JPH11102267A - 印刷装置および印刷システムおよび印刷装置のデータ処理方法および印刷システムのデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体 - Google Patents

印刷装置および印刷システムおよび印刷装置のデータ処理方法および印刷システムのデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体

Info

Publication number
JPH11102267A
JPH11102267A JP10045708A JP4570898A JPH11102267A JP H11102267 A JPH11102267 A JP H11102267A JP 10045708 A JP10045708 A JP 10045708A JP 4570898 A JP4570898 A JP 4570898A JP H11102267 A JPH11102267 A JP H11102267A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
paper feed
feed port
printing
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10045708A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3413094B2 (ja
Inventor
Akihiko Noda
明彦 野田
Yoshio Kimura
欣生 木村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP04570898A priority Critical patent/JP3413094B2/ja
Publication of JPH11102267A publication Critical patent/JPH11102267A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3413094B2 publication Critical patent/JP3413094B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Accessory Devices And Overall Control Thereof (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ネットワーク環境下においても、従来の用紙
名称選択操作と同様の操作で、意図する用紙名称が割り
当てられた印刷装置から最良の印刷結果を得ることであ
る。 【解決手段】 制御部101が各印刷装置と通信して、
作成された用紙名称情報テーブルに基づいて表示部10
4の印刷操作画面に表示するための用紙名称リストし、
該作成された用紙名称リストに従う選択可能な用紙名称
項目一覧を前記印刷操作画面上に表示させ、該用紙名称
項目一覧上で選択された所望の用紙名称項目が割り当て
られている印刷装置を用紙名称情報テーブルから検索し
て前記印刷情報の出力先に設定する構成を特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、所定の用紙名称が
割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定の
通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する印
刷装置および印刷システムおよび印刷装置のデータ処理
方法および印刷システムのデータ処理方法および印刷制
御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出
し可能なプログラムを格納した記憶媒体に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】図23〜図26は、この種の印刷制御装
置を適用可能な印刷システムの構成を説明する図であ
り、所定の通信媒体を介してデータ処理装置(ホスト)
と印刷装置とが通信可能に構成された印刷システムに対
応する。
【0003】これらの図において、Hはホストで、図示
しない入力デバイス(キーボード)等からの指示に従っ
て各種のアプリケーションプログラムを実行する制御
部,各種アプリケーションプログラム,システムプログ
ラム等を記憶するメモリ資源,通信媒体を介してプリン
タ装置P1あるいはプリンタ装置PA〜PC等と通信可
能に構成されている。C1は上段カセット,C2は下段
カセットである。
【0004】例えば図23に示すように構成された印刷
システムにおいて、すなわち、ホストHが作成して管理
するデータを複数の給紙口を持つプリンタ装置P1へ出
力する場合、用紙サイズをホストHの印刷開始画面で指
定することによりプリンタP1が指定された用紙サイズ
がセットされている給紙口を自動的に選択するように構
成されている場合がある。
【0005】この場合、図23に示すプリンタの上段カ
セットにA4の用紙が、下段カセットC2にB4の用紙
がセットされている場合、給紙口の指定は行わずホスト
Hから印刷データとともに用紙サイズとして「A4」を
指定すれば、上段カセットC1から自動的に給紙され、
用紙サイズとして「B4」を指定すれば下段カセットC
2から自動的に給紙される。
【0006】しかし、図24に示すように、プリンタP
1の上段カセットC1(A4サイズで白紙の用紙を収納
している)および下段カセットC2(A4サイズで赤紙
の用紙を収納している)を備え、すなわち、プリンタP
1の上段カセットC1および下段カセットC2ともに同
一サイズの用紙がセットされている場合、単に「サイ
ズ:A4」を指定しただけでは「白」の用紙が選択され
るか「赤」の用紙が選択されるか特定されず、ユーザの
意図する色の用紙が給紙されない場合がある。
【0007】このため、ユーザは印刷する用紙に関して
A4を「上段カセット」から給紙するという物理的な指
定を行う必要があった。つまりユーザは使用するプリン
タの各給紙口にセットされている用紙の物理的な情報を
常に把握し、印刷する際にこの情報をもとに物理的な給
紙口を指定しなければならないため利便性が悪いという
問題があった。
【0008】この問題を解決するために用紙名称指定の
機能を備える図25に示す印刷システムが提案されてい
る。これはプリンタP1の各給紙口に用紙名称という属
性を持たせ、ホストHからはあらかじめプリンタP1に
設定されている用紙名称を指定するだけで任意の給紙口
から給紙できる機能(以降、用紙名称指定の機能と省略
する。)である。
【0009】具体的には図25に示すように上段カセッ
トC1には用紙名称として「見積書」を、下段カセット
C2には用紙名称として「請求書」を論理的に設定す
る。そして、ホストHからは印刷の際に物理的な指定を
するのではなく、印字データとともに論理的な名称であ
る「見積書」のみを指定する。
【0010】そして、プリンタP1側では指定された名
称である「見積書」の給紙口から給紙し印刷を行う。こ
の機能を用いることによりユーザは多くの物理的な情報
(紙のサイズ、色等の情報、紙と給紙口の関係情報)を
認識、指定する必要がなくなり利便性が向上した。
【0011】また、従来のプリンタ装置では、複数の給
紙口を備えている場合の給紙口選択の方法として、ホス
トコンピュータ上で、例えば上段カセットからの給紙と
いったように、ユーザに給紙口を特定して印刷を行って
もらうか、プリンタ装置で用紙サイズを判断し、その用
紙サイズの用紙がある給紙口から用紙を給紙するという
方法をとっていた。
【0012】
【発明が解決しようとする課題】最近では、用紙サイズ
で給紙口を選択するだけでは無く、予めフォーム等を印
刷しておいたプレプリント用紙を給紙口に用意しておく
といった使用方法がとられている。この場合、単に用紙
サイズだけを指定するだけでは正しい給紙選択が行われ
ず、印刷を行うユーザは、どの用紙がどの給紙口に用意
されているかを認識した上で、その給紙口を積極的に指
定して印刷を行わなければならないという課題があっ
た。
【0013】また、厚紙やOHP用紙等の用紙種類によ
り、プリンタ装置側で、用紙送りのスピードの変更や、
定着モードの変更といったように、形成される可視像の
手段を変更することにより、印字品位が保たれた可視像
を得ることが可能であるが、上記同様、印刷を行うユー
ザは、用紙の種類をユーザ自身が判断して、印刷を行う
際に積極的に指定して印刷を行わなければならないとい
う課題があった。上述の通り、印刷を行う際の給紙口選
択は、複雑になってきている。
【0014】具体的には、図21に示すようなネットワ
ーク環境で複数のプリンタPA〜PCが存在し、各プリ
ンタPA〜PCに用紙名称指定の機能が搭載され各給紙
口に用紙名称が設定されている場合、ユーザは物理的な
プリンタの名称とそのプリンタに設定されている論理的
な用紙名称の対応を把握しなければならない。
【0015】つまり、ネットワーク上で用紙名称指定の
機能を利用しようとした場合、物理的なプリンタ名とい
う情報の把握、指定が新たに必要となり、便利性が低下
する。
【0016】例えば、図26に示すように構成された印
刷システムにおいて、ホストHから見積書を印刷する場
合、まず、ネットワーク上の複数のプリンタのうち用紙
名称として「見積書」が設定されているプリンタが「プ
リンタB」であることを認識しなければいけない。そし
て、ユーザはホストHにおいて、出力先を「プリンタ
B」に設定してから、さらに、用紙名称「見積書」を指
定して印刷開始を指示する。このためネットワーク上で
複数のプリンタPA〜PCを利用する環境では用紙名称
指定の機能の有用性を十分に発揮することができず、利
便性が却ってい低下してしまうという問題点があった。
【0017】本発明は、上記の問題点を解消するために
なされたもので、本発明の目的は、ネットワーク上の各
印刷装置に割り当てられている用紙名称を取得して印刷
操作画面上に一覧表示しながら、ユーザ選択される用紙
名称が割り当てられた印刷装置に対する印刷情報の転送
を制御することにより、ネットワーク環境下において
も、従来の用紙名称選択操作と同様の操作で、意図する
用紙名称が割り当てられた印刷装置から最良の印刷結果
を得ることができるネットワーク用紙名称選択印刷処理
環境を自在に構築することができる印刷装置および印刷
システムおよび印刷装置のデータ処理方法および印刷シ
ステムのデータ処理方法および印刷制御装置および印刷
制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラ
ムを格納した記憶媒体を提供することである。
【0018】
【課題を解決するための手段】本発明に係る第1の発明
は、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信可能
な印刷装置であって、記録媒体を給紙する複数の給紙機
構と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定す
る設定手段と、前記設定手段により各給紙口毎に設定さ
れた給紙口データを保持する保持手段と、前記保持手段
により保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれ
ぞれ取得する取得手段と、前記取得手段により取得した
各給紙口データを前記データ処理装置に通知する通知手
段とを有するものである。
【0019】本発明に係る第2の発明は、前記通知手段
は、前記データ処理装置からの取得要求に基づいて前記
保持手段により保持された前記給紙口データを前記デー
タ処理装置に通知するものである。
【0020】本発明に係る第3の発明は、所定の通信媒
体を介して印刷装置と通信可能なデータ処理装置であっ
て、前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口デ
ータの獲得要求を前記印刷装置に発行する発行手段と、
前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づ
いて前記印刷装置から転送される前記給紙口データを解
析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段とを
有するものである。
【0021】本発明に係る第4の発明は、前記給紙資源
情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用紙
属性データを含むものである。
【0022】本発明に係る第5の発明は、所定の通信媒
体を介してデータ処理装置と印刷装置とが通信可能な印
刷システムであって、前記印刷装置は、記録媒体を給紙
する複数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙
口データを設定する設定手段と、前記設定手段により各
給紙口毎に設定された給紙口データを保持する保持手段
と、前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給
紙口データをそれぞれ取得する取得手段と、前記取得手
段により取得した各給紙口データを前記データ処理装置
から発行される取得要求に基づいて通知する通知手段と
を備え、前記データ処理装置は、前記印刷装置の給紙機
構に設定されている給紙口データの獲得要求を前記印刷
装置に発行する発行手段と、前記発行手段による前記給
紙口データの獲得要求に基づいて前記印刷装置から転送
される前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示
部に表示させる制御手段とを備えるものである。
【0023】本発明に係る第6の発明は、所定の通信媒
体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介し
て印刷装置と通信可能な印刷システムであって、前記印
刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、各給
紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定手段
と、前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口
データを保持する保持手段と、前記保持手段により保持
されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得す
る取得手段と、前記取得手段により取得した各給紙口デ
ータを前記プリンタサーバ装置から発行される取得要求
に基づいて通知する通知手段とを備え、前記プリンタサ
ーバ装置は、前記印刷装置から返送される給紙口データ
を保存する保存手段と、前記データ処理装置から要求さ
れる給紙口データの獲得要求時に、前記保存手段に保存
される給紙口データの更新要求状態を判定する判定手段
と、前記判定手段による更新要求状態の判定結果に基づ
いて最新の給紙口データを前記データ処理装置に返信す
る返信手段とを備え、前記データ処理装置は、前記印刷
装置の給紙機構に設定されている給紙口データの獲得要
求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行手段と、前
記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づい
て前記プリンタサーバ装置から返送される前記給紙口デ
ータを解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御
手段とを備えるものである。
【0024】本発明に係る第7の発明は、所定の通信媒
体を介してデータ処理装置と複数の印刷装置とが通信可
能な印刷システムであって、各印刷装置は、記録媒体を
給紙する複数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙口毎に
給紙口データを設定する設定手段と、前記設定手段によ
り各給紙口毎に設定された給紙口データを保持する保持
手段と、前記保持手段により保持されている各給紙口毎
の給紙口データをそれぞれ取得する取得手段と、前記取
得手段により取得した各給紙口データを前記データ処理
装置から発行される取得要求に基づいて通知する通知手
段とを備え、前記データ処理装置は、各印刷装置の給紙
機構に設定されている給紙口データの獲得要求を前記印
刷装置に発行する発行手段と、前記発行手段による前記
給紙口データの獲得要求に基づいて各印刷装置から転送
される前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示
部に表示させる制御手段とを備えるものである。
【0025】本発明に係る第8の発明は、所定の通信媒
体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介し
て複数の印刷装置と通信可能な印刷システムであって、
各印刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、
各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定
手段と、前記設定手段により各給紙口毎に設定された給
紙口データを保持する保持手段と、前記保持手段により
保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取
得する取得手段と、前記取得手段により取得した各給紙
口データを前記プリンタサーバ装置から発行される取得
要求に基づいて通知する通知手段とを備え、前記プリン
タサーバ装置は、各印刷装置から返送される給紙口デー
タを保存する保存手段と、前記データ処理装置から要求
される給紙口データの獲得要求時に、前記保存手段に保
存される給紙口データの更新要求状態を判定する判定手
段と、前記判定手段による更新要求状態の判定結果に基
づいて最新の給紙口データを前記データ処理装置に返信
する返信手段とを備え、前記データ処理装置は、各印刷
装置の給紙機構に設定されている給紙口データの獲得要
求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行手段と、前
記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づい
て前記プリンタサーバ装置から返送される前記給紙口デ
ータを解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御
手段とを備えるものである。
【0026】本発明に係る第9の発明は、前記プリンタ
サーバ装置は、前記判定手段により更新要求があると判
定された場合に、最新の給紙口データを各印刷装置から
獲得して前記保存手段に保存されている給紙口データを
更新する更新手段を備えるものである。
【0027】本発明に係る第10の発明は、前記給紙資
源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用
紙属性データを含むものである。
【0028】本発明に係る第11の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置と通信可能な印刷装置のデ
ータ処理方法であって、記録媒体を給紙する複数の給紙
機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定工程
と、前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口
データをメモリに保持する保持工程と、前記保持工程に
より保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞ
れ取得する取得工程と、前記取得工程により取得した各
給紙口データを前記データ処理装置に通知する通知工程
とを有するものである。
【0029】本発明に係る第12の発明は、前記通知工
程は、前記データ処理装置からの取得要求に基づいて前
記保持工程により前記メモリに保持された前記給紙口デ
ータを前記データ処理装置に通知するものである。
【0030】本発明に係る第13の発明は、所定の通信
媒体を介して印刷装置と通信可能なデータ処理装置のデ
ータ処理方法であって、前記印刷装置の給紙機構に設定
されている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発
行する発行工程と、前記発行工程による前記給紙口デー
タの獲得要求に基づいて前記印刷装置から転送される前
記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に表示
させる表示工程とを有するものである。
【0031】本発明に係る第14の発明は、前記給紙資
源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用
紙属性データを含むものである。
【0032】本発明に係る第15の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置と印刷装置とが通信可能な
印刷システムのデータ処理方法であって、記録媒体を給
紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設
定する設定工程と、前記設定工程により各給紙口毎に設
定された給紙口データをメモリに保持する保持工程と、
前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、前記
保持工程により前記メモリに保持されている各給紙口毎
の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、前記取
得工程により取得した各給紙口データを前記発行工程に
より発行される取得要求に基づいて前記データ処理装置
に通知する通知工程と、前記通知工程により通知される
前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に表
示させる表示工程と有するものである。
【0033】本発明に係る第16の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介
して印刷装置と通信可能な印刷システムのデータ処理方
法であって、記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給
紙口毎に給紙口データを設定する設定工程と、前記設定
工程により各給紙口毎に設定された給紙口データをメモ
リに保持する保持工程と、前記保持工程により前記メモ
リに保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞ
れ取得する取得工程と、前記取得工程により取得した各
給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して発行さ
れる取得要求に基づいて通知する通知工程と、前記印刷
装置から返送される給紙口データをメモリに保存する保
存工程と、前記印刷装置の給紙機構に設定されている給
紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行
する発行工程と、前記発行工程により発行される前記給
紙口データの獲得要求時に、前記保存工程により前記メ
モリに保存される給紙口データの更新要求状態を判定す
る判定工程と、前記判定工程による更新要求状態の判定
結果に基づいて最新の給紙口データを前記プリンタサー
バ装置を介して前記データ処理装置に返信する返信工程
と、前記返信工程により返信される前記給紙口データを
解析して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表
示部に表示させる表示工程とを有するものである。
【0034】本発明に係る第17の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置と複数の印刷装置とが通信
可能な印刷システムのデータ処理方法であって、記録媒
体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デー
タを設定する設定工程と、前記設定工程により各給紙口
毎に設定された給紙口データをメモリに保持する保持工
程と、前記保持工程により前記メモリ上に保持されてい
る各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工
程と、各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口デ
ータの獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、
前記発行工程により発行される取得要求に基づいて前記
取得工程により取得した各給紙口毎の給紙口データを前
記データ処理装置に通知する通知工程と、前記通知工程
により通知される前記給紙口データを解析して給紙資源
情報を前記データ処理装置の表示部に表示させる表示工
程とを有するものである。
【0035】本発明に係る第18の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介
して複数の印刷装置と通信可能な印刷システムのデータ
処理方法であって、記録媒体を給紙する複数の給紙機構
の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定工程と、前
記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口データ
をメモリに保持する保持工程と、前記保持工程により前
記メモリに保持されている各給紙口毎の給紙口データを
それぞれ取得する取得工程と、前記取得工程により取得
した各給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して
発行される取得要求に基づいて通知する通知工程と、各
印刷装置から返送される給紙口データをメモリに保存す
る保存工程と、各印刷装置の給紙機構に設定されている
給紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発
行する発行工程と、前記発行工程により発行される前記
給紙口データの獲得要求時に、前記保存工程により前記
メモリに保存される給紙口データの更新要求状態を判定
する判定工程と、前記判定工程による更新要求状態の判
定結果に基づいて最新の給紙口データを前記プリンタサ
ーバ装置を介して前記データ処理装置に返信する返信工
程と、前記返信工程により返信される前記給紙口データ
を解析して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える
表示部に表示させる表示工程とを有するものである。
【0036】本発明に係る第19の発明は、前記プリン
タサーバ装置は、前記判定手段により更新要求があると
判定された場合に、最新の給紙口データを各印刷装置か
ら獲得して前記保存手段に保存されている給紙口データ
を更新する更新手段を備えるものである。
【0037】本発明に係る第20の発明は、前記給紙資
源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用
紙属性データを含むものである。
【0038】本発明に係る第21の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置と通信可能な印刷装置を制
御するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納
した記憶媒体であって、記録媒体を給紙する複数の給紙
機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定工程
と、前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口
データをメモリに保持する保持工程と、前記保持工程に
より保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞ
れ取得する取得工程と、前記取得工程により取得した各
給紙口データを前記データ処理装置に通知する通知工程
とを有するコンピュータが読み出し可能なプログラムを
記憶媒体に格納したものである。
【0039】本発明に係る第22の発明は、前記通知工
程は、前記データ処理装置からの取得要求に基づいて前
記保持工程により前記メモリに保持された前記給紙口デ
ータを前記データ処理装置に通知するコンピュータが読
み出し可能なプログラムを記憶媒体に格納したものであ
る。
【0040】本発明に係る第23の発明は、所定の通信
媒体を介して印刷装置と通信可能なデータ処理装置を制
御するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納
した記憶媒体であって、前記印刷装置の給紙機構に設定
されている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発
行する発行工程と、前記発行工程による前記給紙口デー
タの獲得要求に基づいて前記印刷装置から転送される前
記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に表示
させる表示工程とを有するコンピュータが読み出し可能
なプログラムを記憶媒体に格納したものである。
【0041】本発明に係る第24の発明は、前記給紙資
源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用
紙属性データを含むコンピュータが読み出し可能なプロ
グラムを記憶媒体に格納したものである。
【0042】本発明に係る第25の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置と印刷装置とが通信可能な
印刷システムを制御するコンピュータが読み出し可能な
プログラムを格納した記憶媒体であって、記録媒体を給
紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設
定する設定工程と、前記設定工程により各給紙口毎に設
定された給紙口データをメモリに保持する保持工程と、
前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、前記
保持工程により前記メモリに保持されている各給紙口毎
の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、前記取
得工程により取得した各給紙口データを前記発行工程に
より発行される取得要求に基づいて前記データ処理装置
に通知する通知工程と、前記通知工程により通知される
前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に表
示させる表示工程と有するコンピュータが読み出し可能
なプログラムを記憶媒体に格納したものである。
【0043】本発明に係る第26の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介
して印刷装置と通信可能な印刷システムを制御するコン
ピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒
体であって、記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給
紙口毎に給紙口データを設定する設定工程と、前記設定
工程により各給紙口毎に設定された給紙口データをメモ
リに保持する保持工程と、前記保持工程により前記メモ
リに保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞ
れ取得する取得工程と、前記取得工程により取得した各
給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して発行さ
れる取得要求に基づいて通知する通知工程と、前記印刷
装置から返送される給紙口データをメモリに保存する保
存工程と、前記印刷装置の給紙機構に設定されている給
紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行
する発行工程と、前記発行工程により発行される前記給
紙口データの獲得要求時に、前記保存工程により前記メ
モリに保存される給紙口データの更新要求状態を判定す
る判定工程と、前記判定工程による更新要求状態の判定
結果に基づいて最新の給紙口データを前記プリンタサー
バ装置を介して前記データ処理装置に返信する返信工程
と、前記返信工程により返信される前記給紙口データを
解析して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表
示部に表示させる表示工程とを有するコンピュータが読
み出し可能なプログラムを記憶媒体に格納したものであ
る。
【0044】本発明に係る第27の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置と複数の印刷装置とが通信
可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出し
可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録媒
体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デー
タを設定する設定工程と、前記設定工程により各給紙口
毎に設定された給紙口データをメモリに保持する保持工
程と、前記保持工程により前記メモリ上に保持されてい
る各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工
程と、各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口デ
ータの獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、
前記発行工程により発行される取得要求に基づいて前記
取得工程により取得した各給紙口毎の給紙口データを前
記データ処理装置に通知する通知工程と、前記通知工程
により通知される前記給紙口データを解析して給紙資源
情報を前記データ処理装置の表示部に表示させる表示工
程とを有するコンピュータが読み出し可能なプログラム
を記憶媒体に格納したものである。
【0045】本発明に係る第28の発明は、所定の通信
媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介
して複数の印刷装置と通信可能な印刷システムを制御す
るコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した
記憶媒体であって、記録媒体を給紙する複数の給紙機構
の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定工程と、前
記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口データ
をメモリに保持する保持工程と、前記保持工程により前
記メモリに保持されている各給紙口毎の給紙口データを
それぞれ取得する取得工程と、前記取得工程により取得
した各給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して
発行される取得要求に基づいて通知する通知工程と、各
印刷装置から返送される給紙口データをメモリに保存す
る保存工程と、各印刷装置の給紙機構に設定されている
給紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発
行する発行工程と、前記発行工程により発行される前記
給紙口データの獲得要求時に、前記保存工程により前記
メモリに保存される給紙口データの更新要求状態を判定
する判定工程と、前記判定工程による更新要求状態の判
定結果に基づいて最新の給紙口データを前記プリンタサ
ーバ装置を介して前記データ処理装置に返信する返信工
程と、前記返信工程により返信される前記給紙口データ
を解析して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える
表示部に表示させる表示工程とを有するコンピュータが
読み出し可能なプログラムを記憶媒体に格納したもので
ある。
【0046】本発明に係る第29の発明は、前記プリン
タサーバ装置は、前記判定手段により更新要求があると
判定された場合に、最新の給紙口データを各印刷装置か
ら獲得して前記保存手段に保存されている給紙口データ
を更新する更新手段を備えるコンピュータが読み出し可
能なプログラムを記憶媒体に格納したものである。
【0047】本発明に係る第30の発明は、前記給紙資
源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用
紙属性データを含むコンピュータが読み出し可能なプロ
グラムを記憶媒体に格納したものである。
【0048】本発明に係る第31の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
する印刷制御装置であって、前記用紙名称を選択するた
めの用紙名称項目を含む印刷操作画面を表示部に表示す
る第1の表示制御手段と、アプリケーションからの印刷
要求に基づいて利用可能な印刷装置の資源情報を調査し
て取得する取得手段と、前記取得手段が取得した各印刷
装置の資源情報を解析して用紙名称情報テーブルを作成
する第1の作成手段と、前記第1の作成手段により作成
された用紙名称情報テーブルに基づいて前記印刷操作画
面に表示するための用紙名称リストを作成する第2の作
成手段と、前記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の指
示に基づいて前記第2の作成手段により作成された用紙
名称リストに従う選択可能な用紙名称項目一覧を前記印
刷操作画面上に表示させる第2の表示制御手段と、前記
用紙名称項目一覧上で選択された所望の用紙名称項目が
割り当てられている印刷装置を前記用紙名称情報テーブ
ルから検索して前記印刷情報の出力先に設定する設定手
段とを有するものである。
【0049】本発明に係る第32の発明は、前記第2の
表示制御手段は、前記用紙名称リストの先頭用紙名称を
カレントの用紙名称として前記前記印刷操作画面上に表
示するものである。
【0050】本発明に係る第33の発明は、同一の用紙
名称が複数の印刷装置で競合して割り当てられる複数の
印刷装置に対する選択条件を指定する指定手段と、前記
同一の用紙名称が複数の印刷装置で競合する競合用紙名
称かどうかを判定する判定手段と、前記判定手段が選択
された所望の用紙名称項目が競合用紙名称であると判定
した場合に、前記指定手段により指定された選択条件に
基づいて前記設定手段が設定すべき前記印刷情報の出力
先を決定する決定手段とを有するものである。本発明に
係る第34の発明は、前記複数の印刷装置には、所定の
データ処理装置に1対1に接続される印刷装置を含むも
のである。
【0051】本発明に係る第35の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
する印刷制御方法であって、前記用紙名称を選択するた
めの用紙名称項目を含む印刷操作画面を表示部に表示す
る第1の表示工程と、アプリケーションからの印刷要求
に基づいて利用可能な印刷装置の資源情報を調査して取
得する取得工程と、該取得した各印刷装置の資源情報を
解析して用紙名称情報テーブルを作成する第1の作成工
程と、該作成された用紙名称情報テーブルに基づいて前
記印刷操作画面に表示するための用紙名称リストを作成
する第2の作成工程と、前記印刷操作画面上の前記用紙
名称項目の指示に基づいて作成された用紙名称リストに
従う選択可能な用紙名称項目一覧を前記印刷操作画面上
に表示させる第2の表示工程と、前記用紙名称項目一覧
上で選択された所望の用紙名称項目が割り当てられてい
る印刷装置を前記用紙名称情報テーブルから検索して前
記印刷情報の出力先を設定する設定工程とを有するもの
である。
【0052】本発明に係る第36の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納し
た記憶媒体であって、前記用紙名称を選択するための用
紙名称項目を含む印刷操作画面を表示部に表示する第1
の表示工程と、アプリケーションからの印刷要求に基づ
いて利用可能な印刷装置の資源情報を調査して取得する
取得工程と、該取得した各印刷装置の資源情報を解析し
て用紙名称情報テーブルを作成する第1の作成工程と、
該作成された用紙名称情報テーブルに基づいて前記印刷
操作画面に表示するための用紙名称リストを作成する第
2の作成工程と、前記印刷操作画面上の前記用紙名称項
目の指示に基づいて作成された用紙名称リストに従う選
択可能な用紙名称項目一覧を前記印刷操作画面上に表示
させる第2の表示工程と、前記用紙名称項目一覧上で選
択された所望の用紙名称項目が割り当てられている印刷
装置を前記用紙名称情報テーブルから検索して前記印刷
情報の出力先を設定する設定工程とを有するものであ
る。
【0053】本発明に係る第37の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
する印刷制御方法であって、アプリケーションからの印
刷要求に基づいて前記所定の通信媒体上に利用可能な印
刷装置があるかどうかを判断する判断工程と、該判断に
より利用可能な印刷装置のネットワーク情報をメモリに
保存する第1の保存工程と、前記メモリに保存された前
記ネットワーク情報を解析して用紙名称指定可能な印刷
装置の調査数を設定する設定工程と、該設定された調査
数分、各印刷装置に用紙名称に従う給紙口選択機能があ
るかどうかを調査判定する調査工程と、該調査工程によ
り用紙名称に従う給紙口選択機能があると判定された場
合に、各給紙口に割り当てられている用紙名称を取得し
て前記メモリに保存する第2の保存工程とを有するもの
である。
【0054】本発明に係る第38の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納し
た記憶媒体であって、アプリケーションからの印刷要求
に基づいて前記所定の通信媒体上に利用可能な印刷装置
があるかどうかを判断する判断工程と、該判断により利
用可能な印刷装置のネットワーク情報をメモリに保存す
る第1の保存工程と、前記メモリに保存された前記ネッ
トワーク情報を解析して用紙名称指定可能な印刷装置の
調査数を設定する設定工程と、該設定された調査数分、
各印刷装置に用紙名称に従う給紙口選択機能があるかど
うかを調査判定する調査工程と、該調査工程により用紙
名称に従う給紙口選択機能があると判定された場合に、
各給紙口に割り当てられている用紙名称を取得して前記
メモリに保存する第2の保存工程とを有するものであ
る。
【0055】本発明に係る第39の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
する印刷制御方法であって、用紙名称に従う給紙口選択
機能を備える印刷装置から取得される用紙名称がメモリ
に登録されているかどうかを判定する判定工程と、該判
定により前記メモリに用紙名称が登録されていると判定
した場合に、前記メモリを検索して表示部の印刷操作画
面の用紙名称項目に表示する用紙名称リストを作成する
作成工程と、該作成された用紙名称リストに従って前記
用紙名称項目に表示するカレントの用紙名称を表示する
表示工程とを有するものである。
【0056】本発明に係る第40の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納し
た記憶媒体であって、用紙名称に従う給紙口選択機能を
備える印刷装置から取得される用紙名称がメモリに登録
されているかどうかを判定する判定工程と、該判定によ
り前記メモリに用紙名称が登録されていると判定した場
合に、前記メモリを検索して表示部の印刷操作画面の用
紙名称項目に表示する用紙名称リストを作成する作成工
程と、該作成された用紙名称リストに従って前記用紙名
称項目に表示するカレントの用紙名称を表示する表示工
程とを有するものである。
【0057】本発明に係る第41の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
する印刷制御方法であって、表示部の印刷操作画面の用
紙名称項目の選択指示状態を判定する第1の判定工程
と、前記第1の判定工程が前記表示部の印刷操作画面の
用紙名称項目が選択指示されていると判定した場合に、
メモリに保存されている用紙名称リストに従って前記表
示部の印刷操作画面上に用紙名称リストを一覧表示する
表示工程と、前記一覧表示された前記用紙名称リストに
基づいて用紙名称が変更指示されたかどうかを判定する
第2の判定工程と、前記第2の判定工程が用紙名称が変
更されていると判定した場合に、前記一覧表示された前
記用紙名称リストから選択された用紙名称をカレントの
用紙名称項目に設定する第1の設定工程と、印刷開始ま
たは印刷取消しの指示がなされているかどうかを判定す
る第3の判定工程と、前記第3の判定工程が開始指示が
なされていると判定した場合に、カレントに設定されて
いる用紙名称項目に基づいてメモリに保存されている用
紙名称情報を参照して印刷情報の出力先に設定する第2
の設定工程と、前記第2の設定手段により出力先に設定
された印刷装置に前記印刷情報を送信する送信工程とを
有するものである。
【0058】本発明に係る第42の発明は、所定の用紙
名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と
所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御
するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納し
た記憶媒体であって、表示部の印刷操作画面の用紙名称
項目の選択指示状態を判定する第1の判定工程と、前記
第1の判定工程が前記表示部の印刷操作画面の用紙名称
項目が選択指示されていると判定した場合に、メモリに
保存されている用紙名称リストに従って前記表示部の印
刷操作画面上に用紙名称リストを一覧表示する表示工程
と、前記一覧表示された前記用紙名称リストに基づいて
用紙名称が変更指示されたかどうかを判定する第2の判
定工程と、前記第2の判定工程が用紙名称が変更されて
いると判定した場合に、前記一覧表示された前記用紙名
称リストから選択された用紙名称をカレントの用紙名称
項目に設定する第1の設定工程と、印刷開始または印刷
取消しの指示がなされているかどうかを判定する第3の
判定工程と、前記第3の判定工程が開始指示がなされて
いると判定した場合に、カレントに設定されている用紙
名称項目に基づいてメモリに保存されている用紙名称情
報を参照して印刷情報の出力先に設定する第2の設定工
程と、前記第2の設定手段により出力先に設定された印
刷装置に前記印刷情報を送信する送信工程とを有するも
のである。
【0059】
【発明の実施の形態】
〔第1実施形態〕図1は、本発明の第1実施形態を示す
印刷制御装置を適用可能な印刷システムの構成を説明す
るブロック図であり、所定の通信媒体を介して複数のプ
リンタ装置とホストとが通信可能に構成された場合に対
応する。
【0060】図において、1はホストで、例えばイーサ
ネット等のネットワーク6を介してプリンタ2〜5と所
定のプロトコルで通信可能に構成されている。なお、プ
リンタ2〜4は用紙名称指定の機能が搭載されているも
のとする。
【0061】図2は、図1に示したホスト1に管理され
るプリンタ資源管理テーブルの一例を示す図であり、各
プリンタ2〜5には、図2に示すように物理的な各給紙
口に論理的な任意の用紙名称がすでに設定されホストか
ら利用可能な状態とする。ただし、プリンタ5は用紙名
称指定の機能が搭載されていないとする。なお、プリン
タ3は、プリンタ4よりもスループットが高速とし、か
つプリンタ3は、モノクロプリンタとして、プリンタ4
は、カラー印刷可能なプリンタとする。さらに、用紙収
容能力は、プリンタ3の方がプリンタ4よりも高いもの
とする。
【0062】図3は、図1に示した印刷システムのホス
ト側およびプリンタ側の要部構成を説明するブロック図
である。なお、ホスト1は、パーソナルコンピュータ、
ワークステーション、ミニコンピュータ等で構成されて
いてもいいし、プリンタ2もプロッタ,ディジタル複写
装置,ファクシミリ装置で構成されていてもよい。
【0063】ホスト1において、101は制御部で、記
憶部103のROM,ディスク装置に記憶されたシステ
ム制御プログラム,印刷制御プログラム,アプリケーシ
ョンプログラムをRAM上にロードして実行して、各種
のデータ処理を総括的に制御する。
【0064】104は表示部で、CRT,FLC,LC
D等の各種表示デバイスで構成されているものとする。
107は入力部で、キーボード,ポインティングデバイ
ス等から構成されている。105は媒体読取り部で、例
えばFD装置、MO装置、CD−ROM装置、ICメモ
リカード装置等で構成され、各種の記憶媒体、例えばF
D、MO、CD−ROM、ICメモリカード等に記憶さ
れた制御プログラム,データファイル等を適時読み出
し、制御部101の管理の下で、記憶部103のディス
ク装置、例えば磁気ディスク装置,光磁気ディスク装
置、あるいは磁気テープ装置等に記憶される。106は
記録媒体、上述した印刷制御プログラムであって、後述
するフローチャートに示される制御手順を実行するため
の制御プログラムがそのまま、あるいは所定の圧縮形式
で圧縮されて記憶されている。なお、該制御プログラム
が圧縮されて記憶されている場合には、解凍プログラム
を実行して、解凍した印刷制御プログラムが記憶部10
3の所定のアドレスにインストールされて、以後、適時
RAM上にロードされて実行される。
【0065】102は接続部で、シリアルインタフェー
スボード,パラレルインタフェースボード,ネットワー
クインタフェースボード等で構成されている。
【0066】プリンタ2において、201は制御部で、
記憶部203のディスク装置等に記憶された制御プログ
ラムまたはホスト1からダウンロードされる制御プログ
ラムを実行して、ホスト1からの印刷情報の処理および
給紙部205,印刷部204の駆動を総括的に制御す
る。なお、印刷部204は、レーザビーム方式,バブル
ジェット方式,LED方式,熱転写方式等のいずれのプ
リンタエンジンを備えるプリンタであっても本発明を適
用することができる。また、印刷部204には、オプシ
ョン装置として、フィニッシャー,ソータ等を接続可能
に構成されている。さらに、給紙部205には、図示し
ない各カセットに収納された記録媒体の満載状態を検知
する、例えば光センサ等で構成される検知部を備え、そ
の検知信号が制御部201に通知されるように構成され
ている。
【0067】図4は、図3に示したホスト1の媒体読取
り部105に供給される記憶媒体106の給付処理を説
明する図である。
【0068】図において、1001は挿入口で、記憶媒
体106がセットされる。
【0069】図5は、図4に示した記憶媒体106のメ
モリマップを説明する図である。
【0070】図において、1201はボリューム情報
で、書込み可能な記憶容量,記憶媒体の名称等を管理す
る情報が書き込まれている。1202はディレクトリ情
報、1203はモジュール実行ファイルで、所定の言語
で記述したプログラムファイルが記憶される。1204
はモジュールデータファイルで、モジュール実行ファイ
ル1203の実行に必要な各種パラメータ等を含むデー
タファイルが記憶されている。
【0071】図6は、図3に示した記憶部103のRA
M上のメモリマップを説明する図である。
【0072】図において、1101,1102はシステ
ムモジュールエリアで、システムモジュールエリア11
01には基本I/Oモジュールがロードされ、システム
モジュールエリア1102には、オペレーティングシス
テム(OS)がロードされる。
【0073】1103はシステムモジュールエリアで、
印刷システムにおける用紙名称属性による印刷方式モジ
ュールがロードされる。1104はデータエリアで、関
連データがロードされる。1105はデータエリアで、
ワークエリアとして使用される。
【0074】図7は、図1に示したホスト1がネットワ
ークを介して取得したネットワーク情報で作成されるネ
ットワーク情報テーブルの一例を示す図であり、図3に
示した記憶部103のRAM上に作成される。なお、ネ
ットワーク情報は、図1に示した印刷システムに対応す
る。
【0075】また、本実施形態において、ネットワーク
情報テーブルは、識別情報(ID),プリンタ名,ネッ
トワークアドレス等から構成されているものとする。
【0076】図8は、図1に示したホスト1がネットワ
ークを介して取得したネットワークプリンタの用紙名称
指定情報テーブルの一例を示す図であり、図3に示した
記憶部103のRAM上に作成される。なお、用紙名称
指定情報は、図1に示した印刷システムに対応する。
【0077】図9は、図8に示した用紙名称指定情報テ
ーブルに基づいて作成される用紙名称リストの一例を示
す図であり、図3に示した制御部101が記憶部103
に作成された用紙名称指定情報テーブルを参照してRA
M上に作成する。なお、(a)〜(c)は、その作成経
過を示す。
【0078】図10,図11は、図3に示した表示部1
04に表示される第1の印刷開始指定画面の一例を示す
図であり、アプリケーションプログラム実行中の画面
で、印刷を選択されると表示部104にポップアップす
るダイヤログWとして表示されるものとする。
【0079】図において、BT1〜BT5はボタンで、
ボタンBT1はプリント開始指示ボタンとして機能し、
該ボタンBT1が図示しないカーソルで指示されると印
刷処理を開始する。
【0080】また、ボタンBT2は、印刷処理を取り消
す際にカーソルで指示されると、印刷処理が取り消され
る。さらに、ボタンBT3は、各種オプション機能を設
定する際に、カーソル等により指示される。また、ボタ
ンBT4は、ヘルプメッセージを表示させる際に、カー
ソル等により指示される。ボタンBT5は、用紙名称を
表示する際に、カーソル等により指示される。
【0081】図12は、図10に示した印刷開始指示画
面上のボタンBT5の指示時に表示される選択可能な用
紙名称一覧を示す図であり、ボタンBT5の指示により
表示される。
【0082】なお、選択可能な用紙名称一覧は、図9に
示した紙名称リストを参照して表示されるものであり、
初期時には、先頭の用紙名称が選択されて、ボタンBT
5に表示され、該ボタンBT5の指示で表示される用紙
名称一覧から他の用紙名称が選択されると、ボタンBT
5の用紙名称が、例えば図10に示す状態(「回覧
票」)から図11に示す状態(「企画書」)に切り替わ
るものとする。
【0083】以下、図13〜図15に示すフローチャー
トを参照して、本発明に係る印刷制御装置のデータ処理
動作について詳述する。
【0084】図13〜図15は、本発明に係る印刷制御
装置のデータ処理手順の一例を示すフローチャートであ
る。なお、(1)〜(25)は各ステップを示し、該ス
テップは、ホスト1の記憶部103のディスク装置に搭
載されており、ホスト1が起動時に、該モジュールを図
3におけるホストの記憶部103のRAMに読み込まれ
実行されていることを前提とする。
【0085】この他にホスト1の媒体読取部105か
ら、該モジュールおよび関連データをホストにロードし
実行することも可能である。この場合は、モジュールお
よび関連データが図4に示した記録媒体106に図5に
示す構成で記録されているものとする。そして、この場
合、記録媒体106に記録されている本実施形態に対応
したモジュールおよび関連データは、図4に示した媒体
読取部1001を通してホスト1にロードすることがで
きる。この記録媒体106をホスト1の媒体読取部10
01にセットすると、図6に示した記憶部103のRA
Mに常駐するOS1102および基本I/Oモジュール
1101の制御の下に、本実施形態に対応するモジュー
ルおよび関連データが記録媒体106から読み出され、
ホスト1の記憶部103のRAMにロードされて動作可
能になる。
【0086】また、図4に示した記録媒体106に記録
している本発明を実現したモジュールおよび関連データ
を一旦ホストの記憶部103のディスク装置等に格納
(インストール)しておき、本発明を実現したモジュー
ルおよび関連データを動作させる段にホストの記憶部1
03のディスク装置等からホストの記憶部103のRA
Mにロードしても良い。
【0087】以下、本実施形態の特徴的構成について図
3等を参照して説明する。
【0088】上記のように構成された所定の用紙名称が
割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置(図1に
示すプリンタ2〜4)と所定の通信媒体を介して通信し
て印刷情報の転送を制御する印刷制御装置であって、前
記用紙名称を選択するための用紙名称項目を含む印刷操
作画面を表示部104に表示する第1の表示制御手段
(制御部101が記憶部103のメモリ資源に記憶され
た制御プログラム(後述する記録媒体106により供給
される場合を含む)を実行して制御する)と、アプリケ
ーションからの印刷要求に基づいて利用可能な印刷装置
の資源情報を調査して取得する取得手段(制御部101
が記憶部103のメモリ資源に記憶された制御プログラ
ム(後述する記録媒体106により供給される場合を含
む)を実行して接続部102を介して取得処理する)
と、前記取得手段が取得した各印刷装置の資源情報を解
析して用紙名称情報テーブルを作成する第1の作成手段
(制御部101が記憶部103のメモリ資源に記憶され
た制御プログラム(後述する記録媒体106により供給
される場合を含む)を実行して作成する)と、前記第1
の作成手段により作成された用紙名称情報テーブル(図
8参照)に基づいて前記印刷操作画面に表示するための
用紙名称リスト(図9参照)を作成する第2の作成手段
(制御部101が記憶部103のメモリ資源に記憶され
た制御プログラム(後述する記録媒体106により供給
される場合を含む)を実行して作成する)と、前記印刷
操作画面上の前記用紙名称項目の指示に基づいて前記第
2の作成手段により作成された用紙名称リストに従う選
択可能な用紙名称項目一覧を前記印刷操作画面上に表示
させる第2の表示制御手段(制御部101が記憶部10
3のメモリ資源に記憶された制御プログラム(後述する
記録媒体106により供給される場合を含む)を実行し
て制御する)と、前記用紙名称項目一覧上で選択された
所望の用紙名称項目が割り当てられている印刷装置を前
記用紙名称情報テーブルから検索して前記印刷情報の出
力先に設定する設定手段(制御部101が記憶部103
のメモリ資源に記憶された制御プログラム(後述する記
録媒体106により供給される場合を含む)を実行して
設定する)とを有するので、所望の用紙名称が割り当て
られた印刷装置がネットワーク上のいずれの印刷装置で
あるかを意識することなく、従来の用紙名称選択操作と
同様の簡単な操作指示で選択された用紙名称が割り当て
られている印刷装置から意図する印刷結果を得ることが
できるネットワーク用紙名称選択印刷処理環境を自在に
構築することができる。
【0089】また、制御部101は、前記用紙名称リス
トの先頭用紙名称をカレントの用紙名称として前記前記
印刷操作画面上(図10参照)に表示するので、カレン
トの用紙名称を自動設定することができる。
【0090】なお、本実施形態に示すモジュールは、図
13,図14,図15に示されるフローチャート(ステ
ップ(10)〜(25)まで)に基づいてプログラムコ
ード化されたものである。以上のことを前提として、本
実施形態のデータ処理について詳述する。
【0091】まず、図3に示したホスト1の制御部10
1は、アプリケーションから印刷要求を受け付け、印刷
を行うための処理を開始する(1)。そして、制御部1
01はホスト1の接続部102を経由してネットワーク
上に印刷に使用可能なプリンタがあるかどうかを調べ
(2)、NOならば処理を終了する。
【0092】一方、ステップ(2)で、YES、すなわ
ち、図1に示した印刷システムを例とすれば、ネットワ
ーク6上に利用可能なプリンタとして、プリンタ2〜6
があるので、制御部101はネットワーク6上に利用可
能なプリンタがあると判断し、制御部101は調べた利
用可能なプリンタのネットワーク情報を「ネットワーク
情報テーブル」として記憶部103のRAM上、図7に
示したデータ構造のテーブルとして保存する(3)。
【0093】この場合、図7に示したネットワーク情報
テーブルには、それぞれのプリンタを識別するととも
に、プリンタ台数の意味も示す識別情報(ID)をプリ
ンタごとに付け、ネットワーク6上のプリンタ名と、そ
のネットワークアドレスを保存する。
【0094】そして、制御部101は記憶部103のR
AM上に保存してある「ネットワーク情報テーブル」に
おける識別情報(ID)数を調べ(4)、制御部101
は調べた結果から最大の識別情報(ID)数を記憶する
ための変数PR−numにその値を設定する(5)。
【0095】本実施形態では、プリンタのID数は
「4」なので、変数PR−numには「4」が設定され
て、ホスト1の記憶部103のRAMに保存される。
【0096】次に、制御部101はIDをカウントする
ために使用する変数Nに初期値として「1」を設定し
(6)、そして、制御部101は変数PR−numの値
が変数Nより大きいかどうかを調べる(7)。
【0097】本実施形態では、最初は変数PR−num
=4,変数N=1であるため、制御部101は、NO、
すなわち、制御部101は変数PR−numの値が変数
Nより大きくないと判断して、制御部101はIDがN
番目のプリンタに用紙名称指定の機能が搭載されている
か調べる(8)。この場合、制御部101は図7に示し
た「ネットワーク情報テーブル」を参照し、現在の変数
Nの値からID=1のプリンタ(プリンタ2)に関する
情報である、ネットワークアドレス「80:11:2
2:33:44:01」を所得する。
【0098】そして、制御部101は当該ネットワーク
アドレスに基づいて接続部102を経由し、図1に示し
たプリンタ2にアクセスし、用紙名称指定の機能を搭載
しているか否かを、図3に示したプリンタの接続部20
2経由でプリンタの制御部201に問い合わせる。そし
て、制御部201は接続部202,接続部102を経由
して制御部101にプリンタ2は用紙名称指定の機能を
搭載していることを通知する。該通知を受け制御部10
1は用紙名称指定の機能を搭載していると判断する。
【0099】そして、制御部101はIDがN番目のプ
リンタに設定されている用紙名称の情報を調べ、図8に
示したデータ構造となる「用紙名称情報テーブル」とし
てホスト1の記憶部103のRAMに図8に保存する
(9)。この場合、制御部101は用紙名称指定の機能
を搭載しているか否かを調べる形態と同様な手順で、プ
リンタ2に設定されている「回覧票」,「日程表」,
「報告書」という用紙名称の情報を取得しホスト1の記
憶部103のRAMにある「用紙名称情報テーブル」に
保存する。
【0100】そして、次のプリンタ3に対して用紙名称
指定の機能を搭載しているかおよび設定されている用紙
名称を調べるために変数Nに「1」を加え(10)、ス
テップ(7)へ戻る。なお、初回の当該ステップ(7)
の実行に伴い変数Nは2(=1+1)となる。
【0101】以降、制御部101はプリンタ2を示す変
数Nが「2」の場合、プリンタ3を示す変数Nが「3」
の場合に、ステップ(7)〜(10)を繰り返し、プリ
ンタ3およびプリンタ4に用紙名称指定の機能が搭載さ
れていると判断するとともに、各プリンタに設定されて
いる用紙名称の情報を図8に示したデータ構造で記憶部
103のRAM上に保存する。この時点で変数Nは
「4」となる。そして、ステップ(7)に戻って、制御
部101は変数PR−numが変数Nより大きいか調べ
た際、変数PR−num=4,変数N=4であるため、
制御部1は大きくないと判断し、制御部101は識別情
報(ID)がN番目のプリンタに用紙名称指定の機能が
搭載されているか調べる(8)。
【0102】この場合、制御部101は「ネットワーク
情報テーブル」を参照し、現在の変数Nの値からID=
4のプリンタに関する情報である、ネットワークアドレ
ス「80:11:22:33:44:04」を取得す
る。そして、制御部101は取得したネットワークアド
レスに基づいて接続部102を経由し、図1に示したプ
リンタ5にアクセスし、用紙名称指定の機能を搭載して
いるか否かを、図3に示した接続部202経由でプリン
タの制御部201に問い合わせる。
【0103】しかし、本実施形態においては、プリンタ
5は用紙名称指定の機能を搭載していないため、制御部
201は接続部202,接続部102を経由して制御部
101にプリンタ5は用紙名称指定の機能を搭載してい
ないことを制御部101に通知する。
【0104】この通知を受けた制御部101は、用紙名
称指定の機能を搭載していないと判断し、ステップ(1
0)へ移り、次のプリンタに対して用紙名称指定の機能
を搭載しているかおよび設定されている用紙名称を調べ
るために変数Nに「1」を加える。
【0105】この時点で、変数Nは「5」となって、ス
テップ(7)に戻るので、制御部101は変数PR−n
umが変数Nを越えるので、該判断がYESとなり、ス
テップ(11)へ進む。この時点で、記憶部103のR
AM上には、図8に示した「用紙名称情報テーブル」が
完成していることとなる。
【0106】次に、ステップ(7)において、利用可能
なプリンタの内に用紙名称指定の機能が搭載されている
プリンタがあるか否かを判断するために、制御部101
は記憶部103に「用紙名称情報テーブル」が保存され
ているか調べ、もし、制御部101は記憶部103に
「用紙名称情報テーブル」が保存されていないと判断し
た場合は、用紙名称による給紙口の選択および本発明を
利用することができないため、従来の指定方法である、
物理的な給紙口を指定する方法で印刷を行い(15)、
処理を終了する。
【0107】一方、ステップ(11)で、制御部101
は記憶部103に「用紙名称情報テーブル」が保存され
ていると判断した場合には、制御部101は図8に示し
た「用紙名称情報テーブル」に保存されている全ての用
紙名称を調べ図9に示した用紙名リストを作成する(1
2)。
【0108】なお、用紙名リストを作成する場合、制御
部101は図8に示したプリンタ名がプリンタ2の用紙
名称を調べ、その結果をもとに図9の(a)に示すよう
な表示用データとして用紙名称リストを作成し、図3に
示した記憶部103のRAMに保存する。
【0109】そして、制御部101は図8に示したプリ
ンタ名がプリンタ3の用紙名称を調べ、その結果を図9
の(a)に示した名称リストに追加し、図9の(b)に
示すような用紙名称リストを作成し、記憶部103のR
AMに保存する。そして、制御部101は、図8に示し
たプリンタ名がプリンタ4の用紙名称を調べ、その結果
を図9の(b)に示した名称リストに追加し、図9の
(c)に示すような用紙名称リストを作成し、記憶部1
03のRAMに保存する。
【0110】そして、制御部101は用紙名称リストに
おける最初の用紙名称である「回覧票」を表示すべきカ
レントの用紙名称に設定し、その情報を記憶部103の
RAMに保存する(13)。そして、制御部101は、
図10に示したユーザから印刷開始、キャンセルの指示
および用紙、名称の変更指示を受け付ける印刷ダイアロ
グWをホスト1の表示部104に表示し、そのダイアロ
グWにカレントの用紙名称「回覧票」を表示する(1
4)。
【0111】次に、制御部101は印刷ダイアログWに
おいて、ユーザがホスト1の入力部107によって用紙
名称の項目が選択されたか調べ(16)、制御部101
が用紙名称の項目が選択されていないと判断した場合
は、ステップ(21)以降に進む。
【0112】一方、ステップ(16)で、制御部101
は用紙名称の項目が選択されていると判断した場合、記
憶部103のRAMに保存している用紙名称リストのデ
ータを読み込み、ホスト1の表示部104に図12に示
した用紙名称リストを表示する(17)。
【0113】そして、制御部101はホストの表示部1
04に表示している用紙名称リストにおいて、ユーザが
入力部107によって別の用紙名称に変更したか調べ
(18)、制御部101は用紙名称の項目が変更されて
いないと判断した場合、ステップ(21)以降へ進む。
【0114】一方、ステップ(18)で、制御部101
は用紙名称の項目が変更されていると判断した場合は、
変更された用紙名称をカレントに設定し(19)、その
情報を記憶部103のRAMに保存する。
【0115】そして、例えば図11に示した用紙名称リ
ストにおいてユーザが入力部107により、「企画書」
の項目を選択して用紙名称を変更したとすると、制御部
101はホストの表示部104に図11に示したように
変更された用紙名称を表示する(20)。
【0116】次に、制御部101は印刷ダイアログWに
おいて、ユーザがホスト1の入力部107によって印刷
処理中止の項目(図10,図11に示した取消指定を指
示するボタンBT2)が選択されたか調べ(21)、制
御部101は印刷処理中止の項目が選択されたと判断し
た場合、制御部101は印刷の処理を中止して、処理を
終了する。
【0117】一方、ステップ(21)で、制御部101
は印刷処理中止の項目が選択されていなないと判断した
場合は、制御部101は印刷ダイアログWにおいてユー
ザが図9におけるホストの入力部107によって印刷実
行の項目(図10,図11に示した印刷開始を指示する
ボタンBT1)が選択されたか調べ(22)、制御部1
01は印刷実行の項目が選択されていないと判断した場
合は、ステップ(16)へに戻る。
【0118】一方、ステップ(22)で、制御部101
は印刷実行の項目が選択されたと判断した場合、制御部
101は記憶部103のRAMに保存しているカレント
の用紙名称を取得し(23)、その用紙名称が設定され
ているプリンタの情報を取得するため、記憶部103の
RAMに保存している図7に示した「ネットワーク情報
テーブル」および図8に示した「用紙名称情報テーブ
ル」を調べ情報を取得する(23)。
【0119】この場合、該取得した情報から制御部10
1はカレントの用紙名称が「企画書」であり、「用紙名
称情報テーブル」から用紙名称として「企画書」が設定
されているプリンタはプリンタ4であることを認知する
とともに、制御部101は「ネットワーク情報テーブ
ル」から用紙名称として「企画書」が設定されているプ
リンタCのネットワークアドレスは「80:11:2
2:33:44:03」であることを認知する。
【0120】次に、制御部101は印刷データの出力先
をカレントの用紙名称が設定されているプリンタ4に設
定し(24)、事前に調べたネットワークアドレスなど
印刷に必要な情報を設定し、その情報を記憶部103の
RAMに保存する。この時点で、ユーザが選択した用紙
名称をもとに自動的に出力先のプリンタの設定がされた
ことになる。
【0121】そして、制御部101は印刷データに給紙
選択の情報として具体的な用紙名称の情報である「企画
書」を付加して、接続部102,接続部202を経由
し、制御部201へ送信する。そして、制御部201は
送られてきた印刷データと用紙名称の情報を一時的に記
憶部203のRAMに格納する。そして、制御部201
は記憶部203のRAMから用紙名称の情報を読み取
り、「企画書」が指定されていることから、図3に示し
たプリンタ2の給紙部205における上段カセットから
給紙を行い、受信した「企画書」の内容に基づく印刷デ
ータを印刷して(25)、処理を終了する。
【0122】以下、本実施形態の特徴的構成についてさ
らに図13〜図15に示すフローチャートを参照して説
明する。
【0123】上記のように構成された、所定の用紙名称
が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定
の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する
印刷制御方法であって、あるいは所定の用紙名称が割り
当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定の通信
媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御するコンピ
ュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
であって、前記用紙名称を選択するための用紙名称項目
を含む印刷操作画面(図10参照)を表示部104に表
示する第1の表示工程(図13のステップ(1)の前工
程)と、アプリケーションからの印刷要求に基づいて利
用可能な印刷装置の資源情報を調査して取得する取得工
程(図13のステップ(2),(3))と、該取得した
各印刷装置の資源情報を解析して用紙名称情報テーブル
を作成する第1の作成工程(図13のステップ(9))
と、該作成された用紙名称情報テーブルに基づいて前記
印刷操作画面に表示するための用紙名称リストを作成す
る第2の作成工程(図14のステップ(12))と、前
記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の指示に基づいて
作成された用紙名称リストに従う選択可能な用紙名称項
目一覧を前記印刷操作画面上に表示させる第2の表示工
程(図14のステップ(14))と、前記用紙名称項目
一覧上で選択された所望の用紙名称項目が割り当てられ
ている印刷装置を前記用紙名称情報テーブルから検索し
て前記印刷情報の出力先を設定する設定工程(図15の
ステップ(16)〜(24))とを有するので、所望の
用紙名称が割り当てられた印刷装置がネットワーク上の
いずれの印刷装置であるかを意識することなく、従来の
用紙名称選択操作と同様の簡単な操作指示で選択された
用紙名称が割り当てられている印刷装置から意図する印
刷結果を得ることができるネットワーク用紙名称選択印
刷処理環境を自在に構築することができる。
【0124】また、所定の用紙名称が割り当て可能な給
紙口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して
通信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であっ
て、あるいは所定の用紙名称が割り当て可能な給紙口を
備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通信し
て印刷情報の転送を制御するコンピュータが読み出し可
能なプログラムを格納した記憶媒体であって、アプリケ
ーションからの印刷要求に基づいて前記所定の通信媒体
上に利用可能な印刷装置があるかどうかを判断する判断
工程(図13のステップ(2))と、該判断により利用
可能な印刷装置のネットワーク情報をメモリに保存する
第1の保存工程(図13のステップ(3))と、前記メ
モリに保存された前記ネットワーク情報を解析して用紙
名称指定可能な印刷装置の調査数を設定する設定工程
(図13のステップ(5))と、該設定された調査数
分、各印刷装置に用紙名称に従う給紙口選択機能がある
かどうかを調査判定する調査工程(図13のステップ
(8))と、該調査工程により用紙名称に従う給紙口選
択機能があると判定された場合に、各給紙口に割り当て
られている用紙名称を取得して前記メモリに保存する第
2の保存工程(図13のステップ(9))とを有するの
で、印刷利用可能な各印刷装置から表示部に表示する印
刷操作画面上の用紙名称を自動的に取得して最新の用紙
名称を管理することができる。
【0125】さらに、所定の用紙名称が割り当て可能な
給紙口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介し
て通信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であ
って、あるいは所定の用紙名称が割り当て可能な給紙口
を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通信
して印刷情報の転送を制御するコンピュータが読み出し
可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、用紙名
称に従う給紙口選択機能を備える印刷装置から取得され
る用紙名称がメモリに登録されているかどうかを判定す
る判定工程(図14のステップ(11))と、該判定に
より前記メモリに用紙名称が登録されていると判定した
場合に、前記メモリを検索して表示部の印刷操作画面の
用紙名称項目に表示する用紙名称リストを作成する作成
工程(図14のステップ(12))と、該作成された用
紙名称リストに従って前記用紙名称項目に表示するカレ
ントの用紙名称を表示する表示工程(図14のステップ
(14))とを有するので、カレントとして表示すべき
用紙名称項目を自動設定することができる。
【0126】また、所定の用紙名称が割り当て可能な給
紙口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して
通信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であっ
て、表示部の印刷操作画面の用紙名称項目の選択指示状
態を判定する第1の判定工程(図15のステップ(1
6))と、前記第1の判定工程が前記表示部の印刷操作
画面の用紙名称項目が選択指示されていると判定した場
合に、メモリに保存されている用紙名称リストに従って
前記表示部の印刷操作画面上に用紙名称リストを一覧表
示する表示工程(図15のステップ(17))と、前記
一覧表示された前記用紙名称リストに基づいて用紙名称
が変更指示されたかどうかを判定する第2の判定工程
(図15のステップ(18))と、前記第2の判定工程
が用紙名称が変更されていると判定した場合に、前記一
覧表示された前記用紙名称リストから選択された用紙名
称をカレントの用紙名称項目に設定する第1の設定工程
(図15のステップ(19))と、印刷開始または印刷
取消しの指示がなされているかどうかを判定する第3の
判定工程(図15のステップ(21),(22))と、
前記第3の判定工程が開始指示がなされていると判定し
た場合に、カレントに設定されている用紙名称項目に基
づいてメモリに保存されている用紙名称情報を参照して
印刷情報の出力先に設定する第2の設定工程(図15の
ステップ(24))と、前記第2の設定手段により出力
先に設定された印刷装置に前記印刷情報を送信する送信
工程(図15のステップ(25))とを有するので、印
刷操作画面上で選択可能な用紙名称の一覧を確認しなが
ら、所望とする用紙名称を選択するという簡単な操作
で、ネットワーク上の印刷装置を意識することなく、選
択された用紙名称に一致する印刷装置に対して印刷情報
を自動送信することができる。
【0127】〔第2実施形態〕なお、上記実施形態で
は、ネットワーク上のプリンタがすべてネットワークプ
リンタとして機能するプリンタ2〜5がホスト1と通信
可能な場合について説明したが、他のデータ処理装置、
例えばサーバにI/Fケーブルを介してローカルプリン
タが1対1に接続されるプリンタを、他のホストがネッ
トワークプリンタとして共有できるような印刷システム
であっても、本発明を適用することができる。以下、そ
の実施形態について説明する。
【0128】図16は、本発明の第2実施形態を示す印
刷制御装置を適用可能な印刷システムの構成を説明する
ブロック図である。
【0129】なお、本実施形態では、プリンタが直接ネ
ットワークに接続されておりホストとプリンタが直接通
信する場合以外の環境へ適応するため、第1実施形態と
は異なる下記の構成を備える。
【0130】図において、161はクライアントで、パ
ーソナルコンピュータで構成される。162はネットワ
ークで、イーサネット等で構成される。163はサーバ
で、所定のI/Fケーブルを介してローカルプリンタと
して機能するプリンタ164が接続されている。なお、
該プリンタ164は、サーバ163で共有プリンタとし
て設定されているものとする。
【0131】165はプリンタで、ネットワーク162
を介してクライアント161とサーバ163と通信可能
に構成され、ネットワークプリンタとして機能する。
【0132】なお、上記第1実施形態では、図1に示し
たプリンタが直接ネットワークに接続されておりホスト
とプリンタが直接通信する環境への適応を考えた。しか
し、ネットワークにおけるホストとプリンタの接続、印
刷形態は、図16に示すようなプリンタを管理するホス
ト(サーバ163)がネットワーク162上に存在し、
サーバが163ネットワーク162に直接接続されてい
るプリンタ165あるいはサーバ163と1対1接続
(シリアル,セントロニクス,SCSI等)されている
プリンタ164を司る印刷システム環境も存在する。こ
の場合における第1実施形態との相違する構成は下記の
通りである。
【0133】この印刷システム環境においては、サーバ
163にクライアント161からの要求(図13のステ
ップ(2),(8))を受け付け返答する機能を実現す
るモジュールを搭載する。そして、このモジュールはク
ライアント161からの要求を受けた時に、実際のプリ
ンタ(「プリンタ165」あるいは「プリンタ16
4」)から必要な情報を取得しクライアント161に返
答する構成となる。これにより本発明が適用できるネッ
トワーク接続形態が広がる効果がある。
【0134】また、サーバ163に搭載するモジュール
の動作として、定期的にプリンタ164,165の情報
を取得、保持し、クライアント161から要求を受けた
時点ではプリンタへの情報取得は行わず保持している情
報をクライアント161に返答する形態を取ることも考
えられる。
【0135】これにより、クライアント161のレスポ
ンスがさらに向上する効果がある。
【0136】〔第3実施形態〕上記第1,第2実施形態
では、用紙名称指定の機能を搭載していないプリンタへ
の処理はプリンタ選択処理にその状態が配慮されていな
い場合について説明したが、用紙名称指定の機能を搭載
していないプリンタがネットワーク上あるいはローカル
プリンタが存在する場合でも本発明を適用する構成とし
てもよい。以下、その実施形態について説明する。
【0137】上記第1実施形態における図1に示した
「プリンタ5」は用紙名称指定の機能を搭載していない
ため、ネットワーク6に接続されているにもかかわらず
用紙名称指定の機能および本発明を活用することができ
なかった。そこで、上記第2実施形態に示す構成を下記
のように変更する。
【0138】すなわち、第2実施形態におけるサーバ1
63のモジュールに用紙名称指定の機能を搭載していな
いプリンタの物理的な情報と論理的な情報をメモリ資源
(例えば本体RAM)に登録,保持する機能を設ける。
【0139】具体的には図16に示した「プリンタ16
5」が用紙名称指定の機能を搭載していない場合、サー
バ163に「プリンタ165」の各給紙口にセットされ
ている実際の用紙の情報として、上段カセットの用紙名
称として「チラシ」,中段カセットの用紙名称として
「広告紙」,下段カセットの用紙名称として「表紙」を
登録,保存する。
【0140】そして、クライアント161から情報の要
求がきた場合は、当該保存している情報(上段カセット
の用紙名称として「チラシ」,中段カセットの用紙名称
として「広告紙」,下段カセットの用紙名称として「表
紙」)を返答する。
【0141】これにより、クライアント161の印刷ダ
イアログWの用紙名称の項目には、「プリンタ165」
の用紙名称も表示され他のプリンタと同様に用紙名称を
指定する形態で印刷が可能になる。
【0142】そして、サーバ163がクライアント16
1から印刷データと用紙名称のデータ「チラシ」を受け
取った場合、サーバ163のモジュールにおいて用紙名
称「チラシ」を「上段カセット」に変換する。
【0143】つまり、サーバ163からプリンタ165
へは印刷データと物理的な給紙口を指定する「上段カセ
ット」を転送する。このようにして、用紙名称指定の機
能を搭載していないプリンタにおいても用紙名称指定の
機能および本発明の搭載を実現し、ユーザの利便性の向
上および印刷環境の共存性の向上が図れる効果がある。
【0144】〔第4実施形態〕上記各実施形態では、各
プリンタに設定された用紙名称がそれぞれ異なる場合を
例としたが、印刷システムの構成上、同一の用紙名称が
重なって設定される場合も想定される。そこで、ネット
ワーク上に同一の用紙名称が設定されている印刷システ
ムに本発明を適用する実施形態について説明する。
【0145】この場合、図15に示したフローチャート
のステップ(19)に代えて後述する別の処理を行うこ
とにより利便性の向上を図る。
【0146】例えば図1において、プリンタ3の「上段
カセッ」トと、プリンタ4の「上段カセット」に同一の
用紙名称「企画書」が競合設定されているとする。この
場合、ステップ(19)に代えて、「同一の用紙名称が
複数のプリンタにおいて設定されている場合は、印刷デ
ータを調べ、モノクロのみの印刷データであった場合は
モノクロプリンタに設定されている用紙名称をカレント
に設定する。
【0147】一方、カラーのデータが存在する場合はカ
ラープリンタに設定されている用紙名称をカレントに設
定する処理を組み込む。
【0148】つまり、ホスト1からモノクロのみデータ
を印刷した場合、プリンタ3が使用され、カラーのデー
タが存在する場合はプリンタ4が使用される。
【0149】これによりモノクロプリンタとカラープリ
ンタが自動的に切り替えられ、経済的かつ効率的な印刷
が可能になる。
【0150】また、ステップ(19)の代えて「同一の
用紙名称が複数のプリンタにおいて設定されている場合
は、各プリンタの処理能力を調べ処理能力(単にエンジ
ンの処理速度での比較の他に、現在、他のユーザが使用
中であるか否か等を含めて判断することも可能)の高い
プリンタの用紙名称をカレントに設定する」という処理
を組み込む。
【0151】つまり、ホスト1から用紙名称として「企
画書」を指定して印刷した場合、プリンタ3の方がプリ
ンタ4よりも処理能力が高いと判断した場合は、プリン
タ3が使用される。これにより印刷処理が速く終了し効
率的な印刷が可能になる。
【0152】また、ステップ(19)に代えて、「同一
の用紙名称が複数のプリンタにおいて設定されている場
合は、各プリンタの対象とする給紙口の用紙残量を調
べ、用紙残量の多いプリンタの用紙名称をカレントに設
定する」という処理を組み込む。
【0153】つまり、ホストから用紙名称として「企画
書」を指定して印刷した場合、プリンタ3の給紙口の用
紙残量がプリンタ4の給紙口の用紙残量がよりも多いと
判断した場合は、プリンタ3が使用される。
【0154】これにより印刷途中での用紙切れを回避し
効率的な印刷が可能になる。
【0155】以下、上記各実施形態の特徴的構成につい
てさらに説明する。
【0156】また、同一の用紙名称が複数の印刷装置で
競合して割り当てられる複数の印刷装置に対する選択条
件(用紙積載量,カラーモノクロの違い,プロセス速度
の違い等を含む)を指定する指定手段(制御部101が
記憶部103のメモリ資源に記憶された制御プログラム
(後述する記録媒体106により供給される場合を含
む)を入力部107からの入力に基づいて指定する)
と、前記同一の用紙名称が複数の印刷装置で競合する競
合用紙名称かどうかを判定する判定手段(制御部101
が記憶部103のメモリ資源に記憶された制御プログラ
ム(後述する記録媒体106により供給される場合を含
む)を実行して判定する)と、前記判定手段が選択され
た所望の用紙名称項目が競合用紙名称であると判定した
場合に、前記指定手段により指定された選択条件に基づ
いて前記設定手段が設定すべき前記印刷情報の出力先を
決定する決定手段(制御部101が記憶部103のメモ
リ資源に記憶された制御プログラム(後述する記録媒体
106により供給される場合を含む)を実行して決定す
る)とを有するので、用紙名称が競合する印刷装置が複
数存在するネットワーク環境においても、ユーザが意図
する条件に従う最適な印刷装置を出力先に決定できるた
め、印刷情報を最適な印刷装置から出力させ、印刷処理
無駄を軽減することができる。
【0157】また、前記複数の印刷装置には、所定のデ
ータ処理装置に1対1に接続される印刷装置(図16に
示した印刷システム参照)を含むので、ネットワークプ
リンタとして機能するローカルプリンタをも含むネット
ワーク環境下においても、用紙名称項目選択による印刷
処理環境を自在に整備することができる。
【0158】〔第5実施形態〕以下、図面を用いて本実
施形態を詳細に説明する。
【0159】図17は、本発明の第5実施形態を示す印
刷制御装置を適用可能な印刷システムの一例を示すブロ
ック図であり、ネットワーク環境下におけるプリンティ
ングシステムがデータ処理装置,プリンタサーバコンピ
ュータ,プリンタ装置および各種モジュールから構成さ
れる場合に対応する。
【0160】図において、501は印刷におけるクライ
アントコンピュータで、印字データ、及び制御コードか
ら成る印字情報をプリンタサーバコンピュータ502に
送信する。プリンタサーバコンピュータ502は、印字
データおよび制御コードからなる印字情報をプリンタ装
置503に送信する。
【0161】また、クライアントコンピュータ501,
プリンタサーバコンピュータ502及びプリンタ装置5
03はそれぞれ互いに双方向通信を行ない、プリンタ装
置503へのコマンド入力処理,給紙属性データ要求の
取得処理,給紙属性データの取得処理等を行なう。
【0162】プリンタ装置503は目的とする永久可視
像を記録紙に形成するための印字機構部(エンジン部5
32),プリンタ装置全体の制御を行なう制御部(コン
トローラ部531),印字機構部を制御するプリンタ制
御部,コンピュータとのインタフェースを制御するイン
タフェース制御部などを備える。
【0163】アプリケーション511は、ユーザが目的
とするデータを作成するソフトウェアである。ホストコ
ンピュータ501のオペレーティングシステムがWin
dowsの場合、アプリケーション511はGDIも含
む。
【0164】512はプリンタドライバUI部で、アプ
リケーション511で印刷を行う際に、出力用紙サイズ
の決定等様々な設定を行う。また、プリンタ装置503
の保持する能力をプリンタ装置503から獲得して表示
する際は、プリンタ装置503から情報を取得するため
の制御コードを生成する。
【0165】513はインタフェース制御部で、プリン
タサーバコンピュータ502とのインタフェースの制御
を行う。514は給紙口データリスト作成部で、ユーザ
要求に従って、プリンタサーバコンピュータ502にあ
る給紙口データを格納している記憶媒体521から、給
紙口データを取得して、給紙口データリスト515Aを
作成する。515は記憶媒体で、給紙口データリスト作
成部514で作成された給紙口データリスト515Aを
格納する。
【0166】なお、記憶媒体515としてはハードディ
スク,MO,その他のメモリ媒体などがある。
【0167】また、作成された給紙口データリスト51
5Aは、プリンタドライバUI部512によって参照さ
れ、ユーザに選択可能な画面等を使用してユーザに知ら
せる。
【0168】プリンタサーバコンピュータ502におい
て、522はインタフェース制御部で、プリンタ装置5
03とのインタフェースの制御を行ない、印字データ及
び制御コードから成る印字情報のプリンタ装置3への送
信及びプリンタ装置3から得られた情報の受信の制御を
行なう。
【0169】特に、プリンタ装置503から取得した給
紙口データ521Aを記憶媒体(給紙口データ保存部)
521に格納する。
【0170】プリンタ装置503において、531はコ
ントローラ部で、プリンタ装置全体の制御を行なう制御
部531A,印字機構部(エンジン部532)を制御す
るプリンタ制御部531B,ホストコンピュータとのイ
ンタフェースを制御するインタフェース制御部531C
などから成り、エンジン部532から取得した給紙口デ
ータをプリンタサーバコンピュータ502に送信する。
【0171】一方、エンジン部532は永久可視像を記
録紙に形成するための印字機構部を備え、コントローラ
部531から給紙口データ取得要求があった場合、登録
されている給紙口データを取得し、コントローラ部31
を通してプリンタサーバコンピュータに出力する。な
お、給紙口データとしては、用紙名称データや用紙属性
データなどが挙げられる。
【0172】以下、図18に示すフローチャートを参照
して、本発明に係る印刷システムにおけるプリンタ資源
情報取得処理動作について説明する。
【0173】図18は、本発明に係る印刷システムにお
けるデータ処理手順の一例を示すフローチャートであ
り、図17に示したクライアントコンピュータ501上
で、ユーザ要求により、プリンタサーバコンピュータ5
02を通して、プリンタ装置503から給紙口データを
取得するアルゴリズムに対応する。なお、クライアント
コンピュータ501は、この給紙口データを用いて、用
紙名称リスト及び用紙属性リスト等給紙口データリスト
515Aを作成する。なお、(1)〜(8)は各ステッ
プを示す。
【0174】まず、クライアントコンピュータ501上
でユーザ指示により給紙口データを取得する必要が発生
した場合、ステップ(1)で、クライアントコンピュー
タ501は、プリンタサーバコンピュータ502上にス
トアされている給紙口データを取得しようと、プリンタ
サーバコンピュータ502に対して、給紙口データ取得
命令を送る。
【0175】プリンタサーバコンピュータ502は、ク
ライアントコンピュータ501から給紙口データ取得命
令が渡ってくると、ステップ(2)により、プリンタ装
置503で給紙口データに変更が発生しているかどうか
の判別を行なう。
【0176】なお、このステップ(2)の給紙口データ
更新要求の判別ステップは、直接プリンタ装置503に
対して問い合わせても良いし、プリンタ装置503に対
して、給紙口データに変更があった場合に通知してもら
うようにし、通知があった時に履歴を残しておいても良
いし、一定間隔でプリンタ装置503に問い合わせにい
っておいて、内部で情報を保持する方法でも良いし、そ
の他、パフォーマンスの向上のためにいくつかの方法が
あることは言うまでもない。
【0177】上記ステップ(2)の判別で、給紙口更新
要求があると判別された場合には、ステップ(3)に進
み、プリンタ装置503へ給紙口データ取得命令を発行
し、この取得命令を受け取ったプリンタ装置503は、
給紙口データを、プリンタサーバコンピュータ502に
渡す。
【0178】なお、プリンタサーバコンピュータ502
がプリンタ装置503から給紙口データを取得する方法
としては、プリンタサーバコンピュータ502がプリン
タ装置503へ一定時間毎に問い合わせを行なう方法
や、プリンタサーバコンピュータ502とプリンタ装置
503間のインタフェースの信号をプリンタ装置503
が操作するなど、様々な方法によって可能である。
【0179】次に、ステップ(4)で、プリンタ装置5
03から給紙口データを取得すると、プリンタサーバコ
ンピュータ502は、ステップ(5)により、プリンタ
サーバコンピュータ502内に用意されている給紙口デ
ータ保存部521の給紙口データ521の内容を更新し
て、ステップ(2)へ戻る。なお、プリンタサーバコン
ピュータ502が、ネットワーク上の複数のプリンタを
管理している場合などは、各プリンタ毎に、この給紙口
データ保存部を用意するのが一般的であるが、共通の給
紙口データ保存部にしても良いことは言うまでもない。
【0180】一方、ステップ(2)で、給紙口データ更
新要求がないと判別した場合には、ステップ(6)で、
プリンタサーバコンピュータ502は、給紙口データ保
存部521にストアされている給紙口データ521Aを
クライアントコンピュータ501に渡す。そして、クラ
イアントコンピュータ501は、ステップ(7)で、給
紙口データリスト作成部514が給紙口データ521A
から給紙口データリストを作成する。
【0181】その後、ステップ(8)において、ステッ
プ(7)で作成されて記憶媒体515上に管理される給
紙口データリスト515Aを参照して、プリンタドライ
バ等のグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を
用いて図示しない画面上に選択可能な給紙口データを表
示して、ユーザに意図する給紙口データを選択させ、適
切な印刷を可能にさせる。
【0182】〔第6実施形態〕上記第5実施形態では、
クライアントコンピュータ501で印刷を行い、クライ
アントコンピュータ501からプリンタサーバコンピュ
ータ502を経由して給紙口データを取得する場合につ
いて説明したが、プリンタサーバコンピュータ8から印
刷を行う場合にも本発明を適用することができる。以
下、その実施形態について説明する。
【0183】図19は、本発明の第6実施形態を示す印
刷システムの構成を説明するブロック図であり、印刷シ
ステムがプリンタサーバコンピュータとモジュールとプ
リンタ装置とから構成される場合に対応する。
【0184】図において、508は印刷を実行するプリ
ンタサーバコンピュータで、印字データ、及び制御コー
ドから成る印字情報をプリンタ装置509に送信する。
また、プリンタサーバコンピュータ508及びプリンタ
装置509は、それぞれ互いに双方向通信を行ない、プ
リンタ装置509へのコマンド入力、給紙属性データ要
求の取得処理,給紙属性データの取得処理等を行なう。
【0185】プリンタ装置509は、目的とする永久可
視像を記録紙に形成するための印字機構部(エンジン部
592)と、プリンタ装置全体の制御を行なう制御部5
91A,印字機構部を制御するプリンタ制御部591
B,コンピュータとのインタフェースを制御するインタ
フェース制御部591Cを備える。
【0186】プリンタサーバコンピュータ508におい
て、アプリケーション581は、ユーザが目的とするデ
ータを作成するソフトウェアである。プリンタサーバコ
ンピュータ508のオペレーティングシステムがWin
dows(商品名)の場合、アプリケーション581は
GDIも含む。
【0187】582はプリンタドライバUI部で、アプ
リケーション581で印刷を行う際に、出力用紙サイズ
の決定等様々な設定を行う。
【0188】また、プリンタ装置509の保持する能力
を、プリンタ装置509から獲得して表示する際は、プ
リンタ装置509から情報を取得するための制御コード
を生成する。
【0189】583はインタフェース制御部で、プリン
タ装置509とのインタフェースの制御を行う。また、
給紙口データ取得要求がある場合は、プリンタ装置50
9から給紙口データ584Aを取得し、記憶媒体584
に格納する。
【0190】なお、記憶媒体584としてはハードディ
スク,MO,その他メモリ媒体などがある。
【0191】585は給紙口データリスト作成部で、給
紙口データ格納部584から給紙口データを取得し、給
紙口データリスト586Aを作成する。586は記憶媒
体で、給紙口データリスト作成部585で作成された給
紙口データリスト586Aを格納する。そして、該作成
された給紙口データリスト586Aはプリンタドライバ
UI部582によって参照され、ユーザに選択可能な画
面等を使用してユーザに知らせる。
【0192】プリンタ装置509において、591はコ
ントローラ部で、プリンタ装置全体の制御を行なう制御
部591A,印字機構部を制御するプリンタ制御部59
1B,プリンタサーバコンピュータとのインタフェース
を制御するインタフェース制御部591Cなどから成
り、エンジン部592から取得した給紙口データをプリ
ンタサーバコンピュータ508に送信する。
【0193】592はエンジン部で、永久可視像を記録
紙に形成するための印字機構部を備え、コントローラ部
591から給紙口データ取得要求があった場合、登録さ
れている給紙口データを取得し、コントローラ部591
を通してプリンタサーバコンピュータ508に出力す
る。なお、給紙口データとしては、用紙名称データや用
紙属性データなどが挙げられる。
【0194】以下、図20に示すフローチャートを参照
して、本発明に係る印刷システムにおけるプリンタ資源
情報取得処理動作について説明する。
【0195】図20は、本発明に係る印刷システムにお
けるデータ処理手順の一例を示すフローチャートであ
り、図19に示したプリンタサーバコンピュータ508
上で、ユーザ要求により、プリンタ装置509から給紙
口データを取得するアルゴリズムに対応する。なお、プ
リンタサーバコンピュータ508は、この給紙口データ
を用いて、用紙名称リスト及び用紙属性リスト等給紙口
データリストを作成する。また、(1)〜(7)は各ス
テップを示す。
【0196】まず、プリンタサーバコンピュータ508
上でユーザ指示により給紙口データを取得する必要が発
生した場合、ステップ(1)で、プリンタ装置509で
給紙口データに変更が発生しているかどうかの判別を行
なう。なお、このステップ(1)の給紙口データ更新要
求の判別ステップは、直接プリンタ装置509に対して
問い合わせても良いし、プリンタ装置509に対して、
給紙口データに変更があった場合に通知してもらうよう
にし、通知があった時に履歴を残しておいても良いし、
一定間隔でプリンタ装置509に問い合わせにいってお
いて、内部で情報を保持する方法でも良いし、その他、
パフォーマンスの向上のためにいくつかの方法があるこ
とは言うまでもない。
【0197】上記ステップ(1)で、給紙口データ更新
要求があると判別した場合には、ステップ(2)に進
み、プリンタ装置509へ給紙口データ取得命令を発行
し、この取得命令を受け取ったプリンタ装置509は、
給紙口データを、プリンタサーバコンピュータ508に
渡す。
【0198】なお、プリンタサーバコンピュータ508
がプリンタ装置509から給紙口データを取得する方法
としては、プリンタサーバコンピュータ508がプリン
タ装置509へ一定時間毎に問い合わせを行なう方法
や、プリンタサーバコンピュータ508とプリンタ装置
509間のインタフェースの信号をプリンタ装置509
が操作するなど、様々な方法によって可能である。
【0199】次に、ステップ(3)で、プリンタ装置5
09からキャリブレーションデータ(給紙口データ)を
取得すると、プリンタサーバコンピュータ508は、ス
テップ(4)により、プリンタサーバコンピュータ50
8内に用意されている給紙口データ保存部(記憶媒体5
84の給紙口データ584A)の内容を更新して、ステ
ップ(1)へ戻る。
【0200】一方、ステップ(1)で、給紙口データ更
新要求がないと判別した場合には、ステップ(5)でプ
リンタサーバコンピュータ508は、記憶媒体584に
ストアされている給紙口データ584Aを取得し、ステ
ップ(6)で、給紙口データリスト作成部585が給紙
口データ584Aに基づいて給紙口データリスト586
Aを作成する。その後、ステップ(7)において、ステ
ップ(6)で作成された給紙口データリスト586Aを
参照して、プリンタドライバ等のGUIを用いて、図示
しない画面上に選択可能な給紙口データを表示し、ユー
ザに意図する給紙口データを選択させ、適切な印刷を可
能にさせ、処理を終了する。
【0201】〔第7実施形態〕上記第5実施形態,第6
実施形態では、どちらもプリンタサーバコンピュータが
給紙口データを一括管理する場合について説明したが、
プリンタサーバコンピュータのみが給紙口データを各ク
ライアントコンピュータがを取得して管理するように構
成してもよい。以下、その実施形態について説明する。
【0202】プリンタサーバが、給紙口データを一括管
理することによる長所もあるが、短所もある。例えば、
数多くのプリンタを管理しているプリンタサーバがある
とすると、各々のプリンタの給紙口データを全て格納す
るとなると、多くの量の記憶媒体が必要となる。各クラ
イアントコンピュータが格納するとなると、各クライア
ントコンピュータが必要なプリンタに対してのみ、給紙
口データを格納すれば良く、全てを格納する必要が無
く、記憶媒体の節約になるという長所がある。これは、
第6実施形態のプリンタサーバコンピュータという記述
を、クライアントコンピュータと置き換えるだけと同様
である。
【0203】〔第8実施形態〕上記第5実施形態,第6
実施形態,第7実施形態では、全てコンピュータが給紙
口データを記憶媒体に格納する場合について説明した
が、給紙口データをプリンタ装置の記憶媒体で格納して
管理する構成としても良い。以下、その実施形態につい
て説明する。
【0204】図21は、本発明の第8実施形態を示す印
刷システムの構成を説明するブロック図であり、印刷シ
ステムがプリンタサーバコンピュータとモジュールとプ
リンタ装置とから構成される場合に対応する。
【0205】図において、550は印刷におけるクライ
アントコンピュータで、印字データ、及び制御コードか
ら成る印字情報をプリンタサーバコンピュータである装
置551に送信する。プリンタサーバコンピュータ55
1は、印字データおよび制御コードから成る印字情報を
プリンタ装置552に送信する。また、クライアントコ
ンピュータ550,プリンタサーバコンピュータ55
1,プリンタ装置552は、それぞれ互いに双方向通信
を行ない、プリンタ装置か552ら給紙口データの取得
を行なう。
【0206】プリンタ装置552は、目的とする永久可
視像を記録紙に形成するための印字機構部(エンジン部
522)、プリンタ装置全体の制御を行なう制御部52
1A,印字機構部を制御するプリンタ制御部521B、
コンピュータとのインタフェースを制御するインタフェ
ース制御部521Cを含むコントローラ部521などを
備える。
【0207】クライアントコンピュータ550におい
て、501はアプリケーションで、ユーザが目的とする
データを作成するソフトウェアである。ホストコンピュ
ータのオペレーティングシステムがWindowsの場
合、アプリケーション501はGDIも含む。502は
プリンタドライバUI部で、アプリケーション501は
アプリケーション501で印刷を行う際に、出力用紙サ
イズの決定等様々な設定を行う。
【0208】また、プリンタドライバUI部502は、
プリンタ装置552の保持する能力をプリンタ装置55
2から獲得して表示する際は、プリンタ装置552から
情報を取得するための制御コードを生成する。503は
インタフェース制御部で、プリンタサーバコンピュータ
551とのインタフェースの制御を行う。
【0209】504は給紙口データリスト作成部で、ユ
ーザ要求に従って、インタフェース制御部503を通し
て、プリンタ装置52からプリンタサーバコンピュータ
を経由して取得した給紙口データにより、給紙口データ
リストを作成する。
【0210】505は記憶媒体で、給紙口データリスト
作成部504で作成された給紙口データリス505Aを
格納する。
【0211】なお、記憶媒体505Aとしてはハードデ
ィスク,MO,他の記憶媒体などがある。また、作成さ
れて記憶媒体505上で管理される給紙口データリスト
505Aは、プリンタドライバUI部502によって参
照され、ユーザに選択可能な画面等を使用してユーザに
知らせる。
【0212】プリンタサーバコンピュータ551におい
て、511はインタフェース制御部で、プリンタ装置5
52とのインタフェースの制御を行ない、印字データ及
び制御コードから成る印字情報のプリンタ装置552へ
の送信及びプリンタ装置552からの情報の受信の制御
を行なう。
【0213】プリンタ装置552において、521はコ
ントローラ部で、プリンタ装置全体の制御を行なう制御
部521A,印字機構部を制御するプリンタ制御部52
1B,ホストコンピュータとのインタフェースを制御す
るインタフェース制御部521Cなどから成り、エンジ
ン部522から取得した給紙口データ523Aをプリン
タ装置552内の記憶媒体523に格納する。
【0214】522はエンジン部で、永久可視像を記録
紙に形成するための印字機構部を備え、給紙口データ取
得要求があった場合、登録されている給紙口データを取
得し、コントローラ部521に通知する。
【0215】〔第9実施形態〕上記第8実施形態では、
クライアントコンピュータ550で印刷を行い、クライ
アントコンピュータ550からプリンタサーバコンピュ
ータ551を経由して給紙口データを取得する場合につ
いて説明したが、プリンタサーバコンピュータ551か
ら印刷を行う場合にも本発明を適用することができる。
以下、その実施形態について説明する。
【0216】本実施形態は、プリンタサーバコンピュー
タ内のインタフェース制御部が、直接プリンタ装置のコ
ントローラ部と通信すれば良い。
【0217】以下、第5実施形態〜第8実施形態の特徴
的構成について図17,図19,図21等を参照して説
明する。
【0218】上記のように構成された所定の通信媒体
(ネットワーク,インタフェースを含む)を介してデー
タ処理装置と通信可能な印刷装置であって、記録媒体を
給紙する複数の給紙機構(プリンタ装置503,50
9,552のエンジン部532,592,522)に装
着される多段積載可能な給紙ユニット(図示しない)を
含む給紙装置)と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙口デ
ータを設定する設定手段(プリンタ装置503,50
9,552の操作部(図示しない))と、前記設定手段
により各給紙口毎に設定された給紙口データを保持する
保持手段(プリンタ装置503,509,552の不揮
発性メモリ(例えばNVRAM))と、前記保持手段に
より保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞ
れ取得する取得手段(プリンタ装置503,509,5
52のコントローラ部531,591,521が、例え
ば上記NVRAM等から取得する)と、前記取得手段に
より取得した各給紙口データを前記データ処理装置に通
知する通知手段(コントローラ部531,591,52
1がプリンタサーバコンピュータ502,508,55
1に対して通知する)とを有するので、設定されている
最新の給紙口データを取得して随時データ処理装置に提
供することができる。
【0219】また、前記通知手段(コントローラ部53
1,591,521)は、前記データ処理装置(クライ
アントコンピュータ501,550あるいはプリンタサ
ーバコンピュータ551)からの取得要求に基づいて前
記保持手段により保持された前記給紙口データを前記デ
ータ処理装置に通知するので、データ処理装置からの求
めに応じて設定されている最新の給紙口データを取得し
て随時データ処理装置に提供することができる。
【0220】さらに、所定の通信媒体(ネットワーク,
インタフェースを含む)を介して印刷装置と通信可能な
データ処理装置であって、前記印刷装置の給紙機構に設
定されている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に
発行する発行手段(プリンタサーバコンピュータ508
のインタフェース制御部522)と、前記発行手段によ
る前記給紙口データの獲得要求に基づいて前記印刷装置
(プリンタ装置583)から転送される前記給紙口デー
タを解析(給紙口データリスト作成部585が解析して
作成する)して給紙資源情報を表示部に表示させる制御
手段(プリンタドライバUI部582が図示しない表示
部に表示する)とを有するので、印刷装置の給紙機構に
設定された最新の給紙口データを獲得し、該獲得した給
紙口データからユーザに選択させる給紙資源情報を画面
に明示でき、給紙口データに基づく給紙資源の環境を視
覚的に把握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能
な給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に
構築することができる。
【0221】また、前記給紙資源情報は、各給紙口毎に
設定される用紙名称データ,用紙属性データを含むの
で、給紙口に設定された用紙名称,用紙属性(記録媒体
種別(OHPフィルムシート,カットシート),色紙,
厚紙,サイズ等)をもユーザに明示でき、ユーザが意図
する記録媒体を給紙可能な給紙口を確実に選択できる。
【0222】さらに、所定の通信媒体(ネットワーク,
インタフェースを含む)を介してデータ処理装置(プリ
ンタサーバコンピュータ508)と印刷装置とが通信可
能な印刷システムであって、前記印刷装置(プリンタ装
置509)は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構(プ
リンタ装置509のエンジン部592)に装着される多
段積載可能な給紙ユニット(図示しない)を含む給紙装
置)と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定
する設定手段(プリンタ装置509の操作部)と、前記
設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口データを
保持する保持手段(図示しないNVRAM等の不揮発性
メモリ)と、前記保持手段により保持されている各給紙
口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得手段(コン
トローラ部591がエンジン部592から取得処理す
る)と、前記取得手段により取得した各給紙口データを
前記データ処理装置から発行される取得要求に基づいて
通知する通知手段(コントローラ部591がインタフェ
ース制御部583に対して通知処理する)とを備え、前
記データ処理装置は、前記印刷装置の給紙機構に設定さ
れている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発行
する発行手段(インタフェース制御部583がコントロ
ーラ部591に対して発行処理する)と、前記発行手段
による前記給紙口データの獲得要求に基づいて前記印刷
装置から転送される前記給紙口データを解析(給紙口デ
ータリスト作成部585が解析して作成する)して給紙
資源情報を表示部に表示させる制御手段(プリンタドラ
イバUI部582)とを備えるので、ユーザが意図する
データ処理装置上から簡単な操作で、印刷可能に接続さ
れている印刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙口
データを適時に獲得し、該獲得した給紙口データからユ
ーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給紙
口データに基づく給紙資源の環境を視覚的に把握して、
所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を簡単な
操作で選択する印刷資源環境を自在に構築することがで
きる。
【0223】また、所定の通信媒体を介してデータ処理
装置(クライアントコンピュータ501あるいはクライ
アントコンピュータ550)がプリンタサーバ装置(プ
リンタサーバコンピュータ502あるいはプリンタサー
バコンピュータ551)を介して印刷装置と通信可能な
印刷システムであって、前記印刷装置(プリンタ装置5
03あるいはプリンタ装置552)は、記録媒体を給紙
する複数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙
口データを設定する設定手段(プリンタ装置503ある
いはプリンタ装置552が備える操作部)と、前記設定
手段により各給紙口毎に設定された給紙口データを保持
する保持手段(プリンタ装置503あるいはプリンタ装
置552が備える不揮発性メモリ(NVRAM))と、
前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
データをそれぞれ取得する取得手段(プリンタ装置50
3のコントローラ部531あるいはプリンタ装置552
のコントローラ部521のエンジン部532より取得す
る)と、前記取得手段により取得した各給紙口データを
前記プリンタサーバ装置から発行される取得要求に基づ
いて通知する通知手段(プリンタ装置503のコントロ
ーラ部531)とを備え、前記プリンタサーバ装置は、
前記印刷装置から返送される給紙口データを保存する保
存手段(記憶媒体521)と、前記データ処理装置から
要求される給紙口データの獲得要求時に、前記保存手段
に保存される給紙口データの更新要求状態を判定する判
定手段(インタフェース制御部522が判定処理する)
と、前記判定手段による更新要求状態の判定結果に基づ
いて最新の給紙口データを前記データ処理装置に返信す
る返信手段(インタフェース制御部522)とを備え、
前記データ処理装置は、前記印刷装置の給紙機構に設定
されている給紙口データの獲得要求を前記プリンタサー
バ装置に発行する発行手段(インタフェース制御部51
3)と、前記発行手段による前記給紙口データの獲得要
求に基づいて前記プリンタサーバ装置から返送される前
記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に表示
させる制御手段(プリンタドライバUI部512が図示
しない表示部に表示する)とを備えるので、ユーザが意
図するデータ処理装置上からプリンタサーバ装置に対す
る簡単な操作で、プリンタサーバ装置が制御する印刷装
置の給紙機構に設定された最新の給紙口データを適時に
獲得して一元管理し、該管理されている給紙口データを
データ処理装置に提示し、該提示された給紙口データに
基づいてユーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示
でき、給紙口データに基づく給紙資源の環境を視覚的に
把握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙
口を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構築す
ることができ、かつ、給紙口データを獲得するトラフィ
ックを削減することも可能となる。
【0224】さらに、所定の通信媒体(ネットワーク,
インタフェースを含む)を介してデータ処理装置と複数
の印刷装置とが通信可能な印刷システムであって、各印
刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構(プリン
タ装置508のエンジン部509)あるいは図示しない
他のプリンタ装置に装着される多段積載可能な給紙ユニ
ット(図示しない)を含む給紙装置)と、各給紙機構の
各給紙口毎に給紙口データを設定する設定手段(プリン
タ装置508の操作部または他のプリンタ装置の操作
部)と、前記設定手段により各給紙口毎に設定された給
紙口データを保持する保持手段(プリンタ装置508ま
たは他のプリンタ装置の不揮発性メモリ媒体であって、
例えばNVRAM)と、前記保持手段により保持されて
いる各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得
手段(プリンタ装置508のコントローラ部591また
は他のプリンタ装置のコントローラ部が対応するエンジ
ン部から取得処理する)と、前記取得手段により取得し
た各給紙口データを前記データ処理装置から発行される
取得要求に基づいて通知する通知手段(プリンタ装置5
08のコントローラ部591または他のプリンタ装置の
コントローラ部がインタフェース制御部583に対して
通知処理する)とを備え、前記データ処理装置は、各印
刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの獲得
要求を前記印刷装置に発行する発行手段(プリンタサー
バコンピュータ509のインタフェース制御部583)
と、前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に
基づいて各印刷装置から転送される前記給紙口データを
解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段
(プリンタドライバUI部582が図示しない表示部に
表示する)とを備えるので、ユーザが意図するデータ処
理装置上から簡単な操作で、印刷可能に接続されている
各印刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙口データ
を適時に獲得し、該獲得した給紙口データからユーザに
選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口デー
タに基づく各印刷装置の給紙資源の環境を視覚的に把握
して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を
簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構築するこ
とができる。
【0225】また、所定の通信媒体を介してデータ処理
装置(クライアントコンピュータ501あるいはクライ
アントコンピュータ550)がプリンタサーバ装置(プ
リンタサーバコンピュータ502あるいはプリンタサー
バコンピュータ551)を介して複数の印刷装置(プリ
ンタ装置503および図示しない他のプリンタ装置)と
通信可能な印刷システムであって、各印刷装置は、記録
媒体を給紙する複数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙
口毎に給紙口データを設定する設定手段(プリンタ装置
503あるいはプリンタ装置552が備える操作部)
と、前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口
データを保持する保持手段(プリンタ装置503あるい
はプリンタ装置552が備えるNVRAM)と、前記保
持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口データ
をそれぞれ取得する取得手段(プリンタ装置503のコ
ントローラ部531がエンジン部532より取得する)
と、前記取得手段により取得した各給紙口データを前記
プリンタサーバ装置から発行される取得要求に基づいて
通知する通知手段(プリンタ装置503のコントローラ
部531が通知する)とを備え、前記プリンタサーバ装
置(プリンタサーバコンピュータ502)は、各印刷装
置から返送される給紙口データを保存する保存手段と、
前記データ処理装置から要求される給紙口データの獲得
要求時に、前記保存手段に保存される給紙口データの更
新要求状態を判定する判定手段(インタフェース制御部
522が判定処理する)と、前記判定手段による更新要
求状態の判定結果に基づいて最新の給紙口データを前記
データ処理装置に返信する返信手段(インタフェース制
御部522が返信処理する)とを備え、前記データ処理
装置(クライアントコンピュータ501)は、各印刷装
置の給紙機構に設定されている給紙口データの獲得要求
を前記プリンタサーバ装置に発行する発行手段(インタ
フェース制御部513が発行処理する)と、前記発行手
段による前記給紙口データの獲得要求に基づいて前記プ
リンタサーバ装置から返送される前記給紙口データを解
析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段(プ
リンタドライバUI部512が図示しない表示部に表示
する)とを備えるので、ユーザが意図するデータ処理装
置上からプリンタサーバ装置に対する簡単な操作で、プ
リンタサーバ装置が制御する複数の印刷装置の給紙機構
に設定された最新の給紙口データをそれぞれ適時に獲得
して一元管理し、該管理されている各印刷装置の給紙口
データをデータ処理装置に提示し、該提示された給紙口
データに基づいてユーザに選択させる給紙資源情報を画
面に明示でき、給紙口データに基づく給紙資源の環境を
視覚的に把握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可
能な給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在
に構築することができ、かつ、給紙口データを獲得する
トラフィックを削減することも可能となる。
【0226】さらに、前記プリンタサーバ装置(プリン
タサーバコンピュータ502)は、前記判定手段(イン
タフェース制御部522が判定処理する)により更新要
求があると判定された場合に、最新の給紙口データを各
印刷装置から獲得して前記保存手段(記憶媒体521)
に保存されている給紙口データを更新する更新手段(イ
ンタフェース制御部522が更新処理する)を備えるの
で、各印刷装置側の給紙口データの更新状態に応じて給
紙口データを獲得するため、対応する印刷装置の給紙口
データが更新されない限り給紙口データを獲得する処理
が不要となり、給紙口データの獲得に伴うトラフィック
を減少させ、即座にデータ処理装置側に最新の給紙口デ
ータを提示することができる。
【0227】また、前記給紙資源情報は、各給紙口毎に
設定される用紙名称データ,用紙属性データを含むの
で、給紙口に設定された用紙名称,用紙属性(記録媒体
種別(OHPフィルムシート,カットシート),色紙,
厚紙,サイズ等)をもユーザに明示でき、ユーザが意図
する記録媒体を給紙可能な給紙口を確実に選択できる。
以下、各実施形態の特徴的構成について図18,図20
等に示すフローチャートを参照して説明する。
【0228】上記のように構成された所定の通信媒体
(ネットワーク,インタフェースを含む)を介してデー
タ処理装置と通信可能な印刷装置のデータ処理方法であ
って、あるいは所定の通信媒体を介してデータ処理装置
と通信可能な印刷装置を制御するコンピュータが読み出
し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録
媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デ
ータを設定する設定工程(図示しない)と、前記設定工
程により各給紙口毎に設定された給紙口データをメモリ
に保持する保持工程(図示しない)と、前記保持工程に
より保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞ
れ取得する取得工程(図示しない)と、前記取得工程に
より取得した各給紙口データを前記データ処理装置に通
知する通知工程(図示しない)とを有するので、設定さ
れている最新の給紙口データを取得して随時データ処理
装置に提供することができる。
【0229】また、前記通知工程は、前記データ処理装
置からの取得要求に基づいて前記保持工程により前記メ
モリに保持された前記給紙口データを前記データ処理装
置に通知するので、データ処理装置からの求めに応じて
設定されている最新の給紙口データを取得して随時デー
タ処理装置に提供することができる。
【0230】さらに、所定の通信媒体(ネットワーク,
インタフェースを含む)を介して印刷装置と通信可能な
データ処理装置のデータ処理方法であって、あるいは所
定の通信媒体を介して印刷装置と通信可能なデータ処理
装置を制御するコンピュータが読み出し可能なプログラ
ムを格納した記憶媒体であって、前記印刷装置の給紙機
構に設定されている給紙口データの獲得要求を前記印刷
装置に発行する発行工程(図18のステップ(3),図
20のステップ(2))と、前記発行工程による前記給
紙口データの獲得要求に基づいて前記印刷装置から転送
される前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示
部に表示させる表示工程(図18のステップ(8),図
20のステップ(7))とを有するので、印刷装置の給
紙機構に設定された最新の給紙口データを獲得し、該獲
得した給紙口データからユーザに選択させる給紙資源情
報を画面に明示でき、給紙口データに基づく給紙資源の
環境を視覚的に把握して、所望の記録媒体が収容されて
給紙可能な給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源環境
を自在に構築することができる。
【0231】また、前記給紙資源情報は、各給紙口毎に
設定される用紙名称データ,用紙属性データを含むの
で、給紙口に設定された用紙名称,用紙属性(記録媒体
種別(OHPフィルムシート,カットシート),色紙,
厚紙,サイズ等)をもユーザに明示でき、ユーザが意図
する記録媒体を給紙可能な給紙口を確実に選択できる。
さらに、所定の通信媒体(ネットワーク,インタフェー
ス)を介してデータ処理装置と印刷装置とが通信可能な
印刷システムのデータ処理方法であって、あるいは所定
の通信媒体を介してデータ処理装置と印刷装置とが通信
可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出し
可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録媒
体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デー
タを例えばプリンタ装置の操作部より設定する設定工程
(図示しない)と、前記設定工程により各給紙口毎に設
定された給紙口データをメモリに保持する保持工程(図
示しない)と、前記印刷装置の給紙機構に設定されてい
る給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発行する発
行工程(図示しない)と、前記保持工程により前記メモ
リ(プリンタ装置上の不揮発性記憶媒体であって、例え
ばNVRAM等)に保持されている各給紙口毎の給紙口
データをそれぞれ取得する取得工程(図示しない)と、
前記取得工程により取得した各給紙口データを前記発行
工程により発行される取得要求に基づいて前記データ処
理装置に通知する通知工程(図18のステップ(3))
と、前記通知工程により通知される前記給紙口データを
解析して給紙資源情報を表示部に表示させる表示工程
(図18のステップ(8))と有するので、ユーザが意
図するデータ処理装置上から簡単な操作で、印刷可能に
接続されている印刷装置の給紙機構に設定された最新の
給紙口データを適時に獲得し、該獲得した給紙口データ
からユーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示で
き、給紙口データに基づく給紙資源の環境を視覚的に把
握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口
を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構築する
ことができる。
【0232】また、所定の通信媒体を介してデータ処理
装置がプリンタサーバ装置を介して印刷装置と通信可能
な印刷システムのデータ処理方法であって、あるいは所
定の通信媒体を介してデータ処理装置(クライアントコ
ンピュータ)がプリンタサーバ装置(プリンタサーバコ
ンピュータ)を介して印刷装置(プリンタ装置)と通信
可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出し
可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録媒
体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デー
タを設定する設定工程(図示しない)と、前記設定工程
により各給紙口毎に設定された給紙口データをメモリ
(不揮発性記憶媒体であって、例えばNVRAM)に保
持する保持工程(図示しない)と、前記保持工程により
前記メモリに保持されている各給紙口毎の給紙口データ
をそれぞれ取得する取得工程(図示しない)と、前記取
得工程により取得した各給紙口データを前記プリンタサ
ーバ装置を介して発行される取得要求に基づいて通知す
る通知工程(図示しない)と、前記印刷装置から返送さ
れる給紙口データをメモリに保存する保存工程(図示し
ない)と、前記印刷装置の給紙機構に設定されている給
紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行
する発行工程(図示しない)と、前記発行工程により発
行される前記給紙口データの獲得要求時に、前記保存工
程により前記メモリに保存される給紙口データの更新要
求状態を判定する判定工程(図示しない)と、前記判定
工程による更新要求状態の判定結果に基づいて最新の給
紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して前記デー
タ処理装置に返信する返信工程(図18のステップ
(6))と、前記返信工程により返信される前記給紙口
データを解析して給紙資源情報を前記データ処理装置が
備える表示部に表示させる表示工程(図18のステップ
(8))とを有するので、ユーザが意図するデータ処理
装置上からプリンタサーバ装置に対する簡単な操作で、
プリンタサーバ装置が制御する印刷装置の給紙機構に設
定された最新の給紙口データを適時に獲得して一元管理
し、該管理されている給紙口データをデータ処理装置に
提示し、該提示された給紙口データに基づいてユーザに
選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口デー
タに基づく給紙資源の環境を視覚的に把握して、所望の
記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を簡単な操作で
選択する印刷資源環境を自在に構築することができ、か
つ、給紙口データを獲得するトラフィックを削減するこ
とも可能となる。
【0233】さらに、所定の通信媒体(ネットワーク,
インタフェースを含む)を介してデータ処理装置と複数
の印刷装置とが通信可能な印刷システムのデータ処理方
法であって、あるいは所定の通信媒体を介してデータ処
理装置と複数の印刷装置(プリンタ装置503,50
9,552を含む図示しない他のプリンタ装置)とが通
信可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出
し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録
媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デ
ータを設定する設定工程(図示しない)と、前記設定工
程により各給紙口毎に設定された給紙口データをメモリ
に保持する保持工程(図示しない)と、前記保持工程に
より前記メモリ上に保持されている各給紙口毎の給紙口
データをそれぞれ取得する取得工程(図示しない)と、
各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの
獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程(図18の
ステップ(3),図20のステップ(3)))と、前記
発行工程により発行される取得要求に基づいて前記取得
工程により取得した各給紙口毎の給紙口データを前記デ
ータ処理装置に通知する通知工程(図18のステップ
(7),図20のステップ(6))と、前記通知工程に
より通知される前記給紙口データを解析して給紙資源情
報を前記データ処理装置の表示部に表示させる表示工程
(図18のステップ(8),図20のステップ(7))
とを有するので、ユーザが意図するデータ処理装置上か
ら簡単な操作で、印刷可能に接続されている各印刷装置
の給紙機構に設定された最新の給紙口データを適時に獲
得し、該獲得した給紙口データからユーザに選択させる
給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口データに基づく
各印刷装置の給紙資源の環境を視覚的に把握して、所望
の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を簡単な操作
で選択する印刷資源環境を自在に構築することができ
る。
【0234】また、所定の通信媒体(ネットワーク,イ
ンタフェースを含む)を介してデータ処理装置がプリン
タサーバ装置を介して複数の印刷装置と通信可能な印刷
システムのデータ処理方法であって、あるいは所定の通
信媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を
介して複数の印刷装置(プリンタ装置503,509,
552を含む図示しない他のプリンタ装置)と通信可能
な印刷システムを制御するコンピュータが読み出し可能
なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録媒体を
給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを
設定する設定工程(図示しない)と、前記設定工程によ
り各給紙口毎に設定された給紙口データをメモリに保持
する保持工程(図示しない)と、前記保持工程により前
記メモリに保持されている各給紙口毎の給紙口データを
それぞれ取得する取得工程(図示しない)と、前記取得
工程により取得した各給紙口データを前記プリンタサー
バ装置を介して発行される取得要求に基づいて通知する
通知工程(図示しない)と、各印刷装置から返送される
給紙口データをメモリに保存する保存工程(図18のス
テップ(5))と、各印刷装置の給紙機構に設定されて
いる給紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ装置
に発行する発行工程(図18のステップ(1))と、前
記発行工程により発行される前記給紙口データの獲得要
求時に、前記保存工程により前記メモリに保存される給
紙口データの更新要求状態を判定する判定工程(図示し
ない)と、前記判定工程による更新要求状態の判定結果
に基づいて最新の給紙口データを前記プリンタサーバ装
置を介して前記データ処理装置に返信する返信工程(図
18のステップ(6))と、前記返信工程により返信さ
れる前記給紙口データを解析して給紙資源情報を前記デ
ータ処理装置が備える表示部に表示させる表示工程(図
18のステップ(8))とを有するので、ユーザが意図
するデータ処理装置上からプリンタサーバ装置に対する
簡単な操作で、プリンタサーバ装置が制御する複数の印
刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙口データをそ
れぞれ適時に獲得して一元管理し、該管理されている各
印刷装置の給紙口データをデータ処理装置に提示し、該
提示された給紙口データに基づいてユーザに選択させる
給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口データに基づく
給紙資源の環境を視覚的に把握して、所望の記録媒体が
収容されて給紙可能な給紙口を簡単な操作で選択する印
刷資源環境を自在に構築することができ、かつ、給紙口
データを獲得するトラフィックを削減することも可能と
なる。
【0235】さらに、前記プリンタサーバ装置は、前記
判定手段により更新要求があると判定された場合に、最
新の給紙口データを各印刷装置から獲得して前記保存手
段に保存されている給紙口データを更新する更新手段を
備えるので、各印刷装置側の給紙口データの更新状態に
応じて給紙口データを獲得するため、対応する印刷装置
の給紙口データが更新されない限り給紙口データを獲得
する処理が不要となり、給紙口データの獲得に伴うトラ
フィックを減少させ、即座にデータ処理装置側に最新の
給紙口データを提示することができる。
【0236】また、前記給紙資源情報は、各給紙口毎に
設定される用紙名称データ,用紙属性データを含むもの
で、給紙口に設定された用紙名称,用紙属性(記録媒体
種別(OHPフィルムシート,カットシート),色紙,
厚紙,サイズ等)をもユーザに明示でき、ユーザが意図
する記録媒体を給紙可能な給紙口を確実に選択できる。
【0237】以下、図22に示すメモリマップを参照し
て本発明に係る印刷システムで読み出し可能なデータ処
理プログラムの構成について説明する。
【0238】図22は、本発明に係る印刷システムで読
み出し可能な各種データ処理プログラムを格納する記憶
媒体のメモリマップを説明する図である。
【0239】なお、特に図示しないが、記憶媒体に記憶
されるプログラム群を管理する情報、例えばバージョン
情報,作成者等も記憶され、かつ、プログラム読み出し
側のOS等に依存する情報、例えばプログラムを識別表
示するアイコン等も記憶される場合もある。
【0240】さらに、各種プログラムに従属するデータ
も上記ディレクトリに管理されている。また、各種プロ
グラムをコンピュータにインストールするためのプログ
ラムや、インストールするプログラムが圧縮されている
場合に、解凍するプログラム等も記憶される場合もあ
る。
【0241】本実施形態における図13,図14,図1
5,図18,図20に示す機能が外部からインストール
されるプログラムによって、ホストコンピュータにより
遂行されていてもよい。そして、その場合、CD−RO
MやフラッシュメモリやFD等の記憶媒体により、ある
いはネットワークを介して外部の記憶媒体から、プログ
ラムを含む情報群を出力装置に供給される場合でも本発
明は適用されるものである。
【0242】以上のように、前述した実施形態の機能を
実現するソフトウエアのプログラムコードを記録した記
憶媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステ
ムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMP
U)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読出し
実行することによっても、本発明の目的が達成されるこ
とは言うまでもない。
【0243】この場合、記憶媒体から読み出されたプロ
グラムコード自体が本発明の新規な機能を実現すること
になり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本
発明を構成することになる。
【0244】プログラムコードを供給するための記憶媒
体としては、例えば、フロッピーディスク,ハードディ
スク,光ディスク,光磁気ディスク,DVD,CD−R
OM,CD−R,磁気テープ,不揮発性のメモリカー
ド,ROM,EEPROM等を用いることができる。
【0245】また、コンピュータが読み出したプログラ
ムコードを実行することにより、前述した実施形態の機
能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指
示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペ
レーティングシステム)等が実際の処理の一部または全
部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が
実現される場合も含まれることは言うまでもない。
【0246】さらに、記憶媒体から読み出されたプログ
ラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボー
ドやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わ
るメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指
示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに
備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、
その処理によって前述した実施形態の機能が実現される
場合も含まれることは言うまでもない。
【0247】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る第1
の発明によれば、所定の通信媒体を介してデータ処理装
置と通信可能な印刷装置であって、記録媒体を給紙する
複数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙口デ
ータを設定する設定手段と、前記設定手段により各給紙
口毎に設定された給紙口データを保持する保持手段と、
前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
データをそれぞれ取得する取得手段と、前記取得手段に
より取得した各給紙口データを前記データ処理装置に通
知する通知手段とを有するので、設定されている最新の
給紙口データを取得して随時データ処理装置に提供する
ことができる。
【0248】第2の発明によれば、前記通知手段は、前
記データ処理装置からの取得要求に基づいて前記保持手
段により保持された前記給紙口データを前記データ処理
装置に通知するので、データ処理装置からの求めに応じ
て設定されている最新の給紙口データを取得して随時デ
ータ処理装置に提供することができる。
【0249】第3の発明によれば、所定の通信媒体を介
して印刷装置と通信可能なデータ処理装置であって、前
記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの
獲得要求を前記印刷装置に発行する発行手段と、前記発
行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づいて前
記印刷装置から転送される前記給紙口データを解析して
給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段とを有する
ので、印刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙口デ
ータを獲得し、該獲得した給紙口データからユーザに選
択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口データ
に基づく給紙資源の環境を視覚的に把握して、所望の記
録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を簡単な操作で選
択する印刷資源環境を自在に構築することができる。
【0250】第4の発明によれば、前記給紙資源情報
は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用紙属性
データを含むので、給紙口に設定された用紙名称,用紙
属性(記録媒体種別(OHPフィルムシート,カットシ
ート),色紙,厚紙,サイズ等)をもユーザに明示で
き、ユーザが意図する記録媒体を給紙可能な給紙口を確
実に選択できる。
【0251】第5の発明によれば、所定の通信媒体を介
してデータ処理装置と印刷装置とが通信可能な印刷シス
テムであって、前記印刷装置は、記録媒体を給紙する複
数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙口デー
タを設定する設定手段と、前記設定手段により各給紙口
毎に設定された給紙口データを保持する保持手段と、前
記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口デ
ータをそれぞれ取得する取得手段と、前記取得手段によ
り取得した各給紙口データを前記データ処理装置から発
行される取得要求に基づいて通知する通知手段とを備
え、前記データ処理装置は、前記印刷装置の給紙機構に
設定されている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置
に発行する発行手段と、前記発行手段による前記給紙口
データの獲得要求に基づいて前記印刷装置から転送され
る前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に
表示させる制御手段とを備えるので、ユーザが意図する
データ処理装置上から簡単な操作で、印刷可能に接続さ
れている印刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙口
データを適時に獲得し、該獲得した給紙口データからユ
ーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給紙
口データに基づく給紙資源の環境を視覚的に把握して、
所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を簡単な
操作で選択する印刷資源環境を自在に構築することがで
きる。
【0252】第6の発明によれば、所定の通信媒体を介
してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介して印刷
装置と通信可能な印刷システムであって、前記印刷装置
は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、各給紙機構
の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定手段と、前
記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口データ
を保持する保持手段と、前記保持手段により保持されて
いる各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得
手段と、前記取得手段により取得した各給紙口データを
前記プリンタサーバ装置から発行される取得要求に基づ
いて通知する通知手段とを備え、前記プリンタサーバ装
置は、前記印刷装置から返送される給紙口データを保存
する保存手段と、前記データ処理装置から要求される給
紙口データの獲得要求時に、前記保存手段に保存される
給紙口データの更新要求状態を判定する判定手段と、前
記判定手段による更新要求状態の判定結果に基づいて最
新の給紙口データを前記データ処理装置に返信する返信
手段とを備え、前記データ処理装置は、前記印刷装置の
給紙機構に設定されている給紙口データの獲得要求を前
記プリンタサーバ装置に発行する発行手段と、前記発行
手段による前記給紙口データの獲得要求に基づいて前記
プリンタサーバ装置から返送される前記給紙口データを
解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段と
を備えるので、ユーザが意図するデータ処理装置上から
プリンタサーバ装置に対する簡単な操作で、プリンタサ
ーバ装置が制御する印刷装置の給紙機構に設定された最
新の給紙口データを適時に獲得して一元管理し、該管理
されている給紙口データをデータ処理装置に提示し、該
提示された給紙口データに基づいてユーザに選択させる
給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口データに基づく
給紙資源の環境を視覚的に把握して、所望の記録媒体が
収容されて給紙可能な給紙口を簡単な操作で選択する印
刷資源環境を自在に構築することができ、かつ、給紙口
データを獲得するトラフィックを削減することも可能と
なる。
【0253】第7の発明によれば、所定の通信媒体を介
してデータ処理装置と複数の印刷装置とが通信可能な印
刷システムであって、各印刷装置は、記録媒体を給紙す
る複数の給紙機構と、各給紙機構の各給紙口毎に給紙口
データを設定する設定手段と、前記設定手段により各給
紙口毎に設定された給紙口データを保持する保持手段
と、前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給
紙口データをそれぞれ取得する取得手段と、前記取得手
段により取得した各給紙口データを前記データ処理装置
から発行される取得要求に基づいて通知する通知手段と
を備え、前記データ処理装置は、各印刷装置の給紙機構
に設定されている給紙口データの獲得要求を前記印刷装
置に発行する発行手段と、前記発行手段による前記給紙
口データの獲得要求に基づいて各印刷装置から転送され
る前記給紙口データを解析して給紙資源情報を表示部に
表示させる制御手段とを備えるので、ユーザが意図する
データ処理装置上から簡単な操作で、印刷可能に接続さ
れている各印刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙
口データを適時に獲得し、該獲得した給紙口データから
ユーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給
紙口データに基づく各印刷装置の給紙資源の環境を視覚
的に把握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な
給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構
築することができる。
【0254】第8の発明によれば、所定の通信媒体を介
してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を介して複数
の印刷装置と通信可能な印刷システムであって、各印刷
装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、各給紙
機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定手段
と、前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口
データを保持する保持手段と、前記保持手段により保持
されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得す
る取得手段と、前記取得手段により取得した各給紙口デ
ータを前記プリンタサーバ装置から発行される取得要求
に基づいて通知する通知手段とを備え、前記プリンタサ
ーバ装置は、各印刷装置から返送される給紙口データを
保存する保存手段と、前記データ処理装置から要求され
る給紙口データの獲得要求時に、前記保存手段に保存さ
れる給紙口データの更新要求状態を判定する判定手段
と、前記判定手段による更新要求状態の判定結果に基づ
いて最新の給紙口データを前記データ処理装置に返信す
る返信手段とを備え、前記データ処理装置は、各印刷装
置の給紙機構に設定されている給紙口データの獲得要求
を前記プリンタサーバ装置に発行する発行手段と、前記
発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づいて
前記プリンタサーバ装置から返送される前記給紙口デー
タを解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手
段とを備えるので、ユーザが意図するデータ処理装置上
からプリンタサーバ装置に対する簡単な操作で、プリン
タサーバ装置が制御する複数の印刷装置の給紙機構に設
定された最新の給紙口データをそれぞれ適時に獲得して
一元管理し、該管理されている各印刷装置の給紙口デー
タをデータ処理装置に提示し、該提示された給紙口デー
タに基づいてユーザに選択させる給紙資源情報を画面に
明示でき、給紙口データに基づく給紙資源の環境を視覚
的に把握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な
給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構
築することができ、かつ、給紙口データを獲得するトラ
フィックを削減することも可能となる。
【0255】第9の発明によれば、前記プリンタサーバ
装置は、前記判定手段により更新要求があると判定され
た場合に、最新の給紙口データを各印刷装置から獲得し
て前記保存手段に保存されている給紙口データを更新す
る更新手段を備えるので、各印刷装置側の給紙口データ
の更新状態に応じて給紙口データを獲得するため、対応
する印刷装置の給紙口データが更新されない限り給紙口
データを獲得する処理が不要となり、給紙口データの獲
得に伴うトラフィックを減少させ、即座にデータ処理装
置側に最新の給紙口データを提示することができる。
【0256】第10の発明によれば、前記給紙資源情報
は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,用紙属性
データを含むので、給紙口に設定された用紙名称,用紙
属性(記録媒体種別(OHPフィルムシート,カットシ
ート),色紙,厚紙,サイズ等)をもユーザに明示で
き、ユーザが意図する記録媒体を給紙可能な給紙口を確
実に選択できる。
【0257】第11,第21の発明によれば、所定の通
信媒体を介してデータ処理装置と通信可能な印刷装置の
データ処理方法であって、あるいは所定の通信媒体を介
してデータ処理装置と通信可能な印刷装置を制御するコ
ンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶
媒体であって、記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各
給紙口毎に給紙口データを設定する設定工程と、前記設
定工程により各給紙口毎に設定された給紙口データをメ
モリに保持する保持工程と、前記保持工程により保持さ
れている各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する
取得工程と、前記取得工程により取得した各給紙口デー
タを前記データ処理装置に通知する通知工程とを有する
ので、設定されている最新の給紙口データを取得して随
時データ処理装置に提供することができる。
【0258】第12,第22の発明によれば、前記通知
工程は、前記データ処理装置からの取得要求に基づいて
前記保持工程により前記メモリに保持された前記給紙口
データを前記データ処理装置に通知するので、データ処
理装置からの求めに応じて設定されている最新の給紙口
データを取得して随時データ処理装置に提供することが
できる。
【0259】第13,第23の発明によれば、所定の通
信媒体を介して印刷装置と通信可能なデータ処理装置の
データ処理方法であって、あるいは所定の通信媒体を介
して印刷装置と通信可能なデータ処理装置を制御するコ
ンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶
媒体であって、前記印刷装置の給紙機構に設定されてい
る給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発行する発
行工程と、前記発行工程による前記給紙口データの獲得
要求に基づいて前記印刷装置から転送される前記給紙口
データを解析して給紙資源情報を表示部に表示させる表
示工程とを有するので、印刷装置の給紙機構に設定され
た最新の給紙口データを獲得し、該獲得した給紙口デー
タからユーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示で
き、給紙口データに基づく給紙資源の環境を視覚的に把
握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口
を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構築する
ことができる。
【0260】第14,第24の発明によれば、前記給紙
資源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,
用紙属性データを含むので、給紙口に設定された用紙名
称,用紙属性(記録媒体種別(OHPフィルムシート,
カットシート),色紙,厚紙,サイズ等)をもユーザに
明示でき、ユーザが意図する記録媒体を給紙可能な給紙
口を確実に選択できる。
【0261】第15,第25の発明によれば、所定の通
信媒体を介してデータ処理装置と印刷装置とが通信可能
な印刷システムのデータ処理方法であって、あるいは所
定の通信媒体を介してデータ処理装置と印刷装置とが通
信可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出
し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録
媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デ
ータを設定する設定工程と、前記設定工程により各給紙
口毎に設定された給紙口データをメモリに保持する保持
工程と、前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙
口データの獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程
と、前記保持工程により前記メモリに保持されている各
給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程
と、前記取得工程により取得した各給紙口データを前記
発行工程により発行される取得要求に基づいて前記デー
タ処理装置に通知する通知工程と、前記通知工程により
通知される前記給紙口データを解析して給紙資源情報を
表示部に表示させる表示工程と有するので、ユーザが意
図するデータ処理装置上から簡単な操作で、印刷可能に
接続されている印刷装置の給紙機構に設定された最新の
給紙口データを適時に獲得し、該獲得した給紙口データ
からユーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示で
き、給紙口データに基づく給紙資源の環境を視覚的に把
握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口
を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構築する
ことができる。
【0262】第16,第26の発明によれば、所定の通
信媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を
介して印刷装置と通信可能な印刷システムのデータ処理
方法であって、あるいは所定の通信媒体を介してデータ
処理装置がプリンタサーバ装置を介して印刷装置と通信
可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出し
可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、記録媒
体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙口デー
タを設定する設定工程と、前記設定工程により各給紙口
毎に設定された給紙口データをメモリに保持する保持工
程と、前記保持工程により前記メモリに保持されている
各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程
と、前記取得工程により取得した各給紙口データを前記
プリンタサーバ装置を介して発行される取得要求に基づ
いて通知する通知工程と、前記印刷装置から返送される
給紙口データをメモリに保存する保存工程と、前記印刷
装置の給紙機構に設定されている給紙口データの獲得要
求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行工程と、前
記発行工程により発行される前記給紙口データの獲得要
求時に、前記保存工程により前記メモリに保存される給
紙口データの更新要求状態を判定する判定工程と、前記
判定工程による更新要求状態の判定結果に基づいて最新
の給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して前記
データ処理装置に返信する返信工程と、前記返信工程に
より返信される前記給紙口データを解析して給紙資源情
報を前記データ処理装置が備える表示部に表示させる表
示工程とを有するので、ユーザが意図するデータ処理装
置上からプリンタサーバ装置に対する簡単な操作で、プ
リンタサーバ装置が制御する印刷装置の給紙機構に設定
された最新の給紙口データを適時に獲得して一元管理
し、該管理されている給紙口データをデータ処理装置に
提示し、該提示された給紙口データに基づいてユーザに
選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給紙口デー
タに基づく給紙資源の環境を視覚的に把握して、所望の
記録媒体が収容されて給紙可能な給紙口を簡単な操作で
選択する印刷資源環境を自在に構築することができ、か
つ、給紙口データを獲得するトラフィックを削減するこ
とも可能となる。
【0263】第17,第27の発明によれば、所定の通
信媒体を介してデータ処理装置と複数の印刷装置とが通
信可能な印刷システムのデータ処理方法であって、ある
いは所定の通信媒体を介してデータ処理装置と複数の印
刷装置とが通信可能な印刷システムを制御するコンピュ
ータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体で
あって、記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口
毎に給紙口データを設定する設定工程と、前記設定工程
により各給紙口毎に設定された給紙口データをメモリに
保持する保持工程と、前記保持工程により前記メモリ上
に保持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ
取得する取得工程と、各印刷装置の給紙機構に設定され
ている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発行す
る発行工程と、前記発行工程により発行される取得要求
に基づいて前記取得工程により取得した各給紙口毎の給
紙口データを前記データ処理装置に通知する通知工程
と、前記通知工程により通知される前記給紙口データを
解析して給紙資源情報を前記データ処理装置の表示部に
表示させる表示工程とを有するので、ユーザが意図する
データ処理装置上から簡単な操作で、印刷可能に接続さ
れている各印刷装置の給紙機構に設定された最新の給紙
口データを適時に獲得し、該獲得した給紙口データから
ユーザに選択させる給紙資源情報を画面に明示でき、給
紙口データに基づく各印刷装置の給紙資源の環境を視覚
的に把握して、所望の記録媒体が収容されて給紙可能な
給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源環境を自在に構
築することができる。
【0264】第18,第28の発明によれば、所定の通
信媒体を介してデータ処理装置がプリンタサーバ装置を
介して複数の印刷装置と通信可能な印刷システムのデー
タ処理方法であって、あるいは所定の通信媒体を介して
データ処理装置がプリンタサーバ装置を介して複数の印
刷装置と通信可能な印刷システムを制御するコンピュー
タが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であ
って、記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎
に給紙口データを設定する設定工程と、前記設定工程に
より各給紙口毎に設定された給紙口データをメモリに保
持する保持工程と、前記保持工程により前記メモリに保
持されている各給紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得
する取得工程と、前記取得工程により取得した各給紙口
データを前記プリンタサーバ装置を介して発行される取
得要求に基づいて通知する通知工程と、各印刷装置から
返送される給紙口データをメモリに保存する保存工程
と、各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口デー
タの獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行
工程と、前記発行工程により発行される前記給紙口デー
タの獲得要求時に、前記保存工程により前記メモリに保
存される給紙口データの更新要求状態を判定する判定工
程と、前記判定工程による更新要求状態の判定結果に基
づいて最新の給紙口データを前記プリンタサーバ装置を
介して前記データ処理装置に返信する返信工程と、前記
返信工程により返信される前記給紙口データを解析して
給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表示部に表
示させる表示工程とを有するので、ユーザが意図するデ
ータ処理装置上からプリンタサーバ装置に対する簡単な
操作で、プリンタサーバ装置が制御する複数の印刷装置
の給紙機構に設定された最新の給紙口データをそれぞれ
適時に獲得して一元管理し、該管理されている各印刷装
置の給紙口データをデータ処理装置に提示し、該提示さ
れた給紙口データに基づいてユーザに選択させる給紙資
源情報を画面に明示でき、給紙口データに基づく給紙資
源の環境を視覚的に把握して、所望の記録媒体が収容さ
れて給紙可能な給紙口を簡単な操作で選択する印刷資源
環境を自在に構築することができ、かつ、給紙口データ
を獲得するトラフィックを削減することも可能となる。
【0265】第19,第29の発明によれば、前記プリ
ンタサーバ装置は、前記判定手段により更新要求がある
と判定された場合に、最新の給紙口データを各印刷装置
から獲得して前記保存手段に保存されている給紙口デー
タを更新する更新手段を備えるので、各印刷装置側の給
紙口データの更新状態に応じて給紙口データを獲得する
ため、対応する印刷装置の給紙口データが更新されない
限り給紙口データを獲得する処理が不要となり、給紙口
データの獲得に伴うトラフィックを減少させ、即座にデ
ータ処理装置側に最新の給紙口データを提示することが
できる。
【0266】第20,第30の発明によれば、前記給紙
資源情報は、各給紙口毎に設定される用紙名称データ,
用紙属性データを含むもので、給紙口に設定された用紙
名称,用紙属性(記録媒体種別(OHPフィルムシー
ト,カットシート),色紙,厚紙,サイズ等)をもユー
ザに明示でき、ユーザが意図する記録媒体を給紙可能な
給紙口を確実に選択できる。
【0267】第31の発明によれば、所定の用紙名称が
割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定の
通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する印
刷制御装置であって、前記用紙名称を選択するための用
紙名称項目を含む印刷操作画面を表示部に表示する第1
の表示制御手段と、アプリケーションからの印刷要求に
基づいて利用可能な印刷装置の資源情報を調査して取得
する取得手段と、前記取得手段が取得した各印刷装置の
資源情報を解析して用紙名称情報テーブルを作成する第
1の作成手段と、前記第1の作成手段により作成された
用紙名称情報テーブルに基づいて前記印刷操作画面に表
示するための用紙名称リストを作成する第2の作成手段
と、前記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の指示に基
づいて前記第2の作成手段により作成された用紙名称リ
ストに従う選択可能な用紙名称項目一覧を前記印刷操作
画面上に表示させる第2の表示制御手段と、前記用紙名
称項目一覧上で選択された所望の用紙名称項目が割り当
てられている印刷装置を前記用紙名称情報テーブルから
検索して前記印刷情報の出力先に設定する設定手段とを
有するので、所望の用紙名称が割り当てられた印刷装置
がネットワーク上のいずれの印刷装置であるかを意識す
ることなく、従来の用紙名称選択操作と同様の簡単な操
作指示で選択された用紙名称が割り当てられている印刷
装置から意図する印刷結果を得ることができるネットワ
ーク用紙名称選択印刷処理環境を自在に構築することが
できる。
【0268】第32の発明によれば、前記第2の表示制
御手段は、前記用紙名称リストの先頭用紙名称をカレン
トの用紙名称として前記前記印刷操作画面上に表示する
ので、カレントの用紙名称を自動設定することができ
る。
【0269】第33の発明によれば、同一の用紙名称が
複数の印刷装置で競合して割り当てられる複数の印刷装
置に対する選択条件を指定する指定手段と、前記同一の
用紙名称が複数の印刷装置で競合する競合用紙名称かど
うかを判定する判定手段と、前記判定手段が選択された
所望の用紙名称項目が競合用紙名称であると判定した場
合に、前記指定手段により指定された選択条件に基づい
て前記設定手段が設定すべき前記印刷情報の出力先を決
定する決定手段とを有するので、用紙名称が競合する印
刷装置が複数存在するネットワーク環境においても、ユ
ーザが意図する条件に従う最適な印刷装置を出力先に決
定できるため、印刷情報を最適な印刷装置から出力さ
せ、印刷処理無駄を軽減することができる。
【0270】第34の発明によれば、前記複数の印刷装
置には、所定のデータ処理装置に1対1に接続される印
刷装置を含むので、ネットワークプリンタとして機能す
るローカルプリンタをも含むネットワーク環境下におい
ても、用紙名称項目選択による印刷処理環境を自在に整
備することができる。
【0271】第35,第36の発明によれば、所定の用
紙名称が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置
と所定の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制
御する印刷制御方法であって、あるいは所定の用紙名称
が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定
の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する
コンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記
憶媒体であって、前記用紙名称を選択するための用紙名
称項目を含む印刷操作画面を表示部に表示する第1の表
示工程と、アプリケーションからの印刷要求に基づいて
利用可能な印刷装置の資源情報を調査して取得する取得
工程と、該取得した各印刷装置の資源情報を解析して用
紙名称情報テーブルを作成する第1の作成工程と、該作
成された用紙名称情報テーブルに基づいて前記印刷操作
画面に表示するための用紙名称リストを作成する第2の
作成工程と、前記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の
指示に基づいて作成された用紙名称リストに従う選択可
能な用紙名称項目一覧を前記印刷操作画面上に表示させ
る第2の表示工程と、前記用紙名称項目一覧上で選択さ
れた所望の用紙名称項目が割り当てられている印刷装置
を前記用紙名称情報テーブルから検索して前記印刷情報
の出力先を設定する設定工程とを有するので、所望の用
紙名称が割り当てられた印刷装置がネットワーク上のい
ずれの印刷装置であるかを意識することなく、従来の用
紙名称選択操作と同様の簡単な操作指示で選択された用
紙名称が割り当てられている印刷装置から意図する印刷
結果を得ることができるネットワーク用紙名称選択印刷
処理環境を自在に構築することができる。
【0272】第37,第38の発明は、所定の用紙名称
が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定
の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する
印刷制御方法であって、あるいは所定の用紙名称が割り
当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定の通信
媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御するコンピ
ュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
であって、アプリケーションからの印刷要求に基づいて
前記所定の通信媒体上に利用可能な印刷装置があるかど
うかを判断する判断工程と、該判断により利用可能な印
刷装置のネットワーク情報をメモリに保存する第1の保
存工程と、前記メモリに保存された前記ネットワーク情
報を解析して用紙名称指定可能な印刷装置の調査数を設
定する設定工程と、該設定された調査数分、各印刷装置
に用紙名称に従う給紙口選択機能があるかどうかを調査
判定する調査工程と、該調査工程により用紙名称に従う
給紙口選択機能があると判定された場合に、各給紙口に
割り当てられている用紙名称を取得して前記メモリに保
存する第2の保存工程とを有するので、印刷利用可能な
各印刷装置から表示部に表示する印刷操作画面上の用紙
名称を自動的に取得して最新の用紙名称を管理すること
ができる。
【0273】第39,第40の発明は、所定の用紙名称
が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定
の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する
印刷制御方法であって、あるいは所定の用紙名称が割り
当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定の通信
媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御するコンピ
ュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
であって、用紙名称に従う給紙口選択機能を備える印刷
装置から取得される用紙名称がメモリに登録されている
かどうかを判定する判定工程と、該判定により前記メモ
リに用紙名称が登録されていると判定した場合に、前記
メモリを検索して表示部の印刷操作画面の用紙名称項目
に表示する用紙名称リストを作成する作成工程と、該作
成された用紙名称リストに従って前記用紙名称項目に表
示するカレントの用紙名称を表示する表示工程とを有す
るので、カレントとして表示すべき用紙名称項目を自動
設定することができる。
【0274】第41,第42の発明は、所定の用紙名称
が割り当て可能な給紙口を備える複数の印刷装置と所定
の通信媒体を介して通信して印刷情報の転送を制御する
印刷制御方法であって、表示部の印刷操作画面の用紙名
称項目の選択指示状態を判定する第1の判定工程と、前
記第1の判定工程が前記表示部の印刷操作画面の用紙名
称項目が選択指示されていると判定した場合に、メモリ
に保存されている用紙名称リストに従って前記表示部の
印刷操作画面上に用紙名称リストを一覧表示する表示工
程と、前記一覧表示された前記用紙名称リストに基づい
て用紙名称が変更指示されたかどうかを判定する第2の
判定工程と、前記第2の判定工程が用紙名称が変更され
ていると判定した場合に、前記一覧表示された前記用紙
名称リストから選択された用紙名称をカレントの用紙名
称項目に設定する第1の設定工程と、印刷開始または印
刷取消しの指示がなされているかどうかを判定する第3
の判定工程と、前記第3の判定工程が開始指示がなされ
ていると判定した場合に、カレントに設定されている用
紙名称項目に基づいてメモリに保存されている用紙名称
情報を参照して印刷情報の出力先に設定する第2の設定
工程と、前記第2の設定手段により出力先に設定された
印刷装置に前記印刷情報を送信する送信工程とを有する
ので、印刷操作画面上で選択可能な用紙名称の一覧を確
認しながら、所望とする用紙名称を選択するという簡単
な操作で、ネットワーク上の印刷装置を意識することな
く、選択された用紙名称に一致する印刷装置に対して印
刷情報を自動送信することができる。
【0275】従って、ネットワーク環境下においても、
従来の用紙名称選択操作と同様の操作で、意図する用紙
名称が割り当てられた印刷装置から最良の印刷結果を得
ることができるネットワーク用紙名称選択印刷処理環境
を自在に構築することができる等の効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施形態を示す印刷制御装置を適
用可能な印刷システムの構成を説明するブロック図であ
る。
【図2】図1に示したホストに管理されるプリンタ資源
管理テーブルの一例を示す図である。
【図3】図1に示した印刷システムのホスト側およびプ
リンタ側の要部構成を説明するブロック図である。
【図4】図3に示したホストの媒体読取り部に供給され
る記憶媒体の給付処理を説明する図である。
【図5】図4に示した記憶媒体のメモリマップを説明す
る図である。
【図6】図3に示した記憶部のRAM上のメモリマップ
を説明する図である。
【図7】図1に示したホストがネットワークを介して取
得したネットワーク情報で作成されるネットワーク情報
テーブルの一例を示す図である。
【図8】図1に示したホストがネットワークを介して取
得したネットワークプリンタの用紙名称指定情報テーブ
ルの一例を示す図である。
【図9】図8に示した用紙名称指定情報テーブルに基づ
いて作成される用紙名称リストの一例を示す図である。
【図10】図3に示した表示部に表示される第1の印刷
開始指定画面の一例を示す図である。
【図11】図3に示した表示部に表示される第2の印刷
開始指定画面の一例を示す図である。
【図12】図10に示した印刷開始指示画面上のボタン
の指示時に表示される選択可能な用紙名称一覧を示す図
である。
【図13】本発明に係る印刷制御装置のデータ処理手順
の一例を示すフローチャートである。
【図14】本発明に係る印刷制御装置のデータ処理手順
の一例を示すフローチャートである。
【図15】本発明に係る印刷制御装置のデータ処理手順
の一例を示すフローチャートである。
【図16】本発明の第2実施形態を示す印刷制御装置を
適用可能な印刷システムの構成を説明するブロック図で
ある。
【図17】本発明の第5実施形態を示す印刷制御装置を
適用可能な印刷システムの一例を示すブロック図であ
る。
【図18】本発明に係る印刷システムにおけるデータ処
理手順の一例を示すフローチャートである。
【図19】本発明の第6実施形態を示す印刷システムの
構成を説明するブロック図である。
【図20】本発明に係る印刷システムにおけるデータ処
理手順の一例を示すフローチャートである。
【図21】本発明の第8実施形態を示す印刷システムの
構成を説明するブロック図である。
【図22】本発明に係るデータ処理装置を適用可能な印
刷システムで読み出し可能な各種データ処理プログラム
を格納する記憶媒体のメモリマップを説明する図であ
る。
【図23】この種の印刷制御装置を適用可能な印刷シス
テムの構成を説明する図である。
【図24】この種の印刷制御装置を適用可能な印刷シス
テムの構成を説明する図である。
【図25】この種の印刷制御装置を適用可能な印刷シス
テムの構成を説明する図である。
【図26】この種の印刷制御装置を適用可能な印刷シス
テムの構成を説明する図である。
【符号の説明】
1 ホスト 2 プリンタ 101 制御部 102 接続部 103 記憶部 104 表示部 105 媒体読取り部 106 記憶媒体 107 入力部 201 制御部 202 接続部 203 記憶部 204 印刷部 205 給紙部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (54)【発明の名称】 印刷装置および印刷システムおよび印刷装置のデータ処理方法および印刷システムのデータ処理 方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを 格納した記憶媒体

Claims (42)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 所定の通信媒体を介してデータ処理装置
    と通信可能な印刷装置であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、 各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定
    手段と、 前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タを保持する保持手段と、 前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得手段と、 前記取得手段により取得した各給紙口データを前記デー
    タ処理装置に通知する通知手段と、を有することを特徴
    とする印刷装置。
  2. 【請求項2】 前記通知手段は、前記データ処理装置か
    らの取得要求に基づいて前記保持手段により保持された
    前記給紙口データを前記データ処理装置に通知すること
    を特徴とする請求項1記載の印刷装置。
  3. 【請求項3】 所定の通信媒体を介して印刷装置と通信
    可能なデータ処理装置であって、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行手段と、 前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて前記印刷装置から転送される前記給紙口データを解
    析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段と、
    を有することを特徴とするデータ処理装置。
  4. 【請求項4】 前記給紙資源情報は、各給紙口毎に設定
    される用紙名称データ,用紙属性データを含むことを特
    徴とする請求項4記載のデータ処理装置。
  5. 【請求項5】 所定の通信媒体を介してデータ処理装置
    と印刷装置とが通信可能な印刷システムであって、 前記印刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構
    と、 各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定
    手段と、 前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タを保持する保持手段と、 前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得手段と、 前記取得手段により取得した各給紙口データを前記デー
    タ処理装置から発行される取得要求に基づいて通知する
    通知手段とを備え、 前記データ処理装置は、前記印刷装置の給紙機構に設定
    されている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発
    行する発行手段と、 前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて前記印刷装置から転送される前記給紙口データを解
    析して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段とを
    備えることを特徴とする印刷システム。
  6. 【請求項6】 所定の通信媒体を介してデータ処理装置
    がプリンタサーバ装置を介して印刷装置と通信可能な印
    刷システムであって、 前記印刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構
    と、 各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定
    手段と、 前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タを保持する保持手段と、 前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得手段と、 前記取得手段により取得した各給紙口データを前記プリ
    ンタサーバ装置から発行される取得要求に基づいて通知
    する通知手段とを備え、 前記プリンタサーバ装置は、前記印刷装置から返送され
    る給紙口データを保存する保存手段と、 前記データ処理装置から要求される給紙口データの獲得
    要求時に、前記保存手段に保存される給紙口データの更
    新要求状態を判定する判定手段と、 前記判定手段による更新要求状態の判定結果に基づいて
    最新の給紙口データを前記データ処理装置に返信する返
    信手段とを備え、 前記データ処理装置は、前記印刷装置の給紙機構に設定
    されている給紙口データの獲得要求を前記プリンタサー
    バ装置に発行する発行手段と、 前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて前記プリンタサーバ装置から返送される前記給紙口
    データを解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制
    御手段とを備えることを特徴とする印刷システム。
  7. 【請求項7】 所定の通信媒体を介してデータ処理装置
    と複数の印刷装置とが通信可能な印刷システムであっ
    て、 各印刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、 各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定
    手段と、 前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タを保持する保持手段と、 前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得手段と、 前記取得手段により取得した各給紙口データを前記デー
    タ処理装置から発行される取得要求に基づいて通知する
    通知手段とを備え、 前記データ処理装置は、各印刷装置の給紙機構に設定さ
    れている給紙口データの獲得要求を前記印刷装置に発行
    する発行手段と、 前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて各印刷装置から転送される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を表示部に表示させる制御手段とを備
    えることを特徴とする印刷システム。
  8. 【請求項8】 所定の通信媒体を介してデータ処理装置
    がプリンタサーバ装置を介して複数の印刷装置と通信可
    能な印刷システムであって、 各印刷装置は、記録媒体を給紙する複数の給紙機構と、 各給紙機構の各給紙口毎に給紙口データを設定する設定
    手段と、 前記設定手段により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タを保持する保持手段と、 前記保持手段により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得手段と、 前記取得手段により取得した各給紙口データを前記プリ
    ンタサーバ装置から発行される取得要求に基づいて通知
    する通知手段とを備え、 前記プリンタサーバ装置は、各印刷装置から返送される
    給紙口データを保存する保存手段と、 前記データ処理装置から要求される給紙口データの獲得
    要求時に、前記保存手段に保存される給紙口データの更
    新要求状態を判定する判定手段と、 前記判定手段による更新要求状態の判定結果に基づいて
    最新の給紙口データを前記データ処理装置に返信する返
    信手段とを備え、 前記データ処理装置は、各印刷装置の給紙機構に設定さ
    れている給紙口データの獲得要求を前記プリンタサーバ
    装置に発行する発行手段と、 前記発行手段による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて前記プリンタサーバ装置から返送される前記給紙口
    データを解析して給紙資源情報を表示部に表示させる制
    御手段とを備えることを特徴とする印刷システム。
  9. 【請求項9】 前記プリンタサーバ装置は、前記判定手
    段により更新要求があると判定された場合に、最新の給
    紙口データを各印刷装置から獲得して前記保存手段に保
    存されている給紙口データを更新する更新手段を備える
    ことを特徴とする請求項6または8記載の印刷システ
    ム。
  10. 【請求項10】 前記給紙資源情報は、各給紙口毎に設
    定される用紙名称データ,用紙属性データを含むことを
    特徴とする請求項5〜8のいずれか記載の印刷システ
    ム。
  11. 【請求項11】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置と通信可能な印刷装置のデータ処理方法であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記デー
    タ処理装置に通知する通知工程と、を有することを特徴
    とする印刷装置のデータ処理方法。
  12. 【請求項12】 前記通知工程は、前記データ処理装置
    からの取得要求に基づいて前記保持工程により前記メモ
    リに保持された前記給紙口データを前記データ処理装置
    に通知することを特徴とする請求項11記載の印刷装置
    のデータ処理方法。
  13. 【請求項13】 所定の通信媒体を介して印刷装置と通
    信可能なデータ処理装置のデータ処理方法であって、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、 前記発行工程による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて前記印刷装置から転送される前記給紙口データを解
    析して給紙資源情報を表示部に表示させる表示工程と、
    を有することを特徴とするデータ処理装置のデータ処理
    方法。
  14. 【請求項14】 前記給紙資源情報は、各給紙口毎に設
    定される用紙名称データ,用紙属性データを含むことを
    特徴とする請求項13記載のデータ処理装置のデータ処
    理方法。
  15. 【請求項15】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置と印刷装置とが通信可能な印刷システムのデータ処理
    方法であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、 前記保持工程により前記メモリに保持されている各給紙
    口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記発行
    工程により発行される取得要求に基づいて前記データ処
    理装置に通知する通知工程と、 前記通知工程により通知される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を表示部に表示させる表示工程と有す
    ることを特徴とする印刷システムのデータ処理方法。
  16. 【請求項16】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置がプリンタサーバ装置を介して印刷装置と通信可能な
    印刷システムのデータ処理方法であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により前記メモリに保持されている各給紙
    口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記プリ
    ンタサーバ装置を介して発行される取得要求に基づいて
    通知する通知工程と、 前記印刷装置から返送される給紙口データをメモリに保
    存する保存工程と、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行工
    程と、 前記発行工程により発行される前記給紙口データの獲得
    要求時に、前記保存工程により前記メモリに保存される
    給紙口データの更新要求状態を判定する判定工程と、 前記判定工程による更新要求状態の判定結果に基づいて
    最新の給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して
    前記データ処理装置に返信する返信工程と、 前記返信工程により返信される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表示部
    に表示させる表示工程とを有することを特徴とする印刷
    システムのデータ処理方法。
  17. 【請求項17】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置と複数の印刷装置とが通信可能な印刷システムのデー
    タ処理方法であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により前記メモリ上に保持されている各給
    紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの
    獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、 前記発行工程により発行される取得要求に基づいて前記
    取得工程により取得した各給紙口毎の給紙口データを前
    記データ処理装置に通知する通知工程と、 前記通知工程により通知される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を前記データ処理装置の表示部に表示
    させる表示工程とを有することを特徴とする印刷システ
    ムのデータ処理方法。
  18. 【請求項18】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置がプリンタサーバ装置を介して複数の印刷装置と通信
    可能な印刷システムのデータ処理方法であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により前記メモリに保持されている各給紙
    口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記プリ
    ンタサーバ装置を介して発行される取得要求に基づいて
    通知する通知工程と、 各印刷装置から返送される給紙口データをメモリに保存
    する保存工程と、 各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの
    獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行工程
    と、 前記発行工程により発行される前記給紙口データの獲得
    要求時に、前記保存工程により前記メモリに保存される
    給紙口データの更新要求状態を判定する判定工程と、 前記判定工程による更新要求状態の判定結果に基づいて
    最新の給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して
    前記データ処理装置に返信する返信工程と、 前記返信工程により返信される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表示部
    に表示させる表示工程とを有することを特徴とする印刷
    システムのデータ処理方法。
  19. 【請求項19】 前記プリンタサーバ装置は、前記判定
    手段により更新要求があると判定された場合に、最新の
    給紙口データを各印刷装置から獲得して前記保存手段に
    保存されている給紙口データを更新する更新手段を備え
    ることを特徴とする請求項16または18記載の印刷シ
    ステムのデータ処理方法。
  20. 【請求項20】 前記給紙資源情報は、各給紙口毎に設
    定される用紙名称データ,用紙属性データを含むことを
    特徴とする請求項15〜18のいずれか記載の印刷シス
    テムのデータ処理方法。
  21. 【請求項21】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置と通信可能な印刷装置を制御するコンピュータが読み
    出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により保持されている各給紙口毎の給紙口
    データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記デー
    タ処理装置に通知する通知工程と、を有することを特徴
    とするコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納
    した記憶媒体。
  22. 【請求項22】 前記通知工程は、前記データ処理装置
    からの取得要求に基づいて前記保持工程により前記メモ
    リに保持された前記給紙口データを前記データ処理装置
    に通知することを特徴とする請求項21記載の印刷装置
    のコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した
    記憶媒体。
  23. 【請求項23】 所定の通信媒体を介して印刷装置と通
    信可能なデータ処理装置を制御するコンピュータが読み
    出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、 前記発行工程による前記給紙口データの獲得要求に基づ
    いて前記印刷装置から転送される前記給紙口データを解
    析して給紙資源情報を表示部に表示させる表示工程と、
    を有することを特徴とするコンピュータが読み出し可能
    なプログラムを格納した記憶媒体。
  24. 【請求項24】 前記給紙資源情報は、各給紙口毎に設
    定される用紙名称データ,用紙属性データを含むことを
    特徴とする請求項23記載のコンピュータが読み出し可
    能なプログラムを格納した記憶媒体。
  25. 【請求項25】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置と印刷装置とが通信可能な印刷システムを制御するコ
    ンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶
    媒体であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、 前記保持工程により前記メモリに保持されている各給紙
    口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記発行
    工程により発行される取得要求に基づいて前記データ処
    理装置に通知する通知工程と、 前記通知工程により通知される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を表示部に表示させる表示工程と有す
    ることを特徴とするコンピュータが読み出し可能なプロ
    グラムを格納した記憶媒体。
  26. 【請求項26】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置がプリンタサーバ装置を介して印刷装置と通信可能な
    印刷システムを制御するコンピュータが読み出し可能な
    プログラムを格納した記憶媒体であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により前記メモリに保持されている各給紙
    口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記プリ
    ンタサーバ装置を介して発行される取得要求に基づいて
    通知する通知工程と、 前記印刷装置から返送される給紙口データをメモリに保
    存する保存工程と、 前記印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データ
    の獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行工
    程と、 前記発行工程により発行される前記給紙口データの獲得
    要求時に、前記保存工程により前記メモリに保存される
    給紙口データの更新要求状態を判定する判定工程と、 前記判定工程による更新要求状態の判定結果に基づいて
    最新の給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して
    前記データ処理装置に返信する返信工程と、 前記返信工程により返信される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表示部
    に表示させる表示工程とを有することを特徴とする印刷
    システムのデータ処理方法。
  27. 【請求項27】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置と複数の印刷装置とが通信可能な印刷システムを制御
    するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納し
    た記憶媒体であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により前記メモリ上に保持されている各給
    紙口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの
    獲得要求を前記印刷装置に発行する発行工程と、 前記発行工程により発行される取得要求に基づいて前記
    取得工程により取得した各給紙口毎の給紙口データを前
    記データ処理装置に通知する通知工程と、 前記通知工程により通知される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を前記データ処理装置の表示部に表示
    させる表示工程とを有することを特徴とするコンピュー
    タが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体。
  28. 【請求項28】 所定の通信媒体を介してデータ処理装
    置がプリンタサーバ装置を介して複数の印刷装置と通信
    可能な印刷システムを制御するコンピュータが読み出し
    可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 記録媒体を給紙する複数の給紙機構の各給紙口毎に給紙
    口データを設定する設定工程と、 前記設定工程により各給紙口毎に設定された給紙口デー
    タをメモリに保持する保持工程と、 前記保持工程により前記メモリに保持されている各給紙
    口毎の給紙口データをそれぞれ取得する取得工程と、 前記取得工程により取得した各給紙口データを前記プリ
    ンタサーバ装置を介して発行される取得要求に基づいて
    通知する通知工程と、 各印刷装置から返送される給紙口データをメモリに保存
    する保存工程と、 各印刷装置の給紙機構に設定されている給紙口データの
    獲得要求を前記プリンタサーバ装置に発行する発行工程
    と、 前記発行工程により発行される前記給紙口データの獲得
    要求時に、前記保存工程により前記メモリに保存される
    給紙口データの更新要求状態を判定する判定工程と、 前記判定工程による更新要求状態の判定結果に基づいて
    最新の給紙口データを前記プリンタサーバ装置を介して
    前記データ処理装置に返信する返信工程と、 前記返信工程により返信される前記給紙口データを解析
    して給紙資源情報を前記データ処理装置が備える表示部
    に表示させる表示工程とを有することを特徴とするコン
    ピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒
    体。
  29. 【請求項29】 前記プリンタサーバ装置は、前記判定
    手段により更新要求があると判定された場合に、最新の
    給紙口データを各印刷装置から獲得して前記保存手段に
    保存されている給紙口データを更新する更新手段を備え
    ることを特徴とする請求項26または28記載のコンピ
    ュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒
    体。
  30. 【請求項30】 前記給紙資源情報は、各給紙口毎に設
    定される用紙名称データ,用紙属性データを含むことを
    特徴とする請求項25〜28のいずれか記載のコンピュ
    ータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体。
  31. 【請求項31】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御する印刷制御装置であっ
    て、 前記用紙名称を選択するための用紙名称項目を含む印刷
    操作画面を表示部に表示する第1の表示制御手段と、 アプリケーションからの印刷要求に基づいて利用可能な
    印刷装置の資源情報を調査して取得する取得手段と、 前記取得手段が取得した各印刷装置の資源情報を解析し
    て用紙名称情報テーブルを作成する第1の作成手段と、 前記第1の作成手段により作成された用紙名称情報テー
    ブルに基づいて前記印刷操作画面に表示するための用紙
    名称リストを作成する第2の作成手段と、 前記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の指示に基づい
    て前記第2の作成手段により作成された用紙名称リスト
    に従う選択可能な用紙名称項目一覧を前記印刷操作画面
    上に表示させる第2の表示制御手段と、 前記用紙名称項目一覧上で選択された所望の用紙名称項
    目が割り当てられている印刷装置を前記用紙名称情報テ
    ーブルから検索して前記印刷情報の出力先に設定する設
    定手段と、を有することを特徴とする印刷制御装置。
  32. 【請求項32】 前記第2の表示制御手段は、前記用紙
    名称リストの先頭用紙名称をカレントの用紙名称として
    前記前記印刷操作画面上に表示することを特徴とする請
    求項31記載の印刷制御装置。
  33. 【請求項33】 同一の用紙名称が複数の印刷装置で競
    合して割り当てられる複数の印刷装置に対する選択条件
    を指定する指定手段と、 前記同一の用紙名称が複数の印刷装置で競合する競合用
    紙名称かどうかを判定する判定手段と、 前記判定手段が選択された所望の用紙名称項目が競合用
    紙名称であると判定した場合に、前記指定手段により指
    定された選択条件に基づいて前記設定手段が設定すべき
    前記印刷情報の出力先を決定する決定手段と、を有する
    ことを特徴とする請求項31記載の印刷制御装置。
  34. 【請求項34】 前記複数の印刷装置には、所定のデー
    タ処理装置に1対1に接続される印刷装置を含むことを
    特徴とする請求項31記載の印刷制御装置。
  35. 【請求項35】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であっ
    て、 前記用紙名称を選択するための用紙名称項目を含む印刷
    操作画面を表示部に表示する第1の表示工程と、 アプリケーションからの印刷要求に基づいて利用可能な
    印刷装置の資源情報を調査して取得する取得工程と、 該取得した各印刷装置の資源情報を解析して用紙名称情
    報テーブルを作成する第1の作成工程と、 該作成された用紙名称情報テーブルに基づいて前記印刷
    操作画面に表示するための用紙名称リストを作成する第
    2の作成工程と、 前記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の指示に基づい
    て作成された用紙名称リストに従う選択可能な用紙名称
    項目一覧を前記印刷操作画面上に表示させる第2の表示
    工程と、 前記用紙名称項目一覧上で選択された所望の用紙名称項
    目が割り当てられている印刷装置を前記用紙名称情報テ
    ーブルから検索して前記印刷情報の出力先を設定する設
    定工程と、を有することを特徴とする印刷制御方法。
  36. 【請求項36】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御するコンピュータが読み出
    し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 前記用紙名称を選択するための用紙名称項目を含む印刷
    操作画面を表示部に表示する第1の表示工程と、 アプリケーションからの印刷要求に基づいて利用可能な
    印刷装置の資源情報を調査して取得する取得工程と、 該取得した各印刷装置の資源情報を解析して用紙名称情
    報テーブルを作成する第1の作成工程と、 該作成された用紙名称情報テーブルに基づいて前記印刷
    操作画面に表示するための用紙名称リストを作成する第
    2の作成工程と、 前記印刷操作画面上の前記用紙名称項目の指示に基づい
    て作成された用紙名称リストに従う選択可能な用紙名称
    項目一覧を前記印刷操作画面上に表示させる第2の表示
    工程と、 前記用紙名称項目一覧上で選択された所望の用紙名称項
    目が割り当てられている印刷装置を前記用紙名称情報テ
    ーブルから検索して前記印刷情報の出力先を設定する設
    定工程と、を有することを特徴とするコンピュータが読
    み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体。
  37. 【請求項37】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であっ
    て、 アプリケーションからの印刷要求に基づいて前記所定の
    通信媒体上に利用可能な印刷装置があるかどうかを判断
    する判断工程と、 該判断により利用可能な印刷装置のネットワーク情報を
    メモリに保存する第1の保存工程と、 前記メモリに保存された前記ネットワーク情報を解析し
    て用紙名称指定可能な印刷装置の調査数を設定する設定
    工程と、 該設定された調査数分、各印刷装置に用紙名称に従う給
    紙口選択機能があるかどうかを調査判定する調査工程
    と、 該調査工程により用紙名称に従う給紙口選択機能がある
    と判定された場合に、各給紙口に割り当てられている用
    紙名称を取得して前記メモリに保存する第2の保存工程
    と、を有することを特徴とする印刷制御方法。
  38. 【請求項38】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御するコンピュータが読み出
    し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 アプリケーションからの印刷要求に基づいて前記所定の
    通信媒体上に利用可能な印刷装置があるかどうかを判断
    する判断工程と、 該判断により利用可能な印刷装置のネットワーク情報を
    メモリに保存する第1の保存工程と、 前記メモリに保存された前記ネットワーク情報を解析し
    て用紙名称指定可能な印刷装置の調査数を設定する設定
    工程と、 該設定された調査数分、各印刷装置に用紙名称に従う給
    紙口選択機能があるかどうかを調査判定する調査工程
    と、 該調査工程により用紙名称に従う給紙口選択機能がある
    と判定された場合に、各給紙口に割り当てられている用
    紙名称を取得して前記メモリに保存する第2の保存工程
    と、を有することを特徴とするコンピュータが読み出し
    可能なプログラムを格納した記憶媒体。
  39. 【請求項39】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であっ
    て、 用紙名称に従う給紙口選択機能を備える印刷装置から取
    得される用紙名称がメモリに登録されているかどうかを
    判定する判定工程と、 該判定により前記メモリに用紙名称が登録されていると
    判定した場合に、前記メモリを検索して表示部の印刷操
    作画面の用紙名称項目に表示する用紙名称リストを作成
    する作成工程と、 該作成された用紙名称リストに従って前記用紙名称項目
    に表示するカレントの用紙名称を表示する表示工程と、
    を有することを特徴とする印刷制御方法。
  40. 【請求項40】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御するコンピュータが読み出
    し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 用紙名称に従う給紙口選択機能を備える印刷装置から取
    得される用紙名称がメモリに登録されているかどうかを
    判定する判定工程と、 該判定により前記メモリに用紙名称が登録されていると
    判定した場合に、前記メモリを検索して表示部の印刷操
    作画面の用紙名称項目に表示する用紙名称リストを作成
    する作成工程と、 該作成された用紙名称リストに従って前記用紙名称項目
    に表示するカレントの用紙名称を表示する表示工程と、
    を有することを特徴とするコンピュータが読み出し可能
    なプログラムを格納した記憶媒体。
  41. 【請求項41】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御する印刷制御方法であっ
    て、 表示部の印刷操作画面の用紙名称項目の選択指示状態を
    判定する第1の判定工程と、 前記第1の判定工程が前記表示部の印刷操作画面の用紙
    名称項目が選択指示されていると判定した場合に、 メモリに保存されている用紙名称リストに従って前記表
    示部の印刷操作画面上に用紙名称リストを一覧表示する
    表示工程と、 前記一覧表示された前記用紙名称リストに基づいて用紙
    名称が変更指示されたかどうかを判定する第2の判定工
    程と、 前記第2の判定工程が用紙名称が変更されていると判定
    した場合に、前記一覧表示された前記用紙名称リストか
    ら選択された用紙名称をカレントの用紙名称項目に設定
    する第1の設定工程と、 印刷開始または印刷取消しの指示がなされているかどう
    かを判定する第3の判定工程と、 前記第3の判定工程が開始指示がなされていると判定し
    た場合に、カレントに設定されている用紙名称項目に基
    づいてメモリに保存されている用紙名称情報を参照して
    印刷情報の出力先に設定する第2の設定工程と、 前記第2の設定手段により出力先に設定された印刷装置
    に前記印刷情報を送信する送信工程と、を有することを
    特徴とする印刷制御方法。
  42. 【請求項42】 所定の用紙名称が割り当て可能な給紙
    口を備える複数の印刷装置と所定の通信媒体を介して通
    信して印刷情報の転送を制御するコンピュータが読み出
    し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、 表示部の印刷操作画面の用紙名称項目の選択指示状態を
    判定する第1の判定工程と、 前記第1の判定工程が前記表示部の印刷操作画面の用紙
    名称項目が選択指示されていると判定した場合に、 メモリに保存されている用紙名称リストに従って前記表
    示部の印刷操作画面上に用紙名称リストを一覧表示する
    表示工程と、 前記一覧表示された前記用紙名称リストに基づいて用紙
    名称が変更指示されたかどうかを判定する第2の判定工
    程と、 前記第2の判定工程が用紙名称が変更されていると判定
    した場合に、前記一覧表示された前記用紙名称リストか
    ら選択された用紙名称をカレントの用紙名称項目に設定
    する第1の設定工程と、 印刷開始または印刷取消しの指示がなされているかどう
    かを判定する第3の判定工程と、 前記第3の判定工程が開始指示がなされていると判定し
    た場合に、カレントに設定されている用紙名称項目に基
    づいてメモリに保存されている用紙名称情報を参照して
    印刷情報の出力先に設定する第2の設定工程と、 前記第2の設定手段により出力先に設定された印刷装置
    に前記印刷情報を送信する送信工程と、を有することを
    特徴とするコンピュータが読み出し可能なプログラムを
    格納した記憶媒体。
JP04570898A 1997-07-30 1998-02-26 印刷システムおよびデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み取り可能なプログラムを格納した記憶媒体 Expired - Fee Related JP3413094B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04570898A JP3413094B2 (ja) 1997-07-30 1998-02-26 印刷システムおよびデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み取り可能なプログラムを格納した記憶媒体

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-204281 1997-07-30
JP20428197 1997-07-30
JP04570898A JP3413094B2 (ja) 1997-07-30 1998-02-26 印刷システムおよびデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み取り可能なプログラムを格納した記憶媒体

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003006207A Division JP3793156B2 (ja) 1997-07-30 2003-01-14 データ処理装置および印刷システムおよびデータ処理方法およびコンピュータが読み取り可能な記憶媒体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11102267A true JPH11102267A (ja) 1999-04-13
JP3413094B2 JP3413094B2 (ja) 2003-06-03

Family

ID=26385767

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP04570898A Expired - Fee Related JP3413094B2 (ja) 1997-07-30 1998-02-26 印刷システムおよびデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み取り可能なプログラムを格納した記憶媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3413094B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007140786A (ja) * 2005-11-16 2007-06-07 Canon Inc コントローラ装置及びその制御方法、並びに、印刷システム
US7636757B2 (en) 2000-12-15 2009-12-22 Canon Kabushiki Kaisha Printing over the internet
JP2010079702A (ja) * 2008-09-26 2010-04-08 Fujitsu Ltd 伝送装置、伝送方法、伝送プログラム

Citations (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5987539A (ja) * 1982-11-11 1984-05-21 Mitsubishi Electric Corp 印字装置の管理方式
JPS61267822A (ja) * 1985-05-22 1986-11-27 Hitachi Ltd リスト出力制御方式
JPS63302084A (ja) * 1987-05-30 1988-12-08 Toppan Moore Co Ltd 帳票作成装置
JPH0216626A (ja) * 1988-07-05 1990-01-19 Nec Corp プリンタ出力制御方式
JPH03250211A (ja) * 1990-02-28 1991-11-08 Hitachi Ltd 端末制御装置
JPH0458367A (ja) * 1990-06-28 1992-02-25 Casio Comput Co Ltd データ出力装置
JPH05282111A (ja) * 1992-02-05 1993-10-29 Fuji Xerox Co Ltd ネットワークシステム
JPH05303475A (ja) * 1992-04-28 1993-11-16 Mitsubishi Electric Corp プリンタ出力制御装置
JPH06274294A (ja) * 1993-03-19 1994-09-30 Canon Inc 情報処理方法およびその装置
JPH06328817A (ja) * 1993-05-25 1994-11-29 Kanebo Ltd 印刷用紙管理装置
JPH0772993A (ja) * 1993-06-28 1995-03-17 Hitachi Ltd 印刷システム
JPH07288621A (ja) * 1994-04-20 1995-10-31 Canon Inc サーバーシステム
JPH08146832A (ja) * 1994-11-16 1996-06-07 Ricoh Co Ltd 画像形成装置
JPH08221235A (ja) * 1995-02-09 1996-08-30 Mitsubishi Electric Corp 伝票連続発行システム
JPH08244318A (ja) * 1995-03-15 1996-09-24 Fuji Xerox Co Ltd 印刷装置
JPH08258364A (ja) * 1995-03-22 1996-10-08 Nec Software Ltd カット紙ページプリンタシステム
JPH09167067A (ja) * 1995-12-18 1997-06-24 Nec Corp 帳票出力宛先プリンタ選択運用システムおよび帳票出力宛先プリンタ選択方法
JPH09258930A (ja) * 1996-03-27 1997-10-03 Fuji Xerox Co Ltd プリンタ管理装置
JPH10124277A (ja) * 1996-10-22 1998-05-15 Seiko Epson Corp プリントシステム
JPH11180009A (ja) * 1997-12-25 1999-07-06 Casio Electron Mfg Co Ltd 印刷システム

Patent Citations (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5987539A (ja) * 1982-11-11 1984-05-21 Mitsubishi Electric Corp 印字装置の管理方式
JPS61267822A (ja) * 1985-05-22 1986-11-27 Hitachi Ltd リスト出力制御方式
JPS63302084A (ja) * 1987-05-30 1988-12-08 Toppan Moore Co Ltd 帳票作成装置
JPH0216626A (ja) * 1988-07-05 1990-01-19 Nec Corp プリンタ出力制御方式
JPH03250211A (ja) * 1990-02-28 1991-11-08 Hitachi Ltd 端末制御装置
JPH0458367A (ja) * 1990-06-28 1992-02-25 Casio Comput Co Ltd データ出力装置
JPH05282111A (ja) * 1992-02-05 1993-10-29 Fuji Xerox Co Ltd ネットワークシステム
JPH05303475A (ja) * 1992-04-28 1993-11-16 Mitsubishi Electric Corp プリンタ出力制御装置
JPH06274294A (ja) * 1993-03-19 1994-09-30 Canon Inc 情報処理方法およびその装置
JPH06328817A (ja) * 1993-05-25 1994-11-29 Kanebo Ltd 印刷用紙管理装置
JPH0772993A (ja) * 1993-06-28 1995-03-17 Hitachi Ltd 印刷システム
JPH07288621A (ja) * 1994-04-20 1995-10-31 Canon Inc サーバーシステム
JPH08146832A (ja) * 1994-11-16 1996-06-07 Ricoh Co Ltd 画像形成装置
JPH08221235A (ja) * 1995-02-09 1996-08-30 Mitsubishi Electric Corp 伝票連続発行システム
JPH08244318A (ja) * 1995-03-15 1996-09-24 Fuji Xerox Co Ltd 印刷装置
JPH08258364A (ja) * 1995-03-22 1996-10-08 Nec Software Ltd カット紙ページプリンタシステム
JPH09167067A (ja) * 1995-12-18 1997-06-24 Nec Corp 帳票出力宛先プリンタ選択運用システムおよび帳票出力宛先プリンタ選択方法
JPH09258930A (ja) * 1996-03-27 1997-10-03 Fuji Xerox Co Ltd プリンタ管理装置
JPH10124277A (ja) * 1996-10-22 1998-05-15 Seiko Epson Corp プリントシステム
JPH11180009A (ja) * 1997-12-25 1999-07-06 Casio Electron Mfg Co Ltd 印刷システム

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7636757B2 (en) 2000-12-15 2009-12-22 Canon Kabushiki Kaisha Printing over the internet
JP2007140786A (ja) * 2005-11-16 2007-06-07 Canon Inc コントローラ装置及びその制御方法、並びに、印刷システム
JP2010079702A (ja) * 2008-09-26 2010-04-08 Fujitsu Ltd 伝送装置、伝送方法、伝送プログラム

Also Published As

Publication number Publication date
JP3413094B2 (ja) 2003-06-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6822754B1 (en) Print data generation system and corresponding method for use with a printing system
US7304760B2 (en) Providing capabilities matching for cluster printing
US7461377B2 (en) Method and apparatus for automatically managing capabilities in a virtual printer group
US8261292B2 (en) Information processing apparatus, method of controlling the same, program, and recording medium
US7707326B2 (en) System for setting print end notification either when data transmission ends or when printing ends based on print check ability of printing devices
US6447184B2 (en) Method and apparatus for controlling a printing operation
US7777904B2 (en) Coordinated concurrent printing of print jobs containing pages that are incompatible with a single printer
US20030002069A1 (en) Print manager having a user interface for specifying how documents are directed to print devices
US7372590B2 (en) Printing method, printing apparatus, printing program executable by information processing apparatus, and computer-readable storage medium storing program
US20040036908A1 (en) Information processing apparatus, print system, printing control method for information processing apparatus, and printing control program
US20070086053A1 (en) Information processing apparatus, distributed printing control method, storing medium and program
JP2000137593A (ja) 情報処理装置及び情報処理方法及び情報処理システム及び情報処理プログラムを記憶した記憶媒体及び情報処理プログラムを送出する送出装置及び情報処理プログラム製品
US20040021903A1 (en) Output management method and information processing apparatus
US6809841B2 (en) Marking print documents for visible ownership
JP2000200240A (ja) 周辺機器及び周辺機器制御方法及び周辺機器制御システム及び周辺機器制御プログラムを記憶した記憶媒体及び周辺機器制御プログラムを送出する送出装置及び周辺機器制御プログラム製品
JP2000163176A (ja) 周辺機器及び周辺機器制御方法及び周辺機器制御システム及び周辺機器制御プログラムを記憶した記憶媒体
JP6992496B2 (ja) 制御プログラム及び、情報処理装置
EP3312716B1 (en) Printing managing apparatus and program
US11842100B2 (en) Server system, information processing apparatus communicating with server system, control method, and computer-readable storage medium
JP2008090474A (ja) 情報処理装置及び情報処理方法
US7389362B2 (en) Peripheral equipment control program, program control device, program control method, peripheral equipment driver, peripheral equipment control device, and method for installing peripheral equipment control driver
JP2006195531A (ja) 画像記録システム
JP3793156B2 (ja) データ処理装置および印刷システムおよびデータ処理方法およびコンピュータが読み取り可能な記憶媒体
JPH11102267A (ja) 印刷装置および印刷システムおよび印刷装置のデータ処理方法および印刷システムのデータ処理方法および印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体
JP2006195606A (ja) 分散印刷システム、クライアント、分散印刷制御装置、印刷ジョブ進捗状況表示方法

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080328

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090328

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100328

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100328

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110328

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120328

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130328

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140328

Year of fee payment: 11

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees