JP5167781B2 - 電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器 - Google Patents

電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器 Download PDF

Info

Publication number
JP5167781B2
JP5167781B2 JP2007298918A JP2007298918A JP5167781B2 JP 5167781 B2 JP5167781 B2 JP 5167781B2 JP 2007298918 A JP2007298918 A JP 2007298918A JP 2007298918 A JP2007298918 A JP 2007298918A JP 5167781 B2 JP5167781 B2 JP 5167781B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pixel
liquid crystal
slits
sub
pixels
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007298918A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008276172A (ja
Inventor
淳一 若林
Original Assignee
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2007090962 priority Critical
Priority to JP2007090962 priority
Application filed by セイコーエプソン株式会社 filed Critical セイコーエプソン株式会社
Priority to JP2007298918A priority patent/JP5167781B2/ja
Publication of JP2008276172A publication Critical patent/JP2008276172A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5167781B2 publication Critical patent/JP5167781B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02FDEVICES OR ARRANGEMENTS, THE OPTICAL OPERATION OF WHICH IS MODIFIED BY CHANGING THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIUM OF THE DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF THE INTENSITY, COLOUR, PHASE, POLARISATION OR DIRECTION OF LIGHT, e.g. SWITCHING, GATING, MODULATING OR DEMODULATING; TECHNIQUES OR PROCEDURES FOR THE OPERATION THEREOF; FREQUENCY-CHANGING; NON-LINEAR OPTICS; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
    • G02F1/00Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating, or modulating; Non-linear optics
    • G02F1/01Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating, or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour 
    • G02F1/13Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating, or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour  based on liquid crystals, e.g. single liquid crystal display cells
    • G02F1/133Constructional arrangements; Operation of liquid crystal cells; Circuit arrangements
    • G02F1/1333Constructional arrangements; Manufacturing methods
    • G02F1/1343Electrodes
    • G02F1/134309Electrodes characterised by their geometrical arrangement
    • G02F1/134363Electrodes characterised by their geometrical arrangement for applying an electric field parallel to the substrate, i.e. in-plane switching [IPS]
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02FDEVICES OR ARRANGEMENTS, THE OPTICAL OPERATION OF WHICH IS MODIFIED BY CHANGING THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIUM OF THE DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF THE INTENSITY, COLOUR, PHASE, POLARISATION OR DIRECTION OF LIGHT, e.g. SWITCHING, GATING, MODULATING OR DEMODULATING; TECHNIQUES OR PROCEDURES FOR THE OPERATION THEREOF; FREQUENCY-CHANGING; NON-LINEAR OPTICS; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
    • G02F1/00Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating, or modulating; Non-linear optics
    • G02F1/01Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating, or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour 
    • G02F1/13Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating, or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour  based on liquid crystals, e.g. single liquid crystal display cells
    • G02F1/133Constructional arrangements; Operation of liquid crystal cells; Circuit arrangements
    • G02F1/1333Constructional arrangements; Manufacturing methods
    • G02F1/1343Electrodes
    • G02F1/134309Electrodes characterised by their geometrical arrangement
    • G02F2001/134372Electrodes characterised by their geometrical arrangement for fringe field switching [FFS] where the common electrode is not patterned, e.g. planar
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02FDEVICES OR ARRANGEMENTS, THE OPTICAL OPERATION OF WHICH IS MODIFIED BY CHANGING THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIUM OF THE DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF THE INTENSITY, COLOUR, PHASE, POLARISATION OR DIRECTION OF LIGHT, e.g. SWITCHING, GATING, MODULATING OR DEMODULATING; TECHNIQUES OR PROCEDURES FOR THE OPERATION THEREOF; FREQUENCY-CHANGING; NON-LINEAR OPTICS; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
    • G02F2201/00Constructional arrangements not provided for in groups G02F1/00 - G02F7/00
    • G02F2201/12Constructional arrangements not provided for in groups G02F1/00 - G02F7/00 electrode
    • G02F2201/124Constructional arrangements not provided for in groups G02F1/00 - G02F7/00 electrode interdigital

Description

本発明は、電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器に関する。

電界駆動型装置の一つに、電界によって液晶を駆動することにより透過光を変調する液晶装置がある。この液晶装置の一態様として、液晶を、基板に平行な横電界によって駆動するFFS(Fringe Field Switching)モードの液晶装置が知られている。この液晶装置は、一方の基板のうち液晶に対向する面に、画素電極と、当該画素電極上に絶縁層を挟んで積層された共通電極とを有しており、このうち共通電極には多数のスリットが設けられている。こうした構成において、画素電極と共通電極との間に駆動電圧を印加すると、共通電極の上面から出て、スリットを通り、画素電極の上面に至る電気力線を有する電界が生じる。このとき、液晶分子は、上記電界のうち、共通電極の上方に生じる基板に平行な成分(横電界)によって駆動され、配向方向が変化する。FFSモードの液晶装置は、こうして液晶分子を駆動して、その偏光変換機能を用いて入射光を変調する装置である。

図17は、FFSモードの液晶装置において、共通電極26に設けられたスリット27の1つに着目した拡大平面図である。図17(a)は、電圧非印加時を示す図であり、液晶分子50aがX軸に平行に配向している一方、スリット27は、X軸に対して傾いた方向(方位D)に延在している。ここで駆動電圧を印加すると、スリット27の延在方向に直交する方向(方位C)の横電界が生じ、液晶分子50aは右回りに回転して、例えば横電界と平行に、すなわち方位Cに沿って配向する(図17(b))。

このとき、方位Cに平行な方向Eから表示を観察した場合と、Y軸に対して方向Eに対称な方向Fから表示を観察した場合とでは、液晶分子50aの見かけの屈折率が異なるために色相が異なって見えてしまう。同様の理由で、方位Dに平行な方向Gから表示を観察した場合と、Y軸に対して方向Gに対称な方向Hから表示を観察した場合とでは、色相が異なって見える。

このような表示色の視野角依存性を改善するために、図18に示すように、共通電極26に設けられるスリット27の延在方向を、赤、緑、青のサブ画素4R,4G,4Bのそれぞれで交互に異ならせる構成が提案されている(特許文献1参照)。

特開2000−29072号公報

しかしながら、上記構成では、隣接するサブ画素の境界でスリットが折れ曲がるため、電界が乱れて液晶のドメインが生じやすいという問題点がある。また、偶数色のサブ画素を一列に繰り返し配列する場合には、同一色のサブ画素間で液晶の配向方向が揃ってしまい、表示色の視野角依存性が改善されないという問題点がある。

本発明は、上記課題の少なくとも一部を解決するためになされたものであり、以下の形態又は適用例として実現することが可能である。
本発明に係る電界駆動型装置の形態は、第1の色に対応する第1のサブ画素と前記第1の色とは異なる第2の色に対応する第2のサブ画素とを含む画素が、画素領域においてマトリクス状に複数配置された電界駆動型装置であって、基板の主面上に形成された画素電極と、少なくとも一部が前記基板の主面の垂直方向から見た平面視で前記画素電極に重なるように形成され、複数のスリットを有する共通電極と、を備え、前記複数のスリットの各々の少なくとも一部が、前記平面視で前記画素電極と重なり、前記複数のスリットは、一の前記画素に設けられた複数の第1のスリットと一の前記画素に隣接する他の前記画素に設けられた複数の第2のスリットとを含み、一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、第1の方向に延在し、前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、前記第1の方向に交差する第2の方向に延在し、一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の前記複数の第2のスリットに最も近い端部である第1の端部に対応して前記第1のサブ画素が配置され、他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の前記複数の第1のスリットに最も近い端部である第2の端部に対応して前記第2のサブ画素が配置されていること、を特徴とする。
上記の電界駆動型装置において、前記第1の端部と前記第2の端部とは、前記複数の画素のうち互いに隣接する二つの画素の境界線を挟んで反対に位置していてもよい。
上記の電界駆動型装置において、前記複数の第1のスリットと前記複数の第2のスリットとは前記境界線を挟んで対称となるように形成されていてもよい。
上記の電界駆動型装置において、前記複数の画素の各々は、平行四辺形の形状を有しており、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部と前記平行四辺形の一辺とは互いに平行であってもよい。
上記の電界駆動型装置において、前記複数の第1のスリットと前記複数の第2のスリットとは前記境界線を挟んで対称となるように形成されていてもよい。
本発明に係る液晶装置の形態は、第1の色に対応する第1のサブ画素と前記第1の色とは異なる第2の色に対応する第2のサブ画素とを含む画素が、画素領域においてマトリクス状に複数配置された液晶装置であって、基板の主面上に形成された画素電極と、少なくとも一部が前記基板の主面の垂直方向から見た平面視で前記画素電極に重なるように形成され、複数のスリットを有する共通電極と、前記画素電極と前記共通電極との電位差に起因して生じた電界により駆動される液晶と、を備え、前記複数のスリットの各々の少なくとも一部が、前記平面視で前記画素電極と重なり、前記複数のスリットは、一の前記画素に設けられた複数の第1のスリットと一の前記画素に隣接する他の前記画素に設けられた複数の第2のスリットとを含み、一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、第1の方向に延在し、前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、前記第1の方向に交差する第2の方向に延在し、一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の前記複数の第2のスリットに最も近い端部である第1の端部に対応して前記第1のサブ画素が配置され、他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の前記複数の第1のスリットに最も近い端部である第2の端部に対応して前記第2のサブ画素が配置されていること、を特徴とする。
上記の液晶装置において、前記第1の方向と前記第2の方向とがなす角は、0度より大きく45度未満であってもよい。
上記の液晶装置において、前記液晶は、正の誘電異方性を有していてもよい。
上記の液晶装置において、前記第1の方向と前記第2の方向とがなす角は、45度より大きく90度未満であってもよい。
上記の液晶装置において、前記液晶は、負の誘電異方性を有していてもよい。
上記の電界駆動型装置及び液晶装置を電子機器の表示部に利用することができる。

[適用例1]互いに異なる色に対応する2以上のサブ画素から構成される画素が、基板上の画素領域においてマトリクス状に複数配置された電界駆動型装置であって、前記基板上に、前記サブ画素ごとに形成された画素電極と、前記基板上のうち前記画素電極上に、少なくとも一部が平面視で前記画素電極に重なるように形成され、複数のスリットを有する共通電極と、前記基板上の、前記画素電極と前記共通電極との間に形成された絶縁層と、前記画素電極と前記共通電極との間の電位差に起因して生じた電界により駆動される物質と、を備え、前記複数のスリットは、少なくとも一部が平面視で前記画素電極に重なり、前記スリットの少なくとも一部は、前記サブ画素内において互いに平行であるとともに、一の前記画素に含まれかつ互いに隣接する複数の前記サブ画素にわたって一直線状に連続している連続部を有しており、一の前記画素に含まれる前記連続部の延在方向と、当該画素に隣接する少なくとも一つの前記画素に含まれる前記連続部の延在方向とが互いに異なる電界駆動型装置。

このような構成によれば、スリットの連続部の延在方向が隣接画素間で異なることとなる。このため、各画素の同一の色に対応するサブ画素の間でも、スリットの延在方向を異ならせることができる。これにより、同一色のサブ画素間で、物質に印加される電界の方向を異ならせることができ、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。また、スリットが複数個分のサブ画素にわたって連続することとなるため、各サブ画素に独立したスリットが設けられている構成と比較して、電界を乱すスリットの端部の数を低減させることができる。これにより、電界が乱れる領域の面積を低減させることができ、電界駆動型装置の表示品位を向上させることが可能となる。

[適用例2]上記電界駆動型装置であって、一の前記画素に含まれる前記連続部の延在方向と、当該画素に隣接する少なくとも一つの前記画素に含まれる前記連続部の延在方向とは、前記画素の境界線に対して対称である電界駆動型装置。

このような構成によれば、各画素において物質に印加される電界の方向が、境界線に対して等しい角度をなすこととなる。これにより、視野角依存性を軽減しつつ、各サブ画素の物質に対して均一に作用する電界を印加することができる。

[適用例3]上記電界駆動型装置であって、前記画素は平行四辺形であり、前記スリットは、前記平行四辺形の辺の一つに平行である電界駆動型装置。

このような構成によれば、画素の2辺がスリットと平行になるため、当該2辺がスリットと非平行となる場合と比較して、画素内において電界が乱れる領域の面積を低減させることができる。

[適用例4]上記電界駆動型装置であって、前記連続部の延在方向は、一列に隣接するn個の前記画素のそれぞれにおいて異なり、前記延在方向が同一である前記連続部が、前記画素の列においてn画素ごとに繰り返し配置されている電界駆動型装置。

このような構成によれば、電界の方向を画素ごとに種々に変化させることができる。これにより、視野角依存性をさらに軽減させることができる。

[適用例5]上記電界駆動型装置において、前記連続部は、各前記画素の全体にわたって延在している電界駆動型装置。

このような構成によれば、各画素内においてスリットが折れ曲がることがなく、また各画素の外縁部を除いた領域にはスリットの端部が配置されることがない。これにより、電界が乱れる領域の面積を低減させることができ、電界駆動型装置の表示品位を向上させることが可能となる。

[適用例6]互いに異なる色に対応する2以上のサブ画素から構成される画素が、基板上の画素領域においてマトリクス状に複数配置された液晶装置であって、前記基板上に、前記サブ画素ごとに形成された画素電極と、前記基板上のうち前記画素電極上に、少なくとも一部が平面視で前記画素電極に重なるように形成され、複数のスリットを有する共通電極と、前記基板上の、前記画素電極と前記共通電極との間に形成された絶縁層と、前記画素電極と前記共通電極との間の電位差に起因して生じた電界により駆動される液晶と、を備え、前記複数のスリットは、少なくとも一部が平面視で前記画素電極に重なり、前記スリットの少なくとも一部は、前記サブ画素内において互いに平行であるとともに、一の前記画素に含まれかつ互いに隣接する複数の前記サブ画素にわたって一直線状に連続している連続部を有しており、一の前記画素に含まれる前記連続部の延在方向と、当該画素に隣接する少なくとも一つの前記画素に含まれる前記連続部の延在方向とが互いに異なっており、かつ前記電界の非印加時における前記液晶の配向方向に対して対称である液晶装置。

このような構成によれば、スリットの連続部の延在方向が隣接画素間で異なることとなる。このため、各画素の同一の色に対応するサブ画素の間でも、スリットの延在方向を異ならせることができる。これにより、同一色のサブ画素間で、液晶に印加される電界の方向を異ならせることができ、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。また、上記構成によれば、各画素において液晶に印加される電界の方向が、電界非印加時の配向方向に対して等しい角度をなすこととなる。これにより、視野角依存性を軽減しつつ、各サブ画素の液晶に対して均一な配向の変化(液晶分子の回転)を与える電界を印加することができる。また、スリットが複数個分のサブ画素にわたって連続することとなるため、各サブ画素に独立したスリットが設けられている構成と比較して、液晶の配向を乱すスリットの端部の数を低減させることができる。これにより、液晶の配向が乱れる領域の面積を低減させることができ、液晶装置の表示品位及び透過率を向上させることが可能となる。

[適用例7]上記液晶装置であって、前記連続部の延在方向と前記配向方向とのなす角は、0度より大きくかつ45度未満であり、前記液晶は、正の誘電率異方性を有している液晶装置。

このような構成によれば、電界による液晶分子の回転角度を45度未満とすることができ、また回転方向を一様にすることができる。これにより、上記回転方向の不均一に起因するドメインの発生を抑制することができる。

[適用例8]上記液晶装置であって、前記連続部の延在方向と前記配向方向とのなす角は、45度より大きくかつ90度未満であり、前記液晶は、負の誘電率異方性を有している液晶装置。

このような構成によれば、電界による液晶分子の回転角度を45度未満とすることができ、また回転方向を一様にすることができる。これにより、上記回転方向の不均一に起因するドメインの発生を抑制することができる。

[適用例9]上記液晶装置であって、前記配向方向と平行に配置された走査線を有している液晶装置。

このような構成によれば、画素領域内の有効表示面積を低減させることなく走査線を配置することができる。

[適用例10]上記液晶装置であって、前記配向方向と平行に配置された信号線を有している液晶装置。

このような構成によれば、画素領域内の有効表示面積を低減させることなく信号線を配置することができる。

[適用例11]上記電界駆動型装置を表示部に備える電子機器。

このような構成によれば、表示色の視野角依存性が少ない表示を行うことができる。

[適用例12]上記液晶装置を表示部に備える電子機器。

このような構成によれば、表示色の視野角依存性が少ない表示を行うことができる。

以下、図面を参照し、電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器の実施形態について説明する。なお、以下に示す各図においては、各構成要素を図面上で認識され得る程度の大きさとするため、各構成要素の寸法や比率を実際のものとは適宜に異ならせてある。

(第1の実施形態)
図1は、電界駆動型装置としての液晶装置1の模式図であり、(a)は斜視図、(b)は(a)中のA−A線における断面図である。液晶装置1は、枠状のシール材52を介して対向して貼り合わされた素子基板10a及び対向基板20aを有している。素子基板10aには、基板としてのガラス基板10が含まれており、対向基板20aには、ガラス基板20が含まれている。素子基板10a、対向基板20a、シール材52によって囲まれた空間には、正の誘電率異方性を有する液晶50が封入されている。素子基板10aは、対向基板20aより大きく、一部が対向基板20aに対して張り出した状態で貼り合わされている。この張り出した部位には、液晶50を駆動するためのドライバIC51が実装されている。液晶50は、「画素電極と共通電極との間の電位差に起因して生じた電界により駆動される物質」に対応する。

液晶50が封入された領域には、表示に寄与するサブ画素4(図2)がマトリクス状に多数配置されている。以下では、サブ画素4の集合からなる領域を画素領域5とも呼ぶ。

図2は、画素領域5の拡大平面図である。画素領域5には、矩形のサブ画素4が多数配置されている。サブ画素4は、赤、緑、青のいずれかの色の表示に寄与する。以下では、赤、緑、青の表示を行うサブ画素を特にサブ画素4R,4G,4Bとも呼ぶ。図1(b)において、対向基板20aを構成するガラス基板20の液晶50側表面には、隣接するサブ画素4の間に形成された遮光層13と、図示しないカラーフィルタとが形成されている。カラーフィルタは、入射した光の特定の波長成分を吸収することによって透過光を着色することができる樹脂である。サブ画素4R,4G,4Bには、それぞれ赤、緑、青に対応するカラーフィルタが配置される。以下では、サブ画素4R,4G,4Bのいずれかを指す場合であっても、対応する色を区別しない場合には、単に「サブ画素4」とも呼ぶ。

サブ画素4は、マトリクス状に配置されている。以下では、サブ画素4のマトリクスを規定する方向、すなわちサブ画素4が隣り合うように配列されている2つの直交する方向を、行方向及び列方向と呼ぶ。ある列に配置されるサブ画素4の色はすべて同一である。換言すれば、サブ画素4は、対応する色がストライプ状に並ぶように配置されている。また、行方向に並んだ隣り合う3つのサブ画素4R,4G,4Bの集合によって画素3が構成される。画素3は、表示の最小単位(ピクセル)となる。液晶装置1は、各画素3において、サブ画素4R,4G,4Bの輝度バランスを調節することによって、種々の色の表示を行うことができる。

図3は、画素領域5を構成する複数のサブ画素4における各種素子、配線等の等価回路図である。画素領域5においては、複数本の走査線12と複数本の信号線14とが交差するように配線され、走査線12と信号線14とで区画された領域に画素電極16がマトリクス状に配置されている。そして、走査線12と信号線14とが交差する位置の近傍には、サブ画素4ごとにTFT(Thin Film Transistor)30が配置されている。また、TFT30のドレイン領域には、画素電極16が電気的に接続されている。

TFT30は、走査線12から供給される走査信号G1,G2,…,Gmに含まれるON信号によってオンとなり、このとき信号線14に供給された画像信号S1,S2,…,Snを画素電極16に供給する。そして、画素電極16と、共通電極26(図4、図5)との間の電圧に応じた電界が液晶50にかかると、液晶50の配向状態が変化する。液晶装置1は、液晶50の配向状態に応じた偏光変換機能と、液晶装置1の外部に配置された図示しない偏光板の偏光選択機能とによって透過光を変調することで表示を行う装置である。

TFT30のドレイン領域には、画素電極16と並列に蓄積容量70が電気的に接続されている。蓄積容量70は、定電位とされた容量線72に電気的に接続されている。この蓄積容量70によって、画素電極16の電圧は、ソース電圧が印加された時間よりも例えば3桁も長い時間にわたって保持される。このように電圧保持特性が改善されると、表示のコントラスト比が向上する。以上の各種素子、配線等は、主に素子基板10aに形成されている。

次に、サブ画素4の構成要素を、図4及び図5を用いて詳述する。図4は、素子基板10aのうち、1つのサブ画素4に対応する部分を抽出して示す平面図である。また、図5は、図4中のB−B線の位置における断面図である。以下の説明において「上層」又は「下層」とは、図5において相対的に上又は下に形成された層を指す。

図4に示すように、各サブ画素4には、走査線12と信号線14とが交差するように配置されており、この交差に対応してTFT30が形成されている。また、TFT30には、略長方形の画素電極16が電気的に接続されている。

図5に示すように、ガラス基板10上には、半導体層31が積層されている。半導体層31は、例えばポリシリコン層から構成することができ、走査線12からの電界によりチャネルが形成されるチャネル領域と、これを挟むソース領域及びドレイン領域とを有して構成される。また、リーク電流をさらに低減させるために、半導体層31は、ソース領域及びドレイン領域の一部に低濃度領域を設けたLDD(Lightly Doped Drain)構造とすることが好ましい。半導体層31とガラス基板10との間には、さらに下地絶縁膜や遮光層等が形成されていてもよい。

半導体層31の上層には、酸化シリコン等からなるゲート絶縁膜42を挟んで、チタン、クロム、タングステン、タンタル、モリブデン等の高融点金属又はこれらを含む合金等からなる走査線12が積層されている。走査線12は、後述する液晶分子50a(図6)の配向方向50t(図4)と平行に配置される。上記の半導体層31、ゲート絶縁膜42、走査線12から、TFT30が構成される。本実施形態の半導体層31は、ガラス基板10の法線方向から見てU字型をなしており、走査線12は、半導体層31のU字を横切る方向に形成されている。したがって、TFT30は、走査線12と半導体層31とが異なる2箇所で対向するダブルゲート構造を有している。

走査線12の上層には、酸化シリコン等からなる層間絶縁膜43を挟んで信号線14が積層されている。信号線14は、アルミニウム、クロム、タングステン等の金属又はこれらを含む合金等から構成され、遮光性を有する。信号線14は、図4に示すように走査線12と直交するように配置され、半導体層31のU字の一方の先端において半導体層31と電気的に接続されている。より詳しくは、信号線14は、ゲート絶縁膜42及び層間絶縁膜43を貫通して設けられたコンタクトホール21を介して、半導体層31のソース領域と電気的に接続されている。

信号線14と同一層には、信号線14と同一の材料からなる中継電極15が形成されている。中継電極15は、半導体層31のU字の他方の先端において、ゲート絶縁膜42及び層間絶縁膜43を貫通して設けられたコンタクトホール22を介して半導体層31のドレイン領域と電気的に接続されている。

信号線14及び中継電極15の上層には、酸化シリコン等からなる層間絶縁膜44を挟んで、透光性を有するITO(Indium Tin Oxide)からなる画素電極16が積層されている。画素電極16は、サブ画素4ごとに独立して設けられている。画素電極16は、層間絶縁膜44に設けられたコンタクトホール23を介して中継電極15に電気的に接続されている。したがって、画素電極16は、中継電極15を介して半導体層31のドレイン領域に電気的に接続されている。

画素電極16の上層には、酸化シリコン等からなる絶縁層としての層間絶縁膜45を挟んでITOからなる透光性を有する共通電極26が形成されている。共通電極26は、図4においてドットが配された帯状の領域に配置されている。すなわち、共通電極26は、画素電極16上に、少なくとも一部が平面視で画素電極16に重なるように形成されている。また、層間絶縁膜45は、画素電極16と共通電極26との間に形成されている。共通電極26には、平面視で画素電極16に重なる部分において、多数のスリット27が設けられている。各スリット27は互いに平行であり、一定の間隔をおいて配置されている。また、スリット27は、サブ画素4の短辺に対し(すなわち行方向に対し)約5度傾いた方向に延設されている。ここで、画素電極16、共通電極26及びこれに挟まれた層間絶縁膜45は、図3における蓄積容量70の役割を果たす。また、層間絶縁膜45は、絶縁層に対応する。

共通電極26上には、ポリイミドからなる配向膜18が積層されている。配向膜18は、液晶50(図1(b))に接する部材であり、配向膜18をラビングすることで、駆動電圧無印加時(すなわち電界の非印加時)に、液晶50を当該ラビングの方向に沿って配向させることができる。以下の説明及び各図においては、電界の非印加時における液晶50の配向方向を配向方向50tと表記する。本実施形態では、ラビング方向は、サブ画素4の短辺方向(行方向)と平行である。よって、液晶50の配向方向50tと走査線12とが平行となる。また、液晶50の配向方向50tとスリット27の延在方向とがなす角が約5度となる(図4)。このようにすれば、後述するように画素電極16と共通電極26との間に駆動電圧を印加した際の、液晶分子50a(図6)の回転方向を一様にすることができる。これにより、上記回転方向の不均一に起因するドメインの発生を抑制することができる。

なお、液晶50の配向方向50t(すなわちラビング方向)は、信号線14と平行(すなわち列方向と平行)になるようにしてもよい。この場合は、配向方向50tとスリット27の延在方向とのなす角が約85度となるので、負の誘電率異方性を有する液晶50を使用することで液晶分子50aの回転角度を45度未満とすることができ、液晶50を安定的に駆動することができる。

図6は、以上のような構成において、共通電極26と画素電極16との間に駆動電圧を印加した場合に生じる電界の様子を示す模式図である。駆動電圧が印加され、共通電極26と画素電極16との間に電位差が生じると、共通電極26の上面から出てスリット27を通り画素電極16の上面に至る電気力線を有するような電界が生じる。このとき共通電極26の上部、すなわち液晶50の層においてはガラス基板10と平行な電界が生じる。そして、この電界(横電界)の方向は、スリット27の延在方向に直交する方向である。液晶50に含まれる液晶分子50aは、この横電界の大きさに応じて、ガラス基板10に平行な面内で配向方向を変える。例えば、液晶分子50aは、横電界の方向、すなわちスリット27の延在方向に直交する方向に配向する。その結果、素子基板10a、対向基板20aの外側に配置された偏光板(不図示)の透過軸との相対角度が変化し、その相対角度に応じた偏光変換機能に基づいて透過光が変調される。

このような液晶モードは、FFSモードと呼ばれる。FFSモードは、上記のように常に液晶分子がガラス基板10に略平行に保たれるため、視角によるリタデーションの変化が少なく、広視野角な表示を行うことができる。

図7(a)は、隣接する4つの画素3を含む領域における共通電極26及びスリット27の配置の様子を示す平面図である。この図を含む以下の各図における一点鎖線は、隣接する画素3の境界線を示している。画素領域5は、図7(a)に示す2行2列の画素3の集合が繰り返しの最小単位となっている。この図に示すように、スリット27は、1つの画素3に含まれかつ互いに隣接する複数のサブ画素4にわたって一直線状に連続している連続部を有している。本実施形態では、連続部は、各画素3の全体にわたって延在している。換言すれば、スリット27は、各画素3に含まれるすべてのサブ画素4にわたって一直線状に連続している。したがって、本実施形態では、1つの画素3に含まれるスリット27の全体が、連続部に対応する。

また、1つの画素3に含まれるスリット27の延在方向と、その画素3の上下又は左右に隣接する画素3に含まれるスリット27の延在方向とは、互いに異なっている。具体的には、隣接する画素3に配置されたスリット27の延在方向は、画素3の境界線に対して対称となっている。このため、画素3の行又は列の1つに着目すると、同一の延在方向を有するスリット27が、2画素ごとに(すなわち1画素おきに)繰り返し配置されている。また、電圧無印加時の液晶50の配向方向50tはサブ画素4の短辺と平行になっており、サブ画素4の短辺を挟んで隣接した2つの画素3に着目すると、これらの画素3に配置されたスリット27の延在方向は、配向方向50tに対して対称となっている。

上記は、スリット27の配置に注目したものであるが、これはそのまま共通電極26の配置の特徴ともなる。すなわち、共通電極26は、画素3の境界線に対して対称に配置された帯状部26aと、帯状部26aを連結する接続部26bとからなる。1つの画素3に含まれる帯状部26aの延在方向と、その画素3の上下又は左右に隣接する画素3に含まれる帯状部26aの延在方向とは、互いに異なっている。具体的には、隣接する画素3に配置された帯状部26aの延在方向は、画素3の境界線に対して対称となっている。このため、画素3の行又は列の1つに着目すると、同一の延在方向を有する帯状部26aが、2画素ごとに(すなわち1画素おきに)繰り返し配置されている。また、電圧無印加時の液晶50の配向方向50tはサブ画素4の短辺と平行になっており、サブ画素4の短辺を挟んで隣接した2つの画素3に着目すると、これらの画素3に配置された帯状部26aの延在方向は、配向方向50tに対して対称となっている。接続部26bは、画素3の外周のうち、サブ画素4の長辺を含む部分にのみ配置されている。帯状部26a及び接続部26bに囲まれた領域(開口部)が、スリット27となる。

以上のような構成によれば、同一の色に対応するサブ画素4の間で、スリット27の延在方向(すなわち連続部の延在方向)を異ならせることができる。例えば、ある画素3に含まれるサブ画素4Rと、これに隣接する画素3に含まれるサブ画素4Rとでは、スリット27の延在方向が異なる。これにより、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。複数のサブ画素4の間で電界の方向が異なると、液晶分子50aの配向方向が場所によって異なるようになるため、巨視的に見た場合に、視角による液晶分子50aの見た目の屈折率の変化量が小さくなる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。

このとき、電界非印加時の液晶50の配向方向50tと、スリット27の延在方向とがなす角は、すべてのサブ画素4において等しく、本実施形態では約5度である。したがって、配向方向50tと、印加される電界(横電界)の方向とがなす角もすべてのサブ画素4において等しくなる。このため、視野角依存性を軽減しつつ、各サブ画素4の液晶50に対して均一な配向の変化(液晶分子50aの回転)を生じさせることができる。ここで、配向の変化が均一であるとは、同じ大きさの電界が印加されたときの液晶分子50aの回転量が同じであることをいう。

また、スリット27が連続部を含んでおり、複数個分のサブ画素4にわたって連続することとなるため、各サブ画素4内に独立したスリット27が設けられている構成と比較して、液晶50の配向を乱すスリット27の端部の数を低減させることができる。これにより、液晶50の配向が乱れる領域の面積を低減させることができ、液晶装置1の表示品位及び透過率を向上させることが可能となる。

上記構成に代えて、共通電極26及びスリット27は、図7(b)のように配置してもよい。この図においては、共通電極26の接続部26bが、画素3の外周の一部のみでなく、各サブ画素4の外周の一部にも配置されている。より詳しくは、上下方向に隣接するスリット27の端部が、サブ画素4の幅の分だけずれるようになっている。このような構成によれば、スリット27の端部における電界の乱れの影響が、サブ画素4R,4G,4Bのすべてに均等に及ぶようになる。これにより、表示ムラやざらつき感等による表示品位の低下を防止することができる。また、この構成によっても、スリット27は各画素3において連続部を有するため、液晶50の配向が乱れる領域の面積を低減させることができる。なお、共通電極26の抵抗が十分に低い場合等においては、接続部26bを設けない構成とすることもできる。このようにすれば、液晶50の配向乱れをより低減させることができる。

(第2の実施形態)
続いて、第2の実施形態について説明する。本実施形態に係る液晶装置1は、第1の実施形態から、各画素3に含まれるサブ画素4の数及びスリット27の配置に変更を加えたものであり、その他の点は第1の実施形態と共通である。以下の説明に用いる各図においては、第1の実施形態と同じ要素には同じ符号を付すことにして、その説明は省略する。

図8(a)は、第2の実施形態に係る液晶装置1における共通電極26及びスリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。この図には、一列に隣接した4つの画素3が描かれている。本実施形態では、各画素3は、2つのサブ画素4R,4Gからなる。そして、スリット27の配置は、図7(a)と同様の規則で配置されている。すなわち、スリット27は、液晶50の配向方向50tに対して約5度の角度をなしており、かつ複数のサブ画素4にわたって一直線状に連続した連続部を有している。本実施形態においても、当該連続部は各画素3の全体にわたって延在している。すなわち、スリット27は各画素3に含まれるすべてのサブ画素4にわたって一直線状に連続している。また、隣接画素3のスリット27(連続部)の延在方向は、互いに異なっており、より詳しくは画素3の境界線及び液晶50の配向方向50tに対して対称となっている。

共通電極26を構成する帯状部26a、接続部26bに着目すると、帯状部26aは、液晶50の配向方向50tに対して約5度の角度をなしており、かつ複数のサブ画素4にわたって一直線状に連続している。詳しくは、帯状部26aは、各画素3に含まれるすべてのサブ画素4にわたって一直線状に連続している。また、隣接画素3の帯状部26aの延在方向は、互いに異なっており、より詳しくは画素3の境界線及び液晶50の配向方向50tに対して対称となっている。接続部26bは、画素3の外周のうち、サブ画素4の長辺を含む部分にのみ配置されている。

このような構成によれば、スリット27の延在方向(すなわち連続部の延在方向)が画素3ごとに異なっているため、偶数色のサブ画素4を一列に繰り返し配列する構成であっても、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。また、各サブ画素4において、液晶50の配向方向50tと印加される電界の方向とのなす角を均一とすることができる。加えて、スリット27が連続部を含んでおり、2個分のサブ画素4にわたって連続することとなるため、各画素3において、液晶50の配向を乱すスリット27の端部の数を低減させることができる。これにより、液晶50のドメインを低減させることができ、液晶装置1の表示品位及び透過率を向上させることが可能となる。

上記構成に代えて、共通電極26及びスリット27は、図8(b)のように配置してもよい。この図においては、スリット27及び共通電極26の帯状部26aの延在方向が、画素3の境界線を挟んで隣接する2つのサブ画素4にわたって等しくなっているとともに、同一画素3内のサブ画素4R,4Gの間では延在方向が異なっている。このような構成によっても、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができ、表示色の視野角依存性を軽減させることが可能となる。

(第3の実施形態)
続いて、第3の実施形態について説明する。本実施形態に係る液晶装置1は、第1の実施形態から、各画素3に含まれるサブ画素4の数及びスリット27の配置に変更を加えたものであり、その他の点は第1の実施形態と共通である。以下の説明に用いる各図においては、第1の実施形態と同じ要素には同じ符号を付すことにして、その説明は省略する。

図9(a)は、第3の実施形態に係る液晶装置1における共通電極26及びスリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。この図には、左右方向に隣接する2つの画素3が描かれている。本実施形態では、各画素3は、一列に並んだ、赤、緑、青、シアンの4つのサブ画素4R,4G,4B,4Cからなる。そして、スリット27及び共通電極26の帯状部26aの配置は、図7(a)と同様の規則で配置されている。すなわち、スリット27及び帯状部26aは、液晶50の配向方向50tに対して約5度の角度をなしており、かつ複数のサブ画素4にわたって一直線状に連続した連続部を有している。本実施形態においても、当該連続部は各画素3の全体にわたって延在している。すなわち、スリット27及び帯状部26aは各画素3に含まれるすべてのサブ画素4にわたって一直線状に連続している。また、隣接画素3のスリット27(連続部)及び帯状部26aの延在方向は、互いに異なっており、より詳しくは画素3の境界線及び液晶50の配向方向50tに対して対称となっている。

このような構成によれば、スリット27の延在方向(すなわち連続部の延在方向)が画素3ごとに異なっているため、偶数色のサブ画素4を一列に繰り返し配列する構成であっても、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。また、各サブ画素4において、液晶50の配向方向50tと印加される電界の方向とのなす角を均一とすることができる。加えて、スリット27が連続部を含んでおり、4個分のサブ画素4にわたって連続することとなるため、各画素3において、液晶50の配向を乱すスリット27の端部の数を低減させることができる。これにより、液晶50のドメインを低減させることができ、液晶装置1の表示品位及び透過率を向上させることが可能となる。

上記構成に代えて、共通電極26及びスリット27は、図9(b)のように配置してもよい。この図においては、スリット27及び帯状部26aが、画素3の両端を除いた2つのサブ画素4、すなわちサブ画素4G,4Bにわたって一直線状に連続している。よって、この図の構成においては、スリット27のうちサブ画素4G,4Bにわたって設けられた部分(図中、符号26cを付した範囲)が連続部に対応する。一方、サブ画素4R,4Gの間、サブ画素4B,4Cの間、及び画素3の境界線を挟んで隣接する2つのサブ画素4C,4Rの間では、スリット27及び帯状部26aの延在方向が異なっている。このような構成によれば、隣接する画素3の間で、スリット27の連続部の延在方向が互いに異なっており、また連続部以外の部分、すなわちサブ画素4R,4Cに配置されたスリット27の延在方向もそれぞれ互いに異なっている。より詳しくは、上記延在方向はいずれも画素3の境界線に対して対称となっている。これにより、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができ、表示色の視野角依存性を軽減させることが可能となる。

(第4の実施形態)
続いて、第4の実施形態について説明する。本実施形態に係る液晶装置1は、第1の実施形態から、画素3の形状に変更を加えたものであり、その他の点は第1の実施形態と共通である。以下の説明に用いる各図においては、第1の実施形態と同じ要素には同じ符号を付すことにして、その説明は省略する。

図10は、第4の実施形態に係る液晶装置1における画素3の形状及び共通電極26、スリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。この図には、2行2列に配列された4つの画素3が描かれている。本実施形態では、各画素3は平行四辺形をなしている。詳しくは、サブ画素4の長辺を含む辺を挟んで隣接する画素3は、当該辺に対して対称な平行四辺形をなしており、サブ画素4の短辺を含む辺を挟んで隣接する画素3は、互いに合同な平行四辺形となっている。そして、スリット27及び共通電極26の帯状部26aは、上記平行四辺形のうち、サブ画素4の短辺を含む辺に平行となるように形成されており、各スリット27及び帯状部26aは、画素3の全体にわたって一直線に連続した連続部を含んでいる。ここで、液晶50の配向方向50tは、サブ画素4の長辺に垂直な方向である。この配向方向50tと、スリット27及び帯状部26aの延在方向(すなわちサブ画素4の短辺方向)とは、約5度の角度をなしている。

このような構成によれば、画素3の外周のうちの2辺と、スリット27とが平行になるため、当該2辺がスリット27と非平行となる場合と比較して、画素3内において電界が乱れる領域の面積を低減させることができる。つまり、画素3内において、方向がより均一な電界を印加することができる。また、スリット27が連続部を含んでおり、3つのサブ画素4にわたって連続することとなるため、電界の乱れる領域の面積を低減させることができる。このため、液晶50の配向乱れを抑制することができ、液晶装置1の表示品位及び透過率を向上させることが可能となる。

また、同一の色に対応するサブ画素4の間で、スリット27の延在方向が異なっているため、これら同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。

(第5の実施形態)
続いて、第5の実施形態について説明する。本実施形態に係る液晶装置1は、第4の実施形態から、各画素3に含まれるサブ画素4の数を2つに変更したものであり、その他の点は第4の実施形態と共通である。

図11は、第5の実施形態に係る液晶装置1における画素3の形状及び共通電極26、スリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。この図には、一列に隣接する3つの画素3が描かれている。本実施形態では、各画素3は、2つのサブ画素4R,4Gからなる。画素3の形状及びスリット27、共通電極26の帯状部26aの配置の規則は、図10と同様である。すなわち、各画素3は平行四辺形をなしており、サブ画素4の長辺を含む辺を挟んで隣接する画素3は、当該辺に対して対称な平行四辺形をなしている。そして、スリット27及び帯状部26aは、上記平行四辺形のうち、サブ画素4の短辺を含む辺に平行となるように形成されており、各スリット27及び帯状部26aは、画素3の全体にわたって一直線に連続した連続部を含んでいる。液晶50の配向方向50tは、サブ画素4の長辺に垂直な方向である。また、この配向方向50tと、スリット27及び帯状部26aの延在方向(すなわちサブ画素4の短辺方向)とは、約5度の角度をなしている。

このような構成によれば、画素3の外周のうちの2辺と、スリット27とが平行になるため、当該2辺がスリット27と非平行となる場合と比較して、画素3内において電界が乱れる領域の面積を低減させることができる。また、スリット27の延在方向が画素3ごとに異なっているため、偶数色のサブ画素4を一列に繰り返し配列する構成であっても、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。

(第6の実施形態)
続いて、第6の実施形態について説明する。本実施形態に係る液晶装置1は、第5の実施形態から、各画素3に含まれるサブ画素4の数を4つに変更したものであり、その他の点は第5の実施形態と共通である。

図12(a)は、第6の実施形態に係る液晶装置1における画素3の形状及び共通電極26、スリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。この図には、左右方向に隣接する2つの画素3が描かれている。各画素3は、一列に並んだ、赤、緑、青、シアンの4つのサブ画素4R,4G,4B,4Cからなる。画素3の形状及びスリット27、共通電極26の帯状部26aの配置の規則は、図11と同様である。すなわち、各画素3は平行四辺形をなしており、サブ画素4の長辺を含む辺を挟んで隣接する画素3は、当該辺に対して対称な平行四辺形をなしている。そして、スリット27及び帯状部26aは、上記平行四辺形のうち、サブ画素4の短辺を含む辺に平行となるように形成されており、各スリット27及び帯状部26aは、画素3の全体にわたって一直線に連続した連続部を含んでいる。液晶50の配向方向50tは、サブ画素4の長辺に垂直な方向である。また、この配向方向50tと、スリット27及び帯状部26aの延在方向(すなわちサブ画素4の短辺方向)とは、約5度の角度をなしている。

このような構成によれば、画素3の外周のうちの2辺と、スリット27とが平行になるため、当該2辺がスリット27と非平行となる場合と比較して、画素3内において電界が乱れる領域の面積を低減させることができる。また、スリット27の延在方向が画素3ごとに異なっているため、偶数色のサブ画素4を一列に繰り返し配列する構成であっても、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。

上記構成に代えて、共通電極26及びスリット27は、図12(b)のように配置してもよい。この図には、左右方向に隣接する4つの画素3が描かれている。ここで、各画素3に含まれる4つのサブ画素4は、2行2列のマトリクス状に配列されている。すなわち、各画素3の左上にサブ画素4R、右上にサブ画素4G、左下にサブ画素4B、右下にサブ画素4Cが配置されている。このような構成によれば、図12(a)の配置と比較して、図の左右方向、すなわちスリット27の延在方向についての画素3の配置ピッチを短くすることができる。これにより、画素3の列の上辺及び下辺に現れる凹凸を小さくすることができ、液晶装置1の表示品位を向上させることができる。

(第7の実施形態)
続いて、第7の実施形態について説明する。本実施形態は、第1の実施形態から、スリット27の配置及び液晶50の配向方向50tに変更を加えたものであり、その他の点は第1の実施形態と共通である。

図13(a),(b)及び図14は、第7の実施形態に係る液晶装置1における画素3の形状及び共通電極26、スリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。これらの図には、2行2列に配列された4つの画素3が描かれている。ここで、各画素3は、3色のサブ画素4R,4G,4Bから構成されている。

図13(a),(b)では、共通電極26のスリット27及び帯状部26aが、サブ画素4の長辺に対して約5度の角度をなすように設けられている。また、液晶50の配向方向50tは、サブ画素4の長辺と平行である。したがって、スリット27及び帯状部26aと、液晶50の配向方向50tとがなす角は約5度である。

図13(a)では、各画素3に含まれるスリット27及び帯状部26aは、画素3の外周のうちサブ画素4の短辺を含む辺に対して対称に配置されている。また、スリット27及び帯状部26aは、各画素3内においては互いに平行に配置されている。

図13(b)では、各画素3に含まれるスリット27及び帯状部26aは、図13(a)と同様に、画素3の外周のうちサブ画素4の短辺を含む辺に対して対称に配置されている。また、各サブ画素4に配置されたスリット27及び帯状部26aは、隣接するサブ画素4の長辺に対して対称に配置されている。

図14では、各画素3は平行四辺形をなしており、サブ画素4の短辺を含む辺を挟んで隣接する画素3は、当該辺に対して対称な平行四辺形をなしている。そして、スリット27及び帯状部26aは、上記平行四辺形のうち、サブ画素4の長辺を含む辺に平行となるように形成されている。液晶50の配向方向50tは、サブ画素4の短辺と垂直であり、かつ長辺に対して約5度の角度をなしている。したがって、スリット27及び帯状部26aと、液晶50の配向方向50tとがなす角は約5度である。

以上のような図13(a),(b)及び図14の構成によれば、同一の色に対応するサブ画素4の間で、スリット27及び帯状部26aの延在方向が異なっているため、これら同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができる。これにより、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。

(電子機器)
上述した電圧駆動型装置としての液晶装置1は、例えば、図16に示すような、電子機器としての携帯電話機100に搭載して用いることができる。携帯電話機100は、表示部110及び操作ボタン120を有している。表示部110は、内部に組み込まれた液晶装置1によって、操作ボタン120で入力した内容や着信情報を始めとする様々な情報について、表示色の視野角依存性の少ない、高品位な表示を行うことができる。

なお、液晶装置1は、上記携帯電話機100の他、モバイルコンピュータ、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、車載機器、オーディオ機器などの各種電子機器に用いることができる。

上記実施形態に対しては、様々な変形を加えることができる。変形例としては、例えば以下のようなものが考えられる。

(変形例1)
上記実施形態では、画素3の列において、延在方向が同一であるスリット27が2画素ごとに(すなわち1画素おきに)繰り返し配置される構成が示されているが、これに限定する趣旨ではない。例えば、一列に隣接する3個の画素3のそれぞれにおいてスリット27(又はスリット27に含まれる連続部)の延在方向が互いに異なるように構成し、延在方向が同一であるスリット27(又は連結部)が3画素ごとに繰り返し配置される構成とすることもできる。又は、一列に隣接するn個の画素3のそれぞれにおいてスリット27(又は連結部)の延在方向が互いに異なるように構成し、延在方向が同一であるスリット27(又は連結部)がn画素ごとに繰り返し配置されるような構成とする。このような構成によれば、電界の方向を画素3ごとに種々に変化させることができる。これにより、視野角依存性をさらに軽減させることができる。

(変形例2)
上記実施形態には、液晶50の配向方向50tが隣接する画素3の境界線に平行となる構成が含まれているが、配向方向50tは必ずしも上記境界線と平行でなくともよく、当該境界線に対して一定の角度を有していてもよい。この場合、隣接する画素3に含まれるスリット27は、その延在方向が液晶50の配向方向50tに対して対称となるように配置する。このような構成によっても、表示色の視野角依存性を軽減することができる。

(変形例3)
上記実施形態には、共通電極26の接続部26bが隣接する画素3の外周にのみ配置される構成が含まれているが、これに限定する趣旨ではない。いずれの実施形態についても、図7(b)に示すように、接続部26bを各サブ画素4の外周の一部にも配置する構成とすることができる。このようにすれば、スリット27の端部における電界の乱れの影響が、各サブ画素4に均等に及ぶようにすることができる。これにより、表示ムラやざらつき感等による表示品位の低下を防止することができる。

(変形例4)
上記実施形態には、赤、緑、青、シアンの4色のサブ画素4を有する構成が含まれているが、これ以外の組合せの4色であってもよい。4色の組合せのその他の例としては、赤、黄緑、青、エメラルドグリーンの4色とすることができる。この他にも、波長に応じて色相が変化する可視光領域(380〜780nm)のうち、青系の色相の表示、赤系の色相の表示と、青から黄までの色相の中で選択された2種の色相の表示からなるように選択することができる。ここで「系」との語を用いているが、例えば青系であれば純粋の青の色相に限定されるものでなく、青紫や青緑等を含むものである。赤系の色相であれば、赤に限定されるものでなく橙を含む。

(変形例5)
サブ画素4は正確な矩形又は平行四辺形でなくてもよい。サブ画素4の形状としては、例えば、矩形又は平行四辺形を基本形として、このうち対向する2辺のうちの1つを非平行とした台形状のもの、又はいずれかの辺を曲線としたもの、あるいは矩形の四隅のうちの1箇所を切り欠いた形状のもの等であってもよい。

(変形例6)
上記実施形態では、液晶50の配向方向とスリット27(又はスリット27に含まれる連続部)とのなす角を約5度としているが、これに限定する趣旨ではなく、必要に応じて任意の角度とすることができる。例えば、スリット27(連続部)の延在方向と液晶50の配向方向50tとのなす角が、0度より大きくかつ45度未満である場合には正の誘電率異方性を有する液晶50を使用し、スリット27(連続部)の延在方向と液晶50の配向方向50tとのなす角が、45度より大きくかつ90度未満である場合には負の誘電率異方性を有する液晶50を使用する。このようにすれば、電界による液晶分子50aの回転角度を45度未満とすることができ、また回転方向を一様にすることができる。これにより、上記回転方向の不均一に起因するドメインの発生を抑制することができる。

(変形例7)
上記実施形態では、ある画素3と、当該画素3の上下左右に隣接する4つの画素3とに含まれるスリット27(連続部)の延在方向が互いに異なる構成や、ある画素3と、当該画素の上下又は左右に隣接する2つの画素3とに含まれるスリット27(連続部)の延在方向が互いに異なる構成が示されているが、これに限定する趣旨ではない。例えば、ある画素3と、当該画素3に隣接する画素3のうちの少なくとも1つとに含まれるスリット27(連続部)の延在方向が互いに異なる構成であればよい。このような構成によっても、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができ、表示色の視野角依存性を軽減させることが可能となる。

(変形例8)
上記実施形態では、電界駆動型装置の一例として液晶装置1について説明したが、これに限定する趣旨ではない。電界駆動型装置は、画素電極16と共通電極26との間の電位差(駆動電圧)に起因して生じる電界によって物質を駆動する構成であればよく、液晶装置に限定されない。

(変形例9)
共通電極26を構成する帯状部26a、又はスリット27は、サブ画素4内において互いに非平行となる部分を含んでいてもよい。図15は、本変形例に係る液晶装置1における画素3の形状及び共通電極26、スリット27の配置の様子を示す拡大平面図である。画素3に含まれる各サブ画素4内において、スリット27aとスリット27bは互いに非平行となっている。このような構成によっても、同一の色に対応するサブ画素4の間で、スリット27の延在方向(すなわち連続部の延在方向)を異ならせることができる。これにより、同一色のサブ画素4の間で、液晶50に印加される電界の方向を異ならせることができ、表示色の視野角依存性を軽減させることができる。

電界駆動型装置としての液晶装置の模式図であり、(a)は斜視図、(b)は(a)中のA−A線における断面図。 画素領域の拡大平面図。 画素領域を構成する複数のサブ画素における各種素子、配線等の等価回路図。 素子基板のうち、1つのサブ画素に対応する部分を抽出して示す平面図。 図4中のB−B線の位置における断面図。 共通電極と画素電極との間に駆動電圧を印加した場合に生じる電界の様子を示す模式図。 (a)及び(b)は、隣接する4つの画素を含む領域における共通電極及びスリットの配置の様子を示す平面図。 (a)及び(b)は、第2の実施形態に係る液晶装置における共通電極及びスリットの配置の様子を示す拡大平面図。 (a)及び(b)は、第3の実施形態に係る液晶装置における共通電極及びスリットの配置の様子を示す拡大平面図。 第4の実施形態に係る液晶装置における画素の形状及び共通電極、スリットの配置の様子を示す拡大平面図。 第5の実施形態に係る液晶装置における画素の形状及び共通電極、スリットの配置の様子を示す拡大平面図。 (a)及び(b)は、第6の実施形態に係る液晶装置における画素の形状及び共通電極、スリットの配置の様子を示す拡大平面図。 (a)及び(b)は、第7の実施形態に係る液晶装置における画素の形状及び共通電極、スリットの配置の様子を示す拡大平面図。 第7の実施形態に係る液晶装置における画素の形状及び共通電極、スリットの配置の様子を示す拡大平面図。 変形例9に係る液晶装置における画素の形状及び共通電極、スリットの配置の様子を示す拡大平面図。 電子機器としての携帯電話機の斜視図。 FFSモードの液晶装置の拡大平面図であり、(a)は電圧非印加時を示す図、(b)は電圧印加時を示す図。 従来の構成の液晶装置の拡大平面図。

符号の説明

1…電界駆動型装置としての液晶装置、3…画素、4,4R,4G,4B,4C…サブ画素、5…画素領域、10,20…ガラス基板、10a…素子基板、12…走査線、14…信号線、16…画素電極、18…配向膜、20a…対向基板、26…共通電極、26a…帯状部、26b…接続部、27…スリット、50…物質としての液晶、50a…液晶分子、50t…配向方向、100…電子機器としての携帯電話機。

Claims (12)

  1. 第1の色に対応する第1のサブ画素と前記第1の色とは異なる第2の色に対応する第2のサブ画素とを含む画素が、画素領域においてマトリクス状に複数配置された電界駆動型装置であって、
    基板の主面上に形成された画素電極と、
    少なくとも一部が前記基板の主面の垂直方向から見た平面視で前記画素電極に重なるように形成され、複数のスリットを有する共通電極と、を備え、
    前記複数のスリットの各々の少なくとも一部が、前記平面視で前記画素電極と重なり、
    前記複数のスリットは、一の前記画素に設けられた複数の第1のスリットと一の前記画素に隣接する他の前記画素に設けられた複数の第2のスリットとを含み、
    一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、
    他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、
    前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、第1の方向に延在し、
    前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、前記第1の方向に交差する第2の方向に延在し、
    一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の前記複数の第2のスリットに最も近い端部である第1の端部に対応して前記第1のサブ画素が配置され、
    他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の前記複数の第1のスリットに最も近い端部である第2の端部に対応して前記第2のサブ画素が配置されていること、
    を特徴とする電界駆動型装置。
  2. 請求項1に記載の電界駆動型装置において、
    前記第1の端部と前記第2の端部とは、前記複数の画素のうち互いに隣接する二つの画素の境界線を挟んで反対に位置すること、
    を特徴とする電界駆動型装置。
  3. 請求項2に記載の電界駆動型装置において、
    前記複数の第1のスリットと前記複数の第2のスリットとは前記境界線を挟んで対称となるように形成されていること、
    を特徴とする電界駆動型装置。
  4. 請求項1乃至3のいずれか一項に記載の電界駆動型装置において、
    前記複数の画素の各々は、平行四辺形の形状を有しており、
    前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部と前記平行四辺形の一辺とは互いに平行であること、
    を特徴とする電界駆動型装置。
  5. 請求項1乃至4のいずれか一項に記載の電界駆動型装置において、
    前記複数の第1のスリットと前記複数の第2のスリットとは前記境界線を挟んで対称となるように形成されていること、
    を特徴とする電界駆動型装置。
  6. 第1の色に対応する第1のサブ画素と前記第1の色とは異なる第2の色に対応する第2のサブ画素とを含む画素が、画素領域においてマトリクス状に複数配置された液晶装置であって、
    基板の主面上に形成された画素電極と、
    少なくとも一部が前記基板の主面の垂直方向から見た平面視で前記画素電極に重なるように形成され、複数のスリットを有する共通電極と、
    前記画素電極と前記共通電極との電位差に起因して生じた電界により駆動される液晶と、を備え、
    前記複数のスリットの各々の少なくとも一部が、前記平面視で前記画素電極と重なり、
    前記複数のスリットは、一の前記画素に設けられた複数の第1のスリットと一の前記画素に隣接する他の前記画素に設けられた複数の第2のスリットとを含み、
    一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、
    他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、少なくとも前記第1のサブ画素及び前記第2のサブ画素に対応して連続して形成されており、
    前記複数の第1のスリットの各々の少なくとも一部は、第1の方向に延在し、
    前記複数の第2のスリットの各々の少なくとも一部は、前記第1の方向に交差する第2の方向に延在し、
    一の前記画素において、前記複数の第1のスリットの各々の前記複数の第2のスリットに最も近い端部である第1の端部に対応して前記第1のサブ画素が配置され、
    他の前記画素において、前記複数の第2のスリットの各々の前記複数の第1のスリットに最も近い端部である第2の端部に対応して前記第2のサブ画素が配置されていること、
    を特徴とする液晶装置。
  7. 請求項6に記載の液晶装置において、
    前記第1の方向と前記第2の方向とがなす角は、0度より大きく45度未満であること、
    を特徴とする液晶装置。
  8. 請求項7に記載の液晶装置において、
    前記液晶は、正の誘電異方性を有していること、
    を特徴とする液晶装置。
  9. 請求項6に記載の液晶装置において、
    前記第1の方向と前記第2の方向とがなす角は、45度より大きく90度未満であること、
    を特徴とする液晶装置。
  10. 請求項7に記載の液晶装置において、
    前記液晶は、負の誘電異方性を有していること、
    を特徴とする液晶装置。
  11. 請求項1乃至5のいずれかに一項に記載の電界駆動型装置を表示部に備えることを特徴とする電子機器。
  12. 請求項6乃至10のいずれかに一項に記載の液晶装置を表示部に備えることを特徴とする電子機器。
JP2007298918A 2007-03-30 2007-11-19 電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器 Active JP5167781B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007090962 2007-03-30
JP2007090962 2007-03-30
JP2007298918A JP5167781B2 (ja) 2007-03-30 2007-11-19 電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007298918A JP5167781B2 (ja) 2007-03-30 2007-11-19 電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器
US12/053,304 US7859630B2 (en) 2007-03-30 2008-03-21 Electric field driving device, liquid crystal device and electronic apparatus
KR1020080026900A KR101464181B1 (ko) 2007-03-30 2008-03-24 전계 구동형 장치, 액정 장치 및 전자 기기
TW097111047A TWI447478B (zh) 2007-03-30 2008-03-27 電場驅動型裝置、液晶裝置及電子機器
CN2008100858905A CN101276102B (zh) 2007-03-30 2008-03-28 液晶装置以及电子设备

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008276172A JP2008276172A (ja) 2008-11-13
JP5167781B2 true JP5167781B2 (ja) 2013-03-21

Family

ID=39995675

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007298918A Active JP5167781B2 (ja) 2007-03-30 2007-11-19 電界駆動型装置、液晶装置及び電子機器

Country Status (5)

Country Link
US (1) US7859630B2 (ja)
JP (1) JP5167781B2 (ja)
KR (1) KR101464181B1 (ja)
CN (1) CN101276102B (ja)
TW (1) TWI447478B (ja)

Families Citing this family (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009092873A (ja) * 2007-10-05 2009-04-30 Toshiba Matsushita Display Technology Co Ltd 液晶表示装置
JP5243060B2 (ja) * 2008-02-21 2013-07-24 株式会社ジャパンディスプレイウェスト 液晶表示装置
JP4952630B2 (ja) * 2008-03-27 2012-06-13 ソニー株式会社 液晶装置
JP4623138B2 (ja) 2008-05-21 2011-02-02 ソニー株式会社 表示装置および電子機器
JP5408912B2 (ja) * 2008-07-02 2014-02-05 株式会社ジャパンディスプレイ 液晶表示パネル
JP5258603B2 (ja) * 2009-01-30 2013-08-07 株式会社ジャパンディスプレイウェスト 液晶表示装置
JP5540590B2 (ja) * 2009-07-09 2014-07-02 セイコーエプソン株式会社 液晶装置、および電子機器
JP5612399B2 (ja) 2010-08-31 2014-10-22 株式会社ジャパンディスプレイ 液晶表示装置
JP5620211B2 (ja) 2010-09-24 2014-11-05 株式会社ジャパンディスプレイ 液晶表示装置
JP2012088582A (ja) 2010-10-21 2012-05-10 Hitachi Displays Ltd 液晶表示装置
CN102566157B (zh) * 2010-12-16 2014-10-08 京东方科技集团股份有限公司 阵列基板和液晶显示器
US8531635B2 (en) * 2011-04-12 2013-09-10 Japan Display West Inc. Liquid-crystal display apparatus
JP5937389B2 (ja) * 2011-10-25 2016-06-22 株式会社ジャパンディスプレイ 表示装置、電子機器、および、表示装置の製造方法
KR20140044453A (ko) * 2012-10-05 2014-04-15 삼성디스플레이 주식회사 표시 기판 및 이를 포함하는 액정 표시 패널
CN103226268B (zh) 2013-04-12 2016-05-18 京东方科技集团股份有限公司 一种阵列基板、液晶显示面板及显示装置
CN103336392B (zh) * 2013-06-21 2016-03-02 京东方科技集团股份有限公司 阵列基板、液晶显示面板及装置
JP6207264B2 (ja) * 2013-07-03 2017-10-04 三菱電機株式会社 液晶表示装置
TWI509336B (zh) 2013-10-23 2015-11-21 Au Optronics Corp 畫素單元、畫素陣列以及液晶顯示面板
CN103645590B (zh) * 2013-12-12 2016-10-05 京东方科技集团股份有限公司 一种阵列基板及其制备方法、液晶显示装置
JP2016014779A (ja) * 2014-07-02 2016-01-28 株式会社ジャパンディスプレイ 液晶表示装置
WO2016021449A1 (ja) * 2014-08-05 2016-02-11 シャープ株式会社 液晶表示装置
CN104199223B (zh) 2014-09-09 2018-01-12 上海中航光电子有限公司 一种阵列基板、显示面板及显示装置
CN104199222B (zh) * 2014-09-09 2018-03-30 上海中航光电子有限公司 一种阵列基板、显示面板及显示装置
CN104503156A (zh) * 2014-12-11 2015-04-08 深圳市华星光电技术有限公司 显示基板及其制造方法
TWI537653B (zh) * 2014-12-25 2016-06-11 群創光電股份有限公司 顯示裝置
JP6504990B2 (ja) 2015-10-22 2019-04-24 株式会社ジャパンディスプレイ 液晶表示装置
CN108319399A (zh) * 2015-12-07 2018-07-24 上海天马微电子有限公司 一种显示面板
CN105467697A (zh) * 2016-01-20 2016-04-06 京东方科技集团股份有限公司 一种像素结构、显示面板及显示装置
WO2017169994A1 (ja) * 2016-03-29 2017-10-05 シャープ株式会社 液晶表示装置
TWI632537B (zh) 2017-08-25 2018-08-11 友達光電股份有限公司 液晶顯示面板

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6128061A (en) * 1997-12-08 2000-10-03 Hyundai Electronics Industries Co., Ltd. Liquid crystal display device
KR100306798B1 (ko) 1998-05-29 2001-11-30 박종섭 컬러쉬프트를방지한고개구율및고투과율액정표시장치
TWI281582B (en) * 2001-01-20 2007-05-21 Ind Tech Res Inst Silicon wafer liquid crystal display and its fabrication method
KR100653474B1 (ko) * 2003-09-26 2006-12-04 비오이 하이디스 테크놀로지 주식회사 프린지 필드 스위칭 액정표시장치
JP4459685B2 (ja) * 2004-03-31 2010-04-28 友達光電股▲ふん▼有限公司AU Optronics Corporation 液晶表示装置
KR100590932B1 (ko) * 2004-09-23 2006-06-19 비오이 하이디스 테크놀로지 주식회사 프린지 필드 스위칭 모드 액정표시장치
JP2006317566A (ja) * 2005-05-11 2006-11-24 Sanyo Epson Imaging Devices Corp 表示装置および電子機器
JP4645488B2 (ja) * 2006-03-15 2011-03-09 ソニー株式会社 液晶装置及び電子機器

Also Published As

Publication number Publication date
KR20080089193A (ko) 2008-10-06
TW200907486A (en) 2009-02-16
US7859630B2 (en) 2010-12-28
JP2008276172A (ja) 2008-11-13
US20090009671A1 (en) 2009-01-08
KR101464181B1 (ko) 2014-11-21
CN101276102B (zh) 2011-10-19
CN101276102A (zh) 2008-10-01
TWI447478B (zh) 2014-08-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10175818B2 (en) Display device
US10180604B2 (en) Liquid crystal display panel
US20150077690A1 (en) Liquid crystal device and electronic apparatus
US7973900B2 (en) Liquid crystal display device
KR100741890B1 (ko) 횡전계 방식의 액정표시장치 및 그의 제조방법
JP3685795B2 (ja) 液晶表示装置
JP4572854B2 (ja) 液晶装置及び電子機器
JP4717672B2 (ja) 液晶装置及び電子機器
JP3826217B2 (ja) フリンジフィールドスイッチングモード液晶表示装置
KR101427708B1 (ko) 액정 표시 패널
US6356331B1 (en) Liquid crystal display device
JP5301251B2 (ja) 液晶表示装置
JP4316381B2 (ja) 高開口率の液晶表示装置
US8314913B2 (en) Liquid crystal display with subpixels having alternately disposed branches
JP3464570B2 (ja) カラー液晶表示素子
US8711311B2 (en) Fringe field switching mode liquid crystal display panel
JP5314155B2 (ja) 液晶表示装置
US8059242B2 (en) Liquid crystal display device
US7460192B2 (en) Liquid crystal display, thin film diode panel, and manufacturing method of the same
JP5112961B2 (ja) Display device
US20160187728A1 (en) Pixel structure of transparent liquid crystal display panel
JP4543006B2 (ja) 液晶表示素子及びその製造方法
US8698154B2 (en) Array substrate for fringe field switching mode liquid crystal display device
US8659732B2 (en) Liquid crystal display device
JP4741209B2 (ja) 多重ドメイン液晶表示装置及びその薄膜トランジスタ基板

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100924

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120606

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120612

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120809

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121016

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121030

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121127

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121210

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5167781

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250