JPH078855B2 - スルホニウム化合物 - Google Patents

スルホニウム化合物

Info

Publication number
JPH078855B2
JPH078855B2 JP61150986A JP15098686A JPH078855B2 JP H078855 B2 JPH078855 B2 JP H078855B2 JP 61150986 A JP61150986 A JP 61150986A JP 15098686 A JP15098686 A JP 15098686A JP H078855 B2 JPH078855 B2 JP H078855B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
synthesis
compound
sulfonium compound
aqueous solution
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP61150986A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS638366A (ja
Inventor
勝滋 高下
Original Assignee
三新化学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三新化学工業株式会社 filed Critical 三新化学工業株式会社
Priority to JP61150986A priority Critical patent/JPH078855B2/ja
Priority to US07/023,251 priority patent/US4857656A/en
Priority to DE8787105406T priority patent/DE3771920D1/de
Priority to EP87105406A priority patent/EP0245662B1/en
Publication of JPS638366A publication Critical patent/JPS638366A/ja
Priority to US07/368,824 priority patent/US5117031A/en
Priority to US07/368,794 priority patent/US5216125A/en
Publication of JPH078855B2 publication Critical patent/JPH078855B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P20/00Technologies relating to chemical industry
    • Y02P20/50Improvements relating to the production of bulk chemicals
    • Y02P20/55Design of synthesis routes, e.g. reducing the use of auxiliary or protecting groups

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は新規なスルホニウム化合物に関する。さらに詳
しくは、アミノ酸の活性エステルとして、特に水溶液中
においてペプチド結合の生成を可能にする、優れた活性
エステルとしての用途をもつ新規なスルホニウム化合物
に関する。
[従来技術] 4−ヒドロキシ−2−メチルフェニルジメチルスルホニ
ウム ヨージドはJ.Amer.Chem.Soc.,80,3425(1958)に
記載された公知化合物であり、酸性度の高い水溶性フェ
ノール誘導体として知られている。しかしながら、この
化合物をアミノ酸のエステルに誘導し、かつ、その活性
エステルとしての機能を報告した例はない。
[発明の構成] 本発明は下記一般式(1)で表わされる新規スルホニウ
ム化合物に関する。さらに詳しくは、ペプチドの化学合
成において特に高純度かつ水溶液中で反応を行うことの
可能な活性エステルに関するものである。従来活性エス
テルは、ペプチドの化学合成において多用されている方
法である。
(ここでR1はベンジルオキシカルボニル基あるいはtert
-ブチロキシカルボニル基を示し、R2は保護基を有する
か、あるいは有さないアミノ酸側鎖を示す。Yはハロゲ
ン原子、過塩素酸、アルキル硫酸、硫酸水素あるいはp
−トルエンスルホン酸のいずれかである。) 上記一般式(1)で表わされる新規スルホニウム化合物
の合成法を例示する。一般式(2)で表わされる4−ヒ
ドロキシフェニルジメチルスルホニウム化合物と一般式
(3)で表わされるアミノ酸誘導体とを混合酸無水物法
で縮合させて合成する。
HO-p-C6H4‐S+(CH3)2 ・Y- (2) R1−NH−CHR2−COOH (3) (ここでY,R1,R2は先の定義と同一である。)また、第
2の合成法として、一般式(2)で表わされる化合物と
一般式(3)で表わされるアミノ酸誘導体とを有機溶剤
中でカルボジイミド等の脱水剤を作用させることによっ
ても合成される。この脱水反応の溶剤としては、特にア
セトニトリルが好ましい。
[作用] 本発明の化合物はアミノリシス反応に用いる場合、反応
終了後において未反応活性エステルはそのイオン性のた
めに水洗により系外に容易に除去される。また、副生す
るアルコールも同じくそのイオン性のために水溶性であ
り、同様に系外に容易に除去される。本発明の化合物は
反応性はもとより、精製に関して非常に優れた水溶性活
性エステルである。さらに、本発明の化合物の特徴であ
る水溶性を利用すれば、水溶液中でのペプチド合成が可
能である。本発明の化合物においてアシル化試薬として
他に比類のない特徴しては、ほとんどの化合物が親水性
ないし水溶性であり、特に一般式(2)の化合物中、Y
=メチル硫酸、または硫酸水素イオンの場合、その水へ
の溶解度は30%以上である。
[実施例] 以下、実施例にて本発明を詳細にするが、本発明の化合
物ならびに本化合物の有用性は実施例のみに限定される
ものではない。
合成例1 tert-ブチロキシカルボニルフェニルアラニン,p−ジメ
チルスルホニオフェニルエステルメチル硫酸塩の合成 tert-ブチロキシフェニルアラニン2.65gと4−ヒドロキ
シフェニルジメチルスルホニウム メチル硫酸塩2.66g
とをアセトニトリル80mlに溶解し、氷冷下攪拌しながら
ジシクロヘキシルカボジイミドを加える。さらに氷冷下
2時間攪拌し室温で1時間攪拌した後ジシクロヘキシル
尿素をろ去し、ろ液を減圧下濃縮して残渣にエーテルを
加えて結晶化した。(吸湿性) この結晶はTLCで1スポットを与えた。
収量 4.3g (84%) 1R 1680cm-1 (C=0) Rf 0.51(ブタノール,水,ピリジン, 酢酸 4:1:1:2) 合成例2 ベンジルオキシカルボニルアラニンp−ジメチルスルホ
ニオフェニルエステルメチル硫酸塩の合成 ベンジルオキシカルボニルアラニン2.24gをアセトニト
リル20mlに溶解し、‐5℃に冷却してトリエチルアミン
1.4mlを加え、さらにエチルクロロホルメート1mlを滴下
する。10分後、4−ヒドロキシフェニルジメチルスルホ
ニウム メチル硫酸塩2.66gのアセトニトリル溶液50ml
を徐々に加えた。さらに0℃で2時間攪拌した後、室温
で一夜攪拌した。反応液をろ過し、ろ液を減圧下濃縮
し、残渣にエーテルを加えて結晶化した。
(吸湿性) この結晶はTLCで1スポット与えた。
収量 3.7g (78%) 1R 1680cm-1 (C=0) Rf 0.50(ブタノール,水,ピリジン, 酢酸 4:1:1:2) 使用例1 水溶液中でのペプチド合成 ベンジルオキシカルボニルフェニルアラニルプロリンの
合成 合成例2に準じて得られたベンジルオキシカルボニルフ
ェニルアラニンp−ジメチルスルホニオフェニルエステ
ルメチル硫酸塩5.47gを水30mlに溶解し攪拌しながら、
プロリン1.15gおよびトリエチルアミン1.4mlの水溶液20
mlを滴下した。一夜室温で攪拌し、反応液に2%HClを
加えpH2とし、酢酸エチル50mlにて2回抽出した。酢酸
エチル層を水洗後乾燥し、減圧下濃縮して得られた残渣
にエーテルを加えて結晶化した。この結晶物はHPLCから
目的物のみのピークを与えた。
収量 3.25g (82%) m.p 105〜106℃(文献値106℃) [α]D ‐63゜ (文献値‐64゜) 使用例2 水溶液中でのペプチド合成 ベンジルオキシカルボニルアラニルバリンの合成 ベンジルオキシカルボニルアラニン、p−ジメチルスル
ホニオフェニルエステルメチル硫酸塩4.72gを水30mlに
溶解し攪拌しながらバリン1.17gとトリエチルアミン1.4
mlとの水溶液20mlを滴下した。一夜室温で攪拌し、反応
液に2%HClを加えpH2とし、酢酸エチル50mlにて2回抽
出した。酢酸エチル層を水洗後乾燥し、減圧下濃縮して
得られた残渣にエーテルを加えて結晶化した。この結晶
物はHPLCから目的物のピークのみを与えた。
収量 2.6g (81%) m.p 123〜124℃(文献値121〜124℃) [α]D ‐12゜ (文献値‐12゜) 使用例3 水溶液中でのペプチド合成 tert-ブチロキシカルボニルメチオニルアルギニル−フ
ェニルアラニルアミドの合成 アルギニルフェニルアラニルアミド塩酸塩2.01gと水20m
lに溶解し、この水溶液をpH7.4にトリエチルアミンを加
えて調節する。室温で攪拌しながら、tert-ブチロキシ
カルボニルメチオニンp−ジメチルスルホニオフェニル
エステル,メチル硫酸塩2.5gの水溶液5mlを滴下し、反
応液を2時間pH7.4に一定させた。反応液からは油状物
が析出してくるので、これを酢酸エチル50mlで2回抽出
し、酢酸エチル層を水洗し乾燥後、減圧下濃縮して得ら
れた残渣にエーテルを加えて結晶化した。この結晶物は
TLCで1スポットを与え、しかも坂口反応陽性であっ
た。また6N-HClで加水分解し、アミノ酸分析計で分析を
行ったところ、Met:Arg:Phe(1:1.01:0.99)であった。
収量 3.47g (65%) m.p 84〜85℃ [α]D ‐21゜ [発明の効果] 本発明に係る新規スルホニウム化合物は、実施例で明ら
かなようにペプチド合成に関して活性エステルとして有
用な化合物であることが判明した。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】一般式(1)で表わされるスルホニウム化
    合物 (ここでR1はベンジルオキシカルボニル基あるいはtert
    -ブチロキシカルボニル基を示し、R2は保護基を有する
    か、あるいは有さないアミノ酸側鎖を示す。Yはハロゲ
    ン原子、過塩素酸、アルキル硫酸、硫酸水素あるいはp-
    トルエンスルホン酸のいずれかである。)
JP61150986A 1986-05-08 1986-06-26 スルホニウム化合物 Expired - Lifetime JPH078855B2 (ja)

Priority Applications (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61150986A JPH078855B2 (ja) 1986-06-26 1986-06-26 スルホニウム化合物
US07/023,251 US4857656A (en) 1986-05-08 1987-03-09 Active esters used for production of esters or amides and process for producing esters or amides
DE8787105406T DE3771920D1 (de) 1986-05-08 1987-04-11 P-hydroxyphenylsulfoniumsalze und deren verwendung bei der herstellung von estern und amiden.
EP87105406A EP0245662B1 (en) 1986-05-08 1987-04-11 P-hydroxyphenylsulfonium salts and their use in the preparation of esters and amides
US07/368,824 US5117031A (en) 1986-05-08 1989-06-20 Active esters used for production of esters or amides and process for producing esters or amides
US07/368,794 US5216125A (en) 1986-05-08 1989-06-20 Active ester used for production of acylated amino acids

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61150986A JPH078855B2 (ja) 1986-06-26 1986-06-26 スルホニウム化合物

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS638366A JPS638366A (ja) 1988-01-14
JPH078855B2 true JPH078855B2 (ja) 1995-02-01

Family

ID=15508786

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61150986A Expired - Lifetime JPH078855B2 (ja) 1986-05-08 1986-06-26 スルホニウム化合物

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH078855B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPWO2007111092A1 (ja) 2006-03-24 2009-08-06 コニカミノルタエムジー株式会社 透明バリア性シートおよび透明バリア性シートの製造方法
WO2007111074A1 (ja) 2006-03-24 2007-10-04 Konica Minolta Medical & Graphic, Inc. 透明バリア性シート及び透明バリア性シートの製造方法
EP2000297A1 (en) 2006-03-24 2008-12-10 Konica Minolta Medical & Graphic, Inc. Transparent barrier sheet and method for producing transparent barrier sheet
WO2007111098A1 (ja) 2006-03-24 2007-10-04 Konica Minolta Medical & Graphic, Inc. 透明バリア性シート及びその製造方法
JP4581026B2 (ja) * 2009-09-24 2010-11-17 富士フイルム株式会社 感光性組成物及び該感光性組成物を用いたパターン形成方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS638366A (ja) 1988-01-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5117031A (en) Active esters used for production of esters or amides and process for producing esters or amides
SU837319A3 (ru) Способ получени оптических изомеров -(2-бЕНзгидРилэТил)- -(1-фЕНилэТил)-АМиНА или иХ СОлЕй
US20020042536A1 (en) Preparation of amino-protected lysine derivatives
JPH078855B2 (ja) スルホニウム化合物
SE452318B (sv) Aminosyror till anvendning som mellanprodukter vid framstellning av bestatiner
JPS6151578B2 (ja)
US6528684B1 (en) Synthesis of (R) and (S) -aminocarnitine and their derivatives starting from D- and L-aspartic acid
JPH06104656B2 (ja) スルホニウム化合物およびその製造方法
US4076745A (en) Process for calcium salts α-ketocarboxylic acids
JPH01290658A (ja) スルホニウム化合物の製造方法
US5216125A (en) Active ester used for production of acylated amino acids
JPH0768207B2 (ja) スルホニウム化合物
JPH0558629B2 (ja)
JPH0615514B2 (ja) 飽和脂肪族α,ω−ジアミノモノカルボン酸のN,ωトリフルオロアセチル化方法
CN112272665A (zh) 制备立他司特的方法
US3445447A (en) Tert-amyloxycarbonyl derivatives of amino acids
JPH08157437A (ja) D−アミノ酸−N−(S)−α−アルキルベンジルアミドの製造法
JP2629375B2 (ja) アミノ基が保護されたドーパ又はドーパ誘導体の製造法
JPH04321674A (ja) エステルまたはアミド結合を有する化合物の合成方法
JPH0714906B2 (ja) 保護アミノ酸の生成方法
JPH0615480B2 (ja) アシル化剤
EP0493813A1 (en) 2,5-Dioxopiperazine compound and processes for preparation thereof
FR2504525A1 (fr) Procede de preparation d'oligopeptides lysine-tryptophane, de leurs derives et de leurs sels physiologiquement utilisables
JPH0610183B2 (ja) 新規なドーパ誘導体
JPH0576936B2 (ja)