JPH08312144A - 建設用仮設架構装置 - Google Patents

建設用仮設架構装置

Info

Publication number
JPH08312144A
JPH08312144A JP11612595A JP11612595A JPH08312144A JP H08312144 A JPH08312144 A JP H08312144A JP 11612595 A JP11612595 A JP 11612595A JP 11612595 A JP11612595 A JP 11612595A JP H08312144 A JPH08312144 A JP H08312144A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
temporary
construction
building
crane
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11612595A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3070438B2 (ja
Inventor
Tatsuya Wakizaka
達也 脇坂
Noriyuki Furuya
則之 古屋
Kohei Kurita
康平 栗田
Hiroaki Ikeda
裕明 池田
Toshimitsu Sakai
利光 坂井
Hideo Ono
英雄 小野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Original Assignee
Obayashi Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP7116125A priority Critical patent/JP3070438B2/ja
Priority to US08/765,967 priority patent/US5881504A/en
Priority to PCT/JP1995/002761 priority patent/WO1996036780A1/ja
Priority to EP95942313A priority patent/EP0771916A4/en
Publication of JPH08312144A publication Critical patent/JPH08312144A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3070438B2 publication Critical patent/JP3070438B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Movable Scaffolding (AREA)
  • Conveying And Assembling Of Building Elements In Situ (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 屋根架構の上昇のための駆動動力を小さく、
かつ常時一定とした建設用仮設架構装置を提供する。 【構成】 仮設架構装置は、仮設架構装置は、建設予定
の建物1の外側に配置され、地上部に配置された基礎4
a上に立設された4本のマスト2と、各マスト2に昇降
可能に取付けたクライミング機構3と、各クライミング
機構3下部に四隅を吊下状態に支持され、建物1の上面
全体を水平に覆う屋根架構4と、屋根架構4の下面に配
置された複数の天井クレーン5と、屋根架構4の上面中
央に長手方向に沿って設けたガイドレール6に沿って移
動可能なジブクレーン7を備えている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、全天候型の建設用仮
設架構装置に関する。
【0002】
【従来の技術】RC構造の高層ビルの建設用仮設足場と
して、全天候型の仮設架構が提案されている。この仮設
架構は、構築予定建物の形状に合わせてその周囲に立設
された複数本の仮設支柱と、各仮設支柱間の上部に支持
された屋根架構からなり、屋根架構の下面に天井クレー
ンを配置し、エレベータ等により揚重された資材を天井
クレーンを通じて各部に搬送し組立を行う。施工現場の
上面全体は屋根架構で覆われるので天候とは無関係に作
業できる。
【0003】このため、仮設架構は施工階の直上に常時
配置されるべく施工の進捗度合いに応じて順次上昇させ
ることが必要であり、従来では例えば特開平4−221
172号公報に示すように、地上部において仮設支柱
(仮設櫓)の周囲に配置した揚重手段により仮設支柱を
持ち上げ、下部に新たな支柱材を継ぎ足す手法が提案さ
れている。
【0004】また、これの他に例えば特開平5−598
17号公報に示すように、仮設支柱を伸縮自在な複数の
テレスコピック状のロングポストにより構成しこのロン
グポストの上部に作業ステーションを配置し、ロングポ
ストを順次繰り出すことによって作業ステーションを上
昇させる手法も提案されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前者の
発明は、仮設架構を上昇させる毎に継ぎ足す仮設支柱材
の重量が増加し、揚重手段の負荷が順次増加するため
に、最終重量を設定した駆動力を予め設定しておく必要
がある。
【0006】一方、後者の発明は、揚重し始めから全荷
重が加わるためやはり相当な駆動力が必要であり、順次
ロングポストを繰り出す毎に繰出し長さが収容されてい
る長さより大きくなるため、継ぎ部分での支持モーメン
トが不安定になる。
【0007】また、いずれの発明にあっても、仮設支柱
自体が移動するのでこれの支持を建設中の建物から取る
ことはできず、高層階になるほど個々の仮設支柱の自立
が不安定となる。自立不安定の解消のためには、各仮設
支柱間に補強材としてブレースを掛け渡せば良いが、ブ
レースの掛け渡し作業が面倒であるばかりか、荷重が増
加し、揚重のためにさらに大きな動力を必要とするた
め、特に超高層ビルなどの階数の多い建物建設用の仮設
架構として不適当であった。
【0008】この発明は、既存の装置を有効活用するこ
とができながら、屋根架構の上昇のための駆動力を小さ
く、かつ常時一定とすることができ、仮設支柱の支持を
建物から取ることができ、屋根架構の上昇時における撓
みを抑制し、最上部の仮設支柱の継足し作業を建設作業
に競合することなく行うことを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】この発明は、建物の建設
予定位置に近接して立設され、かつ建設高さの増加に応
じて順次上方に継ぎ足される1ないし複数の仮設支柱
と、該仮設支柱の周囲を上下のガイドローラを介して昇
降可能に挿通するとともに、昇降用のジャッキを配置し
たクライミング機構と、該クライミング機構の下部に吊
下状態に支持され、前記建物の上面全体を水平に覆う屋
根架構とを備えたことを特徴とする(請求項1)。
【0010】また、前記屋根架構の下面に資材搬送用の
天井クレーンを配置するとともに、上面に資材揚重用の
クレーン装置を配置することが望ましく(請求項2)、
前記仮設支柱はタワークレーンのマストを採用すること
が望ましく(請求項3)、前記仮設支柱は水平控えを介
して建物側に支持されることが望ましい(請求項4)。
【0011】
【作用】請求項1の構成により、屋根架構の組立を、地
上に近接或いは接した状態で仮設支柱の基礎の直上で行
うことができる。仮設支柱は順次上方に継ぎ足すので既
設の仮設支柱はその状態のまま固定される。上昇作業時
にクライミング機構は屋根架構のみの重量を支えた状態
で上昇する。
【0012】請求項2の構成とすることで、建設作業に
おける資材の搬入および据付作業を天井クレーンで行
い、上面のクレーンは専ら仮設支柱を揚重し順次上方に
継ぎ足す作業を行う。また、建設終了後は屋根架構の解
体に使用できる。
【0013】請求項3の構成とすることで、クライミン
グ機構をタワークレーン用クライミング機構を適用でき
る。
【0014】請求項4の構成とすることで、仮設支柱間
を繋ぐブレースを減少したり不要とできる。
【0015】
【実施例】図1,2において、仮設架構装置は、建設予
定の建物1の外側に配置され、地上部に配置された基礎
2a上に立設された4本(図においては2本のみ示され
ている)のマスト2と、各マスト2に昇降可能に取付け
たクライミング機構3と、各クライミング機構3下部に
四隅を吊下状態に支持され、建物1の上面全体を水平に
覆う屋根架構4と、屋根架構4の下面に配置された複数
の天井クレーン5と、屋根架構4の上面中央に移動可能
に配置したジブクレーン6とを備えている。
【0016】屋根架構4の組立、およびジブクレーン6
の据付にあたっては図1に示すように、マスト2の基礎
2aの直上で行えるため、地上からの作業高さが低く、
作業能率、安全性が高いものとなる。そしてクライミン
グ機構3を四隅上部に組付けた後これを駆動して上昇さ
せた後、天井クレーン5,ホイスト7等を組付ければ、
組立を完了し、その後は屋根架構4を上昇させつつ、建
物1の建設を行うことができる。
【0017】建設の進捗に応じて建物1の一側面には図
2に示すように貨物リフト8が配置され、このリフト8
を通じて揚重されたプレキャスト部材などの資材は天井
クレーン5を走行するホイスト7に受け渡され、建物1
の各部に供給される。
【0018】前記マスト2およびクライミング機構3
は、タワークレーンに用いる機構を適用したものであ
り、マスト2はトラス組柱状体の他に円筒形柱状体を選
択でき、図2に示すように、ある程度まで高さが高くな
ると、建物1側に一端固定された水平控え9に支持され
て自立安定性を保ちつつ、施工階の上昇に応じてジブク
レーン6で揚重されたマスト材2bを上方に継ぎ足すこ
とで順次高さを増すことができる。
【0019】クライミング機構3は、マスト2の外周に
挿通されたスリーブ3aと、スリーブ3aの下部に一体
化された上部フレーム3bと、上部フレーム3bの下部
側に配置された下部フレーム3cと、上下フレーム3
b,3c間を連結した複数の昇降用油圧ジャッキ3dと
を備え、下部フレーム3bの下面にマスト2を貫通した
状態で屋根架構4を吊下状態に支持している。また屋根
架構4の下面側においてマスト2の外周には支持フレー
ム3eが固定されている。
【0020】各フレーム3b,3c,3eの内側には図
3(a)〜(c)に断面して示すように前記マスト2の
外側部に接して転動する複数のガイドローラ10が配置
され、各フレーム3b〜3cを昇降可能にガイドする。
【0021】また上部フレーム3bと下部フレーム3c
には同図(a),(b)に示すようにそれぞれ鉛直荷支
持用の一対のピン11がマスト2に抜き差し可能に挿通
され、クライミング機構3をマスト2の周囲に支持固定
している。
【0022】以上の構成において、クライミング機構3
の停止状態では油圧ジャッキ3dは縮小し、各ピン11
によりマスト2の所定高さ位置に支持されている。
【0023】上昇させるには、上部フレーム3bのピン
11を抜き、油圧ジャッキ3dを伸長させることによ
り、上部フレーム3bから上の部分はジャッキストロー
ク分だけ上昇する。
【0024】次いで上部フレーム3bにピン11を挿通
してマスト2に鉛直支持させた後、下部フレーム3cの
ピン12を抜き、油圧ジャッキ3dを縮小させれば、下
部フレーム3cも追随して上昇し、屋根架構4を引き上
げる。この後ピン11を挿通して下部フレーム3cをマ
スト2に鉛直支持させれば、上昇作業を完了する。
【0025】以上のクライミング機構3を用いて屋根架
構4を上昇させるには、建設作業の中断の後、4つのク
ライミング機構3を同時に上昇動作させる。
【0026】このとき各部の上昇速度の過小により屋根
架構4に撓もうとする力が発生するが、下部フレーム3
cと支持フレーム3eのガイドローラ10がその傾き方
向に対して互いに逆方向の反力ローラとして作用するた
め、屋根架構4の撓みを抑制することができる。このよ
うに、屋根架構4が撓もうとする力は天井クレーン5が
資材を移送する際にも発生するが、ガイドローラ10が
反力ローラとして作用することにより屋根架構4の撓み
を抑制することができる。
【0027】上昇停止後、下部フレーム3cにピン11
を差し込み、荷重をマスト2に預けることにより屋根架
構4の四隅はマスト2の高さで位置決めされ、水平に支
持される。この後建設作業を再開できる。
【0028】建物1の建設完了後はジブクレーン6によ
り天井クレーン5および屋根架構4を順次解体した後ジ
ブクレーン6自体も解体し、建物1に干渉しない状態と
した後、図示しない補助クレーン等によりマスト2を上
方から順に撤去しつつ前記とは逆の手順でクライミング
機構3を下降することで、仮設架構装置を撤去できる。
【0029】なお、以上の実施例では建物1が矩形状断
面であるため、マスト2を建物1の外側4箇所に配置し
た場合を説明したが、建物断面積に応じて1〜3本のみ
配置し、その上部を屋根架構で覆っても良いし、断面積
が大きい場合にはさらに多数設けても良いことは勿論で
ある。
【0030】
【発明の効果】この発明の建設用仮設架構装置は次の利
点がある。
【0031】(1)仮設支柱を順次上方に継ぎ足すた
め、既設の仮設支柱はその状態のまま固定されるので、
仮設支柱の支持を建物側に取ることができる。
【0032】(2)上昇作業時にクライミング機構は屋
根架構のみの重量を支えた状態で上昇させるため、仮設
架構の上昇のための駆動動力を小さく、かつ常時一定と
することができる。
【0033】(3)屋根架構の組立を地上に近接或いは
接した状態で行うことができ、組立作業性が良く、高い
精度の架構が得られるとともに、組立時における屋根架
構の地上高さを低くすることができるので作業を安全に
行うことができる。
【0034】(4)請求項2の構成とすることで、建設
に必要な資材の搬入、据付は天井クレーンで行い、上面
のクレーンは専ら仮設支柱を揚重し順次上方に継ぎ足す
作業を行うため、仮設支柱の増設作業と建物の建設作業
との競合がない。また、建設終了後は上面のクレーンは
屋根架構の解体に使用できる。
【0035】(5)請求項3の構成とすることで、クラ
イミング機構をタワークレーン用クライミング機構を適
用でき、既存の装置を有効活用できる。
【0036】(6)請求項4の構成とすることで、仮設
支柱は水平控えにより自立安定性を確保でき、仮設支柱
間を連結するブレースを減少したり、不要とできるの
で、重量低減効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明による仮設架構装置の初期組立状態の
側面図である。
【図2】同装置を用いた建設中の側面図である。
【図3】(a)は図1のA−A線断面図である。(b)
は同B−B線断面図である。(c)は同C−C線断面図
である。
【符号の説明】
1 建物 2 マスト(仮設支柱) 3 クライミング機構 3b,3c フレーム 3d 昇降用油圧ジャッキ 4 屋根架構 5 天井クレーン 6 ジブクレーン 10 ガイドローラ 11 鉛直荷重支持ピン
フロントページの続き (72)発明者 池田 裕明 東京都千代田区神田司町2丁目3番地 株 式会社大林組東京本社内 (72)発明者 坂井 利光 東京都千代田区神田司町2丁目3番地 株 式会社大林組東京本社内 (72)発明者 小野 英雄 埼玉県川越市南台1−10−4 株式会社大 林組東京機械工場内

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物の建設予定位置に近接してまたは該
    予定位置内に立設され、かつ建設高さの増加に応じて順
    次上方に継ぎ足される1ないし複数の仮設支柱と、該仮
    設支柱の周囲に上下のガイドローラを介して昇降可能に
    挿通するとともに、昇降用のジャッキを配置したクライ
    ミング機構と、該クライミング機構の下部に吊下状態に
    支持され、前記建物の上面全体を水平に覆う屋根架構と
    を備えたことを特徴とする建設用仮設架構装置。
  2. 【請求項2】 前記屋根架構の下面に資材搬送用の天井
    クレーン配置するとともに、上面に資材揚重用のクレー
    ンを配置したことを特徴とする請求項1記載の建設用仮
    説架構装置。
  3. 【請求項3】 前記仮設支柱はタワークレーンのマスト
    であることを特徴とする請求項1または2記載の建設用
    仮設架構装置。
  4. 【請求項4】 前記仮設支柱は水平控えを介して建物側
    に支持されることを特徴とする請求項1ないし3記載の
    建設用仮設架構装置。
JP7116125A 1995-05-15 1995-05-15 建設用仮設架構装置 Expired - Lifetime JP3070438B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7116125A JP3070438B2 (ja) 1995-05-15 1995-05-15 建設用仮設架構装置
US08/765,967 US5881504A (en) 1995-05-15 1995-12-28 Temporary frame system for construction
PCT/JP1995/002761 WO1996036780A1 (fr) 1995-05-15 1995-12-28 Ossature provisoire utilisee dans la construction d'un batiment
EP95942313A EP0771916A4 (en) 1995-05-15 1995-12-28 PROVISIONAL FRAMEWORK STRUCTURE FOR BUILDING A BUILDING

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7116125A JP3070438B2 (ja) 1995-05-15 1995-05-15 建設用仮設架構装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08312144A true JPH08312144A (ja) 1996-11-26
JP3070438B2 JP3070438B2 (ja) 2000-07-31

Family

ID=14679330

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7116125A Expired - Lifetime JP3070438B2 (ja) 1995-05-15 1995-05-15 建設用仮設架構装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3070438B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020033713A (ja) * 2018-08-28 2020-03-05 株式会社タカミヤ 移動昇降式足場

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101838958B1 (ko) * 2016-04-06 2018-03-15 베렉스주식회사 글리치 세이프 회로를 구비한 디지털 스텝 감쇠기

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020033713A (ja) * 2018-08-28 2020-03-05 株式会社タカミヤ 移動昇降式足場

Also Published As

Publication number Publication date
JP3070438B2 (ja) 2000-07-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5881504A (en) Temporary frame system for construction
JPH0483060A (ja) 建築物構造
JPH08312144A (ja) 建設用仮設架構装置
JP3027925B2 (ja) 建設用仮設架構装置
JP3027924B2 (ja) 建設用仮設架構装置
JPH09137506A (ja) 建物の建設方法
JP3841242B2 (ja) エレベータパーキング用昇降作業台とこれを用いた工法
JPH08312149A (ja) 建設用仮設架構装置
JPH0648683A (ja) タワークレーン
JP2890341B2 (ja) 構造物構築用最上階フレームのリフトアップ方法及び装置
JPH0745778B2 (ja) リフト用蓮台の昇降方法と装置
JPH10245994A (ja) 仮設養生体
JP3532161B2 (ja) 鉄塔構築機および鉄塔構築方法
JP3174677B2 (ja) 塔状構造物の架設装置
KR200200364Y1 (ko) 고층 건축물 시공장치
JP2592980B2 (ja) 高層構造物における鉄骨材の構築方法
JPH05263531A (ja) 建築物の自動構築化方法と迫り上げ装置
JP2003253887A (ja) 建設装置および建設方法
JPH03293470A (ja) 足場装置
JPH0262306A (ja) タワークレーンのクライミング工法
JPH0586651A (ja) 柱及び梁の構築方法及び装置
JP2802568B2 (ja) 建築工法
JPH0745777B2 (ja) リフト用蓮台のクライミング方法及び装置
JP2003253886A (ja) 建設装置および建設方法
JPH0978843A (ja) 全天候型仮設屋根の組立方法