
請求項 4に記載の車椅子。
[6] 前記座部は、前記車輪の接地面と所定の角度をなすよう調整可能である
請求項 4に記載の車椅子。
[7] 前記座部に略垂直に取り付けられた左右の肘掛部と、
前記車輪の接地面に対して略垂直な前後左右の下部枠体と、
該下部枠体から前方へ伸びた脚枠体と、
該脚枠体に取付けられた足台とを有し、
互いに対向するよう前記座部の下方に配置されていると共に、対向する空間領域 に配置される第 1の横部材が着脱可能に取付けられる第 1の支持部材と、 互いに対向するよう前側の下部枠体の前方に配置されていると共に、対向する空 間領域に配置される第 2の横部材が着脱可能に取付けられる第 2の支持部材とを備 えた
請求項 1に記載の車椅子。
[8] 前記本体は、カバーによって着脱可能に覆われていると共に、エックス線透過性材 料で構成されており、
前記背もたれ部及び前記左右の肘掛部は、前記車輪の接地面に対して略垂直に かつ着脱可能に前記下部枠体に連設されており、
前記車輪は、前記下部枠体の延長線上に取り付けられている
請求項 7に記載の車椅子。
[9] 前記前後左右の下部枠体のそれぞれが伸縮可能に構成されて!、る
請求項 7に記載の車椅子。
[10] 前記左右の肘掛部と前記上部枠体とが分離して!/、ると共に、前記上部枠体はその 一端にお 、て前記座部に対して着脱及び回動可能に配置されて!、る
請求項 7に記載の車椅子。
[11] 前記足台が回動可能に前記脚枠体に取付けられていると共に、前記足台が足を載 せる面と該足を載せる面に対向する面とを有し、
該足を載せる面に対向する面は力セッテ (受像部)を保持する保持部材が着脱可 能に取付けられるよう構成されており、
前記足台を回動させて接地面に対して略垂直にした場合、前記足を載せる面に対 向する面は、前記第 2の支持部材と略同一平面内に位置する
請求項 7に記載の車椅子。
[12] 前記足台が前記脚枠体に移動可能に取付けられている
請求項 7に記載の車椅子。
[13] 前記座部は、エックス線透過性材料で構成されている
請求項 7に記載の車椅子。
[14] 前記第 1の支持部材に複数の穴部が形成されており、隣り合う同穴部の形状が互 いに異なると共に対向する同穴部の形状が互いに同じである 請求項 7に記載の車椅子。
PCT/JP2006/302124 2005-02-15 2006-02-08 車椅子 WO2006087947A1 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP06713267.0A EP1894528B1 (en) 2005-02-15 2006-02-08 Wheelchair
CN2006800049524A CN101119681B (zh) 2005-02-15 2006-02-08 轮椅
JP2007503624A JP4050785B2 (ja) 2005-02-15 2006-02-08 車椅子
HK08103938.1A HK1113990A1 (en) 2005-02-15 2008-04-09 Wheelchair

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005-038126 2005-02-15
JP2005038126 2005-02-15
JP2005108875 2005-04-05
JP2005-108875 2005-04-05
JP2005299364 2005-10-13
JP2005-299364 2005-10-13

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006087947A1 true WO2006087947A1 (ja) 2006-08-24

Family

ID=36916355

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2006/302124 WO2006087947A1 (ja) 2005-02-15 2006-02-08 車椅子

Country Status (7)

Country Link
US (1) US7597339B2 (ja)
EP (1) EP1894528B1 (ja)
JP (1) JP4050785B2 (ja)
KR (1) KR100941414B1 (ja)
CN (1) CN101119681B (ja)
HK (1) HK1113990A1 (ja)
WO (1) WO2006087947A1 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106214363A (zh) * 2015-11-18 2016-12-14 陈旭 一种保健多功能轮椅
JP2017086480A (ja) * 2015-11-10 2017-05-25 国立大学法人九州大学 脊椎撮影用椅子
JP6190555B1 (ja) * 2017-03-29 2017-08-30 株式会社オートシステム 座位撮影台
JP2018121925A (ja) * 2017-02-01 2018-08-09 キヤノンメディカルシステムズ株式会社 X線コンピュータ断層撮影装置及びx線コンピュータ断層撮影用の被検体搬送具
TWI675655B (zh) * 2015-04-29 2019-11-01 魏儀杰 轉位輪椅

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100981927B1 (ko) * 2010-03-25 2010-09-13 황교식 휠체어 겸용 검진장치
DE102010017349B4 (de) * 2010-06-14 2012-05-16 Sunrise Medical Gmbh & Co. Kg Höhenverstellbare Radaufhängungs-Vorrichtung und Rollstuhl mit solch einer Vorrichtung
US8882129B2 (en) * 2011-12-27 2014-11-11 R We Having Fun Yet, Llc Leg support assembly for use with a wheelchair and methods of assembling same
CN103908284A (zh) * 2013-01-05 2014-07-09 莱芜钢铁集团有限公司医院 移动式多位x线摄影检查椅
KR101625057B1 (ko) * 2014-11-24 2016-05-27 경북대학교 산학협력단 방사선 촬영 보조 기구 및 방사선 촬영 장치
CN106667676A (zh) * 2016-07-12 2017-05-17 天津市鑫成新科贸有限公司 一种手铐可移动监狱用轮椅
CN106038096A (zh) * 2016-07-12 2016-10-26 天津市鑫成新科贸有限公司 一种监狱用轮椅
US11376173B2 (en) 2016-12-15 2022-07-05 The World's Only Carry-On Wheel Chair, Llc Wheeled chair
KR102015365B1 (ko) 2017-11-09 2019-08-29 한라대학교 산학협력단 휠체어
CN108542611B (zh) * 2018-05-11 2024-01-30 南京理工大学 一种担架与急救床结合的多功能救援设备
JP7292985B2 (ja) * 2019-06-13 2023-06-19 キヤノンメディカルシステムズ株式会社 車椅子用x線検出装置及びx線診断装置
US11364163B1 (en) 2021-09-28 2022-06-21 Jay Foonberg Transport chair arranged for storage in passenger aircraft carry-on luggage
KR102400521B1 (ko) 2021-12-06 2022-05-20 신민주 차양막이 설치된 휠체어
KR20240003691A (ko) 2022-07-01 2024-01-09 주식회사 라온다온 전복 방지용 수상 휠체어

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0511923U (ja) * 1991-07-31 1993-02-19 川村技研株式会社 車いす
JPH1085262A (ja) * 1996-09-12 1998-04-07 Honda Motor Co Ltd 車椅子
JP2003235907A (ja) * 2002-02-15 2003-08-26 Fukuju Sangyo Kk 電動車椅子用の電源装置
JP2004329467A (ja) * 2003-05-06 2004-11-25 Nakada Takao X線撮影用車椅子

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3321239A (en) * 1965-10-22 1967-05-23 Dale L Cosper Convertible wheel chair
US3795815A (en) * 1972-10-19 1974-03-05 M Weinstock Patient retention device
US4375295A (en) * 1979-04-20 1983-03-01 Frank Volin Detachable wheelchair backrest
CN87209119U (zh) * 1987-06-11 1988-03-02 中国人民解放军第208医院 多功能医用x线摄影车
US4831644A (en) * 1988-05-20 1989-05-16 Lopez Marie A Wheelchair x-ray radiograph apparatus and method
FR2638635B1 (fr) * 1988-11-07 1991-02-08 Benoit Robert Fauteuil roulant pliable
US5176393A (en) * 1990-04-27 1993-01-05 Medical Composite Technology Modular wheelchair
JPH0511923A (ja) 1991-07-05 1993-01-22 Sony Corp 入力装置
JPH0523370A (ja) * 1991-07-19 1993-02-02 Paramount Bed Co Ltd 車椅子
US5690387A (en) * 1996-10-28 1997-11-25 Sarti; Ronnie A. Removable headrest for chairs
US6073958A (en) * 1998-06-11 2000-06-13 Gagnon; Brian All terrain wheelchair
WO2000071412A1 (en) * 1999-05-24 2000-11-30 Brady William J Fixed and adjustable ergonomically efficient handles especially for wheelchairs
CN2379096Y (zh) * 1999-06-28 2000-05-24 孙铁 检诊用轮椅
US6270105B1 (en) * 1999-11-16 2001-08-07 Da International, Ltd. Method of wheelchair construction
JP2002000668A (ja) * 2000-06-20 2002-01-08 Fumie Horikawa 回動肘掛け付き用便介護用便器装置
US6322250B1 (en) * 2000-06-27 2001-11-27 Miriam M. Pratt X-ray chair
JP2002177337A (ja) * 2000-12-18 2002-06-25 Meiji Natl Ind Co Ltd 車いす用介助ハンドルの取付け構造
US20050077760A1 (en) * 2003-10-08 2005-04-14 Smith Mark E. Modular wheelchair frame
US7185910B2 (en) * 2003-12-03 2007-03-06 Positech Innovation Inc. Multi adjustable chair

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0511923U (ja) * 1991-07-31 1993-02-19 川村技研株式会社 車いす
JPH1085262A (ja) * 1996-09-12 1998-04-07 Honda Motor Co Ltd 車椅子
JP2003235907A (ja) * 2002-02-15 2003-08-26 Fukuju Sangyo Kk 電動車椅子用の電源装置
JP2004329467A (ja) * 2003-05-06 2004-11-25 Nakada Takao X線撮影用車椅子

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1894528A4 *

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
TWI675655B (zh) * 2015-04-29 2019-11-01 魏儀杰 轉位輪椅
JP2017086480A (ja) * 2015-11-10 2017-05-25 国立大学法人九州大学 脊椎撮影用椅子
CN106214363A (zh) * 2015-11-18 2016-12-14 陈旭 一种保健多功能轮椅
JP2018121925A (ja) * 2017-02-01 2018-08-09 キヤノンメディカルシステムズ株式会社 X線コンピュータ断層撮影装置及びx線コンピュータ断層撮影用の被検体搬送具
JP2021192853A (ja) * 2017-02-01 2021-12-23 キヤノンメディカルシステムズ株式会社 X線コンピュータ断層撮影装置用の被検体搬送具
JP7297835B2 (ja) 2017-02-01 2023-06-26 キヤノンメディカルシステムズ株式会社 被検体搬送具
JP6190555B1 (ja) * 2017-03-29 2017-08-30 株式会社オートシステム 座位撮影台
JP2018166686A (ja) * 2017-03-29 2018-11-01 株式会社オートシステム 座位撮影台

Also Published As

Publication number Publication date
EP1894528B1 (en) 2015-10-14
CN101119681A (zh) 2008-02-06
JPWO2006087947A1 (ja) 2008-07-03
EP1894528A4 (en) 2009-10-28
EP1894528A1 (en) 2008-03-05
CN101119681B (zh) 2010-05-19
US20080111340A1 (en) 2008-05-15
US7597339B2 (en) 2009-10-06
HK1113990A1 (en) 2008-10-24
JP4050785B2 (ja) 2008-02-20
KR100941414B1 (ko) 2010-02-10
KR20070115955A (ko) 2007-12-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2006087947A1 (ja) 車椅子
JP4594329B2 (ja) 磁気共鳴イメージング装置
US4067249A (en) Raising chair
US4893827A (en) Chair construction for incapacitated persons
US5050899A (en) Medical crash-chair and treatment table
US4894876A (en) Multipurpose maternity care bed
US6722783B2 (en) X-ray chair
US4079990A (en) Wheelchair
US4679849A (en) Method and an invalid chair for conveying a person having limited ability to move without heavy lifting from a sitting to a lying position
JP3493000B2 (ja) 車椅子用背もたれリクライナキット
US20080201850A1 (en) Positioning platform for prone breast imaging
KR20110074852A (ko) 외과의사를 위한 작동 지지체
GB2113086A (en) Mobile chair
JP2006197966A (ja) 画像診断装置及びその補助具
KR100981927B1 (ko) 휠체어 겸용 검진장치
US4896917A (en) Chair for X-ray table
JP2628568B2 (ja) 介護用バス
JP2005176955A (ja) 透視撮影台および体位保持具
JP2014509898A (ja) ベッドに横になった姿勢から座った姿勢に及びその逆の姿勢変化も同様に行うような介助器具を用いて障害者を移動するための方法及びこの方法のための介助器具
JP7267301B2 (ja) 立位及び座位の患者のための下部シェルフを備えたx線撮影システム
JP2006102403A (ja) 移乗補助装置
CN217744433U (zh) 一种立位全脊柱及全下肢x线检查用的多功能辅助摄影架
JPH09586A (ja) 車椅子利用患者用の医療介助器具
CN217219048U (zh) 一种医学影像学x线摄片体位辅助设备
JP6051196B2 (ja) 要介護者のためのレントゲン撮影用補助イス

Legal Events

Date Code Title Description
DPE2 Request for preliminary examination filed before expiration of 19th month from priority date (pct application filed from 20040101)
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2007503624

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200680004952.4

Country of ref document: CN

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1020077020920

Country of ref document: KR

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11883680

Country of ref document: US

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006713267

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2006713267

Country of ref document: EP