JP3302107B2 - 図面情報処理方法及び装置 - Google Patents

図面情報処理方法及び装置

Info

Publication number
JP3302107B2
JP3302107B2 JP16448693A JP16448693A JP3302107B2 JP 3302107 B2 JP3302107 B2 JP 3302107B2 JP 16448693 A JP16448693 A JP 16448693A JP 16448693 A JP16448693 A JP 16448693A JP 3302107 B2 JP3302107 B2 JP 3302107B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
error
information
displayed
error information
specified
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP16448693A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0721245A (ja
Inventor
智 近藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP16448693A priority Critical patent/JP3302107B2/ja
Publication of JPH0721245A publication Critical patent/JPH0721245A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3302107B2 publication Critical patent/JP3302107B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、例えばCAD/CAM
システムなどにおける図面情報処理方法及び装置に関
し、特に、図面情報にエラー箇所が存在する場合に関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来のCAD/CAM装置では、それで
作成された図形やテキスト等を含む図面中のエラーを検
出する機能を備えるものがあった。そのような装置にお
いて作成された図面中にエラー箇所が検出された場合、
従来は検出されるごとにエラーメッセージ等を出力し、
エラーが存在することをオペレータに通知していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の方式
では、作成した図面内に複数種類あるいは複数個のエラ
ーがあっても、それらは個々に検出されるごとにエラー
メッセージ等で通知していたため、全体でいくつのエラ
ーがあるか前もってオペレータが把握できなかった。こ
のため、エラー修正のための作業工数の見積りが困難で
あったり、各段階で修正作業を必要としたり、場合によ
ってはエラー修正のため、前工程に戻る必要があり、必
要な図面データを準備した後は、全て自動化するという
ことが困難であった。
【0004】本発明は上記従来例に鑑みて成されたもの
で、図面情報に存在するエラーを前もって検出し、オペ
レータに知らせることのできる図面情報処理方法及び装
置を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明の一側面である図面情報処理方法は次のような
構成からなる。すなわち、図形やテキストなどから構成
される図面情報を中央処理装置により処理する図面情報
処理方法であって、記憶装置または読み込み装置から読
み込まれた図面情報内に存在するエラーに関するエラー
情報を検出し、検出したエラー情報を、エラー位置が特
定できる場合はエラー位置と共に記憶装置により記憶
し、記憶されたエラー情報を表示装置の表示画面上に表
示する際に、エラー位置が特定されている場合はそのエ
ラー位置にエラー情報を表示し、エラー位置が特定され
ない場合は前記表示画面上の所定の位置に表示する。さ
らに好ましくは、前記表示画面上に表示されたエラー情
が入力装置により指示されると、指示されたエラー情
報の詳細情報を前記表示画面上に表示する。さらに好ま
しくは、前記エラー情報は、エラーの種類により異なる
表示形態で表示される。
【0006】また、上記目的を達成するために本発明の
図面情報処理装置は次のような構成からなる。すなわ
ち、図形やテキストなどから構成される図面情報を処理
する図面情報処理装置であって、前記図面情報内に存在
するエラーに関するエラー情報を検出する検出手段と、
前記検出手段で検出されたエラー情報を、エラー位置が
特定できる場合はエラー位置と共に記憶する記憶手段
と、前記記憶手段により記憶されたエラー情報を表示画
面上に表示する際に、エラー位置が特定されている場合
はそのエラー位置にエラー情報を表示し、エラー位置が
特定されない場合は前記表示画面上の所定の位置にエラ
ー情報を表示する表示制御手段とを備える。さらに好ま
しくは、前記表示されたエラー情報を指示する指示手段
と、前記指示手段により指示されたエラー情報の詳細情
報を表示する詳細表示手段とをさらに備える。さらに好
ましくは、前記エラー情報は、エラーの種類により異な
る表示形態で表示される。
【0007】
【第1実施例】以下、本発明の第1の実施例であるCA
D/CAM装置を説明する。図1は本実施例の装置の動
作を説明するフローチャート図で、エラー検出ステップ
(S1)、エラー表示ステップ(S2)から構成され
る。図2は、上記フローチャート図に示す動作を実行す
るハードウェアの概念図であり、計算,判定等を行なう
中央処理装置1と、磁気ディスクやメモリ等の記憶装置
2と、データやプログラム等を読み込む磁気テープ装置
やネットワーク装置等の情報読み込み装置3と、図面情
報やエラーを表示する表示装置4、図面情報やエラーを
表示するプロッタ等の出力装置5から構成される。
【0008】次に、図2に示した装置の動作について説
明する。ここで、図1の全ステップでの計算、判定等の
処理は、図2に示す中央処理装置1で行なうものとす
る。ステップS1では、記憶装置2または情報読み込み
装置3から、図面情報を読み込み、その情報中のエラー
箇所をチェックする。エラー箇所のチェックは、 (1)定められた製図規約に準拠しているか (2)線分や円弧などの図形間の誤差がないか (3)加工不可能な箇所がないか (4)NCパスが正常に計算できるか など、目的によって多様化する。本ステップでは、必要
なチェックは全て行うものとし、また図面内に複数のエ
ラー箇所がある場合も、それら全てを検出するものとす
る。検出されたエラーは、エラーの内容と、図形間の誤
差のように位置が特定できるものは位置情報とを、記憶
装置2あるいは情報読み込み装置3へ出力する。図3
に、図形間の誤差を検出した時に、本ステップで出力さ
れるエラー情報の例を示す。図3の例では、図3(a)
の図面から全部で4カ所のエラーが検出され、それらの
位置も特定されている。それらのエラーを検出しつつ記
憶したデータが図3(b)である。図3(b)のエラー
情報は記憶装置2に格納される。
【0009】ステップS2では、ステップS1で記憶装
置に出力されたエラー情報をもとに、エラー位置が特定
されている場合はその位置に、エラー位置が特定されて
いない場合は、図面上の定められた位置(例えば図面左
上から横並びで等)にエラーを示すマーク等を図面と重
ねて表示する。また、それに付随する情報(エラーの総
数など)も同時に表示する。表示する先は、表示装置4
あるいは出力装置5となる。エラーを示すマーク等は、
エラーの内容や種別が識別できるよう、色や形の異なる
ものを利用することも可能である。
【0010】図4に、図3(b)のエラー情報を、図3
(a)の図面に重ねて表示した例を示す。図において、
三角マークは「重なっている」というエラーが存在して
いる表し、星型マークは「誤差がある」というエラーが
存在していることを表している。このように、図面中に
存在するエラーすべてを、図面とともに表示装置4ある
いは出力装置5から出力することができる。また、図4
には示されていないが、エラーの数も出力される。図4
の例では、検出されたエラーの総数は4である旨のメッ
セージが出力される。
【0011】以上のような構成の装置により、図面に存
在するエラーすべてを予め検出してオペレータに知らせ
るため、後工程で正常に処理できる図面情報の準備が可
能となり、特に自動NCデータ作成や自動加工という生
産工程の自動化を実現できる。
【0012】
【第2実施例】以下、本発明の第2の実施例であるCA
D/CAM装置を説明する。図5は本発明の動作を説明
するフローチャート図で、エラー検出ステップ(S5
1)、エラー表示ステップ(S52)、エラー情報の詳
細を表示するステップ(S53)から構成される。
【0013】図6は、上記フローチャート図に示す動作
を実行するハードウェアの概念図であり、計算,判定等
を行なう中央処理装置1と、磁気ディスクやメモリ等の
記憶装置2と、データやプログラム等を読み込む磁気テ
ープ装置やネットワーク装置等の情報読み込み装置3
と、図面情報やエラーを表示する表示装置4、図面情報
やエラーを表示するプロッタ等の出力装置5と、マウス
やキーボード等の入力装置6から構成される。
【0014】次に、図6に示した装置の動作について説
明する。ここで、図5の全ステップでの計算、判定等の
処理は、図6に示す中央処理装置1で行なうものとす
る。ステップS51では、記憶装置2または情報読み込
み装置3から、図面情報を読み込み、その情報中のエラ
ー箇所をチェックする。エラー箇所のチェックは、 (1)定められた製図規約に準拠しているか (2)線分や円弧などの図形間の誤差がないか (3)加工不可能な箇所がないか (4)NCパスが正常に計算できるか など、目的によって多様化する。本ステップでは、必要
なチェックは全て行うものとし、また図面内に複数のエ
ラー箇所がある場合も、それら全てを検出するものとす
る。検出されたエラーは、エラーの内容と、図形間の誤
差のように位置が特定できるものは位置情報とを、記憶
装置2あるいは情報読み込み装置3へ出力する。ここで
出力されるエラー情報は、第1の実施例と同じく図3に
示されたものと同様である。図3の例では、図3(a)
の図面から全部で4カ所のエラーが検出され、それらの
位置も特定されている。それらのエラーを検出しつつ記
憶したデータが図3(b)である。図3(b)のエラー
情報は記憶装置2に格納される。
【0015】ステップS52では、ステップS51で記
憶装置に出力されたエラー情報をもとに、エラー位置が
特定されている場合はその位置に、エラー位置が特定さ
れていない場合は、図面上の定められた位置(例えば図
面左上から横並びで等)にエラーを示すマーク等を図面
と重ねて表示する。また、それに付随する情報(エラー
の総数など)も同時に表示する。表示する先は、表示装
置4あるいは出力装置5となる。エラーを示すマーク等
は、エラーの内容や種別が識別できるよう、色や形の異
なるものを利用することも可能である。
【0016】ステップS53では、ステップS52にて
表示されたマーク等より、詳細情報を知りたい部分に対
して、そのマーク等をマウスなどの入力装置6で指定す
ることにより、そのエラーの詳細な情報を表示装置4あ
るいは出力装置5へと表示する。ステップS52では複
数のエラー箇所が同時に表示されるため、各々の詳細情
報をすべて表示することは、表示レイアウト上無理があ
る。本ステップはその不都合を補うことを目的としてい
る。
【0017】図7は図6に示すマークの1つである、マ
ーク71を指定したときに表示される詳細情報の例を示
したものである。指定されたマークに対応するエラー情
報を対応づける方法としては、マウス等で指定された位
置にもっとも近い位置にあるエラー情報を、エラー情報
の表に格納された位置を基に検索する方法などがある。
尚、ステップ53は、マーク等の指定とその詳細情報の
表示をオペレータが望むだけ繰り返し行なうことができ
るものとする。
【0018】以上のような構成の装置により、図面に存
在するエラーすべてを予め検出してオペレータに知らせ
るため、後工程で正常に処理できる図面情報の準備が可
能となり、特に自動NCデータ作成矢自動加工という生
産工程の自動化を実現できる。さらに、個々のエラーを
詳しく知ることができるため、それを解消するための対
策を講じることも容易に可能となる。
【0019】尚、本発明は、複数の機器から構成される
システムに適用しても、1つの機器から成る装置に適用
しても良い。また、本発明はシステム或は装置にプログ
ラムを供給することによって達成される場合にも適用で
きることは言うまでもない。
【0020】
【発明の効果】以上説明したように、本発明にかかる図
面情報処理方法及び装置は、図面情報に存在するエラー
情報を前もって検出し、オペレータに知らせることがで
きると共に、エラー位置が特定できる場合はそのエラー
位置にエラー情報を表示することによりエラー位置も
らせることができるという効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】第1の実施例の装置の動作を示すフローチャー
ト図である。
【図2】図1に示す動作を実行するハードウェアの概念
図である。
【図3】検出されたエラー情報の例を示した図である。
【図4】エラー情報を表示した例を示した図である。
【図5】第2の実施例の装置の動作を示すフローチャー
ト図である。
【図6】図5に示す動作を実行するハードウェアの概念
図である。
【図7】第2実施例の装置においてエラー情報を表示し
た例を示した図である。
【符号の説明】
1 中央処理装置、 2 記憶装置、 3 情報読み込み装置、 4 表示装置、 5 出力装置である。

Claims (6)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 図形やテキストなどから構成される図面
    情報を中央処理装置により処理する図面情報処理方法で
    あって、記憶装置または読み込み装置から読み込まれた 図面情報
    内に存在するエラーに関するエラー情報を検出し、 検出したエラー情報を、エラー位置が特定できる場合は
    エラー位置と共に記憶装置により記憶し、 記憶されたエラー情報を表示装置の表示画面上に表示す
    る際に、エラー位置が特定されている場合はそのエラー
    位置にエラー情報を表示し、エラー位置が特定されない
    場合は前記表示画面上の所定の位置に表示することを特
    徴とする図面情報処理方法。
  2. 【請求項2】 前記表示画面上に表示されたエラー情報
    が入力装置により指示されると、指示されたエラー情報
    の詳細情報を前記表示画面上に表示することを特徴とす
    る請求項1に記載の図面情報処理方法。
  3. 【請求項3】 前記エラー情報は、エラーの種類により
    異なる表示形態で表示されることを特徴とする請求項1
    又は2に記載の図面情報処理方法。
  4. 【請求項4】 図形やテキストなどから構成される図面
    情報を処理する図面情報処理装置であって、 前記図面情報内に存在するエラーに関するエラー情報を
    検出する検出手段と、 前記検出手段で検出されたエラー情報を、エラー位置が
    特定できる場合はエラー位置と共に記憶する記憶手段
    と、 前記記憶手段により記憶されたエラー情報を表示画面上
    に表示する際に、エラー位置が特定されている場合はそ
    のエラー位置にエラー情報を表示し、エラー位置が特定
    されない場合は前記表示画面上の所定の位置にエラー情
    報を表示する表示制御手段とを備えることを特徴とする
    図面情報処理装置。
  5. 【請求項5】 前記表示されたエラー情報を指示する指
    示手段と、 前記指示手段により指示されたエラー情報の詳細情報を
    表示する詳細表示手段とをさらに備えることを特徴とす
    る請求項に記載の図面情報処理装置。
  6. 【請求項6】 前記エラー情報は、エラーの種類により
    異なる表示形態で表示されることを特徴とする請求項
    又は5に記載の図面情報処理装置。
JP16448693A 1993-07-02 1993-07-02 図面情報処理方法及び装置 Expired - Fee Related JP3302107B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16448693A JP3302107B2 (ja) 1993-07-02 1993-07-02 図面情報処理方法及び装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16448693A JP3302107B2 (ja) 1993-07-02 1993-07-02 図面情報処理方法及び装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0721245A JPH0721245A (ja) 1995-01-24
JP3302107B2 true JP3302107B2 (ja) 2002-07-15

Family

ID=15794085

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16448693A Expired - Fee Related JP3302107B2 (ja) 1993-07-02 1993-07-02 図面情報処理方法及び装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3302107B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101544500B1 (ko) * 2014-01-02 2015-08-13 주식회사 싸이픽소프트 도면 정보 오류 검출 장치 및 방법

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0721245A (ja) 1995-01-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7721255B2 (en) Sequence program editing apparatus
JP5303116B2 (ja) 画面編集装置、そのプログラム
US5945994A (en) Kinematic-simulation apparatus and kinematic-simulation method with interference processing
JP3302107B2 (ja) 図面情報処理方法及び装置
JP5149451B1 (ja) Ncデータ編集システム
JP3248328B2 (ja) 画像処理装置
US5424955A (en) Method of checking interference on process pattern caused by tool positioning
JPH08190575A (ja) 検査教示装置および方法
JPH05183294A (ja) 作業指示装置
JP3200116B2 (ja) 作動シミュレーション装置及び方法
JP2762665B2 (ja) プログラマブルコントローラのブログラミング装置
JP2000155405A (ja) フォトマスクデータ検証システム
JP2022165170A (ja) 情報処理装置、情報処理方法、制御プログラム、記録媒体、プログラム生成方法、物品の製造方法
JP3200111B2 (ja) 作動シミュレーション装置及び方法
JPH06210543A (ja) 工具経路データ自動検査装置
JP3021926B2 (ja) プログラマブルコントローラの逆コンパイル装置及び逆コンパイル方法
JP3405827B2 (ja) 図形処理装置および交点決定処理方法
JP2534348B2 (ja) Cad穴明デ―タからの数値制御デ―タ作成方法
JPH06161516A (ja) シーケンスプログラムのチェック方法
JPH0651810A (ja) Pcのプログラミング装置
JPH0243682A (ja) 回路デバッグ方式
JPH01172702A (ja) 部品形状検査方法
JPS63100512A (ja) 制御装置
JPH04195428A (ja) プログラマブルコントローラ
JPH0470971A (ja) 図面作成編集装置

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20020405

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090426

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090426

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100426

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110426

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130426

Year of fee payment: 11

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees