JPH07206112A - 自動倉庫用入出庫装置 - Google Patents

自動倉庫用入出庫装置

Info

Publication number
JPH07206112A
JPH07206112A JP172094A JP172094A JPH07206112A JP H07206112 A JPH07206112 A JP H07206112A JP 172094 A JP172094 A JP 172094A JP 172094 A JP172094 A JP 172094A JP H07206112 A JPH07206112 A JP H07206112A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
conveyor
loading
articles
warehousing
unloading
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP172094A
Other languages
English (en)
Inventor
Toru Hasegawa
透 長谷川
Hideyuki Yoshihira
秀之 吉平
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyo Kanetsu KK
Original Assignee
Toyo Kanetsu KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyo Kanetsu KK filed Critical Toyo Kanetsu KK
Priority to JP172094A priority Critical patent/JPH07206112A/ja
Publication of JPH07206112A publication Critical patent/JPH07206112A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 物品の保管スペースの立体的な有効利用を図
るとともに、物品の入出庫を効率よく行う。 【構成】 倉庫の一階において、入庫ステーション11
に搬入されたパレット10上の物品は、入庫用搬送コン
ベヤ40及び入庫用コンベヤ41によってスタッカーク
レーン30に搬送され、スタッカークレーン30によっ
てラック20の所定の収納棚21に搬入される。またス
タッカークレーン30によってラック20の収納棚21
から搬出されたパレット10上の物品は、倉庫の二階に
おいて、出庫用コンベヤ及び出庫用搬送コンベヤによっ
て、出庫ステーションに搬送される。これにより入庫さ
れる物品と出庫される物品が、同一コンベヤ上に混在す
ることはない。入庫用搬送コンベヤ40と出庫用搬送コ
ンベヤとはバーチカルコンベヤ60で接続されている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、物品をスタッカークレ
ーンによってラックの所定の収納棚に搬入又は搬出させ
る自動倉庫用入出庫装置に関し、詳しくは物品を効率よ
く入出庫させるための構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来自動倉庫用入出庫装置として、図4
に示すように、パレット70に載置された物品を、スタ
ッカークレーン71によってラック72の所定の収納棚
73に搬入又は搬出させるものがある。入出庫ステーシ
ョン74からスタッカークレーン71への物品の搬入、
及びスタッカークレーン71から入出庫ステーション7
4への物品の搬出は、搬送コンベヤ75と、搬送コンベ
ヤ75に直交してラック72側に延設された複数の入庫
コンベヤ76及び出庫コンベヤ77によって行われる。
搬送コンベヤ75は、入出庫ステーション74から入庫
コンベヤ76及び出庫コンベヤ77を順次平面的に結ぶ
ように、ループ状に配置される。
【0003】このような自動倉庫用入出庫装置におい
て、物品は、パレット70に載置された状態で、搬送コ
ンベヤ75によって入出庫ステーション74から各入庫
コンベヤ76に搬送され、入庫コンベヤ76によってス
タッカークレーン71に搬送される。またスタッカーク
レーン71によってラック72の収納棚73から搬出さ
れた物品は、各出庫コンベヤ77によって搬送コンベヤ
75に搬送され、搬送コンベヤ75によって入出庫ステ
ーション74に搬送される。なお図中の矢印は、物品の
搬送方向をそれぞれ示す。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上述した従来の自動倉
庫用入出庫装置では、入出庫ステーション74から各入
庫コンベヤ76への物品の搬送と、各出庫コンベヤ77
から入出庫ステーション74への物品の搬送を、いずれ
も搬送コンベヤ75によって行うため、搬送コンベヤ7
5上において、入庫される物品と出庫される物品が混在
することとなる。したがって複雑な入出庫制御が必要で
あり、また入庫作業中は出庫作業を中断し、逆に出庫作
業中は入庫作業を中断する必要があり、物品の入出庫を
短時間で確実に行うことが極めて困難であるという問題
があった。
【0005】本発明は、物品の保管スペースの立体的な
有効利用を図ることができるとともに、物品の入出庫に
伴う制御及び入出庫作業を単純化することができ、これ
により物品の入出庫を効率よく行うことができる自動倉
庫用入出庫装置を提供することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の上記目的は下記
構成により達成される。 (1) 少なくとも2以上の階層からなる自動倉庫用入
出庫装置であって、物品を収納可能な多数の収納棚を有
するラックと、物品を前記ラックの所定の収納棚に搬入
又は搬出させるスタッカークレーンと、所定の階層に設
けられ、入庫ステーションに搬入された物品を、前記ス
タッカークレーンに搬送させる入庫コンベヤと、前記入
庫コンベヤと異なる階層に設けられ、前記ラックの収納
棚から前記スタッカークレーンによって搬出された物品
を、出庫ステーションに搬送させる出庫コンベヤとを備
えたことを特徴とする自動倉庫用入出庫装置。
【0007】(2) 前記スタッカークレーンと、前記
入庫コンベヤ及び前記出庫コンベヤとによって搬送され
る物品は、パレットに載置された状態であり、かつ、前
記入庫コンベヤと前記出庫コンベヤとの間には、各階層
間にわたってバーチカルコンベヤが設けられており、前
記バーチカルコンベヤは、物品を前記出庫ステーション
においてピッキングされた後のパレットを、前記出庫コ
ンベヤから前記入庫コンベヤに搬送させることを特徴と
する前記(1)記載の自動倉庫用入出庫装置。
【0008】
【作用】本発明に係る自動倉庫用入出庫装置において
は、物品は、所定の階層に設けられた入庫コンベヤによ
ってスタッカークレーンに搬送され、スタッカークレー
ンによってラックの所定の収納棚に搬入される。またス
タッカークレーンによってラックの収納棚から搬出され
た物品は、入庫コンベヤと異なる階層に設けられた出庫
コンベヤによって、出庫ステーションに搬送される。従
って入庫と出庫とが独立した制御及び作業となり単純化
され、複雑な制御を必要とせず、一方の作業中に他方の
作業を中断することもなく、効率よく入出庫作業を実行
できる。
【0009】また本発明に係る自動倉庫用入出庫装置に
おいては、物品を出庫ステーションにおいてピッキング
された後のパレットは、バーチカルコンベヤによって入
庫コンベヤに搬送されるので、パレットの入出庫を容易
に繰り返すことができ、ピッキング等のために繰り返し
使用されるパレットの入出庫作業に好適である。
【0010】
【実施例】以下図示実施例により、本発明を説明する。
図1及び図2は、本発明の一実施例である自動倉庫用入
出庫装置を示す平面図であり、図1は一階部分を、図2
は二階部分をそれぞれ示す。図1に示す倉庫の一階に
は、入庫ステーション11、入庫用搬送コンベヤ40及
び入庫用コンベヤ41が設けられており、図2に示す倉
庫の二階には、出庫ステーション12、出庫用コンベヤ
50及び出庫用搬送コンベヤ51が設けられる。なお各
図中の矢印は、物品の搬送方向をそれぞれ示す。
【0011】すなわち図1に示す倉庫の一階において、
入庫ステーション11に搬入されたパレット10上の物
品は、入庫用搬送コンベヤ40及び入庫用コンベヤ41
によってスタッカークレーン30に搬送され、スタッカ
ークレーン30によってラック20の所定の収納棚21
に搬入される。またスタッカークレーン30によってラ
ック20の収納棚21から搬出されたパレット10上の
物品は、図2に示す倉庫の二階において、出庫用コンベ
ヤ50及び出庫用搬送コンベヤ51によって、ピッキン
グエリアである出庫ステーション12に搬送される。出
庫用搬送コンベヤ51と入庫用搬送コンベヤ40の間に
は、図3に示すように、バーチカルコンベヤ60が設け
られており、パレット10を出庫用搬送コンベヤ51か
ら入庫用搬送コンベヤ40に回送させる。
【0012】ラック20は、図1及び図2に示すよう
に、スタッカークレーン30の走行経路となる複数(本
実施例では2本)のレール31のそれぞれ両側に、レー
ル31に沿って複数列(本実施例では4列)に設けられ
ており、各ラック20には、物品を収納可能な収納棚2
1が、レール31に沿う方向に多数(本実施例では15
個)、かつ、図3に示すように、倉庫の一階と二階の間
に渡って上下方向に多段に設けられる。
【0013】スタッカークレーン30は、図1及び図2
に示すように、対向するラック20の間に複数台(本実
施例では2台)設けられる。各スタッカークレーン30
においては、レール31に沿って走行可能なクレーン本
体32に、昇降台33(図3)が昇降自在に設けられて
おり、昇降台33には、複数のフォーク(図示しない)
が、各ラック20側に水平に進退自在に設けられる。各
スタッカークレーン30は、クレーン本体32を走行さ
せるとともに、昇降台33を昇降させることにより、フ
ォークをラック20の所定の収納棚21近傍まで移動さ
せ、フォークのラック20側への進退によって、物品を
パレット10ごとラック20の収納棚21に搬入又は搬
出させる。
【0014】図1に示す入庫用搬送コンベヤ40は、図
示しない多数のローラを物品の搬送方向(図中左方)に
沿って回転可能に設けられたローラコンベヤであり、ロ
ーラの回転によって物品を入庫ステーション11から各
入庫用コンベヤ41に搬送させる。入庫用コンベヤ41
はそれぞれ、入庫用搬送コンベヤ40とスタッカークレ
ーン30の間に、入庫用搬送コンベヤ40と直交してラ
ック20側に延設される。入庫用コンベヤ41は、入庫
用搬送コンベヤ40との交差部分において、入庫用搬送
コンベヤ40の各ローラの間から上方に進退自在なロー
ラ(図示しない)を備えたローラコンベヤであり、ロー
ラを入庫用搬送コンベヤ40の各ローラの間から上下方
向に進出させた状態で、各ローラを所定の方向(図中上
方)に回転させることによって、入庫用搬送コンベヤ4
0上の物品をスタッカークレーン30に搬送させる。
【0015】出庫用コンベヤ50はそれぞれ、図2に示
すように、出庫用搬送コンベヤ51と直交してラック2
0側に延設される。各出庫用コンベヤ50は、出庫用搬
送コンベヤ51との交差部分において、出庫用搬送コン
ベヤ51の各ローラの間から上下方向に進退自在なロー
ラ(図示しない)を備えたローラコンベヤであり、ロー
ラを出庫用搬送コンベヤ51の各ローラの間から上方に
進出させた状態で、各ローラを所定の方向(図中下方)
に回転させることにより、スタッカークレーン30によ
ってラック20の収納棚21から搬出された物品を、出
庫用搬送コンベヤ51に搬送させる。出庫用搬送コンベ
ヤ51は、図示しない多数のローラを物品の搬送方向
(図中右方)に沿って回転可能に設けられたローラコン
ベヤであり、ローラの回転によって物品を出庫用コンベ
ヤ50から出庫ステーション12に搬送させる。
【0016】バーチカルコンベヤ60は、図3に示すよ
うに、倉庫一階の入庫用搬送コンベヤ40と、倉庫二階
の出庫用搬送コンベヤ51の間を結ぶように垂直に設け
られる。バーチカルコンベヤ60においては、物品を載
置可能な荷受け部(図示しない)が、倉庫の一階と二階
の間に渡ってループ状に配置された無端チェーン(図示
しない)に、所定の間隔をあけて多数設けられており、
無端チェーンの移動に伴って昇降される。バーチカルコ
ンベヤ60は、出庫用搬送コンベヤ51上に残留したパ
レット10(図2)、すなわち物品を出庫ステーション
12(図2)においてピッキングされた後のパレット1
0を、倉庫の二階において荷受け部に載置させ、無端チ
ェーンの移動に伴って倉庫の一階まで下降させて入庫用
搬送コンベヤ40に搬送させる。
【0017】本実施例の作用を、図1〜図3を参照して
説明する。図1に示すように、トラック13等によって
倉庫一階の入出荷口14まで運搬されてきた物品は、パ
レット10に載置された状態で、図示しないフォークリ
フト等によって入出荷口14から入庫ステーション11
に搬入される。入庫ステーション11に搬入された物品
は、入庫用搬送コンベヤ40及び入庫用コンベヤ41に
よってスタッカークレーン30に搬送され、スタッカー
クレーン30によってラック20の所定の収納棚21に
搬入される。
【0018】また図2に示すように、スタッカークレー
ン30によってラック20の収納棚21から搬出された
物品は、出庫用コンベヤ50及び出庫用搬送コンベヤ5
1によって出庫ステーション12に搬送される。出庫ス
テーション12においては、所要の物品が、出庫用搬送
コンベヤ51上から人手等によってピッキングされ、仕
分けライン16へ運搬される。
【0019】一方、出庫用搬送コンベヤ51上に残留し
たパレット10、すなわち物品を出庫ステーション12
においてピッキングされた後のパレット10は、図3に
示すように、バーチカルコンベヤ60によって入庫用搬
送コンベヤ40に搬送される、すなわち出庫用搬送コン
ベヤ51から入庫用搬送コンベヤ40に回送される。な
お空状態のパレット10は、倉庫の一階において、更に
人手等によって空パレットマガジン15(図1)に運ば
れ、同マガジン15内に段積みされる。
【0020】以上のように上記実施例によれば、物品を
入庫させるためのコンベヤ、すなわち入庫用搬送コンベ
ヤ40及び入庫用コンベヤ41を倉庫の一階に設けると
ともに、物品を出庫させるためのコンベヤ、すなわち出
庫用コンベヤ50及び出庫用搬送コンベヤ51を倉庫の
二階に設けたので、物品の保管スペースの立体的な有効
利用を図ることができるとともに、入庫される物品と出
庫される物品が、同一コンベヤ上に混在するようなこと
がないため、物品の入出庫に伴う制御及び入出庫作業を
単純化することができる。これにより、物品の入出庫を
短時間で確実に、効率よく行うことができる。また入庫
用搬送コンベヤ40と出庫用搬送コンベヤ51の間に
は、バーチカルコンベヤ60を設けたので、物品を出庫
ステーション12においてピッキングされた後のパレッ
ト10を、入庫用搬送コンベヤ40に搬送させることが
でき、これにより出庫用搬送コンベヤ51から入庫用搬
送コンベヤ40へのパレット10の回送を、人手等によ
ることなく効率よく行うことができる。
【0021】なお上記実施例では、1階に入庫用の各コ
ンベヤ40,41を設けるとともに、2階に出庫用の各
コンベヤ50,51を設けた2階建ての自動倉庫用入出
庫装置として構成したが、本発明は、入庫用の各コンベ
ヤ40,41を設ける階層と、出庫用の各コンベヤ5
0,51を設ける階層が異なる構成であればよく、各コ
ンベヤを設ける階層を逆にしたり、あるいは更に多くの
階層で構成する等、種々の態様が考えられ、上記実施例
に限定されるものではない。
【0022】また入庫用搬送コンベヤ40、入庫用コン
ベヤ41、出庫用コンベヤ50及び出庫用搬送コンベヤ
51のいずれについても、多数のローラを物品の搬送方
向に沿って回転可能に設けたローラコンベヤとして構成
したが、物品を所定の方向に搬送することができるもの
であればよく、物品の搬送方向に沿って移動可能なチェ
ーンを備えたチェーンコンベヤ等、いかなる搬送機構で
あってもよい。
【0023】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、物品を入
庫ステーションからスタッカークレーンに搬送させる入
庫コンベヤを、所定の階層に設けるとともに、ラックの
収納棚からスタッカークレーンによって搬出された物品
を、出庫ステーションに搬送させる出庫コンベヤを、入
庫コンベヤと異なる階層に設けたので、物品の保管スペ
ースの立体的な有効利用を図ることができるとともに、
物品の入出庫に伴う制御及び入出庫作業を単純化するこ
とができ、これにより物品の入出庫を効率よく行うこと
ができる。更に本発明によれば、入庫コンベヤと出庫コ
ンベヤの間にバーチカルコンベヤを設けることにより、
物品を出庫ステーションにおいてピッキングされた後の
パレットを、入庫コンベヤに搬送させることができ、こ
れにより出庫コンベヤから入庫コンベヤへのパレットの
回送を、人手等によることなく効率よく行うことができ
る。したがって、本発明は、繰り返し使用されるパレッ
トの入出庫作業に好適である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例である自動倉庫用入出庫装置
の一階部分を示す平面図である。
【図2】図1の自動倉庫用入出庫装置の二階部分を示す
平面図である。
【図3】図1及び図2の自動倉庫用入出庫装置の縦断面
図である。
【図4】従来の自動倉庫用入出庫装置を示す平面図であ
る。
【符号の説明】
10 パレット 11 入庫ステーション 12 出庫ステーション 20 ラック 21 収納棚 30 スタッカークレーン 40 入庫用搬送コンベヤ 41 入庫用コンベヤ 50 出庫用コンベヤ 51 出庫用搬送コンベヤ 60 バーチカルコンベヤ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 少なくとも2以上の階層からなる自動倉
    庫用入出庫装置であって、物品を収納可能な多数の収納
    棚(21)を有するラック(20)と、 物品を前記ラック(20)の所定の収納棚(21)に搬
    入又は搬出させるスタッカークレーン(30)と、 所定の階層に設けられ、入庫ステーション(11)に搬
    入された物品を、前記スタッカークレーン(30)に搬
    送させる入庫コンベヤ(40,41)と、 前記入庫コンベヤ(40,41)と異なる階層に設けら
    れ、前記ラック(20)の収納棚(21)から前記スタ
    ッカークレーン(30)によって搬出された物品を、出
    庫ステーション(12)に搬送させる出庫コンベヤ(5
    0,51)とを備えたことを特徴とする自動倉庫用入出
    庫装置。
  2. 【請求項2】 前記スタッカークレーン(30)と、前
    記入庫コンベヤ(40,41)及び前記出庫コンベヤ
    (50,51)とによって搬送される物品は、パレット
    (10)に載置された状態であり、かつ、前記入庫コン
    ベヤ(40,41)と前記出庫コンベヤ(50,51)
    との間には、各階層間にわたってバーチカルコンベヤ
    (60)が設けられており、前記バーチカルコンベヤ
    (60)は、物品を前記出庫ステーション(12)にお
    いてピッキングされた後のパレット(10)を、前記出
    庫コンベヤ(50,51)から前記入庫コンベヤ(4
    0,41)に搬送させることを特徴とする請求項1記載
    の自動倉庫用入出庫装置。
JP172094A 1994-01-12 1994-01-12 自動倉庫用入出庫装置 Pending JPH07206112A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP172094A JPH07206112A (ja) 1994-01-12 1994-01-12 自動倉庫用入出庫装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP172094A JPH07206112A (ja) 1994-01-12 1994-01-12 自動倉庫用入出庫装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07206112A true JPH07206112A (ja) 1995-08-08

Family

ID=11509411

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP172094A Pending JPH07206112A (ja) 1994-01-12 1994-01-12 自動倉庫用入出庫装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07206112A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000211704A (ja) * 1999-01-22 2000-08-02 Daifuku Co Ltd 物品仕分け設備
CN113682710A (zh) * 2021-08-24 2021-11-23 北京京东乾石科技有限公司 一种缓存装置、出入库系统及出入库方法
TWI807019B (zh) * 2018-05-23 2023-07-01 日商大福股份有限公司 揀貨系統

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000211704A (ja) * 1999-01-22 2000-08-02 Daifuku Co Ltd 物品仕分け設備
TWI807019B (zh) * 2018-05-23 2023-07-01 日商大福股份有限公司 揀貨系統
US11807458B2 (en) 2018-05-23 2023-11-07 Daifuku Co., Ltd. Picking system
CN113682710A (zh) * 2021-08-24 2021-11-23 北京京东乾石科技有限公司 一种缓存装置、出入库系统及出入库方法
CN113682710B (zh) * 2021-08-24 2023-08-08 北京京东乾石科技有限公司 一种缓存装置、出入库系统及出入库方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6435463B2 (ja) 保管設備からの運搬ユニットを提供するための方法
JPH07206112A (ja) 自動倉庫用入出庫装置
JPS6250362B2 (ja)
JPH0157003B2 (ja)
JPH06115632A (ja) 自動倉庫システム
JPS61211237A (ja) 荷物搬送装置
JPS63288805A (ja) 荷の並べ換え装置
JPH08133416A (ja) 荷搬出装置
JP3812640B2 (ja) 自動倉庫の出荷システム
JP2000255760A (ja) 昇降機用搬出入装置及びパレット
JP2002104608A (ja) 仕分け設備
JP3906877B2 (ja) 自動倉庫設備におけるパレットおよびケースの搬送方法および搬送装置
JPS60112502A (ja) 自動倉庫のピッキング装置
JPH0314721B2 (ja)
JPS62136401A (ja) アセンブリラインにおける部品の供給装置
JPH11334807A (ja) 自動倉庫用入出庫装置
JPH0940116A (ja) 物品保管設備
JPH078489Y2 (ja) 出荷装置
JPH01172104A (ja) 物品の荷揃え方法
JPH0632883Y2 (ja) 回転棚に対する入出庫装置
JPH05155405A (ja) 層別ピッキングシステム
JP2001072207A (ja) 物品の保管・仕分け装置およびそれを利用した物品の保管・仕分け方法
JPS6219322B2 (ja)
JP3125713B2 (ja) 物品仕分け設備
JPH0333605B2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19991124