JPH03126446A - 結石溶解治療装置 - Google Patents

結石溶解治療装置

Info

Publication number
JPH03126446A
JPH03126446A JP1265460A JP26546089A JPH03126446A JP H03126446 A JPH03126446 A JP H03126446A JP 1265460 A JP1265460 A JP 1265460A JP 26546089 A JP26546089 A JP 26546089A JP H03126446 A JPH03126446 A JP H03126446A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid
amount
gallbladder
pressure
stone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1265460A
Other languages
English (en)
Inventor
Naoki Sekino
直己 関野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympus Corp
Original Assignee
Olympus Optical Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympus Optical Co Ltd filed Critical Olympus Optical Co Ltd
Priority to JP1265460A priority Critical patent/JPH03126446A/ja
Priority to US07/557,850 priority patent/US5213571A/en
Publication of JPH03126446A publication Critical patent/JPH03126446A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Infusion, Injection, And Reservoir Apparatuses (AREA)
  • Surgical Instruments (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野コ 本発明は、結石溶解治療装置、更に詳しくは、胆石等の
結石を溶解、または溶解を促進補助する薬液を体内の結
石の周囲に導入し、結石の溶解後その溶解成分を体外へ
回収する結石溶解治療装置に関する。
[従来の技術] 従来、この種の結石溶解治療装置は特開昭62−117
545号公報および特開昭63−40541号公報等に
開示されているように既に周知である。前者の装置は、
ポンプを用いて生体内の治療部位へ一定量の薬液を注入
・吸引して攪拌し、その溶解を促進するようにしたもの
であり、後者の装置は、更に結石が生じている胆嚢内の
圧力を検出し、同胆嚢内の圧力を設定範囲内に保持する
ように薬液の流通を制御する手段を備えたものである。
[発明が解決しようとする課題] しかしながら、上述した特開昭62−117545号公
報に示される装置では、結石の生じている胆嚢内へ送り
込むことのできる薬液量を求める手段がないため、−回
の注入量が結石の溶解するのに十分ではない場合や胆嚢
内の容量を越えてしまい、薬液の胆嚢以外への漏出をき
たす場合がある。また、上記特開昭63−40541号
公報に開示される装置では胆嚢内の圧力だけを監視し制
御しているため、例えば呼吸による胆嚢内圧力の周期的
変化や咳等による胆嚢内圧の一時的な変化による外乱を
除外する必要があり、そのための制御機構が極めて複雑
になる。
従って本発明の目的は、簡単な構成で、薬液を適量に制
御することができ、安全かつ有効な治療効果を得ること
のできる結石溶解治療装置を提供するにある。
[課題を解決するための手段および作用]本発明によれ
ば、生体内の結石を溶解する薬液を体内へ導入し、結石
の溶解後、その溶解成分を含む薬液を体外へ回収する結
石溶解治療装置において、生体内の結石溶解治療部位に
向けて体外から挿入され、上記液体を内部に流通させる
管状部材と、上記管状部材に接続され、結石溶解用薬液
等の液体を送・排液するためのポンプと、結石溶解治療
部位の体腔内圧力を検出するだめの圧力検出手段と、上
記管状部材の内部を流通する液体の液量を計測するため
の液量計測手段と、上記圧力検出手段と液量計測手段の
出力に基づき、上記結石溶解治療部位の薬液注入容量を
求める手段と、上記水められた薬液注入容量に基づき、
結石溶解治療部位への薬液注入量を決定し、この決定値
に応じて上記ポンプの送・排液量を制御する制御手段と
、を具備したことを特徴とする結石溶解治療装置が提供
される。
[実 施 例] 以下、添付図面を参照して本発明に係る結石溶解治療装
置の実施例について説明する。
まず、第1図を参照すると、本発明に係る結石溶解治療
装置1による治療を受ける人体2は、治療台3の上に載
っており、本結石溶解治療装置1の治療部位である人体
2内の胆嚢4には、結石5が生じている。胆嚢4に向か
って経皮的に外筒シース6が埋設され、この外筒シース
6の内孔には、カテーテル7が挿入されている。カテー
テル7の先端は、胆嚢4内に位置し、外筒シース6の外
側端部に設けられたコネクタ8を介して、外筒シース6
とカテーテル7は着脱自在に固定されている。
上記カテーテル7は、内部に3つの管路を有しており、
これら管路は、カテーテル後端部に設けられた集合コネ
クタ9を介して、送液チューブ11゜排液チューブ13
、および圧力導管15にそれぞれ接続されている。送液
チューブ11には、コネクタ近くでコック10が配設さ
れ、中間部にて送液ポンプヘッド16が配設され、コネ
クタ9と反対側の他端は、結石溶解剤、例えば、モノオ
クタノイン、オクトジオールまたはメチルtブチルエー
テル(MTBE)を入れた液槽17に接続されている。
排液チューブ13にはコネクタ9近くでコック12が配
設され、中間部にて排液ポンプヘッド18が配設され、
他端は、治療部位から回収された結石溶解剤等を入れる
ための排液槽19に接続されている。送液ポンプヘッド
16および排液ポンプヘッド18は、図示するように同
一タイプのものであり、いずれもモータ(図示せず)の
出力シャフト16a、18aに固定されたロータ15b
、18bの両端に回転ローラ18 c 、 18 cが
取付けられ、これらローラ16c、18cはチューブ1
1.13を押圧し、常に一定量の液を押し出すようにな
っている。圧力導管15は、コネクタ20を介して回路
ユニット21内の圧力センサ(後述する)に接続され、
この回路ユニット21には、ポンプユニット22.入力
装置23および表示装置24が電気的に接続されている
次に第2図を参照すると、本図には第1図に示した結石
溶解治療装置の要部が示されている。
第1図中の回路ユニット21は、主としてポンプ制御回
路25と、圧力測定回路26とで構成されている。この
回路ユニット21に接続されたポンプユニット22は、
送液および排液用ポンプヘッド16.18と、このポン
プヘッド16.18内のロータ16b、18bを回転す
るための電動モータ27,28と、この電動モータ27
,28の回転を表示するパルスを発生するためのエンコ
ーダ29.30と、電動モータ27,28に電気エネル
ギーを供給するためのドライバ31. 32とから成る
ポンプ制御回路25は、エンコーダ29.30の出力パ
ルス信号をカウントするためのカウンタ3B、34と、
これらカウンタ3B、34からの出力が入力され、カウ
ンタ33,34からの出力に基づき所定の演算を行う演
算回路35と、入力装置23内の回転入力装置37から
の信号を受け、ドライバ31.32ヘモ一タ回転制御信
号を送ると共に表示装置24内の流量表示装置39へ流
量を表示する信号を出力するコントローラ36とから成
る。
圧力測定回路26は、コネクタ20を介して圧力導管1
5(第1図参照)に接続された圧力センサ41と、この
センサ41の出力を増幅して計測するための圧力回路4
2と、この圧力回路42がらの信号と、入力装置23内
の圧力入力装置38からの設定圧力を表示する信号が入
力される比較回路43とから成る。この比較回路43は
、両者の信号の比較演算を行い、その結果を表示する信
号を演算回路35およびコントローラ36へ出力する。
圧力回路42の出力端には、圧力表示装置40が接続さ
れ、圧力センサ41で検出される圧力、すなわち結石治
療部位、例えば胆嚢内の圧力を表示装置40に表示する
ようになっている。
このように構成された結石溶解治療装置1は、次のよう
に作動する。先ず、人体2の腹壁から胆嚢4内に穿刺し
埋設された外筒シース6の内孔に沿ってカテーテル7の
先端を胆嚢4内へ導入し、コネクタ8によって外筒シー
ス6とカテーテル7を密着固定させる。続いてカテーテ
ル7の後端で分岐された管路をコック10,12.14
を介して各々送液チューブ11.排液チューブ13.圧
力導管15と接続し、さらにコネクタ20を介して回路
ユニット21内に設けられた圧力センサ41の管路と圧
力導管15を連通させる。ここで、回転入力装置37を
操作すると、コントローラ36はドライバ32を駆動し
モータ28が回転する。このためカテーテル7の排液管
路から排液チューブ13を通って胆嚢4内の胆汁は排液
槽19へ排出される。このとき、胆汁が全て排出され、
痕嚢内の圧力が1気圧(大気圧)以下になった状態を圧
力センサ41の信号により圧力回路42が検出すると、
比較回路43が作動しコントローラ36によって、ドラ
イバ32を通じてモータ28を停止させる。続いて、圧
力入力装置38を操作し胆嚢4内の圧力が1気圧を越え
る値を設定すると、コントローラ36はドライバ31を
駆動し、モータ27を回転させることによって液槽17
内の溶解剤を送液チューブ11からカテーテル7の送液
管路を通じて胆嚢4内へ注入する。そして、溶解剤が胆
嚢4内に充填され、胆嚢4内の圧力が1気圧を越えると
、このときの圧力はセンサ41゜回路42を介して検出
され、比較回路43からの信号に応答してコントローラ
36はモータ27の回転を停止させる。このときモータ
27の回転開始から停止までの回転数はモータの回転軸
に連結されたエンコーダ29で検出され、カウンタ33
で計数され、その検出量は演算回路35に入力される。
ここで送液管路径が一定であると、回転数により溶解剤
を胆嚢4内へ送り込める最大量が求められる。この最大
量で液の還流を続けると、胆嚢4内の圧力の変動により
胆嚢4以外の臓器への薬液の漏出を起こす恐れがあるの
で、この最大量の一定比率、例えば80%に達するよう
に演算回路35で最大量の80%を生じさせるポンプの
回転数を求める。コントローラ36はモータ28を回転
させ、その量に達したところでモータ28を停止させる
。ここでは基準量を最大量の80%としたが、これは入
力装置23に入力する値を変えることによってどのよう
な割合にも設定することができる。この基準量が決まる
と、送液側モータ27と排液側モータ28を同回転数で
回転を続け、連続的に溶解剤の送液・排液を行うか、一
定時間溶解剤を胆嚢4内へ貯留させ、その後、この基準
量だけ溶解剤の注入・吸引をした後、溶解剤を貯留させ
るサイクルを繰り返してもよい。
なお、胆嚢4内の圧力や胆嚢4内の液量等は圧力表示装
置40や流量表示装置39等で表示することによって術
者がその状況を確認できるようにしである。こうして溶
解剤の送液・吸引を繰り返す間、胆嚢4内へ胆汁が入っ
てきて胆嚢4内の液量が増えることも考えられるが、そ
の際には溶解剤の基準量を求める操作を一定時間毎に繰
り返すようにしておく。すなわち、−旦、胆嚢内の胆汁
および溶解剤を全て吸引することにより胆嚢を空にし、
次に溶解液を胆嚢に送液し、胆嚢内圧力が所定値、例え
ば1気圧になったときまで送られた溶解剤の送液量から
基準量を求める。そして、初めに設定した液槽17内の
溶解剤がなくなる時は、送液側モータ27の回転数によ
り求まるので、この時点でコントローラ36は送液側モ
ータ27を停止し、排液側モータ28のみ回転させ胆嚢
内の液が完全に排出された時点で一回の治療を終了する
このように本実施例においては、簡単な構成で適量の溶
解剤を送・排液できるため、安全かつ有効な治療効果を
得ることができる。
次に第3図および第4図を参照して本発明に係る結石溶
解治療装置の第2実施例について説明する。第3図は本
発明の第2実施例を示す結石溶解治療装置IAの全体の
構成を示すlff1要図で、第4図は要部を示す構成図
である。この第2実施例も上記第1実施例とほぼ同様に
構成されるが、流量を検出する機構において異っている
。なお上記第1実施例の装置と同じ構成部分については
同一の符号を付し、その同一部分については、簡略にす
るためその説明は省略する。
第3図に示すように送液チューブ11の中IL’lには
このチューブ内を流れる溶解剤の流量を測定するための
送液流量センサ44が設けられ、他方の排液チューブ1
3には胆嚢からの溶解剤等の排液の流量を測定するため
の排液流量センサ45が示されている。
また、これらのセンサ44およびセンサ45は、第4図
に示すようにポンプ制御回路25A内の流量回路46に
接続され、センサ44,45で検出された信号を電気的
に処理するようになっている。
すなわち第1実施例では、モータ27,28に接続され
たエンコーダ29.30にょリモータ27゜28の回転
数を検出し、流量を演算しているが、本第2実施例では
チューブ内の流量を直接測定している。
次に、このように構成された第2実施例の作動について
説明する。この第2実施例ではモータの駆動機構や胆嚢
内の圧力検出機構については、上記第1実施例と同様で
あるため、流量センサによる液量の検出に基づく薬液の
送−排液の作用についてのみ説明する。まず第3図に示
す構成にセットされた状態で胆嚢4内の胆汁が排出され
ると、続く圧力入力装置38の操作によりモータ27の
回転が開始し、胆嚢4内に溶解剤が充填され、圧力が1
気圧を越えた時点で停止する。このモータ27の回転開
始から停止までの送液流−が流量センサ44の信号によ
って流量回路46で検出され、その検出量が演算回路3
5に取り込まれる。演算回路35ではこの検出量に基づ
き胆嚢4内に送り込まれた最大量が算出されるが、この
最大量の例えば80%の液量を基準量とし、続いてモー
タ28のみ回転させて液を排出させ、流量センサ45か
らの信号に基づき胆嚢4内の液の残量がこの基準量に達
したところでモータ28を停止させる。ここでも基準量
を最大量の80%としたが、これは入力装置28に設定
する値によってどのような割合にも設定できる。胆嚢4
内の液量が基準量に達した以降は送液側モータ27と排
液側モータ28を同じ回転数で駆動し連続的に溶解剤の
送・排液を行なってもよく、また胆嚢4内へ送液し溶解
剤を一定時間貯留後排出し、再度送液するというサイク
ルを繰り返してもよい。なおこの送・排液を行う行程で
は、常に流量センサ44,45によって送液量と排液量
がモニタされており、排液管路が回収した石の破片等で
詰まり排液量が下がった場合には、コントローラ36は
送液側モニ夕27の回転数を一時的に下げ、送・排液量
が常に一定になるように制御される。つまり排液量に合
わせて送液量を追従させるようになっており、排液管路
が完全に閉塞された場合は、送液側モータ27は停止す
るようになっている。次の治療終了までの作動は第1実
施例と同じである。
このように本実施例においては、流量センサを用いて、
送・排液量をモニタするようにしたため、管路用の詰ま
り等によって過度に溶解剤を送液してしまうことがなく
、さらに完全な治療ができる。
次に第5図を参照して本発明の第3実施例を示す結石溶
解治療装置IBについて説明する。
この第3実施例は上記第1実施例に体外式超音波発生装
置47が付加され、更に胆石溶解を促進するようにした
構成となっている。体外式超音波発生装置47は、周知
のように単体または複数の超音波振動子48を有し、超
音波駆動回路49により駆動され、超音波振動子48に
発生した超音波は人体2内の領域Fに照射されるように
なっている。上記超音波振動子48はリング状の振動子
固定部材50によって、体外式超音波発生装置47の本
体に固定され、人体2との間には軟性樹脂等からなるウ
ォータバッグ51が配置され、ウォータバッグ51の内
部に水等の超音波伝達液が充填されている。また体外式
超音波発生装置47の本体の一部には外方に突出する超
音波プローブ保持具52が形成されており、これに超音
波プローブ53が着脱自在に保持されるようになってい
て、同プローブ53の扇形の観測範囲52の中心軸と体
外式超音波発生装置47の超音波照射領域の中心軸が体
内の領域Fで一致するようになっている。なお、上記超
音波プローブ53は超音波観測装置54と接続され、人
体2内の胆嚢4を含む扇形の走査範囲52は超音波観測
装置54のモニタ55上にその観7T11画像が写し出
されるようになっている。そして、また上記超音波駆動
回路49は回路ユニット21内のコントローラ(図示せ
ず)とも接続された構成となっている。
このように構成された第3実施例の結石溶解治療装置I
Bは次のように作動する。なおこの第3実施例では溶解
剤の送・排液単独の作動は第1実施例と同様であるため
、体外式超音波発生装置47の作動とそれに関連する溶
解剤の送・排液の作動の部分について述べる。まず、体
外式超音波発生装置47をウォータバッグ51を介して
人体2に対向配置する。次に超音波プローブ53を人体
2に当接させ体内を観察する。このとき体外式超音波発
生装置47の移動または固定の操作は図示しない術者が
手動あるいは簡単な取付装置により行なう。この操作に
よって体内の超音波断層像がモニタ55上に撮し出され
、胆嚢4′や胆石5′が表示されるが、外筒シース6は
この超音波画像のガイド下に人体2の腹壁から胆嚢4内
に穿刺されるか、または事前の処置で配設されるもので
あってもよい。続いてカテーテル7はその先端が外筒シ
ース6の内孔に沿って導入されコネクタ8によって外筒
シースと密着固定される。
続いて、第1実施例と同様に入力装置23を操作し、溶
解剤の送・排液を行なうと同時に回路ユニット21内の
コントローラ(図示せず)は超音波駆動回路49を駆動
し、超音波を結石5の近傍へ照射し、一定サイクルによ
る超音波照射を繰り返し、溶解促進を図る。このとき、
溶解剤の送・排液や超音波照射のタイミング等は入力装
置23であらかじめ設定することができ、コントローラ
(図示せず)によって自動的に制御されるようになって
いる。
そこで、第6図を参照して溶解剤の送・排液と超音波照
射のパターンについて具体的に説明する。
各図とも横軸は時間経過を示し、縦軸は上図が胆嚢内の
溶解剤量を示し、下図が超音波駆動のON・、OF F
の状態を示している。例えば、第6図(a)では胆嚢内
の溶解剤の液量が基準量に設定された時点で超音波の照
射が開始される。以降、送液ポンプヘッド16と排液ポ
ンプヘッド18は同じ回数で駆動され、液槽17内の溶
解剤がなくなる時間T(例えば1時間)の間、連続的に
同時回転を続ける。この間超音波がt1時間(例えば3
分間)照射されt2時間(例えば1分間)停止するとい
うサイクルを繰り返すが、このtt、t2の設定は入力
装置23で前もって自由に設定できる。また第6図(b
)では胆嚢内の溶解剤の液量か基準量で貯留されている
時間ta  (例えば1分間)の間のみ超音波が照射さ
れるようになっている。
ここでは溶解剤を同時に送液・排液を行なうことなく、
送液・一定時間貯留・排液のサイクルを繰り返すように
なっている。ここでも溶解剤を貯留する時間t3は前も
って自由に設定できるようになっている。
このように本実施例においては体外から超音波かを照射
するようにしたので、上述した溶解剤による結石の溶解
を一層促進させることができ、迅速かつ能率的な治療を
行うことができる。
[発明の効果コ 以上説明したように本発明によれば、胆嚢内に送・排液
する液量を計測し、必要十分な溶解剤を胆嚢内で作用さ
せるようにしたので、簡単な構成で安全かつ効果的な治
療が行える。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明の第1実施例の結石溶解治療装置の全
体を示す概要図、 第2図は、第1図に示した第1実施例における結石溶解
治療装置の要部を示すブロック図、第3図は、本発明の
第2実施例の結石溶解治療装置の全体を示す概要図、 第4図は、第3図に示した第2実施例における結石溶解
治療装置の要部を示すブロック図、第5図は、本発明の
第3実施例の結石溶解治療装置の全体を示す概要図、 第6図は、溶解剤の注入・排出パターンを示すグラフで
ある。 5・・・・・・・・・・・・・・・・・・結石11.1
3・・・・・・チューブ 16.18・・・・・・ポンプヘッド

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)生体内の結石を溶解する薬液を体内へ導入し、結
    石の溶解後、その溶解成分を含む薬液を体外へ回収する
    結石溶解治療装置において、 生体内の結石溶解治療部位に向けて体外から挿入され、
    上記液体を内部に流通させる管状部材と、上記管状部材
    に接続され、結石溶解用薬液等の液体を送・排液するた
    めのポンプと、 結石溶解治療部位の体腔内圧力を検出するための圧力検
    出手段と、 上記管状部材の内部を流通する液体の液量を計測するた
    めの液量計測手段と、 上記圧力検出手段と液量計測手段の出力に基づき、上記
    結石溶解治療部位の薬液注入容量を求める手段と、 上記求められた薬液注入容量に基づき、結石溶解治療部
    位への薬液注入量を決定し、この決定値に応じて上記ポ
    ンプの送・排液量を制御する制御手段と、 を具備したことを特徴とする結石溶解治療装置。
JP1265460A 1989-07-27 1989-10-11 結石溶解治療装置 Pending JPH03126446A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1265460A JPH03126446A (ja) 1989-10-11 1989-10-11 結石溶解治療装置
US07/557,850 US5213571A (en) 1989-07-27 1990-07-26 Litholysis apparatus provided with safe stop function

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1265460A JPH03126446A (ja) 1989-10-11 1989-10-11 結石溶解治療装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH03126446A true JPH03126446A (ja) 1991-05-29

Family

ID=17417478

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1265460A Pending JPH03126446A (ja) 1989-07-27 1989-10-11 結石溶解治療装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH03126446A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002027835A (ja) * 2000-05-08 2002-01-29 Fulta Electric Machinery Co Ltd 空気清浄機付きプランター
JP2021512719A (ja) * 2018-02-08 2021-05-20 テキサス メディカル センター 胆嚢を機能低下させるための機器及び方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002027835A (ja) * 2000-05-08 2002-01-29 Fulta Electric Machinery Co Ltd 空気清浄機付きプランター
JP2021512719A (ja) * 2018-02-08 2021-05-20 テキサス メディカル センター 胆嚢を機能低下させるための機器及び方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5527274A (en) Catheter for chemical contact dissolution of gallstones
JP2990525B2 (ja) 身体閉塞を除く装置
US6149596A (en) Ultrasonic catheter apparatus and method
US20080103446A1 (en) Interventional catheters incorporating aspiration and/or infusion systems
JP2005537116A (ja) 温度センサを備えた投与装置
JPH06205784A (ja) 血栓摘出方法および装置
US5213571A (en) Litholysis apparatus provided with safe stop function
JPH042361A (ja) 溶解治療装置用カテーテル
JPH03126446A (ja) 結石溶解治療装置
CN207024117U (zh) 一种多功能远程控制可透x射线穿刺操作系统
CA2180450A1 (en) Defecation disposal device
JP3046620B2 (ja) 胆石の溶解のための装置及びカテーテル
JP4950928B2 (ja) 超音波内視鏡装置
WO2020152928A1 (ja) バルーンカテーテルシステムおよび光学的腫瘍治療方法
JPH08229044A (ja) 機械走査型3次元超音波プローブ
JPH049150A (ja) 溶解治療装置
JP3081674B2 (ja) 超音波処置装置
JPH04246345A (ja) 溶解治療装置
JPH0370551A (ja) 結石溶解治療装置
JPH03297470A (ja) 溶解治療装置
JPH0422350A (ja) 溶解治療装置
CN219166543U (zh) 一种冲击波治疗系统
JPH03207370A (ja) 溶解治療装置
JP7320297B2 (ja) Hifu照射装置
JPH03207371A (ja) 溶解治療装置