JPH06346985A - チャンネル材用ハンガー - Google Patents

チャンネル材用ハンガー

Info

Publication number
JPH06346985A
JPH06346985A JP5158097A JP15809793A JPH06346985A JP H06346985 A JPH06346985 A JP H06346985A JP 5158097 A JP5158097 A JP 5158097A JP 15809793 A JP15809793 A JP 15809793A JP H06346985 A JPH06346985 A JP H06346985A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hooking
channel
hanger
hanging
bolt
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5158097A
Other languages
English (en)
Inventor
Norio Hashirayama
紀雄 柱山
Original Assignee
Norio Hashirayama
紀雄 柱山
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Norio Hashirayama, 紀雄 柱山 filed Critical Norio Hashirayama
Priority to JP5158097A priority Critical patent/JPH06346985A/ja
Publication of JPH06346985A publication Critical patent/JPH06346985A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 吊りボルトを挿通させることなく吊りボルト
に係止させうるチャンネル材用ハンガーを提供する。 【構成】 薄板材2の下部を上方に折返し、上側開放の
コ字状に成形してチャンネル材嵌合部3を形成し、チャ
ンネル材嵌合部3の内側にチャンネル材7を嵌合させて
支承すると共に、コンクリート天井壁4から吊り下げら
れる吊りボルト5に係止されるための吊りボルト係止部
6を有するチャンネル材用ハンガー1において、上記薄
板材2の外側面部8に上記吊りボルト5の螺子に引掛か
るような引掛手段9を上部と下部とにそれぞれ設けて上
部引掛手段10と下部引掛手段11とを形成し、それら
上部引掛手段10と下部引掛手段11とが吊りボルト5
を上下対角的に両外側より挟むよう上記吊りボルト係止
部6を形成し、上記チャンネル材嵌合部3が下方に引っ
張られた際にそれら上部引掛手段10と下部引掛手段1
1とが吊りボルト5を互いに咬止するようにして吊りボ
ルト5に係止されるものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、チャンネル材用ハンガ
ーに係り、特に、吊りボルトの側方より係止させ得るよ
う改良されたチャンネル材用ハンガーに関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】一般に、コンクリート天井壁と天井ボー
ド壁とから構成される二重天井構造にあっては、図5に
示すように、コンクリート天井壁4から所定間隔で吊り
ボルト5が吊り下げられ、これら吊りボルト5間を掛け
渡されてハンガー1を介してチャンネル材7(所謂親バ
ー)が支持される。このチャンネル材7の直下にバー部
材21がクリップ22によって係止され、バー部材21
の下面部に天井ボード壁17がネジ止めされて二重天井
構造Aが形成されることになる。
【0003】上記したハンガー1は、薄板材2で構成さ
れ、薄板材2の下部を上方にコ字状に折返して形成され
るチャンネル材嵌合部3と、コンクリート天井壁4から
吊り下げられる吊りボルト5に係止されるための吊りボ
ルト係止部6を有している。吊りボルト係止部6は、薄
板材2の上部をチャンネル材嵌合部3の反対側に略直角
に折曲げられて形成されると共に、吊りボルト5が挿通
される吊りボルト挿通孔23を有する。そこで、チャン
ネル材嵌合部3にはチャンネル材7が嵌合されて支承さ
れると共に、吊りボルト挿通孔23に吊りボルト5が挿
通されナット20に挟持されてハンガー1が吊りボルト
5に係止される。
【0004】一方、上記した吊りボルト5、ハンガー1
及びチャンネル材7の組み合わせによる支持材に支持さ
せて埋込型照明器具16を取付ける場合がある。この場
合、照明器具16は天井ボード壁17の開口部24に合
わせて取付けられることになるが、その方法としては図
示するように、開口部24付近のコンクリート天井壁4
から吊りボルト5を所定の間隔を隔てて吊り下げ、これ
ら吊りボルト5の下部にハンガー1を固定し、チャンネ
ル材7をチャンネル材嵌合部3に嵌合させる。次いで、
下部にボルトねじ孔27を有する引掛金具18を照明器
具16のボルト孔25の位置に合わせてチャンネル材7
に係止させ、所定の長さに切断されたボルト26をボル
トねじ孔27に螺合し、上方よりボルト26をボルト孔
25に挿通させつつ照明器具16を開口部24に合わせ
て下からあてがい、照明器具16の下方よりワッシャ1
9を介してナット20をボルト26に締め付けて天井ボ
ード壁17に押さえ付けるようにして照明器具16を取
付ける。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上記した埋
込型照明器具の取付けに際しては、以下に述べるような
問題を有している。
【0006】(1) 天井ボード壁の上部空間、つまり天井
裏には空調用ダクトやファンコイルユニット等の比較的
大型の設備機器が多数存在しており、開口部上には隙間
が少ないことが多い。特に、照明器具の増設の際にはこ
のことが発生する。そこで、開口部より比較的遠方のコ
ンクリート天井壁より吊りボルトを新たに吊り下げ、長
いチャンネル材を用いるかあるいはチャンネル材を複雑
に組み合わせて支持物を形成し、この支持物に支持させ
て照明器具を取付けていた。しかし、この作業は狭い場
所での作業となり煩雑であった。
【0007】(2) 一方、天井裏の開口部付近には天井ボ
ード壁を支持する、又は設備機器等を支持する吊りボル
トが存在するが、これらはその下部にハンガー乃至設備
機器等が取付けられており、従来のハンガーは吊りボル
トが挿通されて支持される構造となっていることから挿
通不可能であり、これら吊りボルトを照明器具を支持さ
せる目的に利用することはできなかった。
【0008】そこで本発明者はこの点に着目してこのよ
うな吊りボルトをも利用できるようなハンガーを創案
し、その目的とは、吊りボルトを挿通させることなく吊
りボルトに係止させうるチャンネル材用ハンガーを提供
することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明は、薄板材の下部を上方に折返してチャンネル
材を嵌合させるべくチャンネル材嵌合部を形成すると共
に、コンクリート天井壁から吊り下げられる吊りボルト
に係止するための吊りボルト係止部を形成したチャンネ
ル材用ハンガーにおいて、上記吊りボルトに少なくとも
上下方向に引掛かるような上部引掛手段と下部引掛手段
とを、その吊りボルトを上下対角的に両外側より挟むよ
う上記薄板材の外側面部に配設することによって上記吊
りボルト係止部を形成し、上記チャンネル材嵌合部が下
方に引っ張られた際にそれら上部引掛手段と下部引掛手
段とが吊りボルトを互いに咬止するようにして吊りボル
トに係止されるものである。
【0010】
【作用】チャンネル材嵌合部の内側にチャンネル材を嵌
合させて支承させ、そのチャンネル材に支持させて照明
器具を天井ボード壁に押さえ付けるようにして取付け
る。すると、チャンネル材嵌合部に下向きの引張力が作
用し、その引張力が上部引掛手段を支点とした回転力に
変換され、その回転力によって上部引掛手段と下部引掛
手段とが吊りボルトを互いに咬止するようにして吊りボ
ルトに係止されるものである。
【0011】
【実施例】以下本発明の好適一実施例を添付図面に基づ
いて詳述する。
【0012】図1に示すように、ハンガー1は、菱形の
薄板材2の下部を上方に折返し、上側開放のコ字状に成
形して形成されるチャンネル材嵌合部3と、コンクリー
ト天井壁4から吊り下げられる吊りボルト5に係止され
るための吊りボルト係止部6とを有している。
【0013】吊りボルト係止部6は、吊りボルト5の螺
子に少なくとも上下方向に引掛かるような上部引掛手段
10と下部引掛手段11とが、吊りボルト5を上下対角
的に両外側より挟むよう薄板材2の外側面部8に配設さ
れることによって形成される。また、このような上部引
掛手段10と下部引掛手段11としては、具体的には吊
りボルト5に相応する螺子を有した所定の厚さのナット
部材12を直径方向に略二分割し、それら二分割された
ナット部材12、12の螺子を横方向に向かい合わせて
薄板材2の外側面部8に上下対角的に配設することによ
って形成される。
【0014】チャンネル材嵌合部3は、その内底面13
の重心位置(図示例の場合、内底面13の形状は矩形状
で、重心位置は幾何学的なセンターとなる)が、上部引
掛手段10と吊りボルト5との当接部より下部引掛手段
11が設けられる側の横方向にオフセットされて形成さ
れる(図2のX)。またその折り返し幅は、断面が横側
開放のコ字状に成形されるチャンネル材7の横幅と略等
しく形成される。さらに、上記のように折返された上端
縁部14は、若干外側に折曲げられてチャンネル材7が
嵌合されることを容易にしている。
【0015】外側面部8には、上部引掛手段10と下部
引掛手段11とが互いに吊りボルト5の螺子に引掛かっ
て上下に動かぬようにされた際に、吊りボルト5をロッ
クしてこれと相対的に動かぬようにすべく落下止手段1
5が設けられている。この落下止手段15としては、上
部引掛手段10と下部引掛手段11との間で薄板材2を
切り欠いて外側に僅かに折曲げて形成される。
【0016】次に本実施例の作用について述べる。
【0017】図5に示すように、照明器具16の増設等
に際して、天井ボード壁17を支持するためにコンクリ
ート天井壁4より吊り下げられる吊りボルト5の下部に
は従来式のハンガー1が固定されている。そこでこの吊
りボルト5の略中間部、且つ照明器具16が設けられる
位置に近接して作業が容易な位置に存在する吊りボルト
5に本発明にかかる上記ハンガー1を取付けることにな
る。
【0018】図1を参照して、まずハンガー1の上部引
掛手段10と下部引掛手段11との間に、ハンガー1を
斜めにして吊りボルト5を位置させる。そして、上部引
掛手段10と下部突片部材11とが吊りボルト5を互い
に咬止するようハンガー1を回転させる。すると、これ
ら上部引掛手段10と下部引掛手段11とが吊りボルト
5を互いに軽く咬止して引っ掛かると共に、出張りとな
ってスプリング様の落下止手段15が当接して一旦回転
させにくくなる。さらにハンガー1を回転させれば、落
下止手段15が内側に弾性変形して引っ込み、さらにハ
ンガー1を回転させると、上部引掛手段10と下部引掛
手段11とが吊りボルト5を完全に咬止すると共に、落
下止手段15が再び出張り、吊りボルト5を完全にロッ
クする。この時、上部引掛手段10と下部引掛手段11
とはナット部材12、12であり、それらの螺子が吊り
ボルト5の螺子と噛み合うと共に、落下止手段15によ
り吊りボルト5がロックされて回転不可能となっている
ので、ハンガー1が吊りボルト5から滑って、あるいは
逆に回転して外れることはない。
【0019】そこで従来同様に(図5参照)、このハン
ガー1にチャンネル材7を嵌合させて掛け渡し、照明器
具16を天井ボード壁17に押さえ付けるようにして取
付ける。すると図2に示すように、チャンネル材嵌合部
3に下向きの引張力Gが作用し、ハンガー1の上部引掛
手段10と下部引掛手段11とが吊りボルト5の螺子溝
に引っ掛かってハンガー1が下方に移動できないことか
ら、挺子の原理の如くその引張力Gが上部引掛手段10
を支点とした回転力Rに変換され、その回転力Rによっ
て上部引掛手段10と下部引掛手段11とが吊りボルト
5を互いに強力に咬止し、このことによってハンガー1
を吊りボルト5に係止させ、同時に照明器具16ないし
他の重量物をも取付けることができる。この時、引張力
Gが強いほど、また内底面13のオフセットXを大きく
するほど吊りボルト5を咬止する力を強めることができ
る。
【0020】次に、変形実施例について述べる。
【0021】図3に示すように、この実施例では上部引
掛手段10と下部引掛手段11とが薄板材2の外側面部
8を外方に直角に折曲げて形成されている。このように
外側面部8に形成された上部鍔部28と下部鍔部29と
には、吊りボルト5に向かって対向するように半円状に
くり抜かれて形成された螺子溝引掛部30,30を有し
ている。螺子溝引掛部30は吊りボルト5の螺子溝に引
っ掛かりやすくなるよう略刃状に形成される。また図4
に示すように、下部鍔部29の螺子溝引掛部30は半円
よりややh分だけ円に近くなるように突出部31が設け
られ、これによって落下止手段15が形成されている。
よって、吊りボルト5を下部鍔部29の螺子溝引掛部3
0に形成された半円に入れれば、吊りボルト5を完全に
ロックすることが可能となる。このことによっても上記
同様に、ハンガー1を吊りボルト5に係止させることが
可能となる。
【0022】上記構成によるハンガー1にあっては、図
2に示すような挺子の原理を応用したものである。よっ
て、図示するように、内底面13と上部引掛手段10と
の水平距離Xを大きくとればとるほど吊りボルト5を咬
止する力は強めることが可能となる。尚、上部引掛手段
10と下部引掛手段11とは、吊りボルト5に対して上
下方向に動かぬよう吊りボルト5の螺子溝に引っ掛かる
構造のものであれば何でもよい。同様に、落下止手段1
5も吊りボルト5をロックすることができる構造のもの
であれば何でもよく、吊りボルト5を包むようなスプリ
ングを設けてもよい。
【0023】
【発明の効果】以上詳述したことから明らかなように、
本発明によれば次のような優れた効果を発揮する。
【0024】(1)吊りボルトを挿通させることなく吊
りボルトの側方より係止させることができるので、天井
裏のあらゆる吊りボルトを利用して照明器具等の重量物
を支持させることができる。このことによって、作業の
大幅な簡略化が達成できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明にかかるチャンネル材用ハンガーの一実
施例を示す斜視図である。
【図2】本発明にかかるチャンネル材用ハンガーの作用
原理を示す図である。
【図3】本発明にかかるチャンネル材用ハンガーの変形
実施例を示す斜視図である。
【図4】チャンネル材用ハンガーの変形実施例の上部引
掛手段と下部引掛手段とを示す要部拡大斜視図である。
【図5】従来例を示す斜視図である。
【符号の説明】
1 ハンガー 2 薄板材 3 チャンネル材嵌合部 4 コンクリート天井壁 5 吊りボルト 6 吊りボルト係止部 7 チャンネル材 8 外側面部 9 引掛手段 10 上部引掛手段 11 下部引掛手段 12 ナット部材 15 落下止手段

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 薄板材の下部を上方に折返してチャンネ
    ル材を嵌合させるべくチャンネル材嵌合部を形成すると
    共に、コンクリート天井壁から吊り下げられる吊りボル
    トに係止するための吊りボルト係止部を形成したチャン
    ネル材用ハンガーにおいて、上記吊りボルトに少なくと
    も上下方向に引掛かるような上部引掛手段と下部引掛手
    段とを、その吊りボルトを上下対角的に両外側より挟む
    よう上記薄板材の外側面部に配設することによって上記
    吊りボルト係止部を形成し、上記チャンネル材嵌合部が
    下方に引っ張られた際にそれら上部引掛手段と下部引掛
    手段とが吊りボルトを互いに咬止するようにして吊りボ
    ルトに係止されるよう構成されたことを特徴とするチャ
    ンネル材用ハンガー。
  2. 【請求項2】 上記吊りボルトに相応する螺子を有した
    所定の厚さのナット部材を直径方向に略二分割し、それ
    ら二分割されたそれぞれのナット部材を、それらの螺子
    を横方向に向かい合わせて上記薄板材の外側面部に上下
    対角的に配設することによって上記上部引掛手段と下部
    引掛手段とを形成した請求項1記載のチャンネル材用ハ
    ンガー。
  3. 【請求項3】 上記薄板材の外側面部にその上部と下部
    とを折曲げて上部鍔部と下部鍔部とを形成し、これら上
    部鍔部と下部鍔部とに螺子溝引掛部を形成することによ
    って上記上部引掛手段と下部引掛手段とを形成した請求
    項1記載のチャンネル材用ハンガー。
  4. 【請求項4】 上記チャンネル材嵌合部が、その内底面
    重心位置を上部引掛手段と吊りボルトとの当接部より下
    部引掛手段が設けられる側の横方向にオフセットさせて
    形成された請求項1記載のチャンネル材用ハンガー。
  5. 【請求項5】 上部引掛手段と下部引掛手段とが互いに
    吊りボルトの螺子に引掛かって上下に動かぬようにされ
    た際に、吊りボルトをロックしてこれと相対的に動かぬ
    よう落下止手段を設けたことを特徴とする請求項1記載
    のチャンネル材用ハンガー。
JP5158097A 1993-06-04 1993-06-04 チャンネル材用ハンガー Pending JPH06346985A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5158097A JPH06346985A (ja) 1993-06-04 1993-06-04 チャンネル材用ハンガー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5158097A JPH06346985A (ja) 1993-06-04 1993-06-04 チャンネル材用ハンガー

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06346985A true JPH06346985A (ja) 1994-12-20

Family

ID=15664243

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5158097A Pending JPH06346985A (ja) 1993-06-04 1993-06-04 チャンネル材用ハンガー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06346985A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007016970A (ja) * 2005-07-11 2007-01-25 Mirai Ind Co Ltd ボルト体の垂設補助具
JP2007024197A (ja) * 2005-07-19 2007-02-01 Mirai Kk 長尺材支持具
JP2007024196A (ja) * 2005-07-19 2007-02-01 Mirai Kk 長尺材支持具
JP2009270699A (ja) * 2008-05-12 2009-11-19 Mirai Ind Co Ltd 支持取着具

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS547353U (ja) * 1977-06-20 1979-01-18
JPH0560272A (ja) * 1991-08-29 1993-03-09 Kyokuto Kogyo Kk 配管用支持具における保持体

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS547353U (ja) * 1977-06-20 1979-01-18
JPH0560272A (ja) * 1991-08-29 1993-03-09 Kyokuto Kogyo Kk 配管用支持具における保持体

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007016970A (ja) * 2005-07-11 2007-01-25 Mirai Ind Co Ltd ボルト体の垂設補助具
JP4612490B2 (ja) * 2005-07-11 2011-01-12 未来工業株式会社 ボルト体の垂設補助具
JP2007024197A (ja) * 2005-07-19 2007-02-01 Mirai Kk 長尺材支持具
JP2007024196A (ja) * 2005-07-19 2007-02-01 Mirai Kk 長尺材支持具
JP4634882B2 (ja) * 2005-07-19 2011-02-23 未来工業株式会社 長尺材支持具
JP2009270699A (ja) * 2008-05-12 2009-11-19 Mirai Ind Co Ltd 支持取着具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3589660A (en) Lighting fixture hanger
US4463537A (en) Clip for suspending ceiling panels
US3612461A (en) Light fixture supporting clip
US20050034402A1 (en) Torsion spring mount for suspended ceiling panels
US5854443A (en) Load supporting electrical box suited for attaching to a joist
US5423507A (en) Bracket for holding ceiling suspended fixtures
US6230464B1 (en) Electrical box hanger
US7243891B2 (en) Mounting bracket, and method therefor
JPH06346985A (ja) チャンネル材用ハンガー
JP4025416B2 (ja) 垂直ボルト係着用支持具
JP3213600B2 (ja) 天井パネルの落下防止ハンガー
JP3390580B2 (ja) 吊金具
JPH10104U (ja) 配管支持具
JPH0673832A (ja) 天井バーの吊持装置
JPH10267348A (ja) 送風機用吊り金具
JPH06240810A (ja) 天井パネル保持金具
JPH0648253Y2 (ja) 吊り形空気調和機の据付装置
KR100218118B1 (ko) 천정패널의 임시고정금구
JPH0614361U (ja) フラットデッキ用吊りボルトハンガー
JPH0673837A (ja) 天井パネルのずれ止め構造
JP2570060Y2 (ja) 天井パネル取付装置
CA2091744C (en) Bracket for holding ceiling suspended fixtures
KR930006915Y1 (ko) 걸고리 판넬용 브라켓
JPH05141696A (ja) 取付装置
JP2002167898A (ja) 天井構造

Legal Events

Date Code Title Description
RD01 Notification of change of attorney

Effective date: 20050601

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20050621

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A073

Effective date: 20050728

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051101

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051110

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060330