JPS5842191Y2 - 車両用ランプ回路 - Google Patents

車両用ランプ回路

Info

Publication number
JPS5842191Y2
JPS5842191Y2 JP12045076U JP12045076U JPS5842191Y2 JP S5842191 Y2 JPS5842191 Y2 JP S5842191Y2 JP 12045076 U JP12045076 U JP 12045076U JP 12045076 U JP12045076 U JP 12045076U JP S5842191 Y2 JPS5842191 Y2 JP S5842191Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lamp
diode
circuit
switch
battery
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP12045076U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5338744U (ja
Inventor
昇 出沢
Original Assignee
いすゞ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by いすゞ自動車株式会社 filed Critical いすゞ自動車株式会社
Priority to JP12045076U priority Critical patent/JPS5842191Y2/ja
Publication of JPS5338744U publication Critical patent/JPS5338744U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS5842191Y2 publication Critical patent/JPS5842191Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 本案は車両、殊に自動車におけるランプ類の消し忘れを
警報し、かつ運転室内のインジケータランプの輝度を周
囲の明るさに応じて調光するようにした車両用ランプ回
路に関するものである。
次に本案の構成を説明すれば、 1はバッテリー、2はキースイッチ、3はチャージラン
プでエンジンによって駆動するジェネレータ(図示せず
)が発電作動しているかどうか、即ち該ジェネレータの
発電によってバッテリー1が充電状態にあるかどうかを
表示するものである。
4はボルテージレギュレータの簡略図であって通常上記
ジェネレータに付属して設置され、該ジェネレータの発
電々圧を制御する働きを行うものであるが、このボルテ
ージレギュレータ4には前記チャージランプ3と接なが
れたウオーニング端子Wを有し、ジェネレータ、即ちエ
ンジン作動中は接点Bに、エンジン停止中は接点Eに切
り換る接片を備えている。
5はライティングスイッチで閉路とすることによって例
えばテールランプ6を点灯すると共に状況に応じて該テ
ールランプ6の消し忘れを警報スるウオーニングランプ
(ブザーでもよい)を点灯するようになっている。
Tはフラッシャユニットで、方向指示器としての右側タ
ーンシグナルランプTR,左側ターンシグナルランプT
Lをターンシグナルスイッチ8の接点R,Lのいずれに
か切換えることによって点滅作動を行なうが、同時に運
転室内に設置したインジケータランプ9R,9Lをも点
滅する。
また10は減光用の抵抗、11はフォトトランジスタで
昼間の如く周囲が明るい所では導通し、受光面に受ける
光がない時、即ち暗い所では遮断状態になる性質を備え
た光電素子でそれぞれインジケータランプ9R,9L及
びウオーニングランプWLのアース回路に接続しである
なお回路中に用いたダイオードD1〜D6は電流の流れ
方向を規制するためのものである。
以上のように接続し構成された本案回路の働きについて
詳述する。
いま、車両を運転せんがため、キースイッチ2を入れ、
該キースイッチ2の接点を介してエンジン始動用モータ
(図示せず)に通電することによってエンジンが始動す
ると、ジェネレータは発電を開始する。
このため、キースイッチ2をONした直後は、ダイオー
ドD1からボルテージレギュレータ4のウオーニング端
子Wを経てアース端子へと流れる電流によって、チャー
ジランプ3は点灯していても、エンジン駆動によるジェ
ネレータの作動立上がりによって、ボルテージレギュレ
ータ4の接片はB端子に切換り、ジェネレータの出力端
子とバッテリー1は図中点線で示す如く、結線されてい
て充電回路が形成されているため、チャージランプ30
両端は同電位となって該チャージランプ3には電流が流
れなくなるから消灯することでジェネレータの作動は正
常であることがわかる。
ところが日中(昼間)に誤操作あるいは手違い等でライ
ティングスイッチ5が閉路して、例えばテールランプ6
が点灯した渣ま走行している。
いわゆる“ランプ消し忘れ”状態の場合には、バッテリ
1よりライティングスイッチ5を経てテールランプ6に
電流が流れて点灯しているが、同時に昼間で明るいため
、フォトトランジスタ11は導通状態にあって、ウオー
ニングランプWLにダイオードD3を介して電流が流れ
て点灯し、運転者にライティングスイッチ5が入ってお
り、ランプ類が点灯したままである旨を警報する。
しかし夜間にランプ類を点灯する必要性がある時には周
囲が暗く、フォトトランジスタ11は受光していないた
め遮断状態にあるから、ウオーニングランプWLには電
流が流れず点灯し警報することはない。
また、夜間、自動車の運転を終えて車庫等に入れた場合
、ライティングスイッチ5が入ってテールランプ6が点
灯した會1キースイッチ2を切ってエンジンを停止する
と、バッテリー1よりライティングスイッチ5を介して
テールランプ6に電流が流れて点灯しているのは勿論、
エンジン停止によるジェネレータが発電作動を停止する
ことによってボルテージレギュレータ4のウオーニング
端子Wは接片が切れ換ることによってアース端子Eに閉
路となっているため、ウオーニングランプWLKもダイ
オードD2を介してアース回路ができて点灯し、運転者
にライティングスイッチ5が入ったままである旨を警報
する。
次に昼間、ターンシグナルランプとしての右側フラッシ
ャランプTRを点灯する(左側フラッシャランプTLで
もよい)と、バッテリー1よりの電流はフラッシャユニ
ット7を経てターンシグナルスイッチ8の接点Rより右
側フラッシャランプTRに至り、フラッシャユニットI
の断続作動により点滅作動すると共にインジケータラン
プ9RにはダイオードD5及びダイオードD4を経て昼
間間るいことから導通状態にあるがフォトトランジスタ
11を介してアースに至る回路によって電流が流れて比
較的間るく点滅して運転者にフラッシャランプが作動し
ていることを表示する。
このように昼間周囲が明るくてインジケータが視認しに
くい時には比較的間る〈点滅するが、夜間、周囲が暗い
時にはインジケータランプ9Rの明るさが若干暗い方が
運転者の目を疲労させる度合が少ない。
しかるにかかる夜間において、フォトトランジスタ11
は受光していないから遮断状態にあり、このため、イン
ジケータランプ9RにはダイオードD5を介し抵抗10
を経て制限された電流が流れることから、インジケータ
ランプ9Rはやや減光して点滅することになる。
なお、ターンシグナルスイッチIを接点りに閉路し左側
フラッシャランプTLを点滅させる時にも上述の如き右
側フラッシャランプTR0時と全く同様に作動する。
以上のように本案回路によれば、昼間走行時、あるいは
夜間の降車時におけるランプ類の消し忘れを警報するこ
とができるだけでなく、走行中頻繁に用いるフラッシャ
−ランプについては、昼間と夜間等の車室内におけるイ
ンジケータランプの明るさを変えることにより視認性の
向上を図ることができるなどの特長をもった車両用ラン
プ回路を提供することができる。
【図面の簡単な説明】 図は本案車両用ランプ回路の一実施例を示したものであ
る。 1:バッテリー、2:キースイッチ、3:チャージラン
プ、4:ボルテージレギュレータ、5:ライティングス
イッチ、T:フラッシャユニット、TR:右側フラッシ
ャ−ランプ、 TL:左側フラ ラシャ−ランプ、 11:フォトトランジスタ。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. バッテリー1よりキースイッチ2、チャージランプ3等
    を介してボルテージレギュレータ4のウオーニング端子
    に接続した回路と、上記バッテリー1よりライティング
    スイッチ5を経てランプ6を点灯する回路と、同じくバ
    ッテリー1より7ラツシヤユニツト1、ターンシグナル
    スイッチ8を介して左右のフラッシャ−ランプTR,T
    Lを各各点灯するようにした電気回路にかいて、ウオー
    ニングランプWLの一端を上記ライティングスイッチ5
    に、他端をダイオードD2を介して上記ボルテージレギ
    ュレータ4のウオーニング端子Wに接ぎかつ、同他端よ
    りダイオードD3、フォトトランジスタ11を経てアー
    スに至る回路を併設するとともに上記ターンシグナルス
    イッチ8の接点R,Lより右側インジケータランプ9R
    とダイオードD5、左側インジケータランプ9Lとダイ
    オードD6の各々を介して抵抗10を経てアースに至る
    回路を形成し、しかもダイオードD5 、 D6より抵
    抗10に至る間と、上記ダイオードD3よりフォトトラ
    ンジスタ11に至る間をダイオードD4を介して接続し
    構成した車両用ランプ回路。
JP12045076U 1976-09-07 1976-09-07 車両用ランプ回路 Expired JPS5842191Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12045076U JPS5842191Y2 (ja) 1976-09-07 1976-09-07 車両用ランプ回路

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12045076U JPS5842191Y2 (ja) 1976-09-07 1976-09-07 車両用ランプ回路

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5338744U JPS5338744U (ja) 1978-04-05
JPS5842191Y2 true JPS5842191Y2 (ja) 1983-09-24

Family

ID=28729944

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12045076U Expired JPS5842191Y2 (ja) 1976-09-07 1976-09-07 車両用ランプ回路

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5842191Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS572676Y2 (ja) * 1976-01-24 1982-01-18

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5338744U (ja) 1978-04-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5909084A (en) Kit for installing daytime running lights on a vehicle
JPS5842191Y2 (ja) 車両用ランプ回路
US20210197719A1 (en) Motor vehicle horn and light system and method
JP4465817B2 (ja) ヘッドライト制御装置
US3072884A (en) Automobile alarm system
JPS6243440Y2 (ja)
KR910006817Y1 (ko) 동력 경운기에서의 표시등 제어장치
JPS6319235Y2 (ja)
KR200141654Y1 (ko) 차량의 측면조명용 램프장치
JPH0346985Y2 (ja)
JPS5924595Y2 (ja) 車両用前照灯の点灯自動保持装置
JPS6040346Y2 (ja) ヘツドランプの断線警告装置
JPS60215442A (ja) Led点滅装置
KR0154669B1 (ko) 자동차의 비상등
JPS5839237Y2 (ja) 方向指示灯表示回路
JPH0535019Y2 (ja)
CN2444818Y (zh) 机动车辆会车超车灯光自控器
JP3062171U (ja) 自動車のライト消し忘れ警報回路
US20060038671A1 (en) Automobile and motorcycle automatic direction indicating device
KR920002465Y1 (ko) 자동차의 비상램프(Lamp) 점등시 방향전환지시램프(Lamp)점등장치
JP3112580B2 (ja) 安全性向上ランプ
KR100197144B1 (ko) 자동차의 등화단선 검출장치
KR970001116Y1 (ko) 자동차의 비상등 자동점멸장치
KR200194939Y1 (ko) 방향 지시등의 필라멘트 단락시 자동 대체 장치
KR200377646Y1 (ko) 차량의 방향 지시등 자동 점등장치