JPH03275833A - 柱梁の仕口構法 - Google Patents

柱梁の仕口構法

Info

Publication number
JPH03275833A
JPH03275833A JP7548790A JP7548790A JPH03275833A JP H03275833 A JPH03275833 A JP H03275833A JP 7548790 A JP7548790 A JP 7548790A JP 7548790 A JP7548790 A JP 7548790A JP H03275833 A JPH03275833 A JP H03275833A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
column
concrete
steel
reinforced concrete
beams
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7548790A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0830360B2 (ja
Inventor
Akira Kurosawa
明 黒澤
Yasunao Nakanishi
中西 靖直
Kazutoshi Kikukawa
菊川 和俊
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Construction Co Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Construction Co Ltd filed Critical Mitsubishi Construction Co Ltd
Priority to JP7548790A priority Critical patent/JPH0830360B2/ja
Publication of JPH03275833A publication Critical patent/JPH03275833A/ja
Publication of JPH0830360B2 publication Critical patent/JPH0830360B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁よりなる構造物
における柱梁の仕口構法に係るものであ(従来の技術) 従来この種の工法として、特開昭50−179946号
公報に示すように、端部に未納筋材が固定された鉄骨梁
を、同太納筋材が社主筋及び帯筋間に位置するように支
持し、この状態で柱の型枠を組つけコンクリートを打設
する施工方法が提案されている。
(発明が解決しようとする課題) 前記従来の施工方法においては柱梁の仕口部の配筋が複
雑で、コンクリート打設前にだぼ筋が配設された鉄骨梁
の端部の納まりが複雑であり、また、同鉄骨梁の重量の
支持が困難である一般に鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁と
よりなる構造物においては、鉄骨梁と鉄筋コンクリート
柱の応力伝達の際に、柱梁の仕口部の剛性が不足するた
め、鉄骨梁が変形しやすく、同鉄骨梁の変形に伴って、
その端部とコンクリート部の接触面で、コンクリートが
損傷しやすいことと、部分的な応力集中により、柱梁交
点の柱コンクリートが損傷しやすい。
本発明はこのような問題点を解決するために提案された
もので、その目的とする処は、剛性の高い鉄骨鉄筋コン
クリートのキャピタル部を構築し、応力の伝達が円滑に
行なわれ、施工が合理化された柱梁の仕口構法を提供す
る点にある。
(課題を解決するための手段) 前記の目的を達成するため、本発明に係る柱梁の仕口構
法によれば、鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とよりなる構
造物において、鉄筋コンクリート柱の梁下までコンクリ
ートを打設し、次いで十字型に組立てられた梁鉄骨に梁
主筋及び助筋並に柱梁接合部内に位置する柱帯筋を配筋
するとともに、前記梁鉄骨の端部が突出するようにコン
クリートを打設してなる十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コ
ンクリートユニット梁を柱頭部に載架し、相隣る同ユニ
ット梁における鉄骨梁突出端部間を中間鉄骨梁で連結し
、柱頭部にコンクリートを打設して鉄骨鉄筋コンク17
−トの牛ヤピタル部を構築するものである。
(作用) 本発明によれば前記したように、梁鉄骨を十字型に組立
てるとともに、同各梁鉄骨に梁主筋及び肋筋並に柱梁接
合部に位置する柱帯筋を配筋して、十字型鉄骨鉄筋ユニ
ット梁を先組し、同鉄骨鉄筋ユニット梁にコンクリート
を打設し、同コンクリート部より前記各鉄骨梁の端部が
突出する十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリートユニ
ット梁を予め底形しておき、鉄筋コンクリート柱の梁下
までコンクリートを打設し、柱頭から社主筋が上方に突
設された状態で柱頭に、前記十字型プレキャスト鉄骨鉄
筋コンクリートユニット梁を載架する。
次いで相隣る同十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリー
トユニット梁における各コンクリート部より突出された
鉄骨梁の端部間を中間鉄骨梁で連結し、柱頭部における
前記十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリートユニット
梁上にコンクリートを打設して、剛性の高い鉄骨鉄筋コ
ンクリートのキャピタル部を構築するものである。
従って、前記鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁は剛性の高い
鉄骨鉄筋コンクリートのキャピタル部を介して一体に接
合され、柱梁間の応力伝達が確実に行われ、且つ梁端部
の変形が抑止されるとともに、コンクリート部から離れ
た裸の鉄骨梁部乙こ架構全体の降伏点を明確に位置づけ
ることができ、剛性の高い、はとんど損傷しないコンク
リート部と柔らかく変形する鉄骨梁との組み合わせによ
り、粘りのある架構を組立ることができる。
(実施例) 以下本発明を図示の実施例によって説明する。
鉄筋コンクリート柱(4)のコンクリートを梁下まで打
設する。(第1図参照) 一方、施工現場または工場で十字型プレキャスト鉄骨鉄
筋コンクリートユニット梁((3)を製作する。
同ユニット梁((3)は第5図に示す如くフランジにス
タッドボルト(2)またはシャー鉄筋が植立されたH型
銅製鉄骨梁(3)を十字型に組立て、同各鉄骨梁(3)
の上下面及び外周に夫々梁主筋(4)及び肋筋(5)を
配筋するとともに、パネルゾーンにおける相隣る前記鉄
骨梁(3)のウェブ間に柱帯筋(6)を配筋して、前記
各鉄骨梁(3)における柱梁接合部を挟んで対向する両
側にコンクリートを打設し、同コンクリート部(7)よ
り前記鉄骨梁(3)の端部及び上部梁主筋(4)並に肋
筋(5)の上端部を夫々突出せしめて構成されている。
図中(8)は前記鉄骨梁(3)のフランジに定着された
梁主筋(4)の取付部ハである。
このように予め製作された十字型プレキャスト鉄骨鉄筋
コンクリートユニット粱fB+を、柱主筋(1)が上方
に突設された前記鉄筋コンクIJ −+−柱四0柱頭部
に載架する。(第2図参照) 次いで前記各十字型プレキャスト鉄筋コンクリート柱(
4)の柱頭に配設された前記十字型プレキャスト鉄骨鉄
筋コンクリートユニット梁(印におけるコンクリート部
(7)からの鉄骨梁(3)の突出端部間に、フランジに
スタッドボルト(2)が突設された中間鉄骨梁(0を溶
接、または添板(9)とボルト(1o)とによって連結
する。(第3図参照) 次いで柱梁仕口部のコンクリート及び床コンクリート■
)を打設し、(第4図参照)かくして構築された剛性の
高いキャピタル部を介して柱、梁を一体に接合する。
このように前記実施例によれば、鉄筋コンクリート柱■
のコンクリートを梁下まで打設し、同社(4)の柱頭部
中央に、十字型に組立られたプレキャスト鉄骨鉄筋コン
クリートユニット梁(Blをセットし、中間鉄骨梁(q
を介して、前記ユニット梁(Bl相互をボルト接合、ま
たは溶接したのち、柱梁仕口部床等の現場打コンクリー
ト0を打設するという単純な作業の繰返しとなり、作業
を著しく単純化できる。
また本発明によれば、前記鉄筋コンクリート柱(2)の
柱頭部中央に十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリート
ユニット梁(Blを載架することによって、同ユニット
梁+8+の柱(4)に対するセットをサポートを要する
ことなく簡単に行なうことができる。
更に、工場あるいは現場で事前に十字型プレキャスト鉄
骨鉄筋コンクリートユニット梁を製作することによって
、精度のよい品質の高い柱梁接合部をつくることができ
、柱頭部に剛性の高い鉄骨鉄筋コンクリートのキャピタ
ル部を構築し、同キャピタル部によって前記柱(4)及
び前記ユニット粱を一体的に接合して、柱梁間の合理的
な応力伝達を図り、十字型に連続した鉄骨梁によって鉄
筋コンクリート柱(ト)に確実に応力を伝達するように
しただけでなくコンクリート内部の鉄骨の変形を抑止し
、柱梁交点コンクリート剪断耐力を増大し、この部分に
損傷を全く生起せしめないようにするとともに、応力伝
達時における鉄骨梁端部のコンクリートの剥離を防止す
るものである。
第6図は前記十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリート
ユニット梁tBlの他の実施例を示し、柱梁接合部にも
、前記各コンクリート部(7)に連設されたコンクリー
ト部(7′)が設けられ、同コンクリド部(7′)に社
主筋(1)の貫通孔(11)またはノースが設けられ、
同貫通孔(11)またはシースに柱主筋(1)が貫通す
るように、柱頭部に載架される。図中前記実施例と均等
部分には同一符号が((されている。
(発明の効果) このように本発明によれば、梁下までコンクリートが打
設された鉄筋コンクリート柱の柱頭部に、梁鉄骨を十字
型に組立て、梁主筋及び肋筋並に柱梁接合部に位置する
柱帯筋を予め配筋するとともに、前記鉄骨梁の端部が突
出するようにコンクリートを打設してなる十字型プレキ
ャスト鉄骨鉄筋コンクリートユニット粱を載架すること
によって、鉄骨梁の柱に対するセットをサポートを要す
ることなく簡単に遂行しうるものであり、キャピタル部
の複雑な配筋を、予め工場あるいは現場敷地内等で事前
に施工することのできる前記十字型のユニット梁として
簡略化することができるため、大111な施工の合理化
と品質の向上に寄与できる。
更に相隣る前記十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリー
トユニット梁におけるコンクリート部より突出した鉄骨
梁端部間を中間鉄骨梁で連結し、柱頭部における前記ユ
ニット梁にコンクリートを打設することによって、柱頭
部に剛性の高い鉄骨鉄筋コンクリートのキャピタル部を
構築し、同キャピタル部を介して柱梁間の応力伝達を確
実にならしめるとともに作業を著しく単純化しうるもの
であり安全性の高い構法となる。しかも前記ユニット梁
は、柱梁接合部の中央の鉄骨が連続された十字型に形成
されているので、応力の伝達がより円滑に行なわれ、施
工性が向上さrr、る。
また前記柱頭に載架されるユニット梁がプレキャスト鉄
骨鉄筋コンクリートより槽底されているので、施工精度
が向上し、型枠を不要とすることと相俟って作業能率が
向上し、更に現場の型枠工程がないので、柱コンクリー
ト打設後直ちに梁鉄骨の施工工程に入ることができ工期
を大幅に短縮し、工費を節減し、更に高所作業が低減す
ることによって作業の安全性が確保できる。
【図面の簡単な説明】
第1図乃至第4図は本発明に係る柱梁の仕口構法の一実
施例の工程を示す側面図、第5図及び第6図は夫々十字
型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリートユニット梁の斜視
図である。 ■・・・鉄筋コンクリート柱、 (a・・・十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリートユ
ニット梁、 (0・・・中間鉄骨梁、    (+)・・・柱主筋、
(3)・・・鉄骨梁、 (5)・・・助筋、 (4)・・・梁主筋、 (6)・・・柱帯筋、 [7)(7’)・・・コンクリート部、■)・・・現場
打ちコンクリート。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とよりなる構造物において
    、鉄筋コンクリート柱の梁下までコンクリートを打設し
    、次いで十字型に組立てられた梁鉄骨に梁主筋及び助筋
    並に柱梁接合部内に位置する柱帯筋を配筋するとともに
    、前記梁鉄骨の端部が突出するようにコンクリートを打
    設してなる十字型プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリートユ
    ニット梁を柱頭部に載架し、相隣る同ユニット梁におけ
    る鉄骨梁突出端部間を中間鉄骨梁で連結し、柱頭部にコ
    ンクリートを打設して鉄骨鉄筋コンクリートのキヤピタ
    ル部を構築することを特徴とする柱梁の仕口構法。
JP7548790A 1990-03-27 1990-03-27 柱梁の仕口構法 Expired - Lifetime JPH0830360B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7548790A JPH0830360B2 (ja) 1990-03-27 1990-03-27 柱梁の仕口構法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7548790A JPH0830360B2 (ja) 1990-03-27 1990-03-27 柱梁の仕口構法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03275833A true JPH03275833A (ja) 1991-12-06
JPH0830360B2 JPH0830360B2 (ja) 1996-03-27

Family

ID=13577697

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7548790A Expired - Lifetime JPH0830360B2 (ja) 1990-03-27 1990-03-27 柱梁の仕口構法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0830360B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107090905A (zh) * 2017-06-05 2017-08-25 青岛明珠钢结构有限公司 一种装配式钢管梁柱节点及其施工方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106638954B (zh) * 2016-10-13 2018-10-02 哈尔滨工业大学 长杆螺栓贯穿梁侧加宽区的梁柱节点连接方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107090905A (zh) * 2017-06-05 2017-08-25 青岛明珠钢结构有限公司 一种装配式钢管梁柱节点及其施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0830360B2 (ja) 1996-03-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000170285A (ja) 鋼板コンクリート構造壁の接合方法および接合部構造
JP2927402B2 (ja) コンクリート建造物の柱・梁接合部構造
JPH03275833A (ja) 柱梁の仕口構法
JPH06272311A (ja) プレキャストコンクリート柱と鉄骨梁との接合構法
JP2600961B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接続構造
JPH11117392A (ja) 鋼管構造または充填型鋼管コンクリート構造の柱とsrc構造のはりとの柱・はり接合部
JPH03275832A (ja) 柱梁の仕口構法
JP2000073448A (ja) プレキャストコンクリート梁と柱の接合方法および接合構造
JPH02256734A (ja) 柱梁の仕口工法
JPH0967940A (ja) 既設建物の補強構造
JP2506294Y2 (ja) 柱・梁仕口部の構造
JPH084107A (ja) 柱と梁との接合部における接合方法
JPH0569204U (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2706431B2 (ja) 柱梁の接続部及び接続方法
JPS5840171Y2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリ−ト構造柱と鉄筋コンクリ−ト構造梁よりなる架構体
JPH0213694B2 (ja)
JP3820526B2 (ja) 構造物の構築方法
JP2758203B2 (ja) 柱と鉄骨梁との接合工法
JP2768382B2 (ja) 構造物の架構
JPH07113260A (ja) 柱と梁の接合方法
JPS6139457B2 (ja)
JP3116056B2 (ja) 建築物の構造
JPH10299260A (ja) ロ字型骨組架構による既存建築物の耐震改修方法
JPH0366852A (ja) プレキヤスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とによる複合構造の構築工法
JPH04140366A (ja) Rc造におけるプレハブ鉄筋と半pc大梁の先行建方工法