JPS62241457A - 電話機のダイヤル方式 - Google Patents

電話機のダイヤル方式

Info

Publication number
JPS62241457A
JPS62241457A JP8409386A JP8409386A JPS62241457A JP S62241457 A JPS62241457 A JP S62241457A JP 8409386 A JP8409386 A JP 8409386A JP 8409386 A JP8409386 A JP 8409386A JP S62241457 A JPS62241457 A JP S62241457A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dial
dialing
additional
memory
sent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8409386A
Other languages
English (en)
Inventor
Tatsuo Sawada
立夫 沢田
Koichi Matsumoto
浩一 松本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Original Assignee
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegraph and Telephone Corp filed Critical Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority to JP8409386A priority Critical patent/JPS62241457A/ja
Publication of JPS62241457A publication Critical patent/JPS62241457A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、一度ダイヤルした電話番号を記憶するための
メモリを電話機に有し、再度ダイヤルするときは、該メ
モリから記憶された前記電話番号を読み出して自動送出
するようにした電話機のダイヤル方式に関するものであ
る。
〔従来の技術〕
近年のディジタル網の発展により、既存アナログ網にお
いては可聴音表示のみしか可能でなかったダイヤル可を
示す信号(ダイヤルトーン)や、付加ダイヤル可を示す
信号(第2ダイヤルトーン)も、ディジタル信号でディ
ジタル電話機に伝達することが可能となっている。
さらに、電話サービス拡大の一環としてのセンタアクセ
スサービスの普及や通信網の開放による通信網選択の必
要性などから、使用される電話番号の桁数が増加し、付
加ダイヤルを必要上する電話番号も多くなってきている
。そして例えばセンタアクセスサービスを利用する時の
ダイヤル操作は、次のように行われる。
まず、センタ番号をダイヤルし、電話機をセンタへ接続
する。次に、センタからの第2ダイヤルトーンを受聴し
、続いて次の付加ダイヤルを行い、所望のサービスを受
ける。
一方、電話機ではLSI化技術によりメモリが持てるよ
うになり、このメモリを利用して再ダイヤルやレパート
リダイヤル等の発信操作を利便化することが行われてい
る。このようなメモリを用いて利便化を図ったメモリダ
イヤル方式でも、これを上述のセンタアクセスサービス
に利用するときには、センタ番号を送出した後の第2ダ
イヤルトーン待、ちの時点で、ダイヤル送出を一時的に
停止し、第2ダイヤルトーンを受信した時、残りの付加
ダイヤル番号を送出することが必要である。
しかし、従来のメモリダイヤル方式では、メモリに記憶
された電話番号を読み出して送出する再ダイヤル時にお
いて、第2ダイヤルトーンがくる前に、残りの付加ダイ
ヤル番号まで送出してしまい、結果として正規のダイヤ
ル番号を送出したことにならないという場合があった。
また、このような事態の発生を防止するために、電話機
にメモリを備えた従来のメモリダイヤル方式においては
、メモリに記憶された電話番号を読み出して送出する再
ダイヤル時において、上記のように付加ダイヤルを投入
する際、それに先立って綱からの付加ダイヤル可を示す
信号を受信するまでの待ち時間を保証するため、予め待
ち時間相当の時間を見積って設定しておき、再ダイヤル
時には、設定したその待ち時間の所で、網からの付加ダ
イヤル可信号が実際に来たか否かにかかわらず、一定時
間(例えば3秒間)ダイヤルを停止し、その後、付加ダ
イヤルを投入する方式が採られていた。
このため、 ■ 手入力でダイヤルする際、上記の待ち時間に相当す
るダイヤル操作休止(ポーズ)期間を特に意識して入力
しなくてはならず煩わしい、■ 再ダイヤルとして送出
する時にも、予め設定された待ち時間によって一定時間
だけは必ず待つので、その間に付加ダイヤル可を示す信
号が綱からすでに送られてきたとしても、そのことにか
かわらず、一定時間経過するまでは、ダイヤルが送出で
きず、いらだちを感する場合がある、■ 待ち時間を設
定するために機能キーが必要であり、装置構成部品が増
加する、 という欠点があった。
〔発明が解決しようとする問題点〕
そこで本発明においては、メモリダイヤル方式において
、付加ダイヤルを伴う電話番号の送出時において発生す
る上述の■乃至■の如き問題点を解決することを課題と
している。従って本発明は、かかる問題点を解決した電
話機のダイヤル方式を提供することを目的とする。
〔問題点を解決するための手段および作用〕本発明は、
一度ダイヤルした電話番号を記憶するためのメモリを有
し、再度ダイヤルするときは、該メモリに記憶された前
記ダイヤル番号を該メモリから読み出して自動的に送出
するようにした電話機において、 第1のダイヤル番号とそれに伴う付加ダイヤル番号とか
ら成る電話番号をダイヤル操作により送出するとき、ま
ず、第1のダイヤル番号を送出し、その段階で網側から
付加ダイヤル可信号が送出されてくるのを待ち、続いて
付加ダイヤル番号を送出するが、前記第1のダイヤル番
号の送出時、該第1のダイヤル番号を前記メモリに記憶
させると共に、続いて網側から送出されてくる前記付加
ダイヤル可信号を記憶させ、次に前記付加ダイヤル番号
の送出時、該付加ダイヤル番号を同じく前記メモリに記
憶させておき、 再度ダイヤルするときは、前記メモリからます第1のダ
イヤル番号を読み出して自動送出し、次に前記付加ダイ
ヤル可信号を読み出すと、それによってダイヤル送出を
一時停止し、網側から付加ダイヤル可信号が送出されて
きたとき、そのことを検出して、残りの前記付加ダイヤ
ル番号を自動送出するようにしたことを特徴とする。
〔実施例〕
次に図を参照して本発明の詳細な説明する。
第1図は本発明の一実施例を示すブロック図である。同
図において、1はハンドセット、2は通話回路、3はフ
ックスイッチ、4はダイヤルスイッチ、5はディージタ
ル加入者線インタフェース回路、6はコーデックであっ
て、インタフェース回路5からのディジタル化された情
報信号をアナログ信号に変換して通話回路2に送り、ま
た、通話回路2からのアナログ信号をディジタル信号に
変換してインタフェース回路5に送る働きをするコーデ
ック、7はダイヤルした電話番号を表示する表示器、8
はリンガ音発生回路、9はサウンダ、10はダイヤルし
た電話番号を記憶しておくためのメモリ、11は再ダイ
ヤルキーであって、メモIJ 10に記憶した電話番号
をダイヤルとして送出するための再ダイヤルキー、12
は制御回路であってインタフェース回路5を通して網と
の間で接続制御信号の授受、ダイヤルスイッチ4により
ダイヤルされた電話番号のメモリ10への記憶および表
示器7への表示、再ダイヤルキー11が押下された時に
メモリ10の内容を読み出して行う網へのダイヤル信号
の送出、網から付加ダイヤル可能であることを示す信号
(以下付加ダイヤル可信号と称する)を受信した場合に
表示器7へのポーズ表示およびメモリ10へのポーズ記
憶、再ダイヤル発信時ポーズがある場合のダイヤル送出
停止および付加ダイヤル可信号の受信によりダイヤル送
出停止解除を行う制御回路、13は電池であってディジ
タル電話機が空状態で無給電でもメモリ10の内容を保
持しておくための電池である。
第2図は、第1図における制御回路12の動作フロー例
を示すチャートであるので参照されたい。
第3図は、本発明によってディジタル電話機と網との間
でやりとりされる信号シーケンス例を示すシーケンス図
である。
なお、本説明においては付加ダイヤル可信号が網から送
出されることを要する電話番号として、センタアクセス
番号rl 23J 、センタ操作番号r456Jの両者
から成る電話番号を使用するものと仮定し、かつセンタ
アクセス番号とセンタ操作番号との間に付加ダイヤル可
信号が網から送出されてくるものとして以下、説明する
操作者がオフフックすると、第3図(I)部に示すよう
に、制御回路12はインタフェース回路5を通して綱へ
発呼信号を送出する。その後編がダイヤル受信の準備が
できるとダイヤルトーンおよびダイヤル可能であること
を示すディジタル信号(以下ダイヤル可信号という)が
ディジタル電話機に送られる。ダイヤルトーンはインタ
フェース回路5からコーデック6でアナログ信号に変換
され通話回路2、ハンドセット1を通って操作者に受聴
される。
操作者はダイヤルトーンを受聴し、網がダイヤル受信可
能であることを知り、ダイヤルスイッチ4によりセンタ
アクセス番号r123Jをダイヤルする。制御回路12
は押下された番号rl 234を表示器7に表示すると
ともにインタフェース回路5を通して綱へダイヤル信号
として送出する。
さらにメモリ10に押下されたダイヤルrl 23Jを
記憶する。
第4図に表示例を、また第7図にメモリ10の格納状況
を示す。
網は前記ダイヤルr123Jを受信すると、第3図(I
)部に示すように、センタアクセス番号であることを解
析し、センタ装置に接続する。その後、センタとの接続
が完了すると、センタ受信準備ができたことを知らせる
ため、第2ダイヤルトーンおよび付加ダイヤル可信号を
ディジタル電話機へ送出する。制御回路12は付加ダイ
ヤル可信号を受信すると、表示器7の先に表示した番号
r123Jの後にポーズを表示すると共に、メモU 1
0の先に記憶した番号rl 23Jの後にポーズを記憶
する。
第5図に表示例を、また第8図にメモリ10の格納状況
を示す。
一方操作者には前記ダイヤルトーンの場合と同様に第2
ダイヤルトーンが受聴され、操作者は網でセンタ操作番
号の受信準備ができたことを知る。
その後操作者はセンタ操作番号としてダイヤルスイッチ
4によりr456Jをダイヤルする。制御回路12は押
下された番号r456Jを表示器7の先に表示したポー
ズの後に表示するとともにインタフェース回路5を通し
て網へダイヤル信号として送出する。さらにメモリ10
の先に記憶したポーズの後に、押下されたダイヤルr4
56Jを記憶する。
第6図に表示例を、また第9図にメモリlOの格納状況
を示す。
この後センタの制御が終了し、操作者がオンフックする
と、制御回路12は網との間で切断手順を行い動作を終
了する。
以上の動作により、メモリ10にはダイヤル投入された
番号1”123J、自動的に投入された「ポーズ」、ダ
イヤル投入された番号r456Jが記憶される。
操作者がオンフックしてから網がダイヤルトーンおよび
ダイヤル可信号を送出するまでは(イ)の動作と同様で
ある。
ここで今度は、メモリ10に記憶された電話番号を用い
て発信するので、操作者は再ダイヤルキー11を押下す
る。制御回路12は再ダイヤルキー11が押下されたこ
とを検出し、メモリ10の内容を読み出し、表示器7に
表示する。
ここで、メモリ10の内容は(イ)で記憶した第9図と
なっているので、表示器7に表示される内容は第6図と
同様になる。
次に制御回路12はメモリ10の内容をダイヤル信号と
して網へ送出する。この時、内容は「123」、「ポー
ズ」、r456Jとなっているので・制御回路12は、
まず、「ポーズ」の前の「123」までを順に送出し、
次が「ポーズ」であるので網から付加ダイヤル可が送出
されるまで、ダイヤル送出を停止する。
一方網では、(イ)と同様に、センタアクセス番号であ
ることを解析し、センタ装置に接続する。
その後、センタとの接続が完了すると、センタ受信準備
ができたことを知らせるため、第2グイルトーンおよび
付加ダイヤル可信号をディジタル電話機へ送出する。制
御回路12は、付加ダイヤル可信号を受信すると、次に
続くダイヤルを送出して良いことがわかり、r456J
をダイヤルとして網へ送出する。
以上の動作により、綱が付加ダイヤルを受信できる状態
となった直後にダイヤル送出ができる。
これまでの説明は、ディジタル電話機を例にとり、網側
から送られてくる付加ダイヤル可信号がコードで送られ
その識別が容易であること、コード信号は音声とは独立
した信号チャネルを通して送れるので通話への影響がな
いこと、等の利点を利用して容易にできることを示した
が、アナログ電話機においても、通話が一部切断するこ
とを容認し、ダイヤルトーン、第2ダイヤルトーンの識
別手段を用いれば、同様にできることは勿論である。
〔発明の効果〕
以上説明したように、本発明によれば網から送られる付
加ダイヤル可信号を制御回路12が解析し、自動的にポ
ーズの挿入、解除を行うので、■ 第2ダイヤルトーン
を含むダイヤルでも、メモリダイヤルにより、確実に接
続できる。
■ 操作者がわざわざ付加ダイヤル可を意識してポーズ
を投入する必要がなく煩わしさがない。
■ 再ダイヤル送出時ポーズが含まれている場合に、必
要以上にダイヤル送出を停止させてお(ことによるいら
だちがない。
■ ポーズを投入する必要がないので、機能キーの数を
削減できる。
という利点がある。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明の一実施例を示すブロック図、第2図
は、第1図における制御回路12の動作フロー例を示す
チャート、第3図は、網とディジタル電話機との間の信
号シーケンス例を示すシーケンス図、第4図、第5図、
第6図は、それぞれ第1図における表示器7の表示例を
示す説明図、第7図、第8図、第9図は、それぞれ第1
図におけるメモリ10へのダイヤル格納状況を示す説明
図、である。 符号の説明 1・・・ハンドセット、2・・・通話回路、3・・・フ
ックスイッチ、4・・・ダイヤルスイッチ、5・・・イ
ンタフェース回路、6・・・コーデック、7・・・表示
器、8・・・リンガ音発生回路、9・・・サウンダ、1
0・・・メモリ、11・・・再ダイヤルキー、12・・
・制御回路、13・・・電池。 代理人 弁理士 並 木 昭 夫 代理人 弁理士 松 崎   清 剪1 図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1)一度ダイヤルした電話番号を記憶するためのメモリ
    を有し、再度ダイヤルするときは、該メモリに記憶され
    た前記ダイヤル番号を該メモリから読み出して自動的に
    送出するようにした電話機において、 第1のダイヤル番号とそれに伴う付加ダイヤル番号とか
    ら成る電話番号をダイヤル操作により送出するとき、ま
    ず、第1のダイヤル番号を送出し、その段階で網側から
    付加ダイヤル可信号が送出されてくるのを待ち、続いて
    付加ダイヤル番号を送出するが、前記第1のダイヤル番
    号の送出時、該第1のダイヤル番号を前記メモリに記憶
    させると共に、続いて網側から送出されてくる前記付加
    ダイヤル可信号を記憶させ、次に前記付加ダイヤル番号
    の送出時、該付加ダイヤル番号を同じく前記メモリに記
    憶させておき、 再度ダイヤルするときは、前記メモリからまず第1のダ
    イヤル番号を読み出して自動送出し、次に前記付加ダイ
    ヤル可信号を読み出すと、それによってダイヤル送出を
    一時停止し、網側から付加ダイヤル可信号が送出されて
    きたとき、そのことを検出して、残りの前記付加ダイヤ
    ル番号を自動送出するようにしたことを特徴とする電話
    機のダイヤル方式。
JP8409386A 1986-04-14 1986-04-14 電話機のダイヤル方式 Pending JPS62241457A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8409386A JPS62241457A (ja) 1986-04-14 1986-04-14 電話機のダイヤル方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8409386A JPS62241457A (ja) 1986-04-14 1986-04-14 電話機のダイヤル方式

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS62241457A true JPS62241457A (ja) 1987-10-22

Family

ID=13820893

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8409386A Pending JPS62241457A (ja) 1986-04-14 1986-04-14 電話機のダイヤル方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS62241457A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0244458U (ja) * 1988-09-20 1990-03-27
JPH08307510A (ja) * 1996-05-02 1996-11-22 Casio Comput Co Ltd オートダイアラ装置及び該装置を内蔵した通信端末装置

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5115910A (ja) * 1974-07-31 1976-02-07 Nippon Electric Co Jidodaiyarusochi
JPS55161456A (en) * 1979-06-04 1980-12-16 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Telephone set with storage function
JPS57192158A (en) * 1981-05-21 1982-11-26 Kokusai Denshin Denwa Co Ltd <Kdd> Adaptor for telephone set

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5115910A (ja) * 1974-07-31 1976-02-07 Nippon Electric Co Jidodaiyarusochi
JPS55161456A (en) * 1979-06-04 1980-12-16 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Telephone set with storage function
JPS57192158A (en) * 1981-05-21 1982-11-26 Kokusai Denshin Denwa Co Ltd <Kdd> Adaptor for telephone set

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0244458U (ja) * 1988-09-20 1990-03-27
JPH08307510A (ja) * 1996-05-02 1996-11-22 Casio Comput Co Ltd オートダイアラ装置及び該装置を内蔵した通信端末装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR0175450B1 (ko) 키폰시스템에서 포기호 발신자 번호 표시방법
US6337898B1 (en) Method for monitoring voicemail calls using ADSI capable CPE
JP2000151812A (ja) 話し中電話機からのフラッシュフック信号を取り扱う方法および発信者識別デ―タを表示する電話機
JPH06164761A (ja) メッセージ機能付電話装置
JPH08335979A (ja) 留守番電話装置付携帯電話システム
JPS62241457A (ja) 電話機のダイヤル方式
JP3452130B2 (ja) 通信端末装置
JPH1198256A (ja) 通信端末機及びディジタル交換機ならびに発信者情報転送システム
JP3146498B2 (ja) ボタン電話装置
KR19980061510A (ko) 상대방 통화해제 후 사용자의 메세지를 자동전송해주는 서비스가 부가된 교환기
JP2827853B2 (ja) コールウェイティング着信制御方式
JP3093681B2 (ja) ボタン電話装置およびその保留転送方法
JP3143380B2 (ja) 電話機
JP3270335B2 (ja) ボタン電話装置および着信応答方法
KR100206172B1 (ko) 내선 자동접속 기능을 가지는 키폰시스템의 음성 부재메시지 안내방법
JPH1168933A (ja) 留守番電話機
JPH0846696A (ja) 電話装置
JP2002164996A (ja) 電話機用電話番号登録装置、及びその登録方法
JP2001203796A (ja) 電話装置
JPH04281650A (ja) Isdn電話装置
KR19980083761A (ko) 전화 단말장치에서 자동다이얼에 의한 녹음메시지 자동 전송방법
JPH06217366A (ja) 自動車電話の話中加入者へのメッセージ送出方式
JP2001268169A (ja) コードレス電話機
JPH02117250A (ja) 音声通信端末装置
JPH05103056A (ja) コードレス電話機