JPS59114301A - 組立歩道 - Google Patents

組立歩道

Info

Publication number
JPS59114301A
JPS59114301A JP22350282A JP22350282A JPS59114301A JP S59114301 A JPS59114301 A JP S59114301A JP 22350282 A JP22350282 A JP 22350282A JP 22350282 A JP22350282 A JP 22350282A JP S59114301 A JPS59114301 A JP S59114301A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sidewalk
road
panel
installation surface
assembled
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP22350282A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6354086B2 (ja
Inventor
松田 捷彦
浜田 健明
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanwa Shutter Corp
Original Assignee
Sanwa Shutter Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanwa Shutter Corp filed Critical Sanwa Shutter Corp
Priority to JP22350282A priority Critical patent/JPS59114301A/ja
Publication of JPS59114301A publication Critical patent/JPS59114301A/ja
Publication of JPS6354086B2 publication Critical patent/JPS6354086B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は、道路の歩道設置面に、歩道を簡易迅速に設置
できる組立歩道に係るものである。
従来−車道の両側に歩道を設けた舗装通路にあっては、
車道と歩道との間に側溝を形成し、車道および歩道とも
にアスファルトやコンクリート等で舗装した構造となっ
ているが、車道と歩道との区別のない既設の道路に歩道
を設けるには、一般に道路の通行を止めて行う必要があ
り、また道路の掘)’IIJや再舗装など大損りな工事
を長期間にわだって強いられているのが実状である。
本発明は、上記実状に鑑み、主として車道と歩道の区別
のない既設の道路に、簡易な工事で迅速に設置すること
ができ、しかも歩道面の水はけがよく、大雨の際にも歩
行等に支障をきたすことがない組立歩道を提供しようと
するものである。
本発明の構成を図面に示された各実施例について説明す
れば、第1図ないし第4図において、1は組立歩道であ
って、該組立歩道1は道路の歩道設置面に設けられてい
る。2は道路の車道部分である。
上記組立歩道1は、道路の歩道設置面の内外両側にアン
カーポルト3によって固定立設されたペースアングル4
と、該ペースアングル4にボルト5により上下位置調節
自在に取付けられたスライドアングル6とで構成された
基礎体T上に、上記両側のスライドアングル6間に橋架
される歩道バー8と、該歩道バー8の上面を歩道面材9
で被覆してなる歩道パネル10を通水間隙11をあけて
並設固定した構成となっており、並設された歩道パネル
10の両側端はカバー12によって一体に結合されてい
る。そして、一体化された歩道パネル10は一側の枢軸
13を軸心として上方へ回動可能になっている。また、
14は中間スタッドであって、該中間スタッド14は歩
道バー8の中間部を支持するものであり、基礎体7の一
部を構成している。歩道面材9はゴム、セラミック、プ
ラスチック、木材等よりなるものである。このため、歩
道面の装飾性を豊かにし、街路に潤いンもだせ、その美
観ケ向上させることができる。15.16は歩道バー8
の固定ボルトである。17は道iの排水溝、18はマン
ホールを示している。なお、歩道設置面と歩道パネル1
0との間には相当の間隔があるので、歩道の下に電力や
′直話のケーブル、水道管やガス官等Y通すことができ
る。しかも、歩道パネル10は上方へ回動自在となって
いるので、これらの点検も容易である。
第5図ないし第7図、第8図および第9図には前記実施
例に対してそれぞれ他の実施例が示されている。
まず、第5図ないし第7図に示されたものは、基礎体7
の構成が前記実施例のものと異なっている。すなわち、
この実施例においては、基礎体7かブロック19を歩道
設置面の内外両側に並設載置し、このブロック19上に
、歩道バー8および歩道・面材9よりなる前記実施例と
同様の歩道パネル10ケ並設固定している。なお、この
実施例ではガードレール2θが歩道パネル10の内側縁
に取付けられている。21は歩道パネル10の固定ボル
ト、22はブロック19の排水穴である。なお、この実
施例では、ガードレール20と歩道パネル10が一体と
なっているので、施工が容易である。
また、第8図および第9図に示された他の実施例は、基
礎体Tとして補強コア23を設置固定し、歩道パネル1
0として多数の通水孔24’lr穿設した平板25を用
いている。すなわち、補強コア23は、歩道パネル10
に対する支持面26と道路の歩道設置面に対する支持面
27を交互凹凸状に形成されたものであって、歩道パネ
ル10の平板25は補強コア23上に載置固定されてい
る。補強コア23の支持面26.27には通水孔28が
穿設されている。なお、補強コア23はセラミック、プ
ラスチック、金属、セメント等で構成され、歩道パネル
10の平板25はゴム、セラミック、プラスチック等よ
りなるものである。
叙上の如く構成された組立歩道を、既設の道路に設置す
るにあたっては、まず道路の歩道設置面に基嫉体7を載
置ないしは固定し、その上に歩道パネル10ケ並設固定
するのみで、道路に舗装歩道を構成することができる。
すなわち、第1図ないし第4図に示された実施例の場合
は、ペースアングル4′1f!−歩道設置面に固定し、
スライドアングル6を敗付け、それに歩道パネル100
歩道バー8を固定する。第5図ないし第7図に示された
実施例では、歩道設置面にブロック19を並設載置して
歩道パネル10を暇付けるのみでよく、また、第8図お
よび第9図の実施例のものは、歩道設置面に補強コア2
3を設置して歩道パネル10を載置固定するのみでよい
ところで、前記の如く構成された組立歩道にあっては、
歩道パネル10に通水間隙11または多数の通水孔24
か設けられており、さらに歩道パネル10は基礎体7に
よって歩道設置面より高くなっているので、歩道パネル
101mの水はけはきわめてよく、大雨の際にも歩行等
に支障をきたすことかない詐りでなく、雨水等を直接道
路地中に吸込ませることができ、これによって街路樹等
への給水を多くできろ許りでなく、水害の発生を防止し
、さらに地下水の形成にも好結果をもたらすことができ
る。
これを要するに、本発明は、道路の歩道設置面に基礎体
を載置ないしは固定して並設し、該基礎体上に、通水孔
を有しまたは通水間隙を形成した歩道パネルを並設固定
して構成したから、主として車道と歩道の区別のない既
設の道路等に簡易な工事で迅速に歩道?設置することが
でき、しかも歩道面の水はけがよく、大雨の除にも歩行
等に支障をきたすことがない等、きわめて有用な新規的
効果を奏するものである。
【図面の簡単な説明】
図面は本発明に係る組立歩道の実施例を示すものであっ
て、第1図は全体の縦断正面図、第2図は要部の拡大縦
断正面図、第3図は同上側面図、第4図は同上分解斜視
図、第5図は他の実施例を示す要部の縦断正面図、第6
図は同上歩道パネル、ツ斜視図、@7図は同上基礎体の
斜視図、第8図′9図はその一部の分解斜視図である。 図中、1は組立歩道、2は道路の車道部分、3はアンカ
ーボルト、4はベースアングル、5はボルト、6はスラ
イドアングル、7は基礎体、8は歩道バー、9は歩道面
材、10は歩道パネル、11は通水間隙、12はカバー
、13は枢軸、14は中間スタッド、15.16は固定
ボルト、17は排水溝、18はマンホール、19はブロ
ック、20はガードレール、21は固定ボルト、22は
排水穴、23は補強コア、24は通水孔、25は平板。 26は歩道パネル10に対する支持面、27は道路の歩
道設置面に対する支持面、28は通水孔であるO 特許出願人 三和シャッター工業株式会社

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)道路の歩道設置面に基礎体を載置ないしは固定し
    て並設し、該基礎体上に、通水孔を有しまたは通水間隙
    を形成した歩道ノくネルを並設固定して構成したことを
    特徴とする組立歩道。
  2. (2)基礎体は、道路の歩道設置面に固定するアングル
    とし、歩道パネルは、上記アングル上に橋架固定する歩
    道バーの上面を歩道面材で被覆したものであることを特
    徴とする特許請求の範囲第1項記載の組立歩道。
  3. (3)基礎体は、道路の歩道設置面の内側および外側に
    並設載置するブロックであることを特徴とする特許請求
    の範囲第1項または第2項記載の組立歩道。
  4. (4)基礎体は、歩道パネル支持面と道路の歩道設置面
    に支持する面を交互凹凸状に形成した補強コアとし、歩
    道パネルは、上記補強コアの上面を覆うものであり、か
    つ通水孔を有するものであることを特徴とする特許請求
    の範囲第1項記載の組立歩道。
JP22350282A 1982-12-20 1982-12-20 組立歩道 Granted JPS59114301A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22350282A JPS59114301A (ja) 1982-12-20 1982-12-20 組立歩道

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22350282A JPS59114301A (ja) 1982-12-20 1982-12-20 組立歩道

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS59114301A true JPS59114301A (ja) 1984-07-02
JPS6354086B2 JPS6354086B2 (ja) 1988-10-26

Family

ID=16799144

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22350282A Granted JPS59114301A (ja) 1982-12-20 1982-12-20 組立歩道

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS59114301A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6414201U (ja) * 1987-07-11 1989-01-25
JPH044905U (ja) * 1990-04-27 1992-01-17
JP2013167070A (ja) * 2012-02-14 2013-08-29 Hayashi Bussan Hatsumei Kenkyusho:Kk 自転車用道路形成用ブロック
JP2013213332A (ja) * 2012-04-02 2013-10-17 Hayashi Bussan Hatsumei Kenkyusho:Kk 自転車用道路形成用ブロック
IT201800010140A1 (it) * 2018-11-08 2020-05-08 Francesco Ciro Scotto Sistema per la realizzazione di piste ciclopedonali o simili, a partire da tratti ferroviari dismessi.

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS451890Y1 (ja) * 1965-05-18 1970-01-27
JPS481534U (ja) * 1971-05-28 1973-01-10
JPS5550166U (ja) * 1978-09-29 1980-04-02

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS451890Y1 (ja) * 1965-05-18 1970-01-27
JPS481534U (ja) * 1971-05-28 1973-01-10
JPS5550166U (ja) * 1978-09-29 1980-04-02

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6414201U (ja) * 1987-07-11 1989-01-25
JPH044905U (ja) * 1990-04-27 1992-01-17
JP2013167070A (ja) * 2012-02-14 2013-08-29 Hayashi Bussan Hatsumei Kenkyusho:Kk 自転車用道路形成用ブロック
JP2013213332A (ja) * 2012-04-02 2013-10-17 Hayashi Bussan Hatsumei Kenkyusho:Kk 自転車用道路形成用ブロック
IT201800010140A1 (it) * 2018-11-08 2020-05-08 Francesco Ciro Scotto Sistema per la realizzazione di piste ciclopedonali o simili, a partire da tratti ferroviari dismessi.

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6354086B2 (ja) 1988-10-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007138707A (ja) 透水性舗装用歩車道境界ブロック及び透水性舗装の排水構造
CA2720230C (en) Drainage system, apparatus, and method
JPS59114301A (ja) 組立歩道
JPH0258610A (ja) 中央分離帯の改修方法およびそれに使用される防護壁ブロック
KR100592416B1 (ko) 보도가 확보되지 않은 협소한 도로에서 콘크리트옹벽블록과 트러스형 받침대를 이용한 보도확보 및차도확폭 시공방법
JP3857124B2 (ja) 路面覆工施工法及びこれに使用する覆工板
JP2003074008A (ja) 排水性舗装用境界ブロック
CN110983886B (zh) 一种复合式市政道路
JP2518390Y2 (ja) 張出歩道ブロック及びそれを用いた張出歩道構造
JP2001172906A (ja) 道路舗装構造
JP2007107234A (ja) 排水用側溝装置
JP4105595B2 (ja) 歩車道境界体を構築するためのコンクリートブロック
CA2259874A1 (en) A device for road protection and method of obtaining such a device
RU219159U1 (ru) Дорожное экранное ограждение
JP2005097999A (ja) 張り出し歩道構造及びそれに用いられる土台部ブロック
CN113605614B (zh) 一种人行道路口坡道结构及其施工方法
JP2014009472A (ja) コンクリート製張出歩道構成体及び該構成体を用いた張出歩道を有する車道の建設方法
JPH0718723A (ja) 自在勾配道路側溝
JP2001317115A (ja) 自由勾配型函渠側溝
WO2008090392A1 (en) Crossings, especially home driveway crossings
JPH0734471A (ja) 軽量盛土工法における垂れ壁式擁壁工法
JPH0327042Y2 (ja)
KR20240061007A (ko) 배수 트렌치
JP3190619B2 (ja) コンクリート製排水溝ブロックの蓋
KR200311107Y1 (ko) 도로 경계석