JPH03248763A - バリ取り装置 - Google Patents

バリ取り装置

Info

Publication number
JPH03248763A
JPH03248763A JP9043242A JP4324290A JPH03248763A JP H03248763 A JPH03248763 A JP H03248763A JP 9043242 A JP9043242 A JP 9043242A JP 4324290 A JP4324290 A JP 4324290A JP H03248763 A JPH03248763 A JP H03248763A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bolster
plate
workpiece
plates
mold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP9043242A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2939631B2 (ja
Inventor
Toshikazu Shiojiri
敏和 塩尻
Shigetomi Kuroki
黒木 茂富
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
HIYOSHI IND KK
Honda Motor Co Ltd
Original Assignee
HIYOSHI IND KK
Honda Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by HIYOSHI IND KK, Honda Motor Co Ltd filed Critical HIYOSHI IND KK
Priority to JP4324290A priority Critical patent/JP2939631B2/ja
Publication of JPH03248763A publication Critical patent/JPH03248763A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2939631B2 publication Critical patent/JP2939631B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 A0発明の目的 (1)産業上の利用分野 本発明は、鋳物の端縁部に発生するバリをプレス機で切
断除去するためのバリ取り装置に関し、特に、複数種の
ワークがランダムに搬送されるラインにおいて使用する
のに適したバリ取り装置に関する。
(2)従来の技術 例えば自動車のエンジンブロックのようなアルミニュウ
ム合金を鋳造して得られる鋳物には、その外周や穴の端
縁部に多数のバリが発生する。従来、かかるバリの除去
は、実開昭62−20756号公報に記載されているよ
うに刃具を有するロボットを用いて行われるか、実開昭
63−56957号公報に記載されているように刃具を
有する上型と下型を装着したプレス機を用いて行われて
いる。
(3)発明が解決しようとする課題 ところで、ロボットを用いてバリ取りを行う場合、バリ
が発生する箇所に沿って刃具を移動させる必要があるた
め、ハリが多数発生する複雑な形状のワークに対しては
作業時間がかがって非能率的である。これに対し、プレ
ス機を用いたハリ取りは一回のプレス動作で全てのハリ
を除去することができるので、作業速度の点では格段に
優れている。しかしながら、プレス機を用いてバリ取り
を行う場合、ワークの種類に応じて準備した多数の専用
金型の中から、必要な金型を選択してプレス機にセント
する作業に多くの手間がかかる不都合がある。また、プ
レス機によるハリ取りを行うと切断されたバリが下型や
その周辺に多数付着するため、その排出作業に多くの労
力が必要とされる。
本発明は前述の事情に鑑みてなされたもので、プレス機
に対する金型の交換作業を効率的に行うとともに、これ
らの金型に付着したバリの排出を効率的に行うことが可
能なバリ取り装置を提供することを目的とする。
B9発明の構成 (1)課題を解決するための手段 前記目的を達成するために、本発明のバリ取り装置は、
上面に金型を載置して係脱自在なフックを介して直列に
連結される複数のプレートと、連結されたプレートをワ
ークのバリを切断するプレス機の前後に延びる移送路に
沿って所定位置に移動させる金型交換装置と、前記プレ
ス機のプレス位置とワーク受渡し位置間を往復動するボ
ルスタと、前記いずれかのプレートを前記ボルスタに固
定するクランプ装置と、前記ワーク受渡し位置において
ボルスタをプレートと共に反転させてバリを落下させる
反転装置と、落下したバリを移動自在なシュートで受け
止めて、そのバリを搬送装置に排出する排出装置とを備
えてなることを特徴とする。
(2)作 用 前述の構成を備えた本発明によれば、金型交換装置によ
り連結されたプレートが移送路に沿って移動し、ワーク
の種類に対応する金型を載置したプレートがプレス機の
ボルスタ上に停止すると、クランプ装置が前記プレート
をボルスタに固定する。続いてプレートはボルスタと共
にワーク受渡し位置に移動して金型にワークを受け取る
。このとき、前記ボルスタ上のプレートは係脱自在なフ
ックを介して隣接するプレートから切り離され、ボルス
タと共に移動する。金型にワークを受け取ったプレート
はボルスタと共にプレス位置に戻ってプレス機によるバ
リ取りを行った後、再びワーり受渡し位置に移動してプ
レス済みのワークが搬出される。続いて反転装置により
ボルスタを反転させて金型やプレートに付着したバリを
排出装置のシュート上に落下させた後、このシュートを
搬送装置上に移動させてバリを排出する。
(3)実施例 以下、図面に基づいて本発明の詳細な説明する。
第1図〜第3図はそれぞれ本発明の一実施例によるバリ
取り装置の全体平面図、全体正面図、全体側面図であっ
て、プレス機PMを中心として、このプレス機PMにバ
リ取りを行うワークの種類に対応した3種類の金型りを
載置した3個プレートPを選択的に供給するための金型
交換装置DC1前記プレス機PMのプレス位置とワーク
受渡し位置との間を移動するボルスタB上に選択したプ
レートPを固定するためのクランプ装置C1前記ワーク
受渡し位置においてボルスタBをプレー1−Pと共に反
転させて切断したバリを落下させる反転装置R1反転装
置Rから落下したバリを搬送装置Tに排出するための排
出装置DS、ワーク受渡し位置にワークを搬入あるいは
搬出する搬入コンベアCi、搬出コンベアCo、および
搬入コンベヤCiで送られてきたワークの種類を検出す
る検出器Sとが配設されている。前記プレス機PMはガ
イド支柱GRに沿って油圧ラムORで昇降駆動されるダ
イプレー1−DPに把持具Gを備えており、この把持具
Gにクランプした上型Duと前記ボルスタBにクランプ
したプレートPに設けた下型D!とてワークをプレスす
ることによりバリ取りが行われる。
第4図および第5図に示すように、プレートPは左右両
側部に上部フランジ1と下部フランジ2を突設した板体
よりなり、その下部フランジ2には該パレットPをボル
スタBにクランプする際に使用されるクランプ孔2.が
形成されるとともに、その本体部の左右には該パレット
PをボルスタB上に位置決めする際に使用される2個の
位置決め孔3が形成されている。プレー)Pの前後両端
部には断面コ字状のフック4.5が固着されており、上
部が開放した一方のフック4と下部が開放した他方のフ
ック5が係合することにより隣接するプレートPが相互
に連結される。そして、両フック4.5の形状により、
各プレートPは前後方向(矢印X方向)に分離不能に連
結されるが、左右方向(矢印Y方向)の相対移動により
連結が解除されるように構成されている。また、プレー
トPの上部に載置されるプレス金型りの下型Inはスプ
リング6を介してプレートP上面に取付けられ、その下
型Dj2の上部に上型Duが分離自在に重ね合わされて
いる。
次に、第6図〜第8図に基づいて金型交換装置DCの構
造を詳細に説明する。金型交換袋?l!DCは床面に支
持されて前後方向に延びる機枠7を備えており、その機
枠7の前後方向中央部にはプレス機PMのボルスタBが
左右方向に移動自在に設けられている。機枠7上部の左
右両側には前記フック4.5によって連結された3個の
プレートPを移動自在に支持する多数のコロ8が配設さ
れており、これらコロ8に沿ってプレートPの移送路9
が構成されている。移送路9に沿って往復動する際にボ
ルスタBの上部を通過するプレートPは、そのボルスタ
B上に前記コロ8の上面と面一に配設した左右2列のボ
ールベアリング10に支持されるとともに、その左右両
側に設けた4個のガイド部材11に案内されて移動する
(第9図参照)。
機枠7の下部には前記移送路9と平行に左右−対のレー
ル12が敷設されている。各レール12にはその上面を
転勤するメインローラ13と左右両側面を転動するサブ
ローラ14を備えた左右各4個の走行支持部材15が係
合しており、これら走行支持部材15を介して平面視矩
形状に形成した走行枠16が前後方向移動自在に支持さ
れている。走行枠16の前後両端にはそれぞれ櫓状の走
行体17が取付けられており、その上面に固着した連結
板18には3個のプレートPのうちの前後のプレートP
に設けたフック4.5に係合するフック4,5が設けら
れている。そして、床面に固着した第1駆動シリンダ1
9の第10ンド20が前記走行枠16の下面に固着した
第2駆動シリンダ21の第20ツド22に継手23を介
して連結されている。而して、両駆動シリンダ19.2
1を選択的に伸縮することにより走行枠16がレール1
2上を走行し、この走行枠16に走行体17および連結
板18を介して連結された3個のプレー)Pが移送路9
に沿って移動し、いずれかのプレートPをボルスタB上
に停止させることができる。
移送路9におけるプレス機PMの前後近傍には各々左右
一対の位置決めシリンダ24が上向きに設けられており
、そのロッド25の先端に設けられてガイド部材26に
沿って昇降するた位置決めピン27は移送路9上のパレ
ッ)Pに形成した前記位置決め孔3に嵌合可能に臨んで
いる。そして、いずれかのプレー)PがボルスタB上に
あるとき、そのプレートPをボルスタB上に位置決めす
べく、隣接するプレートPの位置決め孔3に前記位置決
めピン27が嵌合される。
第9図および第10図に示すように、ボルスタBはプレ
ス機PMの基台28上に左右方向に敷設した2本の外側
レール29に4個のスライダ30を介して摺動自在に支
持されている。前記外側し一ル29と平行に敷設した2
本の内側レール31には摺動部材32が摺動自在に支持
されており、この摺動部材32の上面に形成した凹部3
2.にボルスタBに植設したピン33が係脱自在に嵌合
している。基台2Bの左右両端に設けた軸受34゜35
には、前記摺動部材32に設けたメネジ部32tに螺合
するネジ軸36が2本の内側レール31間に位置するよ
うに支持されており、このネジ軸36を基台28に設け
た油圧モータ37で回転駆動することにより、前記摺動
部材32および該摺動部材32にピン33で連結された
ボルスタBが左右方向に移動する。そして、ボルスタB
の一方の移動端部における位置決め、すなわちプレス位
置における位置決めが前記軸受部材34に設けたストッ
パ38に摺動部材32を当接させることにより行われる
。また、前記外側レール29は反転装置Rの支持台39
に設けた延長レール40に接続しており、スライダ30
を前記外側レール29および延長レール40に案内され
たボルスタBが他方の移動端部、すなわちワーク受渡し
位置に達したとき、前記摺動部材32が軸受部材35に
設けたストッパ41に当接して位置決めされる。
次に、第11図および第12図に基づいてクランプ装置
Cの構造を詳細に説明する。クランプ装置Cはプレス機
PMの基台28に取り付けたクランプシリンダ42を備
えており、このクランプシリンダ42には、基台28に
プラグ・ノド43を介して固着した2本のガイドロッド
44に沿って左右方向に摺動するスライドブロック45
が連結されている。スライドプロ・ツク45に2本のガ
イドピン46を介して摺動自在に支持された板状のアー
ム47は、前記スライドブロック45に設けた連結シリ
ンダ48にロッド49を介して接続されて前後方向、す
なわち前記クランプシリンダ42の伸縮方向と直交する
方向に移動する。一方、基板28上に支持されたボルス
タBの下面には2個のガイドブロック50が固着されて
おり、このガイドブロック50に摺動自在に案内される
上下2本のガイドロッド51の両端にはそれぞれカム部
材52.53が固着されている。両カム部材52゜53
には、折れ線状に屈曲したカム溝52..531が形成
されており、ボルスタBを昇降自在に貫通する左右2本
の昇降軸54の下端に設けたローラ55が前記カム溝5
2..53.に係合している。前記昇降軸54の上端に
は、前記プレートPの下部フランジ2に形成したクラン
プ孔2.に上方から嵌合可能なりランプピン56が下向
きに固着されている。そして、一方のカム部材52には
、前記アーム47に固着したノックピン57が嵌合可能
なノック孔52□が形成されている。而して、連結シリ
ンダ4日を伸長することによりノックピン57をノック
孔52□に嵌合させてアーム47とカム部材52を一体
に連結し、この状態でクランプシリンダ42を収縮位置
とすれば、スライドブロック45を介して一対のカム部
材52゜53は図中左方向に移動し、そのカム溝52I
53+の上端にローラ55を係合させた昇降軸54が上
昇してクランプピン56がクランプ孔2から離脱する。
これにより、プレートPはボルスタBに対して非クラン
プ状態となる。一方、クランフシリンダ42を伸長して
カム部材52.53を図中右方向に移動させれば、ロー
ラ55がカム溝52..53.の傾斜部を通って下端に
達し、昇降軸54を下降させる。これにより、クランプ
ピン56がクランプ孔2.に嵌合してプレートPはボル
スタBに強固にクランプされる。このようにしてプレー
1−Pがクランプされた後、前記連結シリンダ48を収
縮させてノックピン57をノック孔52□から離脱させ
れば、ボルスタBはワーク受渡し位置に向けて自由に移
動できる状態となる。
次に、第13図〜第17図に基づいて反転装置Rおよび
排出装置DSの構造を詳細に説明する。
ワーク受渡し位置に設けられる反転装置Rは、対の基台
58の上部に設けた軸受け部材59,60にポールベア
リング61.62で同軸に支持した2本の回転軸63.
64を備えており、両回転軸63.64の対向する端部
にはブラケット65を介してプレス機PMの基台28に
接続可能な前記支持台39が固着されている。支持台3
9の上面には、前記基台28の上面に敷設した外側レー
ル29に接続可能な延長レール40が敷設されており、
この延長レール40にはボルスタBの下面に設けた断面
り字状のスライダ30が摺動自在に係合している。
一方の軸受け部材6oにおいて2個のボールヘアリング
62で支持された回転軸64には、その軸受け部材60
の内部を摺動するラックバ−66に噛合するピニオン6
7が固着されている。前記ラックバー66は軸受け部材
6oの端面に取り付けた反転シリンダ68に連結されて
駆動され、前記ビニオン67を回転させることにより支
持台39を回転軸63.64回りに反転させる。
排出装置DSは床面に立設した一対の側板69を備えて
おり、両側板69間には一端にバランスウェイト70を
固着した底壁7t、と一対の側壁71□よりなる断面コ
字状のシュート71が移動自在に支持されている。シュ
ー1−71の両側壁71□を貫通する2本の連結軸72
.73の両端には、それぞれフランジ74..75.を
有するローラ74.75が固着されている。一方の連結
軸72に設けたローラ74は前記側板69の内面に形成
した水平部76、および傾斜部76□よりなるガイド溝
76に係合しており、前記連結軸72よりもやや短く形
成した他方の連結軸73に設けたローラ75は、側板6
9の内面にスペーサ77を介して固着した内板78によ
って構成されるガイド溝79に係合している。このガイ
ド溝79は前記ガイド溝76の水平部761と傾斜部7
6□に平行な水平部79.と傾斜部79□を備え、その
傾斜部79.の先端にはストッパ80が形成されている
。そして、前記支持台39の両端部に設けた軸81と前
記連結軸72は両端部にジヨイント82.83を有する
連結部材84で相互に連結され、これら連結部材84お
よび両ガイド溝76゜79によってシュート71の傾動
機構86が構成される。而して、支持台39が第13図
に示す反転姿勢にあるとき、連結部材84に引かれたシ
ュート71は、そのローラ74をガイド溝76の水平部
761に係合させるとともにローラ75をガイド溝79
の水平部79に係合させて、反転状態にある支持台39
の下部において水平姿勢となる。
また支持台39が第17図に示す水平姿勢にあるとき、
連結部材84に押圧されたシュート71は、そのローラ
74をガイド溝76の傾斜部76□に係合させるととも
にローラ75をガイド溝79の傾斜部79□終端のスト
ッパ80に当接させ、スクラップ台車85よりなる搬送
装置FTの上部において傾倒した姿勢となる。
次に前述の構成を備えた本発明の実施例の作用を説明す
る。
搬入コンベヤC4からハリの付着したワークが搬入され
ると、その末端に設けた検出器Sによってワークの種類
が判別される。検出器Sの出力信号に基づいて金型交換
装置DCの第1駆動シリンダ19および第2駆動シリン
ダ21が選択的に伸縮駆動されると、走行枠16がレー
ル12に沿って前後方向に移動する。すると、この走行
枠16に前後一対の走行体17を介して連結された3個
のプレー)Pが移送路9に沿って移動し、前記検出され
たワークに対応する金型りを載置したプレー)Pがプレ
ス機PMのボルスタB上に停止する。
続いて、位置決めシリンダ24を伸長すると、その位置
決めピン27がプレートPの位置決め孔3に嵌合し、前
記プレートPはボルスタ上のプレス位置に精密に位置決
めさせる。
次に、クランプ装置Cの連結シリンダ48を伸長してノ
ックピン57をカム部材52のノック孔52□に係合さ
せるとともに、クランプシリンダ42を伸長して両カム
部材52.53を駆動すると、そのカム溝52..53
.に係合する昇降軸54が下降してクランプピン56が
プレートPのクランプ孔21に嵌合し、これにより前記
プレートPがボルスタB上にクランプされる。次に、油
圧ラムORを伸長してグイプレートDPをガイド支柱G
Sに沿って下降させ、その把持具Gに金型の上型Duを
把持して下型Dlから分離させる。
次に、前記連結シリンダ48を収縮させてノックピン5
7をノック孔52□から離脱させることにより基台28
とボルスタBを切り離した後、油圧モータ37を駆動し
て摺動部材32を内側レール31に沿って摺動させ、こ
の摺動部材32にピン33を介して連結されたボルスタ
BをプレートPと共に反転装置Rの支持台39上のワー
ク受渡し位置に移動させる。このとき、ボルスタB上の
プレートPに設けたフック4,5と、隣接するプレー)
Pあるいは走行体17に設けたフック4.5は自動的に
離脱するとともに、ボルスタBの底面に設けたスライダ
30は基台28の外側レール29上から支持台39の延
長レール40上に乗り移る。
ボルスタBがワーク受渡し位置に達して、図示せぬ移載
手段によって搬入コンベヤCi上のワークがプレートP
上の下型Dfに装着されると、油圧モータ37を逆転さ
せることによりボルスタBを再び基台28上のプレス位
置に復帰させ、油圧ラムORで上型Duを下降させてワ
ークを下型D!との間でプレスしてバリを切断除去する
。続いて上型Duを再び上昇させるとともにボルスタB
を再びワーク受渡し位置に移動させ、図示せぬ移載手段
でバリを除去したワークを搬出コンベヤCO上に排出す
る。
次に、反転装置Rの反転シリンダ68を伸長してビニオ
ン67を回転させると、ボルスタBを支持した支持台3
9が回転軸63.64回りに第17図の位置に反転し、
ボルスタB上のプレー1−Pや下型IMに付着したハリ
をその下方に水平姿勢で位置するシュート71上に落下
させる。尚、支持台39と共にボルスタBが反転すると
き、そのボルスタBの下面に突設したビン33は摺動部
材32の凹部32、から離脱する。続いて、反転シリン
ダ68を収縮させて支持台39を水平姿勢に復帰させる
と、この支持台39に連結部材84を介して連結した前
記シュート71は、そのローラ74.75を側板69に
設けたガイド溝76.79に案内されて第13図の位置
に上昇しながら傾倒し、その下部に位置する搬出位?I
iTのスクラップ台車85にハリを排出する。
次に搬入コンベヤCiで搬送されてくるワークが前回と
同種のものであれば、そのワークはハリの排出が終了し
て受渡し位置にあるプレートP上の下型DJ2にそのま
ま移載される。またワークの種類が異なる場合には、ボ
ルスタBはプレートPと共にプレス位置に戻り、金型交
換装7DCによって新たな金型りとの交換が行われる。
以L、本発明の実施例を詳述したが、本発明は、前記実
施例に限定されるものでなく、特許請求の範囲に記載さ
れた本発明を逸脱することなく、種々の小設計変更を行
うことが可能である。
例えば、金型交換装置において連結されるプレートの数
は3個に限定されず複数個であればよい。
また、各プレートの前後端に上向きおよび下向きのフッ
クをそれぞれ設ける代わりに、各プレート毎に上向きま
たは下向きのフックを各2個ずつ設けてもよい。
C1発明の効果 以上のように本発明によれば、金型を載置した複数のプ
レートをフックによって前後方向に直列に連結し、これ
らプレートをプレス機のボルスタの前後に延びる移送路
上を前後方向に往復動させているので、所望の金型を載
置したプレートを速やかに前記ボルスタ上に位置させる
ことができる。
しかも、各プレートがフックで相互に分離自在に連結さ
れているので、所望の金型を載置したプレートを他のプ
レートから分離してボルスタと共に移動させることがで
きるばかりか、プレートの組み換え作業を容易に行うこ
とができる。またボルスタがプレートのクランプ装置を
備えているので、ボルスタの移動中や反転中にプレート
を確実に支持することができる。更に、反転装置によっ
て金型やプレートに付着したハリを自動的に落下させる
ことが可能となり、その落下したハリを移動自在なシュ
ートを有する排出装置によって確実に搬送装置に排出す
ることができる。このようにして、多種類のワークがラ
ンダムに搬送されるラインにおいて、金型の交換、ハリ
取り、ハリ排出等の一連の工程を能率的に行うことが可
能になる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例によるバリ取り装置の全体平
面図、第2図は第1図の■方向矢視図、第3図は第1図
の■方向矢視図、第4図(a)。 (b)はそれぞれプレートの正面図および側面図、第5
図は連結状態にあるプレートの斜視図、第6図は金型交
換装置を示す第1図の要部拡大平面図、第7図は第6図
の■−■線断面図、第8図は第7図の■−■線拡線断大
断面図9図はボルスタ移動機構を示す第6図の要部拡大
平面図、第10図は第9図のX−X線断面図、第11図
はクランプ装置を示す第9図のXI−XIX線断面図第
12図は第11図のxn−xn線断面図、第13図は反
転装置および排出装置を示す第3図の要部拡大側面図、
第14図は第13図のXTV方向矢視図、第15図は第
14図のXV方向矢視図、第16図は第14図のXVI
−XVI線断面図、第17図は反転装置の作用を示す第
13図と同じ側面図である。 B・・・ボルスタ、C・・・クランプ装置、D・・・金
型、DC・・・金型交換装置、DS・・・排出装置、P
・・・プレート、PM・・・プレス機、R・・・反転装
置、T・・・搬送装置、

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 上面に金型(D)を載置して係脱自在なフック(4、5
    )を介して直列に連結される複数のプレート(P)と、
    連結されたプレート(P)をワークのバリを切断するプ
    レス機(PM)の前後に延びる移送路(9)に沿って所
    定位置に移動させる金型交換装置(DC)と、前記プレ
    ス機(PM)のプレス位置とワーク受渡し位置間を往復
    動するボルスタ(B)と、前記いずれかのプレート(P
    )を前記ボルスタ(B)に固定するクランプ装置(C)
    と、前記ワーク受渡し位置においてボルスタ(B)をプ
    レート(P)と共に反転させてバリを落下させる反転装
    置(R)と、落下したバリを移動自在なシュート(71
    )で受け止めて、そのバリを搬送装置(T)に排出する
    排出装置(DS)とを備えてなる、バリ取り装置。
JP4324290A 1990-02-23 1990-02-23 バリ取り装置 Expired - Fee Related JP2939631B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4324290A JP2939631B2 (ja) 1990-02-23 1990-02-23 バリ取り装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4324290A JP2939631B2 (ja) 1990-02-23 1990-02-23 バリ取り装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03248763A true JPH03248763A (ja) 1991-11-06
JP2939631B2 JP2939631B2 (ja) 1999-08-25

Family

ID=12658429

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4324290A Expired - Fee Related JP2939631B2 (ja) 1990-02-23 1990-02-23 バリ取り装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2939631B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2012090303A1 (ja) * 2010-12-28 2012-07-05 小島プレス工業株式会社 プレス成形装置
WO2012090302A1 (ja) * 2010-12-28 2012-07-05 小島プレス工業株式会社 プレス成形装置
CN107584028A (zh) * 2017-10-10 2018-01-16 合肥常青机械股份有限公司 一种折弯厚件卡凸模取料机构
CN112622119A (zh) * 2020-12-01 2021-04-09 沈克文 一种led灯具的加工机构

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0298804U (ja) * 1989-01-18 1990-08-07

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0298804U (ja) * 1989-01-18 1990-08-07

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2012090303A1 (ja) * 2010-12-28 2012-07-05 小島プレス工業株式会社 プレス成形装置
WO2012090302A1 (ja) * 2010-12-28 2012-07-05 小島プレス工業株式会社 プレス成形装置
JPWO2012090302A1 (ja) * 2010-12-28 2014-06-05 小島プレス工業株式会社 プレス成形装置
JPWO2012090303A1 (ja) * 2010-12-28 2014-06-05 小島プレス工業株式会社 プレス成形装置
CN107584028A (zh) * 2017-10-10 2018-01-16 合肥常青机械股份有限公司 一种折弯厚件卡凸模取料机构
CN112622119A (zh) * 2020-12-01 2021-04-09 沈克文 一种led灯具的加工机构

Also Published As

Publication number Publication date
JP2939631B2 (ja) 1999-08-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN209998588U (zh) 一种触屏手机偏光片激光切割自动上料卸料设备
JP5554429B2 (ja) 板材仕分装置
JPH03248763A (ja) バリ取り装置
JP2939630B2 (ja) 金型交換装置
JPS63171227A (ja) トランスフアプレスマシンにおけるハンドリングバ−の搬出方法及びその装置
CN209681137U (zh) 一种成型去飞边一体机
CN210523792U (zh) 一种用于汽车上的铸造悬挂件
JP3333632B2 (ja) 製品集積装置を備えたワーク搬出入装置
JPH11300440A (ja) ワーク搬入出装置およびその装置を用いたワーク搬入出方法
JPH01257552A (ja) 加工設備
JPH0644502Y2 (ja) 多段式圧造成形機の工具自動交換装置
CN117141021B (zh) 一种轮胎模具花纹块与侧板用激光清洗装置及方法
JPH0128892Y2 (ja)
CN210260353U (zh) 袋装基质土输送码垛装置
JP2010082664A (ja) 鋳造機若しくはプレス機を備えた鋳造機における自動取り出し装置
JP2603779Y2 (ja) プレス成形型からの成形品の取出装置
JP2549830B2 (ja) パンチプレス
JPS62142038A (ja) 塑性加工機におけるワ−ク搬送方法
JPH0723213Y2 (ja) パレット溶着装置におけるスプル切断装置
JPH07267366A (ja) 製品集積装置
JPH11319987A (ja) 板材加工装置
JPH0547637Y2 (ja)
JP2004136526A (ja) 下地材加工装置
JPS61115632A (ja) 塑性加工機における搬送装置
JP3172259U (ja) 鋳造機若しくはプレス機を備えた鋳造機における自動取り出し装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees