JPH06298305A - 有軌道台車システム - Google Patents

有軌道台車システム

Info

Publication number
JPH06298305A
JPH06298305A JP11247993A JP11247993A JPH06298305A JP H06298305 A JPH06298305 A JP H06298305A JP 11247993 A JP11247993 A JP 11247993A JP 11247993 A JP11247993 A JP 11247993A JP H06298305 A JPH06298305 A JP H06298305A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
station
load
stations
track
temporary storage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11247993A
Other languages
English (en)
Inventor
Seiichi Komai
聖一 駒井
Original Assignee
Murata Mach Ltd
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Mach Ltd, 村田機械株式会社 filed Critical Murata Mach Ltd
Priority to JP11247993A priority Critical patent/JPH06298305A/ja
Publication of JPH06298305A publication Critical patent/JPH06298305A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ステーションへの荷の払出しができない場合
の荷の処理を迅速に行なうことができ、サイクルタイム
を短縮することができる有軌道台車システムを提供す
る。 【構成】 荷を搬送する台車10の軌道Rに沿わせて配
置したステーションと、台車10からステーションへの
荷の払い出しが不可能な場合に、台車10の荷を仮置き
する仮置きステーションSK1〜SK7とを備え、ステ
ーションと仮置きステーションSK1〜SK7とを、軌
道Rを挟んで向かい合わせに配置したことを特徴とす
る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、工場や倉庫等に配設さ
れる走行台車等の有軌道台車システムに関する。特に、
台車から荷の払い出しができない場合の荷の処理を迅速
に行なうことができる有軌道台車システムに関するもの
である。

【0002】

【従来の技術】従来より、台車の軌道に沿わせて入庫ス
テーションおよび出庫ステーションが配置されたシステ
ムが知られている。

【0003】図2はこのようなシステムを説明するため
の模式平面図である。

【0004】同図において、Wは軌道Rに沿わせて配置
された自動倉庫である。S1,S2はそれぞれ自動倉庫
Wの入庫ステーション、SO1,SO2はそれぞれ出庫
ステーションである。

【0005】Eは軌道Rに沿わせて配置された次工程の
装置等である。S5,S6はこの装置Eから自動倉庫W
へ荷を入庫するための入庫用ステーション、SO5,S
O6は自動倉庫Wから装置Eへ荷を出庫するための出庫
用ステーションである。

【0006】10は軌道R上を周回走行する複数の台車
である。台車10は、自動倉庫Wの出庫ステーションS
O1,SO2より受け取った荷を装置Eへの出庫用ステ
ーションSO5,SO6のいずれかへ払い出し、また、
装置Eへの入庫用ステーションS5,S6より受け取っ
た荷を自動倉庫Wの入庫ステーションS1,S2のいず
れかへ払い出すようになっている。

【0007】15は台車10の荷を一時的に仮置きする
ための仮置きステーションであり、自動倉庫Wの側方の
デッドスペースに配置されている。台車10は、自動倉
庫Wの入庫ステーションS1,S2あるいは装置Eへの
出庫用ステーションSO5,SO6に荷が満杯で、搭載
している荷を払出すことができない場合に、この仮置き
ステーション15へ走行してきて、荷を一旦降ろすよう
になっている。

【0008】なお、仮置きステーション15に降ろされ
た荷は、入庫ステーションS1,S2あるいは出庫用ス
テーションSO5,SO6への荷の払い出しが可能とな
った時点で、空の台車10が仮置きステーション15へ
走行し、所定のステーションへ荷が払い出される。

【0009】なお、台車10の走行や荷の払い出し動作
等は、図示しないホストコンピュータの制御により行な
われるようになっている。

【0010】

【発明が解決しようとする課題】上述した従来の有軌道
台車システムには、次のような問題があった。

【0011】仮置きステーション15は、入庫ステーシ
ョンS1,S2、出庫用ステーションSO5,SO6の
いずれもから離れた位置に配置されていた。このため、
これらのステーションへの荷の払い出しができない場合
には、仮置きステーション15まで台車10をいちいち
走行させなければならず、荷の処理に時間がかかり、サ
イクルタイムが長くなっていた。

【0012】本発明の目的は、以上のような問題点を解
決し、ステーションへの荷の払い出しができない場合の
荷の処理を迅速に行なうことができ、サイクルタイムを
短縮することができる有軌道台車システムを提供するこ
とにある。

【0013】

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明は、荷を搬送する台車の軌道に沿わせて配置し
たステーションと、前記台車からステーションへの荷の
払い出しが不可能な場合に、台車の荷を仮置きする仮置
きステーションとを備え、前記ステーションと仮置きス
テーションとを、軌道を挟んで向かい合わせに配置した
構成とした。

【0014】

【作用効果】本発明は上記の構成としたので、次のよう
な作用効果を奏する。

【0015】すなわち、ステーションと仮置きステーシ
ョンとが軌道を挟んで向かい合わせに配置されているの
で、台車からステーションへの荷の払い出しができない
ときには、ステーションに台車を停車させたままの状態
で、向かい合わせに配置されている仮置きステーション
へ荷を降ろすことができる。

【0016】ステーションへの荷の払い出しが可能とな
ったときには、ステーションに空の台車を停車させるこ
とにより、この台車を介して、仮置きステーションに降
ろした荷を向かい合わせのステーションへ払い出すこと
ができる。

【0017】このように本発明の有軌道台車システムに
よれば、ステーションに台車を停車させたままの状態
で、台車から仮置きステーションへの荷降ろし、およ
び、仮置きステーションからステーションへの荷の払い
出しを行なうことができるので、ステーションへの荷の
払い出しができない場合の荷の処理を迅速に行なうこと
ができ、サイクルタイムを短縮することができる効果が
ある。

【0018】

【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照
して説明する。

【0019】図1は本発明に係る有軌道台車システムを
説明するための模式平面図である。

【0020】同図において、10は台車であり、軌道R
上に複数台配置される。台車10には、台車10の左右
どちら側にもスライド可能な図示しないスライドフォー
クが設けられている。

【0021】Wは軌道Rに沿わせて配置された自動倉庫
である。S1〜S4は自動倉庫Wの入庫ステーション、
SO1〜SO4は同じく出庫ステーションである。

【0022】Eは軌道Rに沿わせて配置された次工程の
装置等である。S5〜S7はこの装置Eから自動倉庫W
へ荷を入庫するための入庫用ステーション、SO5〜S
O7は自動倉庫Wから装置Eへ荷を出庫するための出庫
用ステーションである。

【0023】台車10は、自動倉庫Wの出庫ステーショ
ンSO1〜SO4のうちのいずれかのステーションにて
受け取った荷を装置Eの出庫用ステーションSO5〜S
O7のうちのいずれかのステーションへ払い出し、ま
た、装置Eへの入庫用ステーションS5〜S7のうちの
いずれかのステーションにて受け取った荷を自動倉庫W
の入庫ステーションS1〜S4のうちのいずれかのステ
ーションへ払い出すようになっている。

【0024】SK1〜SK4は自動倉庫W側に設けられ
た仮置きステーション、SK5〜SK7は次工程の装置
E側に設けられた仮置きステーションである。

【0025】仮置きステーションSK1〜SK4は、軌
道Rを挟んで自動倉庫Wの入庫ステーションS1〜S4
と向かい合わせに配置されており、また、仮置きステー
ションSK5〜SK7は、軌道Rを挟んで装置Eへの出
庫用ステーションSO5〜SO7と向かい合わせに配置
されている。

【0026】仮置きステーションSK1〜SK4は、入
庫ステーションS1〜S4への荷の払い出しができない
場合に、台車10の荷を一時的に仮置きするようになっ
ている。仮置きステーションSK5〜SK7は、出庫用
ステーションSO5〜SO7への荷の払い出しができな
い場合に、台車10の荷を一時的に仮置きするようにな
っている。

【0027】30は図示しないホストコンピュータに接
続された制御装置であり、各台車10との間で通信を行
ない、台車10の走行、荷の払い出し動作等の制御、各
ステーションへの台車10の割り付け等を行なう。

【0028】また、制御装置30は、入庫ステーション
S1〜S4、出庫用ステーションSO5〜SO7への荷
の払い出しが可能な状態であるのか、あるいは荷の払い
出しができない状態であるのかを、図示しないセンサに
より判断する判断機能を備えている。

【0029】次に、このような構成を有する有軌道台車
システムの作用を説明する。

【0030】まず、制御装置30により、自動倉庫Wの
出庫ステーションSO1〜SO4、装置Eへの入庫用ス
テーションS5〜S7に台車10が割り付けられ、台車
10に荷が搭載される。この場合、搭載される荷が同じ
種類のものであるときには、各ステーションのうち下流
に配置されているステーションから順に台車10が割り
付けられる。

【0031】次に、制御装置30は、出庫ステーション
SO1〜SO4において荷を搭載した台車10を出庫用
ステーションSO5〜SO7のうち所定のステーション
に割り付け、また、入庫用ステーションS5〜S7にお
いて荷を搭載した台車10を入庫ステーションS1〜S
4のうち所定のステーションに割り付ける。

【0032】この場合、制御装置30は、上述した図示
しないセンサによる判断機能により、払い出しが可能な
状態であると判断したステーションに対しては、そのス
テーションへそのまま荷が払い出されるように台車10
を制御する。

【0033】また、払い出しができない状態であると判
断したステーションに対しては、そのステーションと向
かい合わせに配置されている仮置きステーションへ荷が
降ろされるように台車10を制御する。

【0034】これを図1において説明すれば、例えば、
割り付けられたステーションがSO7であるとして、こ
の出庫用ステーションSO7への荷の払い出しができな
いと判断された場合には、仮置きステーションSK7へ
荷が降ろされるように、台車10が制御されることとな
る。このように荷の払い出しができない状態であった出
庫用ステーションSO7について、その後に、荷の払い
出しが可能になったことが制御装置30により判断され
ると、荷を搭載していない空の台車10が出庫用ステー
ションSO7に割り付けられる。そして、制御装置30
は、仮置きステーションSK7の荷が出庫用ステーショ
ンSO7へ払い出されるように、台車10のスライドフ
ォークを制御する。

【0035】これにより、台車10を介して、仮置きス
テーションSK7から出庫用ステーションSO7へ荷が
払い出されることとなる。

【0036】このように本実施例の有軌道台車システム
によれば、ステーションに台車を停車させたままの状態
で、台車から仮置きステーションへの荷降ろし、およ
び、仮置きステーションからステーションへの荷の払い
出しを行なうことができるので、ステーションへの荷の
払い出しができない場合の荷の処理を迅速に行なうこと
ができ、サイクルタイムを短縮することができる。

【0037】以上、本発明の一実施例について説明した
が、本発明は上記実施例に限定されるものではなく、本
発明の要旨の範囲内において適宜変形実施可能である。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係る有軌道台車システムを説明するた
めの模式平面図。

【図2】従来の有軌道台車システムを説明するための模
式平面図。

【符号の説明】

10 台車 30 制御装置 S1〜S4 入庫ステーション S5〜S7 入庫用ステーション SO1〜SO4 出庫ステーション SO5〜SO7 出庫用ステーション SK1〜SK7 仮置きステーション R 軌道

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 荷を搬送する台車の軌道に沿わせて配置
    したステーションと、前記台車からステーションへの荷
    の払い出しが不可能な場合に、台車の荷を仮置きする仮
    置きステーションとを備え、前記ステーションと仮置き
    ステーションとを、軌道を挟んで向かい合わせに配置し
    たことを特徴とする有軌道台車システム。
JP11247993A 1993-04-16 1993-04-16 有軌道台車システム Pending JPH06298305A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11247993A JPH06298305A (ja) 1993-04-16 1993-04-16 有軌道台車システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11247993A JPH06298305A (ja) 1993-04-16 1993-04-16 有軌道台車システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06298305A true JPH06298305A (ja) 1994-10-25

Family

ID=14587671

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11247993A Pending JPH06298305A (ja) 1993-04-16 1993-04-16 有軌道台車システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06298305A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7441999B2 (en) 2003-12-26 2008-10-28 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Overhead travelling carriage system

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04310355A (en) * 1991-04-03 1992-11-02 Daifuku Co Ltd Workshop with automated warehouse

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04310355A (en) * 1991-04-03 1992-11-02 Daifuku Co Ltd Workshop with automated warehouse

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7441999B2 (en) 2003-12-26 2008-10-28 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Overhead travelling carriage system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2018518430A (ja) ロボットコンテナ取り扱い装置及び方法
US9514430B2 (en) Method of handling parcels, and a logistics center for handling parcels
CA3055947A1 (en) Parcel and article sorting system and method
US4669047A (en) Automated parts supply system
JP4337683B2 (ja) 搬送システム
DE3910444C3 (de) Automatische Anlage zum Einbringen von Papierrollen in die Rollenständer einer Rollenrotationsdruckmaschine
EP1091895B1 (en) Conveyor method and system with buffer arrangement
US5321885A (en) Method and apparatus for manufacturing printed wiring boards
DE19927251C2 (de) Vorrichtung zum Handhaben von Stückgütern
CN103171850B (zh) 转运排列在装卸设备上的货物的系统
EP1812321B1 (de) Warenumschlaglager und verfahren zu dessen betrieb
US4883401A (en) Article handling apparatus for the storage and delivery of plural types of articles
TWI380940B (zh) 物品搬運設備及其控制方法
US20100036521A1 (en) Automated order-picking system having an integrated sorting function and method for operating the system
JP3782349B2 (ja) 傾斜トレイ仕分装置
US4835702A (en) Method of sorting goods and system therefor
CA1136072A (en) High through-put materials handling system and method
CN105392719A (zh) 通过在拣选站准备储存单元的订单执行方法
EP0520736B1 (en) Method for warehousing of articles
EP1535864A2 (en) Method of storing products and storage system
EP1638867B1 (en) System for the temporary storage of goods, in particular pieces of luggage
JPH062449A (ja) パレットレス移載装置
US20020124389A1 (en) Order-filling distribution system and method
JP4418195B2 (ja) コンテナターミナル
JP2005053642A (ja) 自動倉庫およびクレーン制御システム