JPH0816357A - カーソル表示制御装置 - Google Patents

カーソル表示制御装置

Info

Publication number
JPH0816357A
JPH0816357A JP6146379A JP14637994A JPH0816357A JP H0816357 A JPH0816357 A JP H0816357A JP 6146379 A JP6146379 A JP 6146379A JP 14637994 A JP14637994 A JP 14637994A JP H0816357 A JPH0816357 A JP H0816357A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cursor
display
cursor pattern
pattern information
operation mode
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6146379A
Other languages
English (en)
Inventor
Manabu Nagahama
学 長浜
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kubota Corp
Original Assignee
Kubota Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kubota Corp filed Critical Kubota Corp
Priority to JP6146379A priority Critical patent/JPH0816357A/ja
Publication of JPH0816357A publication Critical patent/JPH0816357A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】カーソルとその周辺に配置される操作ガイダン
スメッセージを1つのカーソルパターンとして表示し、
且つそのカーソルパターンをその時の状況に応じて選択
するようにしてオペレータの操作性を上げる。 【構成】CADシステムにおいて直線要素を作成する場
合、カーソルの右下付近に始点位置を指示するための操
作ガイダンス記号Sを表記し、終点位置を指示する状態
になるとカーソルの右下付近に終点位置を指示するため
の操作ガイダンス記号Eを表記する。同様に、複写操作
を行う時にはCPを表記し移動操作を行う時にはMVを
表記する。このように、その時の操作モードに対応する
操作ガイダンス記号を付加したカーソルパターンを表示
してオペレータの操作能率を上げる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、特にCADシステムな
ど、表示画面上での作業をカーソルを中心にして行うも
のに好適なカーソル表示制御装置に関する。
【0002】
【従来の技術】カーソルを使用する対話型のアプリケー
ションソフトでは、何種類かの入力を行う必要がある
が、アプリケーションの規模が大きくなると入力方法や
入力データの処理方法が分からなくなる場合がある。そ
こで、よく使われる方法はその時の操作状態に応じてガ
イダンスメッセージを画面上の決められたエリアに表示
してオペレータの理解を助けるようにする方法である。
また、カーソルに座標入力等の機能とは異なる機能を持
たせて作業性を改善する方法の提案も行われている。例
えば、表示画面上で作業を行う時にテキストや図形など
の記号を所定の位置に張りつける作業を行うことがある
が、この作業をカーソルを使用して効率的に行う方法が
特公平3−20752,20753,20754号公報
に示されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記の従来のカーソル
表示制御装置のうち、表示画面の特定のエリアにガイダ
ンスメッセージを表示する方法は、オペレータの視認性
の点で問題がある。すなわち、カーソルを使用して作業
を行っている時のオペレータの目は、一般にカーソル周
辺を見ているために、そのままではガイダンスメッセー
ジを読むことができない。したがって、視線を変えてガ
イダンスメッセージを見る必要があるためにオペレータ
の負担が大きいという問題がある。
【0004】また、テキストや図形などの記号をカーソ
ルとして表示画面上を移動させる上記各公告公報に示さ
れる方法では、テキストや記号の配置を行うのには便利
であるが、CADにおける通常のカーソルの機能、すな
わち座標入力や要素選択機能を同時に持たせることが出
来ないという問題がある。
【0005】本発明の目的は、カーソルとその周辺に配
置される操作ガイダンスメッセージを1つのカーソルパ
ターンとして表示し、且つそのカーソルパターンをその
時の状況に応じて選択するようにして上記の問題を解決
することのできるカーソル表示制御装置を提供すること
にある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、カーソルを使
用して表示画面上の座標入力操作や要素選択等の操作を
行う時の操作ガイダンス記号または操作ガイダンスメッ
セージを含むカーソルパターン情報を複数種類記憶する
カーソルパターン情報記憶手段と、カーソルを使用する
操作モードに対応するカーソルパターン情報を前記カー
ソルパターン情報記憶手段から選択するカーソルパター
ン情報選択手段と、選択されたカーソルパターン情報か
ら得られるカーソル表示データを表示図形データに重ね
て表示画面上に表示する表示制御手段と、を備えること
を特徴とする。
【0007】そして、前記カーソルパターン情報選択手
段は、カーソルの移動に応じて、選択するカーソルパタ
ーンを動的に変化させることが出来、また、前記カーソ
ルパターン情報選択手段は、前記カーソルを使用する操
作モードが特定の操作モードに移行して該操作モードが
終了したとき元の操作モードのカーソルパターンを選択
する制御を行うことが出来る。
【0008】
【作用】表示画面上に表示されるカーソルは、通常の+
記号または矢印記号などのカーソルパターンから、操作
ガイダンス記号や操作ガイダンスメッセージが付加され
たカーソルパターンに変化することができる。この操作
ガイダンス記号や操作ガイダンズメッセージが付加され
たカーソルパターンが表示されると、オペレータはガイ
ダンスメッセージエリアを見なくても、或いは、ガイダ
ンスメッセージエリアを別途設けなくても現在のカーソ
ルを使用する操作モードがどのようなものであるのかを
容易に知ることができる。
【0009】また、例えば、データベース1の表示画面
からデータベース2の表示画面にかけて直線を描こうと
する誤った操作を行ったときには、データベース2にカ
ーソルが移動した時点でそのカーソルのパターンを変化
させる。このようにすることで、オペレータは何が起こ
ったのかをガイダンス領域を見なくても直ちに理解出来
る。また、拡大モードなどは通常割り込み処理により実
行されるが、この拡大モードにおける操作を終了したと
きに元のカーソルパターンに自動的に戻すことでオペレ
ータは直ぐに元の操作モードに移ったことが分かる。
【0010】
【実施例】図1は、本発明の実施例のカーソル表示制御
装置のブロック図を示している。カーソルパターン記憶
領域は、カーソルを使用して表示画面上の座標入力操作
や要素選択等の操作をする時の操作ガイダンス記号また
は操作ガイダンスメッセージを含むカーソルパターンデ
ータを複数種類記憶するエリアである。図2に、このカ
ーソルパターンデータの一例を示している。たとえば、
エリアM1に記憶されるカーソルパターンデータは表示
画面上で直線要素を作成する操作モードにおける始点指
示を表すカーソルパターンのデータである。また、エリ
アM2のデータは、同じく直線要素を作成する操作モー
ドでの終点指示を表すカーソルパターンのデータであ
る。すなわち、エリアM1に記憶されるカーソルパター
ンでは、カーソルの右下に始点位置座標を入力するガイ
ダンス記号としてローマ字のSを表記し、エリアM2の
カーソルパターンは、カーソルの右下に終点位置座標を
入力するためのガイダンス記号としてローマ字のEを表
記している。さらにエリアM3は複写を行う時のカーソ
ルパターンデータを記憶し、複写の操作ガイダンスを表
す記号としてアルファベットのCPをカーソル右下に表
記し、エリアM4は表示要素の移動を表すためのカーソ
ルパターンデータを記憶し、右下にMVの操作ガイダン
ス記号を表記している。また、エリアM5には、現在の
カーソル位置は他のデータベースのウインドウ内である
ために座標入力を出来ないことを表すカーソルパターン
のデータが記憶されている。
【0011】上記のカーソルパターンのデータが記憶さ
れる領域1は、操作モードに応じてカーソルパターン選
択手段2によって参照される。そして、カーソルを使用
する操作モードに対応するカーソルパターンが選択さ
れ、そのカーソルパターンデータがカーソルパターン発
生装置3に導かれてここでカーソルパターン表示データ
が生成される。一方、図形表示記憶領域4には表示画面
上に配置されている各データベースウインドウ内に表示
する図形が記憶されているため、この図形データと上記
カーソルパターン表示データが表示制御装置6において
重ね合わされる。重ね合わせは、カーソルパターン表示
データが記憶される表示優先順位の高い表示レイヤと、
図形データが記憶される表示優先順位がそれよりも低い
表示レイヤとを重ねることで行う。なお、ガイドメッセ
ージ表示記憶エリアを表示画面上に設ける場合には、こ
の表示エリアに表示すべきガイドメッセージをガイドメ
ッセージ表示記憶領域5から取り出して表示制御装置5
においてこのメッセージデータも合成する。表示画面1
0には、表示制御装置6において合成された表示データ
が出力されて表示される。図1において、表示画面10
上にはカーソルパターン11と図形12が表示されてい
る状態を示し、また表示画面10の右下にはガイドメッ
セージ表示エリア13が配置されている。
【0012】図3は表示画面のデータベースのウインド
ウ表示例を示す。図に示す例では、データベース(D
B)1の表示ウインドウがAとBの2つ配置されてお
り、データベース2の表示ウインドウCが1つ配置され
ている例を示している。カーソルパターンは表示画面1
0において1つしか存在しないために、例えば、表示ウ
インドウA内において座標を入力したり要素を選択する
時には、他の表示ウインドウでの作業はできない。ま
た、複数のデータベース間で同時に1つの要素を定義す
ることは当然できないために、例えば、図3においデー
タベース1の表示ウインドウAからデータベース2の表
示ウインドウCにかけて直線要素を作成することができ
ない。先に述べたように、このような操作をした場合に
は、例えば、図2のエリアM5に記憶されているような
カーソルパターンを表示して座標入力ができないことを
表す。
【0013】図4は上記カーソルパターンの表示例を示
している。同図(A)は直線要素を作成するための操作
モードにおけるカーソルパターン表示例を示す。直線要
素を作成する操作モードでは、最初に始点を指示するた
めに、図のカーソルパターン、すなわち図2のエリアM
1に記憶されるカーソルパターンが表示される。マウス
のボタンを押すことによって始点の座標を入力すると、
次に終点を指示する操作モードに変わるから、カーソル
パターン選択手段2が、エリアM2のカーソルパターン
を選択する。したがって、右下にアルファベットのEが
表記されるカーソルパターンに変更される。終点指示が
完了すると実行結果として直線要素が定義されその直線
が画面上に表示される。なお、この場合終点指示を行う
時に他のデータベースの表示ウインドウに移動すると、
図4(A)に示すようなエリアM5に示されるカーソル
パターンに変わる。オペレータは、このカーソルパター
ンを見ることにより、そのデータベースの表示ウインド
ウ内に終点を指示できないことを知る。このように、ガ
イダンス記号ではなくカーソル自身の形状を変えること
によってもメッセージをオペレータに対して与えること
が可能である。
【0014】図4(B)は操作モードが複写操作モード
または移動操作モードの場合のカーソルパターン表示例
を示す。複写操作モードの時には図に示すようにエリア
M3に記憶されるカーソルパターンが表示される。また
移動操作モードの時にはエリアM4に記憶されるカーソ
ルパターンに変わる。
【0015】上記のようにして、オペレータは特にカー
ソル以外のエリアを見なくても、そのカーソルで何が行
えるかを簡単に理解することができる。したがって、画
面の右下や他の部分に配置されるガイドメッセージなど
を見なくてもよいから作業が極めてやりやすくなり長期
の操作に対して苦痛を与えることがない。
【0016】なお、操作モードが変わる時の処理を割り
込みで行う場合がある。例えば、直線要素を作成する操
作モードから拡大モードに変更する場合には(このモー
ド変更は表示画面上の所定の領域に表示されている拡大
モードボタンを押すことによって行われる)、割り込み
がかかって拡大モードの処理が行われる。拡大モードの
操作が終了すると上記割り込みが終了して元の直線の操
作モードに戻る。
【0017】図5は、上記の割り込み動作を示してい
る。
【0018】割り込みがスタートすると、その時の操作
モードで表示されているカーソルパターンやガイドメッ
セージを退避エリアに退避させ、割り込み処理とカーソ
ルガイダンスの変更処理を行う。すなわち、拡大モード
での操作を受入れて処理を行うとともに、カーソルガイ
ダンスの変更を行う。割り込み処理が終了すると、まず
カーソルが割り込みによって変更されたかどうかを判断
し、変更しているのであれば先に退避しているカーソル
を復帰して表示するとともに、続いてガイドメッセージ
を使用しているかどうかを判断し、使用している場合に
は先に退避したガイドメッセージを復帰して表示する。
以上の処理を終えて割り込みを終了し元の操作モードに
戻る。
【0019】なお、上記の実施例では、カーソルの付近
に操作ガイダンス記号を表示するようにしたが、この記
号に代えてカーソル付近に操作ガイダンスメッセージを
表示することも可能である。この場合でも、カーソル移
動に伴ってカーソルの周辺に操作ガイダンスメッセージ
が表示されるために、オペレータは視線を変えることな
く操作ガイダンスを得ることができる。
【0020】
【発明の効果】本発明では、オペレータが常に見ている
カーソルの近くに適切な操作ガイダンス記号や操作ガイ
ダンスメッセージが表示されるために、オペレータは視
線を動かさずに操作の内容が判断できることになり、座
標入力や要素選択、複写移動ななどの多彩な入力を行う
場合の操作の能率が上がるという効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例のカーソル表示制御装置のブロ
ック図を示す。
【図2】上記カーソル表示制御装置のカーソルパターン
記憶領域の記憶データを示す図。
【図3】表示画面の表示ウインドウを配置例を示す図。
【図4】同図(A),(B)はそれぞれ直線要素を作成
するための操作モードおよび複写,移動モードの時のカ
ーソルパターンの表示例を示す図である。
【図5】割り込み時の動作を示すフローチャートであ
る。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】カーソルを使用して表示画面上の座標入力
    操作や要素選択等の操作を行う時の操作ガイダンス記号
    または操作ガイダンスメッセージを含むカーソルパター
    ン情報を複数種類記憶するカーソルパターン情報記憶手
    段と、 カーソルを使用する操作モードに対応するカーソルパタ
    ーン情報を前記カーソルパターン情報記憶手段から選択
    するカーソルパターン情報選択手段と、 選択されたカーソルパターン情報から得られるカーソル
    表示データを表示図形データに重ねて表示画面上に表示
    する表示制御手段と、 を備えることを特徴とするカーソル表示制御装置。
  2. 【請求項2】請求項1において、前記カーソルパターン
    情報選択手段は、カーソルの移動に応じて、選択するカ
    ーソルパターンを動的に変化させることを特徴とするカ
    ーソル表示制御装置。
  3. 【請求項3】請求項1において、前記カーソルパターン
    情報選択手段は、前記カーソルを使用する操作モードが
    特定の操作モードに移行して該操作モードが終了したと
    き元の操作モードのカーソルパターンを選択する制御を
    行うことを特徴とするカーソル表示制御装置。
JP6146379A 1994-06-28 1994-06-28 カーソル表示制御装置 Pending JPH0816357A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6146379A JPH0816357A (ja) 1994-06-28 1994-06-28 カーソル表示制御装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6146379A JPH0816357A (ja) 1994-06-28 1994-06-28 カーソル表示制御装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0816357A true JPH0816357A (ja) 1996-01-19

Family

ID=15406384

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6146379A Pending JPH0816357A (ja) 1994-06-28 1994-06-28 カーソル表示制御装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0816357A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007018293A (ja) * 2005-07-08 2007-01-25 Fujitsu Ltd 作業支援システム,作業支援方法,作業支援用プログラム,作業支援情報作成システムおよび作業支援情報作成用プログラム
JP2007128244A (ja) * 2005-11-02 2007-05-24 Sony Corp 情報処理方法および装置、記録媒体、並びにプログラム

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007018293A (ja) * 2005-07-08 2007-01-25 Fujitsu Ltd 作業支援システム,作業支援方法,作業支援用プログラム,作業支援情報作成システムおよび作業支援情報作成用プログラム
JP4729352B2 (ja) * 2005-07-08 2011-07-20 富士通株式会社 作業支援システム,作業支援方法および作業支援用プログラム
JP2007128244A (ja) * 2005-11-02 2007-05-24 Sony Corp 情報処理方法および装置、記録媒体、並びにプログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH11149563A (ja) 情報処理装置及び方法並びに情報処理プログラムを記録した記録媒体
JPH0363756A (ja) 文書編集装置
JPS6290756A (ja) 文書作成装置
JP3015264B2 (ja) 情報処理装置及び方法
JPH0535685A (ja) 帯分数入力表示方式の電子計算機
JPH0816357A (ja) カーソル表示制御装置
JP2001195170A (ja) 携帯型電子機器、入力制御装置、及び記憶媒体
JP3533758B2 (ja) スクロール制御装置および表示装置
JPH08147265A (ja) 操作性検証方法及び装置
JPS62150423A (ja) 表示制御装置
JPH0470925A (ja) ヘルプメッセージ表示方式
JPH01280821A (ja) ガイドヘルプ情報表示装置及びガイドヘルプ情報表示方法
JPH04369717A (ja) 情報処理方法及びその装置
JPH0519817A (ja) シーケンス・プログラムの編集方式
JPH0736608A (ja) 画面表示情報の選択システムおよびその選択方法
JP3123720B2 (ja) プログラマブルコントローラのプログラミング方法及びプログラミング装置
JP2669625B2 (ja) 資源情報表示システム
JPH1185733A (ja) 文書編集装置及びその文書編集方法並びに記録媒体
JPH05135050A (ja) 線分属性表示方法
JPH02143325A (ja) ウィンドウ表示方式
JPS6349883A (ja) 図形処理装置
JP2001046768A (ja) 縫製データ作成装置
JPH04169926A (ja) 図形処理装置
JPH01266619A (ja) ディスプレイ装置におけるコマンドメニュー表示方法
JPH0896156A (ja) 図形処理装置