JPH0471019A - データ処理装置 - Google Patents

データ処理装置

Info

Publication number
JPH0471019A
JPH0471019A JP2184691A JP18469190A JPH0471019A JP H0471019 A JPH0471019 A JP H0471019A JP 2184691 A JP2184691 A JP 2184691A JP 18469190 A JP18469190 A JP 18469190A JP H0471019 A JPH0471019 A JP H0471019A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
interface
priority
job
interfaces
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2184691A
Other languages
English (en)
Inventor
Ichiro Sasaki
一郎 佐々木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Brother Industries Ltd
Original Assignee
Brother Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Brother Industries Ltd filed Critical Brother Industries Ltd
Priority to JP2184691A priority Critical patent/JPH0471019A/ja
Publication of JPH0471019A publication Critical patent/JPH0471019A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、複数のインターフェースから受信されるデー
タを処理するデータ処理装置に関する。
し従来の技術] 従来、この種のデータ処理装置のインターフェース選択
手段は、特開昭63−127326号公報に示すように
、さきにデータを受信した方のインターフェースを選択
するという方式であった。
これは、シリアルインターフェースとパラレルインター
フェースとを有するデータ処理装置において、最初にデ
ータを受信したインターフェースを選択するものである
。ところか、このような装置の場合には、−度選択が行
なわれると、受信途中でインターフェースを変更するこ
とかできないという欠点があった。
これを解決するためのものとして、例えば、実開平1−
137号公報には、インターフェース選択手段が、双方
のインターフェースから受信したデータを改ページコマ
ンドの単位で切り替えて処理するものが開示されている
[発明が解決しようとする課題] しかしながら、このような従来のインターフェース選択
手段においては、複数のインターフェースに接続された
複数の上位装置の緊急度か異なる場合に、不具合が発生
するおそれがある。
すなわち、印字処理装置のインターフェースがパーソナ
ルコンピュータと外部の通信回線との双方に接続されて
いる場合には、外部の通信回線からのデータを早急に受
信して外部の通信回線を解放する必要性かある。ところ
が、従来の印字処理装置の場合には、パーソナルコンピ
ュータに接続されたインターフェースからのジョブが終
了しないと、通信回線に接続されたインターフェースか
らのデータの受信ができなかった。このため、このよう
な状況か発生した場合には、パーソナルコンピュータか
らの印字処理等が長引くと、待ち状態になった通信回線
がタイムアウトになり通信回線からのデータを受信でき
ないという問題点が発生する。
本発明は、上記問題点を解決するためになされたもので
あり、複数のインターフェースの優先順位を設定できる
ようにすることによって、緊急度の高いデータを優先し
て処理することができるようなデータ処理装置を実現す
ることを目的とする。
[課題を解決するための手段] この目的を達成するために、本発明のデータ処理装置は
、上記複数のインターフェース相互の優先順位を記憶す
る優先順位記憶手段と、複数のインターフェースからの
印字指令が時間的に重複した場合に、上記優先順位記憶
手段に記憶された優先順位に従ってデータを処理するデ
ータ処理手段とを有するものである。
尚、データ処理装置は、上記データ処理手段によって処
理されたデータを印字する印字手段を更に有していても
よい。
また、上記優先順位記憶手段はプログラム可能なもので
あってもよい。
[作用コ 本発明のデータ処理装置は、複数のインターフェースの
うち一つを介して上位装置からの情報を受信する。そし
て、第1のインターフェースからのデータを受信中に第
2のインターフェースからもデータを受信したときには
、優先順位記憶手段に記憶された優先順位に基づいて、
もし第2のインターフェースの方が優先順位が高い場合
には、第1のインターフェースからのデータの処理を一
時中断し、第2のインターフェースからのデータの処理
を行なう。また、第1のインターフェースの優先順位が
第2のインターフェースの優先順位より高い場合には、
第1のインターフェースからのデータの処理を優先させ
る。
[実施例] 以下、本発明の一実施例について図面を用いて説明する
第2図は、本発明による印字装置20が上位装置に接続
されている様子を示す図である。印字装置20は、セン
トロニクスインターフェース11(第3図参照)を介し
て、上位装置であるパーソナルコンピュータ21に接続
され、またR3−232Cインターフエース12(第3
図参照)を介して、上位装置であるモデム22にも接続
されている。さらに、モデム22は公衆電話回線23に
接続されている。そのモデム22は公衆電話回線23を
介して、図示しない外部のファクシミリ装置からのファ
クシミリデータを受信するものである。また、印字装置
20はファクシミリデータを受信して印字する機能を有
している。
第3図は本発明の印字装置の具体的な構成を示す図であ
り、CPU6はセントロニクスインターフェース11と
R3−232Cインターフエース12とに接続されてい
る。また、CPU6は、プログラムを内蔵したROM7
.入力されたデータを保存するRAM8.NV−RAM
 (不揮発性RAM)9.及び用紙に印字を行う印字機
構10に接続されている。さらに、本発明の優先順位記
憶手段である優先順位メモリ領域は、NV−RAM9内
に設けられている。
次に、第4図のフローチャートに基づいて、本発明の印
字装置の動作について説明する。
印字装置の電源をONすると、初期設定が実行され(S
l) 、RAM8の値が所定の値に設定される。この時
、不揮発性RAM9に格納されているインターフェース
の優先順位がRAMB内に設定される。また、初期設定
の途中でインターフェースからのデータ受信が許可され
る。
続いて、R8−232Cインターフェース12(以下、
IFIとも称す)からのデータがあるかどうかを調べる
(S2)。ここで、IFlからのデータがある場合には
(82,YES) 、RAM8に格納された優先順位に
基づいて、R8−2320インターフエース12 (I
FI)が優先かどうかを調べる(S3)。
IFIが優先の場合には(S3.YES) 、R8−2
32Cインターフエース12 (IFI)からのデータ
の処理をそのジョブの終了まで行なう(84,85)。
そして、そのジョブが終了すると(85,YES) 、
前記S2に戻る。
また、前記S3でR8−232Cインターフエース12
(IFI)が優先でなかった場合には、セントロニクス
インターフェース11 (以下、IF2とも称す)から
のデータがあるか否かを調べる(S6)。IF2からの
データが無かった場合には(86,NO) 、R5−2
32Cインターフエース12 (IFI)からのデータ
の処理を行なう(S7)が、そのデータの処理を終了す
るごとにジョブが終了か否かを調べ(S8)、ジョブの
終了の場合には前記S2に移行し、ジョブの終了でない
場合には前記S6に戻る。
一方、前記S6でセントロニクスインターフェース11
 (IF2)からのデータがあった場合には(86,Y
ES) 、現在状態をRAM8にセーブしてその処理を
中断しくS9)、セントロニクスインターフェース11
 (IF2)からのデータを優先して処理する(S 1
0)。続いて、セントロニクスインターフェース11 
(IF2)のジョブが終了したか否かを判断する(Sl
l)。セントロニクスインターフェース11(IF2)
のジョブが終了するまでは、SIO,Sllの処理が繰
り返される。そして、そのジョブが終了すると(Sll
、YES) 、中断前の状態をRAM8からリストアし
て(S12) 、R3−232Cインターフエース12
のジョブが終了したか否かを調べる(S8)。
また、R8−232Cインターフエース12(IFI)
からのデータ入力がなかった場合には(S2.No) 
、セントロニクスインターフェース11 (IF2)か
らのデータ入力があるか否かを調へる(S 13)。I
F2からのデータが無かった場合には(S13、NO)
、前記S2の処理に戻る。そして、IF2からのデータ
があった場合には(S13、YES) 、RAM8に格
納された優先順位に基づいて、セントロニクスインター
フェース11 (IF2)が優先かどうかを調べる(S
1°4)。セントロニクスインターフェース11 (I
F2)が優先であった場合には(S 14゜YES)、
セントロニクスインターフェース11(IF2)からの
データを処理しく515)、そのジョブが終了したか否
かを判断しく56)1.セントロニクスインターフェー
ス11 (IF2)のジョブが終了するまではS15、
S16の処理が繰り返される。そして、セントロニクス
インターフェース11(IF2)のジョブが終了すると
82に戻る。
セントロニクスインターフェース11(IF2)が優先
でなかった場合には(814,NO) 、R8−232
Cインターフエース12(IFI)からのデータがある
か否かを調へ(S17)、IFlからのデータがあった
場合には(S17.YES)、現在状態をRAM8にセ
ーブしてその処理を中断しく518) 、R8−232
Cインターフエース12 (IFI)からのデータの処
理をジョブか終了するまで行う(S19,520)。そ
して、そのジョブか終了すると、中断前の状態をRAM
8からリストアして(S21)、セントロニクスインタ
ーフェース11 (IF2)のジョブが終了したか否か
を判断する(S22)。そのジョブが終了していなけれ
ば(S22.No) 、前記S17に戻る。もし、IF
2のジョブが終了していれば(S22.YES) 、前
記S2に戻る。
更に、前記S17においてR3−232Cインターフエ
ース12 (IFI)からのデータかなかった場合には
(S 17. No) 、セントロニクスインターフェ
ース11(、IF2)からのデータの処理を行い(S2
3)、セントロニクスインターフェース11(IF2)
のジョブか終了したか否かを判断する(S 22)。
このように第2図に示すような接続の場合には、モデム
22に接続されているR8−232Cインターフエース
12 (IFI)からのデータのほうが、パーソナルコ
ンピュータ21に接続されているセントロニクスインタ
ーフェース11(IF2)からのデータよりも緊急度が
高い。従って、R8−232Cインターフエース12 
(IFI)の優先順位が高く設定されているので、前記
S3がYES、前記S14がNOとなる。
従って、セントロニクスインターフェース11(IF2
)からのデータは、S17.S23.S22の処理が繰
り返されることによって処理され、この処理の途中でR
3−232Cインターフエース12 (IFI)からデ
ータが受信されると、S17がYESとなり、セントロ
ニクスインターフェース11 (IF2)からのデータ
の処理が一時中断され、R8232Cインターフエース
12(IFI)からのデータが、S19.S20の処理
の繰り返しで優先的に処理されるのである。
尚、前記実施例においては、2つのインターフェースの
優先順位を変更することが可能な構成について説明した
が、もちろん本発明の印字処理装置はこのような構成に
限定されず、2つのインターフェースの優先順位が固定
的に設定されている場合でもよい。この場合には、83
,814の判断がなくなる。
また、オペレータがデイツプスイッチ等を操作すること
により、自由に優先順位を決定し、それをRAM8に記
憶するようにしても良い。
[発明の効果コ 以上詳述したように本発明のデータ処理装置は、複数の
インターフェースの優先順位を設定できるようにし、そ
の優先順位に基づいて受信処理することにより、常に緊
急度の高いデータを優先して処理することができる優れ
た効果を有するものである。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の印字装置の構成を示す図、第2図は印
字装置が上位装置に接続されている様子を示す図、第3
図は制御系のブロック図、第4図は印字装置の動作を示
すフローチャートである。 6 : 2゜ CPU        7:ROM RAM        9 : NV−RAM:印字機
構 :セントロニクスインターフェース :R8−232Cインタ一フエース 優先順位記憶手段 1g1図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1、上位装置に接続された複数のインターフェースを有
    するデータ処理装置において、 上記複数のインターフェース相互の優先順位を記憶する
    優先順位記憶手段と、 複数のインターフェースからの印字指令が時間的に重複
    した場合に、上記優先順位記憶手段に記憶された優先順
    位に従ってデータを処理するデータ処理手段と、 を有することを特徴とするデータ処理装置。
JP2184691A 1990-07-12 1990-07-12 データ処理装置 Pending JPH0471019A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2184691A JPH0471019A (ja) 1990-07-12 1990-07-12 データ処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2184691A JPH0471019A (ja) 1990-07-12 1990-07-12 データ処理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0471019A true JPH0471019A (ja) 1992-03-05

Family

ID=16157686

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2184691A Pending JPH0471019A (ja) 1990-07-12 1990-07-12 データ処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0471019A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7023288B2 (en) 2001-04-18 2006-04-04 Toyo Communication Equipment Co., Ltd. Piezoelectric oscillator and its manufacturing method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7023288B2 (en) 2001-04-18 2006-04-04 Toyo Communication Equipment Co., Ltd. Piezoelectric oscillator and its manufacturing method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5623675A (en) Printing system, and method of receiving and processing interrupt request in printer
JP3769839B2 (ja) 多機能並行処理型電子装置
JPH0471019A (ja) データ処理装置
JPH06110704A (ja) 複合型情報処理装置の割り込み制御方式
JP2002374383A (ja) 通信装置、制御プログラムおよび制御方法
JP2005229644A (ja) 画像読取装置
US20020141802A1 (en) Printing apparatus and printing control program
EP0899942A2 (en) Printing data processing
JPH08258365A (ja) 画像出力装置、画像出力システム、画像出力方法および情報処理装置
JP2848356B2 (ja) 印刷装置及び方法
JPS605331A (ja) ラインプリンタ
JPH04319467A (ja) 印刷装置
JP2804065B2 (ja) ファクシミリ装置
JP3024135B2 (ja) データ通信方法
JPH10278364A (ja) ページプリンタ
JPH0671986A (ja) 印字装置
JP3093401B2 (ja) 画像形成システム
JP3175378B2 (ja) ファクシミリ接続制御装置
JP3104410B2 (ja) 通信装置
JPH11175293A (ja) 画像処理装置
JPH08310084A (ja) 印刷装置
JPH04176236A (ja) データ通信装置
JPH09277656A (ja) 印刷装置
JPH03214228A (ja) シリアルプリンタの制御方式
JPH0556242A (ja) フアクシミリ装置