JPH07290432A - プレキャストブロック製造用側型枠 - Google Patents

プレキャストブロック製造用側型枠

Info

Publication number
JPH07290432A
JPH07290432A JP6083335A JP8333594A JPH07290432A JP H07290432 A JPH07290432 A JP H07290432A JP 6083335 A JP6083335 A JP 6083335A JP 8333594 A JP8333594 A JP 8333594A JP H07290432 A JPH07290432 A JP H07290432A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
precast block
mold
manufacturing
block
frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6083335A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2937741B2 (ja
Inventor
Hiromi Kayane
浩美 茅根
Masayuki Hirooka
政之 廣岡
Kazuo Katori
一雄 香取
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyo Seisakusho KK
PS Co Ltd
Original Assignee
Toyo Seisakusho KK
PS Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyo Seisakusho KK, PS Co Ltd filed Critical Toyo Seisakusho KK
Priority to JP6083335A priority Critical patent/JP2937741B2/ja
Publication of JPH07290432A publication Critical patent/JPH07290432A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2937741B2 publication Critical patent/JP2937741B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Bridges Or Land Bridges (AREA)
  • Sewage (AREA)
  • Moulds, Cores, Or Mandrels (AREA)
  • Manufacturing Of Tubular Articles Or Embedded Moulded Articles (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】ショートライン方式のプレキャストブロック製
造ラインにおいて、側型枠を、1動作で側方及び下方に
移動し、作業の迅速合理化、作業能率向上、省力化、精
度向上、工期短縮を図る。 【構成】側型枠1のフレーム2をベースフレーム3上に
リンク4、5をピン結合して4リンク機構を形成し、こ
の4リンク機構を起倒させるアクチュエータ6を備え
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、プレキャストブロック
製造用側型枠に関する。さらに詳しくは、ショートライ
ン方式により、例えば高架橋やボックスカルバート、共
同溝等をプレキャストブロック工法で施工する場合のプ
レキャストブロック製造用型枠側枠の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】ショートライン方式のプレキャストブロ
ック製造装置は、従来、クレーンにより側型枠を解体脱
型するか、クレーン等を使用して製品を吊り上げて脱型
するか等の手段により脱型されていた。また、側型枠の
下端をピン支持し、側型枠を側方に転倒させて脱型する
技術、高さ方向及び水平方向に側型枠を移動させるジャ
ッキを備え、側型枠の高さを下げて側方に水平移動させ
る構造等が用いられていた。
【0003】図5はこのような従来のショートライン方
式でプレキャストブロック100を製造するときの側型
枠43の脱型を示すもので、側型枠43の支持フレーム
40を鉛直ジャッキ41、水平ジャッキ42で降下水平
横移動させ側型枠43を脱型する。なお、側型枠43は
支持フレーム40が棒44を介して支持しているので、
側型枠43の姿勢の微調整をすることが困難であった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】従来のクレーン等を使
用して脱型する手段では製品及び型枠を損傷する恐れが
ある。また、側型枠の下端をピン支持し、側型枠を側方
に転倒させて脱型する技術では、特に、プレキャストブ
ロックのフランジ部にリブ等がついている場合、開閉角
度を大きく取る必要があり、装置の高さを高くする必要
があった。
【0005】本発明は、例えば高架橋等の施工をプレキ
ャストブロック工法により行う場合、この工法に用いる
プレキャストブロックの製造工程における、上記問題点
を解決し、工期短縮、省力化するために、開発されたも
のである。本発明はこのようなショートライン方式のプ
レキャストブロック製造装置において用いる、好適な機
構を有するプレキャストブロック製造用側型枠を提供す
ることを目的とする。
【0006】なお、本発明は側型枠の三次元位置修正す
ることも可能な装置をあわせて提供するものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記問題点を
解決するために開発されたもので、ショートライン方式
によりプレキャストブロックを製造する装置における側
型枠支持フレームを、プレキャストブロック側方から離
隔する方向に起倒自在な4リンク機構により基台上に支
持したことを特徴とするプレキャストブロック製造用側
型枠である。
【0008】また、本発明は、上記側型枠において、型
枠支持フレームと型枠との間に3軸方向微動自在な三次
元位置修正機構を介装したことを特徴とするプレキャス
トブロック製造用側型枠である。
【0009】
【作用】従来、ロングライン方式で行われていたプレキ
ャストブロック工法のプレキャストブロック製造装置に
比較して、狭隘な製作ヤードですむショートラインのブ
ロック製造装置は、側型枠の脱型、ブロックの移動、ブ
ロック製作台車の入れ替等1サイクルの打設作業を効率
的にシステム化しなければならない。
【0010】そこで側型枠の脱型に油圧ジャッキを用い
て、上下左右の動きを1動作で可能とするため、側型枠
のフレーム下に4リンク機構を採用した。4リンク機構
は、図4に示すように、四辺形を形成するメンバー(リ
ンク2、3、4、5)を各リンクの端部を互いにピン結
合し、各リンクが相対回動運動することを可能にした機
構である。リンク2、3、4、5の内1つ、例えばリン
ク3を固定すれば他のリンクは、この固定リンク3を基
準にして回動する。図4は四辺形が平行四辺形である4
リンク機構を示している。図4(a)のアクチュエータ
6を伸縮することによって、4リンク機構は、図4
(b)に示すように、リンク3を基準としてリンク4、
5がその下端を中心として回動し、リンク2は水平方向
8及び垂直方向9に同時に移動する。
【0011】この4リンク機構は必ずしも平行四辺形を
構成する必要はなく、リンクを不平行移動させることも
でき、型枠の形状、周囲のスペース等により各リンクの
構成を任意の設計とすることができる。しかし、平行四
辺形を構成する4リンク機構は、型枠が同じ姿勢で常に
平行移動するので、型枠の面の方向を一定にしておくこ
とができる。そして、これを基準として図1に示す側型
枠の三次元位置修正機構11を調整することにより、型
枠の3軸方向姿勢制御のための微少移動調整が、容易簡
単になるという利点がある。
【0012】本発明の側型枠は、この4リンク機構を用
いることにより、必要スペースが少なくて済み、1つの
4リンク機構に1本のアクチュエータ(油圧ジャッキ)
6のみを備えるだけで、側型枠の上下水平の同時移動を
可能にすることができる。また、自動化、省力化をする
上で、摺動部品が少なく、制御が安価になった。さらに
側型枠の三次元位置修正も容易に可能となった。この三
次元位置修正が可能となったことにより、直線の構造物
のみならず、曲線構造物のプレキャストブロックの製造
が可能になった。
【0013】
【実施例】以下に、本発明を好適に利用した、プレキャ
ストブロック工法による、高架橋等の橋梁のショートラ
イン方式によるプレキャストブロックの製造に適用した
例を示す。図1はプレキャストブロック100を製造す
るための実施例の製造用側型枠1をプレキャストブロッ
クのコンクリートから脱型した状態を示し、図2はプレ
キャストブロック100のコンクリート打設を終った状
態の実施例の製造用側型枠1を示す図である。
【0014】図3は、前回打設したブロック110を今
回打設するコンクリートブロック100の前面側の型枠
とし、この前回打設したブロック110の後端面とマッ
チキャストのコンクリートブロック100を打設する工
程を示している。今回打設するコンクリートブロック1
00は側型枠及び中子型枠を取付けてコンクリートブロ
ック100を打設する。打設が完了すると、コンクリー
ト養生を経て側型枠及び中子型枠を脱型し、ついで、移
動台車111でコンクリートブロック100を前進させ
てブロック110の位置まで前進させ、次のブロックの
型枠を準備し、次のコンクリートブロック100の打設
の準備を行う。
【0015】実施例の側型枠1は、図1、図2に示すよ
うに、フレーム2をベースフレーム3上に4リンク機構
を形成するように、リンク4、5をピン結合し、4リン
ク機構を形成し、この4リンク機構を起倒させるアクチ
ュエータ6を備えている。型枠7はコンクリートブロッ
ク100の本体側面101及びウイング102下面10
3の型枠である。ウイング102の下面103にはリブ
104が突出している。本発明の側型枠1は、ワンタッ
チで脱型することができ、また所定位置に組み立てるこ
とができる。
【0016】また、この実施例は、図1に示すように、
型枠7のと型枠支持フレーム2との間に3軸方向微動自
在な姿勢調整用の三次元位置修正機構11を介装してい
る。この三次元位置修正機構11は多数のジャッキから
成り、型枠7の姿勢を微少調整することができる。実施
例装置は、側型枠を、1動作で水平及び鉛直に移動する
ことができ、迅速な型枠位置決め、脱型が可能となっ
た。
【0017】本例は、高架橋等の橋梁のショートライン
方式によるプレキャストブロックの製造について述べた
が、ボックスカルバートや、都市共同溝等のプレキャス
トブロックの製造にも好適に利用可能である。
【0018】
【発明の効果】本発明によれば、ショートライン方式に
より、プレキャストブロックの製造ラインにおいて、プ
レキャストブロック製造用側型枠を、1動作で側方及び
下方に移動して脱型することができ、脱型作業の迅速合
理化を可能とし、製造ラインの高さの減少を図ることが
でき、既設コンクリートブロックとのラップ部のセメン
トペースト漏れを防止するための方策が容易となった。
また、側型枠の開閉スペースをコンパクトに確保するこ
とにより、台車の入れ替が円滑になった。また、型枠の
姿勢調整が可能となった。従って、作業能率向上、省力
化、精度向上、工期短縮に寄与するところが大である。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施例のプレキャストブロック製造用側型枠の
離型した状態を示す正面図である。
【図2】実施例のプレキャストブロック製造用側型枠を
コンクリート打設位置に配置した状態を示す正面図であ
る。
【図3】実施例のショートライン方式のプレキャストブ
ロック製造装置を説明する側面図である。
【図4】4リンク機構の説明図である。
【図5】従来の側型枠の脱型を示す説明図である。
【符号の説明】
1 側型枠 2 フレーム
(リンク) 3 ベースフレーム(リンク) 4 リンク 5 リンク 6 アクチュエ
ータ 7 型枠 11 三次元位置
修正機構 40 支持フレーム 41、42 ジャ
ッキ 43 側型枠 44 棒 100、110 プレキャストブロック 101 側面 102 ウイング 103 下面 104 リブ 111 移動台車
フロントページの続き (72)発明者 香取 一雄 千葉市中央区川戸町408番地 株式会社東 葉製作所内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ショートライン方式によりプレキャスト
    ブロックを製造する装置における側型枠支持フレーム
    を、プレキャストブロック側方から離隔する方向に起倒
    自在な4リンク機構により基台上に支持したことを特徴
    とするプレキャストブロック製造用側型枠。
  2. 【請求項2】 型枠支持フレームと型枠との間に3軸方
    向微動自在な三次元位置修正機構を介装したことを特徴
    とする請求項1記載のプレキャストブロック製造用側型
    枠。
JP6083335A 1994-04-21 1994-04-21 プレキャストブロック製造用側型枠 Expired - Fee Related JP2937741B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6083335A JP2937741B2 (ja) 1994-04-21 1994-04-21 プレキャストブロック製造用側型枠

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6083335A JP2937741B2 (ja) 1994-04-21 1994-04-21 プレキャストブロック製造用側型枠

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07290432A true JPH07290432A (ja) 1995-11-07
JP2937741B2 JP2937741B2 (ja) 1999-08-23

Family

ID=13799572

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6083335A Expired - Fee Related JP2937741B2 (ja) 1994-04-21 1994-04-21 プレキャストブロック製造用側型枠

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2937741B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008018933A (ja) * 2006-06-15 2008-01-31 Dps Bridge Works Co Ltd ポンツーンの建造方法
CN104153297A (zh) * 2013-08-19 2014-11-19 赵培显 铁路t梁现浇桥面板成型机
KR101474555B1 (ko) * 2013-07-01 2014-12-22 주식회사 우진폼테크 상치콘크리트 시공장치 및 이를 이용한 상치콘크리트 시공방법
JP2015059407A (ja) * 2013-09-20 2015-03-30 川田建設株式会社 桁用コンクリートブロック養生装置
WO2016016494A1 (es) * 2014-07-29 2016-02-04 Rubrica Ingenieria Y Arquitectura, S.L. Encofrado abatible para el tablero de un puente y procedimiento de avance del encofrado
CN105887696A (zh) * 2016-05-25 2016-08-24 中交第航务工程局有限公司 一种变截面移动模架可调整体式模板
JP2020183678A (ja) * 2019-05-09 2020-11-12 鹿島建設株式会社 箱桁の施工方法および施工システム
JP2021011697A (ja) * 2019-07-04 2021-02-04 首都高速道路株式会社 吊り荷移動装置、既設橋梁の撤去方法、及び橋梁部材の設置方法
CN113858412A (zh) * 2021-09-23 2021-12-31 中交第二航务工程局有限公司 节段梁短线匹配预制智能测控系统及其使用方法

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008018933A (ja) * 2006-06-15 2008-01-31 Dps Bridge Works Co Ltd ポンツーンの建造方法
KR101474555B1 (ko) * 2013-07-01 2014-12-22 주식회사 우진폼테크 상치콘크리트 시공장치 및 이를 이용한 상치콘크리트 시공방법
CN104153297A (zh) * 2013-08-19 2014-11-19 赵培显 铁路t梁现浇桥面板成型机
CN104153297B (zh) * 2013-08-19 2019-02-26 赵培显 铁路t梁现浇桥面板成型机
JP2015059407A (ja) * 2013-09-20 2015-03-30 川田建設株式会社 桁用コンクリートブロック養生装置
WO2016016494A1 (es) * 2014-07-29 2016-02-04 Rubrica Ingenieria Y Arquitectura, S.L. Encofrado abatible para el tablero de un puente y procedimiento de avance del encofrado
CN105887696A (zh) * 2016-05-25 2016-08-24 中交第航务工程局有限公司 一种变截面移动模架可调整体式模板
CN105887696B (zh) * 2016-05-25 2019-07-02 中交第一航务工程局有限公司 一种变截面移动模架可调整体式模板
JP2020183678A (ja) * 2019-05-09 2020-11-12 鹿島建設株式会社 箱桁の施工方法および施工システム
JP2021011697A (ja) * 2019-07-04 2021-02-04 首都高速道路株式会社 吊り荷移動装置、既設橋梁の撤去方法、及び橋梁部材の設置方法
CN113858412A (zh) * 2021-09-23 2021-12-31 中交第二航务工程局有限公司 节段梁短线匹配预制智能测控系统及其使用方法
CN113858412B (zh) * 2021-09-23 2022-11-11 中交第二航务工程局有限公司 节段梁短线匹配预制智能测控系统及其使用方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2937741B2 (ja) 1999-08-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07290432A (ja) プレキャストブロック製造用側型枠
CN109968500A (zh) 预制一体化卫生间模具
JP2003293319A6 (ja) 移動式支保工
CN112223493A (zh) 一种预制构件成型设备
CN211250585U (zh) 一种移动式预制箱梁模板系统
US2968082A (en) Mold assemblies
CN112726425B (zh) 一种连续梁悬浇施工用的内模架
JP2693736B2 (ja) 橋桁セグメントの製作装置及び製作方法
JP3046517B2 (ja) ショートライン方式のプレキャストブロック製造装置
CN210525432U (zh) 一种整体式窗框模具
JPH04187365A (ja) 鋳造装置
CN112809887A (zh) 一种桥梁用砼预制结构件的生产装置及其生产方法
US4753282A (en) Molding register system with improved closer assembly
CN217777274U (zh) 液压箱梁模板
CN216108251U (zh) 一种移动式防撞墙模板
JP3063104U (ja) プレキャストコンクリ―トセグメントの中空部成形用型枠
JP2886082B2 (ja) プレキャストブロックの製造方法及び装置
CN211541660U (zh) 一种预制构件成型设备
JP2004344943A (ja) 低圧鋳造機
JP3101839B2 (ja) 不定形耐火物のライニング用型枠装置
JPH0138944B2 (ja)
JPS6033978A (ja) ア−チカルバ−ト用移動外型枠装置
JPH0280762A (ja) アーチカルバート用移動外型枠装置
JPS6033977A (ja) ア−チカルバ−ト用移動外型枠装置
JP2538505B2 (ja) プレキャストブロック製作台調整装置

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19990525

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees
S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531