JPH0614361U - フラットデッキ用吊りボルトハンガー - Google Patents

フラットデッキ用吊りボルトハンガー

Info

Publication number
JPH0614361U
JPH0614361U JP5773092U JP5773092U JPH0614361U JP H0614361 U JPH0614361 U JP H0614361U JP 5773092 U JP5773092 U JP 5773092U JP 5773092 U JP5773092 U JP 5773092U JP H0614361 U JPH0614361 U JP H0614361U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hanger
hanging
bolt
hanging bolt
plates
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5773092U
Other languages
English (en)
Inventor
正一 三宅
孝司 三宅
Original Assignee
正一 三宅
孝司 三宅
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 正一 三宅, 孝司 三宅 filed Critical 正一 三宅
Priority to JP5773092U priority Critical patent/JPH0614361U/ja
Publication of JPH0614361U publication Critical patent/JPH0614361U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 構造が簡単で左右のハンガ−プレ−トを逆T
字状金具の両側より掛けるだけで、簡単に逆T字状金具
に取付け得て、結果的にはコスト易のフラットデッキ用
吊りボルトハンガ−を提供することにある。 【構成】 ハンガ−掛け金具が、フラットデッキから逆
T字状に垂設された、該逆T字状金具に対して左右から
ハンガ−プレ−トを互いに付き合わせて、該逆T字状形
金具の水平部に装着することにより吊りボルトハンガ−
を構成し、該ハンガ−に吊りボルトを吊り下げるように
した構成よりなる。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、吊りボルトを吊り下げる吊りボルトハンガ−に係り、より詳細には 、ビル等の建物、その他の構築物のフラットデッキに垂設したハンガ−掛け金具 に装着して、天井、その他の設備を吊り下げる為のフラットデッキ用の吊りボル トハンガ−に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、この種の吊りボルトハンガ−としては、種々のものがあるが、本考案の 先行技術としては次ぎのものがあげられる。即ち、図10に示すように、土台と してのフラットデッキ1に通称アイデッキといわれる逆T字状の金具、つまり、 逆T字状形金具2に吊りボルトハンガ−3を装着・固定して吊りボルト4を螺合 するタイプのようなものが知られている。
【0003】 この従来の吊りボルトハンガ−は、逆T状状金具にハンガ−3を差し込み90 度反転するだけの、所謂、ワンタッチ方式のもので簡単に装着することのできる もので作業能率も良かった。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
しかし、上述した従来の吊りボルトハンガ−は、次のような問題があった。す なわち、 構造が一体物であり、これをワンタッチで逆T状金具に装着するようにせね ばならず精巧に制作する必要がある。 製造段階で多くの労力を有し、結果的にはコスト高になる。 等の問題がある。
【0005】 本考案は、上述した問題点に対処して創作したものであって、その目的とする 処は、構造が簡単で左右のハンガ−プレ−トを逆T字状金具の両側より掛けるだ けでよく、従って一体ではないが、構造が簡単で製造容易であり、それでも、簡 単に逆T字状金具に取付け得て、結果的にはコスト易のフラットデッキ用吊りボ ルトハンガ−を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】
そして、上記課題を解決するための手段としての本考案のフラットデッキ用吊 りボルトハンガ−は、フラットデッキにハンガ−掛け金具を設け、該ハンガ−掛 け金具に吊りボルトハンガ−を装着し、該ハンガ−に吊りボルトを吊り下げるよ うにした吊りボルトハンガ−であって、該ハンガ−掛け金具が、フラットデッキ から逆T字状に垂設された、該逆T字状金具に対して左右からハンガ−プレ−ト を互いに付き合わせて、該逆T字状形金具の水平部に装着することにより吊りボ ルトハンガ−を構成し、該ハンガ−に吊りボルトを吊り下げるようにした構成よ りなる。
【0007】 また、本考案の他のフラットデッキ用吊りボルトハンガ−は、前記考案におい て、左右のハンガ−プレ−トが左右対称で、両側から付き合わせた際の、吊りボ ルト吊り下げ個所に間隙が形成され、この間隙に吊りボルト螺合用ナットを載架 するように構成してある。
【0008】 また、左右のハンガ−プレ−トが略左右対称で、両側から付き合わせた際の、 吊りボルト吊り下げ個所が重合的に接合され、該接合個所に吊りボルト螺合用ナ ットが位置するように構成してある。
【0009】
【作用】
本考案のフラットデッキ用吊りボルトハンガ−は、ハンガ−部材としての左右 のハンガ−プレ−トを手作業によって逆T字状金具の水平部両側に掛けて両部材 を付き合わせれば簡単にハンガ−が構成される。
【0010】 従って、本考案のフラットデッキ用吊りボルトハンガ−によれば、左右対称的 な簡単な構造のプレ−トを用いるだけでハンガ−を構成できるので、製造能率の 良いハンガ−を提供することができるし、引いてはコスト易のハンガ−を得るこ とができる。
【0011】
【実施例】
以下、図面を参照しながら、本考案を具体化した実施例について説明する。こ こに、図1〜図9は、本発明の三つの実施例を示し、図1は本考案の第1の実施 例を示す吊りボルトハンガ−をフラットデッキの逆T字状金具に取付けた状態の 断面正面図、図2(イ)は図1の吊りボルトハンガ−の分解斜視図、図2(ロ) は図2(イ)における右側のハンガ−プレ−トの角度を変えたところの斜視図、 図3は第2の実施例を示し図1同様吊りボルトハンガ−をフラットデッキの逆T 字状金具に取付けた状態の断面正面図、図4はこの第2の実施例の分解斜視図、 図5はボルト挿通孔と吊りボルトとの挿通関係図、図6は第3の実施例を示し図 1同様吊りボルトハンガ−をフラットデッキの逆T字状金具に取付けた状態の断 面正面図、図7は図6の部分拡大断面図、図8は図6の吊りボルトハンガ−の分 解斜視図、図9は図5と同様ボルト挿通孔と吊りボルトとの挿通関係図である。 なお、図において、前記従来技術と対応する個所には同一符号を付した。
【0012】 −実施例1− 本実施例の吊りボルトハンガ−5は、概略すると、左右の相対称形状のハンガ −プレ−ト5a、5bとこれら両プレ−ト間に載架される吊りボルト用ナット6 とから構成されている。
【0013】 ハンガ−プレ−ト5a、5bは図2(イ)に示されるように、左右完全対称で あって、詳しくは、図2(ロ)に示されるようにコ字形プレ−ト51、52を対 置しその下プレ−ト51a、52a前端を溝付きプレ−ト53にて接続した簡単 な構造としてある。また、コ字形プレ−ト51、52の上プレ−ト51b、52 bと下プレ−ト51b、52bの長さは上プレ−ト51b、52bのほうが下プ レ−ト51a、52aより長いように形成してある。
【0014】 吊りボルト用ナット6は、図2(イ)に示されるように、フランジ部6aとナ ット部6bとからなるもので、フランジ部6aは長方形板の両端を下向きに90 度に屈曲されている。そして、その長方形板の幅は溝付きプレ−ト53のその溝 幅と略同寸法としてある。
【0015】 そして、本実施例の吊りボルトハンガ−5は、左右のハンガ−プレ−ト5a、 5bの上プレ−ト51b、52bをフラットデッキ1の逆T字状金具2の水平部 にそれぞれ引っ掛けて載せ、左右のハンガ−プレ−ト5a、5bを付き合わせる ものである。そして、図1で判るように、下プレ−ト51a、52aは、上プレ −ト51b、52bよりも長さが短いので左右の溝付きプレ−ト53、53との 間に間隙が形成される。そこで、この間隙部に、吊りボルト用ナット6を載架、 架設する。
【0016】 従って、本実施例の吊りボルトハンガ−5は、単なるコ字形の左右ハンガ−プ レ−ト5a、5bを両側より付き合わせて逆T字状金具2に載せ、吊りボルト用 ナット6を架設するだけでよいので、構造が簡単にて迅速な施工が可能となるよ うに作用する。
【0017】 −実施例2− 本実施例は、図4〜図5に示すように、概略左右略対称のハンガ−プレ−ト7 a、7bと、右プレ−ト7bに固着されたナット8とから構成されている。そし て、ハンガ−プレ−ト7a、7bは、何れも前述実施例1と同様にコ字形プレ− トであるが、本実施例の場合は、何れか一方のもの、本実施例では図中右に示す ハンガ−プレ−ト7bを左側のハンガ−プレ−ト7aよりも若干相似形状的に小 さくしてある。
【0018】 また、ハンガ−プレ−ト7a、7bのどちらにも言えることであるが、上プレ −ト71b、72bのほうが下プレ−ト71a、72aよりも短く、長めの下プ レ−ト71a、72aの下面は底板9が張設されている。
【0019】 そして、これらハンガ−プレ−ト7aの底板9aには吊りボルト4の挿入孔1 0が穿設され、図5に示すように、たまご形の通常バカ孔(以下バカ孔と言う) と称されるもので、吊りボルト4を挿通した場合は、若干の隙間11ができるよ うに穿設されている。また、ハンガ−プレ−ト7bの底板9bには上記バカ孔1 0に対応し、このバカ孔10と連通するナット孔を有するナット8が固着されて いる。
【0020】 本実施例の吊りボルトハンガ−7は、左右のハンガ−プレ−ト7a、7bの上 プレ−ト71b、72bをフラットデッキ1の逆T字状金具2の水平部にそれぞ れ引っ掛けて載せつつ下側部分は左側のハンガ−プレ−ト7aに右側のハンガ− プレ−ト7bを嵌合して、バカ孔10とナット8のナット孔を連通させるもので ある。これによって、吊りボルトハンガ−7はできあがり、あとは吊りボルトを ナット8に下から螺合すればよい。なお、バカ孔10とナット8の孔がずれて吊 りボルト4の挿通が困難とならないように、ずれ止め防止としてフックを設けた りする手段は適当に採用することができる。
【0021】 従って、構造すこぶる簡単にて、吊りボルト4を吊り下げ両ハンガ−プレ−ト 7a、7bに負荷がかかってプレ−トが開き加減になってもバカ孔10の隙間1 1に吊りボルト4が食い込みそれ以上の開きを防止する。
【0022】 −実施例3− 本実施例は、図6〜図9に示すように、概略左右略対称のハンガ−プレ−ト1 2a、12bと、左プレ−ト12aに固着されたナット13とから構成されてい る。そして、本実施例の場合も構造、作用ともに原則的に実施例2と同様である ので、差異のみを述べると、図で明らかなようにハンガ−プレ−ト12a、12 bにリブ14を設け補強を図ったことと、コ字状の形状が若干極端になったこと 程度である。
【0023】 なお、本考案は、上述した各実施例に限定されるものでなく、本考案の要旨を 変更しない範囲内で変形実施できる構成を含む。
【0024】
【発明の効果】
以上の説明より明らかなように、本考案の吊りボルト支持具によれば、フラッ トデッキにハンガ−掛け金具を設け、該ハンガ−掛け金具に吊りボルトハンガ− を装着し、該ハンガ−に吊りボルトを吊り下げるようにした吊りボルトハンガ− であって、上記ハンガ−掛け金具が、フラットデッキから逆T字状に垂設された 、その逆T字状金具に対して左右からハンガ−プレ−トを互いに付き合わせて逆 T字状金具の水平部に装着することにより吊りボルトハンガ−を構成し、該ハン ガ−に吊りボルトを吊り下げるようにしたフラットデッキ用吊りボルトハンガ− であるので、構造すこぶる簡単で生産性がよく、しかも強度的にも良好で安全迅 速に現場作業が行え、またコスト易にして経済性を向上できるという効果を有す る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の実施例1の吊りボルトハンガ−をフラ
ットデッキの逆T字状金具に取付けた状態の断面正面図
である。
【図2】図2(イ)は図1の吊りボルトハンガ−の分解
斜視図、図2(ロ)は右側のハンガ−プレ−トの角度を
変えたところの斜視図である。
【図3】実施例2の吊りボルトハンガ−をフラットデッ
キの逆T字状金具に取付けた状態の断面正面図である。
【図4】図3の分解斜視図である。
【図5】ボルト挿通孔と吊りボルトとの挿通関係図であ
る。
【図6】実施例3の吊りボルトハンガ−をフラットデッ
キの逆T字状金具に取付けた状態の断面正面図である。
【図7】図6の部分拡大断面図である。
【図8】図6の吊りボルトハンガ−の分解斜視図であ
る。
【図9】図5と同様ボルト挿通孔と吊りボルトとの挿通
関係図である。
【図10】図10(イ)は、従来例の断面図、図10
(ロ)は斜視図である。
【符号の説明】
1・・・デッキ、2・・・溝、3・・・吊りボルトハン
ガ−、4・・・吊りボルト、5・・・吊りボルトハンガ
−、5a・・ハンガ−プレ−ト、5b・・ハンガ−プレ
−ト、51、52・・コ字形プレ−ト、51a、52a
・・下プレ−ト、51b、52b・・上プレ−ト、6・
・・吊りボルト用ナット、7・・・吊りボルトハンガ
−、71a、72a・・下プレ−ト、71b、72b・
・上プレ−ト、8・・・ナット、9a、9b・・底板、
10・・・バカ孔、11・・・隙間、12a、12b・
・ハンガ−プレ−ト、13・・・ナット、14・・・リ

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フラットデッキにハンガ−掛け金具を設
    け、該ハンガ−掛け金具に吊りボルトハンガ−を装着
    し、該ハンガ−に吊りボルトを吊り下げるようにした吊
    りボルトハンガ−であって、該ハンガ−掛け金具が、フ
    ラットデッキから逆T字状に垂設された、該逆T字状金
    具に対して左右からハンガ−プレ−トを互いに付き合わ
    せて、該逆T字状形金具の水平部に装着することにより
    吊りボルトハンガ−を構成し、該ハンガ−に吊りボルト
    を吊り下げるようにしたことを特徴とするフラットデッ
    キ用吊りボルトハンガ−。
  2. 【請求項2】 左右のハンガ−プレ−トが左右対称で、
    両側から付き合わせた際の吊りボルトの吊り下げ個所に
    間隙が形成され、該間隙に吊りボルト螺合用ナットを載
    架するものである請求項1に記載のフラットデッキ用吊
    りボルトハンガ−。
  3. 【請求項3】 左右のハンガ−プレ−トが略左右対称
    で、両側から付き合わせた際の吊りボルトの吊り下げ個
    所が重合的に接合され、該接合個所に吊りボルト螺合用
    ナットが位置するものである請求項1に記載のフラット
    デッキ用吊りボルトハンガ−。
JP5773092U 1992-07-25 1992-07-25 フラットデッキ用吊りボルトハンガー Pending JPH0614361U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5773092U JPH0614361U (ja) 1992-07-25 1992-07-25 フラットデッキ用吊りボルトハンガー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5773092U JPH0614361U (ja) 1992-07-25 1992-07-25 フラットデッキ用吊りボルトハンガー

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0614361U true JPH0614361U (ja) 1994-02-22

Family

ID=13064043

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5773092U Pending JPH0614361U (ja) 1992-07-25 1992-07-25 フラットデッキ用吊りボルトハンガー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0614361U (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS48103243U (ja) * 1972-03-07 1973-12-03
JPS4950140U (ja) * 1972-08-08 1974-05-02
JPS4996141U (ja) * 1972-12-12 1974-08-20
JPS5118016Y1 (ja) * 1970-07-22 1976-05-14

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5118016Y1 (ja) * 1970-07-22 1976-05-14
JPS48103243U (ja) * 1972-03-07 1973-12-03
JPS4950140U (ja) * 1972-08-08 1974-05-02
JPS4996141U (ja) * 1972-12-12 1974-08-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3907445A (en) Self-aligning joist hanger for structural steel framing
US4448004A (en) Channel and cut-out structure for removeable partition wall
US10487500B2 (en) Clip and method of using the clip to mount a furring channel on an elongated load bearing member of a drywall grid system
JPH0614361U (ja) フラットデッキ用吊りボルトハンガー
US3749346A (en) Saddle clip for hanging light fixtures
JPH0741768Y2 (ja) 天井枠の吊り下げ構造
JPH078690Y2 (ja) 天井材取付用金具
JPH06346985A (ja) チャンネル材用ハンガー
JP2004197471A (ja) ハンガー部材
JP3093623B2 (ja) 天井材取付用金具
JP3156034B2 (ja) プレハブ式冷蔵庫等における天井補強部材の吊り金具
JPH0782828A (ja) 吊杆に対する横架材の連結金具並びにこれを用いた連結装置及び横架材への開口形成工法
JP3166045B2 (ja) 天井構造
JPH0821028A (ja) 建築用形鋼の中間部に対する連結金具
JPH0734987Y2 (ja) 天井用バーの吊り下げ構造
JP2548954Y2 (ja) 変圧器の取付板
JP2580226Y2 (ja) 外壁パネル
JP2547780Y2 (ja) ケーブルラック座金
JP2568635Y2 (ja) 天井パネル支持構造
JP3023552U (ja) 下地材支持ハンガー留め金具
JP3622571B2 (ja) システム天井のユニット組立構造
JPH0729123U (ja) 天井パネル支持構造
JPH0633540A (ja) 天井バーの吊持構造
JPH05222793A (ja) デッキ用天井ハンガー
JPH0587113U (ja) 住宅等における角形部材の固定金具