JP5830195B2 - トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法 - Google Patents

トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5830195B2
JP5830195B2 JP2015510593A JP2015510593A JP5830195B2 JP 5830195 B2 JP5830195 B2 JP 5830195B2 JP 2015510593 A JP2015510593 A JP 2015510593A JP 2015510593 A JP2015510593 A JP 2015510593A JP 5830195 B2 JP5830195 B2 JP 5830195B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
truss
formwork
mold
imperfect
horizontal plane
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015510593A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015519491A (ja
Inventor
春 劉
春 劉
Original Assignee
昆山生態屋建築技術有限公司Kunshan Ecological Building Technology Co., Ltd.
昆山生態屋建築技術有限公司Kunshan Ecological Building Technology Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 昆山生態屋建築技術有限公司Kunshan Ecological Building Technology Co., Ltd., 昆山生態屋建築技術有限公司Kunshan Ecological Building Technology Co., Ltd. filed Critical 昆山生態屋建築技術有限公司Kunshan Ecological Building Technology Co., Ltd.
Priority to PCT/CN2012/075190 priority Critical patent/WO2013166658A1/zh
Publication of JP2015519491A publication Critical patent/JP2015519491A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5830195B2 publication Critical patent/JP5830195B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B5/00Floors; Floor construction with regard to insulation; Connections specially adapted therefor
    • E04B5/16Load-carrying floor structures wholly or partly cast or similarly formed in situ
    • E04B5/32Floor structures wholly cast in situ with or without form units or reinforcements
    • E04B5/36Floor structures wholly cast in situ with or without form units or reinforcements with form units as part of the floor
    • E04B5/38Floor structures wholly cast in situ with or without form units or reinforcements with form units as part of the floor with slab-shaped form units acting simultaneously as reinforcement; Form slabs with reinforcements extending laterally outside the element
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B5/00Floors; Floor construction with regard to insulation; Connections specially adapted therefor
    • E04B5/16Load-carrying floor structures wholly or partly cast or similarly formed in situ
    • E04B5/32Floor structures wholly cast in situ with or without form units or reinforcements
    • E04B5/36Floor structures wholly cast in situ with or without form units or reinforcements with form units as part of the floor
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C3/08Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal with apertured web, e.g. with a web consisting of bar-like components; Honeycomb girders
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C5/00Reinforcing elements, e.g. for concrete; Auxiliary elements therefor
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C5/00Reinforcing elements, e.g. for concrete; Auxiliary elements therefor
    • E04C5/01Reinforcing elements of metal, e.g. with non-structural coatings
    • E04C5/06Reinforcing elements of metal, e.g. with non-structural coatings of high bending resistance, i.e. of essentially three-dimensional extent, e.g. lattice girders
    • E04C5/0636Three-dimensional reinforcing mats composed of reinforcing elements laying in two or more parallel planes and connected by separate reinforcing parts
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C5/00Reinforcing elements, e.g. for concrete; Auxiliary elements therefor
    • E04C5/01Reinforcing elements of metal, e.g. with non-structural coatings
    • E04C5/06Reinforcing elements of metal, e.g. with non-structural coatings of high bending resistance, i.e. of essentially three-dimensional extent, e.g. lattice girders
    • E04C5/0636Three-dimensional reinforcing mats composed of reinforcing elements laying in two or more parallel planes and connected by separate reinforcing parts
    • E04C5/064Three-dimensional reinforcing mats composed of reinforcing elements laying in two or more parallel planes and connected by separate reinforcing parts the reinforcing elements in each plane being formed by, or forming a, mat of longitunal and transverse bars
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04GSCAFFOLDING; FORMS; SHUTTERING; BUILDING IMPLEMENTS OR AIDS, OR THEIR USE; HANDLING BUILDING MATERIALS ON THE SITE; REPAIRING, BREAKING-UP OR OTHER WORK ON EXISTING BUILDINGS
    • E04G11/00Forms, shutterings, or falsework for making walls, floors, ceilings, or roofs
    • E04G11/36Forms, shutterings, or falsework for making walls, floors, ceilings, or roofs for floors, ceilings, or roofs of plane or curved surfaces end formpanels for floor shutterings
    • E04G11/38Forms, shutterings, or falsework for making walls, floors, ceilings, or roofs for floors, ceilings, or roofs of plane or curved surfaces end formpanels for floor shutterings for plane ceilings of concrete
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04GSCAFFOLDING; FORMS; SHUTTERING; BUILDING IMPLEMENTS OR AIDS, OR THEIR USE; HANDLING BUILDING MATERIALS ON THE SITE; REPAIRING, BREAKING-UP OR OTHER WORK ON EXISTING BUILDINGS
    • E04G21/00Preparing, conveying, or working-up building materials or building elements in situ; Other devices or measures for constructional work
    • E04G21/12Mounting of reinforcing inserts; Prestressing
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04CSTRUCTURAL ELEMENTS; BUILDING MATERIALS
    • E04C3/00Structural elongated elements designed for load-supporting
    • E04C3/02Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces
    • E04C3/04Joists; Girders, trusses, or trusslike structures, e.g. prefabricated; Lintels; Transoms; Braces of metal
    • E04C2003/0486Truss like structures composed of separate truss elements
    • E04C2003/0491Truss like structures composed of separate truss elements the truss elements being located in one single surface or in several parallel surfaces

Description

本発明は建築用フェロセメントスラブ(steel wire mesh cement slab)工法に関し、具体的にはトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法に関する。
中国国家標準GB/T 16308‐2008で規定されたフェロセメントスラブはプレキャスト床スラブであり、軽量で、材料使用量が少ない利点を有し、平均厚さが僅か3cm程度で、通常の現場打設による床スラブよりも材料が70%減少し、普及する価値が極めて高い構造床スラブであり、すべての建設中の建物の床スラブは全部このようなフェロセメントスラブを用いると、一年あたり節約したコンクリートは積めば小さい山になるほどである。しかしながら、フェロセメントスラブはプレキャストが必要で、体積が大きくて運搬に不都合であり、且つプレキャストフェロセメントスラブはさらに梁、柱との接合課題が存在し、建物床(floor)全体の剛性に極めて大きな影響を及ぼすので、幅広く利用されていない。また、従来の現場製作技術レベルの制限によって、現在、従来の工法でフェロセメントスラブの現場打設製作条件を満たすことはできない。
特表2005-528543号公報
従来技術の欠陥を鑑み、本発明は、直接にフェロセメントスラブについて現場打設製作に変更し、梁、柱と一体に現場打設で形成し、フェロセメントスラブの適用範囲をさまざまな建物床スラブに拡張できる、トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法を提供することを目的とする。
上記の目的を達成するために、本発明は以下の技術方案を採用する。
トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法であって、具体的には、
工場において、現場施工時に井字状トラス4を組み立てるための、横方向平面トラス梁1、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3を加工で得る、
床スラブのスパン及び耐荷重条件に応じて、井字状トラス4の幅D、井字状トラス4の高さHを選定し、
次に、全自動トラススポット溶接機でそれぞれ高さがHである横方向平面トラス梁1、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3を製作し、且つ横方向平面トラス梁1の長さがDであるステップ1と、
下型枠は耐火及び防音性能に優れた軽量材料からなり、下型枠については施工荷重の要求に配慮すべきであり、施工荷重が比較的に大きな下型枠を補強処理しなければならず、補強については、下型枠の強度を向上させ、或いは下型枠の内部に鉄網を配置することによって行うことが可能である、下型枠を製作するステップ2と、
まず、横方向平面トラス梁1を井字状トラスの間隔条件に基づいて所定の位置に配置し、梁又は壁に固定接合し、各横方向平面トラス梁1を水平に維持させ、
さらに縦方向平面不完全トラス梁2を各横方向平面トラス梁1の上に、横方向平面トラス梁1と直交するように固定し、隣接する縦方向平面不完全トラス梁2の間の間隔が井字状梁の間隔条件に合致し、且つ逐一に梁又は壁に接合し、
次に縦方向平面不完全トラス3を縦方向平面不完全トラス梁2の下に配置し、且つ縦方向平面不完全トラス梁2と縦方向平面不完全トラス3とを組み立て、
最後に横方向平面トラス梁1と、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3とを接合する交差点を固結する井字状トラス4の現場組立・施工ステップ3と、
接合部品によって下型枠を井字状トラス4の下方に懸装し、且つ下型枠間の目地を目地仕上げ処理し、下型枠間の間隔がフェロセメントスラブの断面条件を満たす、下型枠を懸装するステップ4と、
フェロセメントスラブの構造条件に基づいて床スラブの表層及びリブの両側に補強網を配置し、終了後、設計図に基づいて条件を満たすか否かを検査する、補強網(reinforcing mesh pieces)を配置するステップ5と、
補強網、下型枠で囲まれた井字状トラス4内にセルフレベリングモルタル又は自己充填モルタル又は自己充填コンクリートを現場打設することによって、補強網、下型枠及び井字状トラス4を一体に接合すると、フェロセメントスラブを現場打設で製作する現場施工作業が終了する、現場打設のステップ6と、を含むことを特徴とする。
前記技術方案において、前記横方向平面トラス梁1は横方向平面トラス梁上弦材11及び横方向平面トラス梁下弦材12を備え、横方向平面トラス梁上弦材11と横方向平面トラス梁下弦材12は若干の横方向平面トラス梁腹材13によって接続され、2つの横方向平面トラス梁腹材13を1組として三角形構造に組み立て、隣接する三角形構造は互いに頂部と底部が結合される。
前記技術方案において、前記縦方向平面不完全トラス梁2は上弦材21を備え、上弦材21の下方に若干の腹材22が設けられ、2つの腹材22を1組として逆三角形構造に組み立て、隣接する逆三角形構造同士の間隔は1つの逆三角形構造の幅である。
前記技術方案において、前記縦方向平面不完全トラス3は下弦材31を備え、下弦材31の上方に若干の腹材32が設けられ、2つの腹材32を1組として三角形構造に組み立て、隣接する三角形構造同士の間隔は1つの三角形構造の幅である。
前記技術方案において、前記の下型枠を製作するための耐火及び防音性能に優れた軽量材料は気泡コンクリートである。
前記技術方案において、ステップ4において、前記接合部品は下型枠内に予め埋め込まれる。
本発明に係るトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法は、以下の利点を有する。
1、工場において横方向平面トラス梁1、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3をプレキャストすることができる。
2、横方向平面トラス梁1、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3を組み立てて井字状トラス4を形成する。
3、下型枠は使い捨て軽量専用型枠であり、施工荷重を負荷し、且つフェロセメントスラブの断面形態を形成するとともに、断熱、耐火及び防音の機能を有することができ、施工条件と使用条件を同時に満たす多用途型枠である。
4、下型枠の中に接合部品を予め埋設してもよく、接合部品によって下型枠と井字状トラス4とを容易に接合することができ、且つネジで下型枠と井字状トラス4とを固定することが可能なので、施工精度が確保される。
5、まず、井字状トラスを固定することによって鉄筋の床スラブ内における相対位置が確保され、従来工法に鉄筋の相対位置の精度がフェロセメントスラブの鉄筋精度への要求を満たすことができないことを解決する。
6、組立式井字状トラス4について、工場において単体のトラスを機械化加工することができ、梁の縦方向水平度及び剛性が良く確保され、施工過程に梁端太(井字状トラス4と梁又は壁との固結、そのうち端太が含まれる)を用いることによって、従来工法に端太が不整の課題を解決する。
7、取り外しが不要な下型枠(使い捨て型枠とも呼ばれる)を用いることによって、従来工法の型枠取り外し課題を解決する。
8、鉄筋の相対位置を基準として下型枠を生産することによって、下型枠と下型枠と、及び下型枠と鉄筋との間の相対位置が確保され、フェロセメントスラブ現場打設の型枠精度をプレキャスト型枠の製作精度に達させ、フェロセメントスラブの現場打設が達成される。
9、製作した下型枠は防音機能を有し、現場打設して製作したフェロセメントスラブとともに複合材板になり、軽量及び高防音性の効果を兼ね備える。
10、製作した下型枠は優れた断熱効果を有し、火事が発生する際に、高温による構造への損傷を回避することができ、その耐火性能を向上させる。
11、下型枠と井字状トラスとは接合部品によって固定接合され、この機械的接合は打設後、フェロセメントスラブと一体になることによって、下型枠が後期使用において緩んだり脱落したりすることがない。
12、トラス懸装型枠を用いることによって、施工過程において床スラブに打設するセルフレベリングモルタル又は自己充填コンクリートは下型枠によって直接に鉄筋に作用し、端太がないことによって、床スラブは自重による引張応力によってひびが入ることなく、且つ自重作用で下型枠は打設物に密着することができることによって、空気や酸素ガスが鉄筋に接触する時間を遅延し、すなわり、間接に床スラブの寿命を向上させる。
本発明は以下の図面を有する。
横方向平面トラス梁の模式図である。 縦方向平面不完全トラス梁の模式図である。 縦方向平面不完全トラスの模式図である。 組立後の井字状トラスの模式図である。
以下、図面を参照しながら本発明を更に詳しく説明する。
プレキャスト工法と現場工法との相違が極めて大きいので、分析によって、われわれは中国国家標準GB/T 16308‐2008に規定されたフェロセメントスラブを現場工法で製作しようとすると、以下のいくつかの技術的なボトルネックに制約される。
1、型枠の製作
中国国家標準GB/T 16308‐2008に規定されたフェロセメントスラブは型枠への要求が極めて高く、それはそれ自体の断面が小さい特性によって決められるからであり、型枠への精度条件が現場で製作した型枠よりもはるかに高く、工場におけるプレキャストの場合、鋼製型枠及び蒸気養生法を用いて型枠の回転率を向上させるが、現場の場合、その達成が極めて難しく、達成しても、そのコストが型枠自体のコストよりもはるかに高く、普及する意義がなくなる。
2、型枠の取り外し
従来の現場打設鉄筋コンクリート密リブ床スラブの施工において、型枠の取り外しは常に一つの主要課題であり、この課題はフェロセメントスラブに対してさらに深刻になる。フェロセメントスラブはリブが薄く、バールなどの従来の取り外し方法が不適切であるので、中国国家標準GB/T16308‐2008においては大離型剤を型枠の取り外しに用い、しかしながら、現場施工において大離型剤によって鉄筋が汚染されないことを確保し難く、大離型剤によって鉄筋が汚染されてしまうと、直接にスラブの耐荷重力に影響を及ぼす。
3、端太
従来の現場打設による床スラブの工法として、まず、端太を取り付け、次にブロックボード(blockboard)を敷設し、その後、鉄筋を緊結し、最後、コンクリートを打設するのは一般的である。しかしながら、この施工方式ではスラブの下型枠の水平精度が不十分である課題は存在し、且つ実際の施工において型枠がずれ、局所が凹み又は突起となる可能性があり、それはフェロセメントスラブに対して致命的であり、直接にスラブの断面の高さに影響を及ぼし、すなわち、スラブの耐荷重能力が不均一である課題に影響を及ぼす。
4、鉄筋固定
現場打設による床スラブは通常、型枠に手作業で鉄筋を直接に緊結し、この従来工法は鉄筋同士の相対位置を確保し難いが、フェロセメントスラブの鉄筋の相対位置への要求が極めて厳密であり、それはそれ自体の構造面の断面が小さいからであり、鉄筋の位置精度への要求が当然高いので、従来のプロセスでこの条件を満たすのは困難である。
前記現場打設施工に変更する技術課題以外、中国国家標準GB/T16308‐2008に規定されたフェロセメントスラブの普及について、さらに使用機能面の課題が存在している。
1、スラブは極めて薄いので、防音効果が悪く、国家規範に規定する防音効果への使用機能条件を満たすことができない。
2、耐火性能が悪く、断面が極めて薄すぎて断熱性が悪い。
そのため、この構造を普及するために、一連の革新を行わなければならない。
立体トラスは立体トラス又は3次元トラス又は立体鋼製トラスとも呼ばれ、スパンの大きい屋根構造に広く適用され、多くのガソリンスタンドや体育館のルーフなどはこの構造を用いているが、現場打設鉄筋コンクリート構造に適用されておらず、その要因は以下のとおりである。
1、立体トラスはいずれも一体製作、一体取り付けを用いるので、多階建物の梁、柱との結合がそれほど容易ではなく、小スパンの建物屋根に適しない。
2、立体トラス自体は剛性が極めて大きく、耐荷重力が高く、コンクリートの自重の負担を増加する必要がなく、この点から見れば、立体トラスをコンクリートに打設することは資源の浪費であり、耐荷重力を向上できないだけでなく、多くの自重が増加し、かえって立体トラスの使用荷重レベルが低下する。
3、立体トラスの製作条件が高く、特に立体トラスの節点(ボール節点)は応力集中の課題を克服しなければならない。
そのため、従来の立体トラスは国内外において、負荷構造の形態として独立して使用されている。
本発明では創造的に立体トラスを組立トラスに変更して現場打設による床スラブに適用し、この適用によって、前記浪費は生じることがなく、大量の型枠の端太を節約し、且つフェロセメントスラブのプレキャスト技術を統合してさまざまな現場打設による床スラブに適用することを達成する。
本発明に係るトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法は、図1、2、3、4に示すように、具体的には、以下のステップを含む。
ステップ1、
工場において、現場施工時、井字状トラス4を組み立てるための横方向平面トラス梁1、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3を加工で得る、
床スラブのスパン及び耐荷重条件に応じて、井字状トラス4の幅D、井字状トラス4の高さHを選定し、前記井字状トラス4の幅D及び高さHは図4を参照し、井字状トラス4の長さは実際の需要に応じて選択され、井字状トラス4は高さがH、辺長がDである正方形であってもよく、
次に、全自動トラススポット溶接機でそれぞれ高さがHである横方向平面トラス梁1、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3を製作し、且つ横方向平面トラス梁1の長さがDであり、
前記横方向平面トラス梁1は横方向平面トラス梁上弦材11及び横方向平面トラス梁下弦材12を備え、横方向平面トラス梁上弦材11と横方向平面トラス梁下弦材12は若干の横方向平面トラス梁腹材13によって接続され、2つの横方向平面トラス梁腹材13を1組として三角形構造に組み立て、隣接する三角形構造は互いに頂部と底部が結合され
前記縦方向平面不完全トラス梁2は上弦材21を備え、上弦材21の下方に若干の腹材22が設けられ、2つの腹材22を1組として逆三角形構造に組み立て、隣接する逆三角形構造同士の間隔は1つの逆三角形構造の幅であり、
前記縦方向平面不完全トラス3は下弦材31を備え、下弦材31の上方に若干の腹材32が設けられ、2つの腹材32を1組として三角形構造に組み立て、隣接する三角形構造同士の間隔は1つの三角形構造の幅であり、
2つの腹材32から構成される三角形構造の幅は2つの腹材22から構成される逆三角形構造の幅と同様であり、
上下弦材は異形棒鋼が好ましく、腹材は熱間圧延線材鋼が好ましい。
ステップ2、下型枠製作
下型枠は耐火及び防音性能に優れた軽量材料からなり、下型枠は施工荷重の要求に配慮すべきであり、施工荷重が比較的に大きな下型枠を補強処理しなければならず、補強は、下型枠の強度を向上させ、或いは下型枠の内部に鉄網を配置することによって行うことが可能であり、
前記下型枠を製作する耐火及び防音性能に優れた軽量材料は気泡コンクリートであってもよく、気泡コンクリートは低コストで、普及に有利である。
ステップ3、井字状トラス4の現場組立・施工
まず、横方向平面トラス梁1を井字状トラスの間隔条件に基づいて所定の位置に配置して梁又は壁(梁又は壁によって接合方式が異なり、具体的な接合方式はいずれも従来の公知技術によって実施され、ここで、重複説明を省略する。)に固定接合し、各横方向平面トラス梁1を水平に維持させ、
さらに縦方向平面不完全トラス梁2を各横方向平面トラス梁1の上に横方向平面トラス梁1と直交するように固定し、隣接する縦方向平面不完全トラス梁2の間の間隔が井字状梁の間隔条件に合致し、且つ逐一に梁又は壁に接合し、
次に縦方向平面不完全トラス3を縦方向平面不完全トラス梁2の下に配置し、且つ縦方向平面不完全トラス梁2と縦方向平面不完全トラス3とを組み立て、
最後に横方向平面トラス梁1と、縦方向平面不完全トラス梁2及び縦方向平面不完全トラス3とを接合する交差点を固結する。
ステップ4、下型枠懸装
接合部品によって下型枠を井字状トラス4の下方に懸装し、且つ下型枠間の目地を目地仕上げ処理し、下型枠間の間隔がフェロセメントスラブの断面条件を満たし、
前記接合部品は下型枠内に予め埋め込まれる。
ステップ5、補強網配置
フェロセメントスラブの構造条件に基づいて床スラブ表層及びリブの両側に補強網を配置し、終了後、設計図に基づいて条件を満たすか否かを検査する。
ステップ6、現場打設
補強網、下型枠で囲まれた井字状トラス4内にセルフレベリングモルタル又は自己充填モルタル又は自己充填コンクリートを現場打設することによって、補強網、下型枠及び井字状トラス4を一体に接合すると、フェロセメントスラブを現場打設で製作する現場施工作業が終了する。
この現場打設工法により製作された組立トラス懸装型枠現場打設フェロセメントスラブは、プレキャストフェロセメントスラブの軽量で、材料使用量が少ない特徴を保持するとともに、その防音、耐火性能が悪い欠点を解決し、且つさまざまな梁、柱との節点も確保(節点は梁と板と、柱と板と、梁と柱との交差結合部分であり、構造のうちの非常に重要な部分である)され、さらに複数のスパンの床スラブ(一般的には、一部屋を一スパンとし、複数の隣接する部屋の床スラブは、建築業界において複数のスパンの床スラブと呼ばれる。)の鉄筋を互いに重ね接合して連続双方向スラブを形成することができ、屋根全体の剛性を増加させて耐震性能を向上させ、それにより、さまざまな建物の床スラブによりよく適し、その適用範囲を大幅に拡大し、国家のために大量の建築材料を節約し、自然環境への破壊を減少させる。
本明細書において、詳しく説明されていない内容は当業者に知られていた従来技術に属する。

Claims (4)

  1. トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法であって、
    工場において、現場施工時に井字状トラス(4)を組み立てるための横方向平面トラス梁(1)、縦方向平面不完全トラス梁(2)及び縦方向平面不完全トラス(3)を加工で得る、
    床スラブのスパン及び耐荷重条件に基づいて、井字状トラス(4)の幅D、井字状トラス(4)の高さHを選定し、
    次に、全自動トラススポット溶接機でそれぞれ高さがHである横方向平面トラス梁(1)、縦方向平面不完全トラス梁(2)、縦方向平面不完全トラス(3)を製作し、且つ横方向平面トラス梁(1)の長さがDである、ステップ1と、
    下型枠は耐火及び防音性能に優れた軽量材料からなり、下型枠については、施工荷重の要求に配慮すべきであり、施工荷重が比較的に大きな下型枠を補強処理しなければならず、補強は、下型枠の強度を向上させ、或いは下型枠の内部に鉄網を配置することによって行うことが可能である、下型枠を製作するステップ2と、
    まず、横方向平面トラス梁(1)を井字状トラスの間隔条件に基づいて所定の位置に配置して梁又は壁に固定接合し、各横方向平面トラス梁(1)を水平に維持させ、
    さらに縦方向平面不完全トラス梁(2)を各横方向平面トラス梁(1)の上に、横方向平面トラス梁(1)と直交するように固定し、隣接する縦方向平面不完全トラス梁(2)の間の間隔が井字状梁の間隔条件に合致し、且つ逐一に梁又は壁に接合し、
    次に縦方向平面不完全トラス(3)を縦方向平面不完全トラス梁(2)の下に配置し、且つ縦方向平面不完全トラス梁(2)と縦方向平面不完全トラス(3)とを組み立て、
    最後に横方向平面トラス梁(1)と、縦方向平面不完全トラス梁(2)及び縦方向平面不完全トラス(3)とを接合する交差点を固結する、井字状トラス(4)を現場組立・施工するステップ3と、
    接合部品によって下型枠を井字状トラス(4)の下方に懸装し、且つ下型枠間の目地を目地仕上げ処理し、下型枠間の間隔がフェロセメントスラブの断面条件を満たす、下型枠を懸装するステップ4と、
    フェロセメントスラブの構造条件に基づいて床スラブの表層及びリブの両側に補強網を配置し、終了後、設計図に基づいて条件を満たすか否かを検査する、補強網を配置するステップ5と、
    補強網、下型枠で囲まれた井字状トラス(4)内にセルフレベリングモルタル又は自己充填モルタル又は自己充填コンクリートを現場打設することで、補強網、下型枠及び井字状トラス(4)を一体に接合すると、フェロセメントスラブを現場打設で製作する現場施工作業が終了する、現場打設のステップ6と、を含み、
    前記縦方向平面不完全トラス梁(2)は上弦材(21)を備え、上弦材(21)の下方に若干の腹材(22)が設けられ、2つの腹材(22)を1組として逆三角形構造に組み立て、隣接する逆三角形構造同士の間隔は1つの逆三角形構造の幅であることと、
    前記縦方向平面不完全トラス(3)は下弦材(31)を備え、下弦材(31)の上方に若干の腹材(32)が設けられ、2つの腹材(32)を1組として三角形構造に組み立て、隣接する三角形構造同士の間隔は1つの三角形構造の幅であることと、を特徴とするトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法。
  2. 前記横方向平面トラス梁(1)は横方向平面トラス梁上弦材(11)及び横方向平面トラス梁下弦材(12)を備え、横方向平面トラス梁上弦材(11)と横方向平面トラス梁下弦材(12)は若干の横方向平面トラス梁腹材(13)によって接続され、2つの横方向平面トラス梁腹材(13)を1組として三角形構造に組み立て、隣接する三角形構造は互いに頂部と底部が結合されることを特徴とする請求項1に記載のトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法。
  3. 前記の下型枠を製作する耐火及び防音性能に優れた軽量材料は気泡コンクリートであることを特徴とする請求項1に記載のトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法。
  4. ステップ4において、前記接合部品は下型枠内に予め埋め込まれることを特徴とする請求項1に記載のトラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法。
JP2015510593A 2012-05-08 2012-05-08 トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法 Active JP5830195B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/CN2012/075190 WO2013166658A1 (zh) 2012-05-08 2012-05-08 一种拼接网架悬挂模板现浇钢丝网水泥板的方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015519491A JP2015519491A (ja) 2015-07-09
JP5830195B2 true JP5830195B2 (ja) 2015-12-09

Family

ID=49550064

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015510593A Active JP5830195B2 (ja) 2012-05-08 2012-05-08 トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US9340975B2 (ja)
EP (1) EP2848750B1 (ja)
JP (1) JP5830195B2 (ja)
AP (1) AP201408055A0 (ja)
EA (1) EA029731B1 (ja)
WO (1) WO2013166658A1 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103015747B (zh) * 2012-12-21 2014-10-22 昆山生态屋建筑技术有限公司 全组装整体灌注复合式房屋及其建造方法
CN103924714B (zh) * 2014-03-18 2016-09-07 昆山生态屋建筑技术有限公司 一种钢丝网整体骨架房屋墙体及其制作工艺
WO2017121315A1 (zh) * 2016-01-12 2017-07-20 广州机施建设集团有限公司 一种建筑桁架及楼板的施工方法
CN107630553B (zh) * 2016-07-18 2020-07-31 上海奇谋能源技术开发有限公司 一种用于大跨度楼板的先张快速施工装置及方法
CN108035470B (zh) * 2017-10-31 2020-04-28 中建钢构有限公司 一种楼面大板及其制造方法
WO2019164077A1 (ko) * 2018-02-21 2019-08-29 (주)지승컨설턴트 역t형 단면 혼합형 psc거더 및 이를 이용한 슬래브 시공방법
CN109763650A (zh) * 2019-01-17 2019-05-17 中铁建设集团有限公司 一种超高层钢筋桁架楼承板施工方法
CN112031233A (zh) * 2020-07-17 2020-12-04 罗克佐 一种装配式楼板及其制造方法

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2112949A (en) * 1935-10-09 1938-04-05 Herbert H Bunker Slab
CH406586A (de) * 1963-05-07 1966-01-31 Rheinbau Gmbh Gitterträger für Geschossdecken
US3336718A (en) * 1964-06-15 1967-08-22 Dominion Bridge Co Ltd Space decks
US3641303A (en) * 1970-01-26 1972-02-08 Integrated Building Industry I Method and apparatus for continuously making truss elements
JP4285826B2 (ja) 1999-02-25 2009-06-24 株式会社フジタ ハーフpc部材、およびそれを用いた床スラブと壁体の施工方法
US6244008B1 (en) * 1999-07-10 2001-06-12 John Fullarton Miller Lightweight floor panel
CN1275667A (zh) * 2000-04-02 2000-12-06 张云富 轻型密肋楼板及施工方法
US7721497B2 (en) 2002-07-17 2010-05-25 Pace Malcolm J Apparatus and method for composite concrete and steel floor construction
US6973864B1 (en) * 2003-12-19 2005-12-13 The Cooper Union For The Advancement Of Science And Art Protective structure and protective system
CN1904280A (zh) 2005-07-28 2007-01-31 邱则有 一种结构承力式模板构件
US20070079570A1 (en) * 2005-10-12 2007-04-12 Mootaz Sorial Reinforced Concrete Forming System
CN201217872Y (zh) 2008-06-18 2009-04-08 黑龙江宇辉新型建筑材料有限公司 预制叠合楼板
CN102425306B (zh) * 2011-03-17 2014-03-12 建研科技股份有限公司 钢筋桁架楼承板的施工方法及钢筋桁架楼承板
CN102409848A (zh) 2011-08-11 2012-04-11 李林 一种轻质密肋楼板和轻质密肋楼盖的施工成型方法
CN202530614U (zh) 2012-05-08 2012-11-14 刘春� 一种现浇钢丝网水泥板
CN102635235B (zh) 2012-05-08 2014-05-14 昆山生态屋建筑技术有限公司 一种拼接网架悬挂模板现浇钢丝网水泥板的方法

Also Published As

Publication number Publication date
US9340975B2 (en) 2016-05-17
WO2013166658A1 (zh) 2013-11-14
EP2848750B1 (en) 2017-07-12
JP2015519491A (ja) 2015-07-09
EA201491930A1 (ru) 2015-04-30
EP2848750A4 (en) 2016-05-11
EP2848750A1 (en) 2015-03-18
US20150145156A1 (en) 2015-05-28
EA029731B1 (ru) 2018-05-31
AP201408055A0 (en) 2014-11-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105544733B (zh) 用于支撑建筑物的结构框架系统和装配其的方法
CN102808465B (zh) 装配式混凝土框架-剪力墙拼装连接结构及拼装连接方法
CN102635197B (zh) 一种带凹槽的预制钢筋混凝土构件及其制作方法
CN101672071B (zh) 钢筋直立式混凝土构件-屈曲约束支撑连接节点
CN202767230U (zh) 装配整体式剪力墙建筑结构
KR100626542B1 (ko) 강판성형보와 콘크리트를 이용한 복합보 구조
CN102808450A (zh) 一种装配整体式剪力墙建筑结构及建造方法
CN204386002U (zh) 一种装配式楼盖体系
Churakov Biaxial hollow slab with innovative types of voids
KR100646363B1 (ko) 장스팬용 보강데크식 바닥 구조물 및 그 축조 방법
CN202559569U (zh) 一种装配整体式自保温暗密肋轻质叠合楼板
CN204435638U (zh) 一种空心叠合楼板
KR20080109958A (ko) 에이치형강과 성형강판을 이용한 층고절감형 강-콘크리트합성보-슬래브용 성형강판 조립 보
CN202416650U (zh) 自承式带肋钢筋桁架混凝土叠合楼板
CN100507150C (zh) 具有钢-混凝土组合板下翼缘的波纹钢腹板箱梁
KR101652664B1 (ko) 프리캐스트 데크 플레이트 및 이를 이용한 콘크리트 슬래브 시공방법
CN103397705A (zh) 建筑物叠合楼板与钢筋桁架剪力墙的连接结构
CN101851984B (zh) 一种预制钢-混凝土组合梁
CN107143034A (zh) 一种装配式混凝土框架结构梁柱刚性连接节点
CN105735469A (zh) 一种部分粘结预制预应力混凝土框架结构
CN109779114B (zh) 一种整体式叠合板组合梁
KR101809687B1 (ko) 철골콘크리트 기둥과 철골보의 접합부재 및 그 시공방법
CN203393895U (zh) 新型预制复合钢筋混凝土墙板构件
CN103243838A (zh) 一种装配整体式混凝土框架-剪力墙连接结构
CN207110165U (zh) 一种填充空腔构件的现浇混凝土预制叠合板

Legal Events

Date Code Title Description
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20150520

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150526

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150824

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150929

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20151023

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5830195

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250