JP3725153B2 - エルゴリン誘導体を含有する経皮適用薬 - Google Patents

エルゴリン誘導体を含有する経皮適用薬 Download PDF

Info

Publication number
JP3725153B2
JP3725153B2 JP50914192A JP50914192A JP3725153B2 JP 3725153 B2 JP3725153 B2 JP 3725153B2 JP 50914192 A JP50914192 A JP 50914192A JP 50914192 A JP50914192 A JP 50914192A JP 3725153 B2 JP3725153 B2 JP 3725153B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
penetration enhancer
layer
adhesive
example
permeable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP50914192A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06500126A (ja
Inventor
ギュンター,クレメンス
リードル,ユッタ
リップ,ラルフ
Original Assignee
ノイロビオテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE19914116912 priority Critical patent/DE4116912A1/de
Application filed by ノイロビオテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング filed Critical ノイロビオテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
Priority to PCT/DE1992/000400 priority patent/WO1992020339A1/de
Publication of JPH06500126A publication Critical patent/JPH06500126A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3725153B2 publication Critical patent/JP3725153B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7053Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polyvinyl, polyisobutylene, polystyrene
    • A61K9/7061Polyacrylates
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins
    • A61K31/435Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with one nitrogen as the only ring hetero atom
    • A61K31/47Quinolines; Isoquinolines
    • A61K31/48Ergoline derivatives, e.g. lysergic acid, ergotamine
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7069Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polysiloxane, polyesters, polyurethane, polyethylene oxide
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7084Transdermal patches having a drug layer or reservoir, and one or more separate drug-free skin-adhesive layers, e.g. between drug reservoir and skin, or surrounding the drug reservoir; Liquid-filled reservoir patches

Description

本発明は、エルゴリン誘導体を場合により一種又は数種の浸透増強剤と組み合わせて含有することを特徴とする、経皮適用薬に関する。
エルゴリンは、既に1960年に公知となったリスリド[3−(9,10−ジヒドロ−6−メチル−8α−エルゴリニル−1,1−ジエチル尿素]及び特に西ドイツ特許(DE−A)第2238540号明細書、欧州特許(EP−A)第0021206号明細書、欧州特許(EP−A)第0056358号明細書及び欧州特許(EP−A)第0160840号明細書に記載されているその誘導体と同様に、医薬を製造するために使用することができる薬理学的作用物質である。
この種のエルゴリン誘導体は、例えば、一般式:
[式中、
は単結合又は二重結合を表し、R1は水素原子、ハロゲン原子又はアルキル基に炭素原子1〜4個を有するアルキルチオ基を表し、R2は炭素原子1〜4個を有するアルキル基を表す]のようなもの及びその生理学的に無害の塩である。
効力の強いエルゴリン誘導体としては、リスリドの他にブロムリスリド[=3−(2−ブロム−9,10−ジヒドロ−6−メチル−8α−エルゴリニル−1,1−ジエチル尿素]、テルグリド[=3−(6−メチル−8α−エルゴリニル−1,1−ジエチル尿素]及びプロテルグリド[=3−(6−プロピル−8α−エルゴリニル−1,1−ジエチル尿素]が挙げられる。
これらのエルゴリン誘導体の塩としては、硫酸塩、燐酸塩、マレイン酸塩、クエン酸塩又は琥珀酸塩が挙げられる。
エルゴリン誘導体は今日ドーパミン作用物質として、過プロラクチン血液病によるか又はプロラクチンが病因学的に重要な意味を持つような種々の病気の治療で、確固たる地位を占めている。
一次及び二次離乳用に、また過プロラクチン血液病を伴う女性の妊娠障害用にも、ドーパミン作用物質は選択的医薬である。過プロラクチン血液病による男性の生殖力障害も有効に治療することができる。ドーパミン及びドーパミン作用物質は健康な人ではSTHの分泌を刺激するが、先端肥大症では反対の作用を有する。月経前症候群、子かん前症状、老人医学、乳腺痛も同様にプロラクチンの広い作用スペクトルと関係があり、ドーパミン作用物質を用いて治療することができる。パーキンソン様症候群はドーパミン欠乏が原因となっているので、パーキンソン患者をドーパミン作用物質で効果的に治療することができる。
多くのエルゴリン誘導体は例えばリスリン自体の様に短い最終半減期しか有さず、従って比較的長期間に渡って血液中で医薬の一定の血しょう濃度を達成することが困難である。
さて、エルゴリン誘導体を場合により一種又は数種の浸透性強化作用を有する医薬と組み合わせて、作用物質の経皮適用剤を製造するために非常に良好に使用することができることが判明した。
経皮適用される医薬は公知のように、一般にその他の、−例えば経口−適用される医薬よりも、長時間に渡って作用物質のより均一な遊離が可能である。この特性は、一連の病気で有利に活用することができる。しかし、常用の硬膏材料に難溶性の作用物質、例えばエルゴリン誘導体は、治療するために作用物質が確実に皮膚を通って十分に浸透するような経皮系を製造するためには、一般に非常に問題がある。
さて、意外にも本発明の医薬を用いて、エルゴリン誘導体が治療上十分にかつ非常に均一に皮膚を通る浸透速度を達成することができることを見出した。
製剤を製造するために、作用物質を好適な揮発性溶剤及び/又は浸透増強剤中に溶解させるか又は懸濁させることができる。得られる溶液又は懸濁液に常用の助剤、例えば増粘剤を加えることができる。更に、本発明による溶液又は懸濁液は例えばシリコンエラストマーを用いて加工して作用物質含有の硬膏又は包帯にすることができる[西ドイツ特許(DE−A)第3131610号明細書;米国特許(US−A)第3996934号明細書又は米国特許(US−A)第4336243号明細書]。
好適な揮発性溶剤は、例えば低級アルコール、ケトン又は低級カルボン酸エステル、例えばエタノール、イソプロパノール、アセトン又は酢酸エチル、極性エーテル、例えばテトラヒドロフラン、低級炭化水素、例えばシクロヘキサン又はベンジン又はハロゲン化炭化水素、例えばジクロルメタン、トリクロルメタン、トリクロルトリフルオルエタン及びトリクロルフルオルメタンである。これらの溶剤の混合物も好適であることは言うまでもない。
好適な浸透増強剤は例えば、炭素原子8個までを有する液状の一価又は多価の、脂肪族、脂環式又は芳香脂肪族、アルコール、例えば1,2−プロパンジオール、メントール、デキスパンテノール又はベンジルアルコール、炭素原子8〜18個を有する飽和及び不飽和脂肪族アルコール、例えばラウリルアルコール、イソセチルアルコール又はセチルアルコール、炭化水素、例えば鉱油、炭素原子8〜18個を有する飽和及び不飽和脂肪酸、例えばラウリン酸、イソパルミチン酸、イソステアリン酸又はオレイン酸、一般式:
CH3−(CH2)n−COOR
[式中、nは2〜18の数を表し、Rは炭素原子最高6個までを有するアルキル基を表す]の脂肪酸エステル又は一般式:
R’OCO(CH2)mCOOR’
[式中、mは4〜8の数を表わし、R’は各々炭素原子最高6個までを有するアルキル基を表す]のジカルボン酸エステルである。本発明による医薬に好適な脂肪酸エステルは、例えばラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸及びパルミチン酸のようなもの、例えばこれらの酸のメチルエステル、エチルエステル、2−ヒドロキシエチルエステル、グリセロールエステル、プロピルエステル、イソプロピルエステル、ブチルエステル、s−ブチルエステル、イソブチルエステルである。特に有利なエステルは、パルミチン酸、イソパルミチン酸、イソステアリン酸及びステアリン酸のエステル、特に経皮適用のためのリスリド含有の医薬を製造するためには、例えば、それらのメチルエステル及び特にそれらのイソプロピルエステルである。好適なジカルボン酸ジエステルは、例えばアジピン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジイソブチル及びセバシン酸ジイソプロピルである。本発明による医薬を製造するために、これらの浸透増強剤の混合物も好適であることに関しては、ここでは詳説しない。
作用物質を経皮治療系(TTS)中に包埋する場合に、作用物質の調整された用量を有する非常に均一な適用を達成することができる。好適な経皮治療系は、作用物質の経皮適用に一般に使用されるようなものである(Yie W. Chien:"Transdermal Controlled Systemic Medications",Marcel Dekker,Inc. New York及びBasel,1987, Dr. Richard Baker:"Analysis of Transdermal Drug Delivery Patents 1934〜1984"及び"Analysis of Recent Transdermal Delivery Patents,1984〜1986及びEnhancers"Membrane Technology&Reserch 1030 Hamilton Court Menlo Park CA94025(415)328〜2228)。
例えば、
a)不透性被覆層、被覆層に接着したエルゴリン誘導体及び場合により一種又は数種の浸透増強剤を含有する、これらの成分に関して浸透性の、自己接着性であるか又は皮膚接着剤により被覆されているか又は包囲されている医薬層(これは同様に浸透増強剤を含有していてもよい)及び可剥性保護層から成るか又は
b)不透性被覆層、被覆層上又は中に存在する、エルゴリン誘導体及び場合により一種又は数種の浸透増強剤を含有する医薬貯蔵体、これらの成分に関して浸透性の重合体層、浸透性の、場合により浸透増強剤含有の皮膚接着層及び可剥性保護層から成るような経皮治療系を使用することができる。
aによる経皮治療系は簡単な基質系である。これは例えば下記の様にして製造することができる。
好適な揮発性溶剤で100重量%にした、作用物質1〜25重量%、浸透増強剤0〜40重量%、医薬で常用の接着剤30〜70重量%の溶液又は懸濁液を平らな不透性被覆層上に塗り、乾燥後可剥性の保護層を形成させる。
系の乾燥後全く又は完全には皮膚に接しない、医学的に常用の基質形成剤を使用する場合には、この系を、可剥性保護層の塗布の前になお付加的に皮膚接着剤で被覆するか又はそれで囲むことができる。
好適な溶剤及び浸透増強剤は、例えばこの種の既に文献記載の液体である。医学的に常用の接着剤としては、例えばポリアクリレート、シリコーン、ポリウレタン並びに天然又は合成ゴムが好適である。その他の基質形成剤としてはセルロースエーテル、ポリビニル化合物又は珪酸塩が挙げられる。
保護層としては、一般に経皮治療系で使用するシート全てが好適である。この種のシートは、例えばシリコン化又はフルオロポリマー被覆されている。
被覆層としては、この系では例えばポリエチレン又はポリエステルから成る厚さ10〜100μmのシートを場合により顔料添加又は金属化して使用することがてきる。この上に塗布される医薬層は、有利には厚さ20〜500μmを有する。作用物質の供給は有利には5〜100cm2の面上に行われる。
bによる経皮治療系は、例えば下記のようにして製造される。
不透性シートを熱及び/又は牽引により変形して、0.1〜3ml内容の湾曲部を生じさせる。これに浸透増強剤中の作用物質1〜50重量%を含有する作用物質含有の溶液又は懸濁液を充填する。作用物質含有の溶液又は懸濁液を10重量%までの基質形成剤で被覆することもできる。
溶接又は貼付けた浸透性重合体層が皮膚への貯蔵体の被覆として働き、この層の上に浸透性の皮膚接着層及び可剥性保護層を塗布する。
この系では前記の浸透増強剤を使用する。浸透性重合体層としては、例えばセルロースエステル、セルロースエーテル、シリコーン又はポリオレフィン化合物から成る厚さ20〜200μmのシートを使用する。これらの重合体層を変えることによって、作用物質又は作用物質混合物の拡散速度を広い範囲で変えることができる。
接着剤及び保護層としては、aによる経皮治療系で記載したものと同じ材料が好適である。
このように種々のパラメーターを簡単に変えることによって、作用物質又は作用物質混合物の種々の遊離速度を有する経皮治療系を製造することができ、これらを貯蔵目的で例えばアルミニウムシートで包装することができる。
エルゴリン誘導体が最適に浸透増強状態で溶解又は懸濁する濃度は、当然使用される作用物質及び浸透増強剤の種類及び1回の用量に左右される。この濃度は個々の場合に当業者に公知の予備試験により、例えば面積当りの精選された本発明による薬剤で作用物質の達成可能な血しょう濃度の測定によって、求めることができる。一般に、本発明による医薬で0.2〜20重量%の作用物質濃度で十分である。
本発明の医薬による経皮吸収の速度の程度の測定は、例えば放射性標識付けされたエルゴリン誘導体により行うことができる。
新たに作成した、腹部無毛のマウスの皮下脂肪を除去した皮膚を、受溶液としてpH7の浸透圧のポリエチレングリコール−(MG 400)溶液又は燐酸塩緩衝溶液を含有するフランツ(Franz)拡散セルに固定する。次いで試験溶液2μlを皮膚に添加し、24、48及び72時間後に液体−シンチレーション計算により受液中に達したエルゴリン誘導体の含量を求めた。
プロピレングリコール(PG)及びプロピレングリコール−ラウリン酸9:1W/W(PG+10%LS)中のエルゴリンの5重量%溶液を試験した。
下記表は、この試験で得られた結果を表す:
パーキンスン様症状の治療用の治療血しょう濃度(Css)は1〜2ng/mlであり、その他の表に記載の指数では、治療血しょう濃度は僅かである。
治療上の血しょう濃度を達成するために該当面(A)で必要な経皮流量(I)は、下記のようにしてリスクドの総体−クリアランス(Cl)から算出することができる。
TDSで50cm2の大きさを選択すると、1.3〜2.7μg/cm2/hの経皮流量を有する65250ml/hのリスリドの総クリアランスで、所望の治療血しょう濃度1〜2ng/mlが達成される。実験管内でマウス皮膚を通って達成された14μg/cm2/hまでの流量は明らかにこの要求以上である。ファクター5だけ高いリスリドのマウス皮膚の浸透性の現実的な仮定で、人で所望される経皮流量が達成されるであろう。
本発明によるエルゴリン誘導体を含有する経皮適用剤は、前記の、例えばエルゴリン誘導体を含有する経口又は経皮適用される医薬と同様に病気の治療に使用することができる。
次に実施例につき本発明を詳説する。実施例中、下記の市販品を使用した:
3M社の厚さ0.074mmのポリエステルシート(SkotchPak▲R▼1009);セラネーゼ(Celanese)社のポリプロピレンシート(Celgard▲R▼2500)、3M社のLinerfolie SkotchPak▲R▼1022及び1360;3M社のTransferkleber 9871、Monsannto社のポリアクリルエステル−接着剤Gelva▲R▼型及びDow Corning社のシリコーン接着剤X−7−4502型。
例1
ベンジン中のシリコーン接着剤の50%溶液100g中に、リスリド2.0g及びパルミチン酸イソプロピル10.0gを順次撹拌下で溶解又は懸濁させる(接着剤は混濁しているので、完全な溶液ができても透明にはならない)。24時間に渡ってバッチのガス抜きをした後、溶液/懸濁液をロール式ナイフ塗布機によりフルオロポリマー被覆ポリエステルシート上に、揮発性溶剤を60〜80℃で除去した後、固体塗布100g/m2の均一な塗膜が生じるように塗布する。引き続き、光不透過性ポリエステル−剥離シートを積層する。こうして得られたラミネートを打抜き機により面積10cm2の個々の膏薬に分け、アルミニウム蒸着袋に気密包装する。膏薬はライナーシートを剥離すると皮膚に接着する。
含量測定により医薬中に4.4mg/cm2の均一な作用物質分散が示される。
例2
酢酸エチル中のポリアクリルエステル接着剤の50%溶液100g中に、リズリド1.0g及び1,2−プロパンジオール17.5gを順次撹拌下で溶解又は懸濁させる。24時間に渡ってバッチのガス抜きをした後、溶液/懸濁液をロール式ナイフ塗布機によりポリエステルシート上に、揮発性溶剤を60〜80℃で除去した後、固体塗布50g/m2の均一な塗膜が生じるように、塗布する。引き続き、光不透過性ポリエステル−剥離シートを積層する。こうして得られたラミネートを打抜き機により面積10cm2の個々の膏薬に分け、アルミニウム蒸着袋に気密包装する。膏薬はライナーシートを剥離すると皮膚に接着する。
エルゴリン誘導体の含量は、医薬中に1.1mg/cm2である。
例3
酢酸エチル中のポリアクリルエステル接着剤の50%溶液100g中に、テルグリド1.0g、高分散珪酸1.0g及び10%の1−ドデカノールを有する1,2−プロパンジオール17.5gを順次撹拌下で溶解又は懸濁させる。24時間に渡ってバッチのガス抜きをした後、溶液/懸濁液をロール式ナイフ塗布機によりシリコーン化ポリエステル−ライナー上に、揮発性溶剤を60〜80℃で除去した後、固体塗布100g/m2の均一な塗膜が生じるように、塗布する。引き続き、光不透過性ポリエステル−剥離シートを積層する。こうして得られたラミネートを打抜き機により面積10cm2の個々の膏薬に分け、アルミニウム蒸着袋に気密包装する。膏薬はライナーシートを剥離すると皮膚に接着する。
テルグリドの含量は医薬中に2.2mg/cm2である。
例4
直径7.4cmの光不透過性ポリエステルシートを牽引及び熱によって、面積10cm2の丸い湾曲部が生じるように、変形させる。これをデキスパンテノール10%を含有する1,2−プロパンジオール中のプロテルグリド3.0mgの懸濁液1mlで満たす。ポリプロピレンシートを縁部に溶接する。時間単位当りの圧力に応じて、接合温度は70〜100℃である。浸透性重合体層上に接着剤シートを移す。膏薬はライナーを具備しており、アルミニウム袋に気密包装する。

Claims (2)

  1. リスリド、2−ブロムリスリド、テルグリド又はプロテルグリド又はそれらの生理学的に無害の塩の適用のための経皮治療剤であって、
    a)不透性被覆層と、
    該被覆層に接着性であり、該エルゴリン誘導体及び浸透増強剤を含有し、これらの成分に関して浸透性であり、かつ
    ポリアクリレート皮膚接着剤を含有させて自己接着性とするか、又は浸透増強剤を含有していてもよいポリアクリレート皮膚接着剤で被覆されているか又は包囲されている医薬層と、可剥性保護層とから成るか、
    又は
    b)不透性被覆層と、
    該被覆層上又は中に存在し、該エルゴリン誘導体及び浸透増強剤を含有する医薬貯蔵体と、前記成分に関して浸透性のポリマー層と、
    前記成分に関して浸透性の、浸透増強剤を含有してもよいポリアクリレート皮膚接着層と、可剥性保護層とから成る経皮治療剤であって、かつ
    該浸透増強剤はプロピレングリコール(1,2−プロパンジオール)及びラウリルアルコールであることを特徴とする経皮治療剤。
  2. 前記浸透増強剤は、9:1の重量比のプロピレングリコールとラウリルアルコールとの混合物である、請求項1に記載の経皮治療剤。
JP50914192A 1991-05-18 1992-05-14 エルゴリン誘導体を含有する経皮適用薬 Expired - Fee Related JP3725153B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE19914116912 DE4116912A1 (de) 1991-05-18 1991-05-18 Mittel zur transdermalen applikation enthaltend ergolin-derivate
PCT/DE1992/000400 WO1992020339A1 (de) 1991-05-18 1992-05-14 Mittel zur transdermalen applikation enthaltend ergolin-derivate

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06500126A JPH06500126A (ja) 1994-01-06
JP3725153B2 true JP3725153B2 (ja) 2005-12-07

Family

ID=6432298

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50914192A Expired - Fee Related JP3725153B2 (ja) 1991-05-18 1992-05-14 エルゴリン誘導体を含有する経皮適用薬

Country Status (14)

Country Link
US (1) US5399355A (ja)
EP (2) EP0538433B1 (ja)
JP (1) JP3725153B2 (ja)
AT (2) AT264679T (ja)
AU (1) AU1637792A (ja)
CA (1) CA2068970C (ja)
DE (3) DE4116912A1 (ja)
DK (1) DK1027889T3 (ja)
ES (2) ES2219639T3 (ja)
HU (1) HUT64227A (ja)
IE (1) IE921586A1 (ja)
NO (1) NO930148L (ja)
PT (1) PT100492B (ja)
WO (1) WO1992020339A1 (ja)

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA2161004C (en) * 1993-04-20 2004-10-26 Wilfried Fischer Active ingredient patch
DE19626621A1 (de) * 1996-07-02 1998-01-08 Hexal Ag Pflaster zur transdermalen Anwendung von Pergolid
US5837289A (en) * 1996-07-23 1998-11-17 Grasela; John C. Transdermal delivery of medications using a combination of penetration enhancers
US5900249A (en) * 1998-02-09 1999-05-04 Smith; David J. Multicomponent pain relief topical medication
FR2793890B1 (fr) 1999-05-19 2002-01-18 France Telecom Boitier d'acces a une ou plusieurs fibres optiques dans un cable tendu
DE10033853A1 (de) * 2000-07-12 2002-01-31 Hexal Ag Transdermales therapeutisches System mit hochdispersem Siliziumdioxid
DE10066158B4 (de) * 2000-08-24 2007-08-09 Neurobiotec Gmbh Verwendung eines transdermalen therapeutischen Systems zur Behandlung des Restless-Legs-Syndroms
US20070243240A9 (en) * 2000-08-24 2007-10-18 Fred Windt-Hanke Transdermal therapeutic system
DE10053397A1 (de) * 2000-10-20 2002-05-02 Schering Ag Verwendung eines dopaminergen Wirkstoffes zur Behandlung von dopaminerg behandelbaren Erkrankungen
DE10064453A1 (de) * 2000-12-16 2002-07-04 Schering Ag Verwendung eines dopaminergen Wirkstoffes zur Behandlung von dopaminerg behandelbaren Erkrankungen
AT547095T (de) * 2001-05-11 2012-03-15 Isis Pharmaceuticals Inc Antisense-permeationsverstärker
DE10137082A1 (de) * 2001-07-28 2003-02-13 Hexal Ag Matrixkontrolliertes transdermales therapeutisches System zur Anwendung von Pramiprexol und Ropinirol
DE10137162A1 (de) * 2001-07-30 2003-02-20 Hexal Ag Matrixkontrolliertes transdermales therapeutisches System zur Anwendung von Pramiprexol und Ropinirol
US7241456B2 (en) * 2002-10-25 2007-07-10 Australian Importers Ltd. Formulations for topical delivery of bioactive substances and methods for their use
US8907153B2 (en) 2004-06-07 2014-12-09 Nuvo Research Inc. Adhesive peel-forming formulations for dermal delivery of drugs and methods of using the same
US20070196452A1 (en) * 2004-06-07 2007-08-23 Jie Zhang Flux-enabling compositions and methods for dermal delivery of drugs
US20070196453A1 (en) * 2004-06-07 2007-08-23 Jie Zhang Two or more non-volatile solvent-containing compositions and methods for dermal delivery of drugs
US8741333B2 (en) * 2004-06-07 2014-06-03 Nuvo Research Inc. Compositions and methods for treating dermatitis or psoriasis
US20070196457A1 (en) * 2004-06-07 2007-08-23 Jie Zhang Two or more volatile solvent-containing compositions and methods for dermal delivery of drugs
US8741332B2 (en) * 2004-06-07 2014-06-03 Nuvo Research Inc. Compositions and methods for dermally treating neuropathic pain
US20070280972A1 (en) * 2006-04-25 2007-12-06 Zars, Inc. Adhesive solid gel-forming formulations for dermal drug delivery
DE102006048130A1 (de) * 2006-10-06 2008-04-10 Axxonis Pharma Ag Transdermales therapeutisches System mit zweiphasigem Freisetzungsprofil
US20090239894A1 (en) * 2008-03-20 2009-09-24 Bjorn Schurad Stabilized aqueous solutions of ergoline compounds

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE3333240A1 (de) * 1983-09-12 1985-03-28 Schering Ag Mittel zur transdermalen applikation von arzneimittelwirkstoffen
AU578275B2 (en) * 1984-03-01 1988-10-20 Lts Lohmann Therapie-Systeme Gmbh & Co. Kg Pharmaceutical compositions
US4883669A (en) * 1985-02-25 1989-11-28 Rutgers, The State University Of New Jersey Transdermal absorption dosage unit for estradiol and other estrogenic steroids and process for administration
EP0208417A3 (en) * 1985-06-12 1989-09-06 SPOFA Spojené Podniky Pro Zdravotnickou Vyrobu Use of 1-(8-alpha-ergolinyl)-3,3-diethyl urea derivatives in the treatment of endometritis
US4782063A (en) * 1987-05-11 1988-11-01 Eli Lilly And Company Ergoline esters useful as serotonin antagonists
US4835159A (en) * 1987-05-11 1989-05-30 Eli Lilly And Company Ergoline esters useful as serotonin antagonists
US5252335A (en) * 1989-07-12 1993-10-12 Cygnus Therapeutic Systems Transdermal administration of lisuride
US5229129A (en) * 1989-07-12 1993-07-20 Cygnus Therapeutic Systems Transdermal administration of lisuride

Also Published As

Publication number Publication date
EP1027889A2 (de) 2000-08-16
EP1027889B8 (de) 2006-07-05
DE59209996D1 (de) 2004-05-27
HUT64227A (en) 1993-12-28
AU1637792A (en) 1992-11-19
EP1027889A3 (de) 2001-01-24
EP0538433A1 (de) 1993-04-28
DE59210003D1 (de) 2006-01-12
NO930148L (no) 1993-01-15
EP0538433B1 (de) 2004-04-21
WO1992020339A1 (de) 1992-11-26
ES2251936T3 (es) 2006-05-16
NO930148D0 (no) 1993-01-15
HU9300125D0 (en) 1993-04-28
CA2068970C (en) 2005-09-27
ES2219639T3 (es) 2004-12-01
AT311862T (de) 2005-12-15
PT100492B (pt) 1999-06-30
PT100492A (pt) 1993-10-29
EP1027889B1 (de) 2005-12-07
DE4116912A1 (de) 1992-11-26
DK1027889T3 (da) 2006-04-18
US5399355A (en) 1995-03-21
CA2068970A1 (en) 1993-11-20
IE921586A1 (en) 1992-11-18
AT264679T (de) 2004-05-15
JPH06500126A (ja) 1994-01-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6298034B2 (ja) 経皮吸収治療システム
US5314694A (en) Transdermal formulations, methods and devices
EP0368406B1 (en) Compositions for the transdermal delivery of pharmaceutical actives
US6517864B1 (en) Transdermally administered tolterodine as anti-muscarinic agent for the treatment of overactive bladder
EP1541177B1 (en) Adhesive patch
DE60021099T2 (de) Transdermale, in form einer haftschicht ausgebildete zweifachmedikamenten-verabreichungsvorrichtung
US5683711A (en) Active ingredient patch
CN100374161C (zh) 透皮促进剂甘油三醋酸酯
CA2135925C (en) Use of glycerin in moderating transdermal drug delivery
AU622162B2 (en) Transdermal monolith systems
EP0280737B1 (en) Steroidal drug-containing preparation for external use
EP0262422A1 (en) Sustained release dosage form
US5376377A (en) Transdermal contraceptive formulations, methods and devices
EP0698393A1 (en) Solubilizing agent and external preparation containing the same
EP1047409B1 (en) Tts containing an antioxidant
US5500222A (en) Transdermal administration of oxybutynin
JP5122445B2 (ja) 抗認知症薬物の経皮吸収製剤
US8246979B2 (en) Transdermal delivery system for the administration of rotigotine
Chien Development of transdermal drug delivery systems
US5378730A (en) Permeation enhancer comprising ethanol and monoglycerides
JPWO2005115355A1 (ja) 貼付製剤
DE69825116T2 (de) Transdermale verabreichung basischer wirkstoffe unter verwendung unpolarer haftsysteme und saurer lösungsvermittler
DE69401945T3 (de) Einarbeitung eines poly-n-vinylamids in ein transdermales system
KR0184867B1 (ko) 2-아미노-6-n-프로필아미노-4,5,6,7-테트라하이드로벤조티아졸의 경피투여
US4731241A (en) Percutaneous pharmaceuticals preparation for external use

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20031125

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040304

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20041014

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050802

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050921

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080930

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090930

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090930

Year of fee payment: 4

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090930

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100930

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees