JP2000211704A - 物品仕分け設備 - Google Patents

物品仕分け設備

Info

Publication number
JP2000211704A
JP2000211704A JP11014370A JP1437099A JP2000211704A JP 2000211704 A JP2000211704 A JP 2000211704A JP 11014370 A JP11014370 A JP 11014370A JP 1437099 A JP1437099 A JP 1437099A JP 2000211704 A JP2000211704 A JP 2000211704A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
article
empty
articles
holder
actual
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11014370A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3684891B2 (ja
Inventor
Atsuo Miyake
厚夫 三宅
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Daifuku Co Ltd
Original Assignee
Daifuku Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daifuku Co Ltd filed Critical Daifuku Co Ltd
Priority to JP01437099A priority Critical patent/JP3684891B2/ja
Publication of JP2000211704A publication Critical patent/JP2000211704A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3684891B2 publication Critical patent/JP3684891B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Warehouses Or Storage Devices (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】各物品仕分け領域で空になった空保持体の取り
扱いがきわめて容易で、かつ、各物品仕分け領域への実
保持体の補充も容易な物品仕分け設備の提供。 【解決手段】複数の物品仕分け領域10を通過する物品
収集具13に異なる種類の物品を供給保持させる物品仕
分け設備で、仕分け領域10の夫々に対応させて、各領
域で扱う物品を保持するための保持体を収納する収納棚
2、実保持体を収納棚2側から仕分け領域10側に搬送
する搬出ライン11、及び、空保持体を仕分け領域10
から収納棚2側に搬送する返送ライン12の夫々が設け
られ、仕分け領域10の夫々に対応して設けられた収納
棚2の夫々に対応させて、外部から物品供給箇所に供給
される実保持体を収納棚2側に搬送する搬入ライン8、
外部への空保持体返却箇所に空保持体を収納棚2側から
搬送する搬出ライン、及び、実保持体と空保持体を搬送
する搬送手段の夫々が設けられている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、複数種の物品を保
持自在な物品収集具を複数の物品仕分け領域を通過させ
て搬送する搬送ラインが設けられて、各物品仕分け領域
にて異なる種類の物品を前記物品収集具に供給保持させ
ることによって、複数種の物品を前記物品収集具に保持
させる物品仕分け設備に関する。
【0002】
【従来の技術】このような物品仕分け設備は、例えば、
各種装置の組み立てラインに付随して設けられるもの
で、装置の組み立てに必要な複数種の物品を物品収集具
に仕分けて保持させ、その仕分けられた物品を順次組み
付けて、装置を組み立てる際などに用いられる。
【0003】かかる設備としては、従来、複数の物品仕
分け領域の夫々に対応させて、その物品仕分け領域で扱
う物品を保持した実保持体としての実容器を載置するた
めの作業台などを設け、各物品仕分け領域において、作
業台上の実容器から物品を取り出して物品収納具に順次
仕分け保持させ、各物品仕分け領域において空になった
空容器は、フォークリフトなどで空容器収集箇所に搬送
し、各作業台上の実容器が少なくなると、フォークリフ
トなどで倉庫内の実容器を搬送して各作業台に補充する
構成のものが多用されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上述した従来
の設備では、各物品仕分け領域において空になった空保
持体としての空容器を、大きさや形状などに無関係に同
じ空容器収集箇所に集めるだけであったので、その後の
空容器の取り扱いに多大の労力を要するという欠点があ
った。
【0005】すなわち、物品の取り出しにより空になっ
た空容器は、再び必要な物品が収納されて実容器として
再使用されるのであるが、収納する物品の種類によって
形状や大きさが異なる場合があり、また、形状や大きさ
が同じであっても、収納する物品の形状などに対応して
内部空間の仕切りなどが異なる場合もある。また、物品
の種類に対応して、物品を搬入する業者が異なる場合も
あって、各容器は特定の物品収納用として対応付けられ
ている場合が多い。したがって、従来の設備のように、
各物品仕分け領域で空になった多数の空容器を空容器収
集箇所に混在状態で集めると、その空容器を収納物品に
対応させて仕分けたり、あるいは、搬入業者別に仕分け
るのに多大の労力を要し、空容器の取り扱いがきわめて
煩雑になるという欠点があった。
【0006】さらに、例えば、搬入業者によって搬入さ
れた実容器は、一旦倉庫内などに収納保管して置き、必
要に応じてフォークリフトなどで搬送して各作業台に補
充していたので、各作業台、換言すると、各物品仕分け
領域に対する実容器の補充にも労力を要し、この点にも
改良の余地があった。
【0007】本発明は、このような従来設備の問題点に
着目したもので、その目的は、各物品仕分け領域で空に
なった空保持体の取り扱いがきわめて容易で、かつ、各
物品仕分け領域への実保持体の補充も容易な物品仕分け
設備の提供にある。
【0008】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するた
め、請求項1に記載の発明によれば、複数種の物品を保
持自在な物品収集具を複数の物品仕分け領域を通過させ
て搬送する搬送ラインが設けられて、各物品仕分け領域
にて異なる種類の物品を前記物品収集具に供給保持させ
ることによって、複数種の物品を前記物品収集具に保持
させる物品仕分け設備であって、前記複数の物品仕分け
領域の夫々に対応させて、その物品仕分け領域で扱う物
品を保持するための保持体を収納可能な複数の物品収納
部を備えた物品収納棚、物品を保持した実容器を物品収
納棚側から物品仕分け領域側に搬送する実保持体搬出ラ
イン、及び、物品が取り出された空保持体を物品仕分け
領域から物品収納棚側に搬送する空保持体返送ラインの
夫々が設けられ、前記複数の物品仕分け領域の夫々に対
応して設けられた複数の物品収納棚の夫々に対応させ
て、外部から物品供給箇所に供給される実保持体を前記
物品収納棚側に搬送する実保持体搬入ライン、外部への
空保持体返却箇所に空保持体を前記物品収納棚側から搬
送する空保持体搬出ライン、及び、実保持体と空保持体
を搬送する保持体搬送手段の夫々が設けられている。
【0009】すなわち、複数の物品仕分け領域の夫々に
対応させて、その物品仕分け領域で扱う物品を保持する
ための保持体を収納可能な複数の物品収納部を備えた物
品収納棚、物品を保持した実保持体を物品収納棚側から
物品仕分け領域側に搬送する実保持体搬出ライン、及
び、物品が取り出された空保持体を物品仕分け領域から
物品収納棚側に搬送する空保持体返送ラインの夫々が設
けられているので、物品仕分け領域と物品収納棚とが夫
々複数存在するものの、各物品仕分け領域と各物品収納
棚とは、互いに対応するものどうしが対をなす状態とな
り、その対をなす物品仕分け領域と物品収納棚との間
で、換言すると、互いに対をなす物品仕分け領域と物品
収納棚とをひとつの処理領域として、その処理領域内に
おいて実保持体と空保持体とが取り扱われることにな
る。
【0010】そして、その各処理領域の夫々に対応する
状態で、外部から物品供給箇所に供給される実保持体を
物品収納棚側に搬送する実保持体搬入ライン、外部への
空保持体返却箇所に空保持体を物品収納棚側から搬送す
る空保持体搬出ライン、及び、実保持体と空保持体を搬
送する保持体搬送手段の夫々が設けられているので、あ
る処理領域における実保持体搬入ラインから供給された
実保持体は、空になった後、必ず同じ処理領域の空保持
体搬出ラインから搬出されることになる。
【0011】したがって、例えば、ひとつの処理領域に
おいて1種類の保持体しか取り扱わないようにするか、
あるいは、ひとつの処理領域において2種類以上の保持
体を取り扱うようにしても、上述した従来設備のよう
に、全ての空保持体を混在状態で処理していたのに比べ
て、空保持体の取り扱いがきわめて容易となる。また、
実保持体搬入ラインから供給された実保持体は、各保持
体搬送手段によって物品収納棚の収納部にまで搬送され
て収納されるので、従来のような実保持体の補充作業が
不要となり、さらに、各処理領域における実保持体搬入
ラインの物品供給箇所と空保持体搬出ラインの空保持体
返却箇所とを近接配置することができるので、例えば、
ある物品供給箇所に物品を供給した搬入業者は、近接す
る空保持体返却箇所から比較的容易に自己の空保持体を
選別して持ち帰ることが可能となる。
【0012】請求項2に記載の発明によれば、前記複数
の物品収納棚の夫々が、建屋の複数階にわたる状態で設
けられ、前記仕分け領域が上方階に設けられるととも
に、各物品収納棚に対応する前記物品供給箇所と空保持
体返却箇所とが下方階に設けられている。
【0013】すなわち、物品収納棚の夫々を建屋の複数
階にわたる状態で設けることにより、小さな設置面積で
多数の実保持体を収納することができ、しかも、物品供
給箇所と空保持体返却箇所を下方階、例えば、トラック
などが入り易い1階や2階などに設けることによって、
実保持体の供給作業と空保持体の回収作業とを楽に行う
ことができるとともに、仕分け領域を上方階に設けるこ
とによって、設置面積を有効に利用して設備全体を設置
することが可能となる。
【0014】請求項3に記載の発明によれば、前記搬送
ラインが、前記物品仕分け領域にて扱う物品よりも大型
の物品を扱う大型物品仕分け領域を通過させて前記物品
収集具を搬送するように構成され、前記大型物品仕分け
領域に対応して、大型物品用保持体に保持させた大型物
品が外部から供給される大型物品供給箇所に供給された
前記大型物品を、前記大型物品仕分け領域に搬送する大
型物品用保持体搬入ライン、及び、保持した大型物品が
取り出された空の大型物品用保持体を大型物品仕分け領
域側から、大型物品用保持体を外部への大型物品用保持
体返却箇所に搬出する大型物品用保持体搬出ラインが設
けられ、前記大型物品仕分け領域において、大型物品を
前記物品収集具に供給保持させるように構成されてい
る。
【0015】すなわち、保持体に保持し得ないか、ある
いは、保持体で保持するのに不適当な大型物品について
は、大型物品保持体搬入ラインに沿って大型物品仕分け
領域に搬入し、かつ、その大型物品仕分け領域におい
て、大型物品を物品収集具に供給保持させるように構成
されているので、各物品収納棚に対応する物品仕分け領
域においては、比較的小型の物品を仕分け、大型物品仕
分け領域において、比較的大きな大型物品を仕分けるこ
とになり、実保持体に保持された物品とそれよりも大き
な大型物品とを、異なる仕分け領域においてそれぞれ効
率良く仕分けることができ、また、大型物品を取り出し
た後の空の大型物品用保持体は、大型物品保持体搬出ラ
インによって確実に外部の大型物品用保持体返却箇所に
搬出される。
【0016】請求項4に記載の発明によれば、前記物品
収集具が、物品を収納する収納部を上下複数段に備えて
いて、複数種の物品を上下に区分けして収納できるよう
に構成されている。
【0017】したがって、実保持体に保持された複数種
の物品、あるいは、実保持体に保持された物品と上述し
た大型物品とを上下方向に区分けして整然と収納するこ
とができ、その後の組み立て作業などを確実、容易に行
うことができる。
【0018】特に、実保持体に保持された複数種の物品
などを外枠などに取り付けるような場合には、その外枠
の上方に取り付ける物品を上方に、下方に取り付ける物
品を下方に区分けして収納することにより、組み立て作
業の際、枠体などに対する各物品の取り付け位置を確定
し易くて特に有効である。
【0019】
【発明の実施の形態】本発明による物品仕分け設備の実
施の形態を図面に基づいて説明する。この物品仕分け設
備は、図1から図5に示すように、左右並びに上下方向
に複数の物品収納部1を備え、かつ、間口を互いに対向
させた状態で配設された一対の物品収納棚2を有し、か
つ、このような対をなす物品収納棚2が複数対設けられ
ている。各物品収納棚2は、建屋Bの複数階、例えば、
1階F1の床部分から3階F3の天井部分にまでわたる
高さを備え、かつ、対をなす物品収納棚2が、その間口
を建屋Bの壁面に沿わせた状態で複数対並設されてい
る。
【0020】各対の物品収納棚2の間口側には、仕分け
用の物品が収納された実保持体としての実容器A1と、
仕分け後の空保持体としての空容器A2とを搬送する保
持体搬送手段としての容器搬送装置3が設けられてい
る。この容器搬送装置3は、対をなす物品収納棚2の間
口に沿って配設され、かつ、2本のポスト4に沿って上
下方向に昇降自在に構成された細長い枠体5と、その枠
体5に保持されて枠体5の長手方向に沿って往復移動す
る移動台6とで構成され、移動台6には、実容器A1や
空容器A2を物品収納棚2の各物品収納部1と移動台6
との間で、さらに、後述する各種のコンベヤと移動台6
との間で移載する移載用フォーク7が設けられている。
【0021】各対の物品収納棚2の1階F1部分、つま
り、外部に連通する部分には、各物品収納棚2に対し
て、実容器A1を搬入する実保持体搬入ラインとしての
実容器搬入コンベヤ8と、空容器A2を搬出する空保持
体搬出ラインとしての空容器搬出コンベヤ9とが、互い
に平行する状態で夫々複数本配設され、かつ、実容器搬
入コンベヤ8の搬送始端側である物品供給箇所8aと、
空容器搬出コンベヤ9の搬送終端側である空保持体返却
箇所としての空容器返却箇所9aとが、互いに隣接する
状態で配設されている。この実容器搬入コンベヤ8と空
容器搬出コンベヤ9とは、例えば、ローラコンベヤで構
成され、かつ、搬送方向の前方に順次実容器A1や空容
器A2を前送りして、常に搬送方向の終端側に実容器A
1や空容器A2が位置する、いわゆる前詰め搬送式のコ
ンベヤで構成されている。
【0022】各対の物品収納棚2の3階F3部分には、
各物品収納棚2に対応する状態で、物品を仕分けする物
品仕分け領域10が設けられ、かつ、各物品収納棚2に
収納されている実容器A1、つまり、対応する物品仕分
け領域10で取り扱う物品を収納した実容器A1をその
物品仕分け領域10に搬出する実保持体搬出ラインとし
ての実容器搬出コンベヤ11が、互いに平行する状態で
複数本配設されるとともに、物品仕分け領域10で物品
が取り出された後の空容器A2を、その物品仕分け領域
10から対応する物品収納棚2側へ搬送する空保持体返
送ラインとしての空容器返送コンベヤ12が、前記実容
器搬出コンベヤ11の両側に位置する状態で平行に配設
されている。なお、この実容器搬出コンベヤ11と空容
器返送コンベヤ12も、上述した前詰め搬送式のコンベ
ヤで構成されている。
【0023】建屋Bの3階F3の床面には、物品収納棚
2の並設方向に沿う状態で、かつ、各物品収納棚2に対
応する複数の物品仕分け領域10を通過する状態で、物
品収集具としての配膳台車13を搬送する搬送ラインと
しての搬送チェン14が埋設されている。配膳台車13
は、図6及び図7に示すように、実容器A1内に収納さ
れた比較的小さな種類の異なる複数の物品Cと、後述す
る大型物品Dとを上下方向に区分けして載置収納する上
下複数段の棚15と、各棚15により形成される収納部
を横方向に適宜区分けする複数枚の仕切り板16とが設
けられ、複数種の物品C,Dを整然と収納できるように
構成されている。そして、配膳台車13の底部には、合
計4個の遊転輪17が取り付けられ、その搬送方向の前
方には、搬送チェン14に設けられた複数の係合具14
aに係脱自在な被係合具18が取り付けられていて、被
係合具18を搬送チェン14の係合具14aに係合させ
ることにより、搬送チェン14の移動に伴って、配膳台
車13の間口側を各物品仕分け領域10側に向けた状態
で床面上を移動するように構成されている。
【0024】建屋Bの3階F3には、容器内に収納し得
ないような大型物品Dを大型物品用保持体としてのパレ
ットP上に載置した状態で、外部に連通する1階F1に
設けられた図外の大型物品供給箇所から大型物品仕分け
領域21にまで搬送する大型物品用保持体搬入ライン2
0aと、大型物品仕分け領域21において、大型物品D
が取り出された後の空のパレットPを1階に設けられた
図外の大型物品用保持体返却箇所にまで搬送する大型物
品用保持体搬出ライン20bとが設けられている。この
大型物品用保持体搬入ライン20aと大型物品用保持体
搬出ライン20bとは、3階F3に設けられたチェンコ
ンベヤと、3階F3のチェンコンベヤと1階F1の大型
物品供給箇所や大型物品用保持体返却箇所などとの間に
介装された図外の昇降装置などで構成されていて、大型
物品用保持体搬入ライン20aは、パレットP上に大型
物品Dを載置した状態で、1階F1の大型物品供給箇所
に供給される大型物品DをパレットPごと搬送し、大型
物品用保持体搬出ライン20bは、空のパレットPを前
記大型物品供給箇所に近接して設けられた大型物品用保
持体返却箇所にまで搬送するように構成されている。
【0025】前記配膳台車13を搬送する搬送チェン1
4は、複数の物品仕分け領域10を通過した後、配膳台
車13をそのまま大型物品仕分け領域21にまで搬送す
るように構成され、かつ、3階の床面には、図示はしな
いが、大型物品Dよりも更に大きな外枠Eを載置した台
車19を大型物品仕分け領域21にまで搬送する外枠搬
送チェンが埋設されていて、この台車19にも、配膳台
車13と同様に、合計4個の遊転輪22と前記外枠搬送
チェンに設けられた係合具に係脱自在な被係合具23が
取り付けられている。そして、建屋Bの3階F3の床面
には、さらに、外枠Eを載置する台車19と配膳台車1
3とを搬送する合流搬出チェン24が埋設され、図7に
示すように、台車19と配膳台車13とを連結具25で
互いに連結し、かつ、台車19の被係合具23を合流搬
出チェン24の係合具24aに係合させることにより、
合流搬出チェン24の移動に伴って、台車19と配膳台
車13とを大型物品仕分け領域21から搬出させて、つ
ぎの図外組み立て領域にまで搬送するように構成されて
いる。
【0026】以上の構成からなる物品仕分け設備の作動
は、全てコンピュータ利用の図外制御装置によって制御
され、かつ、その制御装置によって、各物品収納棚2に
収納されている実容器A1の数や収納箇所などが全て管
理されている。つぎに、この制御装置による制御作動、
つまり、物品仕分け設備における容器A1,A2の流れ
や、物品Cの仕分け作業における流れなどについて説明
する。
【0027】まず、各種の物品Cを収納した実容器A1
を各物品収納棚2に収納するには、トラックTなどで搬
送してきた実容器A1を、各物品収納棚2の実容器搬入
コンベヤ8の物品供給箇所8aに供給する。すると、実
容器搬入コンベヤ8が駆動され、物品供給箇所8aから
供給される実容器A1が、順次前詰め状態で物品収納棚
2側に搬送される。前詰め状態に搬送された実容器A1
は、容器搬送装置3によって、定められた物品収納部1
に収納される。具体的には、容器搬送装置3を構成する
枠体5の上下昇降、その枠体5に沿っての移動台6の往
復移動、並びに、移載用フォーク7の出退作動によっ
て、実容器A1は、順次、物品収納棚2の物品収納部1
に収納される。
【0028】実容器A1の供給が終了すると、その実容
器A1を供給した実容器搬入コンベヤ8に隣接する空容
器搬出コンベヤ9の空容器返却箇所9aにある空容器A
2をトラックTに積み込んで持ち帰ることになる。その
場合、後に明らかになるように、ひとつの物品収納棚2
に対応する実容器搬入コンベヤ8に供給された実容器A
1は、空になった状態で同じ物品収納棚2に対応する空
容器搬出コンベヤ9によって空容器返却箇所9aに返却
される。そして、各物品収納棚2は、夫々ひとつの物品
搬入業者に対応するように予め決められているので、各
物品搬入業者は、自己が搬入すべき実容器A1を確実に
所定の物品収納棚2に搬入することができるとともに、
自己の空容器A2を間違いなく持ち帰ることができる。
【0029】このようにして、物品搬入業者毎に物品収
納棚2に収納された実容器A1は、物品仕分け作業に先
立って、各容器搬送装置3により、各物品収納棚2に対
応する実容器搬出コンベヤ11にまで搬送移載され、実
容器搬出コンベヤ11によって前詰め状態で搬送され
る。そして、各物品収納棚2に対応して設けられた各物
品仕分け領域10において、各仕分け作業員は、自己が
担当する物品収納棚2に対応する実容器搬出コンベヤ1
1上の実容器A1から所定の物品Cを所定の数だけ取り
出して、搬送チェン14により搬送されてくる配膳台車
13に順次載置して仕分け作業を行い、空になった空容
器A2は、空容器返送コンベヤ12に返却する。
【0030】この空容器返送コンベヤ12に返却された
空容器A2は、各容器搬送装置3によって、各物品収納
棚2に対応する空容器搬出コンベヤ9にまで搬送移載さ
れて、空容器搬出コンベヤ9により前詰め状態で搬送さ
れる。なお、ひとつの物品収納棚2に対応する物品仕分
け領域10で取り扱う物品Cは、1種類だけの場合も、
また、複数種類に及ぶ場合もあり、取り扱う容器A1,
A2の大きさや形状についても、全て同じ場合も、異な
る場合もある。しかし、ひとつの物品収納棚2にはひと
つの物品搬入業者が対応付けられているので、各物品搬
入業者は、自己の空容器A2を確実に持ち帰ることがで
きる。
【0031】そして、全ての物品仕分け領域10を通過
した配膳台車13は、大型物品仕分け領域21に至り、
この大型物品仕分け領域21において、配膳台車13に
大型物品Dが仕分けられて収納される。つまり、大型物
品Dの仕分けを担当する作業員は、大型物品用保持体搬
入ライン20aに沿って搬送されてきたパレットP上の
大型物品Dを所定の数だけ取り出して、配膳台車13に
順次載置して仕分け作業を行い、空になったパレットP
は、大型物品用保持体搬出ライン20bに返却する。な
お、この大型物品仕分け領域21において取り扱う大型
物品Dについても、1種類だけの場合も、また、複数種
類に及ぶ場合もある。
【0032】このようにして、全ての物品Cと大型物品
Dとが収納された配膳台車13は、図7に示すように、
外枠Eを載置する台車19と合流されて、両者が互いに
連結され、対をなす状態で図外の組み立て領域にまで搬
送される。その際、各物品Cと大型物品Dとは、上下に
区分けされた状態で予め決められた収納部に収納されて
いて、台車19上の外枠Eの上方に取り付ける物品C,
Dは上方の棚15上に、下方に取り付ける物品C,Dは
下方の棚15上に、さらに、各棚15においても、左側
に取り付ける物品C,Dは左側に、右側に取り付ける物
品C,Dは右側に載置収納されているので、外枠Eに対
する各物品C,Dの組み付け作業を間違いなく容易に行
うことができる。
【0033】〔別実施形態〕 (1)先の実施形態では、配膳台車13を搬送する搬送
ライン14、台車19を搬送する搬送ライン、及び、合
流搬出ライン24の全てを床面に埋設したチェンで構成
した例を示したが、これらの搬送ライン14,24につ
いては、チェンコンベヤやローラコンベヤなどの各種の
コンベヤで構成することも、さらに、自走式の台車によ
って構成することもできる。同様に、大型物品Dと空の
パレットPを搬送するライン20a,20bの一部をチ
ェンコンベヤで構成した例を示したが、チェンコンベヤ
に代えてローラコンベヤで構成したり、チェン駆動式の
台車や自走式の台車によって構成することもできる。ま
た、実容器搬入コンベヤ8、空容器搬出コンベヤ9、実
容器搬出コンベヤ11、及び、空容器返送コンベヤ12
の全てをローラコンベヤで構成した例を示したが、これ
らコンベヤ8,9,11,12についても、ローラコン
ベヤ以外の各種コンベヤを用いることができ、また、搬
送方向側に傾斜した搬送用滑り面を配置して、実容器A
1や空容器A2の自重によって滑らせながら前詰め式に
搬送することもできる。
【0034】(2)先の実施形態では、実保持体として
の実容器A1を物品仕分け領域10に搬送する実保持体
搬出ラインを構成するものとして実容器搬出コンベヤ1
1を示し、また、空容器A2を物品収納棚2側に搬送す
る空保持体返送ラインを構成するものとして空容器返送
コンベヤ12を示したが、このような実容器搬出コンベ
ヤ11や空容器返送コンベヤ12をなくして実施するこ
ともできる。つまり、各物品仕分け領域10が物品収納
棚2に比較的近接している場合には、作業員が、物品収
納棚2の物品収納部1に収納されている実容器A1から
物品Cを直接取り出して仕分けることができ、また、空
になった空容器A2を物品収納部1に直接返送すること
もできる。その場合、物品仕分け領域10に対応して複
数の物品収納部1が左右並びに上下方向に位置する場合
には、左右方向における一部の物品収納部1に収納され
た実容器A1から物品Cを取り出し、他の物品収納部1
に空容器A2を返送することもできるし、また、上下方
向における上下いずれか一方の物品収納部1に収納され
た実容器A1から物品Cを取り出し、他方の物品収納部
1に空容器A2を返却することもできる。このように、
実容器搬出コンベヤ11や空容器返送コンベヤ12につ
いては、必ずしも必要なものではないので、上述したよ
うな実施の態様も含めて、本明細書では、実保持体搬出
ライン及び空保持体返送ラインと総称する。
【0035】(3)先の実施形態では、一対の物品収納
棚2を互いに対向配置した例を示したが、物品収納棚2
の配置や具体的な構成については、種々の改変が可能で
あり、同様に、各物品収納棚2に設ける容器搬送装置3
についても、種々の改変が可能で、例えば、スタッカー
クレーンを用いて構成することもできる。また、各物品
収納棚2に対して容器搬送装置3をひとつだけ設けて、
そのひとつの容器搬送装置3によって、実容器A1と空
容器A2とを搬送するように構成した例を示したが、例
えば、各物品収納棚2に対して、実容器A1のみを搬送
する実容器専用の搬送装置と、空容器A2のみを搬送す
る空容器専用の搬送装置とを各別に設けることもでき
る。
【0036】(4)先の実施形態では、建屋Bの1階部
分に外部に連通する実容器搬入コンベヤ8の物品供給箇
所8aと空容器搬出コンベヤ9の空容器返却箇所9aと
を位置させ、かつ、建屋Bの3階F3に物品仕分け領域
10を位置させた構成を示したが、物品供給箇所8a及
び空容器返却箇所9aを位置させる階と、物品仕分け領
域10を位置させる階については特に制限はなく、両者
を同じ階に位置させることも、先の実施形態とは逆に、
物品供給箇所8a及び空容器返却箇所9aを物品仕分け
領域10の階よりも上階に位置させることもでき、要す
るに、建屋Bの構造や建屋Bの立地条件などに応じて適
宜変更可能である。
【0037】(5)先の実施形態では、配膳台車13に
上下複数段の棚15と仕切り板16とを設けて、物品
C,Dの収納部を複数に区分けした例を示したが、収納
する物品C,Dの種類や数が少ない場合には、必ずしも
収納部を複数に区分けする必要はない。
【0038】(6)先の実施形態では、ひとつの物品収
納棚2に対してひとつの物品搬入業者を対応させた例を
示したが、ひとつの物品収納棚2に対して2つ以上の物
品搬入業者を対応させることも可能である。つまり、ひ
とつの物品収納棚2に対してひとつの物品搬入業者を対
応させるのが最良ではあるが、取り扱う容器A1,A2
の形状や大きさが明らかに異なるとか、あるいは、容器
A1,A2の形状や大きさが同じであっても、搬入業者
の特定が目視可能な場合などには、ひとつの物品収納棚
2に対して2つ以上の物品搬入業者を対応させて実施す
ることもできる。
【0039】(7)これまでの実施形態では、物品Cを
保持する保持体の一例として容器A1,A2を示し、大
型物品Dを保持する大型物品用保持体の一例としてパレ
ットPを示したが、これら保持体については、容器やパ
レットなどに限るものではなく、物品Cや大型物品Dな
どを保持するに適した保持部を備えていればよく、その
ような各種の保持体を含めて、本明細書では、保持体及
び大型物品用保持体と総称する。
【図面の簡単な説明】
【図1】物品仕分け設備の要部斜視図
【図2】物品仕分け設備の1階の全体平面図
【図3】物品仕分け設備の1階の要部平面図
【図4】物品仕分け設備の3階の全体平面図
【図5】物品仕分け設備の3階の要部平面図
【図6】配膳台車の斜視図
【図7】台車と配膳台車の側面図
【符号の説明】
1 物品収納部 2 物品収納棚 3 保持体搬送手段 8 実保持体搬入ライン 8a 物品供給箇所 9 空保持体搬出ライン 9a 空保持体返却箇所 10 物品仕分け領域 11 実保持体搬出ライン 12 空保持体返送ライン 13 物品収集具 14 搬送ライン 20a 大型物品用保持体搬入ライン 20b 大型物品用保持体搬出ライン 21 大型物品仕分け領域 A1 実保持体 A2 空保持体 B 建屋 C 物品 D 大型物品

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数種の物品を保持自在な物品収集具を
    複数の物品仕分け領域を通過させて搬送する搬送ライン
    が設けられて、各物品仕分け領域にて異なる種類の物品
    を前記物品収集具に供給保持させることによって、複数
    種の物品を前記物品収集具に保持させる物品仕分け設備
    であって、 前記複数の物品仕分け領域の夫々に対応させて、その物
    品仕分け領域で扱う物品を保持するための保持体を収納
    可能な複数の物品収納部を備えた物品収納棚、物品を保
    持した実保持体を物品収納棚側から物品仕分け領域側に
    搬送する実保持体搬出ライン、及び、物品が取り出され
    た空保持体を物品仕分け領域から物品収納棚側に搬送す
    る空保持体返送ラインの夫々が設けられ、 前記複数の物品仕分け領域の夫々に対応して設けられた
    複数の物品収納棚の夫々に対応させて、外部から物品供
    給箇所に供給される実保持体を前記物品収納棚側に搬送
    する実保持体搬入ライン、外部への空保持体返却箇所に
    空保持体を前記物品収納棚側から搬送する空保持体搬出
    ライン、及び、実保持体と空保持体を搬送する保持体搬
    送手段の夫々が設けられている物品仕分け設備。
  2. 【請求項2】 前記複数の物品収納棚の夫々が、建屋の
    複数階にわたる状態で設けられ、前記仕分け領域が上方
    階に設けられるとともに、各物品収納棚に対応する前記
    物品供給箇所と空保持体返却箇所とが下方階に設けられ
    ている請求項1に記載の物品仕分け設備。
  3. 【請求項3】 前記搬送ラインが、前記物品仕分け領域
    にて扱う物品よりも大型の物品を扱う大型物品仕分け領
    域を通過させて前記物品収集具を搬送するように構成さ
    れ、 前記大型物品仕分け領域に対応して、大型物品用保持体
    に保持させた大型物品が外部から供給される大型物品供
    給箇所に供給された前記大型物品を、前記大型物品仕分
    け領域に搬送する大型物品用保持体搬入ライン、及び、
    保持した大型物品が取り出された空の大型物品用保持体
    を大型物品仕分け領域側から、大型物品用保持体を外部
    への大型物品用保持体返却箇所に搬出する大型物品用保
    持体搬出ラインが設けられ、 前記大型物品仕分け領域において、大型物品を前記物品
    収集具に供給保持させるように構成されている請求項1
    または2に記載の物品仕分け設備。
  4. 【請求項4】 前記物品収集具が、物品を収納する収納
    部を上下複数段に備えていて、複数種の物品を上下に区
    分けして収納できるように構成されている請求項1〜3
    のいずれか1項に記載の物品仕分け設備。
JP01437099A 1999-01-22 1999-01-22 物品仕分け設備 Expired - Fee Related JP3684891B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01437099A JP3684891B2 (ja) 1999-01-22 1999-01-22 物品仕分け設備

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01437099A JP3684891B2 (ja) 1999-01-22 1999-01-22 物品仕分け設備

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000211704A true JP2000211704A (ja) 2000-08-02
JP3684891B2 JP3684891B2 (ja) 2005-08-17

Family

ID=11859173

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP01437099A Expired - Fee Related JP3684891B2 (ja) 1999-01-22 1999-01-22 物品仕分け設備

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3684891B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013202667A (ja) * 2012-03-29 2013-10-07 Amada Co Ltd 棚装置及び棚装置に使用する投影装置
EP2992758A1 (en) 2014-09-05 2016-03-09 Nabel Co., Ltd. Egg sorting facilities
CN113377059A (zh) * 2021-07-20 2021-09-10 广东智源机器人科技有限公司 移动控制方法、装置、电子设备以及烹饪系统

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07206112A (ja) * 1994-01-12 1995-08-08 Toyo Kanetsu Kk 自動倉庫用入出庫装置
JPH10236605A (ja) * 1997-03-03 1998-09-08 Kubota Corp 自動部品倉庫

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07206112A (ja) * 1994-01-12 1995-08-08 Toyo Kanetsu Kk 自動倉庫用入出庫装置
JPH10236605A (ja) * 1997-03-03 1998-09-08 Kubota Corp 自動部品倉庫

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013202667A (ja) * 2012-03-29 2013-10-07 Amada Co Ltd 棚装置及び棚装置に使用する投影装置
EP2992758A1 (en) 2014-09-05 2016-03-09 Nabel Co., Ltd. Egg sorting facilities
CN113377059A (zh) * 2021-07-20 2021-09-10 广东智源机器人科技有限公司 移动控制方法、装置、电子设备以及烹饪系统

Also Published As

Publication number Publication date
JP3684891B2 (ja) 2005-08-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP3166875B1 (en) Lift configuration for carriage-based warehouse
JP6364087B2 (ja) 包装ステーションにおいて所望の順序で保管ユニットを保管設備から利用できるようにすることによる注文調達方法
JP6600727B1 (ja) ピッキング荷合わせシステム
US20140178161A1 (en) Conveyor technology supported commissioning of articles
CA2944671C (en) A multi-storey goods storage arrangement
JP2022180082A (ja) 物品保管設備
JP2019172448A (ja) 物流システム
JP6694126B2 (ja) 立体自動倉庫
JP5930406B2 (ja) ピッキング設備
JPH0891579A (ja) パレタイズシステム
JP7297798B2 (ja) 注文履行のシステムおよびその方法
JP3684891B2 (ja) 物品仕分け設備
JP6652086B2 (ja) 仕分け設備
JP2019172446A (ja) 物流システム
JP2016210547A (ja) ピッキングシステム
JPS6250362B2 (ja)
JP4029688B2 (ja) 自動倉庫設備
CN117320978A (zh) 容器处理系统
JP6107501B2 (ja) 仕分け設備
JP7247436B2 (ja) 物流システム
JP7171992B2 (ja) ケース移載システム及びケース移載方法
JP5811838B2 (ja) 物品収納設備
JPS63112305A (ja) 自動倉庫
JPH01172104A (ja) 物品の荷揃え方法
JPH0940116A (ja) 物品保管設備

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050419

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050510

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050523

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090610

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100610

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees