JP3624228B2 - 立ち上がり補助装置付き椅子 - Google Patents

立ち上がり補助装置付き椅子 Download PDF

Info

Publication number
JP3624228B2
JP3624228B2 JP2000256277A JP2000256277A JP3624228B2 JP 3624228 B2 JP3624228 B2 JP 3624228B2 JP 2000256277 A JP2000256277 A JP 2000256277A JP 2000256277 A JP2000256277 A JP 2000256277A JP 3624228 B2 JP3624228 B2 JP 3624228B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
link
armrest
support base
rear seat
side plates
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000256277A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002065391A (ja
Inventor
良昭 清宮
英夫 小田桐
雅之 相馬
英史 上谷
裕一 平川
Original Assignee
株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック filed Critical 株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック
Priority to JP2000256277A priority Critical patent/JP3624228B2/ja
Publication of JP2002065391A publication Critical patent/JP2002065391A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3624228B2 publication Critical patent/JP3624228B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Chairs For Special Purposes, Such As Reclining Chairs (AREA)

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、足腰の弱い人や身障者が立ち上がる際に、最小の能力で立ち上がることの出来る立ち上がり補助装置付き椅子に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、座板を脚部に対して昇降駆動装置によって昇降可能に設けた特開平8−257061号公報の起立補助椅子が公開されている。
この起立補助椅子は、座板に座った状態から起立する際に、座板を斜め上方に上昇させることにより、尻を斜め上方に押し上げて起立し易くしたものである。
しかし、この起立補助椅子は、斜め上方に座板を単に上昇させるだけであるから、実際に起立する際に、上半身を前方に移動させなければならない。
このような動作は、アームレストを強く握って前方へ体重を移動させる能力を有する人や、足腰の比較的強い人でなければ行えないので、足腰の弱った人や腕力の弱い人などには、座板を斜め上方に単に上昇させるだけではほとんど役に立たないという問題があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
そこで、本発明は、起立姿勢に近い姿勢まで立ち上がり動作を支援することができ、それにより使用者への負担を著しく軽減させることの出来る立ち上がり補助装置付き椅子を提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】
そのために、本発明の立ち上がり補助装置付き椅子は、着座者の背中を支える背もたれ部と、該背もたれ部と固着され、背もたれ部の間隔で着座者の両脇を支え、下端に高さ調整ピンを嵌合するピン孔が形成された左右側面板と、該左右側面板間に着座姿勢高さに配置され、着座者の大腿部に位置して左右側面板に固着された固定側前方座面と臀部に位置して前傾斜しながら上昇かつ前進する運動可能な運動側後方座面とからなる座面部と、前記左右側面板に設けた上面開口部から上昇かつ前進する肘掛部支持母体の上端に固定された左右肘掛部と、縦方向に一定間隔で穴の開いた高さ調整機構を持ち、前記左右側面板の下端のピン孔に嵌合して高さ調整ピンを挿入する位置により着座者の身体に合った高さ調整ができる脚部とから構成されるものである。
さらに、前記後方座面の下部には後方座面支持母体が設けられ、該後方座面支持母体の左右両側には、一端を後方座面支持母体の前方上部に枢支され他端を左右側面板に固着された第一リンク回転支持軸に枢支された後方座面運動用第一リンクと、一端を後方座面支持母体の後方下部に枢支され他端を左右側面板に固着された第二リンク回転支持軸に枢支された後方座面運動用第二リンクとを備え、
前記肘掛部支持母体は、後方座面運動用第一リンクを挿通した肘掛機動基準軸の端部を肘掛部支持母体の前方下部で枢支しており、また、左右側面板の内側壁面に固定された第三リンク回転支持軸を支点にして回動する肘掛運動用第三リンクを肘掛部支持母体の後方下部で枢支しており、
後方座面運動用第一リンクの回動により、後方座面支持母体を前傾斜させながら上昇かつ前進させると共に肘掛部支持母体を上昇かつ前進させることができるものである。
【0005】
【実施例】
以下、本発明の一実施例を図面に基づいて説明する。
図1の一部断面正面図に示すように、立ち上がり補助装置付き椅子は、着座者の背中を支えるクッション1を張った背もたれ部2と、該背もたれ部2と固着され、背もたれ部2の間隔で着座者の両脇を支え、下端に高さ調整ピン3を嵌合するピン孔4が形成された中空細幅直方体の左右側面板5と、該左右側面板5間に着座姿勢高さに配置され、着座者の大腿部に位置して左右側面板5に固着された固定側前方座面6と臀部に位置して前傾斜しながら上昇かつ前進する運動可能な運動側後方座面7とからなる凹状の座面部8と、前記左右側面板5に設けた上面開口部9から上昇かつ前進する肘掛部支持母体10の上端に固定された左右肘掛部11と、縦方向に一定間隔で穴の開いた高さ調整機構12を持ち、前記左右側面板5の下端のピン孔4に嵌合して高さ調整ピン3を挿入する位置により着座者の身体に合った高さ調整ができるL字状の脚部13とから構成される。
【0006】
さらに、本発明の立ち上がり補助装置付き椅子の主な構成について詳細に述べると、
図2の要部断面側面図に示すように、後方座面7の下部には、後方座面7が前傾斜しながら上昇かつ前進した時に前方座面6と接触しないように、前方座面6側に傾斜面14を有する角錐台状筺体からなる後方座面支持母体15が設けられ、該後方座面支持母体15の左右両側には、一端を後方座面支持母体15の前方上部に枢支され他端を左右側面板5間に固着された固定盤16の第一リンク回転支持軸17に枢支された後方座面運動用第一リンク18と、一端を後方座面支持母体15の後方下部に枢支され他端を左右側面板5間に固着された固定盤16の第二リンク回転支持軸19に枢支された後方座面運動用第二リンク20とが備えられる。
そして、後方座面運動用第一リンク18と後方座面運動用第二リンク20とは、後方座面運動用第一リンク18を傾斜状態で上方に配置し、後方座面運動用第二リンク20を水平状態で下方に配置し、第一リンク回転支持軸17を支点にした後方座面運動用第一リンク18の回転軌跡と第二リンク回転支持軸19を支点にした後方座面運動用第二リンク20の回転軌跡とが異なるように配置したため、後方座面支持母体15、すなわち後方座面7が前傾斜しながら上昇かつ前進するようになっている。
なお、後方座面運動用第一リンク18の後方座面支持母体15側には、後方座面支持母体15間を挿通して肘掛部支持母体10間に渡された肘掛機動基準軸21が貫通しており、該肘掛機動基準軸21に前記後方座面運動用第一リンク18が嵌合している。
【0007】
また、図2の要部断面側面図に示すように、前記左右側面板5に設けた上面開口部9から上昇かつ前進する肘掛部支持母体10は、前述の後方座面運動用第一リンク18を挿通した肘掛機動基準軸21の端部を肘掛部支持母体10の前方下部で枢支しており、後方座面運動用第一リンク18を肘掛部支持母体10のリンク機構と兼用させており、一方、左右側面板5の内側壁面に固定された第三リンク回転支持軸22を支点にして回動する肘掛運動用第三リンク23を肘掛部支持母体10の後方下部で枢支しており、後方座面運動用第一リンク18の運動に従う後方座面支持母体15に肘掛部支持母体10が追従するように運動する。
また、肘掛運動用第三リンク23は、後方座面運動用第一リンク18と平行姿勢となるように配置され、後方座面運動用第一リンク18と一体になって平行リンク機構を構成し、肘掛部支持母体10の平行姿勢を保ったまま上昇かつ前進する。
なお、左右側面板5の前方座面6側の内側壁面には、図1の一部断面正面図に示すように、肘掛機動基準軸21が回動する回転軌跡上に当たる個所に誘導孔24を形成し、該誘導孔24内を肘掛機動基準軸21が自由に移動できるようにし、肘掛部支持母体10の上昇かつ前進を援助する。
また、肘掛部11については、全ての動作中に体重支持が必要であり前に手が滑らないようにするため常に平行かやや前上がりにすることでフラツキをなくすことができる。
【0008】
さらに、後方座面7及び肘掛部11を作動するモータアクチュエータ25は、図1に示すように、一端を左右側面板5間の背もたれ部2側下部に渡された固定桟26にモータアクチュエータ25本体を枢動自在に固定され、他端を後方座面運動用第一リンク18間に渡された支持軸27の中央に作動ロッド28の先端が枢動自在に固定されている。
したがって、モータアクチュエータ25は、図2の要部断面側面図に示すように、前方座面6側の前方上方を指向した傾斜状に配置され、伸長作動を行うことにより、第一リンク回転支持軸17を支点にして後方座面運動用第一リンク18が回動されると、該後方座面運動用第一リンク18と共に該後方座面運動用第一リンク18に貫通支持されている肘掛機動基準軸21が回動され、後方座面運動用第一リンク18と後方座面運動用第二リンク20とは上下方向に間隔を置いて配置されていると共に後方座面運動用第一リンク18と肘掛運動用第三リンク23とは左右方向に間隔を置いて配置されているため、後方座面支持母体15、すなわち後方座面7を前傾斜させながら上昇かつ前進させると共に肘掛部支持母体10、すなわち肘掛部11を上昇かつ前進させることができる。
【0009】
次に、本発明の立ち上がり補助装置付き椅子の立ち上がり動作について説明する。
図3の説明図に示す立ち上がり補助装置付き椅子の立ち上がり姿勢状態において、一点鎖線で示す着座姿勢位置から破線で示す立ち上がり姿勢を取るために、着座者は、例えば肘掛部11に備えた立ち上がり姿勢作動用スイッチ(図示せず)を操作してモータアクチュエータ25を作動させると、作動ロッド28が伸長作動して後方座面運動用第一リンク18を矢印A方向の前方座面6側に回転させ、これと同時に、後方座面支持母体15に連結された後方座面運動用第二リンク20が第二リンク回転支持軸19を支点にして矢印B方向へ回転され、第一リンク回転支持軸17を支点にした後方座面運動用第一リンク18の回転軌跡と第二リンク回転支持軸19を支点にした後方座面運動用第二リンク20の回転軌跡とが異なるため、後方座面支持母体15、すなわち後方座面7は矢印C方向へ前傾斜しながら上昇かつ前進する。
【0010】
一方、後方座面運動用第一リンク18を矢印A方向の前方座面6側に回転させることに伴って、後方座面運動用第一リンク18に挿通された肘掛機動基準軸21が誘導孔24に沿って前方座面6側に上昇かつ前進させられ、肘掛部支持母体10に連結された肘掛運動用第三リンク23が第三リンク回転支持軸22を支点にして矢印D方向へ回転され、後方座面運動用第一リンク18と肘掛運動用第三リンク23とが平行リンク機構を形成しているため、肘掛機動基準軸21の端部を嵌着している肘掛部支持母体10、すなわち肘掛部11は姿勢を変更することなく、矢印E方向へ上昇かつ前進する。
【0011】
このモータアクチュエータ25の伸長作動中において、着座者の両腕は肘掛部11に載せた状態を保ち上半身は姿勢を変更することがなく、後方座面7が徐々に前傾斜しながら上昇かつ前進するので身体の重心位置を無理なく前方に移動して下肢部側へ移行することができ、動作中であっても、上肢及び臀部で支持面を作りながら弱い力でしかもバランスを維持しながら安全に立ち上がることができる。
【0012】
最終的には、図3の説明図に破線で示す立ち上がり姿勢位置となり、立ち上がり動作では、身体を前に倒す動作と身体を押し上げる動作が同時に行えるようにすることが必要であって、図4の側面図に示す立ち上がり姿勢位置は、肘掛部11を使用することにより手で後方下方に力を出すことができるようになり身体の前屈運動時に身体の押し上げ力を発揮することでき、大腿部が椅子から離れるときに必要な押し上げ力を発揮できる。
また、大腿部が椅子から離れるまでの身体の押し上げ力を運動側後方座面7の前傾斜しながら上昇かつ前進することで補い軽減している。
したがって、大腿部が椅子から離れる時に肘掛部11が後方座面7と一緒に上昇かつ前進しているので、上肢の着座姿勢を変えることなく手で後方下方に力を発揮でき、下肢の負担軽減を上肢で行え、さらに大腿部が椅子から離れた後の重心支持にも上肢を活用できる。
【0013】
【効果】
本発明の立ち上がり補助装置付き椅子は、起立姿勢に近い姿勢まで立ち上がり動作を支援することができ、それにより使用者への負担を著しく軽減させることの出来るので、足腰の弱い人や身障者が立ち上がる際に、最小の能力で立ち上がることが出来る。
また、臀部の後方座面の運動に肘掛部が追従運動する機構となっていることから、動作中であっても、上肢及び臀部で支持面を作りながら弱い力でしかもバランスを維持しながら安全に立ち上がることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の立ち上がり補助装置付き椅子の着座位置を示す一部断面正面図である。
【図2】本発明の立ち上がり補助装置付き椅子の着座位置を示す要部断面側面図である。
【図3】本発明の立ち上がり補助装置付き椅子の立ち上がり動作を示す説明図である。
【図4】本発明の立ち上がり補助装置付き椅子の立ち上がり位置を示す側面図である。
【符号の説明】
1 クッション
2 背もたれ部
3 高さ調整ピン
4 ピン孔
5 左右側面板
6 前方座面
7 後方座面
8 座面部
9 上面開口部
10 肘掛部支持母体
11 肘掛部
12 高さ調整機構
13 脚部
14 傾斜面
15 後方座面支持母体
16 固定盤
17 第一リンク回転支持軸
18 後方座面運動用第一リンク
19 第二リンク回転支持軸
20 後方座面運動用第二リンク
21 肘掛機動基準軸
22 第三リンク回転支持軸
23 肘掛運動用第三リンク
24 誘導孔
25 モータアクチュエータ
26 固定桟
27 支持軸
28 作動ロッド

Claims (2)

  1. 着座者の背中を支える背もたれ部と、該背もたれ部と固着され、背もたれ部の間隔で着座者の両脇を支え、下端に高さ調整ピンを嵌合するピン孔が形成された左右側面板と、該左右側面板間に着座姿勢高さに配置され、着座者の大腿部に位置して左右側面板に固着された固定側前方座面と臀部に位置して前傾斜しながら上昇かつ前進する運動可能な運動側後方座面とからなる座面部と、前記左右側面板に設けた上面開口部から上昇かつ前進する肘掛部支持母体の上端に固定された左右肘掛部と、縦方向に一定間隔で穴の開いた高さ調整機構を持ち、前記左右側面板の下端のピン孔に嵌合して高さ調整ピンを挿入する位置により着座者の身体に合った高さ調整ができる脚部とから構成されることを特徴とする立ち上がり補助装置付き椅子。
  2. 前記後方座面の下部には後方座面支持母体が設けられ、該後方座面支持母体の左右両側には、一端を後方座面支持母体の前方上部に枢支され他端を左右側面板に固着された第一リンク回転支持軸に枢支された後方座面運動用第一リンクと、一端を後方座面支持母体の後方下部に枢支され他端を左右側面板に固着された第二リンク回転支持軸に枢支された後方座面運動用第二リンクとを備え、
    前記肘掛部支持母体は、後方座面運動用第一リンクを挿通した肘掛機動基準軸の端部を肘掛部支持母体の前方下部で枢支しており、また、左右側面板の内側壁面に固定された第三リンク回転支持軸を支点にして回動する肘掛運動用第三リンクを肘掛部支持母体の後方下部で枢支しており、
    後方座面運動用第一リンクの回動により、後方座面支持母体を前傾斜させながら上昇かつ前進させると共に肘掛部支持母体を上昇かつ前進させることができることを特徴とする請求項1記載の立ち上がり補助装置付き椅子。
JP2000256277A 2000-08-25 2000-08-25 立ち上がり補助装置付き椅子 Expired - Fee Related JP3624228B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000256277A JP3624228B2 (ja) 2000-08-25 2000-08-25 立ち上がり補助装置付き椅子

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000256277A JP3624228B2 (ja) 2000-08-25 2000-08-25 立ち上がり補助装置付き椅子

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002065391A JP2002065391A (ja) 2002-03-05
JP3624228B2 true JP3624228B2 (ja) 2005-03-02

Family

ID=18744911

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000256277A Expired - Fee Related JP3624228B2 (ja) 2000-08-25 2000-08-25 立ち上がり補助装置付き椅子

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3624228B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4508760B2 (ja) * 2004-07-23 2010-07-21 パラマウントベッド株式会社 立ち上がり補助椅子
JP2008073114A (ja) * 2006-09-19 2008-04-03 Gifu Univ 起立補助装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002065391A (ja) 2002-03-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6689098B2 (ja) 移乗支援装置
JP3624228B2 (ja) 立ち上がり補助装置付き椅子
JP2606353Y2 (ja) リフトアップチェア
JP4508760B2 (ja) 立ち上がり補助椅子
JP3903444B2 (ja) ベッド
JP2922197B1 (ja) 椅 子
JP2016036366A (ja) 起立着座支援装置
JP2003102581A (ja) 椅 子
JP2005040346A (ja) 高さ可動椅子
JP3162642B2 (ja) 理美容椅子
JP3549966B2 (ja) 座席調整式車椅子
JP4512847B2 (ja) 昇降椅子
JP2009240689A (ja) マッサージ椅子
JP2020000616A (ja) 椅子
JP2003079668A (ja) 起立補助座椅子
JPH09569A (ja) 起立用車椅子
JP2005118143A (ja) 起立補助機能付き椅子
JP6002395B2 (ja) 立ち上がり支援装置
JP2004223150A (ja) 移乗補助機器
JP4430919B2 (ja) 立ち上がり補助椅子
JP2006271804A (ja) 起立補助椅子
JP2005095490A (ja) 電動昇降椅子
JP6653937B2 (ja) 起立着座支援装置
JP6711643B2 (ja) 移乗支援装置
JPH0451784Y2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040928

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040930

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20041019

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20041019

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041027

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20041019

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081210

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081210

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091210

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees