JPH0839017A - 洗浄方法及びその装置 - Google Patents

洗浄方法及びその装置

Info

Publication number
JPH0839017A
JPH0839017A JP19608794A JP19608794A JPH0839017A JP H0839017 A JPH0839017 A JP H0839017A JP 19608794 A JP19608794 A JP 19608794A JP 19608794 A JP19608794 A JP 19608794A JP H0839017 A JPH0839017 A JP H0839017A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaned
cleaning
rotating
shower
motor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19608794A
Other languages
English (en)
Inventor
Kiyoshi Sato
Mitsuo Yonetani
清志 佐藤
満夫 米谷
Original Assignee
Yoneya Seisakusho:Kk
株式会社米谷製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yoneya Seisakusho:Kk, 株式会社米谷製作所 filed Critical Yoneya Seisakusho:Kk
Priority to JP19608794A priority Critical patent/JPH0839017A/ja
Publication of JPH0839017A publication Critical patent/JPH0839017A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】 被洗浄物Mに洗浄液Wを吹き掛け、被洗浄物
に付着した切削屑などの汚れ物質をシャワー洗浄可能な
洗浄機構18と、被洗浄物を立体的に回動させる回動機
構6とを備えてなる。 【効果】 被洗浄物を回動機構により立体的に回動する
ことができ、被洗浄物に加工された穴の中や溝、段差部
の隅に存在する切削屑等の汚れ物質の除去を良好に行う
ことができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は例えば各種の機械加工の
際に付着した切削屑などの汚れ物質を除去する際に用い
られる洗浄方法及びその装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、例えば機械加工が完了した工程に
おいて、被洗浄物として機械加工物に洗浄液を吹き掛け
て被洗浄物に付着した切削屑などの汚れ物質を洗い流し
てシャワー洗浄することが行われている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来構造の場合、被洗浄物を単に固定状態に配置する構造
や被洗浄物を水平旋回させる構造となっており、このた
め、例えば被洗浄物に加工された穴の中や溝、段差部の
隅に存在する汚れ物質の除去が困難であり、止まり穴や
径小で深い穴の場合に不可能に近く、またそれだけ洗浄
時間も長く掛かり、必ずしも良好な洗浄方法ではないと
いう不都合が指摘されている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明はこれら不都合を
解決することを目的とするもので、第一の発明の洗浄方
法は、被洗浄物に付着した切削屑などの汚れ物質をシャ
ワー洗浄により洗浄するに際し、上記被洗浄物を立体的
に回動させつつ洗浄することを特徴とするものである。
【0005】また第二の発明の洗浄装置は、被洗浄物に
洗浄液を吹き掛け、被洗浄物に付着した切削屑などの汚
れ物質をシャワー洗浄可能な洗浄機構と、上記被洗浄物
を立体的に回動させる回動機構とを備えてなるものであ
る。
【0006】
【作用】被洗浄物に付着した切削屑などの汚れ物質を洗
浄機構によりシャワー洗浄する際に、上記被洗浄物は回
動機構により立体的に回動することになる。
【0007】
【実施例】図1乃至図4は本発明の方法を実施する装置
の実施例であって、1は設置架台であって、設置架台1
に洗浄槽2が取り付けられ、洗浄槽2に開閉自在な蓋体
3が取り付けら、洗浄槽2の底部に図示省略の洗浄液W
の回収部に回収管4を介して接続される回収口5を形成
している。
【0008】6は回動機構であって、上記設置架台1の
左右両側に筒軸7を軸受8により回転自在に軸受し、左
右両側の筒軸7にクランク状の回動枠9を上下反転回動
自在に配設し、設置架台1の左右両側に縦回り回動用モ
ータ10を配設し、この回動用モータ10によりギヤ1
1及びギヤ12を介して回動枠9を減速して縦回り回動
し、この回動枠9に縦軸13を縦設し、この縦軸13に
格子状に形成した旋回台14を旋回自在に配設し、回動
枠9に旋回用モータ15を配設し、旋回用モータ15に
よりピニオン16及び内歯ギヤ17を介して旋回回動
し、旋回台14上に被洗浄物Mを図示省略のクランプ機
構により着脱自在に固定し、この回動枠9の縦回り回動
及び旋回台14の旋回回動の複合回動により被洗浄物M
を立体的に回動させるように構成している。
【0009】18は洗浄機構であって、上記筒軸7の内
穴に図示省略の供給部に接続された液送管19を挿通
し、液送管19に被洗浄物Mに洗浄液Wを吹き掛け得る
複数個の吹掛穴20をもつ吹掛ノズル21を接続して構
成したものである。
【0010】この実施例は上記構成であるから、洗浄槽
2の蓋体3を開放し、被洗浄物Mを旋回台14上に図示
省略のクランプ機構により固定し、蓋体3により洗浄槽
3を閉塞し、回動機構6の回動用モータ10及び旋回用
モータ15を駆動し、これにより被洗浄物Mを縦回り回
動及び旋回回動の複合回動して立体的に回動し、この回
動を継続した状態おいて、洗浄機構18の液送管19を
介して吹掛ノズル21から被洗浄物Mに向けて洗浄液W
をシャワー状に吹き掛け、洗浄液Wにより被洗浄物に付
着した切削屑などの汚れ物質は洗い流されて洗浄される
ことになる。
【0011】この際に被洗浄物Mは、回動機構6によっ
て、縦回り回動及び旋回回動の複合回動して立体的に回
動されることになり、このため被洗浄物Mは上下及び左
右に反転動作を繰り返しつつ洗浄されることになり、例
えば被洗浄物に加工された穴の中や溝、段差部の隅に存
在する汚れ物質の除去を良好に行うことができ、それだ
け洗浄時間を短縮することができ、効果的な洗浄を行う
ことができる。
【0012】尚、本発明は上記実施例に限られるもので
はなく、回動機構6として、減速機付きモータにより回
動枠を直接回動させたり、チェーン機構をも用いて回動
させることもでき、また洗浄機構18の吹掛ノズル21
に並列して空気を噴出するエアーブローを配置すること
もあり、洗浄機構18の構造等は適宜変更して設計され
る。
【0013】
【発明の効果】上述の如く本発明の洗浄方法及びその装
置によれば、被洗浄物に付着した切削屑などの汚れ物質
を洗浄機構によりシャワー洗浄するに際し、上記被洗浄
物を回動機構により立体的に回動することができ、この
ため被洗浄物に加工された穴の中や溝、段差部の隅に存
在する切削屑等の汚れ物質の除去を良好に行うことがで
き、それだけ洗浄時間を短縮化することができ、よっ
て、効果的な洗浄を行うことができる。
【0014】以上、初期の目的を充分達成することがで
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例全体側断面図である。
【図2】本発明の実施例の全体平断面図である。
【図3】本発明の実施例の側面図である。
【図4】本発明の実施例の側断面図である。
【符号の説明】
2 洗浄槽 6 回動機構 18 洗浄機構 W 洗浄液 M 被洗浄物

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 被洗浄物に付着した切削屑などの汚れ物
    質をシャワー洗浄により洗浄するに際し、上記被洗浄物
    を立体的に回動させつつ洗浄することを特徴とする洗浄
    方法。
  2. 【請求項2】 被洗浄物に洗浄液を吹き掛け、被洗浄物
    に付着した切削屑などの汚れ物質をシャワー洗浄可能な
    洗浄機構と、上記被洗浄物を立体的に回動させる回動機
    構とを備えてなる洗浄装置。
JP19608794A 1994-07-27 1994-07-27 洗浄方法及びその装置 Pending JPH0839017A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19608794A JPH0839017A (ja) 1994-07-27 1994-07-27 洗浄方法及びその装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19608794A JPH0839017A (ja) 1994-07-27 1994-07-27 洗浄方法及びその装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0839017A true JPH0839017A (ja) 1996-02-13

Family

ID=16351998

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19608794A Pending JPH0839017A (ja) 1994-07-27 1994-07-27 洗浄方法及びその装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0839017A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100649273B1 (ko) * 1999-12-29 2006-11-24 두산인프라코어 주식회사 수직형 선반의 공작물 클리닝장치
CN108212881A (zh) * 2017-12-27 2018-06-29 闫梦蝶 一种汽车配件油污清洗设备
CN108889674A (zh) * 2018-06-12 2018-11-27 俞成桢 一种医疗轮椅用的清洗消毒装置
CN109262915A (zh) * 2018-09-28 2019-01-25 黄碧芬 往返推动以排除碎渣降低磨损的塑料模具清洗设备
CN111589773A (zh) * 2020-05-25 2020-08-28 河南护理职业学院 一种病理科用载玻片清洗设备

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100649273B1 (ko) * 1999-12-29 2006-11-24 두산인프라코어 주식회사 수직형 선반의 공작물 클리닝장치
CN108212881A (zh) * 2017-12-27 2018-06-29 闫梦蝶 一种汽车配件油污清洗设备
CN108889674A (zh) * 2018-06-12 2018-11-27 俞成桢 一种医疗轮椅用的清洗消毒装置
CN109262915A (zh) * 2018-09-28 2019-01-25 黄碧芬 往返推动以排除碎渣降低磨损的塑料模具清洗设备
CN109262915B (zh) * 2018-09-28 2020-12-04 王顺方 往返推动以排除碎渣降低磨损的塑料模具清洗设备
CN111589773A (zh) * 2020-05-25 2020-08-28 河南护理职业学院 一种病理科用载玻片清洗设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101299659B1 (ko) 터릿 유형 세정 장치
US7172542B2 (en) Tool changing device and tool cleaning method
JP2000052185A (ja) 工作機械用洗浄装置
JPH0839017A (ja) 洗浄方法及びその装置
JPH08290130A (ja) ベアリング洗浄装置
JP2003275637A (ja) 塗布ノズル用クリーニング装置
JP2006312182A (ja) レーザ加工機のノズル清掃装置
US5614031A (en) Method and apparatus for washing a fibrous mat
JP3684117B2 (ja) 加工および洗浄の複合装置
JP2010056312A (ja) ダイシング装置及びワーク洗浄乾燥方法
JPH0884963A (ja) 洗浄機
JP3295831B2 (ja) 高圧バリ取り洗浄装置
KR100685919B1 (ko) 세정 장치
JP2001150288A (ja) 切り粉洗浄方法及び切り粉洗浄装置
JP2008211253A (ja) 基板の処理装置、ブラシ洗浄装置
JPH0671582B2 (ja) 回転式2系統噴射ノズル装置
JP2711955B2 (ja) ウエーハ洗浄方法及び装置
CN211468026U (zh) 自动翻面机械装置
JPH10230228A (ja) 洗浄機
JP3159513U (ja) マルチ偏心駆動ノズル装置
KR200265305Y1 (ko) 그라인더장치
JPH06238543A (ja) 工作機械の切削剤供給装置
JP3704804B2 (ja) 被処理物の液切り方法
JP3000378U (ja) タンク洗浄装置
JPH07153731A (ja) 回転式基板表面洗浄装置