JPH10227010A - 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法 - Google Patents

橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法

Info

Publication number
JPH10227010A
JPH10227010A JP3193197A JP3193197A JPH10227010A JP H10227010 A JPH10227010 A JP H10227010A JP 3193197 A JP3193197 A JP 3193197A JP 3193197 A JP3193197 A JP 3193197A JP H10227010 A JPH10227010 A JP H10227010A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reinforcing bar
main reinforcing
steel plate
thin steel
formwork
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3193197A
Other languages
English (en)
Inventor
Tomohiro Yamamoto
知弘 山本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MATSUO BRIDGE
MATSUO KYORYO KK
Original Assignee
MATSUO BRIDGE
MATSUO KYORYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by MATSUO BRIDGE, MATSUO KYORYO KK filed Critical MATSUO BRIDGE
Priority to JP3193197A priority Critical patent/JPH10227010A/ja
Publication of JPH10227010A publication Critical patent/JPH10227010A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Bridges Or Land Bridges (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 在来工法と比較して現場工期の短縮化と現場
熟練工の少人数化が図れ、足場や支保工が不要なプレハ
ブ工法を改良し、取扱いを容易にするための軽量化とコ
ンクリート打設時に撓みを防止するための高剛性化を図
るとともに、コスト上昇を最小限に抑制することが可能
な橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋
梁の床版施工法を提供する。 【解決手段】 橋軸方向に配設した複数の主桁2上に載
置した後、コンクリートを打設して床版を施工するため
の主鉄筋付き鋼製型枠4であって、薄鋼板7の上面に橋
軸方向と直交する方向に、上側主鉄筋8と、上側主鉄筋
の2倍数の下側主鉄筋9を配設し、1本の上側主鉄筋と
2本の下側主鉄筋を一対のラチス筋10により結合して
一組の立体トラス筋Tを構成するとともに、下側主鉄筋
を薄鋼板に固定してなる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、橋梁床版用の主鉄
筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法に係
わり、更に詳しくは足場や支保工が不要で施工後には捨
型枠となって床版と一体化する橋梁の床版施工用の型枠
及びその型枠を用いた床版施工法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、橋梁のコンクリート系床版は、橋
脚に架設した主桁の上に、支保工で支持された型枠を構
築し、該型枠上に主鉄筋及び配力筋を縦横に配設して互
いに番線で締結するか又は溶接して固着した後、コンク
リートを打設し、養生硬化後に脱型してなる工法(以下
「在来工法」という)によって現場で建設されている。
しかし、この在来工法は、現場工期が長く、また工期が
天候に左右されやすく、しかも型枠工や配筋工等の熟練
工不足や高所作業となるため安全面の点で問題が多い。
【0003】そこで、これらの問題点を解消した工法と
して、予め工場でプレキャストコンクリート床版を製作
し、それを現場まで搬送し、大型クレーンで主桁上に載
置して取付けた後、継ぎ目にコンクリートを打設して一
体化する工法(以下「プレキャスト工法」という)が提
供されるに至った。このプレキャスト工法は、在来工法
と比較して現場工期の短縮、熟練工不足への対応、安全
面の配慮等の利点を有するが、コストが2倍程度かかる
ため、例えば跨線橋や床版取り替えといった工期の短縮
化や足場、支保工の施工が困難な場合等、限られたケー
ス以外には使用されてないのが現状で、圧倒的に在来工
法が採用されている。
【0004】また、前述の在来工法とプレキャスト工法
の中間に位置づけられる工法として、薄鋼板に形鋼と鉄
筋を配置したパネル構造の型枠を工場で製作し、この鉄
筋付き型枠を主桁上に取付けた後、現場でコンクリート
を打設する工法(以下「プレハブ工法」という)も提案
されている。この場合、コンクリート打設時に型枠が撓
まないように形鋼で補強しているため、型枠の重量が重
く、また在来工法と比較してコスト高となる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明が前述の状況に
鑑み、解決しようとするところは、在来工法と比較して
現場工期の短縮化と現場熟練工の少人数化が図れ、足場
や支保工が不要なプレハブ工法を改良し、取扱いを容易
にするための軽量化とコンクリート打設時に撓みを防止
するための高剛性化を図るとともに、コスト上昇を最小
限に抑制することが可能な橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製
型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法を提供する点に
ある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、前述の課題解
決のために、橋軸方向に配設した複数の主桁上に載置し
た後、コンクリートを打設して床版を施工するための主
鉄筋付き鋼製型枠であって、薄鋼板の上面に橋軸方向と
直交する方向に、上側主鉄筋と、該上側主鉄筋の2倍数
の下側主鉄筋を配設し、1本の上側主鉄筋と2本の下側
主鉄筋を一対のラチス筋により結合して一組の立体トラ
ス筋を構成するとともに、下側主鉄筋を前記薄鋼板に固
定してなる橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠を構成し
た。
【0007】ここで、前記上側主鉄筋と下側主鉄筋にラ
チス筋を、溶接することなく連結金具にてカシメ結合
し、薄鋼板上面に溶接した固定金具に下側主鉄筋をカシ
メ結合した連結金具を溶接し、薄鋼板上面と間隔を保持
して下側主鉄筋を固定してなることが好ましい。
【0008】また、前記薄鋼板が主桁間に配設する中間
部薄鋼板と、主桁の側部に配設する片持部薄鋼板とで構
成され、前記上側主鉄筋と下側主鉄筋とラチス筋により
構成された立体トラス筋が前記中間部薄鋼板及び片持部
薄鋼板とに跨がって配設されていることが好ましい。こ
の場合において、各立体トラス筋の間であって、隣接す
る前記中間部薄鋼板間又は中間部薄鋼板と片持部薄鋼板
間に渡って引張り筋を配設してなること、前記片持部薄
鋼板の側端縁に、側面型枠板を一体的に立ち上げ形成し
てなることがより好ましい。
【0009】そして、本発明は、薄鋼板の上面に橋軸方
向と直交する方向に、上側主鉄筋と、該上側主鉄筋の2
倍数の下側主鉄筋を配設し、1本の上側主鉄筋と2本の
下側主鉄筋を一対のラチス筋により結合して一組の立体
トラス筋を構成するとともに、下側主鉄筋を前記薄鋼板
に固定してなる主鉄筋付き鋼製型枠をユニット型枠と
し、複数の該ユニット型枠を、橋軸方向に配設した複数
の主桁上に、橋軸方向に順次配列させて載置した後、各
ユニット型枠の上側主鉄筋及び下側主鉄筋に渡ってそれ
ぞれ複数の配力筋を固定し、前記型枠内にコンクリート
を打設してなる橋梁の床版施工法を提供するものであ
る。
【0010】
【発明の実施の形態】次に本発明の実施形態を添付した
図面に基づき詳細に説明する。図1は本発明を利用して
施工した橋梁の一例を示し、図2〜図7は本発明の要部
を示し、図中1は橋脚、2は主桁、3は床版をそれぞれ
示している。
【0011】本実施形態の橋梁は、所定間隔毎に立設し
た橋脚1,…に、橋軸方向に沿ってI型鋼からなる複数
の主桁2,…を架設し、該主桁2上に床版3を施工した
構造を有している。尚、前記床版3の上面は、舗装して
道路となる。
【0012】本発明に係る床版3は、複数の主鉄筋付き
鋼製型枠4(以下「型枠4」とする)を、前記主桁2上
に橋軸方向(図3中の矢印Pの方向)に順次配列させて
取付けた後、各型枠4に渡って多数の配力筋5,…を配
設し、前記型枠4内にコンクリート6を打設して施工し
ている。ここで、前記型枠4は、橋軸方向と直交する方
向(図3中の矢印Vの方向)の寸法が橋梁の幅に相当
し、橋軸方向の寸法は重量、施工効率、取扱性を考慮し
て決定され、例えば橋軸方向の寸法を1500mm(図
3中符号Sで表示)に設定している。また、橋軸方向に
隣接する各型枠4の薄鋼板7,7はシールしてコンクリ
ート6の漏れを防止する。
【0013】前記型枠4は、薄鋼板7の上面に橋軸方向
と直交する方向に、上側主鉄筋8と、該上側主鉄筋8の
2倍数の下側主鉄筋9を配設し、1本の上側主鉄筋8と
2本の下側主鉄筋9,9を一対のラチス筋10,10に
より結合して一組の立体トラス筋Tを構成するととも
に、下側主鉄筋9を前記薄鋼板7に固定した構造であ
る。ここで、前記薄鋼板7は、コンクリート打設時に型
枠として機能すれば良く、床版3としての構造的な強度
は要求されないので、厚さ1.6mmのZn鋼板又は厚
さ1.5mmのステンレス鋼板を用いている。また、上
側主鉄筋8及び下側主鉄筋9の直径は19mm、ラチス
筋10の直径は13mmのものを用いている。
【0014】前記ラチス筋10は、波形の鉄筋であり、
その一対を上部が接近するように傾斜させて、各頂部を
それぞれ上側主鉄筋8と下側主鉄筋9に、溶接すること
なく連結金具11,…にてカシメ結合している。尚、前
記上側主鉄筋8と下側主鉄筋9にラチス筋10を溶接し
ない理由は、溶接によって鉄筋が減肉して疲労強度及び
引張り強度が低下することを避けるためであるが、鉄筋
の引張り強度が問題にならなければ、上側主鉄筋8と下
側主鉄筋9とにラチス筋10を溶接しても良い。また、
前記薄鋼板7上面に溶接した固定金具12に下側主鉄筋
9をカシメ結合した連結金具11を溶接し、薄鋼板7上
面と間隔を保持して下側主鉄筋9を固定し、上側主鉄筋
8、下側主鉄筋9及びラチス筋10によって構成された
立体トラス筋Tと薄鋼板7とを一体化し、薄鋼板7の剛
性を高めている。
【0015】本実施形態では、前記上側主鉄筋8,…を
250mmピッチで配設し、下側主鉄筋9,…を125
mmピッチで配設し、隣接する下側主鉄筋9,9の中間
に上側主鉄筋8を位置させている。また、前記配力筋5
は、直径16mmで、上側主鉄筋8,…の下側に交叉さ
せて番線等によって締結するとともに、下側主鉄筋9,
…の上側に交叉させて同様に締結している。尚、前記配
力筋5,…のピッチは、上側が250mm、下側が12
5mmに設定している。
【0016】また、前記薄鋼板7が主桁2,2間に配設
する中間部薄鋼板7Aと、主桁2の側部に配設する片持
部薄鋼板7Bとで構成され、前記上側主鉄筋8と下側主
鉄筋9,9とラチス筋10,10により構成された立体
トラス筋Tが前記中間部薄鋼板7A及び片持部薄鋼板7
Bとに跨がって配設されている。また、立体トラス筋T
が前述の如く中間部薄鋼板7Aと片持部薄鋼板7B,7
Bとに固定金具12,…にて固定されていることから、
単又は複数の中間部薄鋼板7A及び片持部薄鋼板7B,
7Bが一体化された1ユニットの型枠4となっている。
【0017】前記中間部薄鋼板7Aの両端部及び片持部
薄鋼板7Bの内側端部には、床版3としての厚肉部を形
成すべく下方へ傾斜した傾斜板部13を有し、この傾斜
板部13の端部を主桁2の上面板2Aの縁部に載置して
取付けている。ここで、前記主桁2の上面板2Aであっ
てその上に載置する傾斜板部13,13の間には、複数
のジベル(図示せず)を突設し、主桁2と床版3とがズ
レないようにしている。また、前記片持部薄鋼板7Bの
外側端縁に、側面型枠板14を一体的に立ち上げ形成し
ている。
【0018】更に、各立体トラス筋T,Tの間であっ
て、隣接する前記中間部薄鋼板7A,7A間又は中間部
薄鋼板7Aと片持部薄鋼板7B間に渡って、前記主桁2
の上面板2A及び傾斜板部13,13を跨ぐように引張
り筋15を配設している。この引張り筋15は、台形状
に屈曲した二本の鉄筋を脚部を開いた状態で頂部を互い
に連結金具11,…で結合し、各脚部の先端は隣接する
立体トラス筋Tを構成する下側主鉄筋9にそれぞれ連結
金具11,…で結合している。
【0019】また、図5及び図6に示すように、前記中
間部薄鋼板7A,7A間又は中間部薄鋼板7Aと片持部
薄鋼板7Bの間に渡した立体トラス筋Tを保高金具16
にて主桁2の上面板2Aに対して支持している。即ち、
前記保高金具16は、立体トラス筋Tを構成する下側主
鉄筋9,9に架設した座板16Aと、該座板16Aに垂
直に螺合したボルト16Bとから構成され、該ボルト1
6Bの下端を主桁2の上面板2Aに載支している。
【0020】そして、本発明の橋梁の床版施工法は、予
め工場で製作された前述の主鉄筋付き鋼製型枠4をユニ
ット型枠として用い、複数の該ユニット型枠4を、橋軸
方向に配設した複数の主桁2,…上に、橋軸方向に順次
配列させて載置した後、現場施工によって各ユニット型
枠4の上側主鉄筋8,…及び下側主鉄筋9,…に渡って
それぞれ複数の配力筋5,…を固定し、前記型枠4内に
コンクリート6を打設してなるものである。また、コン
クリート打設前に、隣接する型枠4,4に渡ってプレス
トレスワイヤーを橋軸方向に配設しておき、コンクリー
ト打設後にプレストレスを与える所謂PC床版とするこ
とも可能である。
【0021】ここで、前記主桁2,2の間隔を3000
mm、床版3の厚みを250mmとすれば、コンクリー
ト打設時の中間部薄鋼板7Aの最大撓みは約2mmと予
測され、前記立体トラス筋Tによって本発明の主鉄筋付
き鋼製型枠4は、型枠として本来満足すべき強度及び剛
性を備えたものとなっている。尚、前記床版3を施工後
は、前記型枠4つまり薄鋼板7は床版3と一体化され
る。
【0022】
【発明の効果】以上にしてなる本発明の橋梁床版用の主
鉄筋付き鋼製型枠によれば、主鉄筋と薄鋼板とを工場で
接合させた作製するので、寸法精度、品質のバラツキが
少なく、軽量な薄鋼板を用いても立体トラス筋によって
型枠としての本来満足すべきコンクリート打設時に撓み
を防止するための剛性を備えているのである。また、本
発明の橋梁の床版施工法によれば、鉄筋コンクリート系
床版の在来工法と比較して現場工期を半分以下に短縮
し、また現場熟練工の人数を少なくすることができ、ま
た足場や支保工が不要であり、型枠が軽量で取扱いが容
易であるとともに、高剛性を備えている。総合的には、
コスト上昇を最小限に抑制し、短期間で品質が安定した
床版を施工できるのである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明により施工する橋梁の簡略断面図であ
る。
【図2】本発明の主鉄筋付き鋼製型枠を主桁上に載置
し、配力筋を配設した状態の部分簡略斜視図である。
【図3】同じく部分平面図である。
【図4】本発明の要部の拡大斜視図である。
【図5】主桁と主鉄筋付き鋼製型枠との関係を示し、橋
軸方向と直交する方向に破断した部分拡大断面図であ
る。
【図6】同じく橋軸方向に破断した部分拡大断面図であ
る。
【図7】薄鋼板に下側主鉄筋を固定する構造を示す部分
断面図である。
【符号の説明】
1 橋脚 2 主桁 2A 上面板 3 床版 4 型枠 5 配力筋 6 コンクリート 7 薄鋼板 7A 中間部薄鋼板 7B 片持部薄鋼板 8 上側主鉄筋 9 下側主鉄筋 10 ラチス筋 11 連結金具 12 固定金具 13 傾斜板部 14 側面型枠板 15 引張り筋 16 保高金具 16A 座板 16B ボルト T 立体トラス筋

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 橋軸方向に配設した複数の主桁上に載置
    した後、コンクリートを打設して床版を施工するための
    主鉄筋付き鋼製型枠であって、薄鋼板の上面に橋軸方向
    と直交する方向に、上側主鉄筋と、該上側主鉄筋の2倍
    数の下側主鉄筋を配設し、1本の上側主鉄筋と2本の下
    側主鉄筋を一対のラチス筋により結合して一組の立体ト
    ラス筋を構成するとともに、下側主鉄筋を前記薄鋼板に
    固定してなることを特徴とする橋梁床版用の主鉄筋付き
    鋼製型枠。
  2. 【請求項2】 前記上側主鉄筋と下側主鉄筋にラチス筋
    を、溶接することなく連結金具にてカシメ結合し、薄鋼
    板上面に溶接した固定金具に下側主鉄筋をカシメ結合し
    た連結金具を溶接し、薄鋼板上面と間隔を保持して下側
    主鉄筋を固定してなる請求項1記載の橋梁床版用の主鉄
    筋付き鋼製型枠。
  3. 【請求項3】 前記薄鋼板が主桁間に配設する中間部薄
    鋼板と、主桁の側部に配設する片持部薄鋼板とで構成さ
    れ、前記上側主鉄筋と下側主鉄筋とラチス筋により構成
    された立体トラス筋が前記中間部薄鋼板及び片持部薄鋼
    板とに跨がって配設されている請求項1又は2記載の橋
    梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠。
  4. 【請求項4】 各立体トラス筋の間であって、隣接する
    前記中間部薄鋼板間又は中間部薄鋼板と片持部薄鋼板間
    に渡って引張り筋を配設してなる請求項3記載の橋梁床
    版用の主鉄筋付き鋼製型枠。
  5. 【請求項5】 前記片持部薄鋼板の側端縁に、側面型枠
    板を一体的に立ち上げ形成してなる請求項3記載の橋梁
    床版用の主鉄筋付き鋼製型枠。
  6. 【請求項6】 薄鋼板の上面に橋軸方向と直交する方向
    に、上側主鉄筋と、該上側主鉄筋の2倍数の下側主鉄筋
    を配設し、1本の上側主鉄筋と2本の下側主鉄筋を一対
    のラチス筋により結合して一組の立体トラス筋を構成す
    るとともに、下側主鉄筋を前記薄鋼板に固定してなる主
    鉄筋付き鋼製型枠をユニット型枠とし、複数の該ユニッ
    ト型枠を、橋軸方向に配設した複数の主桁上に、橋軸方
    向に順次配列させて載置した後、各ユニット型枠の上側
    主鉄筋及び下側主鉄筋に渡ってそれぞれ複数の配力筋を
    固定し、前記型枠内にコンクリートを打設してなること
    を特徴とする橋梁の床版施工法。
JP3193197A 1997-02-17 1997-02-17 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法 Pending JPH10227010A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3193197A JPH10227010A (ja) 1997-02-17 1997-02-17 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3193197A JPH10227010A (ja) 1997-02-17 1997-02-17 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10227010A true JPH10227010A (ja) 1998-08-25

Family

ID=12344726

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3193197A Pending JPH10227010A (ja) 1997-02-17 1997-02-17 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10227010A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100624402B1 (ko) * 2004-09-20 2006-09-15 강기주 3차원 트러스 중간층의 접기가 가능한 샌드위치 판구조물
JP2008088634A (ja) * 2006-09-29 2008-04-17 Sumitomo Metal Ind Ltd 鋼コンクリート合成床版
JP2013064252A (ja) * 2011-09-16 2013-04-11 Yokogawa Sumikin Bridge Corp 鋼コンクリート合成床版構築用パネルおよび鋼コンクリート合成床版
JP2015232213A (ja) * 2014-06-09 2015-12-24 近藤 弘 ラチス金物、トラス及び小梁構造
CN112176850A (zh) * 2020-09-30 2021-01-05 长沙理工大学 一种钢-uhpc组合结构剪力连接件及其制作安装方法
CN112982162A (zh) * 2021-03-17 2021-06-18 河南新昱鑫桥梁钢构有限责任公司 一种钢筋桁架式钢-混组合桥面板及施工方法
CN115162158A (zh) * 2022-06-24 2022-10-11 福州大学 采用t型抗剪连接件的钢-混凝土组合桥面板及施工方法

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100624402B1 (ko) * 2004-09-20 2006-09-15 강기주 3차원 트러스 중간층의 접기가 가능한 샌드위치 판구조물
JP2008088634A (ja) * 2006-09-29 2008-04-17 Sumitomo Metal Ind Ltd 鋼コンクリート合成床版
JP2013064252A (ja) * 2011-09-16 2013-04-11 Yokogawa Sumikin Bridge Corp 鋼コンクリート合成床版構築用パネルおよび鋼コンクリート合成床版
JP2015232213A (ja) * 2014-06-09 2015-12-24 近藤 弘 ラチス金物、トラス及び小梁構造
CN112176850A (zh) * 2020-09-30 2021-01-05 长沙理工大学 一种钢-uhpc组合结构剪力连接件及其制作安装方法
CN112982162A (zh) * 2021-03-17 2021-06-18 河南新昱鑫桥梁钢构有限责任公司 一种钢筋桁架式钢-混组合桥面板及施工方法
CN115162158A (zh) * 2022-06-24 2022-10-11 福州大学 采用t型抗剪连接件的钢-混凝土组合桥面板及施工方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR200407092Y1 (ko) 캔틸레버부의 피씨 패널 지지구조
JPH10227010A (ja) 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法
JP3881135B2 (ja) 橋桁に於けるコンクリート版付き立体トラスを用いた床版の結合構造
JP2003213623A6 (ja) 橋梁の上部構造
JP3701078B2 (ja) 道路床版工法
EP1416101A1 (en) Composite beam
KR100480471B1 (ko) 허니컴 거더형 프리캐스트 콘크리트 패널 합성빔의 연속화연결구조 및 연속화 방법
JP2002275833A (ja) 既設橋梁の単純桁の連続化方法及び連続桁構造
JPH10227011A (ja) 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法
JP2620118B2 (ja) 壁及び床のネット型枠工法
JP2001049616A (ja) コンクリート橋用プレキャスト製pcウエブおよびそのpcウェブを有するプレストレストコンクリート橋
KR102585526B1 (ko) 단부 매립형 거더 접합 구조를 갖는 합성 프레임
JP2003041516A (ja) 連続桁橋の上下部一体構造およびその施工方法
JPH0781355B2 (ja) プレキャストコンクリート大梁を用いたジョイストスラブの架構工法
JPH1150538A (ja) 建築物およびその施工方法
JPH10121417A (ja) コンクリート型枠体とこのコンクリート型枠体を用いたコンクリート構造物の構築方法
JPH11166207A (ja) 床版用型枠
JPH0478771B2 (ja)
JP2001200594A (ja) 大断面の柱と梁からなる構造体の施工方法
JP2568987B2 (ja) 鉄筋組立用の支持部材並びにこれを用いた橋梁の施工方法
JPH08253909A (ja) 橋梁用鉄筋コンクリート床版およびその型枠
JP2000355909A (ja) 橋床の施工方法
JPH1122106A (ja) コンクリート構造物の複合曲げ主材および複合曲げ主材を用いたコンクリート構造物の構築方法
KR20220021356A (ko) 강관철근을 이용한 장스팬용 무지보 데크플레이트 구조
JP3684196B2 (ja) 床版の構造材