JPH0649855A - 逆打工法用仮設対応支柱の施工方法 - Google Patents

逆打工法用仮設対応支柱の施工方法

Info

Publication number
JPH0649855A
JPH0649855A JP3167402A JP16740291A JPH0649855A JP H0649855 A JPH0649855 A JP H0649855A JP 3167402 A JP3167402 A JP 3167402A JP 16740291 A JP16740291 A JP 16740291A JP H0649855 A JPH0649855 A JP H0649855A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pile
yatco
projection
temporary
pillar
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3167402A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2858998B2 (ja
Inventor
Masahide Tanimaru
正英 谷丸
Yoshihiro Fujita
佳広 藤田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Mitani Sekisan Co Ltd
Original Assignee
Obayashi Corp
Mitani Sekisan Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp, Mitani Sekisan Co Ltd filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP3167402A priority Critical patent/JP2858998B2/ja
Publication of JPH0649855A publication Critical patent/JPH0649855A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2858998B2 publication Critical patent/JP2858998B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 工期期間を短く、また精度を高く簡易に維持
できる逆打工法用の仮設対応支柱の施工方法を提供す
る。 【構成】 予め既製PC杭3の杭頭に仮設支柱部分を直
列に接続する。これを掘削土中に途中まで建込む。次に
PC杭3部分に係脱可能な筒状のヤットコ11を仮設対
応支柱部分に覆せるようにして接続する。このヤットコ
11を回転させながら杭を打ち込み、かつ垂直度や芯出
しを管理しつつ建込み作業を行う。 【効果】 接続した仮設支柱部分に負担をかけず、精度
を高くして既製杭部分と仮設支柱部分とを同時に建て込
むことができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は地下部分構築用の支柱に
係り、仮設支柱を本設柱に転用できる逆打工法用仮設対
応支柱の施工方法に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、地階を有する建物の構築を行う
場合、予め建物全体の基礎下端まで根伐を行い、最下層
となる地階の基礎コンクリートを打設した後、漸次に地
階から地上階へと施工している。このような順打ち工法
は地下部分構築後に地上部分を構築しなければならない
ので、工期が長くなる欠点があった。そのため、最近で
は逆打工法の採用が増加している。逆打工法は、建物の
柱を立設すべき地面の所定位置に予め基礎杭を打ち、こ
の基礎杭の上に建込んだ仮設支柱の上部での地上階施工
と同時に、根伐およびコンクリート打設を地下階上層か
ら地下階下層へ向って行うものである。その際、場所打
杭(基礎杭)の上部に仮設支柱を接続し、この仮設支柱
を地下階層の柱に使用することにより、工期を著しく短
期化していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、場所打杭の形
成自体においても一定の工期がかかり、更に仮設支柱の
接続にもコストがかかることから、なお一層の工期短縮
および低コスト化の余地があった。
【0004】本発明はこのような事情に鑑みてなされた
ものであって、その目的は従来に較べて工期を著しく短
縮化し、かつ高精度での対応が容易な逆打工法用仮設対
応支柱の施工方法を提供するにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明の逆打工法用仮設対応支柱の施工方法は、既
製杭の杭頭に、本設柱として使用可能な強度寸法をもつ
H形鋼、鋼管などの仮設支柱を予め直列に溶接接続して
一体化し、該接続部分近くに突起を設け、更にこれを杭
穴に建て込み、然る後に該仮設支柱部分に覆せる筒状の
ヤットコであって、下端部に前記突起に係合する案内係
止溝を形成したヤットコを該仮設支柱部分に覆せ、係止
溝を該突起に係合させ、該ヤットコを打ち込み乃至回転
させて該既製PC杭の打ち込み位置やレベルを調整する
のである。前記ヤットコは上端部に制御用の係止突起を
有し、かつ下端部には案内用に削切した長孔と係止溝と
を具え、オーガーに上端部の該係止突起を係合させ、オ
ーガーでの位置調整を容易にしているのである。
【0006】
【作用】予め仮設支柱部分を既製杭の杭頭に接続してお
いて建込むので、逆打工法に限らずアイランド工法でも
同じであるが、杭径と仮設支柱部分の材料を自由に選ん
で必要支持力に対応する。そして、仮設支柱部分の頭部
にて芯出しやレベル調整を行う。そのために、ヤットコ
を仮設支柱部分に覆せ、既製杭部分にその案内係止溝を
係合させ、ヤットコを打ち込みながら、また回動させな
がらレベル管理および芯出しに対する精度管理を行う。
【0007】
【実施例】以下、本発明の好適な実施例について図面を
参照にして詳細に説明する。図1に仮設対応支柱1の使
用例を示している。ここに例示する仮設対応支柱1は既
製PC杭3(鉄骨鉄筋コンクリート,鉄筋コンクリート
管,鉄筋コンクリート柱等何れでもよい)の頭に直列に
仮設支柱用のH形鋼5を溶接接続したものである。これ
は、PC杭3を建て込むのに先立って、予め現場にて接
続する。図1の場合は、ボルト穴等の加工作業を省くた
めに、互いを溶接にて接続している。次に、所定の位置
にオーガーで垂直に穴4を掘る。目的の深さに掘削した
ならば、孔壁の崩壊に注意し、オーガーを逆回転させ孔
を拡大掘削しながら根固め液を注入する。予定量の根固
め液を注入した後、オーガーを正回転に戻し、杭周用根
固め液を注入しながらオーガーを正回転に戻し、杭周用
根固め液を注入しながらオーガーを徐々に引き上げる。
次いで杭打機をバックさせ、穴4の周囲をユンボにて整
地し、クローラーにて杭受器7を穴4の中心にトランシ
ットで測定しながらセットする。こうして、杭打機を杭
受器7の鉄板部分に乗せる。この時、杭打機が動くよう
ならば、ユンボで調整する。杭打機のセットが終了した
なら、90°旋回させておく。別工程でH形鋼5と直列
にPC杭3(SC杭でも同じ)を接続して成る仮設対応
支柱1をクレーンで吊り上げ、穴4にトランシットで確
認しながら徐々に沈める。ある程度沈めた位置で玉掛け
ワイヤー9二本をPC杭3の頭部近くに巻き付け、その
両端部を杭受器7に止める(図2参照)。図3にヤット
コ11を示す。PC杭の直径が700mmならば、その上
に接続したH形鋼5はフランジ幅400mm,厚さ21mm
であるとき、ヤットコ用鋼管11の内径は730mm程度
の鋼管外周面に700ミリピッチの螺旋上補強リブ13
を形成したものである。
【0008】ヤットコ用鋼管11の上端外周面には半径
方向へ突出させた係止突起15を設け、下端部には下端
面から上方へ垂直に350ミリ程度切り欠き、更に円周
方向へ沿って横に切り欠いた鈎形の案内係止溝17を具
えている。ヤットコ用鋼管11をクレーンで吊り上げ、
逆打用仮設対応支柱1に覆ぶせるように徐々に下げる
(図4)。ワイヤー9にて杭受器7に仮止め吊持させて
いる。PC杭3の上端外周面にある突起19にヤットコ
用鋼管11の係止溝17を合せ、そのまま少し下げて更
にヤットコ用鋼管11を少し正回転させ、溝17内に突
起19を係合させる。次いで、ヤットコ用鋼管11の上
部に覆せる回転キャップ21をオーガーに取付け、この
回転キャップ21はヤットコ用鋼管11の上部に覆せ、
係合させる。回転キャップ21の下端縁には案内係止溝
17と同じ溝23が切り欠き形成してあって、この溝2
3をヤットコ用鋼管11の上部にある係止突起15に係
合する。この係合はオーガーを下げ降しながら、溝23
内に突起15を案内し、更にオーガーを正回転させて、
ヤットコ用鋼管11の上部に回転キャップ21をセット
している。オーガーを徐々に1m程度上昇させ、仮設対
応支柱1が一体になって吊り上がる(図5)。それから
ワイヤー9を取り除く。そして、以下図面は省略する
が、杭1の巻き上げ用振れ止め等をセットし、トランシ
ットにてX・Y方向を確認しながら徐々にオーガーを下
げる。振れ止めがヤットコ用鋼管11に接触する前に振
れ止めを外す。以後、仮設対応支柱1が自重で下がらな
くなったらオーガーを正回転させ、回転キャップ21,
ヤットコ用鋼管11を介してオーガーの力をPC杭3に
伝え、所定のレベルまでPC杭3を下げる。H形鋼5の
上部をレベルで確認しながらオーガーを寸動させ、垂直
性やレベルを調整する。杭受器7に油圧ジャッキを設置
し、ジャッキでヤットコ用鋼管11の位置決め調整をす
ると、微調整が完了する。
【0009】最後は上記ジャッキを外し、更にオーガー
をわずかに逆回転させて引上げ、案内係止溝17と突起
19との係合を外し、キャップ21を外し、そのままク
レーンでヤットコ用鋼管11を引き抜く。
【0010】
【発明の効果】以上、詳細に説明したように、本発明係
る逆打工法用仮設対応支柱の施工方法によれば、筒状の
ヤットコを使用し、互いにオーガーと既製杭との間を突
起と係止溝とで係合させながら接続し、既製杭の杭頭に
接続したH形鋼を直接捻ることがないので、H形鋼の精
度を維持できる効果がある。また、従来のように場所打
杭を先行させて、後から仮設支柱を土中にて接続するも
のではなく、互いを予め接続した状態で一体に建込むの
で、施工期間を短縮し、接続の信頼性も高め得る。更
に、ヤットコは夫々既製杭とオーガーとを連結するの
で、深い基礎底に対して精度の高いレベル管理と芯出し
を可能にしており、高い精度で逆打工法用の仮設支柱を
建込む利点がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の施工方法を例示する斜視図である。
【図2】その細部を説明する部分側面図である。
【図3】ヤットコ用鋼管を例示する側面図である。
【図4】次の工程を示す斜視図である。
【図5】最終工程を説明するための説明図である。
【符号の説明】
1 仮設対応支柱 3 既製PC杭 4 穴 5 H形鋼 7 杭受器 9 玉掛けワイヤー 11 ヤットコ用鋼管 13 補強リブ 15 係止突起 17 係止溝 19 突起 21 回転キャップ 23 溝
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成3年7月18日
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】請求項1
【補正方法】変更
【補正内容】
【手続補正2】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0002
【補正方法】変更
【補正内容】
【0002】
【従来の技術】一般に、地階を有する建物の構築を行う
場合、予め建物全体の基礎下端まで根伐を行い、最下層
となる地階の基礎コンクリートを打設した後、漸次に地
階から地上階へと施工している。このような順打ち工法
は地下部分構築後に地上部分を構築しなければならない
ので、工期が長くなる欠点があった。そのため、最近で
は逆打工法の採用が増加している。逆打工法は、建物の
柱を立設すべき地面の所定位置に予め基礎杭を打ち、こ
の基礎杭の上に建込んだ仮設支柱の上部での地上階施工
と同時に、根伐およびコンクリート打設を地下階上層か
ら地下階下層へ向って行うものである。その際、基礎杭
上部に仮設支柱を接続し、この仮設支柱を地下階層の
柱に使用することにより、工期を著しく短期化してい
た。
【手続補正3】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0003
【補正方法】変更
【補正内容】
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、既製杭を掘削
孔に埋設すること自体においても一定の工期がかかり、
更に仮設支柱の接続にもコストがかかることから、なお
一層の工期短縮および低コスト化の余地があった。
【手続補正4】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0005
【補正方法】変更
【補正内容】
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明の逆打工法用仮設対応支柱の施工方法は、既
製杭の杭頭に、本設柱として使用可能な強度寸法をもつ
H形鋼、鋼管などの仮設支柱を予め直列に溶接接続して
一体化し、該接続部分近くに突起を設け、これを杭穴に
建て込み、然る後に該仮設支柱部分に覆せる筒状のヤッ
トコであって、下端部に前記突起に係合する案内係止溝
を形成したヤットコを該仮設支柱部分に覆せ、係止溝を
該突起に係合させ、該ヤットコを打ち込み乃至回転させ
て該既製PC杭の打ち込み位置やレベルを調整するので
ある。前記ヤットコは上端部に制御用の係止突起を有
し、かつ下端部には案内用に削切した長孔と係止溝とを
具え、オーガーに上端部の該係止突起を係合させ、オー
ガーでの位置調整を容易にしているのである。
【手続補正5】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0006
【補正方法】変更
【補正内容】
【0006】
【作用】予め仮設支柱部分を場所打杭となる既製杭の杭
頭に接続しておいて建込むので、逆打工法に限らずアイ
ランド工法でも同じであるが、杭径と仮設支柱部分の材
料を自由に選んで必要支持力に対応する。そして、仮設
支柱部分の頭部にて芯出しやレベル調整を行う。そのた
めに、ヤットコを仮設支柱部分に覆せ、既製杭部分にそ
の案内係止溝を係合させ、ヤットコを打ち込みながら、
また回動させながらレベル管理および芯出しに対する精
度管理を行う。
【手続補正6】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0010
【補正方法】変更
【補正内容】
【0010】
【発明の効果】以上、詳細に説明したように、本発明係
る逆打工法用仮設対応支柱の施工方法によれば、筒状の
ヤットコを使用し、互いにオーガーと既製杭との間を突
起と係止溝とで係合させながら接続し、既製杭の杭頭に
接続したH形鋼を直接捻ることがないので、H形鋼の精
度を維持できる効果がある。また、既製杭を先行させ
て、後から仮設支柱を土中にて接続するものではなく、
互いを予め接続した状態で一体に建込むので、施工期間
を短縮し、接続の信頼性も高め得る。更に、ヤットコは
夫々既製杭とオーガーとを連結するので、深い基礎底に
対して精度の高いレベル管理と芯出しを可能にしてお
り、高い精度で逆打工法用の仮設支柱を建込む利点があ
る。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 既製杭の杭頭に、本設柱として使用可能
    な強度寸法をもつH形鋼、鋼管などの仮設支柱を予め直
    列に溶接接続して一体化し、該接続部分近くに突起を設
    け、更にこれを杭穴に建て込むみ、然る後に該仮設支柱
    部分に覆せる筒状のヤットコであって、下端部に前記突
    起に係合する案内係止溝を形成したヤットコを該仮設支
    柱部分に覆せ、その係止溝を該突起に係合させ、該ヤッ
    トコを打ち込み乃至回転させて該既製PC杭の打ち込み
    位置やレベルを調整することを特徴とする逆打工法用仮
    設対応支柱の施工方法。
  2. 【請求項2】 前記ヤットコは上端部に制御用の係止突
    起を有し、かつ下端部には案内用に削切した長孔と係止
    溝とを具え、オーガーに上端部の該係止突起を係合させ
    ることを特徴とする請求項1記載の逆打工法用仮設対応
    支柱の施工方法。
JP3167402A 1991-06-13 1991-06-13 逆打工法用仮設対応支柱の施工方法 Expired - Lifetime JP2858998B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3167402A JP2858998B2 (ja) 1991-06-13 1991-06-13 逆打工法用仮設対応支柱の施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3167402A JP2858998B2 (ja) 1991-06-13 1991-06-13 逆打工法用仮設対応支柱の施工方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0649855A true JPH0649855A (ja) 1994-02-22
JP2858998B2 JP2858998B2 (ja) 1999-02-17

Family

ID=15849041

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3167402A Expired - Lifetime JP2858998B2 (ja) 1991-06-13 1991-06-13 逆打工法用仮設対応支柱の施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2858998B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007031970A (ja) * 2005-07-22 2007-02-08 Jfe Steel Kk 構真柱の杭への接合構造及び埋設用管体並びにそれらの施工方法
JP2011220009A (ja) * 2010-04-12 2011-11-04 Kajima Corp 構真柱の建込み工法
JP2015148086A (ja) * 2014-02-06 2015-08-20 株式会社竹中工務店 構真柱施工方法
JP2017008490A (ja) * 2015-06-17 2017-01-12 株式会社竹中工務店 杭体施工方法
JP2017031589A (ja) * 2015-07-30 2017-02-09 ジャパンパイル株式会社 ヤットコ回収装置及びヤットコ回収方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007031970A (ja) * 2005-07-22 2007-02-08 Jfe Steel Kk 構真柱の杭への接合構造及び埋設用管体並びにそれらの施工方法
JP4536615B2 (ja) * 2005-07-22 2010-09-01 Jfeスチール株式会社 鋼管杭への構真柱の施工方法、埋設用管体及び杭の施工方法
JP2011220009A (ja) * 2010-04-12 2011-11-04 Kajima Corp 構真柱の建込み工法
JP2015148086A (ja) * 2014-02-06 2015-08-20 株式会社竹中工務店 構真柱施工方法
JP2017008490A (ja) * 2015-06-17 2017-01-12 株式会社竹中工務店 杭体施工方法
JP2017031589A (ja) * 2015-07-30 2017-02-09 ジャパンパイル株式会社 ヤットコ回収装置及びヤットコ回収方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2858998B2 (ja) 1999-02-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN109630127B (zh) 一种富水软弱地层超深盾构竖井的施工方法
JP3211673B2 (ja) 簡易仮橋仮桟橋架設工法
CN109826630A (zh) 一种用于顶管施工的预制混凝土沉井装置及其施工方法
JPH0649855A (ja) 逆打工法用仮設対応支柱の施工方法
JP2874561B2 (ja) 導坑による先行脚部補強型フォアパイリング工法
JP4536615B2 (ja) 鋼管杭への構真柱の施工方法、埋設用管体及び杭の施工方法
CN209687494U (zh) 一种用于顶管施工的预制混凝土沉井装置
CN210621683U (zh) 一种用于旋挖桩成孔施工的可部分回收的超长钢护筒
JP2942779B1 (ja) 地中壁の施工法
JP2868651B2 (ja) 地下既設構造物上方における山留工法
JP2858997B2 (ja) 逆打工法に使用する仮設対応支柱
JPH11166231A (ja) 拡底既成杭と埋設機
JP2011220009A (ja) 構真柱の建込み工法
JP2004238818A (ja) 先端根固め杭構造を有するソイルセメント柱列壁の施工法
JP2981164B2 (ja) 掘削装置
JP2567990B2 (ja) 地下構築用逆打工法
JP6729902B1 (ja) ソイルセメント連続壁の施工法
JP4314681B2 (ja) 逆打支柱の施工方法
CN111042107B (zh) 一种大尺寸预制桩围护结构施工系统及施工方法
JP7007691B1 (ja) スプリングスペーサー、鉄筋籠及び地中杭の打設工法
JPH0624425Y2 (ja) 杭打用下穴等の掘削装置における掘削体案内装置
JP6735138B2 (ja) 土留壁構造の構築方法および土留壁構造
JP3430376B2 (ja) 地下躯体の築造方法
JP2689229B2 (ja) 杭打ち機及び杭打ち工法
JPH11247203A (ja) 斜杭による既存建物基礎の補強方法

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313117

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081204

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091204

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091204

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101204

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111204

Year of fee payment: 13

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111204

Year of fee payment: 13