JPH05104297A - 順送り加工装置 - Google Patents

順送り加工装置

Info

Publication number
JPH05104297A
JPH05104297A JP3269833A JP26983391A JPH05104297A JP H05104297 A JPH05104297 A JP H05104297A JP 3269833 A JP3269833 A JP 3269833A JP 26983391 A JP26983391 A JP 26983391A JP H05104297 A JPH05104297 A JP H05104297A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tap
worked
stock
machining
workpiece
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3269833A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3285904B2 (ja
Inventor
Shoji Futamura
昭二 二村
Tsutomu Murata
力 村田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Institute of Technology Precision Electrical Discharge Works
Original Assignee
Institute of Technology Precision Electrical Discharge Works
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Institute of Technology Precision Electrical Discharge Works filed Critical Institute of Technology Precision Electrical Discharge Works
Priority to JP26983391A priority Critical patent/JP3285904B2/ja
Priority to TW083111968A priority patent/TW254869B/zh
Priority to EP92117540A priority patent/EP0538725B1/en
Priority to DE69228770T priority patent/DE69228770T2/de
Priority to DE69213156T priority patent/DE69213156T2/de
Priority to EP95116085A priority patent/EP0700736B1/en
Priority to CA002080611A priority patent/CA2080611C/en
Priority to KR1019920019148A priority patent/KR950012389B1/ko
Publication of JPH05104297A publication Critical patent/JPH05104297A/ja
Priority to US08/371,149 priority patent/US5526668A/en
Priority to KR1019950027363A priority patent/KR950012808B1/ko
Priority to US08/538,051 priority patent/US5678446A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3285904B2 publication Critical patent/JP3285904B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 加工コストを低減することができると共に,
機械加工工程を含む製品の寸法精度を向上させ得る順送
り加工装置を提供する。 【構成】 複数の加工手段を備えたカセットを本体に着
脱可能に設けてなる複数個の加工ユニットを,複数の加
工工程に対応させて被加工材の送り方向にmP(mは任
意の正の整数,Pは被加工材の送りピッチ)の間隔に配
設し,被加工材のピッチ送りに対して前記複数の加工工
程を前記複数個の加工ユニットにより順次実施するよう
に構成した順送り加工装置において,任意の加工ユニッ
トの中間部に、機械加工手段を被加工材に対して近接離
脱可能に設ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は,例えば被加工材に打抜
き,曲げ絞り等の加工を行なう場合に,1組の装置の中
で各工程の加工を行ない,順次次の工程に被加工材をピ
ッチ送りして加工を追加して進め,最終工程で加工を完
了させる順送り加工装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来,鋼板等の構造材料からなる板材に
打抜き,曲げ絞り,圧縮等の成形加工をすることによっ
て,所定の形状の板金製品を製作する場合には,数工程
を経由するのが通常である。このような板金製品の製作
数量が多い場合には,1個の加工用金型の中で各工程若
しくはステージの加工を個々に行ない,順次に次のステ
ージへ被加工材を送って加工を追加して進め,最終ステ
ージで加工を完了させる手段が採用されている。このよ
うな加工用金型を順送り型と称しており,例えばプレス
の1スタンプ毎に1個の板金製品を得ることができるた
め,極めて高能率であるという利点がある。
【0003】上記従来の順送り加工用金型においては,
生産速度が高く,被加工材を投入後加工完了までの納期
が短いと共に,プレス加工の途中工程における仕掛りが
少なく,小人数による多量生産が可能であるという長所
を有する反面において,下記のような問題点がある。す
なわち1個の金型中に複数対のパンチ・ダイを組込む構
造であるため,金型構造が極めて複雑となり,高精度の
金型製作技術を必要とすると共に,製作期間が長大化
し,製作費用が多額になる。
【0004】また金型の部分的破損,修理,調整に際し
ても,金型全体を分解する必要があり,これらの作業が
煩雑であるため,多大の時間と工数を必要とする。更に
多品種少量生産において,被加工品の形状,寸法が若干
でも異なるときに,その都度専用の金型を製作する形態
を採用した場合には,金型費が割高になり,近年次第に
その要請が高まってきている所謂FMS生産方式に応え
ることができないという問題点がある。
【0005】このような問題点を解決するために,本出
願人は,すでに構造が簡単であり,かつ部分的調整その
他を容易に行ない得る順送り加工装置についての出願を
行なっている(例えば特願平2−121760号,同2
−121761号等)。本発明は,これらの改良発明を
前提として更に改良を加えたものである。
【0006】図1は本発明の前提である順送り加工装置
の例を示す要部斜視図である。図1において,100〜
500は夫々加工ユニットであり,ベース1上に被加工
材(図示せず)の送り方向に例えば2P(Pは被加工材
の送りピッチ)の間隔に配設する。これらの加工ユニッ
ト100〜500には複数の加工工程に対応する夫々1
対のパンチおよびダイを設けてあるが,加工ユニット1
00を例にとってその構成を説明する。101は本体で
あり,略U字状に形成し,下端部に鳩尾状のあり102
を一体に設け,ベース1に設けたあり溝103と係合さ
せることによって被加工材の送り方向に移動調整可能,
かつ被加工材の送り方向と直角方向の移動拘束可能に形
成する。104は移動調整装置,105はクランプ装置
である。106は油圧シリンダであり,本体101の上
端部に設ける。107は位置測定装置であり,油圧シリ
ンダ106の側面部に設ける。
【0007】次に108はカセットであり,略U字状に
形成し,上部にパンチ若しくはダイ(何れも図示せず)
を上下動可能に設けると共に,下部に上記パンチ若しく
はダイと対をなすダイ若しくはパンチ(何れも図示せ
ず)を設け,本体101に着脱可能に設ける。カセット
108の位置決めは,加工ユニット300において図示
するように,位置決め部材309,310との係合によ
って行なう。111はクランプねじである。すなわちカ
セット108を位置決め部材(図示せず,加工ユニット
300における符号309,310参照)を介して本体
101に装着することによって所定の位置決めを行ない
得ると共に,クランプねじ111の緊締によってその位
置を固定し得る構成となっている。カセット108の固
定後,油圧シリンダ106の作動桿(図示せず)と前記
上下動可能に設けたパンチ若しくはダイとを連結する。
【0008】図2は被加工材の加工状態を示す要部説明
図であり,(a) は平面を示し,(b)は断面を示してお
り,同一部分は前記図1と同一の参照符号で示す。図2
において2は被加工材であり,矢印方向にピッチPで間
欠的にピッチ送りされる。すなわち前記図1において,
カセット108(他のカセットにおいても同様)に設け
た1対のパンチとダイとの間隙をピッチ送りされる。図
1および図2においては,加工ユニット100〜500
は夫々パイロット孔3の加工工程,円弧状の切込み4の
加工工程,第1ないし第3の絞り加工工程に対応するよ
うに形成してある。
【0009】まず加工ユニット100には,パイロット
孔3を穿設するパンチおよびダイを備えると共に,被加
工材2の送り方向下流側Pの位置に前記パイロット孔3
に係合するガイド(図示せず)を備えてある。従って加
工ユニット100が作動する毎にパイロット孔3が順次
穿設されると共に,穿設されたパイロット孔3にガイド
が係合し,被加工材2の非所望な位置ずれを防止し,精
度を保持することができる。
【0010】次に加工ユニット200においては,円弧
状の切込み4が加工される。そして加工ユニット300
においては第1の絞り加工が行なわれ,被加工材2に椀
状の突起5が形成されると共に,前記円弧状の切込み4
はその幅を拡げて円弧状の溝6に変化する。更に加工ユ
ニット400においては,第2の絞り加工とフランジ孔
7の加工が行なわれ,突起5の高さが増大する。加工ユ
ニット500においては第3の絞り加工が行なわれ,突
起5の高さを所定の寸法に形成する。以後図示省略した
が縁切り加工その他の加工を行ない,所定の椀状の板金
製品が得られるのである。なお加工ユニット200〜5
00においても,パイロット孔3と係合するガイドを設
けることにより,所定の精度を確保するための位置決め
が行なわれることは勿論である。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】上記構成の順送り加工
装置によれば,従来の順送り金型と比較して構造が簡単
であると共に,製作も容易であり,多品種少量生産にお
いても高能率の加工ができる利点を有するが,下記のよ
うな問題点がある。
【0012】すなわち従来の順送り加工装置において
は,被加工材は通常帯板状のものが対象であることか
ら,曲げ,絞り,打抜き,孔抜き等の所謂板金加工工程
を主とするものが多い。従って製品の一部に例えばねじ
穴等を有するものであっても,順送り加工工程に含める
ことが困難であり,順送り加工工程完了後において,改
めてねじ穴等の機械加工を行っているのが通常であり,
コスト高となるという問題点がある。
【0013】一方順送り加工によって得られる製品は,
一般に小物が多く,しかも連続的に生産されるものであ
るため,1ロット内の数量が大であることが多い。この
ような大量の製品に対して改めてねじ穴加工すること
は,専用の加工治具を必要とするのみならず,製品の取
付け,取外しのための余剰の時間と工数を必要とするた
め,加工コストが嵩むのみならず,基準面のバラツキが
影響してねじ穴等の寸法精度を向上させることが困難で
あるという問題点も併存する。
【0014】本発明は上記問題点を解決し,加工コスト
を低減することができると共に,ねじ穴等の機械加工工
程を含む製品の寸法精度を向上させ得る順送り加工装置
を提供することを目的とする。
【0015】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に,本発明においては,複数の加工手段を備えたカセッ
トを本体に着脱可能に設けてなる複数個の加工ユニット
を,複数の加工工程に対応させて被加工材の送り方向に
mP(mは任意の正の整数,Pは被加工材の送りピッ
チ)の間隔に配設し,被加工材のピッチ送りに対して前
記複数の加工工程を前記複数個の加工ユニットにより順
次実施するように構成した順送り加工装置において,任
意の加工ユニットの中間部に,機械加工手段を被加工材
に対して近接離脱可能に設ける,という技術的手段を採
用した。
【0016】本発明における機械加工手段としては,め
ねじ加工,おねじ加工を初めとして,穴あけ,皿もみ,
面取り,座ぐり,かしめ,刻印等が含まれる。
【0017】
【作用】上記の構成により,製品となるべき部位が帯板
状若しくはフープ状の被加工材中に存在する状態で機械
加工が施されることになり,加工工数が低減されると共
に,寸法精度を向上させることができるのである。
【0018】
【実施例】図3は本発明の実施例を示す要部断面図であ
る。図3において,50はねじ切りユニットであり,前
記図1に示す加工ユニット100〜500若しくはカセ
ット108他と同様に形成し,ベース1上に直接的に若
しくは本体101他を介して設ける。なお設置位置は,
任意の加工ユニットの中間部に各々mPの間隔を介した
位置とする。51はカセットベースであり,例えば箱型
に形成し,上端部にテーブル52を介して主軸ユニット
53を支持する。テーブル52は調整ねじ54を介し
て,カセットベース51上を左右移動可能に形成する。
55は調整ハンドルであり,調整ねじ54を回転させる
ためのものである。
【0019】次に56はマスターねじナットであり,テ
ーブル52に固着し,マスターねじ57を螺合させる。
58は主軸モータであり,出力軸59に設けたカップリ
ング60を介してマスターねじ57と連結する。すなわ
ちカップリング60に軸方向に溝61を設け,マスター
ねじ57の上端部に設けたピン62を溝61と摺動可能
に係合させる。63は位置検出用ドッグ,64は上限検
出リミット,65は下限検出リミットである。66はタ
ップホルダーであり,マスターねじ57の下端部に設
け,タップ67を着脱可能に保持する。68は材料押え
であり,タップホルダー66に相対回転可能に設ける。
69はバッキングプレートであり,カセットベース51
の下部に設け,材料ガイド70を支持する。材料ガイド
70は断面を逆L字形に形成し,被加工材2を紙面と直
角方向に移動可能にガイドする。
【0020】上記の構成により次に作用について説明す
る。図3において主軸モータ58を回転させると,カッ
プリング60およびピン62を介してマスターねじ57
が回転し,タップホルダー66に保持された材料押え6
8およびタップ67が下降する。材料押え68が被加工
材2の表面に当接すると材料押え68は回転を停止し,
ばね71の反発力によって被加工材2をバッキングプレ
ート69に押圧する。タップ67は更に下降を続け,被
加工材2にねじ穴(図示せず)を穿設する。タップ67
によるねじ穴加工が終了すると,位置検出用ドッグ63
が下限検出リミット65を作動させ,主軸モータ58が
逆転し,マスターねじ57が上昇する。この間材料押え
68は被加工材2を押圧し続け,タップ67が被加工材
2から抜去された後,タップホルダー66と共に上昇す
る。位置検出用ドッグ63が上限検出リミット64を作
動させると,主軸モータ58が停止し,ねじ穴加工を終
了し,被加工材2が所定距離ピッチ送りされ,次のねじ
穴加工を繰り返す。
【0021】本実施例においてはタップによるめねじ加
工の例について説明したが,被加工材の突起部に対する
おねじ加工についても同様に適用できる。またマスター
ねじおよびマスターねじナットを除去して,適宜の送り
手段若しくは押圧手段を設けることにより,ドリルによ
る穴あけを初めとして,皿もみ,面取り,座ぐり,かし
め,刻印等の他の機械加工も行い得る。
【0022】
【発明の効果】本発明は以上記述のような構成および作
用であるから,下記の効果を奏し得る。 (1) 被加工材の順送り加工工程において機械加工を併行
して行ない得るため,加工能率が高く,コスト低減が可
能である。 (2) 製品とした後の機械加工と比較して,加工治具を製
作する必要がないのみならず,取付け,取外しのための
余剰な時間と工数が節減できると共に,寸法精度を向上
させ得る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の前提である順送り加工装置の例を示す
要部斜視図である。
【図2】被加工材の加工状態を示す要部説明図であり,
(a) は平面を示し,(b) は断面を示す。
【図3】本発明の実施例を示す要部断面図である。
【符号の説明】
100,200,300,400,500 加工ユニッ
ト 51 カセットベース 57 マスターねじ 58 主軸モータ 67 タップ
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成3年10月24日
【手続補正1】
【補正対象書類名】図面
【補正対象項目名】図1
【補正方法】変更
【補正内容】
【図1】

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数の加工手段を備えたカセットを本体
    に着脱可能に設けてなる複数個の加工ユニットを,複数
    の加工工程に対応させて被加工材の送り方向にmP(m
    は任意の正の整数,Pは被加工材の送りピッチ)の間隔
    に配設し,被加工材のピッチ送りに対して前記複数の加
    工工程を前記複数個の加工ユニットにより順次実施する
    ように構成した順送り加工装置において,任意の加工ユ
    ニットの中間部に,機械加工手段を被加工材に対して近
    接離脱可能に設けたことを特徴とする順送り加工装置。
JP26983391A 1981-10-18 1991-10-18 順送り加工装置 Expired - Lifetime JP3285904B2 (ja)

Priority Applications (11)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26983391A JP3285904B2 (ja) 1991-10-18 1991-10-18 順送り加工装置
TW083111968A TW254869B (ja) 1991-10-18 1992-10-03
DE69228770T DE69228770T2 (de) 1991-10-18 1992-10-14 Index-Vorschubsystem
DE69213156T DE69213156T2 (de) 1991-10-18 1992-10-14 Index-Vorschubsystem
EP95116085A EP0700736B1 (en) 1991-10-18 1992-10-14 Index-feed machining system
EP92117540A EP0538725B1 (en) 1991-10-18 1992-10-14 Index-feed machining system
CA002080611A CA2080611C (en) 1991-10-18 1992-10-15 Index-feed machining system
KR1019920019148A KR950012389B1 (ko) 1991-10-18 1992-10-16 순차 이송 가공 장치
US08/371,149 US5526668A (en) 1991-10-18 1995-02-21 Index-feed machining system
KR1019950027363A KR950012808B1 (ko) 1981-10-18 1995-08-25 순차 이송 가공 장치
US08/538,051 US5678446A (en) 1991-10-18 1995-10-02 Index-feed machining system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26983391A JP3285904B2 (ja) 1991-10-18 1991-10-18 順送り加工装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05104297A true JPH05104297A (ja) 1993-04-27
JP3285904B2 JP3285904B2 (ja) 2002-05-27

Family

ID=17477819

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26983391A Expired - Lifetime JP3285904B2 (ja) 1981-10-18 1991-10-18 順送り加工装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3285904B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6519831B2 (en) 2000-02-15 2003-02-18 Institute Of Technology Precision Electrical Discharge Work's Progressive processing device
JP2004268247A (ja) * 2002-10-28 2004-09-30 Amada Co Ltd タッピング方法及びタッピング装置並びにパンチプレス
CN1327984C (zh) * 2005-07-13 2007-07-25 兰州理工大学 一种冲压复合模具
CN1327985C (zh) * 2005-07-19 2007-07-25 兰州理工大学 一种复合冲压模具
KR101008388B1 (ko) * 2008-11-27 2011-01-14 신생공업 (주) 예비성형체의 나사가공 방법 및 그 장치
CN114523159A (zh) * 2022-04-22 2022-05-24 南通鑫隆欣精密模具有限公司 一种高品质铝合金螺旋盖的制造设备

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6519831B2 (en) 2000-02-15 2003-02-18 Institute Of Technology Precision Electrical Discharge Work's Progressive processing device
JP2004268247A (ja) * 2002-10-28 2004-09-30 Amada Co Ltd タッピング方法及びタッピング装置並びにパンチプレス
CN1327984C (zh) * 2005-07-13 2007-07-25 兰州理工大学 一种冲压复合模具
CN1327985C (zh) * 2005-07-19 2007-07-25 兰州理工大学 一种复合冲压模具
KR101008388B1 (ko) * 2008-11-27 2011-01-14 신생공업 (주) 예비성형체의 나사가공 방법 및 그 장치
CN114523159A (zh) * 2022-04-22 2022-05-24 南通鑫隆欣精密模具有限公司 一种高品质铝合金螺旋盖的制造设备

Also Published As

Publication number Publication date
JP3285904B2 (ja) 2002-05-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI233883B (en) Progressive processing device
US5330409A (en) Cassette changing apparatus for index-feeding machining systems
JPH05104297A (ja) 順送り加工装置
JPH0825160A (ja) 順送り加工装置
JPH0819826A (ja) タレットパンチプレス
JP3285907B2 (ja) 順送り加工装置
JPH0448532B2 (ja)
JP2504605B2 (ja) 順送り加工装置
JP3320118B2 (ja) 順送り加工装置
JP3285906B2 (ja) 順送り加工装置
JP3285903B2 (ja) 順送り加工装置
JP2000153320A (ja) ダイの芯出し調整機構
JP3285905B2 (ja) 順送り加工装置
JP3285909B2 (ja) 順送り加工装置
JP3353918B2 (ja) 順送り加工装置
JP2003071661A (ja) 順送りプレスにおける面取り装置
JP2909146B2 (ja) 順送り加工装置
JPH05104294A (ja) 順送り加工装置
JP2548763Y2 (ja) タレットパンチプレス
JPH05104295A (ja) 順送り加工装置
JP2975581B2 (ja) 順送りプレス抜金型
JPH10244432A (ja) 順送り加工装置
JPH05228802A (ja) 順送り加工装置
JPH0687099A (ja) 順送り加工装置
JPH10146696A (ja) 複合順送り加工装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090308

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100308

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100308

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110308

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110308

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120308

Year of fee payment: 10

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120308

Year of fee payment: 10