JPH1181665A - スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット - Google Patents

スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット

Info

Publication number
JPH1181665A
JPH1181665A JP27928097A JP27928097A JPH1181665A JP H1181665 A JPH1181665 A JP H1181665A JP 27928097 A JP27928097 A JP 27928097A JP 27928097 A JP27928097 A JP 27928097A JP H1181665 A JPH1181665 A JP H1181665A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slab
hole
working hole
useless
formwork
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP27928097A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideo Maie
秀夫 眞家
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MASU KENCHIKU KENKYUSHO KK
Original Assignee
MASU KENCHIKU KENKYUSHO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by MASU KENCHIKU KENKYUSHO KK filed Critical MASU KENCHIKU KENKYUSHO KK
Priority to JP27928097A priority Critical patent/JPH1181665A/ja
Publication of JPH1181665A publication Critical patent/JPH1181665A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Forms Removed On Construction Sites Or Auxiliary Members Thereof (AREA)

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】 駄目穴の作成及びその駄目穴を後日塞ぐ為の
施工法の合理化・省力化を計る。 【解決手段】 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋1と側面に
巻くシートをセットとした。スラブ駄目穴用型枠兼本設
蓋1をそのまま駄目穴用型枠として使用する為、スラブ
コンクリート打設終了後形成される駄目穴とスラブ駄目
穴用型枠兼本設蓋1との大きさ・形状が同一となり、ス
ラブ駄目穴用型枠兼本設蓋1の側面に接着剤を塗布しこ
の駄目穴を塞いだ時、その周囲に隙間を生じさせずスラ
ブとの完全な一体化が計れる様にした。また、スラブ駄
目穴用型枠兼本設蓋1の両端を半円形とする事で、スラ
ブに出来る駄目穴の両端の応力の集中を防ぎひび割れが
入らない様に工夫を凝らしてある。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は建築物の建設工事
に於けるスラブ型枠工事に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の駄目穴はスラブ型枠の上にスラブ
筋を配筋し、駄目穴用の型枠を作成しスラブコンクリー
トを打設する。コンクリート硬化後その駄目穴用の型枠
を解体し、その部分の鉄筋を切断して折り曲げ駄目穴を
形成する。駄目穴が不要になった時は新たに駄目穴の底
の部分に型枠を設置し、折り曲げた鉄筋を元に戻し溶接
で繋ぎ直行方向の鉄筋を配置して駄目穴を塞ぐ為のコン
クリートを打設、コンクリート硬化後新たに設置した駄
目穴の底の型枠を除去して工事を完了していた。しか
し、この駄目穴の形は矩形の為、コーナーに応力が集中
しひび割れの原因になっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明によるスラブ駄
目穴用型枠兼本設蓋セットは上記のような、駄目穴を作
る為の型枠と駄目穴を塞ぐ時の駄目穴の底に設置する型
枠及び鉄筋の配置をする手間をなくし、スラブ駄目穴用
型枠兼本設蓋セットとしてその全ての工程を1工程にて
済ませることを目的とした工法である。又、本発明によ
るスラブ駄目穴用型枠兼本設蓋の両端を半円形とし、ス
ラブに出来る駄目穴の両端の応力集中をなくしひび割れ
の原因を取り除く事である。
【0004】
【課題を解決する為の手段】本発明は、プラキャストコ
ンクリートで形成した本設蓋に剥離性のあるシートを巻
き、そのままスラブ駄目穴用型枠として使用する、した
がってこの本設蓋を取り外した時出来る駄目穴は本設蓋
と同一形状となり、駄目穴を塞ぐ為の本設蓋としてその
まま使用出来る様にした。駄目穴を塞ぐ時本設蓋の周囲
に接着剤を塗布する事でスラブとの完全な一体化を計っ
た。また、スラブ駄目穴用型枠は両端を半円形とし、ス
ラブに出来る駄目穴の両端の応力集中を無くしひび割れ
を防止している。
【0005】
【発明の実施の形態】スラブ型枠を形成しスラブ配筋を
した後、本発明のスラブ駄目穴用型枠兼本設蓋に剥離性
のあるシートを巻いて設置し、コンクリートを打設す
る、コンクリート硬化後、スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋
を取り除くとそこに駄目穴が形成される。駄目穴を通じ
ての荷揚げ荷降ろしが終了し駄目穴が不要になった時、
その駄目穴をスラブ駄目穴用型枠兼本設蓋にて塞ぐ、こ
の時本設蓋の側面に接着剤を塗布する事でスラブと完全
に一体化され工事は完了する。
【0006】
【実施例】以下、添付図面に従って一実施例を説明す
る。スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋1はプレファブ工場で
製作するプレキャスト製品である。このスラブ駄目穴用
型枠兼本設蓋1の周囲にコンクリートとの剥離に適した
適宣素材によるシート5を巻き駄目穴を形成する場所に
設置し、コンクリートを打設、コンクリート硬化後スラ
ブ駄目穴用型枠兼本設蓋1を取除き、駄目穴を形成す
る。従って、駄目穴を塞ぐ時はこの駄目穴とスラブ駄目
穴用型枠兼本設蓋1との形状は同一の為、スラブ駄目穴
用型枠兼本設蓋1にて駄目穴を塞ぐ事で隙間が出来なく
なっている。
【0007】スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋1の側面に接
着剤を塗布して駄目穴を塞ぐことでスラブとの完全な一
体化を図っている。
【0008】スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋1の両端を半
円形にする事によって、スラブに出来る駄目穴の両端も
半円形となり、ひび割れの防止が計られている。
【0009】
【発明の効果】上述の様に、本発明によるスラブ駄目穴
用型枠兼本設蓋セットは、従来数多くの工程で行われて
いた駄目穴形成工事を1工程で終了させることが出来
る。また、従来の駄目穴は矩形の為コーナーに応力が集
中しひび割れが発生しやすい欠点をもっているが、本発
明によるスラブ駄目穴用型枠兼本設蓋は両端を半円形に
する事で、スラブに出来る駄目穴の両端の応力の集中を
防ぎひび割れの発生を防止する事が出来る。この様に、
従来工法に比べて大幅な工事の合理化・省力化を計った
工法である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のスラブ駄目穴用型枠兼本設蓋の図面で
ある。 A 平面図 B b〜b断面図 C a〜a断面図
【図2】本発明のスラブ駄目穴用型枠兼本設蓋の側面に
巻付けるシートの形状図である。
【符号の説明】
1 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋の本体 2 取手筋 3 ベース筋 4 コンクリートの硬化後取除き易くする為の取手筋
部分の溝 5 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋に巻くシートの形状
で2枚一組である。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 スラブ駄目穴を塞ぐ本設の蓋をプレキャ
    スト製品とし、この側面に剥離性のあるシートを巻きス
    ラブ駄目穴用型枠として使用する事の出来る、スラブ駄
    目穴用型枠兼本設蓋とシートのセット。
  2. 【請求項2】 駄目穴を塞ぐとき、本発明の本設蓋の側
    面に接着剤を塗布しスラブとの完全な一体化を図った。
  3. 【請求項3】 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋の両端を半
    円形とし、スラブに出来る駄目穴の両端の応力集中をな
    くしひび割れを防ぐ。
JP27928097A 1997-09-05 1997-09-05 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット Pending JPH1181665A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27928097A JPH1181665A (ja) 1997-09-05 1997-09-05 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27928097A JPH1181665A (ja) 1997-09-05 1997-09-05 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1181665A true JPH1181665A (ja) 1999-03-26

Family

ID=17608974

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27928097A Pending JPH1181665A (ja) 1997-09-05 1997-09-05 スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1181665A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102587651A (zh) * 2012-04-01 2012-07-18 吴强 一种楼层混凝土预留洞口制作方法及模具
CN104563498A (zh) * 2013-12-17 2015-04-29 中太建设集团股份有限公司 一种用于楼板预留洞施工的ppr组合模具

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102587651A (zh) * 2012-04-01 2012-07-18 吴强 一种楼层混凝土预留洞口制作方法及模具
CN104563498A (zh) * 2013-12-17 2015-04-29 中太建设集团股份有限公司 一种用于楼板预留洞施工的ppr组合模具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2007115355A1 (en) A sideform end seal or cap
JPH1181665A (ja) スラブ駄目穴用型枠兼本設蓋セット
JPH11229402A (ja) 鉄骨用基礎および鉄骨の施工方法
JPH08284116A (ja) 鉄筋コンクリートプレキャスト床版
JP2947979B2 (ja) プレキャストコンクリート部材の貫通穴の形成方法
JPH0881965A (ja) 擁壁構築用型枠の成形板
JPH0230579Y2 (ja)
JPH1181666A (ja) スラブ駄目穴用型枠セット
JP2522636B2 (ja) 筒状コンクリ―ト製品の製造方法
JP3012326U (ja) 組積形式による一体式捨て型枠
JPH01176509A (ja) ハーフPCa板の製造方法
KR19980022315A (ko) Pc보 및 그를 이용한 수평구조체의 시공방법
JPH0665979A (ja) コンクリートスラブの穴充填方法
JPH10140736A (ja) 半pc柱およびその製造方法
JPS58195630A (ja) コンクリ−ト打設工法
JPH09111864A (ja) 梁型枠兼用プレキャスト部材及びこれを用いた梁部材
JPH06185202A (ja) 型枠及びこの型枠によるコンクリート構造物の施工方法
JPH0310807A (ja) コンクリートブロックの製造方法
JPH07138966A (ja) 自然石打ち込みコンクリ−ト擁壁の製造法
JPS629911A (ja) 中空プレキヤストコンクリ−ト板の製造方法
JPH06155431A (ja) プレキャストコンクリート製型枠体の製造方法
JPH1157893A (ja) 引張り成形治具及びその製作方法
JP2003056111A (ja) 打込み型枠式コンクリート中空スラブの施工方法
JPH08246672A (ja) コンクリート型枠の固定具
JPH0430060A (ja) ハーフpc梁及びその製造方法並びに梁の構築方法