JPH06173379A - コンクリート床施工法 - Google Patents

コンクリート床施工法

Info

Publication number
JPH06173379A
JPH06173379A JP33179092A JP33179092A JPH06173379A JP H06173379 A JPH06173379 A JP H06173379A JP 33179092 A JP33179092 A JP 33179092A JP 33179092 A JP33179092 A JP 33179092A JP H06173379 A JPH06173379 A JP H06173379A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
reinforcing bars
deck plate
reinforcing
floor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP33179092A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Goto
一雄 後藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP33179092A priority Critical patent/JPH06173379A/ja
Publication of JPH06173379A publication Critical patent/JPH06173379A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 施工性が向上され、経済性が改善され、構造
的に信頼性のあるコンクリート床の施工法を提供する。 【構成】 上端筋1と下端筋2をラチス筋3でトラス状
に組立てた補強鉄筋梁Aを折版型のデッキプレート5に
剪断力に対して剛になるように一体に結合し、前記デッ
キプレート5に現場打コンクリート7を打設する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はコンクリート床施工法に
係るものである。
【0002】
【従来の技術】従来この種の施工法として、(イ)波型
のデッキプレートを全スパンに亘って支持材を使用する
ことなく架設し、コンクリートを打設する方法。(ロ)
予め鉄筋を配筋して、これによって床型枠を支持せしめ
てコンクリートを打設する方法。(ハ)工場で予め下端
コンクリートをプレキャストして、これに仮枠を代用せ
しめてコンクリートを打設する方法。が行なわれてい
る。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】前記デッキプレートを
使用する(イ)の方法は、スパンが大きくなると、デッ
キプレートの鉄量も相当大きくなり、コンクリート硬化
後は全く無用のものとなってしまう。またデッキプレー
トと打設コンクリートが同コンクリートの硬化後に一体
となるように構成して、デッキプレートが床の下端筋の
代換えとなって、コンクリート硬化後、有効に働くよう
にしたものがあるが、(イ)と同様に床コンクリートの
下面にデッキプレートが露出しているので、耐火性がな
く、耐久性にも問題がある。
【0004】このため現在は床下面に耐火材を吹付ける
か、防火天井を設けているが、相当の工数を要し、工
費,材料費が嵩む。次に予め鉄筋を配筋して仮枠を支持
する前記(ロ)の方法においては、打設コンクリートが
厚くなり、床の自重が著しく大きくなり、大量のコンク
リートを要する。自重を軽減するため軽量コンクリート
の使用が考えられるが、軽量コンクリートは一般に収縮
が大きく、床剛性が低下し易い。またプレキャスト下端
コンクリートにコンクリートを打設する(ハ)の方法と
しては、鉄筋上下1組の下端に帯状にコンクリートを打
込んで硬化したものを、現場で間隔をおいて並列し、そ
の間にコンクリートブロックを嵌装して更にコンクリー
トを打設する方法、鉄筋が一部露出するように打設され
た板状のプレキャストコンクリート上に現場打設コンク
リートで板状に固める方法があるが、前者では工程が繁
雑化し、後者ではプレキャストコンクリート板を梁上に
載架する際、重量が大きいので、大型機械力を必要とす
る。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は前記従来技術の
有する問題点を解決するために提案されたもので、上端
筋と下端筋をラチス筋でトラス状に組立てた補強鉄筋梁
を折版型のデッキプレートに剪断力に対して剛になるよ
うに一体に結合し、前記デッキプレートに現場打コンク
リートを打設することを特徴とするものである。
【0006】
【作用】本発明は前記したように構成されているので、
打設コンクリートの未固化時点、即ち最大荷重が仮枠と
しての折板型デッキプレートに加わる時点において、前
記荷重を負担し、コンクリートの固化後は、デッキプレ
ートはその機能が不要となり、鉄筋とコンクリートとが
専ら普通の鉄筋コンクリート床として荷重を負担するこ
ととなる。
【0007】また前記折板型デッキプレートは曲げ剛性
が高いだけでなく、コンクリートの平均厚さを小さくす
るものである。
【0008】
【実施例】以下本発明を図示の実施例について説明す
る。図1は補強鉄筋梁Aでラチス筋で、上端筋1と下端
2とをラチス筋3でトラス状に組立てて構成され、折板
型デッキプレート4と力学的に一体的に組合わすことに
よって梁を形成するように構成されている。(図2及び
図3参照) なお上端筋1は床コンクリートが硬化してから鉄筋コン
クリートとして作用する場合に必要な径を選定するとと
もに、コンクリートの未固化時において鉄筋とデッキプ
レートとの共働時に必要となる鉄筋梁の強度と剛性とを
考慮して細径のものを選定する。
【0009】なお前記上端筋1には面外座屈に対して振
止め筋4を配設する。(図1参照) またデッキプレート5は、それ自体撓みに対する剛性を
有し、且つ補強鉄筋梁の下端筋2に必要なかぶり厚を保
持し、しかも現場打設コンクリートの平均厚さが十分に
薄くなるように定める。前記鉄筋梁Aとデッキプレート
5とは力学的に一体化するよう、即ち剪断力に対して剛
に結合されるよう、例えばデッキプレート5を帯鉄6、
または短冊金物でスポットウエルドまたはホットメルト
接着等によって下端筋2とを結合する。なお上端筋1の
振止め筋4を折板型デッキプレート5の山部分に止め付
けてもよい。また勿論、帯鉄に代って、鉄筋をラチス型
に配しても良い。(図6参照) 前記のように構成されたデッキプレート5を所定位置に
セットして現場打コンクリート7を打設してコンクリー
ト床を施工するものである。
【0010】
【発明の効果】本発明によれば前記したように、上端筋
と下端筋をラチス筋で補強鉄筋梁を組立て、同鉄筋梁を
折板型のデッキプレートに剪断力に対して剛になるよう
に一体に結合し、同デッキプレートに床コンクリートを
打設するようにしたので、従来の類似構法のものより少
ない鉄量でより長大スパンに仮設設置を行い、しかも仮
設施工時の重量を軽くなし得ると共にコンクリート固化
後における床全体の重量即ちコンクリート量を節減し、
しかも充分な耐火力を保有することになるので、施工性
の向上、経済性が改善され、構造的に信頼性のあるコン
クリート床が形成されるものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】鉄筋梁の斜視図である。
【図2】鉄筋梁を折板型デッキプレートに取付けた状態
を示す斜視図である。
【図3】図2の縦断面図である。
【図4】鉄筋梁とデッキプレートを一体化した状態を示
す斜視図である。
【図5】図4の縦断面図である。
【図6】本発明の方法によって施工されたコンクリート
床の部分縦断面図である。
【符号の説明】
1 上端筋 2 下端筋 3 ラチス筋 4 振止め筋 5 デッキプレート 6 帯鉄 7 現場打コンクリート A 補強鉄筋梁

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上端筋と下端筋をラチス筋でトラス状に
    組立てた補強鉄筋梁を折版型のデッキプレートに剪断力
    に対して剛になるように一体に結合し、前記デッキプレ
    ートに現場打コンクリートを打設することを特徴とする
    コンクリート床施工法。
JP33179092A 1992-12-11 1992-12-11 コンクリート床施工法 Pending JPH06173379A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33179092A JPH06173379A (ja) 1992-12-11 1992-12-11 コンクリート床施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33179092A JPH06173379A (ja) 1992-12-11 1992-12-11 コンクリート床施工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06173379A true JPH06173379A (ja) 1994-06-21

Family

ID=18247673

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP33179092A Pending JPH06173379A (ja) 1992-12-11 1992-12-11 コンクリート床施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06173379A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101366716B1 (ko) * 2011-09-01 2014-02-24 경기대학교 산학협력단 웨브 단면보강형 데크플레이트
KR101366714B1 (ko) * 2011-09-01 2014-02-24 경기대학교 산학협력단 에프알피 패널 일체형 데크플레이트
CN106677398A (zh) * 2016-12-08 2017-05-17 青岛蓝天创先科技服务有限公司 一种波纹钢板与现浇钢筋混凝土共同受力的组合楼板
KR102257860B1 (ko) * 2020-06-01 2021-05-28 주식회사 신한씨에스 체결 강도가 향상된 장스판 데크
KR102370019B1 (ko) * 2021-05-17 2022-03-04 주식회사 신한씨에스 상부 이탈 방지형 장스판 데크

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01223248A (ja) * 1988-02-29 1989-09-06 Fujita Corp 折板ユニットスラブ工法

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01223248A (ja) * 1988-02-29 1989-09-06 Fujita Corp 折板ユニットスラブ工法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101366716B1 (ko) * 2011-09-01 2014-02-24 경기대학교 산학협력단 웨브 단면보강형 데크플레이트
KR101366714B1 (ko) * 2011-09-01 2014-02-24 경기대학교 산학협력단 에프알피 패널 일체형 데크플레이트
CN106677398A (zh) * 2016-12-08 2017-05-17 青岛蓝天创先科技服务有限公司 一种波纹钢板与现浇钢筋混凝土共同受力的组合楼板
KR102257860B1 (ko) * 2020-06-01 2021-05-28 주식회사 신한씨에스 체결 강도가 향상된 장스판 데크
KR102312453B1 (ko) * 2020-06-01 2021-10-15 주식회사 신한씨에스 체결 강도가 향상된 장스판 데크
KR102370019B1 (ko) * 2021-05-17 2022-03-04 주식회사 신한씨에스 상부 이탈 방지형 장스판 데크

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR200383490Y1 (ko) 영구 구조체로 이용되는 frp 구조체를 사용한 복합 철근콘크리트 보 구축 시스템
JP5184836B2 (ja) 合成鋼床版桁橋の施工方法
KR100343960B1 (ko) 강콘크리트 구조시스템
JPH06173379A (ja) コンクリート床施工法
KR200383489Y1 (ko) 영구 구조체로 이용되는 frp 구조체를 사용한 복합 철근콘크리트 보 구축 시스템
JP3579167B2 (ja) 路面用床版およびその敷設工法
JP2001026909A (ja) 橋桁に於けるコンクリート版付き立体トラスを用いた床版の結合構造
JP3429459B2 (ja) 橋床ハンチの施工方法
JPH04334405A (ja) プレキャストコンクリート梁の製造方法
JPS6282147A (ja) プレストレス合成桁の製造方法
JP2000234410A (ja) 打込型枠およびそれを用いたスラブ施工方法
KR20070055758A (ko) 강 거더 및 콘크리트 바닥 판을 갖는 조기 합성 거더시스템
JPH0625406B2 (ja) カンチレバー工法による橋梁架設方法
JPH04222742A (ja) 複合梁
JPH10227010A (ja) 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法
KR100579586B1 (ko) 영구 구조체로 이용되는 frp 구조체를 사용한 복합 철근콘크리트 보 구축 시스템
KR101078292B1 (ko) 슬래브 거푸집 조립체 및 슬래브 시공 방법
JP2522708B2 (ja) 型枠付鉄筋先組梁及び型枠付鉄筋先組工法
KR100579543B1 (ko) 영구 구조체로 이용되는 frp 구조체를 사용한 복합철근 콘크리트 보 구축 시스템
CN218714214U (zh) 一种免模板的uhpc-nc夹心楼板结构
KR200397203Y1 (ko) 단부 구조가 개선된 트러스형 데크플레이트
JPH0348285B2 (ja)
JP2942370B2 (ja) 鉄筋コンクリート造の梁、壁などの鉛直方向打継ぎ部の型枠工法およびこの工法に用いるガイド金具
JP792H (ja) 鉄筋コンクリート構造体の構築方法
JPH02171441A (ja) 建築物の梁の構造