JP3556486B2 - 充電器及び携帯電話機 - Google Patents

充電器及び携帯電話機 Download PDF

Info

Publication number
JP3556486B2
JP3556486B2 JP31143398A JP31143398A JP3556486B2 JP 3556486 B2 JP3556486 B2 JP 3556486B2 JP 31143398 A JP31143398 A JP 31143398A JP 31143398 A JP31143398 A JP 31143398A JP 3556486 B2 JP3556486 B2 JP 3556486B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
charger
coupling means
means
device
mobile phone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP31143398A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2000139032A (ja )
Inventor
空悟 守田
隆史 渡辺
Original Assignee
京セラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、携帯電話機を充電する充電器に関し、より詳しくは、携帯電話機が充電器を介して外部装置とデータの送受信を行う技術に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、携帯電話機は無線回線を介して通信相手と電話をするものであった。最近では、この携帯電話機が多量のデータを送受信できることから、モデムを介してパソコンと接続し、データの遣り取りを行っている。
【0003】
この様に多量のデータ送受信を利用した携帯電話機の内、携帯型テレビ電話装置は、画像の入出力部となるカメラとモニター、および音声の入出力部となるマイクとスピーカーとを有し、公衆回線網を介して、通信相手に前記カメラによって入力した画像情報と前記マイクによって入力した音声情報を各々符号化して送信し、また通信相手から送信された画像情報と音声情報を受信、復号し、モニターに画像を表示し、スピーカーから音声を出力することによって、通信相手側からの画像を観ながら会話することを可能とする。
【0004】
画像の撮像、および相手端末から受信することが可能であるため、画像データを内部のメモリに記憶し、電話帳のデータとリンクして使用することにより、画像を用いた電話番号の検索、発呼や、着信時に名前とともに画像表示を表示することが可能となる。また、相手端末間で記憶した画像データの交換を可能とする。
【0005】
パソコンなどがUSBポートを持つことから、携帯型テレビ電話装置がUSBポートを有することにより、携帯型テレビ電話装置内部のメモリに記憶された画像データ、音声データ、電話帳データ、その他内部プログラムデータを、パソコンなどでリード/ライトすることが可能となる。また、携帯型テレビ電話装置自体がパソコンとして動作することにより、他の外部周辺機器、例えばハードディスクのデータにアクセスすることが可能となる。
【0006】
【発明の解決しようとする課題】
しかしながら、携帯電話機をUSBケーブル等を介してパソコンなどの外部装置に直接接続している場合、携帯電話機の着信に対して接続しているケーブルが邪魔で瞬時に応答できなかったり、又無造作に机の上に置いていて何かの衝動で落下し、USBケーブルごと引っ張られ接続しているポート、ケーブルを傷めたり、接続している機器も落としたりする原因となる。
【0007】
又、長時間携帯電話機をUSBケーブル等を介してパソコンに接続して使っている場合、携帯電話機のバッテリーを通常の待ち受け状態よりも多く使用してしまい、連続して何時間も携帯電話機を使用することは出来なかった。
【0008】
更に、携帯電話機を充電器に載せた時に、携帯電話機の通信ポートが充電器に隠れてしまい携帯電話機を充電しながらパソコン等の外部装置とデータの送受信をすることができなかった。
【0009】
【課題を解決するための手段】
このことから、前記問題点を解決するために請求項1記載の充電器は、携帯電話機を充電するとともに、外部装置と結合できる充電器において、前記携帯電話機と結合する第1結合手段と、前記外部装置と結合する第2結合手段と、前記第1結合手段と前記第2結合手段との間のデータ信号を伝達する伝達手段とを備え、前記第1結合手段及び第2結合手段がUSB方式から構成されることを特徴とする。
【0010】
また、請求項2記載の充電器は、携帯電話機を充電するとともに、外部装置と結合できる充電器において、前記携帯電話機と結合する第1結合手段と、前記外部装置と結合する第2結合手段と、前記第1結合手段と前記第2結合手段との間のデータ信号を伝達する伝達手段とを備え、前記第2結合手段は、前記外部装置を前記携帯電話機に対してデバイス用として接続するデバイス装置結合手段と、前記外部装置を前記携帯電話機に対してホスト用に接続するホスト装置結合手段とから構成することを特徴とする。
【0011】
また、請求項3記載の充電器は、前記デバイス装置結合手段及び前記ホスト装置結合手段から構成される前記第2結合手段の内、どちらか一方の手段に切り替える切り替え手段を設けたことを特徴とする。
【0012】
また、請求項4記載の充電器は、更に、前記充電器は、
電源供給する電源供給手段を具備し、当該電源供給手段からの電源供給を前記第1結合手段を介して前記携帯電話機に供給することを特徴とする。
【0013】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の一実施例に基づいて図を用いて説明する。尚、同一の構成を示す箇所は同一の符号を用いている。
図1は本発明の充電器の一実施例のブロック図である。図1の各構成部は、先ず100は携帯電話機である携帯型テレビ電話装置、110はこの携帯型テレビ電話装置100を充電する充電器を示し、携帯型テレビ電話装置100の構成部は、1はカメラ等の撮像部、2はデータを一定の規則に基づいて画像データを符号化する符号化部、3は一時的にデータを記憶する送信バッファ、4はデータを伝達するデータバス、5はデータの送受信を行う無線部、6はアンテナ、7は受信用バッファ、8は符号化データを復号する復号部、9は画像や文字を表示する表示部、10はハードディスクインターフェースのコントローラ、11は画像データやプログラムデータ等のデータを格納しているハードディスク、12は演算装置と制御装置を合わせ持つCPU、13は外部装置とデータの送受信及び電源供給の為のUSBポート、14はUSBポート13の制御をするUSBコントローラ、15はバッテリーを示す。充電器110の構成部は、20はパソコン等の外部装置と接続をする第1のUSBポート、21は携帯型テレビ電話装置100と接続をする第2のUSBポート、22はコンセント等の電源供給接続部、23は充電制御部を示す。
【0014】
この図1のブロック図を基に動作の説明をすると、撮像部1で撮像された画像データは符号化部2において符号化され、送信バッファ3に符号化データとして記憶される。送信バッファ3に記憶された符号化データは、データバス4を通り、送受信部6に送られ、アンテナ6を介して通信相手側に送信される。通信相手側から送信されてきた符号化データは、無線部5で受信して、データバス4を通り、受信バッファ7に記憶する。受信バッファ7に記憶した符号化データは、復号部8で画像データに復号して表示部9を用いて画像表示する。又この時、撮像部1によって撮像した画像および通信相手側から受信した画像は、使用者の要求に従って符号化された形で、ハードディスクコントローラ10を介してハードディスク11に記憶するようにCPU12で制御する。更に、USBポート13から、ケーブル等を介してUSB対応の外部装置と接続することができ、USBコントローラ14を介して、ハードディスク11に記憶されている符号化データ等をリード/ライトアクセスすることが出来る。この様に、記憶容量が大容量のハードディスクを有することにより、1枚の画像データに割り当てられる容量を増加することが可能となり、高画質の画像を記憶することが可能となる。
【0015】
USB接続はデータに加えて電源供給をすることが出来る。充電器110は電源供給接続部22を商用電源に接続し、充電制御部23で制御された電源供給を第2のUSBポート21を介して行う。携帯型テレビ電話装置100は第2のUSBポート21に接続されたUSBポート13を介してUSBコントローラ14で振り分け、バッテリー15に充電器110からの電源供給をする。更に、携帯型テレビ電話装置100のUSBポート13と接続する充電器110の第2のUSBポート21は、内部的に第1のUSBポート20と接続している。そして、この第1のUSBポート20に外部装置を接続することで、携帯型テレビ電話装置100は充電器110を介して外部装置とデータの送受信を行うことが出来る。
【0016】
図2は本発明の充電器の一実施例であって、第1結合手段及び第2結合手段の接合箇所を示す図である。
図2において、携帯型テレビ電話装置100は、充電器110の第2のUSBポート21と接続し、第1のUSBポート20はパソコン等とUSB接続されているUSBケーブル24と接続する。充電器内部において第2のUSBポート21と第1のUSBポート20が接続していることから、携帯型テレビ電話装置100は、USBケーブル24とUSB接続していることになる。さらに、電源供給接続部(電源ケーブル)22は商用電源につながるコンセントなどに接続し電源電圧が供給され、電源ケーブル22を介して供給された電源電圧は、USBポート21を介して、携帯型テレビ電話装置100に供給され、内部のバッテリーが充電される。この図によれば、充電器110に携帯型テレビ電話装置100を載せるだけで簡単に充電およびUSB接続可能な外部装置との接続を可能とするとともに、携帯型テレビ電話装置100に着信があったときでも、充電器110から携帯型テレビ電話装置100を簡単に取り外すことが出来るので、接続されたまま引っ張ることなく、携帯型テレビ電話装置100の着信に応答することが可能となる。
【0017】
図3は本発明の充電器の一実施例であって、外部装置と接続されている接続例を示す図である。
図3において、携帯型テレビ電話装置100は、充電器110に接続されている状態で、USBハブ120を介して、パソコン本体130に接続されている。同様にディスプレィ140、キーボード150がUSBハブ120を介してパソコン本体130に接続されている。これによりパソコン本体130より、ディスプレィ140を観つつ、キーボード150による操作で、携帯型テレビ電話装置100の内部のハードディスクにアクセスし、画像、音声データ、電話帳のデータやプログラムデータなどをリード/ライトしたり、また、携帯型テレビ電話装置の無線データ通信プログラムを用いて、無線公衆回線網での外部とのデータ通信を行なうことが可能となる。
【0018】
図4は本発明の充電器の一実施例のブロック図を示し、充電器の第2結合手段を2種類構成した図である。
図4において、USB方式が、デバイスと接続する場合と、ホストと接続する場合によってポートの形が異なるため、図1のブロック図で示したパソコン等の外部装置と接続をする第1のUSBポート20の構成を、ホスト用として接続する場合のUSBポート25とデバイス用として接続する場合のUSBポート26の2構成とする。
【0019】
図5は本発明の充電器の一実施例であって、2構成の第2結合手段の接合箇所を示す図である。
図5において、携帯型テレビ電話装置100は、充電器110の第2のUSBポート21と接続し、デバイス装置接続用のUSBポート25はキーボードなどの外部周辺機器に、ホスト装置接続用のUSBポート26はパソコンなどの外部装置に接続される。更に、この2構成の第2結合手段を使い分けるために、充電器110の接続切替えスイッチ27を設け、第2のUSBポート21の接続先をデバイス装置接続用のUSBポート25又はホスト装置接続用のUSBポート26と切り替えることが可能である。更にこの切替えスイッチの切替え時に第2のUSBポート21を介して、携帯型テレビ電話装置100に動作設定の切替え要求を出すことも出来る。この構成により、接続切替えスイッチ27を切りかえることで、携帯型テレビ電話装置100は、デバイス装置接続用のUSBポート25先であるキーボード等の接続、ないしホスト装置接続用のUSBポート26先であるパソコン等の接続が容易に出来る。又、携帯型テレビ電話装置100を充電器110に載せたときにロックするように構成した場合、ロック解除スイッチ28を設けることで、携帯型テレビ電話装置100は、充電器110から容易に取れるようになる。
【0020】
図6は本発明の充電器の一実施例であって、2構成から成る第2接合手段においてホスト装置を接続した接続例を示す図である。
図6において、携帯型テレビ電話装置100は、接続先のパソコンから見て外部周辺機器として動作するように設定されている。充電器110、ディスプレィ140、キーボード150は、USBハブ120に接続され、パソコン本体130に接続される。この様に接続すると、パソコン本体130から、携帯型テレビ電話装置100をハードディスクとしてアクセスすることが可能となり、ディスプレィ140を観ながら、キーボード150操作で携帯型テレビ電話装置100のハードディスクへパソコン本体130からリード/ライトが可能になる。
【0021】
図7は本発明の充電器の一実施例であって、2構成から成る第2接合手段においてデバイス装置を接続した接続例を示す図である。
図7において、携帯型テレビ電話装置100は、接続しているデバイス装置に対してホスト制御する装置として動作設定されている。キーボード150は、携帯型テレビ電話装置100の外部周辺機器として接続されている。これにより、携帯型テレビ電話装置100の操作入力を、携帯型テレビ電話装置100自体のキーボードを用いず、外部周辺機器として接続されているキーボード150を用いて入力することが可能となる。
【0022】
これら充電器110からの接続先切替え、および携帯型テレビ電話装置100の動作設定を切替えスイッチ27のみで行なうことが可能となる。
【0023】
【発明の効果】
以上の構成により、本発明の充電器を用いれば、携帯電話機を充電器に載せる(ロックすることもある)だけで、パソコンなどのUSB接続可能な機器との接続、および切断を容易にするとともに、充電器と接続時にはデータの送受信と同時に携帯電話機のバッテリー充電を可能とするので、簡単な接続と安定したデータ送受信が行える。
【0024】
また、切り替えスイッチにより、USB接続におけて、パソコン又は携帯型テレビ電話装置のホスト接続を簡単に切り替えることを可能とするとともに、切り替えと同時にホスト又デバイス接続情報を携帯型テレビ電話装置に送信することで携帯型テレビ電話装置の動作設定を簡単に設定し直すことが出来る。
【0025】
また、携帯電話機を充電器に載せた状態にしておくことは、電波を良好に受信できアンテナ感度を良好にするとともに、携帯電話機の液晶部分が見やすくなるといった効果が得られる
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の充電器の一実施例のブロック図
【図2】本発明の充電器の一実施例であって、第1結合手段及び第2結合手段の接合箇所を示す図
【図3】本発明の充電器の一実施例であって、外部装置と接続されている接続例を示す
【図4】本発明の充電器の一実施例のブロック図を示し、充電器の第2結合手段を2種類構成した図
【図5】本発明の充電器の一実施例であって、2構成の第2結合手段の接合箇所を示す図
【図6】本発明の充電器の一実施例であって、2構成から成る第2接合手段においてホスト装置を接続した接続例を示す図
【図7】本発明の充電器の一実施例であって、2構成から成る第2接合手段においてデバイス装置を接続した接続例を示す図
【符号の説明】
1:撮像部
2:符号化部
3:送信バッファ
4:データバス
5:無線部
6:アンテナ部
7:受信用バッファ
8:復号部
9:表示部
10:ハードディスクコントローラ
11:ハードディスク
12:CPU
13:USBポート
14:USBコントローラ
15:バッテリー
20:第1のUSBポート
21:第2のUSBポート
22:電源供給部接続部
23:充電制御部
27:接続切替えスイッチ
100:携帯型テレビ電話装置
110:充電器

Claims (6)

  1. 携帯電話機を充電するとともに、外部装置と結合できる充電器において、
    ホストとして動作する携帯電話機と結合するUSB方式からなる第1結合手段と、
    デバイスとして動作する外部装置と結合するUSB方式からなる第2結合手段と、
    前記第1結合手段と前記第2結合手段との間のデータ信号を伝達する伝達手段と、を備えたことを特徴とする充電器。
  2. 携帯電話機を充電するとともに、外部装置と結合できる充電器において、
    前記携帯電話機と結合する第1結合手段と、
    前記外部装置と結合する第2結合手段と、
    前記第1結合手段と前記第2結合手段との間のデータ信号を伝達する伝達手段とを備え、
    前記第2結合手段は、前記外部装置を前記携帯電話機に対してデバイス用として接続するデバイス装置結合手段と、前記外部装置を前記携帯電話機に対してホスト用に接続するホスト装置結合手段とから構成することを特徴とする充電器。
  3. 前記デバイス装置結合手段及び前記ホスト装置結合手段から構成される前記第2結合手段の内、どちらか一方の手段に切り替える切替手段を設けたことを特徴とする請求項2記載の充電器。
  4. 電源供給する電源供給手段を具備し、当該電源供給手段からの電源供給を前記第1結合手段を介して前記携帯電話機に供給することを特徴とする請求項1乃至3記載の充電器。
  5. 前記第2結合手段に結合された外部装置は、前記伝達手段及び第1結合手段を介して前記携帯電話機とデータの送信及び/又は受信をすることを特徴とする請求項1乃至4記載の充電器。
  6. 前記第1結合手段と結合される結合手段を備えたことを特徴とする請求項1乃至5記載の充電器と接続可能な携帯電話機。
JP31143398A 1998-10-30 1998-10-30 充電器及び携帯電話機 Expired - Lifetime JP3556486B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31143398A JP3556486B2 (ja) 1998-10-30 1998-10-30 充電器及び携帯電話機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31143398A JP3556486B2 (ja) 1998-10-30 1998-10-30 充電器及び携帯電話機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000139032A true JP2000139032A (ja) 2000-05-16
JP3556486B2 true JP3556486B2 (ja) 2004-08-18

Family

ID=18017162

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31143398A Expired - Lifetime JP3556486B2 (ja) 1998-10-30 1998-10-30 充電器及び携帯電話機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3556486B2 (ja)

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB0012946D0 (en) 2000-05-26 2000-07-19 Nokia Mobile Phones Ltd Improvements in a relating to battery charging
KR20020014870A (ko) * 2000-08-19 2002-02-27 공종열 Usb를 이용한 이동전화 충전장치
EP1198049A1 (en) * 2000-10-12 2002-04-17 Sony International (Europe) GmbH Charging circuit for charging a mobile terminal through an USB interface
US6441589B1 (en) * 2001-04-02 2002-08-27 Bellsouth Intellectual Property Corporation Portable battery recharge station
KR100539530B1 (ko) * 2002-02-01 2005-12-30 엘지전자 주식회사 일체형 무선 가입자 망 단말기
GB0308141D0 (en) 2003-03-24 2003-05-14 Research In Motion Ltd Battery charger adapter
EP1611658B1 (en) * 2003-03-24 2017-03-15 BlackBerry Limited Battery charging assembly
KR100626531B1 (ko) 2005-03-02 2006-09-20 주식회사 팬택앤큐리텔 플러그앤플레이 방식의 외부 입/출력모드 자동 전환 기능을가지는 무선통신 단말기 및 그 방법과, 멀티미디어 데이터입/출력 기능을 가지는 충전거치대
JP4787577B2 (ja) * 2005-09-14 2011-10-05 株式会社リコー 携帯端末装置
FR2911743B1 (fr) * 2007-01-23 2009-04-24 Ncryptone Sa Dispositif portable d'authentification.
JP5399652B2 (ja) * 2008-06-04 2014-01-29 株式会社Nttドコモ 充電装置及び充電システム
JP5580468B1 (ja) * 2013-12-01 2014-08-27 丸井 智敬 移動体の接近を電波で検知して鳴動する携帯無線機器の充電器。

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2000139032A (ja) 2000-05-16 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7359732B2 (en) Method of exchanging data securely between a mobile terminal and a memory card
EP1059809A2 (en) Adaptator for data transfer between a mobile device and a television and method therefore
US20040185902A1 (en) Combined and standalone hand held mobile communication system
US20020181189A1 (en) Notebook computer with a small display panel
US20050108462A1 (en) Memory expansion pack for providing content to portable terminal
US20090124281A1 (en) Information processing apparatus capable of outgoing and incoming calls
JP2002186022A (ja) ウェアブル端末システム
JP2001352373A (ja) 携帯端末を用いた表示処理システム、それに用いられる携帯端末、およびそれに用いられる変換アダプタ
JP2006033804A (ja) 携帯情報端末機器およびその機器内相互通信方法
JPH11215217A (ja) 携帯情報端末装置
JP2002050978A (ja) 携帯情報端末及び携帯情報端末用ディジタルカメラ並びに携帯情報端末接続ディジタルカメラ装置
JP2003110955A (ja) 携帯型視聴装置及びその周辺装置
JP2001169166A (ja) 携帯端末
JPH11196397A (ja) 表示装置及び通信システム
JPH06292195A (ja) 携帯無線式tv電話
EP1096771A1 (en) Videophone system using cellular telephone terminal
JP2001028740A (ja) 画像授受システムおよびカメラ装置およびホスト装置
JP2003101898A (ja) 携帯型視聴装置
JP2007165960A (ja) 携帯電話装置
JPH10336574A (ja) デジタルカメラ
JPH11234642A (ja) 通信システム、通信装置および方法、情報処理装置および方法、並びに提供媒体
JP2005151446A (ja) 携帯端末、クレードル、携帯端末の制御方法、クレードルの制御方法、制御プログラム、および該プログラムを記録した記録媒体
US20110055747A1 (en) Techniques for Expanding Functions of Portable Multimedia Devices
JP2002171321A (ja) 移動無線端末
WO2004112268A1 (en) Apparatus for supplying multimedia data processing

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20040203

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040405

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Effective date: 20040506

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040512

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090521

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090521

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100521

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100521

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110521

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 8

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120521

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130521

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140521

Year of fee payment: 10