JPH0615067Y2 - 懸吊支持金具 - Google Patents

懸吊支持金具

Info

Publication number
JPH0615067Y2
JPH0615067Y2 JP2356388U JP2356388U JPH0615067Y2 JP H0615067 Y2 JPH0615067 Y2 JP H0615067Y2 JP 2356388 U JP2356388 U JP 2356388U JP 2356388 U JP2356388 U JP 2356388U JP H0615067 Y2 JPH0615067 Y2 JP H0615067Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
bolt
metal fitting
suspension
mounting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2356388U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01129408U (ja
Inventor
誠治 野瀬
Original Assignee
株式会社ブレスト工業研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ブレスト工業研究所 filed Critical 株式会社ブレスト工業研究所
Priority to JP2356388U priority Critical patent/JPH0615067Y2/ja
Publication of JPH01129408U publication Critical patent/JPH01129408U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0615067Y2 publication Critical patent/JPH0615067Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) この考案は懸吊支持金具に係り、建築構造物におけるL
形鋼、溝形鋼その他の造営材から、照明器具、ダクト、
レースウェー等の電設部材、空調部材等を吊下する吊り
ボルトを懸吊支持する懸吊支持金具に関する。
(従来の技術) 従来から各種造営材に固定されて照明器具等を懸吊支持
する懸吊支持金具が種々提供されている。例えば、第6
図に示す如く、上板22と下板23とで所定の造営材S
を挟み、進退自在に造営材Sに圧止される止着ネジ24
が下板23に設けられた側面略コ字形の金具本体21を
形成し、この金具本体21の上板22と下板23とに吊
持する吊りボルトBとを貫挿し、ナット25にて締付固
定するものであった。
(考案が解決しようとする問題点) しかしながら、この従来の懸吊支持金具にあっては、懸
吊支持する吊りボルトBは固定される造営材Sに対して
垂直となるよう形成されており、吊りボルトBを角度を
変えて傾斜して懸吊することができなかった。
従って、電設部材等を傾斜した吊りボルトで両側から補
強して懸吊支持することができず、このため、電設部材
等が施工時に、その衝撃、振動で横振れするとがあっ
た。
そこでこの考案は、従来存した叙上の問題点に鑑み案出
されたものであり、極めて簡単な構成で、懸吊支持する
吊りボルトBを、任意の角度で傾斜して懸吊支持するこ
とができ、電設部材等の被懸吊部材の振れ止め用として
も使用できる懸吊支持金具を提供することを目的とす
る。
(問題点を解決するための手段) このため、この考案は、相対峙する上板と下板とで所定
の造営材を挟み、上下板のいずれか一方に進退自在に造
営材に圧止させる止着ネジが設けられた側面略コ字形の
金具本体と、金具本体側板に貫挿されて回動自在に取り
付けられるネジ部を有し、頭部に吊りボルトが挿通可能
な挿通孔を形成した取付ボルトと、取付ボルトの挿通孔
に挿通された吊りボルトを取付ボルト頭部の上下に締付
け固定するナットとから構成したことにより、上述した
目的を達成した。
また、金具本体の側板に、取付ボルトのネジ部に螺合す
る取付雌ネジ孔を設けたことで、取付ボルトをこの取付
雌ネジ孔にねじ込むだけで簡単に取付けることができ
る。
更に、金具本体の側板内側には、取付ボルトのネジ部に
螺合するナットを備えることで、金具本体の側板に取付
雌ネジ孔を設けなくとも取付ボルトを取付けることがで
きる。
(作用) しかして、叙上の考案にあっては、側面略コ字形の金具
本体の上板と下板とで造営材を挟み、上下板のいずれか
一方に設けられた進退自在の止着ネジにより造営材に圧
止して固定される。そして、この金具本体側板に貫挿さ
れ、回動自在に取付けられた取付ボルト頭部に開穿され
た挿通孔に、吊持される吊りボルトが挿通されて、上下
のナットにて締付固定される。
吊りボルトの角度は、金具本体に側板に貫挿された取付
ボルトを回動して行われ、吊りボルトは金具本体の取付
方向に対する垂直平面上において、取付ボルトを中心に
した任意回転位置に調節できる。
(実施例) 以下、図面を参照して、この考案の実施例を説明する。
図において示される符号1は、側面略コ字形の金具本体
であり、上板2と下板3とでL形鋼、溝形鋼その他適宜
の造営材Sを挟むよう形成されている。下板3は、造営
材Sに堅固に把持すべく両側が立ち上げられて、その上
面が波形に加工されている。上板2の適位置には雌ネジ
孔5が開穿され、雌ネジ孔5に螺合して造営材Sに進退
自在に圧止される止着ネジ6が設けられている。
また、金具本体1の側板4には、後述する取付ボルト8
のネジ部9に螺合する取付雌ネジ孔7が開穿されてい
る。取付雌ネジ孔7を、図示する如く、内側に稍膨出す
るよう形成すれば、取付ボルトが一層安定して支持され
る。
取付ボルト8は、金具本体1側板4の取付雌ネジ孔7に
螺合するネジ部9を有し、頭部10に吊りボルトBが挿
通可能な挿通孔11が形成されている。図示例にあって
は、頭部10が環状に形成されているが、吊りボルトB
が挿通可能な挿通孔11が形成されていればよく、特に
この形状に限定されるものでないことは勿論である。
また、符号12は、取付ボルト8の挿通孔11に挿通さ
れた吊りボルトBを、取付ボルト8頭部10の上下にて
夫々締付け固定するナットである。
また、第5図に示す如く、金具本体1の側板4内側に取
付ボルト8のネジ部9に螺合する板ナット13を備える
構成とすることもできる。
次にこれが使用について説明する。先ず造営材Sの所定
位置に金具本体1の上板2と下板3とを挟み込み、上板
2適位置に設けられた雌ネジ孔5に止着ネジ6をねじ込
む。そして、止着ネジ6を造営材Sに圧止させて金具本
体1を造営材Sに固定する。
次に、金具本体1の側板4に開穿された取付雌ネジ孔7
に取付ボルト8のネジ部9を螺合して、その取付ボルト
8の頭部10の角度を調節する。そして、頭部10に設
けられた挿通孔11に吊りボルトBを挿通し、上下のナ
ット12にて挿通孔11が開穿された取付ボルト8の頭
部10にて吊りボルトBを締付け固定する。
また、金具本体1の側板4の内側に板ナット13を備え
た場合は、この板ナット13に取付ボルト8のネジ部9
を螺合して、その取付ボルト8の頭部10の角度を調節
し、同様に、上下のナット12にて挿通孔11が開穿さ
れた取付ボルト8の頭部10にて吊りボルトBを締付け
固定する。
このようにして、造営材Sから傾斜した吊りボルトBを
懸吊支持し、照明器具等の振れを防止すべく両側から補
強支持する。
また、造営材Sがその長さ方向で傾斜して配設された場
合は、取付ボルト8の挿通孔11に上下のナット12に
て締付け固定された吊りボルトBが床面と垂直になるよ
うに調節して吊りボルトBを懸吊支持してもよい。
(考案の効果) この考案の請求項1の懸吊支持金具にあっては、相対峙
する上板2と下板3とで所定の造営材Sを挟み、上下板
のいずれか一方に進退自在に造営材Sに圧止させる止着
ネジ6が設けられた側面略コ字形の金具本体1と、金具
本体1側板4に貫挿されて回動自在に取り付けられるネ
ジ部9を有し、頭部10に吊りボルトBが挿通可能な挿
通孔11を形成した取付ボルト8と、取付ボルト8の挿
通孔11に挿通された吊りボルトBを取付ボルト8頭部
10の上下に締付け固定するナット12とから構成した
から、取付ボルト8を回動させ、取付ボルト8の挿通孔
11に締付け固定した吊りボルトBの角度を簡単に調節
することができる。
従って、吊りボルトBを傾斜して懸吊支持することがで
きるから、電設部材の如き被懸吊部材を両側から傾斜し
た吊りボルトBで補強して、その振れを防止できる。
また、造営材Sがその長さ方向で傾斜して配設された場
合は、取付ボルト8に固定された吊りボルトBを床面と
垂直になるように簡単に調節して懸吊することもでき
る。
そして、吊りボルトBの角度を補正するための別の金具
を必要としないから経費が安く、作業能率も極めて良
い。
しかも、その部品点数が少なく構成が簡単であるから、
安価にて大量生産できる。
また、請求項2の懸吊支持金具にあっては、金具本体1
の側板4に、取付ボルト8のネジ部9に螺合する取付雌
ネジ孔7を設けたから、取付ボルト8をこの雌ネジ孔7
にねじ込むだけで簡単に取付けることができる。
更に、請求項3の懸吊支持金具にあっては、金具本体1
の側板4内側に、取付ボルト8のネジ部9に螺合する板
ナット13を備えたから、金具本体1の側板4に取付雌
ネジ孔7を設けなくとも取付ボルト8を取付けることが
できる。
以上説明したように、この考案によれば吊りボルトの角
度を簡単に調節して懸吊支持できる等実用上有益な種々
の効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
第1図乃至第5図はこの考案の実施例を示すもので、第
1図は分解斜視図、第2図は平面図、第3図は使用状態
における正面図、第4図は吊りボルトの角度調節状態を
示す側面図、第5図は他の実施例における分解斜視図で
あり、第6図は従来例の使用状態における斜視図であ
る。 S……造営材、B……吊りボルト、1……金具本体、2
……上板、3……下板、4……側板、5……雌ネジ孔、
6……止着ネジ、7……取付雌ネジ孔、8……取付ボル
ト、9…ネジ部、10……頭部、11……挿通孔、12
……ナット、13……板ナット、 21……金具本体、22……上板、23……下板、24
……止着ネジ、25……ナット。

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】相対峙する上板と下板とで所定の造営材を
    挟み、上下板のいずれか一方に進退自在に造営材に圧止
    させる止着ネジが設けられた側面略コ字形の金具本体
    と、金具本体側板に貫挿されて回動自在に取り付けられ
    るネジ部を有し、頭部に吊りボルトが挿通可能な挿通孔
    を形成した取付ボルトと、取付ボルトの挿通孔に挿通さ
    れた吊りボルトを取付ボルト頭部の上下に締付け固定す
    るナットとから構成したことを特徴とする懸吊支持金
    具。
  2. 【請求項2】金具本体の側板には、取付ボルトのネジ部
    に螺合する取付雌ネジ孔が設けられた請求項1記載の懸
    吊支持金具。
  3. 【請求項3】金具本体の側板内側には、取付ボルトのネ
    ジ部に螺合するナットが備えられた請求項1記載の懸吊
    支持金具。
JP2356388U 1988-02-24 1988-02-24 懸吊支持金具 Active JPH0615067Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2356388U JPH0615067Y2 (ja) 1988-02-24 1988-02-24 懸吊支持金具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2356388U JPH0615067Y2 (ja) 1988-02-24 1988-02-24 懸吊支持金具

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01129408U JPH01129408U (ja) 1989-09-04
JPH0615067Y2 true JPH0615067Y2 (ja) 1994-04-20

Family

ID=31242659

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2356388U Active JPH0615067Y2 (ja) 1988-02-24 1988-02-24 懸吊支持金具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0615067Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6516982B2 (ja) * 2014-08-01 2019-05-22 八潮建材工業株式会社 天井落下防止器具

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01129408U (ja) 1989-09-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0615067Y2 (ja) 懸吊支持金具
JPH0615066Y2 (ja) 懸吊支持金具
JP2602074Y2 (ja) 天井埋込型照明器具の取付け構造
JPH10231825A (ja) 懸吊支持金具
JPH0642015Y2 (ja) 懸吊支持金具用取付補助具
JP3616614B2 (ja) 吊りボルト支持装置
JPH0640735Y2 (ja) 懸吊支持金具
JP3675069B2 (ja) 平面表示装置
JPH0746701Y2 (ja) 枠材用建込み治具
JPH0627706Y2 (ja) パネルの固定具
JP2568229Y2 (ja) 吊りボルト付設具
JP4018490B2 (ja) 手摺の支持具
JP3135385U (ja) 吊りボルト用固定金具
JPH05331957A (ja) 天井骨組み材支持具
JPH10205879A (ja) 空気調和機の取付装置
JP2582173Y2 (ja) ダクト取付構造
JP3009440U (ja) 懸吊支持金具
JPH0739134Y2 (ja) 吊りボルト用器具取付装置
JP3213878B2 (ja) 軽量間柱用長尺ボルト支持具
KR880004210Y1 (ko) 파이프 지지구
JP3016271U (ja) 家具固定具
JPH0735956Y2 (ja) 球状継手とルーフパネルサッシの接続用のファスナ
JP3059539U (ja) 建物におけるボルトの固着具
JP2540581Y2 (ja) クランプ装置
JPH08246591A (ja) 床パネルの取付具および取付構造